パタヤの生活情報

パタヤの奥ののどかなバンセレーに注目

パタヤ、ジョムティエンに次ぐ第3のビーチ「バンセレー」には、何店かシーフード料理店が並んでいるが、掘っ立て小屋のようなところに看板が上がっている「ベン・シーフード」。道路沿いに駐車して、店のある側とは反対の砂浜に降り、そこにゴザが敷いてあり、その上に大きめの足の短いテーブルがあり、6人ほどは座れるスペースだ。 イメージとしてはピックアップ車で来た家族、夫婦、こども2人、おじいちゃんがくつろぐという感じ。まだあまり知られていないビーチなので、村のビーチという感じでのんびりしている。大きな木々が生い茂っていて、パラソルもほとんどなくてOK。 やって来た料理は、タイ・シーフードだが、これがなかなか新鮮で味もよい。「村のシーフード」にしては、上出来の味だった。 帰りかけ、さらにビーチの奥に行くと、海に張り出したレストランがあり、砂浜にゴザじゃなく、次はテーブル、いすでの食事にまたここに来るのもよいな、という気になりました。場所はスクムビット通りをジョムティエンを過ぎて数十キロ行くと左手にノンヌット・ガーデンが現れ、そこから600mほど行って右折して行くと、ビ...
ラーメン、中華

とんこつラーメンの一風堂がバンコクにやって来る!

日本全国と世界8カ国に展開する福岡発祥の人気ラーメン店「一風堂」がバンコクにやってきます! 場所は先日オープンしたBTSプルンチット駅直通のショッピング・モール「セントラル・エンバシー」レベル3フロアー。オープンは8月28日(22日ソフトオープン)の予定です。 気になるラーメン1杯の値段は240~340バーツだそうです。一風堂の定番、正統派とんこつラーメンの白丸元味、人気の赤丸新味はもちろん、豊富なサイドメニューや新メニューも登場します。 営業時間は10時半から22時。フロア面積は278平米で96席。バンコク店の特徴は、店内に洗練されたバーエリアも併設されることで、カクテルなどドリンク・メニューも充実しています。一風堂のニューヨーク店では、席が空くのを待つ間、併設のバーで酒を飲みながら待っている様ですが、まずバーで軽く一杯やってから、お気に入りのラーメンを食べるというスタイルは、タイでも流行るか注目です。 一風堂の創業者で同店を運営する株式会社力の源カンパニーの代表である河原成美氏は、1997年にテレビ東京「TVチャンピオン~ラーメン職人選手権...
賃貸オフィス、工場レンタル

トンローで少人数向け賃貸オフィス 「ジ・オパス」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、2回目は、トンロー通りソイ10に位置する「ジ・オパス」を紹介します。 トンロー通りはバンコク有数の繁華街で、たくさんの飲食店や小売店舗、商業施設が軒を連ねています。その中には芸能人やスポーツ選手など各界のセレブが集う高級店も存在し、庶民にとっては高嶺の花となっています。また、道の両側には小ソイが20以上存在し、ソイの中には外国人向けのコンドミニアムやアパートメントが多数建ち並ぶほか、政治家や大企業トップの邸宅もあり、ハイソサエティーの住まう街区を形成しています。 そんなトンロー通りのスクムビット側から700mほど入った右側にトンローソイ10があります。このソイは行き止まりではなく、エカマイやプラカノン方面に通り抜けできるのでいつも交通量が多く、賑やかな街並み。ソイを入り50mくらいの左側に2010年竣工、総階数8階建ての「ジ・オパス」があります。1階は飲食店が入っていて、2階より上がオフィスフロアとなっています。このビルのテナントは40 ~90平米くらいの広さが中心で、社員数5 ~10人くらいの小規模な会社を対象とし...
ペット、子犬

毛のカットでさらにかわいいチャオクワイはタイ自由ランドにいます

チャオクワイが毛のカットをして、さらにかわいくなったので、ここで紹介いたします。ちょっと太り気味ですが、それもまたかわいい。アロエベラ購入などで立ち寄った際は「チャオクワイはどこ?」と聞いてみてください。タイ自由ランドの事業部(ソイ41を入って70m右手)に平日10時ごろから夕方6時ごろまでいます。 2014年7月20日 タイ自由ランド掲載
タイのニュース

日本人が多く住むBTSプロンポン駅界隈でザ・モール・グループが席巻

日本人が多く住むBTSプロンポン駅周辺が、ザ・モール・グループの開発によって、さらに活気あるものとなりそうだ。 同グループのサイアムパラゴン、エンポリアムの成功により、今後の開発プロジェクトも期待されるが現在、エンポリアムの改装に入っており、向かいのエムクオーティアーの完成と合わせ、今年末オープンを目ざしている。 さらにベンチャシリ公園からソイ22に至る広大な敷地でもエムスフィアーを建設予定で、こちらは2016年中のオープンを目ざす。3ヵ所を合わせ50ライに及び、延床面積は65万㎡、投資額は200億バーツ以上という壮大なものだ。 世界的ブランドなど1000ブランドを誘致し、商業施設のほか、オフィス、住居、ホテルなどを建設する。世界に誇れるワールドクラスの商業地域に、というのがコンセプト。 在タイの日本人が多く住む地域だけに、ショッピングなどでさらに便利になりそうだが、中国人の旅行者なども集まってきて、観光バスなどで今よりもさらに渋滞が激しくなることが予想される。 2014年7月20日 タイ自由ランド掲載
タイ関連コラム

これほど日本料理店が好き?

BTSのサイアム駅でシーロム行きを待っていると、大画面のビジョンで圧倒されるが、その後ろにはレストランが並んでいるのが見える。新しく完成したサイアム・スクエア・ワンだが、ここの4~5階に出向くと、日本料理店の多さに驚き、こんなにタイ人は日本料理店が好きなのか?と思うほどの圧倒ぶりだ。  どの店も結構なスペースを取っており、主に日本で営業しているチェーン店が、タイ人をターゲットに捨て身?の攻勢をかけているようにも見える。 この手の店は、今後はもっとタイ人による日本フュージョンが出回るのではないかと思う。出店している日本料理店に習いながら、①タイ人向けに ②よりリーズナブルに ③よりタイ人の口に合ったモノを作るということだ。 もうすでにその流れにあるのかも知れないが、よりクオリティーを高めることが重要で、そういう店が出てくると、日本からのチェーン店も苦しくなるだろう。 だから、日本でのレシピにこだわらない進化が必要になってくるのかも知れない。 (M) 2014年7月20日 タイ自由ランド掲載
タイ関連コラム

人気屋台のよさ!わかる?

BTSのプロンポン駅を降りたところは、昼間は人でごった返しており、特にファミリーマートの前に屋台が出店していて、いつも人でいっぱいで、かきわけて通るのもたいへんだ。 この、人でいっぱいの屋台は、焼き豚のせごはんのカーオムーデンを売っている。昼間は近所で働くタイ人OLらでごった返しているが、今回、ここのムーデンをテイクアウトしてもらって会社で食べてみた。 40バーツというので結構、高いなあと思ったが、近くのカオマンガイも40バーツに値上げされ、今や屋台めしは40バーツの時代に突入したようだ。 さて、ムーデンは実のところ以前、屋台に出向いて食べたことがあるが、そのときは、「他の店と変わらない味」と拍子抜けしたが、今回のテイクアウトでタレをタラリとかけたが、この店のタレは豚肉のスープでダシをとったような感じで、コクがあり、他の店のように少し甘めだが、それほど甘くない、ということがわかった。 なるほど!いつもテーブル席が埋まっていて人気の屋台というのが、このコクが人気の理由というのがわかった。ラッナーのようにスープっぽいタレでした。...
タイ関連コラム

午後7時発!トンロー通りに潜入!

BTSトンロー駅から伸びるトンロー通り。スクムビットのソイ55ともいうが最近、老朽化した建物を壊して、新たな商業ビルをつくるところも増え、文字通り商業通りへと変貌しつつある。 もともと、トンロー通りというと、ハイソーな若いタイ人らが夜に好んで訪れる場所だったが、その様相がさらに深まりつつある。そんなトンロー通りを金曜日の午後7時ごろから歩いてみることにする。 BTSトンロー駅をおりてトンロー通りに入ると、せまい歩道は人が通るのには精いっぱい。ここにダウォン(多園)という食べ放題の韓国焼肉店があったが、店は閉めていた。やはり食べ放題ではやっていけなかったのだろうか。テナントの契約更新で家賃が上がったのかも知れない。 通りの向かいを見ると「とんこつラーメンきせき」がオープンしていた。ちまたでよく見かける、タイ人がオープン、というのではなさそうで、のれんや店の様相は日本人オーナーのようで今度、一度、入ってみよう。 さらに行くと、並びに「蔵摩」という日本料理店の看板が見えた。ここは以前、菊水庵という日本料理店があったところだ。居抜き...
ゴルフ、トラベル、旅行

ラヨーンの果物食べ放題

雨季のタイに出回る果物。マンゴスチンやランプータン、リンチーなどがとても安くで買えますが、パタヤをもう少し行ったラヨーン県では、果樹園のビュッフェが何ヵ所かあり、我々、日本人も、1日ツアーなどで、そのビュッフェに参加したことのある人もいるでしょう。果樹園を見学しながらもぎたてのくだものをそのままいただくというものです。 7月に入ると、そろそろ安くで出回るのは終わる時期ですが、まだ、ラヨーン方面の食べ放題ビュッフェは実施しているので、まだ行ったことのない人は一度行ってみるのもよいでしょう。 一番、大きそうなところは、スパトラーランドの果樹園で、何と800ライで25種類ほどのくだものが採れるというふれ込み。ホームページでは出回る時期を提示しているのでそれも参照で。 毎日開いており、朝8時から夕方6時まで、1人当たり300バーツほどでとれたてのくだものが食べ放題です。タイ観光庁でもタイ人向けに積極的に宣伝しており、車で出かけ、帰りにパタヤで1~2泊するというパターンも多いといいます。 2014年7月5日 タイ自由ランド掲載
賃貸オフィス、工場レンタル

「ヨシダ不動産」の貸し工場、レンタル工場

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。 タイ投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にしてください。 バンプリ...
タイでマッサージ

BTSオンヌット駅周辺は、フットマッサージ150バーツで格安!

BTSオンヌット駅周辺は、ターミナル駅のような賑わいで、ロータスやBIG Cなどの大規模ショッピングセンターがあるのも、周辺に人が集まる要因でしょう。 最近は高層のコンドミニアムも次々完成し、タイ人の若い層も多く住みます。オンヌット通りがずっと、シーナカリンをまたいでスワンナプーム空港まで行けるので、外国人も多く住んでいます。 オンヌット駅の近くには、マッサージ店が集まった通りがあり、そこはBIG Cに向かう抜け道になっています。 スクムビットのソイ77/1と表示された通りで、この通りにポツリポツリと間を置いて15~20軒ほどのタイ古式マッサージ店が両脇に並びます。 店頭に表示しているメニューを見ると、どこもマッサージ、フットマッサージ1時間150バーツから始まっており、まるで価格を統一しているかのようにどこも同じ値段です。 通りの奥の方に入り、その一軒に入店してみました。外でぞうりを脱ぐので、どの店にどれくらいの人が入っているのかわかります。その店はぞうりが1つもありませんでした。 中に入ると、せまい場所にフットマッサージ用のチェアが5つほど並...
タイ関連コラム

3つの頭を持つ巨大な象のモニュメントで知られるエラワン・ミュージアム

3つの頭を持つ巨大な像のモニュメントで知られるエラワン・ミュージアムに行ってみました。横を走る高速道路(アウターリング)からも良く見え、以前から中はどの様になっているか気になっていました。 BTSベーリング駅からタクシーで行くのが一番簡単で、混んでいなければ10分程で着きます。車で行く場合は道に出ている案内に沿って行くと、高速道路の下にあるエラワン・ミュージアム専用駐車場に着きます。ここからミュージアムは少し離れているのですが、無料のシャトル・カーが出ています。 入場料は外国人400B(子供200B)、タイ人200B(子供100B)で、無料のタイ語、英語、中国語のオーディオ・ガイドがあります。 象は間近で見ると、とにかくデカイ!想像していた以上に大きく、しばらく圧倒されていました。このインパクトと威圧感だけでも近くで見る価値があります。土台を含む全体の高さは43・6mですが、数字以上の大きさを感じます。 エラワンというのは、ヒンドゥー教の神話の中に出てくる架空の動物ですが、ゴジラやウルトラマンに出てくる怪獣風でもあり、造形的になかなか格好良いで...
タイのニュース

国軍主導で「公務員の規律を正す」

タイ国軍主導による政権で、公務員の規律を正す、として、ワイロなどを一掃するとしており、日本人にとっても各種許可証の更新やビザ関連などでワイロを使っていた人も今後は正規取得が徹底される模様。 これは以前、インラック政権が就いた時も行われたもので、「規律を正す」行為がいつまで続くのかは未知数だ。 同じように「規律を正す」こととして、路上の物売りについても今後は厳しく取り締まるとしており、さしあたって都内の8ヵ所を重点的に取り締まりを開始した。 ①スクムビットからウドムスックに入るところの通り沿い ②スクムビットからオンヌットに入るところの通り沿い ③ラチャダムヌーン通り ④ラチャダムリ通りのセントラルワールド周辺 ⑤ラチャプラロップ通りのプラトゥーナム付近 ⑥マハナーク市場のサパンカオ付近 ⑦ミンブリー市場付近 ⑧ラムカムヘン通りのバンカピ周辺の8ヵ所で、歩行者の妨害になる屋台売りを取り締まるとしている。 また、「規律を正す」ことと交通渋滞の解消のため、戦勝記念塔に集結するミニバンの乗り合いバスの移動を指示しており。数千台と集まる乗...
タイ関連コラム

セブンイレブンのフランチャイズ・オーナーは大変?

