2017-01

ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第101回 原田様 セティワンマンション

スクムビット・ソイ49にあるセティワンマンションは、ソイ入り口から約500mほど入った所にある1992年完成、27階建てと23階建ての2棟からなる総室数108室の築深のアパートレジデンスです。アパート周辺には日本料理を含む各種レストラン、スーパーマーケット、ブティック、サミティベート病院などが徒歩圏にあり、人気の高いアパートとなっております。今回はそんなセティワンマンションにお住まいの原田様のお宅を拝見しました。 子供の養育のための家族向け物件希望、人気物件に入居しました 今まで単身赴任で生活していましたが、このたび家族がバンコクへやってくることになり、住まい探しをすることになりました。家内と娘3人なので、できるだけ子供が安心して生活できる条件を求めてヨシダ不動産の上井さんにリサーチしてもらいました。5件ほどある物件の中、このセティワンマンションがもっとも条件に合うので引越すことに決めました。日本人に人気の物件だったので良い部屋に出会えて本当にラッキーでした。 325平米の広い間取り、風通しのよいリビングルーム 部屋は高層階の3ベッドルーム325平米です。まず第一印...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第61回は「253 アソークビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、61 回目は、アソーク通りに位置する高層オフィスタワー「253 アソークビルディング」を紹介します。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約12分の左側、反対にMRTペチャブリー駅からはセンセーブ運河を渡り徒歩3分の右側に1995年竣工の30階建ての高層オフィスタワー、253アソークビルディングがあります。BTSアソーク駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで5~6分ほどで着くのでそれほど...
新規コンドミニアム

小林ミシュラン 5つ星への道の第70回「リズムスクムビット 36‐38」

ソイ36-38に完成した新築コンドミニアム(☆☆☆) バンコクで不動産仲介33年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第70回は「リズムスクムビット 36‐38」を紹介いたします。 スクムビット・ソイ36は、BTSトンロー駅下車すぐの南側にあり、入り口付近には駅直結のノーブルリミックスを始め、大型のコンドミニアムが次々と建設され、最近脚光を集めているエリアとなっています。スクムビット通りを挟んで、ソイ22~26以外は大型のアパートはあまり多くなかった南側(偶数側)地区においても、近年じわじわと大型レジデンスが増えてきました。 リズムスクムビット36‐38は、そんなソイ36を入って300mほど行った左側に折れた2016年12月に完成したばかりの25階建て総ユニット数496室の新築高層コンドミニアムです。高級ホテル並みの天井の高いロビーに乗用エレベーター4台にサービスエレ...
ゴルフ、トラベル、旅行

楽園のようなピピー島&カイ島

世界有数のリゾート地として有名なプーケットには、日本人常駐で頼りになる旅行代理店「プーケット旅行センター」があります。プーケット発のツアーも各種取り揃えており、今ならプーケットから船で行けるピピー島と子供のひざくらいの浅瀬で魚と遊べるカイ島を巡るツアーが1400バーツと格安になっています。 ハリウッド映画の撮影場所として世界的に有名になったピピ島は6つの島からなる諸島であり、ピピ・ドン島が観光の拠点となっております。近年多くのリゾート施設が建設されています。マヤベイのあるピピ・レ島は有名な観光スポットです。ピピ・レ島は、ここ以外にもローサマベイやバイキングケーブなどの見所が満載です。また、無人島のバンブー島やモスキート島は手付かずの自然が残された無人島であり、プーケット発のツアーではなかなか足を運ぶことが出来ないお勧めの観光ポイントでもあります。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳しくはホームページ()でご覧下さい。他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年1月...
タイのニュース

地方行きのミニバン許可せず、マイクロバスへ切り替えへ

今年の正月にタイ東部で、ミニバンとピックアップが衝突し25人以上が死亡した事故などにより、タイ交通省はミニバンでのバンコク‐地方行きの路線については7月1日より、マイクロバスに徐々に変更していき、今年末までには6431台のミニバンをすべてマイクロバスに変更することが発表された。 バンコクからの長距離移動では、それぞれのターミナルに大型バスが用意されているが、200~300㌔ほどの中距離移動では、ミニバンを使うタイ人も多い。これは、わざわざターミナルまで行かなくても乗れることや、便利で融通が効き、大型よりも早く到着し、また料金も比較的安いなど。 しかし、個人で運営しているバンも多く、運転手も十分に睡眠が取れていないなどの危険もあり、大事故につながるケースも多い。 このため、タイ交通省では14人乗りのミニバンから、20人乗りのマイクロバスへと切り替え、安全性を高めることを優先することになり、地方行きの6431台のミニバンの許可を随時、更新しない方針。 一方、バンコク都内を走る2771台のミニバンについては引き続き使用してもよいとしている。 ...
タイのニュース

ラマ4世通りでも屋台撤去、今回は1963屋台が対象

通りを国民の元に取り戻そう、というスローガンのもと、2年前より、大通り等での屋台の撤去を進めているが、バンコク都の副知事によると、現在まで235地区で、2万件以上の撤去が進んでいるという。 今年はまず、1月30日までに6地区で行われる。まず、クロントゥーイ地区では、ラマ4世通り周辺、ラオマーケット周辺など11ヵ所、164屋台。 バンナー地区では、ウドムスック1のマーケット周辺など214屋台。ラチャテーウィー地区では、戦勝記念塔周辺、パヤタイ通りなど404屋台。 チャトチャク地区では、カンペーンペット2、3、4通りの394屋台。バンケー地区では、バンケーマーケット前の659屋台。パーシーチャルーン地区では、バンケー高齢者宿泊施設前の118屋台。以上、合わせて6地区の1963屋台が対象。 バンコク都では現在、告知を済ませており、代替地なども支援している。また、屋台が再び舞い戻ってこないよう、テーサキット(区役所管轄の取締官)が目を光らせており、違反者は2000バーツの罰金となっている。 ところで、BTSプロンポン駅周辺の大通り沿いを見てみ...
タイのニュース

