2016-05

タイ関連コラム

水道水が入ったジュース!

ベトナム人がオレンジジュースをつくって売っている」とフェイスブックに出回り、それが元で警察が乗り込み、40歳代のベトナム人夫婦が逮捕された。 その写真では、おけの中にしぼったジュースを入れ、ホースが伝わっている。¬オレンジジュース100%」で売っていたが、水道水を混ぜていたというのだ。 それがニュースとなり、¬自分が普段、買っているオレンジジュースは大丈夫?」と、タイ人が疑うことになるのだ。仕事前などに、屋台でしぼったオレンジジュースを買っている人もいるが、もしそれが、水道水で薄めてあるとしたら! 水道水だからすぐにからだに支障をきたす、ということはないが、基本的にタイでは水道水を飲まない。浄化されているだろうが、においなどをかぎ、飲めるレベルではないとタイ人は思っている。 タイではよく、売っている氷についても¬水道水を氷にしたものだから、入れて飲んじゃダメ」などと言われるが、とりあえずは氷屋さんの氷を飲食店や販売店は買っているので、その氷屋さんを信用するしかない!というレベルだ。 最近は不況だから、少しでも原価を抑えたいと思うタイ人も多いだろう。 しぼったオレンジジュース...
パタヤの生活情報

パタヤのジョムティエンにできた食べ放題「ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェ」

海といえば、タイの近場リゾート、パタヤーだが、そのとなりのビーチがジョムティエンビーチ。最近はバンコクからタイ人がどっと押し寄せ、また、中国人の観光バスも大挙やって来て、週末や連休などはシービューのレストランはメチャ混みの状態となっている。 そんななかで、ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェが新規オープンしたので紹介しよう。 パタヤに3店ほどある激安のムーカタ食べ放題の店だが、今回はジョムティエンに登場した。1~2階の大型の店で、駐車場もあり、道沿いには観光バスなども停められるので、中国人のツアーなども今後、押し寄せてきそうだ。 199バーツと399バーツの2種類があり、炭火焼きが食べられるのは399バーツ。シャコ、カニ、えび、貝など、399バーツなら十分に元が取れる内容で、ムーカタよりも炭火焼一直線がよいだろう。シャコも甘くてやわらかい! ムール貝もとにかく大きい! 時間制限もなく、1人399バーツのほか、飲み物は別途。氷が50バーツ。そのほかはサービス料などなし。 シービューというわけではないが、シーフード、特にシャコをがつがつ食べれば十分に価値がある食べ放題だ。 ℡ 06...
洗浄、消臭、除菌、害虫駆除

「すまいの便利屋さん」のバスタブまわりの黒カビ対策

読者の方から質問をいただきました 「バスタブの周りがカビで黒くなってしまいました。どうすればキレイになるのでしょうか」と。よくありますね。 お風呂につかってもバスタブの周りが黒くなっているとイマイチ気分が良くありません。 しかし、この黒い汚れは、水回り洗剤を使ってゴシゴシこすっても、漂白剤(ハイター)をつかってもなかなかキレイになりません。 バスタブの周辺は、コーキング (シーリング、シリコーンとも言う。タイではシリコーンと言っている)で防水、目止めしているのです。(時には、目地モルタルでしてあることもあります。コーキングは、弾力がありますが、モルタルは硬いです) この黒いカビは、コーキングの中に食い込んでしまっていて、残念ながら落ちないのです。 プロのやり方は こういう場合、プロは黒くなったコーキングをカッターで削り取りもう一度コーキングを塗りなおします。(「打ち直す」と言っています。)このやり方はユーチューブなどでも、動画がたくさん紹介されています。「簡単ですからやって見てください」と、最後に締めくくっています。確...
レンタカー

