2015-11

病院、薬局、薬

アソーク店のすぐ隣に内科クリニックを新規オープンの「ブレズ薬局」

アソークやソイ49のフジスーパー内などにオープンしている日本人常駐の「ブレズ薬局」。今度は、アソーク店のすぐ隣に内科クリニックを新規オープンしました。 風邪やお腹を壊してしまったなど軽度の症状に対応しており、常駐のタイ人医師が診察し、症状によっては点滴も打ってもらえます。また、日本人看護師がいるので、日本語で症状を話すことができます。 「わざわざ薬を買いに来てくれた方に、結局病院に行くのをすすめるケースが多く、以前からクリニックが近くにあったら便利だろうなと考えていました」と語るのは代表の飯田直樹さん(27歳)。 病院よりも行きやすい「町医者」がイメージだそうで、いままでは日本人が行くのは、保険も利いて、あれこれ手厚い大病院がほとんどでしたが、もっと手軽に通いやすいクリニックも重宝するのでは、と考えたそうです。 クリニックの診察料は1000~1500バーツほどで、症状によっては1000バーツ以下ですむ場合もあるそうですが、なんといっても待ち時間がかからないのが一番のメリットで、観光客から付近で働くビジネスマンなど通いやすい場所にあるのもポイントです。 さらに、ブレズ薬局は支...
2015.12.01
パブ、バー

ローイクラトンの待ち合わせ

11月25日(水)はタイの伝統的なお祭り「ローイクラトン」がありますが、チャオプラヤー川へ行く前の待ち合わせに「BAR ウッドボール・タニヤ店」はいかがでしょうか。また、クラトンを流し終わったあとも夜遅くまで大勢の人が繰り出しているので、疲れた際の休憩にもお気軽にお立ち寄り下さい。 また、11月27日と28日はパタヤビーチで花火大会がありますが、ウッドボール・パタヤ店で冷たいビールを飲みながら、花火見物というのはいかがでしょうか? パタ ヤに泊りがけで遊びに行く際はウッドボールにも顔を出してみて下さい。 ウッドボールでは、各店にカラオケ個室もあり、5名以上で貸切可能、1人600バーツで3時間歌い放題、飲み放題となっています。フード類の持込み(別料金はありません)や近くの店からのデリバリーもできるので、宴会の2次会などにピッタリです。カラオケ個室は部屋が空いていれば飛び込みで使えますが、できるだけ事前に予約を入れて下さい。 ほかにも突然発表されるイベントなどもあるので、ウッドボールのウェブサイト( )とフェイスブック()は要チェックです。 詳細については、それぞれのお店に直接ご連...
2015.12.01
タイのニュース

毎年11%の伸びのヨット&マリーナ事業

外国人の旅行者を誘致したいタイで、富裕層に向けてのヨット事業が毎年11%の伸びで、プーケットでマリーナ等を運営するアンダマンマリン・コンサルティング社によると、プーケットやパタヤなどのヨット事業は年々伸びており、外国人の富裕層もタイでヨットを買っているという。特に最近は中国人が増えている。 そのため現在、基準をクリアしたマリーナはプーケットに4つ、パタヤに1つしかなく、ヨット事業を拡大するためにタイ政府はもっとマリーナ許可を出すべき、としている。マレーシアなどもマリーナの建設を始めており、タイでも整備を急ぐ必要があるとしている。2015年11月20日 タイ自由ランド掲載
2015.11.24
ロングステイ

