タイ関連コラム

今年からエスプラネードの裏でナイト・マーケット・タラートロットファイ(鉄道市場)が始まりました

バンコクの新しいオフィス街として、地下鉄ラマ9世駅を中心に再開発の進むラチャダーピセーク通りですが、隣地下鉄タイ文化センター駅周辺はまだローカルな雰囲気も残っており、駅からすぐのショッピング・モール「エスプラネード」は、オープン時から10年近くたち、街に馴染んできたためか、外観は未来的ですが、中は意外と庶民的です。 今年からエスプラネードの裏でタラートロットファイ(鉄道市場)が始まりましたが、木曜日から日曜日の夕方5時から深夜1時までやっているこのナイト・マーケットの最大の特徴は、なんといっても駅近ということでしょう。駅から歩いて3分ほどで、エスプラネードの営業中は、館内を通り抜けて行けますので、エスプラネードの飲食店は相乗効果が期待できるのではないでしょうか。 もともとチャトゥチャック公園の近くのバンスーの国鉄車庫跡地にあったため、鉄道市場と呼ばれていましたが、もとの場所が再開発で閉鎖され、その後シーナカリンに移転し、今年からエスプラネード裏にもオープンしました。 週末に行ってみるとまだ明るいうちからかなりの人出で、やはり駅近でショッピング・モールの裏というロケーションは、気...
タイ関連コラム

渋滞で車が途切れないトンロー通り

たまにBTSトンロー駅でおりて、トンロー通りをソイ10のOPUSぐらいまで歩く時がある。 2~3年ぐらい前までは、日中はそれほど車の往来は激しくなく、途切れる時にうまく、トンロー通りを渡ることができたが、最近は車が途切れることなく、なかなか渡るタイミングが難しい。結論から言うと、トンロー通りに3つほど信号をつけてもらいたい。歩行者用のボタン式でもよい。 運転する側からすると、トンロー通りというのは信号がなく、スムーズに流れる通りで、エカマイ通りのような渋滞を頭に浮かべることもない。信号が1つもないからスムーズ、というのはあるが、最近は車の量が増えて渋滞になっていることも多い。 似ているというと、信号に関してはアソーク通りと似ている感じだろうか。アソーク通りは歩行者用の信号が2つほどあったと思う。同じようにトンロー通りにもつけるのが望ましいだろう。 トンロー通りの車の量が急激に増えたのはここ2~3年の間だろうか。それまでは比較的、運転手にとっては快適な通りだったように思う。今後はますます商業施設もできてくるようで、さらにはモノレールの計画もあ...
店舗内装、工事、建築

コンセプトにあったクオリティーの高い内装を実現

店舗・オフィスの設計・デザイン・施工、内装を中心に、住宅や収益型不動産のリノベーションも手掛けるシンクリエイトワークス。 同社は名古屋を拠点にタイ・マレーシアでも事業を展開しており、設計・デザイン・施工を全て自社内で行なうことにより柔軟な対応とご提案でお客様の様々なニーズにお応えしています。 本拠地の名古屋では海外にも出店や進出を進めて行きたいと希望されるお客様が多く、弊社の経験を通し培ったノウハウをご提供しています。 コンセプトにあったクオリティーの高い空間を実現しています。 2015年3月20日 タイ自由ランド掲載 -> シンクリエイトワークスのホームページ -> 店舗内装、オフィス、コンドミニアムの内装工事、施工、設計デザイン、建築
弁護士、裁判、法律

法律分野での専門性の高い通訳、翻訳は「KHCコンサルティング」

●タイ語が分からない!? 海外生活で最初にお困りになるのが言葉の問題ではないでしょうか。日常生活の範囲であればそれほど大きな問題にならないかもしれませんが、いざ契約や交渉事などでは「間違った」では済まされなくなる場合もあります。 「KHCコンサルティング」ではレベルの高い通訳がそのような場合のお手伝いをさせて頂きます。特に法律分野では専門性の高い通訳・翻訳業務も可能です。 ●法律・税務・会計など 日系企業の中には、タイの法律を知らないがために違法行為を行ってしまい、監督官庁の監査にあって初めてその事を知るという事が往々にしてあります。特に海外との取引や投資に伴う税金や支払に関しては最新の注意が必要です。トラブル処理以外にも付加価値税や源泉徴収税、所得税などの月次の税務申告代行や公認会計士の紹介なども含めたコンサルティング業務もやっております。 ●婚姻手続き 国際化に伴って年々日本でも増えている国際結婚。ただその手続きとなると翻訳や認証など頭が痛くなるような複雑さに合わせタイ語の書類など一般の方には分かりにくくなっております。タイ人との婚姻の方法...
タイのニュース

駐在員、その家族など、増え続けるシラチャの日本人

大洪水のあと、日系の工場などが急激に集まるチョンブリー県の工業団地。そこで働く日本人の多くがシラチャー市に住む。タイの地元紙によると、チョンブリー県内で労働許可証を取得している日本人は、2014年は1万人にのぼり、前年の8千人よりも増えており、今年はさらに増えると見られる。 日本人学校も整備され、家族で滞在するケースも増えている。 しかし、シラチャーは住居施設が限られており、サービスアパートなどは96%の稼働率でほぼ満室の状態だ。 そのため、大手のデベロッパーなどが開発のため、土地などを購入しているが、シラチャー市内は有効利用できる土地が限られており、まとまった敷地を購入できないのがネックになっている。 土地代も急激に上がっており、2年前の2倍ほどになっている。 昨年売り出されたコンドミニアム「Zea Sriracha」は当初、1㎡8万バーツだったが今では1㎡12万バーツの販売価格で、それでも全585ユニットのうち残りは50ユニットとなっている。 日本人が住むサービスアパート等の家賃はバンコクの都心とそう変わらず、スタジオの24~55㎡で150...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

アソーク通りに「赤門」があったころ

タイで日本人向けの不動産事業を行い24年になる「あぱまん情報」の山口社長。現在のメイン事業はビジネス街のど真ん中、サーミットタワーで日本から進出する会社のサービスオフィスを運営している。 今では30社以上の日本人向けの不動産仲介業者が存在するが、先がけのころは小林㈱とあぱまん情報が先導しており、「サービスアパート」や「サービスオフィス」などの物件の先駆けをしていったのも山口社長である。 今までは不動産事業者として日本から大手が来ていなかったがここに来て「三井不動産」「三菱地所」が、タイでの事業を開始し、コンドミニアムの開発だけでなく、賃貸などの分野にも進出するのか、注目される。 以前は外国人では日本人のビジネスマンらが、タイでの大きな流れを担っていたが、山口社長はこれからは「中国人の動向が大きい」という。すでに旅行者としては、ドッとタイに押し寄せてきている中国人だが、ビジネスの世界でも中国人がやって来る日は近いと見る。 「最近、投資の相談に来る日本人で、香港などに住む人も来るようになりました。中国の富裕層が香港などに押し寄せ、中国化されるのを...
新規コンドミニアム

コンドミニアムのプリセール物件とは何か?

プレビルド物件、プロジェクトセールス物件等とも呼ばれますが、建築前のコンドミニアムの先行販売を意味しています。 購入の流れ ①新規コンドミニアムプロジェクトの発表 ②先行販売の告知 ③先行販売時に購入希望の物件を予約 ④購入契約締結 ⑤物件完成まで分割払い ⑥物件完成後の残金一括払い ⑦物件完成後の登記 新規コンドミニアムプロジェクトの発表 ● テレビ、ラジオ、新聞、ホームページ、ダイレクトメール等のメディアを通じて幅広く告知されます。 ● プロジェクトのコンセプト、ロケーション、建築プラン、フロアプラン、ユニットの間取り、家具・家電付き等の条件、販売価格帯等の詳細がホームページで閲覧できるようになっています。 先行販売の告知 ● メディアを通じて幅広く告知されます。 ● メンバー登録等をしておくと、電話にショートメッセージで知らせてくれたりします。 先行販売時に購入希望の物件を予約 ● 購入予約フォームを記入し、ディベロッパーに予約金を添えてお申込み願います。クレジットカードでの支払いも可能です。 ● 予約金は2~5万バーツが...
賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ17回 バンコク ビジネス センター

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、17回目は、エカマイ通りに位置する高層オフィスタワー「バンコク ビジネス センター」を紹介します。 スクムビット・ソイ63は通称「エカマイ通り」と言い、スクムビット通りとペッブリー通りを結ぶ幹線道路となっています。メイン通り沿いには、商業施設、アパートレジデンス、レストラン等が点在し、ソイに入ると多くの豪邸が建ち並ぶ閑静な高級住宅街となっています。また、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 スクムビット通りからエカマイ通りに入り、徒歩約7分の左側に1995年竣工の30階建ての高層オフィスタワー、バンコクビジネスセンターがあります。青い遮蔽ガラスが壁面を覆ったモダーンなデザインで遠い場所からもよく目立つ高層タワーです。この近くには日系スーパーのマックスバリュや飲食店がテナントとして多く入店するパークレーンや、大型小売店舗のビッグCがあり、買い物や食事にはとても便利な立地にあります。ビルの中にも小売店舗が少しあります。 さて、オフィスフロアについてですが、エントランス部分はセキュリティー...
タイ関連コラム

駐車禁止、歩道上のバイクの運転禁止で過ごしやすくなる?

「バイク、車の駐車禁止、運転禁止、歩道上で違反した場合、5000バーツ以下の罰金」 この看板は最近、スクムビットの歩道などで見かけるが、歩道上に停めた車や、歩道上を通るバイク向けの拘束と思われる。 駐車に関しては、「車は歩道に停めるのではなく、ちゃんと車庫に停めなさい」という意味だろう。一方、バイクの運転は「ちゃんと車道を走り、歩道を走るな」という意味だろう。 BTSプロンポン駅周辺では渋滞が激しく、バイクもいろいろ車道をUターンしていくのは面倒なので、特にバイクタクシーは、歩道を逆走していく姿をよく見かける。タイに来たばかりのころはビックリするが、見慣れると、背後にバイクの音を感じながら、歩いているとき、端に寄ったりするようになり、これもバンコクの1つの風物詩のようなものであると思っていた。 また最近、ソイの中でも、屋台を出したあと、その屋台は路上に置いておいてはいけなくなり、どこかにしまわなくてはならなくなった。 そういう屋台が「タイ自由ランド」の前に夜中に停まっているが、軍事政権により規律を厳守するという方向なのはよくわかる。 ...
ロングステイ

タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん67歳

以前、ソンクラー県でロングステイする日本人の話を書いたが、タイ北部のナーン県にロングステイする平井さん、67歳を今回は紹介しましょう。 ナーン県というと、以前は存在感の薄い県でしたが最近は、日本人がリゾート開発をする、という話も聞き、過ごしやすい気候で、山や湖もあり、にわかに注目されている地域でもあります。 平井さんが住むのはナーン市から70㎞ほど離れたチャンクラン郡。「日本で住んでいた静岡県と同じような気候です」といい、今なら朝方は8℃くらいまで下がるといいます。 買い物はセブンイレブンかロータスのコンビニしかなく、買い出しはナーン市まで行く必要があります。 そのため、同じ郡に住んでいる日本人は「あと1人しかいないと思います」とわかってしまう。 1日の過ごし方では、朝の散歩、そしてインターネット、そのほか、庭づくりもしており、50m四方ほどの結構、大がかりなものをつくっています。日本風に作り上げ、池にはナマズも飼い、自給自足のための野菜も一部で植えています。 ナーン県で行われた庭づくりコンテストで優勝したこともあり、他の郡から視察に来る人...
病院、薬局、薬

介護が必要な老人ホームに日本人高齢者も入居中

老後をタイで過ごすのは元気なうちは良いですが、健康上の理由で、日本へ帰国する人もいます。しかし日本に帰る場所がなく、タイに骨を埋める覚悟を決めている日本人高齢者も多く、将来自分が介護が必要になった時のことを考えると不安という声が多く聞かれます。 また高齢の親をタイに呼び寄せた後に、プロの介護が必要になるケースもあり、在タイ日本人の介護への関心は高まっています。 京都大学医学部卒のバンコク病院のレヌー先生は、患者の中に行き場所のない高齢者が多く、なにか自分に出来ないものかと8年前にエルダリー・ケア・ナーシング。ホーム(Elderly Care Nursing home)をスタートしました。 私費で始めた慈善事業的な施設ですが、正式な病院として承認されており、全部で30床で現在日本人3人を含む22人の高齢者がここで過ごしています。欧米人も居た事があるそうです。 先日、ホームを見学させてもらいました。場所はドンムアン空港に近いパホンヨーティン通りソイ69で、すぐ近くに大きなセントラル・ジェネラル・ホスピタルがあり緊急の際に利用できます。 コ...
製造、販売するアロエベラ

お土産にタイ自由ランドで販売しているエノタイ製アロエベラ・リキッドはいかがでしょうか?

