2016-01

ペット、子犬

犬に好かれる人の特徴とは?

こんにちは、トウィンクルトンロー店、店長のミサオです。 なぜか犬に好かれる人っていますよね。何か特別なことをしているわけでもないのに、犬が寄ってくる。自分でいうのもなんですが、私もその一人です(笑) 実を言うと、今まで犬を飼ったことはないですし、犬が大好きで動物関係の仕事に就きたかったという訳ではありません。でも、子供の頃からなぜか好かれる… 逆に、犬が大好きなのに犬が懐かない、吠えられる人もいるようです。何が違うんでしょう…? 犬に好かれる人には、いくつかの特徴があるらしいです。皆さんはいくつ当てはまりますが? 【犬に好かれる人の特徴】 □落ち着いた雰囲気である □しつこくなく、あっさりしている □低い声でゆっくり話しかける □犬の方から近づいてくるのを待つ □目をじっと見つめない □犬を追いかけまわさない □いきなり頭を撫でない 要するに、リラックスして接するということでしょうか。 確かに、私は声が低いですし、動きがバタバタと忙しいわけではないですし…その点、犬が警戒しないのでしょうか。 ただ、私はどの犬に接する時でも、ある1点だけは心がけています。「あなたの敵じゃな...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコク賃貸オフィスビル探訪録シリーズ37回は「ミッドタウンアソーク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、37回目は、アソーク通りに位置する住居棟、オフィスビルとショッピングプラザの複合コンプレックス「ミッドタウンアソーク」を紹介します。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約12分の左側に2010年竣工の6階建てのオフィスビルとショッピングプラザの複合コンプレックス、ミッドタウンアソークがあります。BTS駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くのでそれほど遠くは感じません。建物内にはレストランや小...
タイ関連情報

BTSプロンポン駅周辺に高層の賃貸オフィスが次々出現

スクムビット界隈でオフィス街といえば「アソーク」ですが、最近はBTSプロンポン駅にもオフィススペースが増えています。 昨年オープンした駅直結のエムクオーティエに併設した45階建ての高層オフィス「ピラットタワー(Bhiraj Tower)」はまさに駅中オフィスの様相。さらにそこから3分ほどの大通り沿いに21階建ての高層インテリジェントオフィスビル「メトロポリス」がまもなくオープン予定です。 このメトロポリスは、アソークのインターチェンジタワーや、ソイ31入口のフェニックスタワーなどを運営する、インド系タイ人のFICO社が手がけるプロジェクトで、「バンコクで最もラグジュアリーなオフィス」をコンセプトとしています。 外観は1927年のドイツの映画「メトロポリス」をモチーフにした、レトロとモダンを融合したデザインで、建物内のロビーの天井の高さは10㍍で床は大理石。また、各オフィスの天井の高さも3㍍30センチというつくりになっており、夜などにライトアップされた姿は、確かにとってもレトロなお屋敷のような感じです。 1、3階は店舗テナントなどが入居予定で、オフィススペースは9階~21階まで...
洗浄、消臭、除菌、害虫駆除

クリーニングしたのにまだエアコンが臭い

以前、わたくし共がクリーニングしたエアコンが臭いというクレームがありました。このようなことはいままでなかったので、「変だな」と思いながら、早速お客様のところに駆けつけました。お客様から詳しくお話をお伺いすると、冷房にするとあまり臭わないが、送風にすると臭うとのことです。 その部屋はベッドルームでした。エアコンに消臭スプレーをしても匂いは収まらない。いろいろなところをよく嗅いで調べてみると、どうもエアコンからでてくる空気はあまり臭わないが、エアコンから離れた、ベッドの布団あたりの方が臭うようです。 わたくし共の用意した、高性能の消臭剤をベッドや部屋全体にスプレーしてみると臭いも収まりました。エアコンからの臭いでなく、布団や部屋全体の臭いでした。 冷房にすると臭いが感じにくいが、通風にして温度が上がり臭いがしてくる。だからエアコンが臭うと勘違いしたようです。 「お部屋は、普段、窓を開けて通風を良くしていますか」と、お客様に聞くと、「子供がいて窓を開けると危ないので、そんなに頻繁には開けてない」とのこと。 エアコンに頼りすぎて、部屋を締めっきりにしていると、部屋の中は細菌や、カビが...
タイ国内交通網整備