税関でニセバイアグラ薬を差し押さえ

タイでは男性向けのニセバイアグラ等が薬局で売られているが、タイの税関によると、今回、インドで製造され飛行機でシンガポールまで行き、それから船でタイに持ち込まれたニセバイアグラ、Kamagra、Apcalisなど200万個、1億2000万バーツ相当を、税関が差し押さえた。 これらの薬品は事前にタイ保健省の許可を取る必要があるが、それを取得していなかった。 そのほか、輸入たばこなども摘発された。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
とんかつがおいしい店

激しい「とんかつ」市場の競争、「かつや」はデリバリーも開始

タイ人向けの日本料理ファストフードとして、かつどん129バーツや、とんかつ定食149バーツなどを提供する「かつや」は、大手のセントラル・レストラン・グループが運営しているが、新メニューなどは日本側の味見などを経て導入されており、日本のままの味をリーズナブルにいただけるのが特徴だ。 同グループによると現在、12店舗あり、今年は6000万バーツの予算を計上し、8~10店舗を新規に増やす見込み。 今後3~5年のうちに全体で40店舗の目標を掲げている。 とんかつはタイ人に人気で、価格を抑えれば、学生や若い家族らもやって来るため、そういった層の拡大を狙っている。 今後は、日本などからも新しいブランドの店がやって来ることが予想されるが、タイでの日本料理ブームは続いており、現在は日本料理の市場は200億バーツ、伸びは6~8%としており、SNSを使って若いタイ人などに広告を広げていくとしている。 さらには各店でデリバリーを開始するとしており、競争の激しい「とんかつ」業界で生き残りをはかっていく。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 -...
タイのニュース

新和不動産が開発、トンローに8階建てコンドミニアム建設

日本の大阪に本社がある中堅の不動産開発、建築、設計の「信和不動産」が、タイのワララック・プロパティー社と組み、新会社を設立して、トンローで8階建てのコンドミニアム「RUNESUトンロー5」を開発する。 広さ25~75㎡で156室、プリセールでは1㎡当たり19万バーツとなり、1部屋490万バーツから。来年末には完成を見込む。 最終的には、賃貸で住む日本人駐在員を想定しており、デザインは世界的に有名な日本のデザイン会社を使い、一部材料なども日本から輸入し、日本庭園や温泉なども完備する。朝食サービスなども付け、サービスアパート化する見通し。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース -> タイで不動産仲介のページ ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 ->貸します情報 ->賃貸アパート物件紹介 ->タイのニュースの情報 ->新築コンドミニアムの情報 ->コンドミニアム投資の情報  
タイのニュース

タイ人のSNS利用でfacebook、Line、Youtubeが人気

ネットの速度も上がり、タイ人も普通にモバイルで動画などを見ているが、タイ人に人気のソーシャルネットワークサービス(SNS)について、UM wave社が調査した結果、人口6900万人のタイでの、一番人気のSNSはfacebookで52%、3600万人が利用している。そのうち10代や20代の利用が多い。続いて、タイ人が使っているSNSはLineで48%、3300万人にのぼる。こちらも10代、20代の利用が多く、タイ人はメールのやりとりなどでも使っている。 続いてのSNSは動画のユーチューブで43%、3000万人。ネット速度が上がり、動画も途切れずに見られるため、ニュース等の情報もいち早くネットで動画を見ているタイ人が多い。 続いてのSNSは、インスタグラムで11%、780万人と、利用者は一気に減るが、タイでも芸能人らが積極的に使っており、20代の利用者が圧倒的に多い。 続いてのSNSはツィッターで7%、450万人で、10代、20代に人気が高いが、30代以降には人気がない。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュ...
ロングステイビザ

エリートカード はまだ健在!50万バーツで5年ビザのカードもあり

タイのエリートカードは、外国人なら持てるカードで、会員になるには200万バーツが必要。20年有効でその間、5年間のビザ取得やそのほか、ゴルフ、スパなどの特典がある。また、5年のビザだけが欲しい人には、エリートイージーアクセスというカードがあり、こちらは50万バーツで、5年有効、そのあいだ5年のビザが取れる。→エリートカードのホームページ エリートカードは以前、売り出された当初は100万バーツで、永久会員の振れ込みだったが、この時に入った人は2508人おり、その後、2013年以降は、条件等が一新され、その会員数は1529人で、運営するタイランド・プリビレッジ・カード社によると、1カ月に60人の新規会員があるという。 現在まで取得している外国人で多いのは、イギリス人198人、中国人149人、フランス人128人、アメリカ人126人、日本人103人などとなっている。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 → タイで起業、会社設立 → 実際の会社登記 → 実際の税務登記 → Bビザ、就労ビザ取得 → 労働許可証取得...
タイのニュース

