ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイで大型バスを提供しているネックスポイント社によると、2022年は2億バーツの投資により、EV(電気自動車)のミニバスを470台用意するという。 すでに10路線の地方への路線の許可を取っており、まず東部への5路線で、1路線30台、合わせて150台、 各20席のEV 電気バスを用意する。運賃は100~120バーツとなる予定。 バンコク~パタヤ、バンコク~ラヨーン、バンコク~サタヒップ、バンコク~シ ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

  メタバースは今年のトレンドだが、これはアバターなどを使いネット上の仮想空間で買い物をしたり、働いたりするもので、どちらかというとTikTokなど、中国の影響を大きく受けるタイなので、中国から押し寄せてくれば、その波に乗るだろう。 いずれにしても、リアルの賃貸オフィスなどは今後、徐々に縮少の方向が予想される。そうなると現在、建設中の複合施設(ミクスドユース)などは、商業施設やコンドミニアム、ホテ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでは電気自動車(EV) の先導役となっているのがMGだが、2021年はEV以外を含め全体で3万台ほどの販売となり、2020年より6%増。しかし、目標達成には届かず、その理由として「部品不足でオーダー通りの供給ができていない」「コロナ禍で供給が遅れている」などとしている。 MGは中国の大手とタイのCPがSAICモーター- CPを設立し、タイで販売しているもので、EVについては2022年向けには少 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイの自動車協会によると、2021年の自動車生産についてはまだ最終集計ではないが、生産は170万~180万台となり、前年の160万台より増加している。 12月のモーターエキスポも予約台数31,583台で、 目標を上回った。 また、2021年のタイ国内販売向け生産は75万台ほどで、前年の79万台より少ないが、これは部品不足などで生産が遅れたことやコロナも影響している。 今年はタイ政府の外国人受け入れ ...

ニュース,中国人,未分類,コロナ感染,電気自動車,EV,タイのニュース,バンコクの開発

  2020年3月末ごろからタイも国同士の行き来が難しくなり、それから今年2022年の3月で丸2年となる。 一方で、このまま外国人観光客が来れない状態では観光収入にたよるタイでは厳しく、コロナのオミクロン株が出てきても、感染者の波が来ない限り開放が進むのか岐路にたたされている。 コロナ前は1年で1,000万人の中国人観光客で潤っていたが、今年はまず北京オリンピック、さらに9月に杭州アジア ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

電気自動車(EV)についてはiPhoneのアップル社も生産を見込んでおり、自動運転の車を2025年までに発表するとも言われているが、これに関連してタイ政府の副首相らは、タイのポートートー社に対して、アップル社に働きかけてタイでのEVを共同で生産するよう促しており、実現するか注目される。 2021年12月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイのニュース  

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでBMWもEV車へのシフトを加速する。 BMW の iXシリーズでは EV100%で、iX xDrive50Sportは5999千バーツで、1回のチャージでの走行は630Km。日本では981万円ほどで販売される車種。 一方、iX3 MSportは3399千バーツで、1回のチャージでの走行距離は460 Kmで、時速100 Kmへの加速は6.18秒、最高時速は180 Km となっている。日本では8 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイの電気自動車(EV)については、タイ政府主導で進んでいるが、目標では2030年には、タイ国内生産の30%をEVへ、そして2035年にはタイ国内の自動車販売の100%をEVにとしており、早急にチャージ場所を増やす方向だが、現在、EVの 完成車の輸入についても、2022年から税金0%へと見込まれていて、現在、ヨーロッパ車は80%、日本車は20%、韓国車は40%、中国車は0%で、ヨーロッパ車や日本車 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイに多く進出している日本メーカーの動向とは別に、タイ政府は電気自動車(EV)の普及の方針を掲げており、来年にはチャージ場所を早急に整備するよう指示しており、2025年にはタイで生産する車の30%をEVに、さらに2030年には新車登録のほぼすべてをEVに!としており、また現在、輸入車には80%の税金がかかるが、EVの輸入については、アセアンー中国の協定により、 アセアン、中国からは税金がかからない ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

中長距離バスとして運行されているタイ輸送会社ボーコーソーは、来年にはEVV電気自動車を300台、古いバスと取って代わって導入するとしており、タイ政府の方針に沿ったものとしている。 まずはミニバスや冷房バスを導入し、賃貸の形で、合わせて20億バーツの金額となる。来年末から実際に街中で走ることになるという。   2021年10月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイのニュース ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでも日本車が出遅れ気味のEV電気自動車だが、タイ政府が積極的に推し進めており、このコロナ禍の中でも、そろそろ乗り換える人が出始める時期で、EVへの乗り換えが拡大している。 普通、EVをチャージする場所は、一軒家やタウンハウスの場合、充電用ケーブルは車両に標準装備なので、コンセントを家側に設置すればよいが、不動産大手のサンシリィでは、家の購入に関して、5年前は10件ほどのEVに関する問い合わせが ...