バンコク都内は10年後には網の目の路線網へ

クリックすると拡大してご覧いただけます 前号に引き続き、バンコク都内の路線網の整備について、現在のBTS、地下鉄、エアポートリンクに続いて今年8月完成のバンスー~バンヤイの路線。さらに現在、建設中の路線はバンスー~タープラ、フアランポーン~バンケー、BTSベーリング~サムットプラカーン、BTSモーチット~クーコットの4路線で、これらは2~4年後の開通が見込まれる。 一方、今年に入札が見込まれているのは地下鉄のタイ文化センター~ミンブリー、ケーラーイ~ミンブリー、地下鉄のラプラオ~BTSのサムローン駅の各路線。おそらくは7~8年後の完成が見込まれる。 そして今後、建設計画のある路線としては、高架駅のタオプーンからラーブラナ、地下鉄のタイ文化センターからタリンチャン、サラヤー。そのほか、高架駅のバンケーからプッタモントン・サイ4、BTSのサムットプラカーンからバンプー。さらにバンスー~フアランポーン、バンスー~ランシット~タマサート大学などで、これらが整備される10年後には、バンコク都内は高架路線や地下鉄によって左図のように便利に移動できることになるだろう。さらに地図には載せていない計...
タイ関連コラム

ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKU OLA)」のやわらかハンバーグセット

昼間のランチを食べるのに今回は、BTSプロンポン駅直結のエムクオーティエに行きました。地下にも店舗が並んでいますが、上階の6階からもらせん状に店が並んでいて、その中にタイでチェーン展開しているハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKU OLA)」があります。 休日ということもあり、付近に住む日本人家族などで満席になり、人気の店だというのがわかります。メニューでは1人分のセット風になったものが食べやすく、例えば、ハンバーグ・カレーコンボは、カレーライスにハンバーグ、フライドポテト、サラダが1つのお皿に入っています。それにスープ付き。 お皿を囲むかごのようなものが、料理を引き立てていて、カレーも日本の味で、ハンバーグもやわらかい。1人分を定食風に食べられるのも落ち着けます。これで260バーツ+サービス料+VAT。そのほかにもグラタンなどもあるようなので次の機会があれば、試してみたいと思いました。 (M)★★ 関連リンク ★★->ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKUOLA)」のページ-> ハワイアンスタイルの日本料理店&パン...
催し、イベント

バンコク在住者による吹奏楽サークル「バンコク・ブラス・バンド」

バンコク在住者による吹奏楽サークル「バンコク・ブラス・バンド」は、年2回の自主演奏会や、各種イベントでの依頼演奏などの活動を行っています。11月はシラチャ日本祭りで演奏、12月は伊勢丹バンコク店でクリスマス・ミニコンサートを行いました。 来月2月28日には、3回目となるファミリーコンサートを開催します(※下の詳細をご覧ください)。ファミリーコンサートでの演奏曲目は、アンパンマンのマーチからスターウォーズのテーマまでバラエティに富んでおり、バンコク・ブラス・バンド団長の小峯誠さんは「老若男女問わず楽しめる内容なので、ぜひお越しください」と話します。 練習は毎週日曜日に行われており、先日見学させて頂きました。生で聞くブラス・バンドの音は、聞くというより体全体で感じる迫力があり、自然と気分が高揚してきます。小峯さんによると、コンサート形式にこだわらず、パーティ演奏や多様なジャンルとのコラボなど、面白いことに取り組んでいるとのこと。 小峯さんは奥様の佳代子さんもメンバーで、小峯さんはホルン奏者で奥様はオーボエ奏者です。練習には3人のお子さんたちも一緒に来ていて、他にもチューバの榊原啓太さ...
リサイクルショップ

開発進むBTSプラカノン駅界隈

クリックすると拡大してご覧いただけます プラカノンといえば数年前までは、ローカル色の強いエリアでしたが、最近は駅周辺に次々と高層コンドミニアムが建設され、日本人も多く居住するエリアとなりました。 それにともない、最近は、日本食店も次々とオープンしています。 以前、日本人が経営する店といえばソイ69の沖縄料理「金城」やリサイクルショップの「トーキョー・ジョー」の2軒ほどでしたが、昨年オープンした店といえば、本紙に広告を掲載している日本食店「暁雨(ぎょうう)」をはじめ、岡山料理の「ぼっけえ」、反対側のソイ偶数側には格安定食の店「うま食堂」やタイ人ママさんの店「居酒屋かあちゃん」など。 さらに今年は、ソイ69、71の間の通りにダイニング&バー「amby(あんばい」)」、金城の隣に小料理屋『て』がオープン予定です。 定食の店から、小料理屋、居酒屋、バーに使える店とそれぞれ特色があり、周辺に住む日本人にとってはさらに選択肢が増えました。 近辺には、さらに新たなコンドミニアムが建設中で、また、この周辺はスクムビット界隈に比べ、家賃もまだ...
ランチならココ!