ソンクラーンの時期が近づいてきました。日本に一時帰国されるという方は、お土産にタイ自由ランドで販売しているエノタイ製アロエベラ・リキッドはいかがでしょうか? 50mlの軽量プラスチックボトルで1本430バーツ。かさ張らず、軽いので、まとめ買いして、日本に持って帰るのにも楽ちんです。 さらにまとめ買いをすると値段もお得です。5本以上のご注文で1本400バーツ、10本以上で1本380バーツの特別価格で販売しています。電話かメールで注文いただければ、スクムビット、シーロムエリアなら平日のお届けが可能です。ただし、この時期はお土産用の注文が殺到しますので、品切れになってしまう場合もあります。お早目にご注文下さい。 アロエベラの効能として、例えば日焼けで肌が赤くなりヒリヒリする場合や、やけどの際にも痛みを抑え、新しい皮膚を作る手助けをし、さらに免疫機能を高めます。 水やほとんどの液体は皮膚の外から塗っても真皮まで届きませんが、アロエベラの浸透性はとても高く、皮膚の外から塗ってもたっぷりの栄養と薬効成分が真皮の一番奥まで届きます。 つまり、ジリジリと紫...
ペット、子犬

タイ自由ランドの人気者、扉を開ければ待っているチャオクワイ

タイ自由ランドの扉を開ければ、待っているチャオクワイは、アロエベラローションを買いにくる日本人女性に、とっても人気! 今回、移転したばかりのペットショップ「トウィンクル」できれいにカット等をしてもらったので、さらにかわいくなりました! 平日の9:00~17:00ごろまで公開中。  
タイのニュース

タイ自由ランドの広告は広告料が断然安い!

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 まず、広告料が断然安い! タイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。 この料金に含まれるものとして ①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。 続いて ②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。 続いて ③紙面に載せた記事と広告をホームページの1ページ分として作成します。 ですから、まだホームページがない、という店もこの1ページ分を宣伝に使ってもらえる! 続いて、料理店は④店の詳細をホームページの1ページ分として作成します。これにより「店の名前、バンコク」でグーグル検索しますと、ほぼ1位、あるいは3位...
製造、販売するアロエベラ

アロエの効能をギュッと1本に凝縮したタイ自由ランドで販売している「アロエベラ・リキッド」

アロエの効能をギュッと1本に凝縮したタイ自由ランドで販売している「アロエベラ・リキッド」 軽い火傷や傷に効く生アロエの効果は古くから知られており、日本では、自宅でアロエを育てて、その果肉部分を皮膚に貼るという民間治療法もよく知られています。 さらに、最近は、アロエの美肌・美白効果も注目されており、果肉部分をそのまま顔に貼って、天然のパックをしているという女性の話も聞きます。 そんな、アロエの効能をギュッと1本に凝縮したのが、タイ自由ランドで販売している「アロエベラ・リキッド」です。チェンマイ産のアロエベラという品種のアロエを使い、果肉の中に含まれる成分だけをそのまま抽出してボトルにおさめました。つまり、これを肌に直接塗るだけで、生のアロエのパックと同じ効果を期待できます。 そのまま塗るだけですので、男性の愛用者も多く、また、スキンケア品として使う女性も多いため、「アロエベラ・ローション」とも呼ばれています。 主な効能は、日焼け肌や軽い火傷に効く肌を鎮静させる作用。また、新陳代謝も促すのでシミ・そばかす・薄くして美白効果も期待できます。また、保湿効果...
浄水器のレンタル、販売

ナイス社が取り扱っている浄水器の特長

浄水器のレンタルと販売を行っている「ナイス社」では、商品購入・レンタル後のアフターサービスまでしっかりと行っております。 ナイス社が取り扱っている浄水器の特長をご紹介いたします。 ■逆浸透圧を利用した浄水システム 3種類の違う役割のフィルターを通り、さらには、髪の毛の100万分の1の大きさのフィルター、計4種類を通るので、もっとも安全でキレイな飲み水に浄水します。また、フィルターは高品質のアメリカ製です。 ■24時間自然循環システム 水の自然荷重圧力方式を利用した自然循環方式を採択、水が浄水器内で24時間循環させる事によっていつでも腐らない新鮮でキレイな水を保ちます。 ■重要な昇圧ポンプ(ドイツ製) 逆浸透圧浄水器の水質は昇圧ポンプに寄って左右されます。弊社ではタイの水道水の低水圧にあわせて全製品にこの昇圧ポンプを取り付けています。 ■自動水洗い機能 自動水洗い機能を利用してフィルター表面に付着している異物質を取り除いてフィルターを保護しキレイに保ちます。 ■安全性の向上 赤外線水位感知センサー、異常発生検出回路を装着して問題発生を前もって...
タイ語の通訳、翻訳

タイの労務問題、労働裁判も「KHC」が解決!

近年、ビジネスや留学など色々な形でタイに住み始める日本人が増えております。それに伴い日本人が巻き込まれるトラブルも年々急増しております。KHCコンサルティングではそんな日本人の方々の為に独自のネットワークを駆使してトラブル解決のお手伝いをさせて頂きます。「誰にも相談できない事件に巻き込まれてしまった」日本人コンサルタントが経験豊富なタイ人弁護士と一緒にあなたの問題解決のお手伝いを致します。「どうしたらよいのかわからない」「誰にも相談できない」「泣き寝入りするしかない」と思ったらまず弊社にご相談下さい。民事・刑事を問わずにご相談に応じます。 ●労務問題 海外でのビジネスで経営者が一番頭を悩ます問題が労務問題ではないでしょうか。タイはタイ人の気質もあって比較的安定した労務関係の企業が多く過激なストライキはそれ程多くはありません。ただそれでも残業拒否などのサボタージュや労働裁判所に提訴されるような小さな労働争議の案件は数多く事例があります。歴史的に共産党を非合法化してきたタイではその半面政府が労働者を極めて手厚く保護しています。ですので経営者は細心の注意を払い労務に取り組んでいく...
タイのニュース

ローン拒否率は38%!

BTSや地下鉄の駅界隈ではコンドミニアムが次々に建てられ、タイ人も郊外の一軒家を買うより、コンドミニアムの一室を買う方向に向いている。 しかし現在、タイの景気はよくないといわれ、家を買う際のローンが通らない率も34~40%にも増えている。 カシコン銀行の住宅ローン担当によると、ローン拒否の傾向は昨年よりも増えており、38%ほどに達しているという。ローン拒否の理由では、①すでに車などのローンが家庭内にあり、借金が多い ②ローンは収入の40%を超えない範囲が理想だが、すでに40~50%にもなっている、などがその理由。 例えば、100万バーツのコンドミニアムの部屋を買う際、20年のローンを組んで1ヵ月7500バーツの支払いなら、収入は2万バーツは必要という。 この状態でローンを通らないケースでは、さらに部屋を小さくしてローンの金額を少なくする、あるいは、ローンの返済人に親戚を巻き込む、あるいは、今あるローンを済まして購入する、などが銀行のアドバイスとなる。 また例えば、35000バーツの給料の人なら、200万バーツの部屋を購入し、1ヵ月の返済は15000バ...
賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダ不動産の賃貸オフィスビル探訪録「マヌーンポン・ ビルディング」

ニューペッブリー通りは、バンコク中央部に位置し東西に走る幹線道路です。西からペッブリー通り、ニューペッブリー通り、パッタナカン通りと名前を変え東に伸びていきます。周辺はバンコクを代表するビジネスエリアの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、飲食店、銀行、総合病院、アパートレジデンスなどが建ち並ぶ商業エリアとなっています。このエリアは、自家用車をはじめ、地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。さて、このニューペッブリー通りのトンロー通りとの交差点から東に100mほど行ったところに建っているのが、1989年竣工の11階建てのオフィスビル、「マヌーンポン・ ビルディング」です。 ビルは通りに面した「1」という建物と、奥側のセンセーブ運河沿いの「2」という建物の2棟から成っています。ビル内には飲食店や銀行ATMはありませんが、付近にはコンビニエンスストアや隣のチャーンイサラ2には飲食店や銀行ATMなどがあり便利です。 さて...
タイ雑貨、アジアン雑貨

タイのお土産選びはアジアン雑貨店「チムリム」で!

アジアン雑貨店「チムリム」は、在タイ日本人のリピーターが多い美容グッズやオリジナルの雑貨などを取り扱っています。 美容グッズのお勧めは、なんといっても天然素材から一つ一つ手作りした「ボディスクラブシルクネット」(280バーツ)。網の目状になっていて、泡立ちが抜群!さらにネットの両端には、手を入れる部分があり、背中や足の裏まで楽々手洗えます。水切れがよく乾きも早いので、衛生面もバッチリの優れものです。ちなみに筆者もすでに3年愛用していて、アジアン雑貨店「チムリム」の女性オーナーも「ずっと愛用しています」とのこと。日本へのお土産や友人への贈り物にも喜ばれます。6色の中からお好みのものを選び、お気に入りのアイテムの一つに加えてみてください。 そして、美白・美肌にも効果的な「ノニ石鹸」(大120バーツ)もリピーターが多い人気製品。ノニの実エキスはもちろん、ニキビや肌荒れを防ぐ「キトサン」、保湿効果がある「マリンコラーゲン」、泡立ちを良くする「パームオイル」、肌をなめらかにする「グリセリン」が含まれていて、日本人が製造管理している高品質の石鹸です。小さいサイズの...
パブ、バー

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。 この料金に含まれるものとして、 ①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。 ②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。 ③紙面に載せた記事と広告をホームページ1ページ分として作成します。 まだホームページがない、という店もこの1ページ分を宣伝に利用できます! ④店の詳細をホームページ1ページ分として作成...
タイ関連コラム

猫に噛まれて 狂犬病注射を体験

タイには犬や猫がそこらじゅうにいますが、噛まれたり、引っかかれたりした場合、どうすればいいのでしょう?インターネットで調べると傷口を石鹸で洗って消毒して、すぐに病院に行って注射を受けることとあります。 以前、帰宅途中に犬に噛まれたことがありますが、仕事が忙しい時期で犬に噛まれて2日後に病院に行きました。 「2日前に犬に噛まれました」と言うと、明るく優しい感じの女医さんに「飼い犬でしたか?野良犬でしたか?」と聞かれたので、正直に「野良犬です」と答えました。すると、鬼のような形相になり「なんで噛まれた日に来なかったの!」と怒られてしまいました。その日から狂犬病曝露後ワクチンという注射を5回に分けて打ってもらいましたが、その日以降の女医さんはとても明るく優しい先生でした。 そんな先生が声を荒げるほど、犬に噛まれて2日も経ってから病院に行くということは、危険なことなのだなぁと思い知らされました。 さて、あれから数年経ちましたが、先日編集部の同僚が「昨日猫にひっかかれちゃいました」と傷を見せてくるのです。あの時の先生のことを思い出したので、とにかくパスポ...
起業、会社設立、会計、経理

会社の領収書に納税番号の記載必要

タイ自由ランド事業部では、日本からの小規模な会社の毎月の会計業務を請け負っていますが、2015年1月から領収書について、相手先のタックス番号(TAX NO)も記載の必要があるため、注意が必要です。 これは、自社の売り上げで領収書を切る際、相手が会社の場合は会社名、住所を今までは書いていましたが、その上に相手先のタックス番号の表示が必要になりました。 この番号は、会社の納税番号であり、税務署では番号を打ち込めば会社名がわかるというものです。以前は、この番号が、会社設立の際の会社登記番号と別々になっていたのですが、2012年1月より会社登記番号=納税番号となり、統一されました。 例えば、ビッグCやロータスなどで会社の備品を購入して、正式な領収書をもらいたい時は、レジとは別の場所で領収書を発行してくれるので、そこに行き、自分の名刺を渡せばよかったのですが、今後はタックス番号も合わせて記載が必要なため、名刺にもタックス番号をのせておくのが手っ取り早いかも知れません。 もっとも、レストランなどでもらう領収書はABBという文字が入った簡易のものなので、社名、...
引越し

引越しのポイントは?手順を覚えて スムーズな引越しを!