バンコクから日帰りでクジラを見る

日本人向け運転手付きレンタカーサービスを行っている「アビデック」では、バンコク発着の日帰りホエールウォッチングツアーの参加者を募集しています。 今回は7月と8月の催行日(上の表参照)をお知らせいたします。 アビデックなら日本人スタッフ常駐なので、ことばの心配もありません。ホエールウォッチングの料金は大人2500バーツ/子供 2000バーツ(12歳まで)、レンタカーを利用した往復送迎、昼食+飲料水1本付きです。 スケジュールはエンポリアムのバンコク銀行前を朝7時に出発して、8時半ごろ船着場へ。9時頃から14時頃まで船でホエールウォッチングに向かいます。バンコク帰着は16時頃の予定です。最低催行人員は6名様、定員は15名様までとなっています。 バンコクから車で1時間30分、気軽に行ける日帰りツアーですので、タイ滞在中の思い出に家族や友達と参加してみてはいかがでしょう。 ほかにもバンコク近郊のリゾート地への片道送迎やアンパワー水上マーケット&蛍鑑賞ツアーなど、様々なコースがあるので、バンコクからのお出かけにご利用下さい。 2016年5月20日 タイ自由ランド掲載->アビデッ...
タイ語の通訳、翻訳

法廷通訳・裁判所の翻訳 企業/個人の信用調査もKHCコンサルティング

泣き寝入りしない!タイでのトラブル処理はKHCコンサルティングにお任せ。タイ警察、官僚など、独自のネットワークで解決します ●通訳・翻訳 タイに来て一番初めにぶつかる問題が言葉ではないでしょうか。ビジネスをするにしろ生活をするにしろ避けては通れません。それが原因で思わぬトラブルに発展する事もあります。 弊社では翻訳、通訳者の派遣サービスを行っております。ビジネスなどのフォーマルな場合だけに限らずプライベートの手紙やメールの翻訳、交際者やその親族との通訳なども幅広く対応致します。 通常難しいとされる法廷通訳や裁判所の翻訳などにも対応できます。(法廷通訳、裁判所の翻訳の中にはいい加減な通訳に酷い目にあったという方もいらっしゃいます。)●信用調査 タイの企業と合弁や取引をお考えの場合、当然相手企業の信用度に付いて調査する必要があると思います。過去には合弁先の業績を調査したら債務超過が発覚し計画を取りやめた例もあります。 タイでは不渡りを出しても銀行取引停止にならない為に、不渡りを繰り返しても直接的に倒産する事はありません。逆にその事を利用して信用取引を持ちかけてくるケースもありま...
タイ関連コラム

開発が進む新都心地区!ラマ9世周辺

高層のオフィスビルやコンドミニアムが次々完成し、開発の進むラチャダーピセーク通りですが、地下鉄ラマ9世駅に隣接した、ラマ9世通りと交差する一角は、大規模な都市開発が計画されており、一昨年に発表された、東南アジアで一番高い615mの建物「スーパー・タワー」の建設もこのエリアで予定されています。 「ザ・グランドラマ9」とプロジェクト名がついた、この開発エリアでは、すでにオープンしているセントラル系列のデパート「セントラルプラザ」をはじめ、オフィスビルやコンドミニアムがいくつか完成しています。最近は、同エリア内に、エカマイに本店を構える日本料理店「庵寺」の2号店がオープンしたと聞き、周辺に足を運んでみました。 駅を出てすぐ目に入るのは、セントラルプラザすぐ隣で工事が進む「Gタワー」です。高級オフィスビルのGタワーは、建物がアルファベットのGの形をしており、ビル壁面が斜めに傾いている変わったデザインです。建設が始まるとすぐに、近隣住民から「建物が傾いている」との苦情が相次ぎ、タイのニュースでも話題となりました。しかし、その後は問題なく工事が進んでいるようで、外観の7割ほどが完成しています。Gタ...
起業、会社設立、会計、経理

会社閉鎖の費用は決算など57,000バーツ

タイの景気もよくないため、日本人でタイで会社をつくり、業績がおもわしくなく、会社を閉鎖するケースも多い。タイ自由ランド事業部でも、そういったケースを多く取り扱っており、最近は会社をつくって2~5年ほどでも会社閉鎖するケースを多く取り扱っています。 毎年、ちゃんと決算をやっていれば会社閉鎖は難しくありません。直近の決算費22000バーツ、閉鎖のための決算20000バーツ、そして閉鎖のための登記簿変更、新聞告示など15000バーツ、以上、57000バーツで会社閉鎖を受けております。 閉鎖のあと、VAT申告をしばらくしなければなりませんが、それも代わってすべて行います。2016年5月20日 タイ自由ランド掲載->タイ自由ランドのホームページ->タイのバンコクで起業->会社閉鎖->会社閉鎖の情報->会社設立の情報->タイ自由ランドの情報
タイのニュース