たま~に食べたくなる!本場の韓国料理店「名家(ミョンガ)」

「石焼きビビンバ」がたまに食べたくなったら、やっぱり本場の韓国焼肉店へ。 以前は日本人が住むスクムビット界隈にもたくさんあった韓国料理店ですが、ターゲットをタイ人向けにシフトする店が多く、結局は「焼肉食べ放題」などに衣替えするところも多かったです。 そんななかで、韓国料理店が集まる一画「スクムビット・プラザ」は、ソイ12の入り口に健在。1階にデンと構えているのが「ガボレ」とその姉妹店「名家(ミョンガ)」。どちらも同じようなメニューですが、「ガボレ」は2003年開店で老舗の年季の入った感じ。「名家」は2007年開店で、新しく洗練された雰囲気。 「名家」に実際に入ってみると、1階はすでに韓国人などでいっぱい、2階に上がります。 メニューを開けると、本場の石焼きビビンバも結構リーズナブルで驚きます。220バーツとなっており、今回は初めての体験のトルソクビビンバ250バーツをいただきました。 メニューの写真を見る限り、まん中に黄身がのっていて、まわりにはもちろん、にんじん、きゅうり、ひき肉、もやし、しいたけなどが並びます。 そして、韓国の店の特徴は無料の小鉢が次々にやって来ること...
タイ関連コラム

今後、発展する地域予想!タープラ駅、バンワー駅、バンスー駅 ラチャダー界隈、シーナカリン通り

現在、建設中の路線が完成すると、我々、日本人にとって便利になるかというと、ほとんどは郊外の路線のため、スクムビット在住の日本人にはあまりメリットはないともいえる。 「バンスー駅~バンヤイ駅」については、ノンタブリーの公的機関が多く、川向こうに住む人たちにとって便利になり、また公務員が路線沿線の高層コンドミニアムを買って住むという感じだろうか。 「バンスー駅~タープラ駅」については、こちらも川向こうの整備で、チャランサニットウォン通りを通り、この周辺に住む人には便利になる。 「フアランポーン駅~バンケー駅」については、ペットカセム通り周辺に住む人には便利になり、乗り換えとなるタープラ駅とバンワー駅周辺が今後、さらに発展していきそうだ。 連絡、乗り換えでいえば、バンスー駅周辺が大開発に入っており、バンコクでは今後開発が行われるマッカサン駅開発にも負けないほど、大きなもので、ターミナル駅として大きく発展しそうだ。 「モーチット駅~クーコット」については、BTSモーチット駅からの延長で、日本人にとっては、スワンナプーム空港からドンムアン空港への乗り換えなどの利用に便利かも知れない。 ...
タイ国内交通網整備

続々、路線が計画、完成へ!郊外に延びる線、環状型が中心

バンコクでは高架路線の建設が急ピッチで進んでおり、庶民の足として都心から郊外に交通網の整備をしていくねらいがある。 すでに運行しているのは、BTSモーチットからサイアム駅~バンワー駅、そしてサイアム駅~ベーリング駅。地下鉄はフアランポーン駅からバンスー駅へ環状に走っている。 また、スワンナプーム空港から都心に向かうエアポートリンクはパヤタイ駅まで。 以上が現在、運行している路線だが、そして現在、工事中で今年8月開通予定なのがバンスー駅からバンヤイ方面の路線。これはノンタブリー方面から都心に向かう人向けのもので、公的機関がまわりに多く、その強い後押しを得て完成が実現したものといえる。 また、同じく工事中で2~3年後にはオープンが見込まれるのが、バンスー駅からタープラ駅までの路線。チャオプラヤー川を渡りチャランサニットウォン通りを通る路線で、周辺に住む人にとっては便利になる。 一方、フアランポーン駅からバンケー方面の路線も工事に入っており、これも2~3年後のオープンが見込まれている。タープラ駅でさきほどの路線と連絡し、バンワー駅でBTSと連絡し、ペットカセム通りを走る路線だ。 ...