バンコクの街中では、セブンイレブンが至る所にあり、場所によってはセブンイレブン同士で客の取り合いをしているが、実際タイでコンビニといえば、セブンイレブンが他を圧倒している。タイ全国に7651店舗(2014年3月)と日本、アメリカに次ぐ3位の店舗数を誇り、それを追うファミリーマートはまだ800店ほどと、その差は非常に大きい。 日本からローソンも進出してきているが、タイでセブンイレブンを運営するCPオール社は2018年までに1万店突破を目指し出店を加速させ、他社との差を広げている。 タイのセブンイレブンには、CPオール社の直営店とフランチャイズ店があり、直営店4割、フランチャイズ店6割ほどの比率で、バンコク中心部は直営店が多く、郊外にフランチャイズ店が多い。 フランチャイズ店のオーナーは常に募集していて希望者は多いが、誰でもなれるというわけではない。バンコク郊外でセブンイレブンを営むタイ人Tさん(40歳)に聞くと、セブンイレブンのオーナーになるには、まず保証人を用意し、セブンイレブンのオーナーとしてこうあるべきといった内容の講義を受けなくてはいけないとい...
新規コンドミニアム

日本から送金せずにコンドミニアムを買う方法

このところタイの不動産も好況との記事も良く目にします。そんな中で不動産に投資を考える日本人の方も少なくないと思います。外国人の土地所有は原則禁止のタイですがコンドミニアムであれば外国人でも購入することが可能です。 一般的にはコンドミニアムの購入には海外からの外貨送金が必要と言われていますが弊社では外国人がタイバーツでコンドミニアムを購入するお手伝いをさせて頂いております。もちろん名義借りなどの方法ではなく合法的にご本人様の名義で登記されます。タイバーツでの購入をお考えの方は「KHCコンサルティング」まで御相談下さい。連絡先は下の広告も参照で。 2014年6月20日 タイ自由ランド掲載
整形、美容クリニック

整形病院で外国人患者激減

激減しているのは外国人旅行者だけではない。 整形手術などで有名なヤンヒー病院でも、外国人患者は激減し、昨年12月から減っており、今では80%減。特にアメリカ、オーストラリア、日本からの患者が来なくなったという。 また、午前0時1分から午前4時まで外出禁止などでタイ人患者も減り、現在は通常の40%減となっており、収入も30~40%減となっている。 2014年6月20日 タイ自由ランド掲載
ネット、インターネット、SEO

タイの中小企業でもドメイン取得が増加

ホームページのドメイン登録を代行するタイのTHニック社によると、タイの中小企業でもドメイン取得が最近は活発で、同社では毎年10~20%顧客が増加しているという。 同社が扱うthについては、2014年4月の時点で全体の登録数は63,246ドメインにのぼり、co.thが一番人気で、32,785ドメイン、続いてin.thが16,400ドメイン、続いてac.th、go.th、or.th、mi.th、net.thなどがある。 しかし、.thについては会社の登記簿等の提出が必要なため、.comよりは取得が進んでいないという。 2014年6月20日 タイ自由ランド掲載
タイのニュース

タイでもごみ処理代収集へ

タイでは一時、ごみの仕分けの機運が高まったこともあるが、基本的にはタイ人は仕分けをせず、そのまま近くにあるゴミ集積場に一括してゴミを出している状態で、日本のようなリサイクルのシステムが確立していない。 タイ厚生省などによると、タイでは1日に41532トンのゴミが出され、1年では1500万トンにのぼる。そのうちバンコクは1日8766トンで、全国の21%も占めるゴミが排出されている。 ゴミ埋め立てなどでは全国で2490ヵ所があるが、正しく処理できる場所は466ヵ所としており、それ以外は環境の悪化などが心配される。そのため同省などではゴミ処理の環境整備のため、一般家庭などから出るゴミに対して、5㌔以上出す家庭から150バーツ以内のゴミ処理代を徴収する方向としており、近く実施される見込み。 2014年6月20日 タイ自由ランド掲載
タイ関連コラム

建設労働者はどこに住む?

オンヌット駅周辺は高層のコンドミニアムがバンバン完成し、それなりの中流階級以上のタイ人らも増えてきています。 そんなコンドミニアムが立ち並ぶ横に空き地があり、以前は草がぼうぼうと生い茂っていたのですが、今はプレハブが立ち並び、建設労働者のミャンマー人らが住んでいます。おそらくは住居登録もしていないし、本当はそこには住めないのでしょう。 しかし、近所のコンドミニアム建設のための、労働者のための仮住まい、ということでしょう。 見ていると、2年前にプレハブが建てられ今でもその状態。汚物などはたれ流しの状態で、まわりのコンドミニアムは、それなりに300~400万バーツはする部屋なのに悪臭が漂ってきては台無しでしょう。仮住まいといえ、2年たってもなくならないのがタイです。 さて、プロンポン駅の目の前でも現在、大型のオフィスビルなどが建設中ですが、そこで働く労働者は、いったいどこのプレハブで過ごしているのでしょう。 朝、どこからともなくやって来ますが、ソイの偶数からのようです。 夕方、現場での仕事が終わり、歩いて帰る労働者を見ていると、ソイ22...
タイ関連コラム

ひとりで食べる夕食はどこで?

夜の食事で仕事帰りに1人で行ける日本料理店というのは、1人身の日本人ビジネスマンにとっては貴重だ。 タイ自由ランドのオフィスがあるソイ41の付近にはポツポツと店はあるが、1人で食事を、というのは少し気が引ける店が多い。 少し歩くと、ソイ47にレインヒルがあり、夜は欧米人向けのビアホールの雰囲気をかもし出しているが、2~3階に上がると、丸亀のうどん、ラーメン亀王などがあり、1人でも入りやすい。 亀王は窓に面した席がカウンターになっていて、夜は1人身の日本人ビジネスマンの姿もちらほら見える。 メニューから、焼ぎょうざ80バーツ、アサヒ大ビン120バーツ、昔味ラーメン200バーツをたのんでも+サービス料10%で440バーツで収まる。 1人で大ビンはちょっときついが、ここはお茶も無料だから、ビールを飲まない人には日本円で1000円でお釣りがくる店ということになる。 なかなか、日本人が夜に1人で食べる店をさがすのも難しいのである。 (M) 2014年6月20日 タイ自由ランド掲載
ビザ、滞在ビザ

タイ自由ランド事業部で20~40歳代のための長期滞在ビザ

不安定な政局が続くタイだが、外国人の出入国に関しても、陸路で繰り返す人に対して、タイ滞在のための出入国を制限する方向にあり、空路でも、ビザを持たない日本人などが入国する際は、帰りのチケットを提示するよう求められることもあり、タイの滞在では、ビザを持たない人の中~長期滞在が厳しくなっている。 そのため、最近はビザを取る日本人が増えているが現在、可能なビザでは、タイで働く人が取るBビザ、タイ人の配偶者といっしょに住むためのOビザ、50歳以上の人が取れるOビザ、子どもが学校に通うため、その保護者としてのOビザ、そして、語学学校などで勉強するためにとるEDビザなどがある。 タイで働いておらず、50歳まではまだ何十年もあり、タイ人とも結婚していない、という日本の若い人にとっては、EDビザの取得しか選択がない、というケースもある。 しかし、語学学校に通わなければならないなど、条件があるため、それも難しいと考える人も多いだろう。 そこでタイ自由ランド事業部では何の条件も満たさずにビザがとれない20~40歳代の日本人向けに、EDビザ取得の代行をしているため、相談下さい。...
ダイビング

タイのピピ島でダイビングを満喫!

せっかくタイにいるのだから、海にも行きたい。海の見える部屋にも泊まりたい。そう思うのが普通ですが、海の見える高台のバンガローで毎日、絶景を眺めて過ごしているのが、服部一之さん、56歳。 場所はピピー島のトンサイ地区の高台。朝の顔、昼の顔、夕方の顔があり、何年見ていても飽きないといい、ピピー島に8年住んでいます。 ピピー島の唯一の日本人在住者で、毎日をストレスなくのんびり過ごしているといいます。 グーグル検索で「タイ、ピピ、ダイビング」で見ると1位にヒットするのが服部さんのサイト。少し前までダイビングショップを経営していましたが、今はインターネットでの申し込みのみ。タイもこういう情勢ですから、日本人客が激減しているのでしょうか? 「いや、もともと日本人は少ないです。欧米人がほとんどで、デモなどがあってもピピー島だけはいつもいっぱいです」と服部さんはいいます。 6月の今はローシーズンですが、10年前は100バーツで泊まれたゲストハウスも、今では水シャワー付きで500バーツほどはして、バックパッカーも1~2泊してピピー島を...
賃貸オフィス、工場レンタル

あぱまん情報が管理する賃貸オフィスに大阪大学など入居

チュラロンコン大学の客員教授でもある望月太郎さんは、この8月からインターナショナルプログラムのために教壇に立つ。大阪大学大学院教授でタイとの関わりは長いが、今年4月からは同大学のアセアンセンター・バンコクオフィスセンター長の駐在員の肩書を持ち、タイに赴任している。 事務所があるのはアソークのどまん中、サーミットタワーの別館10階。ここには小規模なたくさんの日系企業、機関が入居しており、大阪大学もその1つ。あぱまん情報が管理するサービスオフィスだ。 ここに大阪大学はタイに進出して以来、8年間オフィスを構えている。今は望月さんと、タイ人スタッフ1人の体制で、主な仕事はタイ人留学生の獲得。さらに最近は周辺のアセアンでの留学生獲得も担う。 大阪大学の入るこのオフィスビル10階には、立命館大学や東洋大学もオフィスを構えており、望月さんによると、「現在、私が知る限りでは日本から28の大学がタイに事務所を出している」という。この6月には京都大学もタイに拠点を設け、少子化が進む日本では、学生の確保が重要で、それを東南アジア諸国などに求める動きが活発になっている。 ...
タイ関連コラム

タイの孤児院を訪ねてみました

バンコクのトンブリ側ラマ2世通り近くのスクサワット通りに「泰華孤児院」と漢字で書かれた看板があり中国人の孤児院なのかと以前から気になっていましたが、実際に訪ねてみました。孤児院は大通りから少し裏に入ったところにあり、敷地内に小学校も併設されていて意外と大きな施設でした。 この孤児院は「The Orphanage Foundation of Thailand」という基金が運営しており、ここで20年以上勤務するベテランスタッフのランワナー・コンムクーンさんに施設内を案内してもらいました。漢字の名前が付いているのは、1975年にタイの華僑によりこの基金が作られたからで、同基金が運営する孤児院に併設されている小学校では中国語を教えるなど、中国色が強いですが、孤児は人種、宗教に隔たりなくタイ全土から受け入れているそうです。 この日は学校が休みだったので、子供たちは昼寝したり、テレビを見たり、自由に過ごしていました。1部屋7~8人のベッドが並んでいて、孤児院という言葉からイメージされるような悲壮感はありませんでした。 ここで現在90人の孤児が共に生活していており...
賃貸オフィス、工場レンタル

タイの工業団地についての特徴 ⑤と工場レンタル

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。タイ投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にしてください。 キンケ...
タイ関連コラム

バンラックの老舗店を巡るフードツアー

バンコクでは戒厳令下で外に出るのも控える状況が続いていますが、今回は食べ歩きツアーに挑戦しましたので、それを掲載いたします。 また、バンコクが平和を取り戻したら皆さんも、参加してみて下さい。 ということで、今回参加した「バンコク・フード・ツアーズ」は、観光客や在タイ外国人ならなかなか接することができないローカルな場所を英語で紹介しながら、実際に数種類の食事を体験できるというユニークなツアーです。 今回、申し込んだのは「バンラックの歴史と食べ歩きツアー」。バンラックエリアでローカルな食事を体験できるツアーとのことですが、どこに行くのかは知らされていません。 当日は、カナダやオーストラリア、フランスから来た観光客の参加者が集まりました。英語が上手なタイ人のガイドさんも到着し、サパンタクシン駅からチャルンクルン通りに向かって出発です! ところで、みなさんは、タイ人が普段利用しているような屋台や食堂で食事をすることはあるでしょうか。私は実は、普段からローカルのタイ料理に親しんでいます。しかし、このツアーでは、①過去にはバンコクの中心地だったバンラッ...
タイ料理店

フカヒレ、中華、シーフードの「フアセンホン」

先日行ったフア・セン・ホンというシーフード・タイ・レストランがおいしかったのでここで紹介しよう。 スクムビットをずっと行って、ソイ101の角にあり、駐車場もあるのだが、夕方からは満杯で、なかなか停められない。 今回行った日は、夜10時から外出禁止ということで、いつもより車が少なく停められた。 店内のテーブル席は素っ気ない感じだけど、中国系タイ人は知る人ぞ知る、という有名店。ラマ9のセントラルやセントラルワールドにも店があり、ヤワラートに本店を構える。 フカヒレが有名で、この店に来たらやはりフカヒレを、という感じ。300、500、1000バーツと量によって違い、3人ほどなら500バーツで十分。 そのほか、エビも大きくてとっても新鮮だった。かきはこぶりだけど、これも生だけどとても新鮮。そして魚もとてもやわらかく、どれも素材が新鮮で料理も、ソンブーンとかと似ているが、味も素材もいい勝負。値段はこちらの方が安いかも知れない。 ということで、スクムビットに住む人なら、一度はソイ101の入り口にあるフアセンホンに行ってみて下さい。駐車場になかな...
タイ関連コラム