プレミアでレスターシティー制覇

プレミアリーグ・サッカーで奇跡の優勝を果たした弱小チーム?レスターシティーは、胸ロゴにKING POWERの表示があり、現在のレスターシティーのオーナーは、タイの大手免税店キングパワー社の富豪オーナーで、資産は1000億バーツといわれる。2010年に経営難に陥ったレスターシティーの経営権を取得し、会長にはウィチャイ・シリワッタナプラパー氏、副会長には息子のアイヤワット・シリワッタナプラパー氏が就いている。 レスターシティーには岡崎選手が在籍しており、日本でも連日、プレミアリーグ制覇の快挙を称えられているが、5月5日にはタイ人オーナーが選手30人にそれぞれメルセデスベンツのBクラス、163万バーツ相当を進呈することを発表した。その後、否定されたが、さらに、選手やスタッフなどを引き連れてラスベガスへの旅行も約束しており、タイ人オーナーの大盤振る舞いが注目されている。 また、5月18~19日にはレスターの選手らを引き連れて来タイを果たすという。2015年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->レスター・シティFC - Wikipedia->岡崎慎司 – Wikipedia-&gt...
タイのニュース

農家が農薬による被害

タイ保健省の大臣が語ったところによると、タイの農家は全国に1190万人いるが、心配なのは生産を高めるため、農薬を多く使用していることだという。 この5年間で農家のからだの不調を訴える割合は4倍にもなっており、頭痛や目まい、吐き気、呼吸困難など、農薬による被害が出ており、がんなどに至ることもあるため、農薬の取り扱いや破棄の仕方などに注意するよう、促している。2016年5月20日 タイ自由ランド掲載->タイのニュース->タイのニュースの情報 
病院、薬局、薬

整形のヤンヒー病院で漢方医療センター設立

整形手術では、地元のタイのほか日本でも有名な、タイのヤンヒー病院で、最近の中国医療の人気を受けて、中国漢方治療センターを病院内に2000万バーツかけて設立し、漢方治療を行っていくとしており、当初は病院全体の収入で10%増を見込んでいる。 一般の薬を使わない漢方治療は、タイ人の間でも人気で、最近は針治療などもいたるところで行われている。 ヤンヒー病院では、漢方薬の充実を図り、不妊治療や高血圧、アレルギー、ストレス、心筋梗塞など、病院の治療では改善が難しい症状を、漢方などで治療していきたいとしている。2016年5月20日 タイ自由ランド掲載->ヤンヒー病院のホームページ->タイのニュース->タイのニュースの情報->病院の情報->漢方薬治療の情報
タイ関連コラム

岡崎選手の所属するプレミアリーグ「レスター」をキングパワーでタイ人も応援!

日本でも話題となった、岡崎選手の所属するプレミアリーグチーム「レスター」の初優勝のニュースが、タイでも話題となっています。 タイで免税店などを運営する「キング・パワー」がスポンサーを務めており、タイでは、レスターの選手が登場するテレビコマーシャルが度々流れています。 強豪の集まるプレミアーリーグでタイの企業がスポンサーのチームが優勝したことで、タイ人も鼻高々なようです。 今月5月1日に行われたマンチェスター対レスターの試合は、レスターが勝てば優勝決定とのことで、BTS戦勝記念塔駅からすぐのランナム通りにある「キング・パワー」に特別会場が設置され、大勢のタイ人が応援に駆けつけました。 試合は8時からですが、5時ごろから、青いレスターのユニフォームを着た人がぞろぞろ集まり、すぐ満席に。巨大スクリーンでの試合中継は大盛り上がりで、近所の人も会場の外からスクリーンをのぞき応援します。 試合結果は1対1で、残念ながら、この日に優勝は決まりませんでしたが、大盛り上がりの観戦でした。 タイではすでにプレミアリーグ人気は高いですが、レスターの優勝により、これからますます注目されそうです。 ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第88回は 足立様 C.S. Villa