定年退職で補償金、解雇時と同額で法令で義務化

タイでも8年後には60歳以上の高齢者が全人口の21.2%となり、13年後には25.2%になり、徐々に高齢化社会へと移行しているが、このたび定年退職となるタイ人に対して補償金を支払うことで内閣で承認し、この5月頃より施行されることになった。 これによりタイでは現在、60歳を定年としているが、それを迎えた場合、勤続4ヵ月~1年で1ヵ月分、1年~3年で3ヵ月分、勤続3~6年で6ヵ月分、6年~10年で8ヵ月分、10年以上で10ヵ月分の補償金を雇用者が支払わなければならない。これまでは、60歳定年での補償金、いわゆる退職金は義務化されておらず、日系企業などは独自に会社規定などで慰労金などを設定していた。 タイでの雇用では、従業員が自主退職する場合は、補償金は支払わなくてもよいが、雇用者側の理由で解雇する場合は、勤続4ヵ月~1年で1ヵ月分、1年~3年で3ヵ月分、3年~6年で6ヵ月分、6年~10年で8ヵ月、10年以上で10ヵ月分の補償金を支払わなければならない。 定年退職の場合は、「解雇に当たらない」と解釈されるケースもあったが今回、解雇、自主退職に関係なく補償金...
タイのニュース

日本人向けアパート賃料上昇

スクムビット界隈の新規コンドミニアムによる賃貸市場は、10%ほど上がっているという。 コンサルティング会社などによると、新規のコンドミニアムは、販売価格も12.5%アップしており、完成後の貸し出しにそれが影響しており、単身者や夫婦向けのスタジオ、1ベッドルームで、家賃は5万バーツ以下。家族向けの2ベッドルームでは家賃5万~7万バーツ。3ベッドルームでは12万~18万バーツになるという。 通常はタイ人が物件を購入して、日本人駐在員などに賃貸で貸し出すケースが多く、プロンポンやトンローなどは値段が上がっているため、単身の駐在員などはBTSのオンヌット駅やプラカノン駅方面、さらにはウドムスック、バンナー駅方面まで、賃貸の住まいの範囲が広がっている。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース -> タイで不動産仲介のページ ->タイのニュースの情報 ->不動産仲介の情報 ->サービスアパートの情報
タイのニュース

新規賃貸オフィスも値上げ

バンコク都内の賃貸オフィス市場については、CBREなどによると、グレードAで8%、グレードBで5%の値上げで、BTSプロンポン駅前のエムクオーティエの高層賃貸オフィスでは1㎡当たり1000バーツ。また、プルンチット駅前のパークベンチャーでは、以前は1㎡1000バーツだったが、今では1300バーツとなっている。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->賃貸オフィス仲介 ->タイのニュースの情報 ->レンタルオフィスの情報 ->賃貸オフィスの情報
宴会、パーティーによい店

イタリアン酒場ザ・ばーるの本格派ナポリピザに舌鼓!

イタリアン酒場ザ・ばーるは、お得な訳ありボトルワインが豊富に揃い、仲間とわいわい、くつろぎながら、お酒と食事を楽しむにはぴったりのお店。 先日、食事に伺いました。場所はソイ33で、今回は車で行きましたが、近くのUBCビルに駐車して、お店でスタンプを押してもらうと5時間も無料で駐車できるので便利です。テーブルには箸も用意されていて、さすが日本人の経営するイタリアンという感じです。メニューが日本語で、丁寧な説明がついているのもいいですね。 ワインが豊富で、今回はグラスワインにしましたが、仲間と来るときはボトルがお得です。前菜として頼んだシーザーサラダは、ブルーチーズの個性的な風味が後を引きます。チーズをかけてくれたスタッフは、陽気で店の雰囲気を明るくしています。 楽しみにしていたピザは、迷ったあげく、生ハムと半熟玉子が乗ったビスマルクに決定。まずもっちりした生地にびっくり。専用焼き窯で焼き上げてこそだせる食感です。 アツアツにとろけたチーズのコクと、流れ出した半熟玉子の黄身が全体をマイルドに包み込んで、こんなにまろやかな口当たりのピザは初め...
ペット、子犬

私を日本に連れてって! 物語⑥

あけましておめでとうございます。インターナショナルプロフェッショナルグルーマーのモナです。皆様はどのようなお正月をお過ごしでしたでしょうか?タイ全体が静かな年明けとなりましたが、「Twinkle(トウィンクル)」は可愛いホテルゲスト達のおかげで、楽しくにぎやかな1年の始まりとなりました。その様子はフェイスブックでご覧いただけます。() さてさて、今回はタイで仔犬や仔猫を飼った場合のお話です。 今までにペットを飼ったことがなくて、バンコクで可愛いペットを記念に飼っちゃおう!というご家族も多いようです。実際に帰国がお決まりの後、ペットを購入して当店に帰国サービスをお申込みにいらっしゃるお客様も案外おられます。先日、日本以外の国に行くことになった方が、タイ人経営の仔犬販売店の方にワクチンを打っていれば連れて行けると念をおされたそうで、仔犬の兄弟2匹を購入されて当店に帰国代行をお申込みにいらっしゃったのです。ワクチンノートを見てみると、パピーワクチンが1回で丁度3カ月。ご帰国は3日後でした。この状態では日本を始め、狂犬病発症をコントロールしている諸外国は絶対に無理です。...
宴会、パーティーによい店