ナコンサワンで日本米を作る日本人

  タイに次々と進出する日本料理店により、我々、在タイの日本人も日本食を食べる機会が多いが、日本料理で重要なのは日本米。これがおろそかになればがっかりするし、タイだからといっておろそかにしてはいけない点でもある。 タイでは20年以上前からチェンライなどタイ北部で、日本米が作られており、その日本米がバンコクにある日本料理店や、在タイ日本人向けのスーパーなどで販売されている。 バンコクで日本料理店を10年以上、経営する店主によると、「一時期、品質が悪いと騒がれたことはあったが、今は安定していると思う。自分は日本人の業者からは高くて買えないので、タイ人の業者から1キロ48バーツで買っている。つぶが少し小さいけど、炊き方などを工夫して、おいしく仕上がるように努力している」と話す。 ところで、バンコクは相変わらず日本料理ブームで、日本米の需要は多い。価格も徐々に上がっており、高級なもので1キロ70~80バーツで卸されており「この値段ではやっていけない」という店舗オーナーの声も聞かれる。 そんななか、ある志を掲げて「おいしい日本米を安くで提供したい」と話す日本人がい...
ミャンマー関連

意外と少ない日本のミャンマー投資

先日のインラック首相の失職、昨年からの反政府デモなど、なかなか政局が安定せず、経済も停滞気味のタイを尻目に、他のアセアン諸国は躍進中だ。中でもタイの両隣ラオスとミャンマーは、発展著しい。 ミャンマーへの日系企業のビジネス進出をサポートしているタイDCR示村社長によると、DCRグループのミャンマーDCRでは、4月に新入社員としてミャンマー人を50人も採用したという。社員が増えるに従い、広いオフィスが必要になるが、家賃が非常に高いのが頭の痛いところだそうだ。1年契約で1年分前払いというのが普通で現在オフィスの相場は、坪1万円くらいで東京と大差ない状態という。ヤンゴンのオフィス不足は、ミャンマー経済が活況を呈している証でもある。 アセアン諸国の中で、昨年の経済成長率1位はラオスで8・2%。2位はミャンマーの7・5%。まだGDPの低い両国と単純比較はできないが、タイは2・87%でアセアン10カ国中9位。10位は資源国ブルネイなので、実質最下位という感じだ。 ミャンマーが外国投資への門戸を開いたのは、ここ2年で、新しい投資先として日本でも大いに注目さ...
パタヤの生活情報

中華系タイシーフードの王道、パタヤ・ジョムティエンの端の「プーペン ปูเป็น」

南パタヤから少し入った、ジョムティエンビーチも最近は外国人が増えています。この地域にもいろいろなお店が出来ていますが、タイ人に有名なタイ・シーフードの店というと「プーペン」。ジョムティエンに来たら一度はプーペンで食べる、というくらいタイ人には知れ渡っています。 ジョムティエンビーチの一番端。今は道路の工事をしていて、とっても行きづらい。しかし、連休だった当日は超満員の人混み。オープンエアの店内のほか、2階席、さらには道路沿いの席など、ざっと200席以上は裕にあるでしょう。 順番待ちしており、15分ほどたってようやく着席。さて、店名にもあるプー(かに)をオーダーすると「売り切れ」。これもあれもすべてプー(かに)は売り切れ。まだ午後7時半なのにこれじゃ来た意味ないじゃん、と思いつつ、違うメニューをオーダーしました。 まあ、話のネタに一度は来てみるのがいいでしょうと納得し、料理を待ちます。まわりを見回すと、タイ人の家族連れや親戚ぐるみの人たちも多い。メニューの値段を見ると、結構高くて、ひと皿200~300バーツ平均だけども、タイ人の座るテーブルの上には料理で埋まっています。 さて、...
賃貸オフィス、工場レンタル

工場レンタルのための工業団地についての特徴 ④

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。 タイ投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にしてください。 テーパラック通り 工場...
製造、販売するアロエベラ

タイ自由ランドがソイ41に移転して、アロエベラを買いに来られる方が増えました

タイ自由ランドがソイ41に移転して、アロエベラを直接買いに来られる方が増えました。その中でも、アロエベラを初めて購入する方は、「アロエベラは美容液?化粧水?ボディーローション?虫刺されによい薬?」と疑問に思うことが多いようです。 本紙で販売している、アロエベラとは、チェンマイ産の「アロエベラ」という種類のアロエを、アルコールのみを使って抽出し、ビンにおさめたものです。よく、アロエを家で栽培していて、火傷の時などに、果肉部分を直接傷跡に貼り付けたり、または、美白パックで直接アロエを肌につける人もいるようですが、まさに、アロエの果肉部分の成分をそのままビンに閉じ込めたものと想像してもらえればよいです。ですから、アロエベラは薬でも、美容液でも化粧水でもありませんが、これ一本であらゆる効果を期待できるすぐれた商品なのです。 傷口や虫刺され、ニキビ跡につけてもよし、顔やボディに塗れば、ハリと美白効果、シワのばし、老化防止が期待でき、頭皮に塗って、マッサージすれば、白髪予防にもなります。また、日焼けを防いだり、すでに焼けてしまった肌を鎮静させる効果もあります。 特に女性...
賃貸オフィス、工場レンタル

工場のレンタル、賃貸、売買

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。 タイ投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にしてくださ...
芸能、コンサート

サハ工場の従業員向け、カラバオのコンサートが200バーツ

「カラバオ」のホームページを見ると、毎日のようにコンサートを開いているのがわかる。そこで目にしたのが、3月29日にチョンブリーでコンサートを開くというもの。 当日はパタヤに行く予定なので、ぜひ見てみたい。それでフェイスブックなどを見てみるが、開催時間と場所が載っていない。まるで、関係者以外は見にこなくてよい、という感じだ。ホームページにあった担当の携帯にかけて見ると、「企業の中のコンサートだから一般的にはやっていない」などという答え。企業の中? 本当かなあ。 「カラバオ」はタイを代表する人生の歌をうたうロックグループである。日本でいうと…いないなあ。世界でいうと、ローリングストーンズとブルース・スプリングスティーンとエルトン・ジョンをたしたようなグループだ。タイでは古株だが絶大なのである。 そんなカラバオを見られるチャンスである。フェイスブックで、「どこでやるの?」と聞いているタイ人が結構、いたので、それに対する答えが出てくるのを待ち、当日、それをたどってみると、「サナームビン・サハ」というのがわかった。サハグループの飛行場である。グーグルの地図で見てみると...
タイ関連コラム

アセアン各国からも日本行きビザ免除へ

昨年のタイ、マレーシアに続き、今年の6月からは日本への短期滞在を目的とするインドネシア人、ベトナム人、フィリピン人もビザ免除になる見込みで、経済発展の著しいアセアン諸国からの観光客増が期待されています。 日本は観光を成長戦略の柱の一つに掲げていますが、ただ待っているだけはお客さんはやって来ないので、日本の自治体も日本旅行を扱うタイの観光会社もあの手この手で観光客誘致を目指しています。 世界各国への海外ツアーを扱っているタイの旅行会社ゴーホリデー社の日本担当マネージャー、プックさんに聞くと、同社でもビザ免除以降、日本を旅先に選ぶタイ人が急増したとのこと。まだビザ免除から1年たっていませんが、日本へのリピーターもかなり多いそうで日本のライバルとなる中国、韓国と比べても日本訪問者はリピーターが多いと言います。 ゴーホリデー社では、人気の北海道、東京、大阪だけでなく、四国や山陰といったまだ外国人観光客が少ない地域へのツアーも企画しています。 「まだ有名でない場所のツアーは、客を集めるのは大変ですが、情報を集めて新しいルートを開拓していくのは大切なこと」とプックさんは...
パタヤの生活情報

「モンキー・アイランド」も近いパタヤ・バンセレーのビーチがお勧め!

パタヤのビーチはすでに人でいっぱい。今ではジョムティエンビーチも土、日曜日は混み混み。以前は人がまばらだったのがうそのように、ドッとバンコクから人が押し寄せています。 さらに、デモもようやく鎮静化の気配で、中国からのツアー客も徐々に戻っており、大型の観光バスが次々にやって来ています。 ジョムティエンも、もう人でいっぱいだから、もっと静かにくつろげるビーチは?ということで、注目されているのが、バンセレーのビーチ。パタヤ、ジョムティエンのように、ビーチ沿いの通りに入り、車でかけ抜けることができます。まだ素朴で開拓されておらず、そういう自然が好きな人には一度、行ってもらいたいビーチです。何といってもパタヤビーチのようにアーチ型にビーチがなっているので、見応えがある。ジョムティエンビーチも向こうの方に見えます。 バンセレーのビーチの終点あたりには、レストランが何軒かあり、ビーチにゴザを敷いて座るスタイルの店と、海に張り出した店の中で食事をとるスタイルの2種類。どちらもまだ人はまばらですが、サタヒップにも近いことから魚介はなかなか鮮度もよく、おいしい。 パタヤも...
タイ料理店

タイ人が並んで待つレストラン「シャブシ」「MK」「フジ」「8番ラーメン」

部屋のコーディネイトをする機会があり、自分ではなかなかアイデアがわかないので、メガバンナーのイケアに行くことにしました。 イケアは生活雑貨やファニチャーをただ置いているだけではなく、部屋の提案をしており、ベッドやテーブルの位置、キッチンやソファなど、ビジュアルで楽しめるのがいいところです。 そして食事となると、イケアの周辺にモール風にレストランが集まっており、休日の午後4時ごろ、そのあたりをぶらつきました。 まだ、子どもの春休みだったこともあり、子ども連れの家族が多い。食事時でないにもかかわらず、混んでいる店が何軒かあり、それを順位で上げると、しゃぶし(SHABUSHI)。断トツですね。しゃぶしゃぶのビュッフェのようですが、一度も入ったことがないです。タイ人に人気で、待っている人は、20人くらいはいました。 続いて、待ちが出ていたのはタイスキのMK。こちらも家族連れで来るのが好きなタイ人ですね。最近は値上がりして1人当たり、単価は300バーツは超えている感じですが、根強い人気です。 さらに、日本料理の「フジ(FUJI)」も待ちが出ていました。日本...
タイ関連コラム

良質な食材が安く手に入るKビレッジのオーガニック市場、朝市

タイでも最近は富裕層のタイ人や欧米人を筆頭に、オーガニックや自然食品への関心が高まっていますが、そんなオーガニックを扱うお店が一度にたくさん出店していると話題になっているのが、スクムビットソイ26のKビレッジで開かれる「ファーマーズ・マーケット」。 月末の土日曜に開催されることが多く、敷地の中庭に、たくさんの露店が集まってマーケットが開かれます。先月はちょうど、マーケット開催から1周年とのことで、一体どんなお店があるのか散策しに行ってみました。 お客も出店しているお店もタイ人、欧米人が半々くらい、日系のお店も少しありました。隅から隅までいろいろ散策すると、食材から雑貨までいろんなものを発見しました。ここでしか見つからないような面白いものもあったので、この日売られていた商品を種類ごとに紹介してみたいと思います。 ●有機野菜・果物、雑穀米…たくさんのオーガニックブランドが出店しているので、食材にこだわりがある人は、一度にいろいろ買えて、とても便利です。タイのハーブから、オクラやゴーヤ、ナスなどもあり、値段もスーパーと比較しても、高くありません。 ●職人...
賃貸オフィス、工場レンタル

工場レンタルのために、工業団地についての特徴

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。 前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。 タイ 投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にして...
パタヤの生活情報

パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアー

「クラブタイランド」パタヤ店では、パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアーのサービスを開始しました! 野生の猿が暮らすモンキーアイランド(Koh Ped)に、定員16名の豪華スピードボートで行くデラックスなツアーです。サメット島やラン島とはまた違った魅力の無人島に猿とたわむれるツアーを是非お楽しみください。 料金は大人1名:2,500B、子供1名:1,500B(5歳~12歳未満)。ソフトドリンク、フルーツ、昼食(タイ料理)、シーカヤック、シュノーケリング(用具一式無料貸し出し)、釣り(用具一式無料貸し出し)等がツアーに含まれます。 詳細はクラブタイランドホームページにて ↓     www.thailandcard.com 「クラブタイランドカード」は、持っているだけでタイ国内の様々な所で割引特典が受けられる便利でお得なカード。割引特典が利用できるゴルフ場は、現在123ヶ所。 飲食店やデパート、スパや病院など多種多様な加盟店は現在500ヶ所あり、様々なメリットがあります。 お申し込みは至って簡単! お名前、ご連絡先を記載するだけで、その場で即発行し...
タイ関連コラム

女性+子ども率90%以上のアソークの木曜限定マーケット 、朝市

木曜日に開かれるタラート(マーケット)なので略して「木タラ」と日本人駐在員の奥様たちから呼ばれ親しまれているマーケットへ行ってみました。場所はシーナカリンウィロート大学で行われています。このマーケットは午前中がメインで正午には閉め始めるお店もあります。 アソーク駅を降り、スクムビット・ソイ23をひたすら真っ直ぐ歩いていくと10分ほどで大学の入り口に突き当たります。バイタクを使えばあっという間です。 アソーク通りからも入れます。ペッブリーに向かって右手が大学の入り口で、地下駐車場もここから入ります。一番近い駅はMRTペッブリー駅で7分程です。 どこから行っても、一本道なので、迷うことは無いでしょう。マーケットも、どちらの入り口から入っても、すぐわかります。 4月ともなると朝から日差しがきつく、こんなに暑いと人出は少ないんじゃないかと思いきや、想像以上ににぎわっていました。 平日開催ということもあり、とにかく女性と子どもが多いです。タイにマーケットは数あれど、こんなに女性と子供の割合が高いマーケットも珍しいでしょう。 もうひとつの特徴は、日本人も...
医療、健康、漢方