ビザ更新でタイ人「4人の従業員」が必ず必要

日本人がタイで働く場合は、ノンイミグラントのBビザを取り、労働許可証を取得して働くことになる。その時、条件として、タイ人を4人は雇用しなくてはならないというのがある。 その場合、本当に4人以上必要な会社は問題ないのだが、4人もタイ人を雇う必要がない、という場合は名義借りなどをしているケースもある。 例えば、自動車の部品の売買をしており、商品を買って、日系の会社に売るため、自分が1人ですべてをこなせる、という場合は、タイ人が必要ない。 あるいは、技術者としてフリーで雇われているのだが、労働許可証はその会社から出ない、という場合は、自分で会社をつくって雇われる必要があり、従業員は必要ない。 そういうケースで、タイ人の従業員が4人も必要ないという時は、名義借りをしている会社もあるだろう。 もちろん、タイ投資奨励委員会のBOIの認証を取れれば、4人もの雇用は必要なく、日本人の労働許可証が取れる。 しかし、タイで商品の販売等をする場合などは、タイ法人の会社でなければならず、BOIの認証が得られる業種に合致しない。 一方、爆弾事...
2017.11.08
タイ関連コラム

復刻版 社内タイ語事情: 意図的にやって いるんでしょ?

社内でのタイ語会話で、ちょっと難しい、初級、中級の日本人ではあまり使わない「チェタナー」ということばについて書いてみることにします。 このことばは「意図する」「故意にする」などという意味で、タイ人同士のせめぎあいや、日本人上司とタイ人部下のマネージャーとの間で起こる確執などの時に登場します。 「話を自分の思う方に持っていく」という意味があり、例えば、日本人上司が、タイ人部下のマネージャーに、マネージャー補佐をつけたいと言いました。 補佐になる人物を選び、さて、マネージャーに指示して補佐に仕事を覚えさせるように言います。 しかし1ヵ月たっても補佐らしい仕事をしていない。マネージャーに「あなたが教えるよう、私は指示したはずだが」と問いつめると、不満顔をあらわにし、「わかりました」と言います。 しかしやはり、補佐に仕事を教えません。「チェタナーチャイマイ?」と言い、「意図的にやっているんでしょ?」と、皮肉まじりに相手の心を見透かします。 よく、タイではありますが、タイ人マネージャーは、自分の仕事を教えると、その人が自分にとって代わるのではと考え、意図的に作業を教えません。 要するに、日本人上...
タイ関連コラム

チョンブリー、パタヤで、車で回るオープンズー

チョンブリー~パタヤにかけては、なぜか動物園らしきものが多くあり、シラチャのタイガーズーやパタヤのさる育成センター、象のトレッキングセンター、ひつじファームなど。そしてなんといってもはずせないのは、カオキアオのオープンズー。やはり、一度は行ってみた方がよいかなと、向かうことにしました。 パタヤに向かうハイウェイで、バンセンの表示を過ぎてしばらく行くと、カオキアオ5㎞などと表示があり、スピードを落として進み、左折します。 そして道なりにかなり行って、車で15分ほどで到着します。 オープンズーというくらいだから、アフリカのそれを想像し、車にトラが覆いかぶさってきて、セダンじゃボコボコになるのかな、と心配しましたが、恐る恐る入ることにします。 車のまま、入場料は1人100バーツ。行き先の表示があり車で進みます。 ところどころに駐車場があり、停めて、周辺の動物を見られるようになっています。車からも鳥やカバ、ひつじなどが見られますが、檻の中に入った動物は車を停めて見た方がよい。車まで動物がやって来るということはありませんでした。 タイ人家族やツアーはおそらく、まる1日かけて園内をま...
タイ関連コラム

日本産和牛が人気急上昇、さらに伸びるタイでの消費

海外での認知度が高まっている和牛は、英語ではジャパニーズ・ビーフでなくそのままWAGYUと表記されることが多く、最近はタイにもどんどん日本の和牛が入ってきています。日系店のみならず和牛を提供する飲食店舗が増えており、人気番組、タイ版料理の鉄人でも、勝負の素材として、和牛は登場しています。 以前は担ぎ屋が店舗からオーダーを受けて、直接運んでいるケースが多かったですが、タイでの和牛の需要が増えるとともにタイへ和牛を卸す日本の業者も増えました。 2013年より鹿児島産黒毛和牛をタイへ出荷している福岡県の福永産業に話を聞くと、年々タイへの出荷量は増えていて今後も増加する見込みといいます。今年の出荷量は対前年比+37%で増加しており、タイでは霜降りの多い部位が人気だそうです。 パラゴンやエンポリアムなど高級ショッピングモールの食肉売り場へ行ってみると、和牛はかなり広いスペースを取っていて、販売に力が入っています。 オーストラリア和牛というのもあり、和牛は日本の牛のことではないのかと混乱しますが、和牛とは日本産の牛という意味ではなく、特定の品種のことなので、アメリカ和牛、スコットランド和...
2015.11.17
接待によい和食、割烹、懐石、会席の日本料理店