昭和のガード下の雰囲気の「焼き鳥金ちゃん」で一杯

仕事帰りに「焼き鳥金ちゃん」に寄りました。昭和のガード下の焼き鳥屋という表現がぴったりの、懐かしい雰囲気で、日本でもこういう店はだいぶ少なくなったのではないでしょうか。一人で行ったので、カウンターに座り、目の前のモニターに流れている昭和時代のテレビCMを眺めていると、ここはバンコクということをすっかり忘れてしまいます。 金ちゃんに来て、焼き鳥ははずせません。まず焼き鳥串5本盛り(230B)、そして牛すじ煮込み(130B)、うずら串を頼みました。 焼き鳥串5本盛りは、一人で食べると、ちょうどいい量です。日により内容は変わると言いますが、基本的につくねとネギマは入るそうです。 金ちゃんでは、焼き鳥に辛みそだれをつける北関東風の食べ方をします。この辛みそだれが、ビールに良く合います。程よい辛味で、たくさんつけても大丈夫。味噌の旨みとコクがしっかりあります。焼き加減が絶妙で、素材の良さも感じられる焼き鳥です。うずら串は塩で食べるのもお勧め。 牛すじ煮込みは、口当たりはマイルドですが、生姜が効いていて、体の奥の方からポカポカしてきます。つまみとしてだけで...
タイ関連コラム

マッカサン地区の開発、バンコク最大のターミナル駅へ

バンコクの中で最大規模の開発が期待されるのがマッカサン地区の開発。スワンナプーム空港からエアポートレイルリンクで25分ほどでいけるマッカサン駅が中心となる。 周辺を歩いてみると、とにかくマッカサン駅の器が大きい。以前、チェックインをここでやる予定だったため、その規模の施設をつくったが、使用されず。今は、民間の開発を待っている状態だ。 おそらくはマッカサン駅と一体となったショッピングモールなど、その規模はアソークのターミナル21の20~30倍の規模になるだろう。開発の全体の敷地は497ライに及び、事業費は1000億バーツほどを見込まれている。 タイ国鉄道が所有する土地を民間に99年で貸し出す案などが出て、今では内閣の承認待ちの状態だが、選定する民間業者がいったいどこになるのか。今までの経験や実績からはセントラルやザ・モール・グループ、TCCランド、CPグループなどの大手に決まりそうだが、今はタイの景気がよくないため、政府の後押しもなく、民間独自での開発で、となると、なかなか、これらの大手もOKをしないのかも知れない。 計画ではまず第一次の開発は...
タイ関連コラム

街の活性化にタラート必要?

先日、アソーク通りを平日の昼時に歩いた。ちょうど、タイ人OLらのランチとかち合い、通りには人であふれていた。 驚いたのは、タラート(市場)が至るところにあることだった。さすがビジネス街でもあるが、ここで言うタラートは、空き地や遊休地などを利用した仮設のフードコートや物売り屋台のようなところで、どこも人でごった返していた。 こういうところでは、タイラーメンやタイやきめしなどが40バーツほどで食べられ、今の時期は結構、涼しくて利用しやすい。給料15000バーツ~25000バーツほどのタイ人にとって、毎日のランチを、40~50バーツで済ませるのは、死活問題のはず。こういったタラートがないと、困ってしまうのだ。 その多くが、永久的に開いているものではなく、家主がコンドミニアムを建てるのをためらっている間の2~3年とか、今の時期、不景気で建物を建てるのを躊躇している期間とか。そういう時に貸し出すのだ。 一方、日本人が多く利用するBTSプロンポン駅周辺は最近、賃貸オフィスが急激に増えて、ビジネス街の様相も出てきているが、タイ人OLや男性ビジネスマン向けの...
起業、会社設立、会計、経理

結婚ビザで労働許可証の取得が最強

タイに長期で滞在する場合は滞在ビザが必要ですが、最近は、周辺国でツーリストビザを取ってタイに入国を繰り返す方法が難しくなっており、50歳以上の人ならロングステイのためのビザが1年出ますが、それ以外の人はタイに長く滞在するには、 ①タイ語などの勉強でEDビザを1年 ②タイで働いてBビザを1年 ③タイ人と結婚してOビザを1年、 ④タイエリートカードの50万バーツで5年ビザ取得 このあたりが、50歳になっていない日本人が、タイで長期に滞在する方法と言えます。 この中で、比較的、ずっと1年ごとに更新していけるといえば、結婚のOビザでしょうか。タイ語の勉強で何年もビザを取るわけにもいきませんし、タイの職場を辞めてしまえば、その時点でビザがなくなります。タイエリートカードの5年で50万バーツは少し割高でしょうか。その点、結婚ビザはタイ人と別れない限りはタイでずっと過ごせるもっとも確実な方法といえます。 ただ、この結婚ビザをタイ国内で取るためには、タイ人とタイで結婚していることのほか、40万バーツの預金を日本人本人の口座に2ヵ月以上、置いているという...
イタリア料理、フランス料理、ドイツ料理、ギリシャ料理、スペン料理など