ニュース,EEC,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでの中長距の高速バスで、電気自動車を導入へ。 この手のバスを取り扱うネクストポイント社によると、このたび、ロッテレンタカー社と提携してまず、タイ東部のEEC行きのバスなどで20人乗りのバスを87台購入し、総額では3億バーツほどになるという。この12月から順次、導入される。 このEV電気自動車は30分のチャージで200㌔以上走れるという。   2021年10月5日 タイ自由ランド掲載 ...

ニュース,EEC,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイの PTT(ポートートー、タイ石油公社)が台湾のホンハイ(鴻海)と組んで、タイでEV 電気自動車を製造する。 この9月に提携をして両社の子会社、 PTTが出資するARUNPLUS社と、鴻海のFoxconnによるもので、株を持ち合い新会社をつくり、タイ東部のEEC で製造や研究・技術開発センターをつくる。 PTTによるとまず、5~6年間の投資で、300~600億バーツとなるといい、 2~3年で製 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

  タイで躍進している自動車メーカー MGでは、MGセール社のポンサク副社長によると、2020年は電気自動車EVの販売は1200台だったが、今年は2000台になるだろう、と述べており、将来的にはEVは有望としている。12月のモーターエキスポでも100台の予約があったといい、ショールームでも別途100台の予約があったという。   EVは現在、ZSを販売しているが、新たにEVのステーションワゴンEPを ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

  「コン・ラ・クルン」キャンペーンが成功しているタイで、「古い車を新しい車に代えるキャンペーン」も現在、検討中。これはスリヤ工業大臣などが語っているもので、コロナ禍で節約志向が漂い、古い車を乗り続けている人に対して、安くで新しい車に変えるキャンペーンをしようというもので、自動車業界の活性化とともに、大気汚染の PM2.5対策にもなり、またEV電気自動車やハイブリッド車導入のきっかけにもなるとして ...

ニュース,CPグループ,MG,電気自動車,EV,タイのニュース

  タイの大手 CPグループが製造する車として、タイ人の間でも浸透している MGは、6月20日 、SAICモーター・CP 社と MG セール社により、 MG ZS EVの電気自動車のタイでの販売を発表した。 中国の自動車メーカー大手SAIC(上海汽車集団)の工場からの輸入で、アセアン、 中国の協定で関税は0%となる。タイでの物品局での税金は8%。 タイでの販売価格は119万バーツとなり、この種の車 ...

ニュース,モーターエキスポ,電気自動車,EV,タイのニュース,催し、イベント

  先ごろ行われた バンコク・インターナショナル・モーターショーでは、主催者によると、予約された車、バイクは49278台にのぼり、そのうち車は37769台だった。 そのうち、トヨタが6110台、続いてマツダ5211台、ホンダ4910台、ミツビシ3019台、イスズ2715台の順で、そのほか、 EV 電気自動車としてマインモビリティー社の車が、4500台にのぼった。   2019年4月20日 タイ自由 ...

ニュース,電気自動車,EV,タイのニュース,タイ国内交通網整備,タイ関連情報

  8月18日にタイで初めて電気EVバスがお目見えして、ラムカムヘンーラチャダーピセックの137番のバスで導入された。 これはタイでの電気自動車推進の一環で、今後は137番の試運転のほか、36番のホワイクワンーシープラヤー、73番のホワイクワンーサパンプット、204番のコトモ2ーラチャオン、138番のプラプラデンーモーチット2、50番のラマ9世ールンピニ公園でも順次、試運転が実施されるとしている。 ...

電気自動車,EV,タイのニュース

タイでもコンパクトカーが、バンコクでは多く走っているが、日本のように人気がある、というわけではないが、渋滞の多いバンコクでは小回りが効き、燃費のよい小型車が一定のシェアを獲得している。 そんななか、ニッサンはエコカーとしてノートを新発売し、このクラスでは同社のマーチ、アルメーラの一部をとりやめて、ノートの販売に力を注ぐ。このクラスでは車内が一番広いとしており、切り札として投入された。 日本では電気 ...