スクムビット・ソイ23に「寿司十番」新規オープン!

ソイ33にある、駐在員にも人気の店「ザ・ばーる」と「蕎麦十番」。この度、店主の渡辺さんが、「蕎麦十番」の姉妹店となる「寿司十番」をスクムビット・ソイ23に新規オープン! ヤングプレイスの手前で、アウタールームすぐ横の小さなソイの少し奥。 狭いソイを入ると、突き当たりに、こじんまりした入口が見えますが、中に入るとびっくり。「えっ!」と驚いてしまうくらい広々したカウンター席が広がっています。白木調で統一された店内は、モダンながらも高級感たっぷりで、調理場を囲むように並ぶカウンター席は、なんと全23席。2階には4人、6人、8人用の個室もあり、タバコも吸えるので、「蕎麦十番」同様、接待にも使えます。 バンコクの料亭でも、10年以上の実績がある小林料理長を迎えてのオープンで、寿司のほか「鮮魚の藁(わら)焼き」が看板メニューとして楽しめます。 藁焼きは、藁でいぶりながら炭火で焼くという昔ながらの料理法で、カツオの藁焼き(220バーツ)をはじめ、鮮魚の素材のうまみを思う存分楽しめます。 カウンター越しに、職人が魚を捌いたり、寿司を握ったり、炭火で豪快に焼く技を見るのも楽しい。 寿司握りは...
2017.08.16
タイのニュース

タイのテレビ番組で人気のあるチャンネルは?

タイのテレビ番組で人気のあるチャンネルは?広告等のレイティングにより、順位を付けている民間調査会社によると、デジタル放送になっている現在、7チャンネルが1位で3チャンネルが2位。地方でもこの2つは圧倒的支持があるが、3位はワークポイントTVが入っており、お笑いやゲームショーなどが人気のチャンネルで急速に支持を得ている。続いて8チャンネル、MONO29と続いている。2015年11月5日 タイ自由ランド掲載
2015.11.10
催し、イベント

エルトン・ジョン、マドンナのコンサート、プレミア、タイ代表のサッカーも

クリックすると拡大してご覧いただけます今年もローイ・クラトンがやって来るが、その日は11月25日。そのほか、タイでは各種催し等が行われるが、プレミアサッカーのレジェンドたちが11月18日にタイで試合をする。また、タイのサッカー代表選手のワールドカップへの真剣勝負は11月12日。 また、再びエルトン・ジョンがやって来る。来年のマドンナのコンサートのチケットは16000バーツの席がある。これら催しはタイチケットメジャーの窓口で購入可能。 www.thaiticketmajor.com2015年11月5日 タイ自由ランド掲載■■■ 関連リンク ■■■ELTON JOHNTsai ChinMadonnaDiana Krall
2015.11.10
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のオフィスビル探訪録シリーズ32回は「ジャスミンシティー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、32回目は、アソーク交差点近く、スクムビット・ソイ23の入り口に面する「ジャスミンシティー」を紹介します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からほど近いスクムビット・ソイ23の入り口に面している、2004年竣工、28階建てのオフィス棟、ホテル棟、ショッピングプラザからなるコンプレックスが「ジャスミンシティー」です。ショッピングプラザには銀行、飲食店、日系スーパーのマックスバリュー、コーヒーショップ、オフィス文具専門店など多数入居しています。 このオフィス棟は...
2015.11.11
タイ関連コラム