タイの社会保険に終身で入れる

タイでロングステイをする日本人高齢者も多い。物価が安く、少ない年金でも過ごしていける。気候も温暖で過ごしやすい。快適なロングステイを満喫できそうだが、いざ、病院にかかってしまうと、日本よりも高い医療費がかかることもあり要注意だ。 日本に保険がある人は日本で治療を受け、健康な状態の時にタイに来るのがよいだろう。 あるいは、タイでは日本人向けのAIA保険などの医療保険もあり、かけ捨てで1年間分ずつ支払って、バンコク病院やサミティベート病院などでも治療できる保険がある。入院のみの場合で、50歳の人なら1年で3万バーツほどだろうか。かける内容にもよるが、基本的に1日でも入院すれば医療費は無料。しかし、手続きが少しじゃまくさく、付き添ってくれるタイ人がいないと処理が難しい。 さて、もっと効率がよく、お得な方法があるのかと見てみると、タイで働いている日本人なら社会保険に入っており、指定した病院での通院レベルの治療は無料になる。もっとも、大きな手術などは治療費負担となるが、日常的なものなら無料。 健康な人なら、この社会保険を一度も使ったことがない、と...
ロングステイ

医療費が払えない病院治療が帰国の判断

タイでロングステイをしている日本人の高齢者も、物価が安く、気候も過ごしやすいタイは快適ですが、いざ、病気になると、医療費は日本よりも高くつきます。 タイでは保険が使えないため、まともに払えば1週間の入院で20万バーツ、30万バーツかかることはあたりまえ。そうなると、日本で治療した方がよいということになります。 この病気治療がロングステイをしている人の日本への帰国の判断になることも多いでしょう。 「最近、あの人を見かけないですね」と仲間同士で話していて、病気の治療のため、日本へ帰国したというケースです。 タイで永住しようとやって来た人でも、病気になってしまうと、医療費がかさみ、タイ滞在を断念するというケースも多いはず。 これは最近のケースですが、デビッドさんはニュージーランド人で69歳。つい先日までタイで英語教師をしていました。今回、病気のためやむなく、タイ滞在を断念、帰国してしまいました。 企業の研修トレーニングなどの仕事に就いていたデビッドさんは、いきづまりを感じていて、環境を変えたいという思いでタイに足を踏み入...
タイ関連情報

タイでできる簡単なつけもの、というか、あえもの

 つけものといえば、日本のつけものが日本人にとっては一番ですが、タイでできる簡単なつけもの、というか、あえものを今回、紹介していただきます。 韓国料理店などに行くと、はじめに出てくる小鉢のなかにパパイヤのキムチなどがあったりしますが、まずは青パパイヤのつけもの。 これは簡単です。青パパイヤの皮をむき、適当な大きさに切り、ソムタム風に刻みます。 それに少しあら塩をパラパラしておきます。 一方で、日本のしょうゆ、タイの酢、水、砂糖を鍋に入れ、ふっとうさせます。それをさっと、パパイヤのボウルに入れます。それを冷まし、冷蔵庫に1時間入れます。色はタケノコ色になったところで、ねぎ、ごま油をかけていただきます。酸っぱければ、酢を少なくして水を入れればOK。 残ったものは冷蔵庫に入れておき、いつでも食べられます。 続いて、オクラのあえもの。まずふっとうさせた鍋に塩をふっておいたオクラを5秒ほどくぐらせ、水に入れて色をあざやかにし、刻みます。 一方で味付けのりを3枚ほど、はさみで刻み、オクラとあえます。 味付けは日本のしょ...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

第4回「ヴィスカヤ・プライベート・レジデンス~ アパートでもサービスアパートのように快適な生活を」

3月の住宅状況 4月からの新年度に向けての駐在員さんのお部屋探しは、3月に入り家族向け物件については、ひと段落ついた感があります。以前お知らせしたようにバンコクの日本人学校が人員増で学期途中からの編入が認められなくなったことを受けて、家族で引っ越してこられる方は2月中にお部屋探しをした方が多かったようで、3月下旬の現在は、内覧数・予約数は少なくなっております。4月以降の家族向け物件の動向についてはまだ読みにくい部分があり、引き続き注視してまいります。 一方、単身・夫婦向け物件については、新築コンドミニアムが増えていることもあり、供給は足りていて、お値打ち感のある低価格の部屋も増えてきています。 しかし、ここ数年サービスアパートの賃料が全体的に上昇傾向にあるのが、気になるところです。すべてではありませんが、これはサービスアパート側がデイリーのお客さん獲得に軸足を動かしている証左とも言えるでしょう。昨年バンコク都内で外国人駐在員向けにサービスアパートを展開しているセンターポイントグループが、傘下のサービスアパート7軒をホテルに衣替えしたのは記憶に新しいところです。...
ヨシダ不動産

お宅拝見の第36回目は多田様のNusasiri Grand Condo

ヌサシリ・グランド・コンドは、バンコク内では数少ないBTS駅に直結する高層タワーコンドミニアムとして、BTSエカマイ駅徒歩1分の位置に建っています。交通の利便性に加え、同建物内にはスターバックス、銀行、歯科医院等がテナントとして入っている為、日常生活にも便利な立地条件となっています。また、ソイ 42の道路を渡るとすぐに大型商業施設ゲートウェイがあり、日本では馴染み深いマックスバリュー、薬のツルハ、各日本食レストランなどがあり、そちらも暮らしやすさの一因となっています。今回はそんな利便性に優れる物件にお住まいの多田さんのお宅を拝見いたしました。 数少ないBTS直結物件 オンヌットの単身サイズのコンドミニアムに住み始めてしばらくして、妻と娘がタイにやってくることになりました。そこで家族と一緒に住める広い物件へ引越しすることに。私自身はエリアにこだわりはないのですが、妻と娘の生活を考えると、日系スーパーが近くにありBTS駅へのアクセスも便利な プロンポン、トンロー、エカマイ駅付近の物件を探してもらうことにしました。ヨシダ不動産の岩瀬さんにいくつかの物件を案内していただいたの...
賃貸オフィス、工場レンタル

タイの工業団地BOIの第3ゾーンについて

BOI投資奨励法によるタイ 投資の恩典 タイで現地法人を設立する場合、タイ政府が供する恩典を享受できる場合があります。タイ政府は、経済および技術発展を目的に、外資誘致と自国資本の保護・育成を同時に促進するため、「BOI投資奨励法」と「外国人事業法」という2つの法律で投資政策を行っています。前者のBOI投資奨励法に基づき、投資奨励業種である、農業製品、鉱物・金属・セラミックス、電子・電気工業、化学工業・パルプ・プラスチック、機械製造などのほとんどの製造業種に恩典が与えられています。 タイ 投資委員会(BOI)は工業団地をタイ全土を3ゾーンに分けて、税制上の恩典に差をつけています。 ゾーン1は、バンコク都、サムットプラカーン、サムットサーコーン、パトムタニ、ノンタブリ、ナコンパトム。 ゾーン2は、サムットソンクラーム、ラッチャブリ、カンチャナブリ、スパンブリ、アントーン、アユタヤ、サラブリ、ナコンナーヨック、チャチュンサオ、チョンブリ、ラヨン、プーケット。 ゾーン3は、それ以外の48県。 以下の広告で紹介する工業団地の特徴を記したので、参考にして下さい。 アマタナコン...
賃貸オフィス、工場レンタル

あぱまん情報のサービスオフィスに、日本の大学も次々に進出!

短期から長期まで、カバン1つでオフィスが開設できると好評の「あぱまん情報」のサービスオフィス。 日本人駐在員1~2人ほどで立ち上げる際にとても便利な条件で、家賃に電気や水、エアコン代、メイド代なども含まれており、トータルで見るととてもリーズナブルなのがわかる。 例えば、メイドにしてもわざわざ最低賃金の9000バーツで雇う必要もないのは大きい。タイでは従業員がメイド代わりの仕事をするかというと、それはNG。メイドの仕事はメイド、というのが一般的。だから、それほど仕事がなくてもわざわざメイドを雇っているのが現状だ。 また、ゴミ袋やトイレットペーパーなどの消耗品も買う必要もなく、電気、水道代などは代わりに払ってもらえるなど、ちょっとしたことだげど、すべてを自社でやるとかなりの手間がかかってしまう。 同社のサービスオフィスには多くの日本からの進出企業が入居しているが、この1月より賃貸している「三協立山(タイランド)」はタイに会社を立ち上げたばかり。ASEAN地域全体での事業展開に向けた情報収集や事業化調査体制の強化を図ることを目的としており、とりあえずコンパク...
タイで人材、雇用

タイ人留学生獲得を目ざし、日本の大学もタイに窓口設置

日本を訪れるタイ人観光客の数はうなぎ登りで、日本旅行への関心は大きな高まりを見せているが、日本留学に対する関心はどうだろうか。 先月クイーン・シリキット・センターで催された日本留学フェアJeducation Fair 2014を訪れてみたが、日本の大学や日本語学校がブースを並べ、多くのタイ人が熱心に説明に耳を傾けていた。タイが経済力を付けるに従い、海外留学が一握りの特別な学生のものであった時代は終わり、留学はより身近なものになった事を感じさせる。 「この学部で学んだら何になれますか」といった卒業後の進路まで視野に入れた質問が、最近留学希望者から増えてきたという東海大学アセアン・オフィスの富田紘央さん。 大阪大学、明治大学、東京工業大学など最近バンコクに拠点を開設する日本の大学が増えているが、東海大学は2003年という10年以上前の早い時期からオフィスを開いており、昨年8月に2つ目のオフィスをアソークにオープンしている。東海大学には54名のタイ人留学生(2013年度)がおり、留学生獲得はアセアン・センターの大きな役割となっている。タイ人留学生は震災直後は減ったも...
タイ関連コラム

タイ人相手の料理店はたいへん?

先日、日本料理店の店主と話をしていると、自分の店はタイ人客で80%を占めるが、なかなか単価が上がらない、とボヤいていた。居酒屋なのだが、あまりお酒は飲まず、水やソフトドリンク、あとはメインの料理をたのんでずっと長居する。ひどい時は1人単価200バーツの時もあるという。 また、ある店主によると、10人ほどのグループでやって来て、閉店まで居るのかと思うほど、ずっとおり、客が待っている状態だったという。 スクムビット通りをオンヌットの方に向かい、さらにBTSのプンヤウィティー駅を過ぎたところにあるピヤロム・プレイスは、モール風になっていて、ここに韓国料理店「新羅」がある。 新羅といえば、在タイの長い人ならご存じだと思うが、昔、ソイ22を入ってすぐのところに店があり、日本人でにぎわっていた。数年前にそれを売却し、ハズレに引越したのだ。食べ放題290バーツとうたい、当初は人もまばらで閑古鳥風だったが、先日行った時は、平日の夜で客席がほぼ埋まる時間帯があった。タイ人客100%に近いから、徐々にタイ人に浸透しているのだろう。 食べ放題の条件のところで、時間制限1時間...
タイ関連コラム

BTSオンヌット駅界隈の屋台はお好き?

最近、オンヌット駅界隈の人の流れがすごいが、このあたりはまだまだ庶民的で、食事をするときは1人単価が100バーツ、出しても200バーツまで、という感じだ。1人暮らしのタイ人OLも多そうだが、おそらく給料は12000~25000バーツあたりで、1万台の人はもう1人の女性とシェアしている感じだろう。 でも、最近はシェアをいやがる若いタイ人も多いから、恋人じゃない場合は1万台でも1人で住むというパターンになってきている。 ところで、オンヌット駅界隈には、道路に繰り出した屋台もあちこちに見受けられるが、その中でイサーン屋台に目をつけると、「ここがおいしい!」という店でいうと、ロータスに隣接するソイ50の交差点で営業しているイサーン屋台。夕方から夜半まで開いているが、ここのネタやタレがおいしい。まあ、10年以上タイにいて、1週間に1回はイサーン料理を食べているから、「おいしい」というのは、イサーンの人にとってもおいしく、バンコク人にとってもおいしく、日本人にとっても本場の味を好む人にはおいしいと、自負できる。 出されるメニューはタイ語だから、タイ人といっしょでないと、...
パタヤの生活情報

オカマショーが見応えあるテーマパーク「MIMOSA」

パタヤからさらに少し行ったジョムティエン地区にある「MIMOSA」。テーマパークっぽい感じですが、手前にあるパタヤ水上マーケットよりは小さい規模で、駐車場は大通り沿いはいっぱいで、通りから少し入ったところに大きな駐車場があります。入場料は1人150バーツもしましたが、タイ人といっしょだったのでタイ人価格かも知れません。trueに入っていると20%引きで、いっしょうけんめいタイ人が操作して見事、20%引きになりました。 昼間だったので暑い。日差しが直にやって来る。チャトチャクのような活気もなく、のんびりして、カラフルに出店していて、まずまずのセンスで、という感じ。以前、ルンピニ公園の横にあったナイトマーケットの感じでしょうか、売っている商品は見るモノがない、感じです。 欧米人も出店していて、何となく、パタヤで商売をする欧米人も一画を借りて、こちらにも投資している、という感じでしょうか。 これと言って見るものはないですが、ミモサシアターに入ると、ショーをやっていて、オカマショーでした。バンコクでも見たことがあったので、結構、レベルの高いショーを入場料150バーツだ...
賃貸オフィス、工場レンタル