リピートしたくなった洋食のラ・ココリコ

「3玉で同じ価格」の生そばあずまが、フジスーパーのソイ33/1入り口にできたというので、土曜日に連れ立って行きました。そうすると、外まで列ができている状態だったので、それなら、ソイ33の奥にある、同じ生そばあずまでもよいよね!ということでそこまで歩くことにしました。 ソイ33の角に来て疲れてきたので、地下に「ラ・ココリコ」が営業しているようなので、地下におりてみると、ランチがオープンしているあかりがありました。それで最終目的地を断念してここにすることに。 しかし、まさに隠れ家的ですね。ふらりと来て入店するという感じではなく、目的を持ってここに来る、という感じです。 店内はこじんまりしていて、土曜日のため、若い日本人の家族連れ4組、単身の日本人男性が4人ほど、と結構混んでいました。 ランチセットで、ピザセット230バーツ、スパゲティーセット230バーツ、そしてこの店の売りのロティサリーチキンセット230バーツをオーダーしました。 座席はせまいんですが、厨房は広そうで、昔、こういう店で働いたことがあるので懐かしかったですね。日本では家...
ゴルフ、トラベル、旅行

映画の舞台になったピピ島へ日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」で用意

タイ南部のリゾート地、プーケットで日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から、特別料金でのツアー情報です。 プーケットから船で行ける有名リゾートのピピ島と子供のひざくらいの浅瀬で魚と遊べるカイ島を巡るツアーが1400バーツと格安になっています。 ピピ島は6つの島からなる諸島であり、ピピ・ドン島が観光の拠点となっております。近年多くのリゾート施設が建設されていますが、実際に地元の人たちが住む場所はごくわずかです。レオナルド・ディカプリオの主演映画である『ザ・ビーチ』の舞台となったマヤベイのあるピピ・レ島は有名な観光スポットです。ピピ・レ島は、ここ以外にもローサマベイやバイキングケーブなどの見所が満載です。また、無人島のバンブー島やモスキート島は手付かずの自然が残された無人島であり、プーケット発のツアーではなかなか足を運ぶことが出来ないお勧めの観光ポイントでもあります。 プーケットの現地発ツアーはほかにもたくさんあるので、プーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳しくはホームページ()でご覧下さい。...
未分類

パタヤ~ホアヒン就航で1月中はクルーズ船のフェリーが無料

以前、本紙でも紹介したパタヤ~ホアヒンのフェリー開始については、運営するロイヤルパッセンジャーライナー社が始めており、今月は1月末まで無料で開放しているので、興味がある人はどうぞ。 パタヤ出航は午前8時半で、ホアヒン到着は午前10時半。一方、ホアヒン出航は午後3時で、パタヤ到着は午後5時。 波が高い日や天候が悪い日などは見合わせる場合もあるので、事前にフェイスブックRoyal Passenger Linerや電話038-488-999で確かめるのがよい。 なお、正式なオープンは2月1日になる予定で、2月の1カ月間はプロモーションで片道1人999バーツ。3月より通常料金で1200バーツ。 同社では、フェリーの安全を十分に確保していると話しているが、在タイの日本人としては、当分、様子を見てから安全を確かめて挑戦してみるのがよいでしょう。 2017年1月20日 タイ自由ランド掲載   ->パタヤ-ホアヒンのフェリー、1時間40分で結び1月から開始 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->パタヤの...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の賃貸オフィスビル探訪録シリーズ第60回は「コラムバンコク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、60回目は、アソーク交差点にほど近いスクムビット・ソイ16に位置する「コラムバンコク」を紹介します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。 このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からラマ4世方面に100メートル行ったところのスクムビット・ソイ16に面している、2008年竣工、42階建ての高層オフィスタワー・サービスアパート複合施設が、「コラムバンコク」です。1階から24階がオフィスフロア、25階にレストラン、26階から42階がサービスレジデンスとなっております。 このビルは、BT...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

小林ミシュラン 5つ星への道の第69回「モネット・ハウス・アパートメント」

ルアムディーにある築深5階建て低層アパート(☆☆☆) バンコクで不動産仲介30年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第69回は「モネット・ハウス・アパートメント」を紹介いたします。 BTSプルンチット駅改札口を出てすぐのところにワイヤレス通りと並行して南北に走るルアムルディー通りがあります。この通りを南方面に進み約500メートルほど進んだカトリック教会の手前に1962年築5階建ての低層アパートのモネット・ハウス・アパートメントが建っています。とても古いアパートですが、2015年に全面改装しています。 クラシックカーが陳列されている広い駐車場を入り奥に向かうと入り口があります。ドア式のクラシックスタイルなエレベーターに乗り目的階に向かいました。 今回見学したのは、南向き2ベッドルーム145平米のお部屋。非常にゆったりとした間取りとなっており、しかもフロー...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第4回はスパライ・プレイス

弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー、第4回は スパライ・プレイスを紹介します。 スパライ・プレイスはスクムビットソイ39の突き当たりに立地する1994年竣工、A棟23階建て、B棟30階建ての築深高層コンドミニアムです。往来の多い通りから少し奥まったところに立地し、敷地には緑も多く、リノベーションが隅々まで行き届いた界隈では有数のコンドミニアムとしてお客様から高い評価を受けています。なんといってもフジスーパー2号店まで徒歩数分と、便利なロケーションにあります。この立地の良さから、日本人駐在員家庭を中心に家族向け人気物件として多くのお客様を紹介しています。今回はこのスパライプレイスのマネージャー、Cさんにお話をお聞きしました。 ジュリスティックオフィスの仕事 私どものスパライプレイスはA棟23階建て、B棟30階建てで全部で450ユニットの部屋で構成しています。お部屋は1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームと間取り...
医療、健康、漢方