  本帰国のシーズンがやってきました! 引越し予定のある人は、もう予約は済んだでしょうか?混み合うこの時期は、まずは、予約が最優先!まだの人は、余裕を持って準備しましょう。 さて、今回は日本への引っ越しの一般的な手順をフローチャートにまとめました。 海外引越しは日系の専門業者に頼むのが安心。しっかりサポートしてくれて、関税手続きなど分からないことにも丁寧に答えてくれます。 引越し当日も業者にお任せできますが、「貴重品を船便の箱に入れてしまった…」など、重大なミスがないように、予め、できることをしておくのがよいです。 荷物の仕分けと必要書類の準備は特にしっかりと! 手荷物、航空便、船便それぞれきちんと仕分けておけば、当日もスムーズです。 商船三井引越センター 「タイから日本へのお引っ越しは、小規模なものでも責任を持ってサービスを提供するのがモットー」というのが、「商船三井引越センター」。 同社の日本人担当者より、『今年は既にお引越しの繁忙期に突入しております。日本帰国のご予定御座いましたら、なるべくお早目にお...
店舗物件仲介

フードコートの家賃高すぎる!

清潔でオーダーしやすいと、日本人のあいだでも利用者の多いフードコートのひと皿ごはんについて、商務省は、店舗の借り主より、「家賃が高すぎる」との苦情も多く、ショッピングセンターなどの管理者を呼んで家賃を下げるよう、話し合いを持っている。 フードコートなどでは、クーポンで買うため、借り手には直接、現金が渡らないシステムで、売り上げの35%ほどが家賃に取られて、残りをあとで現金で支給されるシステムだ。 売り上げの35%は大きいが、あるところでは38%のところもあり、「売っても売っても利益にならない」と借り主の苦情が上がっている。 商務省の提案でいったんは家賃を下げても、結局は元に戻るか、あるいはそれ以上の家賃になってしまい、いたちごっこが続いている状態だ。 家賃で取られると、その分、販売価格が上がるのが通常だから、ひと皿30バーツが40バーツへ、あるいは50バーツへと上がっていくことになる。 中には日本人がオーナーでタイ人を使ってフードコートに店を出している人もいるが、例えば、ラーメン50バーツで1日、100食を売ったとして、1日5000バ...
タイのニュース

無許可営業のホテルは5千件以上

インターネットから申し込みができるため、タイのバンコクでも駅に近いホテルが好まれ、小規模なホテルも次々に出来ている状態だ。 最近は街中にカプセル風のドミトリーなどもあらわれ、agodaを見ると、ペッブリー通りのソイ15にホステルの名前で2000円ほどで泊まれるところもある。 しかし、タイホテル協会などによると、タイ全国で許可なし営業をしているホテルは5000以上あるとしており、現在、ホテル業として登録しているホテルはタイ全国で7364ホテル。しかし、agodaのウェブサイトを見ると、そこに載せているホテルは9299ホテルあったという。さらにそのほかを加え、5000以上という数字だという。 そのため、先月、内閣の承認を得て、今後3ヵ月のちにはホテル業取得が厳格化され、7月までの猶予で違法ホテルの許可取得を促し、その50~70%は合法になると見積もられている。 現在、タイは周辺諸国よりも安いホテル代で泊まれ、これは許可なしホテルがディスカウントをして安い料金で客を呼び込んでいるためだという。 許可のあるホテルは、非常階段や客室などの規制に...
催し、イベント

ヤワラートで中国正月

昨年はバンコク都内の主要な交差点が占拠されたり、デモ隊による行進などで影を潜めた感があった中国の旧正月(春節)ですが、今年は盛大に行われることでしょう。2月19日(木)が中国正月にあたり、大晦日にあたる18日の夜からチャイナタウンで『タイランド・チャイナタウン・フェスティバル』が開催されます。 バンコクのヤワラート通りでは中国の旧正月を祝って、龍や獅子の舞い、鳴り響く爆竹や多くの屋台が出店されるので、いつも以上に活気があふれます。地下鉄工事や通行止めの影響で周辺道路が混雑するので、遊びに行かれる方は地下鉄ホワランポーン駅から歩くのがいいかもしれません。 数多くの「金行」をはじめ、豊富な食材を活かした中華料理レストランや乾物店が軒を連ねるチャイナタウンのメインストリート、ヤワラート通り。タイランド・チャイナタウン・フェスティバルは、そのヤワラート通りを舞台に中国の旧正月を祝って開催される春節祭です。数千個の赤い提灯が飾られた通りでは、書や占い、京劇など中国文化が紹介され、また中華料理を供する屋台が並んで、いつも以上の活気があふれます。期間中は全国各地から...
ロングステイ

ビザの困りごとならアジアビザツアーへ

ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」。タイで住む上で必要な、衣・食・住・法・ビザ。ビザのことならお任せください。ビザに関することなら何でもあり、当社一社ですべてのことが済んでしまいます。これは非常に便利なことです。不便なことを強いられる外国暮らし、日本人の皆様に少しでも便利・快適なことを増やして参りました。 ①イミグレーションが厳しくなっていますが、ゆるくなるのは組閣で安定した2ヵ月後でしょうか。軍政府が民主政府に引き継ぐ秋ごろでしょうか。当社には、法人様が簡単なことは自社でされますので、難しい案件しかきません。そのため難しい案件が得意なので、イミグレが厳しくても慣れています。困ったことはどんどんご質問くださいませ。 ②様々な補助的代理サービスがあります。ノービザ30日延長・観光ビザ30日延長・リタイアメント・90日リポート(250B)・リエントリー本人が行かなくても取れます。アジアビザツアーにパスポートを持ってきていただければイミグレーションにいかなくても大丈夫です。わざわざイミグレーションに行って時間を浪費する必要はありません ③...
起業、会社設立、会計、経理

小規模でタイで起業する人に痛手?

円安が進みタイで起業する日本人も予算が目減りして、二の足を踏む人もいるかも知れない。最初はできるだけ小規模で、と考えている人なら、場所としてオフィス兼住まいを考えるのも当然のことだろう。そこで考えられるのは分譲のコンドミニアムだ。 最近は駅周辺に次から次へと新規に建てられているコンドミニアムだが、それぞれ部屋ごとに持ち主がいるため、そこを借りてその場所のタビアンバーン(住民票)さえもらえれば会社登記ができる。 あるいは自分で買ったりタイ人妻の名義で買ってしまえば、文句なく会社登記ができる。 しかし、その表現も「今までは」ということになりそうだ。ここ1~2ヵ月の間、タイ自由ランドの事業部で会社登記を行った際、税務登記の段階で、税務署が登記を拒否したのだ。理由は「管理事務所の承諾を取らなくてはいけない」というもの。 自分で買った部屋をどう使おうと、管理事務所とは関係ないはず。会社登記の承諾など、管理事務所が出してくれるはずもない。ただ受け請われて、コンドミニアムの管理をしているだけだ。 税務署では過去に苦い経験があったようだ。税務登記を許可して...
日本料理店

タイローカルで日本食!基準に達していない?店多い

タイでの日本食人気は相変わらず高く、以前は日本人客がほとんどだった店などでも中間層~富裕層を中心としたタイ人客の割合が増え、本物志向の人達が増えています。 しかし、そんなタイ人は全体のごくごく一部の限られた人です。もっと一般的な暮らしをするタイ人にとっては日本食の標準はどれくらいなのでしょうか? そこで今回は郊外のショッピングモールに出向き、日本食を食べ歩いてみることにしました。 やってきたのは、シーナカリンの巨大ショッピングモール「シーコンスクエアー」。モールのすぐ裏手には、トレンドなナイトマーケット「タラートロットファイ」があり、さらに、すぐ近くの通り沿いには「HaHaプラザ」「パラダイスパーク」といったショッピングモールもオープンしており、タイ人若者や、家族連れも多く訪れるエリアです。 郊外でも日本食人気の高さは同様で、出店の8割近くが日本食店です。しかし、都心のモールとはまた違う、ローカルな雰囲気も漂っており、あまり見かけないマイナーなお店も入っています。 グリーンティーで有名なオイシブランドのお店もいろいろ入っており、タイ人...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

小林ミシュラン 5つ星への道」、第23回は賃貸サービスアパート「フレーザー スイーツ スクムビット」

スクムビットソイ11にある32階建て高級高層サービスアパート(☆☆☆) バンコクで不動産仲介30年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第23回は「フレーザー スイーツ スクムビット」を紹介いたします。 BTSナナ駅の改札口を出て、スクムビット通りソイ11を600mほど入り丁字路を左折した通りを北に上がった右手に2007年築32階建ての高層サービスアパートのフレーザー スイーツ スクムビットの威容が目に入ってきます。フレーザーは世界各地でホテル&サービスアパート事業を展開しているグローバル企業で、バンコクでは当物件を営業しています。 高級感あふれるロビーを入り、レセプションでキーカード認証付のキーを預かると、エレベーターに乗り目的階に向かいました。今回見学したのは、高層階の西向き1ベッドルーム73平米のお部屋。玄関を入ると大きなワンルームになっており、手前右側に...
シラチャの生活情報

ヨシダ不動産のコンドミニアム販売物件「シーヒルコンドミニアム」

バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。 シーヒルコンドミニアムは、シラチャ中心部のロビンソンデパートからパタヤ方面へ車で約5分のスクムビット通り沿いに立地しています。いすゞ自動車ショールームの正面です。レムチャバン深海港まで10分、パタヤまで30分など立地の良さも魅力的です。 建物は20階建てA棟と、23階建てのB棟、C棟の3棟建てとなっており、総邸数は1145室で、完成は2016年末を予定しています。そのうちA、C棟がコンドミニアムでB棟をサービスアパートとして計画しています。間取りは1ベッドルームは35~50平米、2ベッドルームが60 ~70平米です。平米単価は4万5千バーツから6万6千バーツくらいで、これは時期によって変化していきます。昨今1ベッドルームの価格が軒並み300万バーツを越えているシラチャですが、その中で最安値が220万バーツの物件です。これはなぜかというと、デベロッパーが家族経営で、余分な経費を抑えているからだと思われます。人件費は少なく、また...
パタヤの生活情報