製造業向けの工場賃貸物件を紹介する「ヨシダ不動産」

タイ進出の日系企業の半数が製造業 タイ商務省のデータベースに登録されている日系企業は約7000社ある。ところがこれは実体の数字ではなく、短期のプロジェクト会社や、登記しただけで活動してない会社も多く含まれるそうである。2008年、中小企業基盤整備機構が盤谷日本人商工会議所・中小企業支援委員会、ジェトロバンコク事務所、JODCバンコク事務所と共同で行なった動向調査により、実働会社は約4000社という数字が判明した。これは大企業プラス中小企業も含む数字で、いちばん実体に近いタイの日系企業の数であるとのこと。(2014年現在これよりさらに増えているであろう) その約4000社の割合を見ると、最も多いのが製造業で1879社、全体の48・4%を占めている。その主な内訳は左記表の通り。 業種構成としては、上位の金属製造・加工、輸送用機械器具、電気機器製造の中には、かなりの割合で自動車関連の部品メーカーが含まれると推測される。これは自動車が大量の精密部品から組み立てられることからもわかるように、自動車業界は、部品関連産業とそれを支える裾野産業(鋳物、金型、焼入れ、メッキな...
ロングステイ

近隣3カ国でビザを取得

タイに滞在するには、日本からそのまま来れば30日のスタンプが押され、30日間滞在できます。 そして、それ以上、2~3か月、あるいは目的を持って何か月もタイに滞在するにはビザが必要で、日本でもそのビザは取れますが、最近は結構、審査が厳しくて、そろえる書類も盛りだくさん。 しかし、タイの周辺国で、そのビザを取ってタイに入れば、日本でビザを取るよりも簡単。そこで今回は、タイに隣接する3国(ラオス、カンボジア、ミャンマー)で取れるタイ滞在のビザ各種についてまとめてみたい。協力いただいたのは本紙に広告を掲載しているビザツアーでもおなじみの「AJツアー」さん。 さて、皆さん、おなじみのツーリストビザについては、どこでもシングル(都合3か月)は、初めてなら簡単に取得可能です。長期滞在を予定していて、ダブル(都合6か月)を取りたい場合は、現在はラオスのビエンチャンでのみ取得可能となっています。 そして、左の表のとおり、ツーリストダブル以外の主なビザは、近隣3か国どこでも取得可能です。 しかし、実際にはAJツアーさんはじめ、ツアー会社はラオス行きのビザツアーを組ん...
習い事、おけいこ、スクール、教室

タイの素材で簡単料理!豚肉とイカのコチジャン炒め

タイの素材で作る簡単料理の2回目は、豚肉とイカをコチジャンで炒めたシンプルなもの。グーグルで「豚肉、イカ、コチジャン」で検索しても何もない!サニー先生も「日本料理でも豚肉とイカの炒め物って、ないのでは?」といいます。なるほど、2つの主役を使った料理がないなか、どのようにコチジャンにからむのか! そのあたりが今回の、ちょっと変わった料理といえるでしょう。 まず、材料では、ばら豚肉200~250g、イカ1本、細ねぎ2本、青・赤とうがらし各1、玉ねぎ1/2、長白ネギ1本、お皿のかざりにキャベツ少々。 そして調味料ですが、今回はちょっと複雑ですが、さっそく調味料を合わせるところから始めましょう。 ①まず、とうがらしのパウダーを大さじ2。タイで売っている一味とうがらしですね。そこに 市販のコチジャンを大さじ2。さらにタイの白しょうゆ 大さじ1と1/2、もし料理用のお酒があれば 大さじ1、シロップ 大さじ2、砂糖 大さじ1/2、しょうが汁 大さじ1、昆布だし 大さじ3、にんにく 大さじ1と1/2、黒こしょう少々を入れて混ぜ合わせます。1人身の男性で「そんなたくさ...
パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

Gメールで、容量の大きな添付を捨てる方法

今はメールに関してはまずGメールを開いて、という人が多いと思う。Gメールにすべての自分のメールが入っている状態だ。 それで最近、私が気になるのはGメールの容量。15GB中14.12GB使用で、94%を使っている。いずれは100%になって、それ以上使えない。それで最近、チョロチョロと必要ないメールを見つけては削除している。例えば「ポンパレ」というのがたまに送られてくるが、まったく開いてなくて、捨ててもいない、というのがある。それでそのすべてを削除。あとは定期的に送られてくるグルーポン・クーポンも削除。それでも結局はほとんど、容量はあかず93%ほどとなり、あっという間に94%になってしまう。 「そんな、1つのメールなんてたいした容量ではないのだから添付のある重いものを削除するのがよい」と考え、添付のものを削除していくが結構、こちらは自分にとって重要なものであったりして、なかなか削除できるメールにめぐりあえない。 ネットでいろいろ調べて、見つけたのは容量の大きい添付をメールの中から見つけ出す方法。その中にいらないものがあれば、1つでもかなりの空きになる。 「...
タイのニュース

占拠周辺のホテルは最悪

デモの影響は日系の企業にも広がっており、日本から来る日本人相手の事業なども大きな影響を受けている。 しかし、最大の被害者は反政府側が占拠している道路周辺の事業者だ。特に伊勢丹やセントラルワールド、BIGCなどがあるラチャプラソン周辺や、日系企業も多いアソーク交差点周辺、さらにシーロム通り周辺など。 直接の影響を最大限に受けているのが外国人向けのホテル。ラチャプラソン周辺では、この1月から合わせて4000室を見たところ、稼働は20%の800室にとどまっている。 中には10%ほどの稼働となっているところもあり、客がいない階を閉鎖して、従業員の稼働を減らすなどの処置をとっている。 アソーク交差点近くにあるグランド・ミレニアムホテルは、4カ月の見習い期間の従業員15人に対し、1カ月分の給料を追加で支給し、他の仕事を探させている。また、通常の従業員に対しても、給料の支払いのない休暇を勧めており、ビュッフェをやめ、レストランも限定してオープンするなど、経費削減を行っている。 そのほか、ロータス・スクムビットやソフィテルホテル、コンラートホテル、ルネサンス・バンコ...
タイ料理店

テイクアウト「Pasta Pasta」

スパゲティーといえば、最近は結構、おいしいものがちまたでも食べることができ、ひと口食べて、そのタイ味にがっかりすることも少なくなった。 住まいのあるオンヌット周辺にはまだまだスパゲティー屋さんは見当たらないが、BTSオンヌット駅直結のタラート(市場)では、そのスパゲティーを食べさせてくれる店が何軒かある。 といっても、簡易の店だから、本格的に食べるのとは少し違うが、そのなかで3ヵ月ほど前にできた「pasta pasta」は当たりだった。 テイクアウト専門で、カルボナーラ69バーツ、ボロネーゼ89バーツ、などとあり、安いので思わずオーダーしてしまった。 フライパンで炒めるので、1品3分ほどかかったが、使い捨てできるカップヌードル風の入れ物に入れてくれて、持ち帰って食べてみた。 はしが付いていてはしで食べるスパゲティー。でもこれならどこでも食べられる。タラートの中で食べているのは欧米人も多いから、移動しながら食べられるこのフードは重宝されるかも知れない。 味の方はバッチリ。69バーツなら文句言えない味でした。やはり、コストパフォーマンスが重要で...
タイ料理店

濃厚こってりといえば「ターサイアム」 のナムトック

ソイ26のらーめんキングの近くにビッグCがあり、その一画の建物に入ると、1階はレストランが並んでおり、スターバックスの手前に「ターサイアム」というタイラーメンを安くで売っている店がある。 しっとり落ち着いた店内で、照明を落としてある。メニューを開くとトップに、クイティアオ・ルア・ナムトック55バーツがあり、昔のアユタヤ式の舟の上で売っていたタイラーメンをイメージしたものでしょうか。 あっさり風のスープしかないタイで以前、黒っぽい色のスープを食べている人がおり、それ以来、そのコッテリ系のスープをたのむようになった。それが「ナムトック」。 その時は、豚の血だとは知らず、それを知ったのは、ずいぶんあとのことだった。それ以来、やはり自分での価値は落ちたが、それでもたまに食べる。 ターサイアムでもそれをオーダーした。まずスープをひと口。かなり濃厚こってりだ。タイ人がこってりを食べたい時はやはりナムトックなのだろう。 すでに味も調整してあり、そのままいただきました。しかしこの店のナムトックはとても濃厚こってりでしたね。日本のこってりとはまた少し違う味ですよ。...
賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダの賃貸オフィスビル探訪録「ユナイテッド・センター」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、記念すべき第1回目として、シーロム通りに面して堂々とそびえ立つ巨大高層タワー〝ユナイテッド・センター)〟を御紹介します。BTSサラデーン駅から約200メートルで徒歩約3分、MRTシーロム駅から約 400メートル徒歩約5分、と通勤には極上の立地。バンコクでは最も歴史の長いビジネス街であるシーロム通りは、大型・小型バス、乗合トラック(ソンテウ)の発着が他エリアに比べて格段に多い環境です。更に、先ごろ延伸したBTSシーロム線でチャオプラヤ川西側のトンブリエリアからの交通にも便利等々、多くのタイ人にとって、シーロム界隈は通勤のベストロケーションと言えるでしょう。失業率が1%未満という超完全雇用の労働市場となっているバンコクで、希望に合ったタイ人社員を獲得するのは困難になっている昨今、通勤に便利な場所にオフィスを構える事は、優秀なタイ人社員を雇う上で非常に重要な要素となっています。当然人材が揃わなければ、業績に大きく影響する事は言うまでもありません。 このユナイテッド・センターの18階に664・28平米の空室を見つけました。サイズからいうと、社員...
タイ関連コラム

BTSプロンポン駅近くのケバブ巻きナンロール

「ナンロール」というものでしょうか。インドのパンのナンにケバブを包んだもので、売っているのは、スクムビットのソイ33と33/1の間の大通り沿い。ちょうど古書のエリートブックの前で屋台営業しています。 「1つ55バーツ」。これだけだからオーダーしやすい。最初にナンをあぶって、それを下敷きに刻んだキャベツ、そしてケバブを入れ、ケチャップなどのソースをかけ、くるくると巻きます。 これがなかなかおいしい。本場の味というのでしょうか。店前でプ~ンと香るニオイも、これはきっとタイ人は嫌いでしょう。 「BEN CHICKEN KEBAB」と看板があり、屋台の横の方に、売り子募集1日400~600バーツ、℡081-611-5327とあり、屋台のフランチャイズでしょうか。ケバブのこんなフランチャイズまで今はあるのですね。 売り子はいまいち慣れない感じで「3つ」というと、ひとつひとつ作っているので、少々時間がかかります。 欧米人や日本人には好まれそうなので、ぜひ、皆さんも、昼間のランチの際は、このケバブの持ち帰りを試してみて下さい。でないと、早々に撤退、ということになり、...
タイ関連コラム

エレクトロニクス・パーツの専門商社「タイセイ」は都心でオフィスを賃貸

タイに進出する際、駐在員1人とタイ人スタッフ数人を想定し、顧客がチョンブリーやチャチェンサオに多いため、バンナー通り周辺で場所を捜した日系企業がある。そして大切なタイ人スタッフも募集しようと試みたがいい人材がまったく応募してこない。バンナー通りというのがネックのようだ。 そこで切り替え、オフィスは都心で、と募集を始めると、優秀な人材が確保できた。お世話になったのがあぱまん情報が運営、管理するサービス・オフィスだ。 エレクトロニクス・パーツのメーカー機能を備えた専門商社として海外にも展開する「タイセイ」の竹中・タイ代表は、賃貸して1年になるこのあぱまん情報のサービスオフィスに満足している。優秀なタイ人スタッフを雇えたこと、中国やベトナムにすでに工場があるが、タイはBOIのIPOの認定を取り、商品の取り扱いのみで、大きなオフィスは必要ない。共有の会議室もあり、家賃に電気、水道料金などが含まれるので、総合的にみるととってもリーズナブルでもある。 最近はこの手の、少人数で会社を立ち上げる際のバーチャルオフィス等がアソーク周辺などにもできているが、同社のサービスオフィ...
タイ関連コラム

タイを新天地に選んだサッカー日本人選手の活躍に注目!