BTSエカマイ駅から徒歩数分、メジャーコンプレックスの脇から入るスクムビット・ソイ61は、15棟以上のアパートが建ち並び、外国人の方が多く住むエリアとなっています。このソイは1000mほど行くと行き止まりになっており、通り抜けできないので交通量が少なく、閑静な趣きがあります。今回はこのソイ61にあり、1980年から1997年に完成した三棟建て、3階、3階、6階建てのアパートC.S. ヴィラにお住まいの足立様のお宅を拝見致しました。バンコク滞在5年以上。初めて築深のアパートに引っ越す 主人がバンコク滞在8年、私がバンコク滞在5年になりました。こちらで結婚し出産を体験し、子供の成長に連れて何度かの引越しを経験しました。今までは築浅の高層コンドミニアムに住んでいたのですが、スクムビット通りに近く自動車の騒音や排気ガスが気になっていました。そこで契約更新のタイミングで子供の養育上、築深のタイ式アパートに引っ越そうと思ったのです。今回はBTS沿線の高層コンドミニアムからこちらスクムビット・ソイ61にある、低層の築深アパートのC.S.ヴィラに引越してきました。部屋の広さ、共益施設、セキュリティーな...
店舗内装、工事、建築

排水した水は土中に捨てる?

今回は、タイで見た「恐怖?」の施工例を紹介致します。 【排水管が土中に…】 水道管というのは大まかに給水管と排水管に分かれます。給水管というのは綺麗な水をシンクやシャワーの蛇口に供給する方です。そして、皆さんが水浴びや食器洗いで使用した水は、今度は排水管を通って皆さんの居住スペース外に排出されます。建物毎に集められた排水は下水道(あるいは側溝)を通り、処理施設を通過した上で河川等に排出されます。 しか~し、建物によっては「何故?」と思うような構造になっているものもあります。あるタウンハウスの実例ですが、それは4階建てのものでした。トイレとシャワー、それに洗面台が各階にあります。洗面台の排水管は1~4階分が全て縦管(高いところから下まで排水を落とす管)につながり、最終的に1階床下にある下水管までつながっています。ところが、シャワーの排水管は縦管につながって1階まで落ちて来るところまでは同じなのですが、その後、何処に接続されるでもなく、土中に突き刺されているのです。よって、当然ですが、少量ですとそのまま土中に浸み込んでいくのですが、普通にシャワーを浴びるとなると排水量に土中への浸透が...
クリーニング、清掃、洗浄、エアコン清掃

「すまいの便利屋さん」のヤモリ対策

注目されている「すまいの便利屋さん」のヤモリ対策 「すまいの便利屋さん・バンコク」のホームページに「ヤモリ対策」のノウハウが載っています。 この「ヤモリ対策」のみをキーワードにしてヤフー検索すると1ページ目の2番目に出てきます。 私も初めてこれを発見したときはびっくりしました。 通常検索では「バンコク」をつけ、次に必要なキーワードを入力して検索します。するとかなりのキーワードで「すまいの便利屋さん・バンコク」が1ページ目のトップに出てきます。それが「バンコク」をつけないで単なる「ヤモリ対策」だけで2番目に出てくるのです。言うなれば日本全体で2番目に出てくるということです。 確かに、「ヤモリ」をキーワッドにするユーザーが、当社のホームページに来るユーザーの中で一番多いです。 「こんなにも当社のヤモリ対策ノウハウが多くの方々から関心をもたれているんだな」と思うと少々誇らしい気分になります。 「ヤモリ対策の方法」はごく簡単です 「ヤモリ対策のノウハウ」などと、大げさに書いていますが、その「ノウハウ」で実際にすることというと「なんだ、そんなことか」と拍子抜けするほど簡単です。 それ...
タイ関連コラム

エムクオーティエのフードコート2階の穴場

エンポリアムの向かいにあるエムクオーティエは、日本のユニクロや本の紀伊国屋なども入っていて行きやすいですが、食事では地下に大きなフードコートがあり、ひと皿60~70バーツからですが、日本人好みのひと皿屋台料理が食べられるので、人気があります。さらに昼時になると、近くで働くタイ人OLらが押しかけていっぱいになります。 実際に店を出しているひと皿飯屋さんなどを誘致したようで、店を選ぶのも楽しいですが、イサーン料理の店がほぼないので不思議に思いました。普通はありますよね。 そう思っていると、そのフードコートからちょっとハデな黄金色の階段で上がる2階部分にイサーン料理店がありました。なるほど! この店があるのでフードコートにはイサーン料理がないのかな。 「Zaap classic」という店で、テーブル席も洗練されていて、メニューも写真付きで見やすい。出てくる料理も外国人には食べやすそう。何といっても下のフードコートを眺めながら食事できるのもおもしろい。 料理はどれもひと皿70~80バーツなのであれこれたのんでしまいそうです。別途サービス料10%が付きます。日本人主婦同士でもゆっくりでき...
タイ関連コラム