かなり退屈だったティファニーショー

「ティファニーショー」というのをご存知でしょうか。いわゆるタイ人のニューハーフのショーですが、バンコクにも何ヵ所か見られるところはあるのですが、今回はパタヤで初めてこのショーを見ることにしました。前売りのチケットを買う方が、当日の窓口で買うよりも安い、と聞いていたので、日系の旅行社に行って買い求めました。VIPの1200バーツが750バーツで。タイ人も行くので、「タイ人価格はもっと安い?」と聞いたものの、あいまいだったので、合わせてタイ人もその価格で買いました。 当日、1日3度のショーがあるのですが、午後7時半に予約を取っていて窓口に行くと、タイ人はそこで買えば650バーツでした。 中国人がツアーバスでやって来ていて、観客の70~80%は中国人でしょうか。館内はコンパクトな映画館のようで、趣向を凝らした出しものだったのですが、さすが1時間以上見ると飽きるというか、いまいち、インパクトがなかったです。中国人に合わせたショーだったからでしょうか。衣装も歌も、何となく中国風。舞台セットも何となく古めかしいんですね。最新のハリウッド映画を見ているものには、かな...
タイ関連情報

カジノのポイペトが様変わり

タイの国境で、カジノで有名なポイペトが工業地区として取って変わる? カンボジアの地元紙などによると現在、ポイペトでは工業地区として多くの事業者が投資に向けて動いており、すでに日本とカンボジアのジョイント、サンコー・ポイペトでは519ライの経済特区の中で1000人のカンボジア人を雇用し、ハードディスクなどの工場を運営している。そのほか、トヨタ通商など3社が工場をつくる動きを見せており、タイの国境まで5㌔の距離という。 また、タイの国境、40㌔の地点では輸出のための経済特区として2400ライがあり、食品加工、工業などタイの事業者が投資している。 サンコー・ポイペトの519ライでは、工場が416ライで、従業員の住居などが103ライあり、多くの雇用を生み出しており、機械や建設関連の輸入は無税となっており、カンボジア政府の後押しを得ている。 一方、カジノについては1ヵ月に24000人がやって来ているが、ほとんどがタイ人で、将来的に見込める経済特区へとポイペトは変ぼうしていくことが予想される。 2015年1月20日 タイ自由ランド掲載
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の賃貸サービスアパートのお宅拝見第56回 高橋様 Chonchaya

スクムビット通りソイ51にあるチョンチャヤは、2010年築7階建て総室数48室のサービスアパートです。このアパートはBTSトンロー駅まで徒歩圏内にあり、また隣のソイ49にはフジスーパー4号店やサミティベート病院など、暮らしに役立つ施設が多数存在する便利な立地にあります。今回はこのチョンチャヤにお住まいの高橋様のお宅を拝見しました。 半年後に来る家族のためにアパート探し タイは初めての赴任です。半年後に妻と子供(現在、生後2ヶ月)が引っ越してくるので、夫婦向けサービスアパートへの引越しを検討していました。ヨシダ不動産に連絡していくつか物件を紹介してもらい見学したのですが、ソイ51のチョンチャヤが気に入ったので住むことに決めました。決め手となったポイントは、サミティベート病院に近いということ。言葉の不自由な外国に住んでいるので、日本語通訳付きの病院が近くにあるのは助かります。特に赤ちゃんがいるので、突然の病気などに対応してもらえるのは心強いです。 築浅でシンプルなレイアウトの部屋と周辺環境 部屋は1ベッドルーム70平米なのですが、間取りはシンプルながらゆったりと...
タイ料理店

「プーパッポンカリー」食べ比べ

最近行ったタイ料理店の話である。 1つ目はオンヌット通りに入り、車で7分ほど行った右手にある「クン・パオ・オンヌット」。文字通り、オンヌットのえび焼き屋さん。オープンエアで、ゆる~い時間が流れていて、居心地がよい。イケスもあってシーフードが売りだ。 ここで「プーパッポンカリー」をオーダーしてみた。知る人ぞ知る「かにの玉子とじ、カレー風炒め」である。味には無頓着風な雰囲気のある店だったので、ほとんど期待していなかったのだが、これが意外とおいしい。「なかなかイケる」のである。 その後、何日かたって、ひさしぶりにランナム通りに出向くことがあったので、「クアン・シーフード」に立ち寄ってみた。このあたりでは有名なシーフードレストランである。 以前、クン・パオ・オンヌットで食べていた味がまだ頭に残っていたので、こちらでも「プーパッポンカリー」をオーダーしてみた。 やってきた一品は結構、豪勢で300~400バーツの値段相応のものである。ひと口食べてみると、「あれ?クン・パオとそう変わらないなあ」という感じで、両者ともおいしい。 もう少し、この...
賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダ不動産の賃貸オフィスビル探訪録第12回:スリウォンエリアのオフィス

スリウォン通りはバンコク中央部のシーロムエリアに位置し、シーロム通りの北側200メートルをほぼ並行して東西に伸びる通りです。BTSサラデーン駅やチョンノンシー駅から徒歩圏で、周辺はバンコクを代表するビジネスエリアの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。このエリアは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。また、サラデーン駅近くのシーロム通りとスリウォン通りを結ぶソイには、タニヤ通りやパッポン通りなど、タイ有数の飲食店街があり、夜間はいつも変わらぬ賑わいを見せています。 さて、このスリウォン通りのパッポン・ソイ1の入口右側に建っているのが、1997年竣工の5階建てのオフィスビル、キット・パニット・ビルディングです。ビルの1階はスリウォン通り側に面したアユ...
タイ関連コラム

移りゆくタイ

今年のタイはどのように変わっていくのだろう。 軍事政権が続き、今年に選挙が行われるといわれるが、このままで行けば来年にずれ込む可能性もある。 果てしなく、終わりのない闘いを終結し、庶民に安定した生活を確保してくれた点で、今の政権に感謝しなくてはいけない。しかし、対外的には「民主的でない」と批判されるかも知れない。 つかの間の安定した政権のもと、経済は低迷しているといわれるが、一方で、インフレは進み、街中の消費財なども値上げされ、ひと皿ごはんも25バーツから30、35、40バーツへと上がっており、先月、タクシー代も上がり、それらに伴って人件費も急速に上がっている。 企業などでの採用も、経理士や技術者などは不足しており、来てもらうためには給料を上げざるを得ない。人手不足は深刻だ。1年前、2万バーツでよかった経理士は25000バーツと上がっている。 物価高、人件費高、不安定な政局など、タイでの投資のメリットが薄れるなか、周辺の国へと移っていく企業なども多いだろう。ベトナムやインドネシア、ミャンマー、インドなどである。 それでも、東南ア...
起業、会社設立、会計、経理

毎年の赤字決算はダメ?

タイで事業を行っている日本人の会社について、税務署の税金の取り立てが厳しくなっています。 日本の会社に限ってはいませんが、外国人の場合はいろいろ指摘されやすいことが多いため、取り立てやすいというのはあります。 重要なことは、毎年、毎年、赤字決算をしていて、資本金を上回りマイナスになっている場合、いつか査察が入り、2~3年前からさかのぼって、莫大な法人税を取られるケースもあるということを、気をつけておくことです。 現状、タイの法人税は抜け穴があり、適当に経費を出していても、そこは指摘されず、いくらでも赤字決算ができます。それに調子に乗っていると最後にツケを払わされるということです。 ここで重要なのは税務署がいったい何を基準に税金の取り立てをしているのかということです。 例えば飲食店の場合、「年間で10%の利益は出ている」というのが税務署の考え方です。毎年、赤字になっていれば、わざわざタイで事業をやっている意味はない、というのが税務署の言い分です。 10%の利益に対して法人税は、日本人が3人以上働いているところなら、約20%。例...
タイ関連情報

在タイ日本人にとって開かれた大使館でありたい

タイ自由ランドの読者の皆さん、こんにちは。駐タイ日本国大使の佐藤です。この地に在住している日本人の一人としてこの場をお借りしてご挨拶できますことを大変嬉しく思います。 今年1年は皆さんにとってどのような年でしたでしょうか。私同様、タイで生活をされている皆さんはご存じのとおり、今年は5月にクーデターが発生しました。大きな社会混乱は生じなかったものの、日タイ両政府間のハイレベルによる交流が実施できない状況が数カ月続き、私にも多くの日タイの友人から日本政府は軍政とどう付き合っていくのか、不安の声が寄せられました。私に寄せられた不安の声は、長い両国友好関係の証左であり、政治、経済、文化等のあらゆる分野において、緊密かつ成熟した日タイ関係を更に発展させていくためには、関係発展の最前線に立つ大使館の役割がこれまでにも増して重要になっていることを改めて認識しました。 8月末の新政権発足後、10月の城内外務副大臣のタイ訪問を皮切りに、イタリアで行われた国際会議の際には、安倍総理がプラユット首相と新政権発足後初の首脳会談を行うなど、意思疎通の強化を図ってきました。私もタ...
日本料理店

しゃぶしでうなぎにぎりが食べ放題

本紙で連載中のナカさんが「しゃぶしはいいよ」というので詳しく聞いてみると、うなぎにぎりが食べ放題という。そして、しゃぶしゃぶのスープでカレー味があり、それもまずまず。値段は1人300バーツちょっと。エカマイ駅前のゲートウェイで開いているというので、平日の夜に向かってみました。 「Shabushi」といえば、グリーンティーなどのオイシが経営していて、休日などにモールなどで見るといつもタイ人が行列をしていて、「タイ人向けにアレンジされた日本料理」という認識で、一度も行ったことがありませんでした。 ゲートウェイの平日なら、それほど人は入っていないだろうともくろみ、行ってみると、階数を少し迷いました。日本料理店が集まっている階のさらに下の階。かき氷のえびす庵が入っている階ですね。「おおきに」が開店準備中で、その近くに「Shabushi」がありました。 案の定、人は並んでおらず、ス~と入ってみると、入り口の近くのカウンター席に座り、目の前には回転寿司のようにお皿にのった、しゃぶしゃぶの素材が回っており、それを自分の目の前に用意されたひとりスープに入れて食べ...
賃貸オフィス、工場レンタル

バンコクのオフィス賃貸ビル探訪録シリーズ、11回目は「ウエイブプレイス」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、11回目は、BTSプルンチット駅前にある「ウエイブプレイス」 をご紹介します。 プルンチット駅からチットロム駅にかけての一帯は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、大使館、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、学校などが建ち並び、一帯は巨大な商業文教エリアとなっています。 また、プルンチット駅周辺は、数年前より大規模な再開発プロジェクトが複数進行しています。(1)駅前でホテルオークラを含む複合コンプレックスビル「パークベンチャーズ」(2012年完成)。(2)英国大使館跡地に複合不動産プロジェクト「セントラル・エンバシー」(2014年完成)。(3)駅前に建設中の地上50階建て、45階建て、14階建ての3棟で構成される高層大型コンドミニアムの「ノーブルプルンチット」(2017年完成予定)等々…。そんなプルンチット駅から徒歩1分、ワイヤレス通りに面した側に立地する1996年竣工21階建ての高層オフィスタワーがウェイブ・プレイスです。 ウェイブ...
ヨシダ不動産

「ヨシダ不動産」のコンドミニアム販売、マリーナベイフロント シラチャコンドミニアム

バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。 シラチャ日本人居住区の海沿いに立地します。32階建て全273部屋ですが、活発なセールスをあげ、短期間のうちに残戸数、数邸となっております。モデルハウスも完成していない状況にもかかわらずです。驚きの人気です。 (特徴) ・日本人居住区。 ・海沿いでプライベートビーチの設置も検討中。 ・売主であるRCK プロパティーは、不動産開発、観光バス路線バス運行、トレーラーの製作まで手がける大手です。 ・建築主はタイ大手ゼネコンのイタルタイ。 ・敷地内にホテルが共同開発され、ACCOR社ノボテルが経営を担う。 ・ショッピングモール併設、現在日系店舗誘致中。 以前よりシラチャ、パタヤにおいては海沿い物件が少ないのですが、これは正真正銘の数少ない海沿いの物件です。さらに、有名ホテルのノボテルとの共同でプライベートビーチ開発が決定すれば、ビーチのないシラチャでは特別な存在となるでしょう。 かなり早い段階での好況な売れ行きで...
中国料理店

故郷の中国料理をバンコクで!