なぜか、タイのプロ・サッカー・チームに日本人選手が次々と流れ込んできている。日本代表として活躍した選手もやって来て、がぜん、日本でも注目されるようになったのが、今月22日に開幕するタイ・プレミア・リーグだ。 現在タイのクラブ(プレミア・リーグから3部相当まで)には40人以上の日本人選手が所属している。なかでも鹿島アントラーズからBECテロ・サーサナFCに移籍した岩政大樹選手とセレッソ大阪からバンコク・グラスに移籍した茂庭照幸選手は、日本代表の経験があり、彼らがタイへ移籍することにより、それまで日本ではあまり知られていなかったタイのサッカー・リーグが、日本でも注目されるきっかけとなった。 他にもオランダのVVVフェンローからスパンブリ―FCに移籍したカレン・ロバート選手、東京ヴェルディからポリス・ユナイテッドに移籍した西紀寛選手をはじめ多くの日本人選手の活躍が期待されている。カレン選手の移籍の際には、高額の年棒も話題になったが、実際タイの外国人サッカー選手への報酬は上がっており、税金やタイの物価などを考慮すると日本のJ2、J3より、タイのほうが稼げるとい...
タイ関連コラム

サニー先生のタイの素材で簡単料理 「第1回 ひと口チヂミ」

今回から始まるタイの素材を使ったサニー先生の簡単料理。地元の韓国料理から日本料理、タイ料理など様々あり、単身者の男性日本人でも作れる!というのも1つのテーマ。 さて、第1回目の素材は、タイの「黄豆」。タイの菓子をほとんど食べない筆者は知らなかったのですが、タイでお菓子をつくるのによく使う素材とか。それを使った韓国の「ひと口チヂミ」を作ってもらいます。 まず質問。「チヂミは韓国料理店でよく食べますが、ひと口チヂミというのはどういうものでしょうか?」 「手間がかかるので料理店ではほとんど出さないものですが、韓国の家庭では、たまに作ることもあり、子どもの弁当などにもぴったりだから、タイの日本人奥様にもいいんじゃないでしょうか」 ではさっそくサニー先生に作ってもらいましょう。 まず、じゃがいも、玉ねぎを適当な大きさに切る。 ひと晩、水に浸した黄豆、そして玉ねぎ、じゃがいもをミキサーにかけます。 筆者は無知なもので、ミキサーとジューサーは同じものと思っておりました。家にはジューサーはあるのですが、...
タイ関連コラム

米買い取り問題が身近に迫る

仕事が終わったあと、たまには社内のタイ人に缶ビールでもと、買ってきて、社内で飲んでいた。そうすると、タイ人女性がなぜか泣き出すので、「なにか、クリアット(ストレスのたまる)ことでも?」と他のタイ人が聞いている。そこに自分が割って入って、そもそもタイ人が泣くっていうのは、男が別れ話を持ちかけてきたか、そうじゃなければ、ローンを払えなくなったとか、そういうことでしょと冗談っぽく問いかけた。そうすると、そのタイ人女性は、「お姉さんが、お金に困っている。今まで一度も私にお金を貸してと言うことはなかった。今回、政府が米を買い取ってくれるといい、ずっと待っているが、順番待ちで、まだ支払いがない。それで困っている」と打ち明けた。 「なるほど」。ばらまきタイ政府で、以前は地方の、特にイサーンや北部の支持を受けたタクシン政権も、今回のばらまきは、米の買い取りで、スムーズにはいっていないよう。というか、インラック政権への反発に拍車をかけており、以前のタクシン支持が揺らいでいるよう。 「なるほど。だから今回はデモがなかなか収まらず、買い取りをしてくれない政府に対して、農家らの反発がある...
ダイビング

きれいなタイの海で、ダイビングをしてみませんか?

きれいなタイの海で、ダイビングをしてみませんか?「ゴーゴーダイバーズ」は、バンコクには数少ない、日本人常駐のダイビングショップです。代表の亀山さん自ら指導・引率を行っており、初心者でも安心してダイビングを始めることができます。 スポーツを始め、ゴルフやレジャー、どれも日本よりも快適な環境で、さらには日本よりも安い価格でできるタイですが、ダイビングをするのにも、とても適した環境です。 タイの海は澄んでいてとてもきれい。気候のおかげで、1年中いつでも海に潜れ、パタヤなど日帰りで行くこともできます。値段も日本でダイビングをする場合の半額、または3分の1程におさえることができるのも魅力。 ゴーゴーダイバーズを利用する人の半分は、日本からわざわざダイビングをしに来るお客さんとのことで、ダイビング好きにとっては、タイはそれほど魅力的な環境なんですね。 同店では、一人からの参加も可能ですが、数人のグループで始める場合が多いそうです。子どもは10歳からできるので、親子で参加もOK。また、サークルの友達同士、ゴルフ仲間でゴルフに飽きてしまった人などの参加が多いとのこと。...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

中小企業向け賃貸オフィスの斡旋をするヨシダ不動産

海外からの事業投資の伸びを背景に、バンコクの賃貸オフィス需要は2000年以降増加の一途をたどり、2013年の占有率は89・5%まで上昇。この状況の中、条件の合ったオフィスを見つけるのは困難な現状となっている。現在建設中のオフィスビルは50万平米程度の為、2014、15年には更に空室が減少するものと推測され、今後進出を計画している日系企業には大きな頭痛の種となりそうである。更に、外資系企業が求めるAグレードのオフィスは希少価値となりつつあり、今後はオフィススペースの獲得競争は予想以上の苦戦を強いられるだろう。 そこで頼りになる存在が、タイ自由ランドでお馴染みのヨシダ不動産。オフィスの仲介もやっている事はあまり知られていないようだが、「お部屋仲介の際にお客様から頼まれた場合は、断る訳にも行きませんので実はやっていました」と吉田社長。今後はオフィス探しの方も住まい同様に力を入れていく計画との事。「オフィス探しが困難な今だからこそ、そのニーズに応え、日ごろ住まいの方でお世話になっているお客様のお役に立ちたいと思います。」と謙虚ながらも十分な自信が見て取れる。 「大きなオフ...
タイ関連コラム

え! フードコートにもミャンマー人!?

BTSプロンポン駅の界隈で、小腹がすいたからちょっと食事を、という時に便利なのが「イムちゃん」。タイ料理だけど、チャーハンやオムレツごはんなどもあり、見やすいメニューがあって、ひと皿40~60バーツととってもリーズナブル。 すでに、欧米人や日本人の支持を受けていて、ソイ39の入り口のところで、デンとオープンエア席が広がっている。駅前で、知り合いの日本人の行き交いも多いので、ちょっと恥ずかしいな、という人は通りを渡った、ソイ26に近い方がお勧め。こちらは、ちゃんと店の形になっていて、店内でゆっくりと食事ができるし、昼間から1人でビールを飲んでいても、非常にいい気分だ。 こちらの方の店ではいつも、30歳代前半くらいの女性がオーダーを取りにくるのだが、うまく店内を仕切っていて、ソイ39のイムちゃんのフランチャイズを買い取って経営しているのかな、と思った。てきぱきしていて、ソツがなく、お金の管理も一手に引き受けているようだった。 ある日、タイ人とこの店に入って食事をしていて、「あの子、ミャンマー人だよね」とタイ人が言うので、「え~」とビックリ。「オーナーだと思った」...
タイのニュース

法人税控除は利益30万バーツまで

デモの影響で、会社の売り上げが落ちているところもあるだろう。12月末の締めの会社ではこの時期、決算処理となるが、少し、気を付けたいのは、資本金500万バーツに満たない中小企業は、利益に対しての法人税控除額はこれまでの1~15万バーツから、1~30万バーツへとなっており、ちゃんとチェックして利益になっていても税金を払わなくてよいケースが増えるので、きちんと計算して処理したい。 利益が30万バーツまでの場合は税金なし。利益30万~100万バーツは15%の税金。それ以上は20%の税金となっており、この処置は2013、2014、2015年分の3年間。 例えば、1年の収入1000万バーツで1年の支出920万バーツで80万バーツの利益が出た場合、30万バーツまでは控除。残り50万バーツ×15%で75000バーツが税金となる。 一方、資本金500万バーツを超える会社では利益に対して一律20%の税金となっており、これは昨年と今年の2年間。のち2015年からは元の利益に対して30%の税金となっているので気をつけたい。 2014年2月5日 タイ自由ラ...
タイのニュース

1月から社会保険5%負担 へ

デモの影響で日系の会社にも影響が出ており、特に公的機関が臨時休業するなどしており、税務署、労働局などが一時閉鎖されるなど、日本人の事業活動にも影響が出ている。 ところで、会社での毎月の申告に関して、社会保険の申告は1月分をこの2月に申告するが、今年から、以前に本人負担5%、会社負担5%に戻っているので気をつけるようにしたい。タイ人の最低給料9000バーツでは、本人負担450バーツ、会社負担450バーツで申告する。 また、上限は給料15000バーツで、それ以上もらっている人も15000バーツで計算する。そのため本人負担750バーツ、会社負担750バーツとなる。 1日の最低賃金が300バーツに上がったことなどにより、経営者の負担を軽減する意味からも2012年7月より昨年末まで、本人負担4%、会社負担4%になっていた。 2014年2月5日 タイ自由ランド掲載
タイ関連コラム

バンコク拠点にインド、インドネシアで広がるビジネス・チャンス

バンコクが混迷するなか、周辺国はこれを尻目に発展を続けている。 そんななか、インドネシアにビジネスの勝機を見い出し、ジャカルタで日本人駐在員向けの不動産、アパート紹介を始めた日本人もいる。 「バンコクのような競合がほとんどなく、バンコクの10~20年前という感じ」といい、彼は在タイ10年の経験があり、今回、バンコクを拠点にジャカルタに目を付け、そのビジネスの可能性を感じたようだ。 実際にインドネシアは人口2億3千万人とタイの4倍ほどで、日系企業も次々に進出していて、日本人相手のビジネスもまだ競合があまりない状態。ビジネスの可能性は大きい。 一方、人口で言えば、12億人というインド。そこで女性一人、投資をした日本人女性もいる。 以前バンコクで5年間程スパを経営していたことがある彼女は、今回南インドにスパをオープンした。インド出店は、バンコクで店を出していた時の大手企業駐在員の常連客から、インドにも店を出してもらえないかと声をかけられたのが、きっかけという。 最初はあまり乗り気でなかったそうだが、何度もリクエストがあり「そんなに必要とされている...
タイ関連コラム

パタヤのジョムティエンで海が見えるコンドミニアムの部屋を購入!

バンコクの街がこんな状態の時は、やはり近場のリゾートに行くのが一番よい。 といえば、やはり「パタヤ」。青い海が広がり、バンコクの喧騒を離れてゆっくりするのに最適。 そんなパタヤには今まで、新規コンドミニアムの計画が次々に出ていたが結構、あやしいものもあり、特に小さな会社のものは用心が必要だった。 そんななか、大手開発のLPN社が建てたルンピニの各種のコンドミニアムはすでに建設済みで、実際に部屋を見て決められるのがよい。 LPNのルンピニというと、知っている人なら、「安っぽくてタイ人向き」と言うかも知れないが、「ルンピニ・パーク・ビーチ・ジョムティエン」は各部屋から海が見えて、我々、外国人でも十分に購入する価値のある物件といえるだろう。 ジョムティエン通り沿いにあり、目の前が海、という好立地。価格も20階以上の高層階で1㎡当たり7万バーツ台だから、日本人にとっては手頃な価格だろう。むしろ、今どきこの価格で海が見える物件はない!といえる。 バンコクで働いていて将来、パタヤに住むかも、という人にも最適。直接、LPN社に連絡してみてください。 ...
タイのニュース

コンドミニアムの新プロジェクトも新政府待ち

タイ政府が流動的で、新政府が決まるまではいろいろなプロジェクトが待機の状態となっているが、大手不動産デベロッパーによる開発も、新政府の始動を待って、動き出す気配である。 今年、多くのプロジェクトを計画しているのはプルックサー・リアルエステート。50のプロジェクトで500億バーツの事業費となる見込み。 ラヨーンやスラタニー、チョンブリー、チェンマイなど地方でも開発を見込んでいるが、デモ等が鎮静化するかが重要なポイントとなる。 また、大手のスパライ社も24のプロジェクトで300億バーツの事業費。そのうち8つがコンドミニアムの建設だ。 一方、大手のAP社は20のプロジェクトでそのうち8~9がコンドミニアム。 中下層を狙ったコンドミニアムが特徴のLPN社は、10~12のプロジェクトを見込んでおり、事業費は200億バーツ。昨年の売り上げより10%増を見込む。 今年大きくプロジェクトを減少させる見込みなのが、大手不動産開発のサンシリイ社。コンドミニアム9、一軒家8、タウンハウス2の合わせて19プロジェクトで、事業費は330億バーツ。これは昨年の48プロジェ...
タイ関連コラム

1,000バーツ以下の格安ホテルが アソーク~オンヌット地区にも出現

日本人が多く住むスクムビットのアソーク~オンヌット界隈に、最近簡易のホテルや宿泊施設が生まれてきている。特にBTSの駅の近くなどの便利な場所に集中している。 例えばトンロー駅から4分程のHIホステルは、世界に展開しているホステルで、会員でなくても泊まれるが会員だと10%引き。ドミトリーは一泊350バーツで、全室エアコン付き。ソイ38の夜の屋台街を受けたところにあり、そこに泊まる外国人が夜に、屋台街で食べるのが定番になっている。 受付に聞いたところ欧米人がほとんどで、訪れた日に日本人は一人も泊まっていなかった。ドミトリー以外に個室(800B~)もある。 プロンポン駅に近いソイ28にあるMHCゲストハウスは、古いタウンハウスを改装しているので、お世辞にもきれいな外観と言えないが、中に入ってみると予想に反して満室。シングルルームは750バーツ。元パイロットという初老の英国人オーナーは気さくで、家庭的なプチホテルという感じ。欧米人のリピーターがいるが、エレベーターが無いため、バックパックを持って上がるのが大変。 一方、トンロー駅前にあるウッドボールの隣にあるパ...
タイ関連コラム

タイでムエタイ、空手、格闘技

タイで体を鍛えよう!バンコクには、ムエタイジムや日本の空手道場があり、本格派の人から初心者まで、無理なく体を鍛えることができます。 ラマ4世通りのムエタイジム「ロンポージム」は、夜の部は在タイビジネスマンが多く、ダイエットやストレス解消目的で、楽しく体を動かしています。女性も参加ok。タイならではの、ムエタイが体験できます。 ソイ33/1の桜道場は、日本人の子ども達が多く通う道場です。日本人指導者のため、挨拶からしっかりと学べます。無理なく体を動かせるスロー空手のクラスにはその両親が参加することが多く、親子揃って参加できます。 そして、プラカノン駅降りてすぐの「心技道場」。空手・柔術・総合格闘技と幅広く学べ、こちらも多くの子ども達が楽しく安全に体を動かしています。大人の部は、ダイエットコースから本格的な技を学べるコースがありますので、レベルに応じて誰でも楽しめます。 ラマ4世通りから歩いてわずか、ロンポーマンションに隣接した「ロンポー・ムエタイジム」では午後4時~午後6時半までは本格的なムエタイ練習時間帯だが、夜間午後7時~9時半は仕事帰りの在タイ...
タイ関連コラム