オンヌット駅前であっという間の解体

BTSのオンヌット駅前にあった屋台の大型スペースが取り壊されました。この駅を利用している人なら一目瞭然。すばやい解体で、屋台の店主の合意のもとで壊されたのが、何となく心配になりました。 タイ料理のおかずを売っていた家族はどこに行ったのでしょう!フライパンを握っていたオヤジはどこに行ったのでしょう。結構、繁盛していましたが、壊されてしまえば終わり。それが屋台の運命です。 一般的に、家賃も安くて場所もよい、というのが屋台ですが、いつか終わる時が来る、というのが屋台の運命です。家主の都合で契約が切れたら取り壊され、文句も言えません。 オンヌットの駅前の屋台群は、ここに出店しようという日本人が昨年の秋ごろ、場所を借りようとしたところ、「年末で取り壊されてコンドーが建つ」と言われ、断念したといいます。しかし、年が明けても壊される気配はなく、でもよく見ると、借り主が変わったり、空きが出てきたりして、何となくゴタゴタしている感じはありましたが、その後、中にあったビアガーデンも充実しているようで、取り壊しにはビックリしました。 それでなくてもオンヌット駅周辺には、安くで買えるタラートがなく、...
2017.03.04
タイ関連コラム

パタヤでシーフードという時には「プリチャー・シーフード」

パタヤでシーフード、というとグーグルで検索すると、上位に出てくるのが「プリチャー・シーフード」という店。パタヤからさらにジョムティエンを通り越してたどりつく店で、今回、さっそく行ってみることにしました。 車で行く場合、場所は非常にわかりづらい。「4パーク・水上マーケット」や「MIMOSA」を通り過ぎて、バーン・アンプービーチのそば。タイ‐オーストラリアの国旗が見えたらUターンし、ナージョムティエンのソイ30、あるいは28を入ります。 道なりに行くと「プリチャー・シーフード」と大きな看板があります。 タイ人にはとても有名店らしく、週末は午前11時前でも、駐車場にかなりの台数が停まっています。簡易の造りで大きく広く、入り口には大きな水槽の中にかに、えび、魚類が入っています。 海沿いの席はほぼ埋まっていましたが、空いていた残り1つに着席。海を見渡すと、まるでプライベートビーチのように澄んでいてきれい。パタヤのビーチとは思えない。スピードボートも停まっていて確かに店のプライベートな空間のよう。う~ん、こんなシチュエーションなら料理がおいしければ、わざわざでも人はやって来るでしょう。 ...
2017.08.16
ペット、子犬

常夏タイでのペットの散歩のコツ

長かった雨季も終わり、空模様を気にせずに屋外へと活動的になれる季節の到来です。皆様、お変わりありませんか。 わんちゃんにとっても、気温湿度共に一年で一番過ごしやすく、また嬉しい嬉しいお散歩日和の日が続きます。いつもは屋内ばかりでいるわんちゃんも時には外へ連れて行ってあげたいものです。とはいってもやはりここは常夏の国タイ。日射病や熱中症に十分注意しなければなりません。大きなポイントは3つ。 ①日中は避け気温の低い朝に散歩しましょう。(夕方は気温は下がっていてもアスファルト面等はまだ熱を持ち熱く、又足裏の肉球を痛める原因になります。) ②行程はなるべく日の当たらない場所を選び、時々風通しのいい日陰で休憩しながら十分な水分補給をしましょう。 ③長時間の散歩は避けましょう。「少し短いかな」と思う程度で引き上げるのがコツです。 お散歩の目安はそのわんちゃんや天候などの条件にもよりますが、小型犬20分前後、中型犬30分前後、大型犬40分前後が目安です。 また、短足犬種は地表の熱を直接受けやすいので、お腹や胸の被毛を剃らずに残すことも一考です。カットの際トリマーさんに相談するといいでしょう。...
2017.02.10