バンコクには手ごろな値段で食べられる美味しい中華料理店がたくさんありますが、日本人率も非常に高く、場合によっては中国人よりも日本人のお客の方が多いのでは?というお店もたくさんあります。 バンコク在住の中国人Tさんによるとバンコクにある日本人率の高いお店などは、日本人に人気のメニューを、辛さなどを抑えて提供しているところが多く、地方色はそれほど強く出ていないといいます。 Tさんは広東出身ですが、意外にも辛いものが苦手だそうです。広東は中国の中でも料理に唐辛子をあまり使わない珍しい地域で、そのなかでも家庭料理は肉や野菜を砂糖、醤油、塩、にんにく、しょうがを使って炒めた素朴なものが多いといいます。 日本人と感覚が似ていて、肉を食べすぎたというときは野菜中心の炒め物にしたりと、肉と野菜のバランスをよく考えているそうです。 バンコクの人気の中華店といっても、自分の故郷の味とは違うために、行きつけのお店は少なく、おそらく日本人の方が詳しいだろうといいます。また、ヤワラートのお店もあまり口に合わない。 そんなTさんが唯一よく行くお店というのが、...
日本料理店

ソイ26のKビレッジと日本街は依然、日本料理店の割合高い

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。   来年3月でオープン5周年を迎える「Kヴィレッジ」は、洗練されたショッピング・モールで、欧米人やハイソなタイ人客が多いですが、オープン時より日系の飲食店が増えており、日本食人気の根強さを感じます。 1階でひときわ目を引くのは沖縄発の居酒屋「目利きの銀次 バンコク本舗」。白木を使った迫力のある外装、内装は、オープンから2年経った今もインパクトがあります。隣にワインバーのワインコネクションがあり、この2店の周辺は夜間、特に週末は大変賑やかです。1階には新しい寿司屋「億」が準備中です。 2階には飲食店が全部で15店舗ありますが、約半分の7店舗が日本食店舗で、ヴィラ・スーパーで買い物をするタイ人高所得層が、よく利用しています。 カレーライスのココ壱番屋や大戸屋、長崎ちゃんぽんのリンガーハットなど日本でも良く知られたチェーン店から、ダイソーや日系の整骨院もあるので、1階より日本色が強いです。 リンガーハットは、今のところタイではKヴィレッジの店舗のみなので、わざわざ食べに来る日本人もいます。 吹き抜けスペースでは、月末にオーガニック・フ...
浄水器のレンタル、販売

店主物語り⑪ 「タイでの浄水器事業」で10年

大学は医学部だったが、父親が希望したもので、旭 (アキラ) が本当 にやりたいことで はなかった。しかし、日本で韓国大使館の大使を務めた父親にはさからえない。あいだ 軍隊に3年行ったのち、復学したが、 どうしても医者にさせたい父親から逃れる意味あいもあり、ロンドンに留学した。居心地のよいロンドンでそのまま、仕事に就こうと思っていた矢先、3歳の時に連れ戻された。兄の死というのもあり、帰らざるを得ない状況でもあった。戻ってくるとやはり「医者になれ!」と。 からだは大きく、ガッシ リした体格だが、小さいころから気持はやさしい子どもだった。虫1つでも殺すのはイヤ。小学生の時、カエルの解剖がある日はイヤで、あらかじめ知っていたその日に学校を休むという 少年だった。そんな子どもが、外科の先生になろうとしている。小学3年から6年の時に日本に行き、その時、父親が韓国大使を務めていた。ミッション系の学校に行ったが、日本語は読み書きもできるようになり再び、高校1年〜3年の時も、独立して事業を行っていた 父親とともに、大阪で過ごした。流陽に話す日本語は学生のころに身につけたものだ。さて、ロンドン...
タイ関連コラム

カゴメはタイでも「トマトジュース」

「自然を、おいしく、楽しく。」のキャッチフレーズでお馴染みのカゴメ。日本ではケチャップやソースといったトマトの商品、また、野菜ジュースでも有名なカゴメですが、ここタイでオリジナルの商品を販売しているのをご存じでしょうか。 例えば、コンビニの栄養ドリンクのコーナーに並ぶ「トマトエッセンス」。小瓶に入っている飲みきりタイプのもので、これ1本で生トマト約5個分の成分が摂取できるというもの。また、トマトと果汁を組み合わせたペットボトル飲料なども販売しており、BTSやテレビでは有名タレントを使ってのコマーシャルが流れています。 このように、タイでは「美容・健康」というイメージが定着していますが、今回は、そんなカゴメのタイでの取り組みについて、タイ法人代表の山本一成さんに話を聞くことができました。 多くの大手日系企業がタイに進出してくるなか、意外にもカゴメはタイ法人を設立してから、まだ2年目で、東南アジアではタイが初の進出国です。 冒頭で紹介したタイオリジナルの「トマトエッセンス」は、タイでの第一弾目の商品で、昨年度の売り上げは約100万本。 有名な...
スパ、エステ

店主物語り ⑩ 日本で養ったサービスの心を「スパ、エステ」に

タイ人の友だちの紹介で、日本人と知り合い、のち結婚。チャリン・ムラタという名前になって、茨城の水戸市に移り住んだ。だんなは建築の設計などの仕事をし、その両親とも同居。チャリンは奥さんとして、炊事、洗濯、買い物などを習い、日々、こなすようになった。 日々の生活の中でことばも少しずつ覚え、水戸産の納豆も食べられるようになった。日本料理もお母さんから教わり、休日に行く温泉旅行なども楽しく、年に2回は実家のバンコクに戻る生活で、不自由なく暮らしていた。 うまくいっていた夫婦生活だが、何年たっても子どもができない。孫を期待しているだんなの両親も、いまか、いまかと待っていたが一向にその日は訪れず、日本での生活も10年を越えていた。 やはり、どうしても子どもが欲しい両親やだんなと話し合いを持ち、「それなら別れて、新しい奥さんをもらうほうがよい」と夫婦生活14年目に決心し、1人でバンコクに戻ってきた。 だんなの稼ぎという後ろ盾がある状態から、一人で生きていかなくてはならない状態になり、幸い、14年間の日本で養った日本語で、日本人の通訳の仕事などを得、自分で稼ぐ生活が始...
理容室、ヘアサロン

店主物語り ⑨ シンガポールのホテル内に「ミナト理容室」 、ハサミ1つで生きてきて45年

小さいときからからだが弱かった平野は、人をきれいにしたい、という気持ちを持つ純粋な少年だった。そんな少年が成長し、理容系の学校を出て、25歳で、帝国ホテルの中にある「及川」という理髪店に就職する。他にも高級ホテルにテナントとして入っている店で、帝国ホテルではずらりと並んだ台は15台。さらに個室も完備していた。 男性専用だが、1970年当時で何と12000円の散髪料だった。そのため、客は実業家や有名人、代議士の先生、そして宿泊する外国人客など。 見習いをすぎ、すでに30を越えた平野は、外国人をまかされることも多くなり、自然に英語も身に付けていった。たびたび個室でのカットもまかされるようになり、主任にのぼりつめていった。 当時の有名人では、一番、思い出に残るのは三橋美智也さん、そして渥美清さん。さらに森繁久彌さんなど。森繁さんはひげの扱いもうるさかった。ていねいにパーマをかけるのが常だった。 それから平野は結婚し、早く独立したいと思うようになっていた。それでまず、お金を貯めること。これに全力を注いだ。 1000万円は貯めたいと思っていたので、床屋の仕事だ...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

店主物語り ⑧ タ イから日本へ帰国して3ヵ月で決断、日本からの「第4の進出ブーム」が来る

1989年、タイの立ち上げの責任者として赴任した山口は、商社とのプロジェクトで、さっそく不動産開発を手がけた。バンカディ工業団地の前にある100ライの土地で、高層ビルや一戸建てを開発するもの。それと同時に山口自らが企画から練り上げたルアムルディーのサービスアパートの開発、ランシットの100ライに及ぶ土地分譲。 その当時は日本でバブルのころだったが、タイに進出して不動産開発をしている企業はまれで、ノウハウがない中、自分が先陣を切って駆け回らなくてはいけなかった。日本から連れて来た部下の井内とともに奔走していた。 建築許可もなかなか出ない。自分が直接、役所に説明をしたいが、ことばの問題もあり、スタッフを行かせるが一向に許可がおりない。自分も乗り込んでみたがそれでもダメ。都知事に会いに行くと「ワイロなどは絶対に出さないで下さい」と言われ、出したくないのはやまやまだから、出さないでいると、やはり一向に許可がおりない。 それでも3年半の任期の間で、プロジェクトは順調に進み、後任に引き継いで帰国した。 タイでは自分の指揮のもと、自分の判断でやりくりしていたが帰国して...
日本料理店

店主物語り ⑦日本村で断トツの超人気店。もう一度、日の当たるところにでなくては

バンコクでの日本料理店「あげ半」の立ち上げで、香港に1年半ほど勤めていた金沢が香港から派遣される。しかし、総支配人とうまく行かず半年で辞め、その後、タイにしばらく滞在し、遊びふけっていた。そのあと今のタイ人の奥さんと知り合い、「タイで店でもやるか」と気持ちが入り、日本からお金も持ってきて、物件を探し始めた。そんな時、日本村の桜井と出会い、そこにテナントを借りることにし、まとまったお金を稼ぐため、地元の北海道にタイ人の妻も連れて、なじみのトマム・リゾートホテルの調理人として短期で働くことに。もちろん、妻は皿洗いだったが2人で1ヵ月、70万円は稼いだだろうか。住み込みのため、3ヵ月でかなりの金額になった。 そして、タイに戻り、日本村に入居する店舗の仕上げ。ちょうど、通貨危機のまっただなかだっただろうか。かなりの不安はあった。 店名については、もうかるという意味も含め「蔵」をつけた名前にしたいと思っていた。トマムで働いた時の知り合いが「会津の方に蔵太鼓という地酒がある」といわれ、「これだ!」とピンときた。 東京・赤羽の割烹から始まった自分の調理人生だが、ここで初め...
タイでロングステイ

店主物語り ⑥教員の道ではなく、タイに行くというのも・・・

そのタイ人、スパチャイと出会ったのは、留学しているタイ人のグループが集まる場であった。東京学芸大に入って1年の秋ごろ、高校からの友人が誘ってくれたのだ。 それから、明大に通うスパチャイと日本語を教えたり、あるいはタイ語を教えてもらったりと、付き合いが始まる。そしてタイへの興味も徐々にわいてきた。 川満は、将来は教員になる、というしっかりした目標があり、アルバイトでも小学生の家庭教師などもしていた。しかし、スパチャイは、アルバイトもせず、仕送りだけで暮らしているようだった。中国系の顔立ちで「この人の家はきっと裕福なんだろうなあ」と思っていた。 大学2年の時、早くも求婚されたが、それぞれ家に帰って相談すると、どちらの両親も猛反対した。スパチャイの母は「長男には同じ中国系に」という譲れない線があった。一方、川満の両親は「そんな、南方の象が歩いている、よくわからないところに娘を行かすわけにはいかない」との理由だった。 それからお互い、両親を説得させるべく、徐々にひもをとくようにお互いの説明から始めた。スパチャイの親戚なども日本にやって来て、両親とも...
ダイエット、おけいこ