第8回TCMクリニック・コラム:鍼灸治療の後での体の反応

鍼灸治療を受ける方は、治療がどのようなものか理解されていると思います。想像されるより痛みはなく大きなリラックス効果を得られます。では、鍼灸治療の後にはどのような感じでしょうか。 すぐに起こる反応 多くの方は鍼灸治療中と治療後に、とてもリラックスした気分になったと話します。このリラックス感は、身体が感じるだけでなく、穏やかな幸福感も感じます。 人生でこんなにリラックスできた経験はない、と言う方もいるほどです。リラックス感は最初に起こる鍼灸治療の反応で、それは患者が治療に対し良い反応をしているという表れです。 漢方医学においてはこれは身体のバランスが回復し、エネルギーが満ちてきているサインと捉えます。身体が軽く浮いているように感じるという人もいれば、逆にベッドに沈みそうに重く感じるという人もいます。 私の経験では、浮遊感は患者の緊張感が静まってる証拠で、重く感じるのは疲労した身体から新しいエネルギーが生み出されているサインです。鍼灸の利点は、患者の症状に関わらず、その身体のバランスを良い状態に復元することです。 リラックス効果が何度かの治...
タイ関連コラム

タイで暮らす日本人にとっては安定が一番

昨年は激変のタイでしたが、2017年の今年はどういう年になるのでしょうか。暫定政権では今年、民政復帰への総選挙を行うとしていますが、まだまだ流動的で先延ばしになる可能性もあります。 タイに住む日本人にとっては安定が一番ですから、現在の政権である限り、混乱が再び起こらないだろうと考えます。軍事政権というと外部的には非民主的というイメージですが、その中で暮らしている日本人には、民主が守られていると感じ、居心地が悪いということではないでしょう。 このような中にあっても、物価はジリジリと上昇していて、インフレが続いています。そのため、大卒の初任給なども15000バーツ以上となり、また1ヵ月の最低給料も今年から9000バーツから9300バーツになりました。 給料が上昇すると、工場などは人件費がかさみ、日本から投資する企業や工場なども、人件費が安い、タイの周辺国などに切り替えることも多くなってくる。それとともに「物価が安いから居住する」といったロングステイの高齢者なども、徐々にタイを訪れなくなってきます。タイ自由ランドでも50歳以上の日本人の1年ビザサービスを行っ...
タイのニュース

1日4000個売れる!チーズケーキ、チーズタルトのPABLO

チーズケーキ、チーズタルトの「パブロ(PABLO)」が日本からタイに進出し、1号店をサイアム・パラゴンにオープンした。経営はバイヨク・グループによるもので、同グループは矢場とんや世界のやまちゃんなども日本から誘致している。 内装等に5000万バーツほどをかけ、列が出来るほどの人気で、1日に4000個を売り上げているという。1つ平均100バーツとして1日に40万バーツの売り上げになる計算。 目標の売り上げは1年で1億5000万バーツといい、学生や若い人向けにネット上で宣伝やイベントをしていくとしており、今年は支店も増やしていくとしている。 2011年8月、大阪・梅田発祥のチーズケーキ、チーズタルトの店だが、こだわりの手作りの焼きたてで、日本国内で店舗を増やしており、外国では韓国、台湾、フィリピンに次いで4番目となる。 2017年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->チーズケーキ、チーズタルトの「パブロ(PABLO)」のホームページ ->PABLO Bangkok Siam Paragon Mall店がオープンします。〈タイ1号店〉...
タイのニュース

プラティナム・グループによるファッションビル建設中

プラトゥーナムといえば、そのシンボル的存在なのが「プラティナム・ファッション・モール」。タイ人の若い人たちで賑わい、その運営方法に評価が高いが、プラティナム・グループは、近くのペッブリー通りソイ23~29にナイトマーケット「Neon」を12月にオープンし、5600㎡の敷地に小売店を900店集めている。そのほか、フードトラックやコンテナーなどもあり、駐車も200台できる。営業は木、金、土、日曜の16:00~24:00まで。 また、同グループは、伊勢丹向かいで、BIG C横に「マーケット・バイ・プラティナム」を建設中で、2018年半ばには完成の見込み。この土地は以前、立ち退きで時間がかかったところで、王室財産局が所有する土地。 事業費58億バーツをかけ、17万㎡の敷地に、商業モールなどを建設する。地上1~3階に小売店舗、4~5階がレストラン、6~8階は駐車場などとなる見込みで、フードセンターは2000席もある巨大なもの。駐車台数は2500台、ツアーバスも14台停めることができ、中国人観光客なども視野に入れている。 プラティナムグループはすでにスカイウォーク...
タイのニュース

日本が無償で鉄道中古列車を提供

タイでもBTSや地下鉄が庶民の身近な足となっているが、それがなかったころの列車というと、時間通りに出発しない、故障する、走るのが遅い、といったイメージがあり、今でもバンコクから地方行きの列車は、このイメージが根強く残っている。 実際にバンコクで走っている、この手の列車は、古めかしくて一時代前のものという印象がある。 鉄道を管理するタイ国鉄道では、日本と交渉し、状態のよい中古列車を新たに24台、輸入することになり、日本側は無償で提供、タイ側は輸入に関わるすべての費用を負担することになった。 この11月24日にまず10台がやって来て、さらに今年3月には14台が来ることになっている。 これにより列車の車両は現在走っている200台からさらに増えるとしている。 2017年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->交通網の整備 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
タイのニュース