HOUSE OF JAPAN PORCELAIN ではサイアム・トーツウ・セラミックス社製の家庭用・業務用和食器を販売しています

スクムビット・ソイ41のスーパーマーケットTOPSの入り口のすぐ隣で営業しているHOUSE OF JAPAN PORCELAIN では、サイアム・トーツウ・セラミックス社製の家庭用・業務用和食器を販売しています。 同社は、サラブリ県に生産工場があり、今年でちょうど20年目を迎える工場を見学させてもらいました。工場はバンコクから北へ70㎞ほどの日系企業も多く入っているヘマラート・サラブリ工業団地にあります。 現在、日本人はひとりで、タイ人従業員が約150人とのこと。一番多いときには300人ほどいたそうですが、タイ人の賃金の上昇に伴い、機械化が進んでいます。 タイ人の最低賃金は工場設立時と比べると今は倍になりましたが、最近は陶器の大生産地である中国でも賃金が高騰しており、一時中国に流れた仕事が戻ってくる傾向があるそうです。 訪問した日は、うだるような暑さでしたが、工場内はさらに熱気がありました。焼き窯からの熱気でどうしても温度が上がってしまうそうです。もちろん作業場にはたくさんの扇風機が設置されています。 機械化が進んでも、人の手が必要な作業も多く、従業員は集中して黙々と仕事をし...
タイのニュース

タクシー運転手には気をつけて!Tシャツでの運転は乗車しない

タクシー運転手が乗客にナイフをつきつけ、金銭を奪い、強姦間際に乗客が逃げ出し、助かる事件があった。 4月22日に捕まったのは30歳の男性のタクシー運転手。ペットカセム通りで39歳の女性看護師を乗せ、モーチットのバスターミナルまで行くように言い、しばらくして、「近道だから」といい、さびしいソイに入りひとけのないところでナイフでおどし、女性は所持金4000バーツを差し出し、その後、男は強姦をしようとするがうまく行かず、連れ込みホテルに行き、そのスキに女性は逃げ出してホテルの従業員に助けを求めたため、男は急いでタクシーに乗り込み逃げ出した。 男はタクシーの借り代などがたまり3日間寝ていない状態で、ヤーアイスをやっていたという。 このようにタクシー運転手が危険なのは、在タイ日本人も周知しているが、身を守るために少なくとも心がけておくことというと、タクシーのドアを開け行き先を告げる際、相手の様子をうかがい、行き先をOKしても、Tシャツや普段着のままの運転手の場合や、顔の印象が悪い運転手などは、そのままドアを閉めて、次のタクシーを探すのがよいだろう。2016年5月5日 タイ自由ランド掲載-...
タイのニュース

タイの高齢者施設の入居で応募して9年待った人も!

高齢者施設としてタイ人にもよく知られている「バーン・バンケー」は、ペットカセム通りのザ・モールに行くまでにあり、設立されて63年になる。 公的施設であり、身寄りのない人や家のない人など60歳以上の254人が現在、暮らしている。相部屋は1ヵ月1500バーツで、今では1477人の順番待ち。また、バンガローの部屋は入居に際して20万バーツかかり現在、355人の順番待ち。 ある、元公務員の男性は60歳に入居の応募をして、実際に入居できたのは69歳の時。独身で友達もいないので、施設内では楽しく過ごしているという。 ホームページ www.banbangkhae.go.th 電話 02-413-1141 2016年5月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース->タイのニュースの情報
不動産物件、賃貸アパートの仲介

小林ミシュラン 5つ星への道の第54回は「アズリー」

ソイ39に完成した新築アパート(☆☆☆) バンコクで不動産仲介32年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第54回は「アズリー」を紹介いたします。 スクムビット・ソイ39は、スクムビット地区のほぼ中央に位置し、多くの外国人向けレジデンスが建ち並び、日本人駐在員のご家族様にも人気のあるソイです。飲食店が点在するだけばかりでなく、お子様の塾、奥様の習い事教室等もあり、生活するのに非常に便利な地区と言えるでしょう。ソイの入り口付近は、フジスーパー1号店、エンポリアム、エンポリアム2、BTSプロンポン駅などへアクセスが良く、また奥まったエリアは、フジスーパー2号店があるほか、北側のペッブリー通り、東側のトンロー通り、西側のアソーク通りなどの幹線道路へのアクセスがよく、自動車の移動に便利な立地となっています。 アズリーは、そんなソイ39を入り、徒歩4分、300mほど行った左側にある2016年5月に...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第44回は「Jasmine City」