店主物語り ⑤「これで自分の空手人生も終わってしまうのか」 「このままバンコクでやり続けよう」

日大芸術学部を卒業して、先輩の紹介で国会議員の秘書になった信包(のぶかね)。20代前半から永田町に通う日々。都合、2人の議員の秘書を7年務めた。しかし、その後、自分で議員になろう、というつもりはなく、学校関係者の紹介で当時、もてはやされていた、テレビ制作会社に入る。主にゴルフ中継などを取り扱っていた会社で、ちょうど、吉本興業が女子プロレスを立ち上げる、というプロジェクトにも参加し、その部門に5年いた。   もともと、高校から空手をやり出し、大学でも剛柔流空手部に所属、卒業してからも仕事を続けながら、大学の朝連に顔を出したり、地域の区の強化コーチとして、土、日曜日も飛び回っていた。 テレビ制作会社に入る面接の時も「目標は、空手道場をつくりたい」といっていたくらいだ。 その制作会社で8年ほどたち、スポーツ番組のESPNに所属となり、NBAのバスケット中継など、昼夜逆転の生活を強いられることになった。家に帰るのは服を着替えるくらい。会社に泊まることも多くなり、昼間に行動できない。徐々に空手とも疎遠になり「仕事のためならしょうがないのかなあ。これで自分の空手人生も終わってし...
中国料理店

店主物語り ④宋(ソン)淑萍。中国山東省からタイにやってきたのは1996年、34歳の時

宋(ソン)淑萍。中国山東省からタイにやってきたのは1996年、34歳の時だ。夫の友だちが、中国から商品を持って来て、タイで販売していた事業を手伝う。しかし、ちょうど、通貨危機のあおりで、次の年には事業がうまくいかなくなる。夫は何とか、中国系の証券会社に勤めることができた。ソンは中国で経理の仕事の経験があったが、ことばの問題もあり、タイではその経験を生かせない。家で主婦業をする毎日だった。 夫は同時に貿易業も始め、徐々に貯金がたまり、「小さな山東の家庭料理の店を開こう」と、2人で場所を探した。そして見つけたのは、今のラマ4世のロータスの裏。民宿・日出のとなりの一区画の商業スペースだった。そこを安くで借り、内装もほどほどに「老山東」を開いた。2000年の時だ。「うまくいかなければ、中国に戻ってもいいよね」と、ソンは夫に話していた。 当初は、タイで発行されていた中国の新聞に広告を載せ、中国人が客としてやって来た。何とか家賃と人件費を払える状態だったが、なかなか客は増えなかった。10カ月ほどたって、気功の先生が紹介した日本人向けの「タイ自由ランド」に広告...
弁護士、裁判、法律

店主物語り ③「帝国リサーチ」と看板をあげ、日本人向けのリサーチ、トラブル解決等

会社をシーロムのITFに起こしたのは15年前。若干21歳の時だ。「帝国リサーチ」と看板をあげ、日本人向けのリサーチ、トラブル解決等。結婚した日本人男性が支えてくれた。 学校を卒業してすぐのウルサは、活発で頭がきれた。当時はインターネットも発達していないため、タイでの日本人のトラブル等は言ってみればグレーゾーン。表には出ない仕事だから、なかにはあの会社は「あやしい」などと噂をたてられることもあった。 それでも精力的、行動的に動く彼女の姿に、トラブル等の事案は常に舞い込んできた。タイに進出した日本の大手企業が「ニセの商品を作られ、出回っているようで、その真偽を確かめてもらいたい」。また、こちらも日本の大手企業が「社内でタイ人従業員が商品を独自に売りさばいているようだが調査してほしい」。 今のように情報がなかなか一般に浸透しづらい時期で、こういうトラブルをたのむところも少なかった。行動派のウルサは、情熱的でもあり、困っている日本人の側に立って、裁判所に行き、入国管理局に行き、日本大使館に行き、タイの警察署にも行った。臆することなく行動するウルサは、こういったトラ...
ペット、子犬

店主物語り ②「わんわんらんど」は犬のペットショップ

  バンコクでは日本人を顧客とする日本人店主も今回の赤服の件で大打撃を受け、一時帰っていった日本人などが早くタイに戻ってくることを期待しています。本紙では広告を掲載している店主を盛り上げて、元気を取り戻してもらえるよう、ストーリー仕立ての店主物語を展開しております。今回はその第2回目。 ◆ ◆ ◆ BTSのアソーク駅から歩いて5分ほど。脇道を入って並ぶタウンハウスの1つが今門の仕事場だ。「キャン、キャン」と甲高い犬の鳴き声が聞こえ、これは相当、となりに迷惑だろうと思う。この7月で、丸5年になる「わんわんらんど」は犬のペットショップ。タイ人スタッフはいるが、今門がひとりで切りまわしている店だ。 神戸で公務員をやっていた今門は、しばられないで自由に生きていきたいと20代後半でタイに移り住む。タイ語学校にしばらく通って、日系の会社に就職。そのころから犬を飼っていて、トリミングやペットホテルで店を利用していた。しかし、ある時、ダニがついて帰ってきたこともあり、日本人経営のペットショップというのはどうだろう、と考えるようになった。そして会社設立の準備を始め、同時に...
スーツの仕立て

店主物語り ①タイに住む日本人を相手に12年間も、仕立てのK2テイラーを守り続けているアビド

今回、タイ国を大きくゆるがした事件で、大打撃を受けたのは個人店主たち。日本人を顧客とする店主も同じく大打撃を受けた。本紙では広告を掲載している店主たちを盛り上げて、元気を出してもらえるよう、ストーリー仕立ての店主物語りを展開する。今回はその第1回目。 ◆ ◆ ◆ その店はBTSアソーク駅から、連絡通路を通って入ったタイムズ・スクエアの中にある。こじんまりした店で店主とスタッフ1~2人が常駐する、ほんとにささやかな店である。所狭しと生地が並び、ピカピカのスーツが立てかけてある。日本人向けにスーツを仕立てる「K2テイラー」だ。 そこの店主はアビド。顔を見るとやはり、インド系。出身はパキスタン。しかし、その彼から出てくる言葉は何と日本語。結構、流暢に日本語を操る。タイに住む日本人を相手に12年間も、K2テイラーを守り続けているアビド。なぜ、タイでテイラーを営み、日本語を話すのか。 日本に渡ったのは24歳の時。浦安のベイヒルトンにインド・パキスタン料理のコックとして招かれた。その後、恵比寿、代官山でも働く。その勇姿はたびたび新聞や雑誌などでも取り上げられる...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。この界隈は、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。日本で言えば、東京の丸の内オフィス街と同じようなイメージでしょうか。丸の内は日本を代表する企業の本社が建ち並び、その一角が有楽町・銀座界隈と繋がっていて繁華街を形成しているところなど、このシーロムエリアと似ている部分もあります。以前タイ人から聞いたのですが、「シーロムとスクムビット、どちらの会社に勤めたいか」とタイ人に訊ねると、「シーロム」と答える人が多数を占めたという話は、シーロムがタイ人にとってステータスを持っているエリアであることの証しである、という話もあながち間違いでないような気...
タイ関連コラム

パッション・フルーツのジュースが近所のセブンで手軽に買える

サワディー・クラップ。バンコクでいろいろブログを書いてはストップしているITのナカです。 プラカノンのアパートで、目がさめたら、ふと、タイのセブンをネタにしたら面白いことが書けるという、天使のささやきがありました。ということで、セブンイレブンの話を少し連載したいと思います。 50をすでに越えており、白髪も目立っておりますが、やはり異国の地のため、健康には気をつけております。最近の毎日の習慣の1つに、トマトジュースをセブンで買って飲んでいますが先日、早朝にセブンで大きなパッケージのトマトジュースを買ったつもりでしたが、アパートに帰ってよく見ると、なんとパッション・フルーツのジュースでした。 タイ語では「ナム・サワロット」といいますが、サワロットというくだものからつくったものです。実はこのパッション・フルーツは私の大好きなくだもののひとつで、そのジュースは味はちょっと酸味があって独特の味です。いかにもビタミンCがたくさん入っていそうな味です。 ビッグCなどに行くと、くだもの売り場の横手でこのジュースが30バーツあたりで買えるのですが、なかなかほ...
タイ料理店

巨大な水上家屋がバンコク・シー・ビュー・レストラン

バンコクはチャオプラヤー川に沿って開けた都市ですが、わずかながら海に面した部分があります(地図参照)。実際に行ってみるとマングローブの森が広がる湿地帯が広がっていて、とても住所がバンコクとは思えない程、手つかずの自然が残っています。 海に面していると言っても、ビーチはなく遠浅の干潟が続いているだけで、リゾート開発もできないので、かえって自然が残ったのかもしれません。サイクリング・コースもあり自転車に乗ったグループを多く見かけました。 この付近にはシーフードを売りにしたレストランが点在していますが、海の上にあるバンコク・シー・ビュー・レストランは、ボートでしか行くことができないユニークなレストランです。車を運河沿いの駐車場にとめて、そこから30分おきに出ているレストラン専用のボートで行きます。(大人50B,子供20B) 駐車場に着くとタイミング良く、ちょうどボートが出発するところでギリギリ乗り込めました。レストランは午前11時から夜9時まで営業で、週末のランチタイムに行きましたが、20人ほど乗れるボートはタイ人でいっぱい。でもレストランが満席と...
タイ関連コラム

BTSで5時台出勤は快適?

BTSの始発が早くなった。自分が乗るオンヌット駅では、以前は午前5時50分ぐらいに開いていたのが、今は5時15分に開く。そして始発が来るのが5時25分くらいだ。その後、3本ほどは5分刻みでやって来る。 2ヵ月前ぐらいに始発が早まったころは、まだ乗客も少なく、あまり座らない自分も腰かけていたりしたが、今では結構な人が乗り込んでくる。早まったのが徐々に浸透しているのだろう。 朝の早いタイ人にとっては午前5時50分に開門というのはちょっと遅いと感じていた。さむい日本なら、なかなか朝起きるのは厳しいが、毛布なしで1年中寝られるタイでは、慣れれば朝はそんなに苦にならないはず。 日本の啓発本でも「早朝に仕事をする」ススメをしている本も結構あり、確かに朝早くに出勤して自分なりに仕事をこなすのは快適だ。 今やバンコクでも出勤時間はラッシュアワーと化しているようで、それに嫌気がさしている人は、ぜひ、5時台出勤も試してみてもらいたい。 (M) 2014年11月20日 タイ自由ランド掲載
タイ関連情報

在タイ韓国人向けフリーペーパー18年の「僑民」

タイのバンコクで韓国人向けに出ているフリーペーパー「僑民」。すでに18年を迎えるという老舗雑誌だ。 中を見ると、え~、タイにこんなに韓国系の会社があるの?と驚くくらい、韓国の会社の広告が載っている。韓国人編集長のキムさんによると、毎回5000部を発行しているという。 最近はサムスンやLGなど韓国企業の勢いがタイでも増しているが、キムさんによると、タイのバンコクに在住する韓国人は35000人ほど。このところの入国管理局の締め付けにより1~2千人ほどが減ったという。この締め付けというのは、韓国人はタイ滞在がノービザで3ヵ月できるが、国境を越えて戻ってきて3ヵ月を有効にする行為などをシャットアウトした。一度、韓国に行ってしばらくしてまたタイにやって来れば、普通に3ヵ月はもらえるため、露骨に出入りしない限り、空路ではノービザ3ヵ月は有効のようだ。 韓国企業はタイのほか、中国、ベトナム、インドネシアなどで事業展開しており、中国が1位、ベトナムが2位という感じだという。 最近は、バンコクでの韓国料理店も減っているように感じるが、郊外などではタイ人がオープン...
パタヤの生活情報

