タイで解禁となった大麻、カンチャー、カンチョン

大麻、カンチャー,ニュース,カンチャー,タイのニュース

Thumbnail of post image 197

カンチャー、カンチョン(大麻)について、保健省大臣のアヌティン氏が述べたところによると、開放されて2ヵ月余りで医療、健康のために正しく使われなくてはならない。実際に医療で使われ、病人が減っている。一般での吸引や売買をしない、ドリンク販売には表示をするなど、何ができて何ができないか保健省で明らかにしている。6月時点でタイ全体7,500ライで植えており、事業収入としては280億バーツになる。3年先には ...

ニュース,コロナ感染,大麻、カンチャー,タイのニュース

Thumbnail of post image 166

2年半のコロナの期間を経て、ようやく制限も緩和されて、徐々に各事業が元通りに戻っているが、コロナの影響は大きく、人々の生活も様変わりしている。 タイ商工会議所大学では、今年2022年の後半に伸びる事業、拡大する事業について言及している。 まず、コロナにより健康に気を使う人が増え、医療、美容、健康産業が伸びる。 続いて2番目に、ネットのプラットフォーム上の運送、運輸、デリバリー事業。3番目には、コロ ...

大麻、カンチャー,ニュース,タイのニュース

Thumbnail of post image 043

タイ全国でデザート店などを展開するアフターユー社によると、コロナの影響を受けて2020年の売り上げは7億7400万バーツまで落ちたが、今年は15%増の売り上げに戻し、2019年レベルの12億バーツに到達するよう目ざすとしている。 タイ国内で38店舗あり、バンコクではJアベニューやアソークのターミナル21、トンローソイ13、サイアムパラゴン、アイコンサイアムなど、主要なショッピングモールに入店してお ...

ニュース,大麻、カンチャー,タイのニュース

Thumbnail of post image 148

タイでは大麻、いわゆるタイ語でカンチャー、カンチョンが解禁となり、商業ビジネスとして大手企業らも熱い視線を向けている。 2024年には210億バーツの市場となると見られており、オーヨー(食品衛生検査局)への許可申請では1日に2~3千件が申請しており、コロナ禍で景気が低迷しているなか、ビジネスとして活気づいている。全世界では5000億バーツのビジネスで年々17%増以上の伸びという。 カンチャーの使い ...

大麻、カンチャー,ニュース,タイのニュース

Thumbnail of post image 162

タイでは大麻のカンチャー、カンチョンの合法化に向け、関係者やビジネス事業者はこぞって先手を取ろうと、一般向けの販売で競い合っているが、日本茶などのドリンク類で有名なイチタングループのタン氏もその1人。今年の目標として、自分たちが製造するドリンク類にカンチョンの成分を入れて販売すること、としており現在、販売許可を申請しているといい、「まもなく、我々が初めての許可となるだろう」と語っている。 カンチャ ...

ニュース,大麻、カンチャー,タイのニュース

Thumbnail of post image 015

乾燥大麻(カンチャー)から医薬品として大麻オイルをつくる行為については、タイ保健省の統制のもと合法化され、8月中にはタイ全国12の病院で使用が開始され、9月からはさらに拡大して1ヵ月に20万本が製造されることになる。 各種末期がんや皮膚病などにも効果があるとされ、今までの薬の治療では回復できない病気等にも改善が期待される大麻オイルだが、医師らによると、すべての病気で使用できるわけではなく、糖尿病や ...