レストランの進出はタイ側のパートナーが重要

日本のレストランのタイ進出が止まらない。以前は個人の店が多く、在タイの日本人向け主体だったが、今は、日本の大手資本のレストランが、タイの大手と組むケースが多く、ターゲットはもちろんタイ人。 この場合、タイ側の組む相手が非常に重要で、日本のコンセプトをうまくタイ人に浸透していけるか、が問題。大手であってもうまくいかずに撤退するケースもあり、順風満帆の進出ではない。 自社のショッピングセンターもあり、多数の日本レストランがテナントとして入っているセントラルは、とにかく日本の大手レストランがこぞって組んでおり、フランチャイズ制により、運営などはセントラル側にまかせているところも多い。 2店目がオープンした天丼の「てんや」をはじめ、大戸屋、吉野家、ちゃぶとん、ペッパーランチ、RYUしゃぶしゃぶなど、ずらりと日本の大手が並ぶ。ノウハウをセントラル側に明け渡す必要はあるかも知れないが、次々にショッピングセンターに入れてもらえるのはありがたい。以前、タイ進出してうまくいかなかった吉野家や以前、ベタグロと組んでいた大戸屋は、セントラルに乗り換えた形だ。 大手とはいえ、...
タイ関連情報

業務用冷凍・冷蔵庫の大手「福島工業」(フクシマ)がタイ進出

飲食店、レストラン、コンビニエンスストアなどのタイ進出に伴って、業務用冷凍冷蔵庫やショーケースの「福島工業」(フクシマ)が、タイに進出して半年がたつ。 すでに海外は中国や韓国、台湾、シンガポールなどに進出しているが、将来的にタイでの製造も視野に入れた今回の進出。 同社フクシマの澤原代表とタイ人スタッフの小規模なもので、オフィスも、あぱまん情報が運営するアソークのサーミット・タワーのサービスオフィスに決め、入居している。 澤原代表は、ここのオフィスのよさについて、「まず立地。取り引き先に説明すると、皆、すぐわかってもらえる」。 さらに、人材の確保がしやすいこと。「人材紹介会社を通して、たくさんの応募があり、その中でよい人材を選べました」。 また、会社登記などもスムーズにでき、まわりに日系企業が同じように小規模なオフィスを構えているのが心強い。「テナント同士でお茶会などもあり、情報交換ができ、仕事にとても役立っています。役員も日本から来て、非常によいところを見つけましたね、と喜んでいました」。 澤原代表もオンヌットに住んでおり、BTS1本で通え...
日本料理店

今どきのムーカタ食べ放題がオンヌットにありました

「ムーカタ」というのは、韓国風食べ放題のタイ版ですが、以前は街の中でも空き地に出現して、タイ人らで賑わっていましたが、最近はあまり目にすることがなくなりました。 「食べ放題99バーツ!」などというものですが。街の中は家賃が高くなっているのと、食材も値上がりしており、99バーツでは到底、やっていけないでしょう。 BTSのオンヌット駅をおりて、ロータス前を通り、3分ほど歩くと、「36・ムーカタ・トーン」という食べ放題の店があります。車で通る時によく見るのですが、いつも、あまり人が入っていないように見えます。ところで、この「36」というのは以前、スクムビットのソイ36の角にみすぼらしい食べ放題の店があったのですが、それが移転したのでしょうか。今は立派なノーブルのコンドミニアムが建てられています。 さて、オンヌットのこのムーカタは、1人149バーツと少々高め。店内はとても広くて、700席あるというからスゴイですね。奥の方では生演奏をやっており、席が多いのでゆったり座れます。通りから見るとあまり人が入っていないように見えるけど、中は結構、入っていますね。広すぎるんです...
タイ関連情報

会社主催の葬式は8千バーツ

会社のタイ人スタッフの母親が亡くなったので、葬式に行ってきました。やはり、会社主催でやってあげるのがよいと思い、3日目を会社主催で行いました。しかし、日曜日ということもあり、また、会社のスタッフに告知を徹底していなかったため、会社関係者は4人のみ。 寺はヤワラートの端のパック・クローンタラット(花市場)のチャオプラヤー川を渡ったところにあるワット・プラユラウォンサワット。 この寺、大きな亀が大量にいることで有名で、在タイの長い日本人なら一度は行ったことがある人も多いでしょう。 この寺で葬式が行われています。5日ほど行われ最後の日に火葬されますが、毎日主催者が変わり、会社が主催することになったのは日曜日。わざわざ重い腰を上げて休みの日に行くのは億劫ですが、そういうことは口に出したり、態度に出してはいけません。 ところで、この主催料は1日2万か3万バーツほど、と思っていましたが、実際には8000バーツと非常に安かった。それに花代などもすべて含まれています。そのほか、香典は別途につつみましたが、奮発して2000バーツを包みました。これで、会社の面目も保たれたで...
起業、会社設立、会計、経理

会計処理で、意外と大切な中間決算

日本人のタイでの起業で、1~2年目は赤字でも問題ないですが、3年目ごろからは会社も利益を出し、法人税を支払うことを税務署が要求してくる、という話は何度も書きました。 1年で1000万バーツほどの売り上げがあるところで、年間に2~5万バーツほどの法人税を払っておくのが理想でしょうか。 タイでは毎月の売上税(VAT7%)も徴収されますから1年で1000万バーツということは、年間で70万バーツの売上税を払っていることになります。もちろん、購入したVATもあり、相殺できますから、その分を引けばざっと50万バーツほどでしょうか。 さて、年間の法人税の2~5万バーツですが、これはできるだけ、中間決算の際に1~2万バーツは支払っておくのがよい。「中間決算なんてただ申告すればよい」と思っている人もいるかも知れませんが、年間に支払う法人税があるなら、できるだけ半期で半分ほどを支払っておく、というのが鉄則といえるでしょう。 半期で0、年間で2~5万バーツでは税務署のクレームが来て、査察の対象になることがあります。タイでは半期の段階で予想した年間収入から、実...
タイ関連コラム

日タイの交流がより拡大

タイ自由ランド読者の皆様、サワディーカップ。皆様におかれましては、師走の忙しい日々をお過ごしのことと存じます。大使として、また、この地に在住している日本人の一人としてこの場をお借りしてご挨拶できますことを大変嬉しく存じます。 タイに着任して早1年が過ぎましたが、活気満ちあふれるタイと日本の関係には目を見張るものがあり、観光、投資、人的交流とあらゆる面で拡大し続けています。 1月に日本の総理として11年ぶりに安倍総理がタイを訪問し、それ以外にも日タイ首脳間では、緊密な意見交換が複数回にわたり行われました。また、日本からの対タイ直接投資は、2012年に高い伸びを記録し、2013年上半期も引き続き高い水準を維持しました。節目の年という意味では、2013年は日ASEAN友好協力40周年、タイ国日本人会設立100周年であり、私も様々な行事に出席させていただき、喜びを分かち合いました。 スポーツをこよなく愛する私にとって、今年は日本とタイから届けられた嬉しいニュースがありました。2020年のオリンピック・パラリンピック東京開催決定に際し、日本中が歓喜の渦に包まれまし...
医療、健康、漢方

「フア・チアオ病院」は針など中国医療で治す!

最近は、タイ人の間でも針での治療が人気ですが、バンコク都内で針の治療をしてくれるところといえば、中国人が常駐しているクリニック。だけども、中国人医師がタイで働くのは違法だから、なかなか同じクリニックでずっと続けている、というところがない。 それなら、ということで、BTSのサイアム駅の前の通りをずっと、国立競技場前に向かってさらに進んでいって、運河を渡ったところに見えるのが「フア・チアオ病院」。   ここは別棟で、中国人医師による治療を行っているので行ってみるのもよい。 では、さっそく体験してみることにします。 まず、受け付けで名前等を記入し、診察カードをつくってもらいます。そして症状を話し、やってもらいたいことを言います。例えば、「脈を見てもらって悪い症状を治す漢方を調合してもらいたい」とか、「中国マッサージをお願いしたい」とか「腰が痛いので、針をやってもらいたい」とか、「にきびを治してもらいたいので針をしてほしい」など。 そして、ほぼ2~4階に治療室が分かれていて、今回、脈を見てもらって治療するのは3階。待っている人もほとんどおらず、治療室へ。 ...
ロングステイ

ソンクラーの町で「コボリ」生活

日本で退職して年金をもらう段階でタイに移り住む日本人も多く、それらの人を一般的に「タイでロングステイをする人」と呼んでいるが、タイで暮らすメリットとしては、日本で暮らすよりも生活費がかからない、という点にあり、少ない年金の範囲内でも十分に暮らしていけるのがよいところだ。 そんな考えを持った、佐藤さん(仮名)は、バンコクではなく南部のソンクラーを年金生活のすみかとして3年。1人ぼっちの生活を送っている。それでも、日に焼けて白い眼鏡をかけた姿は若々しく、50歳前半かあるいは40歳代にも見える。実際には年金をもらって1年の61歳だ。 ソンクラーというのは、日本人にとってはまったくなじみがないかも知れないが、ハジャイの街からバスで30分ほどの海沿いの地域。以前は外国人旅行者もいない静かな町だったが、今は大学が誘致され、外国人教師や石油関連の欧米人も多く住むという。 タイの大学生も多く、海から近い場所ではアパートの建設ラッシュとか。 家賃も結構高く、4000~6000バーツが一般的。そこに大学生らは2人、3人と共同で住む。 紳士風に見える佐藤さんだから「女子学生...
日本料理店

スクムビットのソイ49の奥に登場した「お好み焼 広島」

スクムビットのソイ49の奥に登場した「お好み焼  広島」。迷わずに行けるかな、と不安になるが、その近くの通りまで来れば、大きな看板が100m先の方に見え、とてもわかりやすい。その店の前と、向かいの空地に20台ほど駐車できるので、とっても便利。 1階は大きく取ったカウンター席で、1人でも鉄板料理が楽しめる。きっとこの席は特等席でしょう。そのほか、テーブル席があり、さらに2階にも掘りごたつの席があるから、家族で来ても、ビジネスマンのグループで来ても落ち着ける。 まずこの店の特徴は、肉玉のそば入りを何と179バーツで提供していること。今どきタイで、100バーツ台でお好み焼きを提供しているところはあるでしょうか。それももちろんすべて本場の味を再現したもので! メニューを見ると、そのほかどれも結構リーズナブルで、1人で来て定食風に食べるのもよい。 名物のお好み焼きははずせないが、「広島冷麺」や「ホルモン焼き」もぜひ味わいたい。 日本人オーナーが、店内をしっかり管理しているので、居心地がいい。 まだ行っていない人はぜひ一度、お出かけ下さい。場所等は下の...
タイ関連コラム

タイで稼いでタイで消費してもらう

起業する上で、タイ人のパートナーの問題について取り上げます。タイ国としては自分たちの国に利益になることを、外国人にやってもらいたいわけです。稼いだお金を日本に持っていかれたら、タイには何も残りません。理想はタイでお金を産み、あるいは外国から外貨をタイに持って来て、タイで稼いでもらって、そのお金をタイで消費するということです。 ですから、タイ人といっしょに起業しなさい、ということになります。会社の株主の比率もタイ人側51%、外国人側49%の会社が基本です。 もちろん、どうしても誘致したい製造業などは、恩典を出して日本100%も認めていますが、それだけのタイ人従業員を雇い、日本の技術をタイに伝えてもらうことを見返りとしています。 日本人個人が起業する場合、その多くがサービス業であれば、タイ側51%となります。以上のタイ国の考え方をあてはめると、タイ人の奥さんと会社を立ち上げることが、一番スムーズにいくということになります。 株主51%は奥さんが持てばよいわけで、そうなれば、何の問題もありません。外貨を持って来てもらい、タイで稼ぎ、タイで消費する。タイ人と結婚し...
製造、販売するアロエベラ

アロエベラで男性も女性も美肌効果!