ビザも免許もパタヤなら簡単

●大好評オールパタヤのビザ取得! タイに中期長期で住まわれる方は必ず取らなければならないビザ。移住は決めたけどビザは取れるのだろうか? 無犯罪証明書? 聞きなれない言葉が沢山出てきて心配。大丈夫です、パスポートだけお持ちください、他は何もいりません。 80万バーツが無いのに1万7000バーツ! 安すぎて心配の方は一度お電話ください、本当です! 80万バーツ3ヶ月維持、21日の残日数など全て条件が整っている方は7900バーツ! もちろん全ての料金にイミグレでの実費込みです。今ならビザ取得の方全員にリエントリーパーミット・マルチ(複数回)を実費のみの3800バーツで付けさせていただきます。え? ということは80万バーツも何も無い人でも1万800バーツで出入り自由のリエントリーパーミット・マルチを付けて15ヶ月のビザが取れると言う事ですね。 ●オールパタヤのタイ運転免許取得コース! 日本の運転免許からタイの免許証に書き換えることができます。日本でも持っていない方は新規に取得可能です。ともにビザは必要ありません。逆にタイの免許を日本の免許にも書き換えることができます。タイ...
タイ料理店

レムチャルン・シーフードは「すずきの唐揚げ」が名物

軍事政権になり、普通に街中を歩けるようになり、セントラル・ワールド周辺も、警戒することなく、行けるようになりました。 それまでは、デモなどがいつも、ラチャプラソンのセントラル・ワールド周辺を中心に行われたりして、「爆弾が仕掛けられた」など、スクムビット在住の日本人も、わざわざBTSのサイアムやチットロム周辺には行かないようにしていたと思います。 それが、軍事政権になり、安全が確保されて、ようやく、セントラル・ワールド方面にも普通に足が向くようになりました。 今回は、イセタンにビジネス靴を買いに行ったのですが、昼食はどこにしようかと、6~7階の飲食街をウロウロしましたが、いまいち、適当なところがなく、「そういえば、3階にもあったな」と今度は3階に行き、以前、入ったことのあるレムチャルン・シーフードに入りました。 この店はラヨーンで35年以上、営業しているタイ&中華のシーフード店ですが、最近は結構、バンコクでも店を広げていて、先日はシーロム・コンプレックスでも見かけました。 この店の名物はプラーカポン・トット・ナムプラーで訳すと「すずきの唐揚げ...
賃貸オフィス、工場レンタル

バンコクの賃貸オフィスビル探訪録:「ヴァニッサ ビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、9回目は、チットロム通りに位置する高層オフィスタワー「ヴァニッサ ビルディング」を紹介します。 チットロムは、スクムビット通りが名前を変えたプルンチット通りとラチャダムリ通りのラチャプラソン交差点付近を中心としたエリアで、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつです。大型のオフィスタワーをはじめ、各国大使館、ショッピングコンプレックス、ホテル、飲食店、銀行、総合病院、高校などが建ち並び、一帯は巨大な文教商業エリアとなっています。そのため、自家用車はもとより、スカイトレインをはじめ、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。また、チットロムは地勢的に見てちょうどバンコクの中心に位置するので、通りを通過するだけの車両も多く、周辺は終日大混雑しています。そのチットロムでBTSチットロム駅の東側にプルンチット通りと交差しているのがチットロム通りです。 チットロム通りをBTS駅側からペチャブリー方面に約3分歩いた右側にアルマリンクビルがあり、その隣に1993年竣工の25階建...
店舗物件仲介

賃貸店舗を見つける際「え!こんなところで?」は腕必要

現在、タイは景気がよくなく、経済も停滞気味です。しかし、日本人が住むスクムビットのアソーク~エカマイ界隈はいつも渋滞が激しく、このあたりに集中して日本人などが住んでいることがわかります。 さらにコンドミニアムも次々に建設されており、BTS沿線に人が集中して住むようになっています。 だからやはり、店舗、レストランを開業しようと探している人も、アソーク~エカマイに集中することになります。ただ駅前の物件を探すのは難しい。駅から少し離れたところなら空きが出ています。 以前は「こんなところじゃ無理…」というような場所でも借り手がつき、店舗をオープンするケースもあり、エリアはどんどん広がっています。 ただ、人並みの店しかつくれない場合は、駅前での出店がよいでしょう。「え!こんなところで?」という場所に出店する人は、人並み以上の、人を魅きつける何かがないと、わざわざそこまで食べに行きません。「その店に食事に行く」と、わざわざ車に乗って店まで行ってもらえるなら、アソーク~エカマイのエリアで、少し辺ぴな場所でも十分にやっていけると思います。 なお、店舗の賃...
賃貸オフィス、工場レンタル

yoshidaの賃貸オフィスビル探訪録は『タニヤ・プラザ・BTSウィング』

シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスエリアの中心に位置し、界隈は大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。このエリアは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSサラデーン駅下車、改札口からスカイウォークで直結しているのが、1990年竣工の11階建てのオフィスビル、『タニヤ・プラザ・BTSウィング』です。このビルの低層階はショッピングプラザとなっており、隣に建っているタニヤ・プラザ・ビルと館内で繋がっています。このビルは駅から地上に下りる事なく、買い物や食事が楽しめるので、大変便利な立地となっています。低層階は各種レストラン、コーヒーショップ、ゴルフ用品店、古書店などがテナントとして入っています。ビルの近くにはセ...
芸能、コンサート

国内安定で続々コンサート!

政権が安定し、続々、大型のイベントやコンサートが開かれている!来年も大物の外国人アーティストの来タイが期待される なお、チケットの販売は、タイチケットメジャーで。場所は、セントラル・チットロム3階、セントラル・バンナーG階、セントラル・ワールド1階、サイアムパラゴン5階、エスプラネード4階、エカマイのメジャースクムビット2階、ラマ4世のマリノンビル27階など。 電話02-262-3456 www.thaiticketmajor.com   催し จิ้มไหล่ フェスティバル 開催日 2014/11/8、9 開催時間 8日 12:00 9日 12:00 開催場所 バイテク・バンナー チケット価格 1日200バーツ、2日300バーツ 販売開始 販売場所 参照 催しの内容等 The Yers, Plastic Plastic, Scrubb, Paradox, The 38 Years ago, Flure , Greasy Cafe, P...
日本料理店

ビジネス街のアソーク界隈の日本料理ランチ事情

渋滞が激しいバンコク。そのため、最近は日本人が多く住むスクムビットに近い場所でオフィスを借りるケースも増えています。 スクムビットでオフィスといえば、アソーク通り沿い。大小のビジネスビルが点在し、シーロムに負けないほどのビジネス街を形成しています。 その中で日本人ビジネスマンも多く働いていますが、アソーク周辺でランチというと皆さん、どこに行くのでしょうか。日本料理店はBTSプロンポン駅やトンロー駅周辺にはたくさんありますが、アソーク通り沿いにはあまりない。 そこで、サーミットタワーで働く日本人ビジネスマンのあぱまん情報・山口社長に、ランチでよく行く店について聞いてみました。 山口社長のお気に入りは、ソイ23の「みつもり」。300バーツ台の定食があり、手打ちそばや親子丼が自慢とのこと。特に地鶏がよいそうです。続いて「朋友」。アソーク通り沿いの芸能大手グラミービルに入っており、こちらも300バーツ台中心の定食が多く、ワンランク上ですが、日替わり定食は200バーツ台であるといい、お得感があるといいます。 そのほか、オーシャンタワー2の向かいにあるイタリア料理店「ロッサーノ」。こち...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

バンコクの不動産会社yoshidaが紹介する賃貸オフィスビル「インターチェンジ21」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、7回目は、アソーク交差点の角に面する「インターチェンジ21」を紹介します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点に面している、2010年竣工、35階建ての高層オフィスタワーが、「インターチェンジ21」です。 このビルは、BTSアソーク駅からはスカイウォークで直結、MRTスクムビット駅にも直結していて、利便性が非常に高いです。自動車でアクセスするには、スクムビット通りとスクムビット・ソイ23から、ゆるやかなスロープを上がっていき、オフィ...
タイのニュース

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

ブリラムに完成したばかりのチャン・インターナショナル・サーキットで、初のビッグレースとなるスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催され、タイ・モータースポーツの記念すべきレースを観戦した。 スーパーGTは、市販車モデルを改造したマシンで争うレースで、日本では人気の高いモータースポーツだ。初のタイ開催ということで、どのくらい観客が集まるかと思ったが、決勝日は昼前から大型バスが続々とやってきて、最終的には7万5千人以上というスーパーGT過去最多の観客数で、大盛況に終わった。ちなみにスタンド観戦1日券は500B、2日券750B。 今回はGT300で参戦しているチーム「シンティアム・アップルMP4-12C」(13面に広告掲載)に同行させていただき、レースをいろいろな角度から見る機会を得た。パドックの中では、メカニック達が仕事を黙々とこなしており、張り詰めた緊張感に、こちらの身も引き締まった。 決勝日の午前中はフリー走行が行われ、マシン、タイヤ、コース等の状況を確認。チームのドライバー高橋一穂さんにコースの印象を聞くと「出来たばかりのサーキットなので、まだ車が...
タイ関連コラム

地下鉄ホワイクワン駅周辺を散策!

アソークのスクムビット駅から地下鉄にのって、北上して4駅目のホワイクワン。この周辺はラマ9世駅やタイ文化センター駅と同様、駅を中心に開発が進んでいるエリアです。 ラチャダーピセーク通りとプラチャーソンクロ通りの2つの大通りが交差しており、南北に伸びるラチャダーピセーク通り東側は新築の高層コンドミニアムの密集地、西側には歓楽街もあります。一方、東西にのびるプラチャーソンクロ通りは、夜から朝方まで営業が続くローカル屋台が連なるマーケットが有名だったりと、表の通りとはまた違った下町エリアです。 今回はそんなホワイクワンを、交差点から周辺約200mに限定して散策してみることにしました。 駅の出口を出て、まず目につくのは、ラチャダーピセーク通り東側に沿って続く高層のコンドミニアム群。駅1、2番出口の場所にライフ、アイデオ、リズムの3つの高層コンドミニアムが密集しています。バンコクの日系不動産に話しを聞いてみると、この周辺のコンドミニアムはスクムビットエリアに比べても値段が断然安いために、買い求める日本人も意外に多いとのこと。 交差点から南北にそれぞれちょ...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

小林㈱が紹介する賃貸アパート、コンドミニアム「ノーブルリミックス」

バンコクで不動産仲介30年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第17回は「ノーブルリミックス」を紹介いたします。 スクムビット通りソイ36入り口にあるノーブルリミックスは、33階建て総室数504室をもつ「1」と、11階建て総室数152室をもつ「2」との2棟で構成されているコンドミニアムです。2010年に「1」が完成し、翌2011年に「2」が完成。以来、現在まで単身者、ご夫婦向け賃貸物件として人気を呼んできました。小林㈱では2011年から2013年まで連続して弊社で仲介した物件ベスト5に入っています。 この物件の最大の特徴は、BTSトンロー駅に近く、スカイウォークで駅と直結しているということでしょう。駅直結物件としては、ほかにはエカマイ駅徒歩1分のヌサシリコンドしかありません。その点、大変貴重な物件です。気温・湿度の高いバンコクで、駅までの遠い道のりを歩いて移動すると...
新規コンドミニアム

タイの貯金でコンドミニアムを購入する方法

バンコクではBTSや地下鉄近くでのコンドミニアムの計画がまた、次々出ていますが、最近の傾向としては30~40㎡の小さな部屋で、価格が200~300万バーツ台、タイ中間層がローンを組みやすい物件が中心です。 こういったコンドミニアムについては、我々、外国人でも購入ができますが、基本的にはローンはできず、日本から全額の送金証明を必要とします。 タイに滞在していて、働いて生活している日本人にとっては、タイで貯金をしたお金で購入したい。しかし、販売業者に聞いても「日本からの送金証明」の一点張りというケースが多いです。 しかし、実際にはタイでためたお金で購入できます。バンコク銀行本店でつくれるノンレジデンス(NON-RESIDENT BAHT ACCOUNT)の通帳に全額を入れ、本店で銀行証明を出してもらいます。 題名は「ノンレジデンス通帳から引き出す証明」とし、「銀行は○○○殿が開いているノンレジデンス通帳、アカウント番号○○○で預金している300万バーツについて、スクムビット・ソイ81のプレジデント・スクムビットの15階の15/265室を買うために使...
タイ関連コラム

バンコクに住んでいる日本人はどのように『婚活』をしているのか?