バイクの歩道走行を取締り強化

以前は横行していたバイクの歩道での走行だが、最近は警察官なども厳しく取り締まっており、スクムビット通りでも歩道を走るバイクを停止させたりする姿をよく見かけるようになった。この場合は罰金は500~1000バーツほどになるという。 歩道を走行するのは、ソイの中に入るために大通りを横切りたい時などにバイクが走る。 なお、バイクが最も多く歩道を走行している通りでは、1 スクムビット通り、2 ラプラオ通り、3 ラマ4世通り、4 チャランサニットウォン通りとなっている。 2017年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
タイのニュース

若い人の自営業でフードトラック人気

タイではそのまま屋台で営業した方がよいのでは?と思ってしまうが、かっこいいフードトラックも、若い人向けには人気がある。洗練された街に似合う感じで、混とんとしたバンコクでは、どちらかというと、屋台そのものの方が似合っている感じはあるが。 若い人に人気のフードトラックだが、自分で事業をしたいと思う人が参入しており、この手の車も売り上げが伸びているという。 一番人気はスズキのキャリーで、毎年フードトラックのイベントなども開催しており、価格は369800バーツ。 また、中国系のトンフォンやチャンガンなども参入し、インド系のタタを含めた4社の争いとなっている。 チャンガンのフェイスブックを見ると、10ヵ月のローンで利息なし、頭金4万バーツから、という、事業を起こす若い人向けに費用を抑えた設定をしており、価格も29万バーツから用意している。 人気があるフードトラックは、チャトチャクの夜にオープンするフルムーン・フードトラックはハンバーガーを売っており、カオサンのマザー・トラッカーもハンバーガー。そのほか、タウンインタウンのコーフク・ジャパニー...
タイのニュース

モーターショーの販売激減

景気のバロメーターともいわれる「2016年モーターエキスポ」が12月1日から12日にムアントンタニーで開かれたが、予約台数は過去5年間で最低の32422台。昨年は44874台だったため、大幅減となった。来場者も119万人で、昨年から19.3%減となった。 主催者は「販売台数は目標の4万台に達しなかったが満足している。まだ我が国は悲しみにつつまれていて、新車の発表も延期されたものもある」と述べており、プミポン国王の死去で、この時期に催しが本当に開催されるのか、心配された中でもあっただけに、開催されたことだけでもよかったという見方だ。 今年はSUVやピックアップ、また高級車に人気が集まったといい、予約で一番多かったのはトヨタ、次いでホンダ、イスズとなっている。 またバイクは過去最高の7942台の予約があったが、その中でGPXレーシングが奮闘した。 2017年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
高齢者社会

13年後はタイ人高齢者が4人に1人

8年のちの2025年には60歳以上の高齢者が21.2%となり、そして13年後の2030年には25.2%と、4人に1人が60歳以上となるタイ。 そのため、東南アジアにおける高齢者のメディカル・ハブを目ざし、医療関連でも様々なアプローチが始まっており、タイ政府の後押しも受けている。 その中で、3つに大きく分け、医師、医療機器、薬についての充実を目ざしていく。 まず、医師では、高齢化社会を迎えるにあたり、「医者不足が深刻になる」といわれており、外国人の医師をタイへ、という流れになってくるという。その場合、タイでの許可が必要となるため、資格等の条件をどうするのかなど、タイ保健省で検討されている。 また、医療機器については、輸入に頼っている部分も大きく、現在輸入している500億バーツ市場のものを、タイ国内で製造できれば、費用は半分で済む、としており、BOIの恩典等を付与して、企業への国内製造を促していくとしている。 そのほか、薬では、世界的な薬品メーカーを誘致するため、こちらもBOIの恩典を付与するとしており、法人税8年の免税などで、大手薬...
タイのニュース

シーサケット県の学校建て替えで日本政府が232万バーツ援助

タイ東北部のシーサケット県パユ郡パユ区にあるバーンノーンムアン・ノーンテーン学校の校舎建て替えにあたり、日本政府は「草の根・人間の安全保障無償資金協力」により、総額2325000バーツの支援をし、12月16日に同県副知事、同校校長、佐渡島志郎・在タイ日本国大使が出席し、引き渡し式典が行われました。 同校は幼児教育と初等教育を実施している小規模公立小学校で、区域は2村ですが、他地域からも園児、児童を受け入れており、現在、100人が在籍しています。 同校の校舎は3棟のうち1棟が築36年の木造校舎で、洪水による損傷の上、老朽化が進み、1階の鉄筋コンクリート柱が錆により亀裂が生じるとともに、2階の床を支える木造の梁と根太の腐食、破損が深刻化していました。そのため、同校では、校舎の強度を上げるため10年前に1階の各部屋に鉄柱を設置しましたが、部分的な解決に過ぎず、年々、校舎の一部が傾き、2階建て6室の同棟は4室しか使えなくなり、児童は倒壊する危険と隣り合わせの状態で学習をしていました。 このような状況の中、児童の安全を確保するためには、これ以上の部分的改修の余...
タイ関連情報

本帰国の引越しは早めに準備を!