タイ自由ランドがソイ41に移転して、アロエベラを直接買いに来られる方が増えました。その中でも、アロエベラを初めて購入する方は、「アロエベラは美容液?化粧水?ボディーローション?虫刺されによい薬?」と疑問に思うことが多いようです。 本紙で販売している、アロエベラとは、チェンマイ産の「アロエベラ」という種類のアロエを、アルコールのみを使って抽出し、ビンにおさめたものです。よく、アロエを家で栽培していて、火傷の時などに、果肉部分を直接傷跡に貼り付けたり、または、美白パックで直接アロエを肌につける人もいるようですが、まさに、アロエの果肉部分の成分をそのままビンに閉じ込めたものと想像してもらえればよいです。ですから、アロエベラは薬でも、美容液でも化粧水でもありませんが、これ一本であらゆる効果を期待できるすぐれた商品なのです。 傷口や虫刺され、ニキビ跡につけてもよし、顔やボディに塗れば、ハリと美白効果、シワのばし、老化防止が期待でき、頭皮に塗って、マッサージすれば、白髪予防にもなります。また、日焼けを防いだり、すでに焼けてしまった肌を鎮静させる効果もあります。 特に女性...
起業、会社設立、会計、経理

起業は見栄をはらずに最初は小さくやる - タイ バンコク タイ自由ランド

最近、タイ自由ランドの事業部には会社登記の相談で、飲食店を開きたい、マッサージ店を開きたい、というのが結構あるのですが、その内容を少し聞いてから「タイ人の名義でやった方がいいのでは?」とアドバイスしています。 今は競争が激しく、20年前のバンコクではありません。日本でマッサージ店をやっている、日本で飲食店をやっている、というのなら経験があるわけで、タイで会社をつくり店の展開をするのはよいと思います。 しかし、日本での経験がなく、タイで初めて飲食店をやる、マッサージ店をやる、という場合は、「投資金として1500万円を用意しています」という人は別ですが、「最初は小さく、タイ人名義でやった方がよい」ということになります。 たまに、「投資として2000万ほどはあるんだよねえ」という人がいますが、ほとんど見栄です。実際にそのお金があったとしても、全部投資して、さらに赤字になったら、追加で投資する、という人ではありません。 要するに見栄をはってはいけない、ということです。 同事業部では、会社閉鎖の業務も行っていますが、こういった...
タイ関連コラム

バンコクから一番近いミャンマーとの国境 - タイ バンコク タイ自由ランド

タイ国境でのビザ取りというと、ラオスやカンボジアでもありますが、ミャンマー国境で、しかもカンチャナブリー県というのは、今まであまり知られていなかったのではないでしょうか。 国境越境のビザというのは、例えばタイ滞在期間が、もう残り1日というとき、いったん国境に出て戻ってくれば15日間の滞在許可がもらえます。あるいは、ツーリスト・ビザのダブルを持っている人で、2つ目をまだ使っていない人なら、いったん国境に出て戻ってくれば、2つ目のビザが有効になります。 このタイミャンマー国境のビザツアーで注目すべきは、早朝に出発して、戻ってくるのはなんと昼前という超特急なところ。半日でビザ更新が可能になります。 本当にそんな国境がタイ~ミャンマーにあるのかと、今回はカンチャナ・ツアーさんに同行して、ビザツアーを体験してみました。 カンチャナ・ツアーを運営しているのは李さんは、日本で10年間仕事をしていた経験があり、日本語が堪能な韓国人です。当日は韓国人が4人参加していましたが、韓国人の間ではよく知られているようで、韓国人は出て戻ってくれば90日の滞在許可が取得できます。ま...
日本料理店

「セーオ」老舗で有名なラーメン屋さん

タイ自由ランドがスクムビットのソイ41に移転しまして、周辺にもいろいろ隠れた名店があるのではと、散策してみることにしました。 ソイ47の方に歩いていくと、レインヒルがあり、ヨーロッパ風のオープンエアの風景が飛び込んできます。さらにソイ49に向かい、そのソイを少し入ったところに有名なクイッティアオ屋さんがあります。日本人のブログなどにも登場して、その存在は知っていましたが、初めて足を踏み入れます。 店名は「セーオ」。中国系タイ人が古くからやってそうな店構えで、昼時ではないにもかかわらず、客の出入りが多い。欧米人も多くいて、きっと、在タイの欧米人の間でも知られているのでしょう。 センレック(細麺)のオーソドックスなものをたのみ、しばらくしてやって来た一杯。スープをひと口。「う~ん、よくあるクイッティアオと変わらないなあ」と思いながら麺をすすると、ゆですぎた感じで、かなりやわらかい。同席したタイ人が「やわらかくていいね」と言うのを聞いて「タイ人はこのようなやわらかい麺が好みなのか」と改めて思いました。日本人なら少し固めに麺をゆでるのが通常で、そ...
日本料理店

日本で食べていたままの 「天丼 てんや」

 バンコクのセントラル・バンナーにオープンした「天丼てんや」の東南アジア進出1号店に行ってみました。  10月11日は天丼てんやのバンコク1号店のオープンの日。  天丼好きの私はこの日が来るのを楽しみに待っていました。日本に住んでいたときは、お昼のランチや仕事帰りの夕食によく天丼てんやさんに食べに行きました。  私にとっては懐かしい日本の味、高級料理ではなく日常生活にとけこんでいた天丼てんやさんです。私にとってのソールフード、期待してオープンの日に行ってきました。  お店が開店した場所はセントラルプラザ・バンナー3階です。セントラルプラザ・バンナーはちょっと私には馴染みのない場所なので、ウェブで行き方を調べてみると、BTSのバンナー駅からは少し離れた場所なので、交通渋滞の時間をはずして午後2時頃、プラカノンからタクシーで行きました。交通渋滞に合わないように時間をずらしていったのですが。道は混雑していました。セントラルプラザ・バンナー周辺はいつも混雑しているらしいです。  お店の方は、お昼どきをずらしたので、店内はそんなには混雑していませんでした。  店内...
日本料理店

「DON DON」の懐かしい「たぬきうどん」

 先週土曜日、昼間の定食を食べにオレンジハウスに行ったが満員だったので、ソイ39の駅の方に向かい、なぜか「DON DON」という店の前に来た。  中の様子が見えて、空いていたので席についた。定食のメニューはないようだったので、そば、うどんのメニューはどれも200バーツ以上するので、安かった「あんかけうどん(160バーツ)」をたのんだ。  この店には何年前だったか、7~8年前に手打ちうどんの修業をして店を開いたタイ人女性の時に来たことがある。その面影として入り口脇に手打ち場が残っていた。あの店がタイで手打ちそば、うどんの走りだったと思う。  さて、やってきたあんかけうどんは、まん中に生しょうがのおろしがのっていて、昔、小さいころに食べていたままのようだ。あれから40年くらい口にしなかったが、きょう、40年ぶりに食べた。  地元ではたぬきうどんが、あんかけうどんのことで、細いきざみねぎは入っていたと思うが、この店のは具は生しょうが以外、入ってなかった。東京に上京して、たぬきうどんが天かすだったのでビックリした。たぬきといえばあんかけだろう、とその時思ったがいまではたぬき!で天かすも違和感は...
タイのニュース

ローン抱えるタイ人家庭の消費にぶる

 タイでは販売、サービス業で、景気が停滞気味でフード業界でも、各社とも売り上げに急ブレーキがかかっている。  ココナッツミルク製品などを製造、販売するアンポンフーズ社は、今年1月から9月までで「25年間で最も悪い状況」と、今まで順調に伸びてきた売り上げがタイ国内、輸出とも停滞していることが明らかになった。輸出ではアメリカ、ヨーロッパ向けがよくなりつつあり、今年、残り3ヵ月で景気は少し戻ってくると予想している。  同社ではミャンマーやベトナム、インドネシアなどの工場での製造を増やし、輸出も今の30%から50%に引き上げるとしている。  日本と同じようにタイの消費者も、節約志向が顕著になっており、ローンを抱える家庭が多く、消費購買力が落ち込み、外食なども控える傾向が出ている。  海鮮の冷凍食品を製造するPFP社は、今年9月までの伸びは7~8%で、目標にしていた15%に届かない。  レストランなどでの外食を控える人が多く、今まで同社に600~700トンのオーダーをしていた業者が、この6月は50%も購入が落ち込んでいる、という。これは海鮮の冷凍食品は、食事のメインではないので、そ...
タイのニュース

タイのバンコク、エンポリアムでサイフ盗まれる

 午後8時、「葵」で食事をしたあと。エスカレーターで2階におりた。6人で連れ立っていた。自分の前に割り込む女性がいた。そして後ろにも割り込んできた。  「広いスペースがあるのになぜ、割り込んでくるのか」と思った。そしてこじんまりした男が自分の横に来てからだに触れたかと思ったら、そのまま走り出した。合わせて前後の女性も走り出した。  カバンをさわられた感じもあったので、外ポケットを見てみた。チャックがあいているのでおかしい。中を見るとサイフがない、「今の走り出した連中か!」と思い、思わず「サイフを取られた」と叫んだ。  逃げ足が遅かった自分の後ろの女が、エスカレーターの前の方にいた仲間に取りおさえられた。あとの2人は逃げていった。  エンポリアムのセキュリティーを呼び、トンロー警察にも連絡してもらった。間もなくパトカーもやってきて、その女がフィリピン人だとわかった。  しかし、サイフは持っていないし、あとの2人と「何の関係もない」と言われれば、それまで。店内の防犯カメラには、写っていなかった。  とられたサイフの中にはクレジットカードが4枚。そして日本円の現金が20...
タイ国内交通網整備

タイのバンコクでロングステイする浜田さんの新居は、バンスー駅につながる高架新線の駅近

地下鉄バンスー駅まで行くのは初めてかも知れない。スクムビット駅からは結構、長いのだ。あまりこの終着駅まで乗る人はいない。途中のチャトチャク駅などで多くが降りていく。バンスー駅の改札を出て歩くと、さらに長い地下通路が待っていた。まるで半蔵門線の連絡通路のように長い。 地上に上がると、バイクタクシーやタクシーなどで活気づいていて、地方のにぎやかな市場周辺に来た感じがする。よく見ると列車の駅がそばにあって、それがその雰囲気をかもし出しているようだ。 本当は、このバンスー駅まで現在、建設中の新線は連絡通路でつながるはずである。その工事らしきものも大がかりに行われている。 さて、駅からタクシーに乗り「クルンテープ・ノンタブリー・ソイ25」に向かった。ずっと外を眺めていると、高架路線がほぼ出来上がっている。ロータスが目印となり、タオプーンの駅も出来上がっているようだ。そしてクルンテープ・ノンタブリー通りに入り、ここにも高架がずっと続く。片側2車線のせまい通りに高架のBTSである。「そんなとこ、今まであったかな?」と思う。せまいのだ。今まであるBTSは少なくとも片側3車線の通り...
起業、会社設立、会計、経理

タイで起業:自分1人で稼ぐことができる人

 タイで起業する日本人で、うまくやっていく人のパターンとして、自分ですべてをやる人。このケースはタイで長くやっていく人のパターンともいえます。  例えば、料理人。自分ですべてのものを作って提供すればよいなら、コックを雇う必要もなく、タイ人スタッフを4~5人雇えばよいでしょう。日本人価格でサービスを提供できます。  コンピューター修理業の人。自分で出張して、日系企業のコンピューターの管理をしていけば、顧客は増えます。直に日本人と話をすれば、タイ人を雇う必要もありません。出張オンリーの人なら、オフィスを構える必要もないかも知れません。  宝石商の人。チャンタブリーで宝石の原石の目利きをして仕入れ、バンコクで顧客に販売する。こちらも従業員はいりません。自分が働けばよいのです。      このように、何か1つのことに熟練している人で、それがタイで商売になるなら、それをやれば、タイで稼いで生活していくことができます。  ただ、1つのことに熟練していても、まわりは皆、タイ人ですから、そこをうまく処理して、できるだけ経費をかけずにやっていかなくては、あれこれ出費がかさみます。そ...
タイ関連コラム

タイ人向けのラーメンや一杯飯のレシピを1日で習う

 今では屋台の一杯飯の値段も40バーツ、そして50バーツへと値上げが予想され、ビジネスとしても、日本人が考えられるビジネスへと変ぼうしている。しかし、実際には日本人が屋台の場所で働いたりすることは禁止されているので、タイ人に事業をやらせ、そのノウハウの料金を稼ぐなどが考えられる。  ところで、タイ人向けのラーメンや一杯飯のレシピというのは意外と簡単で、だから皆、タイ人はやりたがるわけだが、この1日レシピを習得できるのが大衆紙を発行している、マティチョン・アカデミー。  それひと筋の、人気の料理人のレシピだから、関心ある人はだれもが学びたい、という感じだ。  こういったレシピはコツを習得すれば同じように作れて、明日から自分でそのメニューで商売できるのが魅力。  なお、タイ人向けの問い合わせは ℡02-954-3977内線2115、2116、2124 携帯なら082-993-9097、082-993-9105 ウェブサイトはwww.matichonacademy.com  申し込みの手順は、自分が習いたい日時の項目を選定し、その料金をマティチョン社に振込みする。そして当日、同社に習...
タイ関連コラム

タイ自由ランドがスクムビットのソイ41に移転!

センスの光るアジアン雑貨でいっぱいの「KOON」  タイ自由ランドの事務所が、ソイ41に移転しております。ソイを入って70mほど行った右手。この小路は以前は「ゴチャゴチャしていて汚いなあ」と思ったものですが、そこに引越しをしたわけですから「意外とそのゴチャゴチャ感がよい」と前向きにとらえています。 まず、自由ランドの宣伝から入りますと、タイで25年のベストセラー、エノタイ製のアロエベラローションがウォークインで買うことができます。これまで、メッセンジャーに来てもらうのはイヤ、と思っていた奥様も、ぜひ1本、購入してみて下さい。保存料等一切入っていないナチュラルなもので、肌にス~と浸透していき、女性でも男性でも使っていただけます。洗面所に置いておき、常温で1年以上、保存できるので、タイでは重宝します。 続いて、この本紙26面にも広告があるように、「90日ごとの出頭」「リエントリーパーミットの取得」の代行を、即日受け取り、即日お渡しで始めております。 タイに連続して90日以上滞在する人はどんなビザでも、90日ごとにイミグレーションに知らせなければなりま...
起業、会社設立、会計、経理

会社設立で、タイ人に頼らないなら3年必要

  タイで起業するのにやはり、事業の利益が上げられるかが最大の焦点となる。例えば、日本人が自分たちの力だけで、タイ人のパートナーに頼らないで事業をする場合。  会社を起こす前からすでに、顧客を獲得していて、売り上げが見込める場合は、すでに利益の道筋がついているので、それを維持、もしくは拡大していけばよい。   一方、起業での多くが、顧客はいちから獲得する、というケースだ。この場合は、事業者がタイに慣れているか否かで大きく変わってくる。日本から来たばかりの人が運営していく場合。  利益を上げていくためにまずやることは、・タイ人従業員の教育、・自分のタイへの適用、・顧客獲得、ということになるだろう。   ことばがわからないタイ人を使うわけだから、ここで「日本語ができるタイ人」を雇うことになる。しかし最近は、この手の人がひっぱりだこで、よい人材がすぐに見つかるのは難しい。ここでよい人材が見つかれば、上記の3項目の対応がしやすいわけだが、見つけられない場合。  紆余曲折を経て、やはり3年間はタイへの適用にかかると見るのがよいだろう。  そして、3年たったとしても、そこが利益...