スクムビット・ソイ23は、アソーク交差点にほど近い位置にあり、入口には複合商業施設の「ジャスミンシティー」と「インターチェンジタワー」がソイの両側に建ち、そこから中間地点まで、多数の飲食店と歓楽施設が軒を連ねるバンコク有数の繁華街となっています。有名な歓楽ストリート「ソイカウボーイ」もその一角にあります。 奥に進むに連れ、家族用のアパートが点在するレジデンシャルエリアに変貌し、日本人児童の多い「レインボー幼稚園」もそこにあります。つき当たりは教育学部で名高い「シーナカリン・ウィロート大学」があり、大学の敷地内すみの道ばたでは、毎週木曜日にマーケットが開かれます。『モクタラ(木曜市場)』の愛称で知られており、駐在員の奥様にも人気があります。200メートル程の道に衣類、雑貨、食料品等の屋台がびっしりと軒を連ね、多彩な表情を持つソイと言えます。入口から商業施設「プラサミットプラザ」までは交通量が多いですが、歩道が整備されていますので安心して歩けます。 今回はそのソイ入り口にある複合商業施設「ジャスミンシティー」のオフィス棟を訪問しました。 ジャスミンシティーはBTSのアソーク駅から徒歩...
タイ関連コラム

違法に働いていた場合、逮捕、拘留、強制送還あるいは金銭交渉

レストランの開業などでは、そこで働く日本人は、まだ労働許可証が取れていない状態でオープンし、のちしばらくして労働許可証を取るというケースが多い。しかしタイでは、労働許可証を申請している段階で、その人が働いている行為は、違法である。厳密に言えば、逮捕されて拘留され、裁判にかけられ、強制送還だ。 しかし、入国管理局に代わって地元のレストランなどを見回る管轄警察署の私服捜査官は、そこの部分で温情を与え、交渉で解決する。 先日も、ある立ち上げのレストランで、ソフトオープン中、夕方6時の店のオープンと同時に、私服のタイ人2人が店に入り、店内を携帯で撮影、そのあと厨房にいる日本人3人を撮影した。3人は労働許可証をこれから申請する段階だったから、「違法で働いていた」と指摘された。 1人は実際に働いていたが、2人はただ厨房に立っていただけだが、それでも厳密に言えばアウト。厨房にいるだけで働いていると見なされるのだ。 本人たちは「働いていない」と主張したが、この段階でこういう風に言うと、捜査官を怒らせるだけ。素直に認めて、お金で解決すればよかった。しかし、いく分、対決姿勢を見せ怒らせたため、「ト...
タイ関連コラム

ラマ4世通りにあるスアンプルーン・マーケットの巨大なフードコート

ラマ4世通りに先月オープンしたコミュニティー・モール「スアンプルーン・マーケット」へ行ってみました。場所はチャンネル3のビルの向かいなので、すぐわかります。 昔存在した、バンコク初の鉄道の駅舎をイメージしているそうで、シックな外観で、凝ったデザインの格好いい建物です。 サイズ的には普通のコミュニティモールですが、巨大なフードコートが圧巻です。50店舗ほどが出店していて、庶民的なタイ料理から各国の料理まで幅広いチョイスがあります。麺類やソムタムなど一品料理は50B前後からあり、洒落た内装の割には、そんなに高くない印象です。 日本食も数店舗あり万太郎という店は牛丼(75B)、豚肉うどん(60B)、カツ亭は、さばステーキセット(75B)、豚ステーキセット(90B)、青木寿司はサーモン刺身(89B)、サーモン寿司セット(240B)などがありましたが、メニューをみると、どの店もターゲットはタイ人に絞っているのがわかります。 基本的にタイ人向けのモールですが、フードコートには、デザート系の店も充実しているので、ちょっと立寄ってみてひと休みも良いでしょう。日本街やKビレッジのすぐ近くです。...