クリックすると拡大してご覧いただけます 駐在員の本帰国の時期が近付いてまいりました。2月~3月はどこも非常に混み合いますので、引っ越し業者の確保、準備は今から始めておくのがよいでしょう。 タイから日本への本帰国となると、わからないことがたくさん出てくると思いますが、日系の引っ越し業者なら、日本人が丁寧に対応してくれます。荷物の梱包から、面倒な通関の代行手続きも行ってくれるので安心です。また、思わぬトラブルを防ぐためには、引越し業者に全部お任せするだけでなく、引っ越しの大まかな流れや、ポイントを押さえておくと、スムーズです。 ①まずは、なんといっても予約です。引っ越し日ギリギリで予約をしたら、もうすでにいっぱいで断られた、なんてことも十分起こり得ます。1か月前でも早すぎることはありません。まずは予約をしましょう。 電話予約をすると、スケジュールに合わせて下見・打合せの日程が決まります。見積もりは下見の日に出してもらえるのが一般的なようです。本紙1面に広告を掲載している「商船三井引越センター」はバンコク都内であれば見積もり無料。一方、「タイヤマト運輸」は...
パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

PCサポートタイランドのコラム第119回、「USBメモリ」について

こんにちは。PCサポートタイランドの吉田です。コラム第119回のテーマは、「USBメモリ」についてです。 先日、パンティッププラザ1階で購入したばかりのUSBメモリの動作がおかしかったので、検証したところ、不良品もしくは偽造品であることがわかりました。小さなデータだけをやりとりするだけなら使用可能なのですが、大きなデータの移動ができないのです。 また、移動できたとしても正常に移動できていないことがわかりました。正規品と偽造品との違いは、素人では見分けがつきません。注意するのは以下になります。 1.小さなお店で買うのではなく、チェーン店(JIBやBANANA ITなど)で購入する 2.TRUSTED BY SYNNEXなどのサポートの保証シールが貼ってあるのを確認 3.領収書を必ずもらう USBメモリ自体は5年保証と書かれているのですが、実際に壊れた時に持ち込んでも偽造品だと保証対象外です。また、耐用年数も疑問です。偽造品はフォーマット形式がNTFSにできないということがわかっております。パンティッププラザ、MBKなどの小...
携帯、スマホの通話料金

ベリーモバイル店頭で アイフォンiPhone修理を開始

ベリーモバイル バンコク店(プロンポン駅 ソイ39)、シラチャ店(ケープラチャホテル向かい)にて1月からiPhone修理サービスが始まりました。混雑状況やご来店時間によっては当日に端末受取が可能です。ベリーモバイルではアップルの正規修理センターで修理取次を行っていましたが、アップルの修理センターで修理した場合、リフレッシュ品という同じモデルの別iPhoneとの交換対応が基本でパーツごとの修理が出来ず、時間も費用も掛かってしまっていました。 日本品質の修理が1,590THB~!? ベリーモバイルのiPhone修理はSIM(携帯番号)や保存データはそのまま、画面交換とバッテリー交換を店頭にて可能になりました(その他不具合やアンドロイドスマホは従来通りの修理受付)。保証期間が過ぎたお客様は通常修理金額で約10,500THBの費用が掛かっていましたが、ベリーモバイルの修理は2,090THB~。ご契約者様の場合、修理金額から更に500THB優待割引が適用され1,590THBとお手頃(交換箇所、端末種類により金額は異なります) ローカルの修理屋で直すと言葉も通じなく...
習い事、おけいこ、スクール、教室

タイでツアーコンダクターの添乗員資格を取得する

「LSEアカデミー」は、日本の最大手トラベル&コンダクターカレッジと提携し、バンコクでツアーコンダクター資格取得講座(日本人対象)を実施します。このカリキュラムを修了すると、日本国内での「旅程管理主任者」の資格を得ることが出来ます。タイ人の日本旅行への添乗なども可能になります。 ⑴添乗員(ツアーコンダクター)は募集型企画旅行(パック旅行)、または受注型企画旅行(修学旅行、視察旅行等)に同行して旅程を管理します。ガイド行為はありません。航空機・ホテルのチェックイン業務を含め、 当該旅行に含まれる行程の全てを管理します。 この旅程管理業務を行うには「旅程管理主任者」資格(日本国家資格に準ずる資格)の取得が必要です。 ⑵資格の取得には日本国観光庁長官の登録を受けたもの(登録研修機関)による法定研修2日間と、修了試験及び実務経験(添乗経験又は添乗研修に参加:1日)が必要となります。 「LSEアカデミー」のツアーコンダクターコース(3日間、バンコクで実施)には、この法定研修と添乗研修の両方が含まれています。弊校のカリキュラムを修了すると、プロのツア...
タイ雑貨、アジアン雑貨

日本レベルの高機能、飲食店向けキッチン

業務用のキッチン、調理器具で30年以上の実績がある「HANJO(ハンジョ)」が、タイの日本料理店や飲食店向けに、洗練された日本と同レベルのシステムキッチン等を導入しています。実際に日本に輸出している商品なども多く、日本レベルの高機能の業務用キッチンをタイでも販売しています。 細かなところでは、下の広告内の電気炊飯器は50人用で、価格は10500バーツというお得なものです。タイではなかなか50人用というのを探すのが難しい。 また、魚、肉焼きの電気グリル機は、タイでは焼くのに時間がかかると不満がある人に、5~10分で焼き上げます。 そのほか、フライヤーは、揚げたあとにちゃんと、清浄された油が下にたまるようになっているスグレモノで、再度、きれいな油で揚げることが可能。 また、1日に60㌔氷がつくれる製氷機は、もちろん浄水機能つきで、フィルターは8ヵ月に1度変えるだけ。3万バーツで購入できます。 タイのローカルの商品に比べ、性能がよく、ステンレスなどが強く、うすく、そして軽い。価格もローカルのものより安いと評判です。 タイで飲食...