結婚相手を探す『婚活』という言葉を最近よく耳にしますが、バンコクに住んでいる日本人はどのように『婚活』をしているのでしょうか? 2011年には、日本大手の結婚相手の紹介サービスを行う会社「ツヴァイ」が、ここタイに海外第一号店を設立し話題になりました。タイ人だけでなく、日本人もバンコクに居ながら相手を探すことができましたが、今年5月にタイから撤退してしまいました。 では、現在、タイに住んでいる日本人は、どのようにして日本人の相手を探しているのでしょうか。 「男女ともに職業、年齢関係なく、日本人同士での出会いを求めている人はたくさんいます」と語るのは本紙でもお馴染み、日本人が多く集まるバー「ウットボール」タニヤ店の店主、加藤さん。 ウットボールタニヤ店では昨年9月、タニヤにある日本人経営のバー「SYSTeM」「BarAQUA」と共同で、3店舗行き来自由で飲み放題という大規模な合コン、通称「街コン」を開催しました。 当初の募集人数は男女それぞれ50人ずつで、それを土日の2日間行う予定でしたが、男性は定員人数をはるかに上回る70名、女性は40名ほどが、...
タイのニュース

VAT返還で詐欺

タイで事業を行っている日系の会社などで、商品を輸出する場合は、それに関わる領収書のVAT(消費税)が、のちにタイ税務署から返還されるが、そのためにいろいろ査察が入り、なかなか、返還されないのが通常だ。 これは、正しく事業を行っているかを税務署が調べるもので、今回、起こったVATの返還でのにせの領収書発行などにより、そのあおりを受けることになる。 これは、コンピューターの輸出業者が、他の会社と組み、総額20億バーツほどの損害を税務署に与えたというもので、輸出業者は他の会社と共同で新会社をつくり、にせのVAT領収書を発行し、また、その領収書を他の会社に売って、VATの返還を税務署に申請していた。 輸出先としていた中国や香港、ラオスで、取り引きしたかのように書類を作成しており、また、起こった場所はサムットプラカン県が多いため、その管内の税務署の署員が関与していたかどうかについても詳しく取り調べるとしている。 2014年10月5日 タイ自由ランド掲載
タイのニュース

三井不動産が50階建てコンドミニアムをアソークで建設

タイでも不動産開発を進める三井不動産レジデンシャル社は、タイの大手ディベロッパーのアナンダー・ディベロップメント社と組み、アソークとラチャテウィーで、2つのコンドミニアム開発を進める。 アソークは「アシュトン・アソーク」で50階建て、783室のハイクラスのコンドーで、価格は1室690万バーツから(1㎡当たり23万バーツ)。地下鉄スクムビット駅から徒歩1分で、ターミナル21側の好立地。事業規模は63億5800万バーツ。 一方、ラチャテウィーは「アイデオ・Q・サイアム・ラチャテウィー」で36階建て、550室。1室520万バーツからで事業規模は37億4500万バーツ。 三井と組むアナンダー側は、協力関係は2~3年の短期ではなく、20~30年の長期を見越してのもので、アジアのセンターとしてアナンダー社と組むことを望んでおり、一方、三井側は、タイは今後もさらに発展し、路線沿線の住居の需要は増すとしており、1つ目のアイデオQ・チュラー・サムヤーンも順調に販売できているため今回、第2弾、第3弾となったとしている。 なお、アナンダー社は、このほかに2ヵ所で開発する...
不動産物件、賃貸アパートの仲介

バンコクの賃貸オフィスビル探訪録シリーズ「チャーン・イサラ・タワー1」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、6回目は、ラマ4世通りに位置する高層オフィスタワー「チャーン・イサラ・タワー1」を紹介します。ラマ4世通りのサラデーン交差点周辺は、シーロムエリアと呼ばれる、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつです。大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 MRTシーロム駅からラマ4世通りをMRTサムヤーン駅方面に歩いて約2分の左側に高層オフィスタワー、チャーン・イサラ・タワー1の正面エントランスがあります。BTSサラデーン駅からこの方法で歩くとちょっと距離がありますが、実はこのビルは、裏側でタニヤとつながっているのでBTSサラデーン駅からタニヤ経由で来ると、なんと1~22分で着いてしまうの...
タイのニュース

リゾート、ホテル、旅行ツアー利用で会社員と会社の所得控除

デモなどにより、外国人旅行者が激減し、タイ国内の旅行業界が大打撃を受けたが、政権が安定するとともに徐々に中国人旅行者なども回復しているが、一方で、タイ人がタイ国内での旅行をもっと行ってもらうよう、タイ政府は、旅行での支出を個人、会社とも所得税控除できるよう、取りはからった。 タイ税務局によると、期間は2014年9月1日から2015年12月31日までで、個人の場合は、旅行でのホテル、パッケージツアーなどで正式な領収書があれば、所得控除が15000バーツまでできる。 一方、会社の場合は経営者、従業員のセミナーで使ったリゾートホテル代、研修で使ったホテル代などが支出の2倍計上できるとしている。 これにより、タイ国内旅行の活性化をはかり、ホテルなどに人が戻ってくることが期待できる。 税務局では控除により減収となるが、その分、旅行関連のVATの税収などが増えるとしている。 2014年9月20日 タイ自由ランド掲載
タイでロングステイ

タイ語の辞書をコツコツつくるロングステイの徳原さん

タイでロングステイしている日本人は多いが、何か趣味を見つけて、コツコツと自分なりにタイで生活している人もいる。 徳原さんは60歳なかばだが、タイには14年いる。10年ほど前からタイ語、日本語の辞書、辞典を自分なりにつくり、そのセンテンスは58559にもなった。本人はタイ語が達者なわけではなく、日本語での読み方、意味、タイ語の文字などを入力していき、エクセル内で検索できるようにしている。 「グーグルのタイ‐日翻訳も最近はよくなっていますが、ちょっと難しい文章になるとまったくダメですね」と笑う。 京都府警のエンジニアとして31年、公務員として働いた。「病気もあったけど、システムを組む仕事は厳しい」と50歳で退職し、すぐにタイに来た。 タイでは海のそばのバンセンに住居を借り住んでいる。「近所のしがらみがなく、気楽に生活できるのがよい」と、タイ在住14年にもなる。 日本ではストレスから来る病気など、胃潰瘍、大腸炎、不整脈、胆のうなどがタイに来て自然に治ったといい、「日本に住所がないので、病気には気をつけています」と笑う。 本格的にタ...
賃貸オフィス、工場レンタル

セキュリティー強固な賃貸オフィスビル「オーシャンタワーⅡ」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、5回目は、アソーク通りに位置する高層オフィスタワー「オーシャンタワーⅡ」を紹介します。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約10分、スクムビット・ソイ19とつながっているアソーク・ソイ3の小ソイを入ってすぐの右側に1993年竣工の42階建ての高層オフィスタワー、オーシャンタワーⅡがあります。BTS駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くのでそれほど遠くは感じません。建物...
タイ関連コラム

「世界相撲選手権大会」参加記

8月29日~31日の3日間にわたり、台湾第二の都市高雄市で世界相撲相撲選手権大会、アジア相撲選手権大会、ジュニア相撲選手権大会(18歳以下)の3大会が同時開催されました。 タイからは選手10名が出場しました。 ヨーロッパ諸国からは30カ国あまりが参加しましたが、アジアからは日本、モンゴル、台湾、スリランカ、タジキスタン、タイと6カ国だけでした。以前は東南アジアからはマレーシアほか数カ国の参加国がありましたが 今回はタイだけという寂しい状況でした。遠征費の問題や指導者がいないことが主な原因です。このままでは、すばらしい日本文化ともいえる「相撲」の灯がアセアンから消えてしまうかもしれません。タイでも大相撲のイメージが定着していて大きな体の人のスポーツ思っている人が多く選手探しに苦労します。バンコク在住の選手は少なく地方に分散しているため全員そろって稽古することが出来ないこともネックとなっています。私や主要選手が土、日などの休みを利用してロッブリ、チェンマイ、サムツサーコンなどの地方に出向いて稽古を見ている状況です。 さて試合ですが、台湾は日本から近いこともあり相...
タイのニュース

キャッシング、消費者金融の大手アイフルがタイ進出

日本でキャッシングなど消費者金融の大手アイフルは、タイのアイラーキャピトルと組み、タイで個人向けのキャッシング業務を展開する。 現在、株式等詳細をつめている段階で、アイフルではタイが初めての海外進出となる。同社では「タイの個人ローンの潜在力はあり、まだまだ競争が少ない」とタイへの進出の理由を説明している。 タイではすでに大手のプロミスなども事業展開しているが、日系の一般的な知名度は低い。 2014年9月20日 タイ自由ランド掲載
起業、会社設立、会計、経理

タイ自由ランドのグループ会社JJPアカウンティング社による経理処理

タイで起業をする日本人は多いですが、軍事政権になり、比較的安定した経済状況で、税務署も税金の取り立てを強化しています。 日本人がつくった会社では、毎月の売上税を収め、さらに年間に法人税を収めます。この年間の法人税を税務署では重視しており、昨年などはデモで赤字になっていた会社も、今年は黒字にするよう求められます。そのあたり、ちゃんと毎月の会計処理を行っていれば問題ありませんが、おろそかにすると、そこにつけ込まれて、必要以上に払わされることにもなります。 タイ自由ランドのグループ会社JJPアカウンティング社では、毎月の会計業務をアウトソーシングで行っており、タイ人の会計士がいない会社や、いても十分な知識がまだないなどのケースで、外部の経理会社として、日本人の会社をサポートしています。 サービス業のほか、製造業や工場なども請け負っていますので、経理業務の乗り換えなども相談下さい。 2017年9月20日 タイ自由ランド改訂版 → タイで起業、会社設立 → 実際の会社登記 → 実際の税務登記 → Bビザ、就労ビザ取得 → 労働許...
ロングステイ

ロングステイ者は突然の病気治療を考えておく

ロングステイする日本人が、病院に入って治療費の高額請求をされたと、友人2人がタイ自由ランド編集部にやって来た。 訴える先は編集部ではないはずだが、話を聞いてみると、1ヵ月間で275万バーツにのぼるという。スゴイ額だ。 70歳と高齢だが、入院する前は友人2人と、ソイ26の多緒で酒を飲んでいて、普通に生活していたという。その後、足がかゆくなり、痛みも伴ったため、病院に行き、そのまま入院し手術したという。 ちょうどエボラ出血熱のニュースが世界をかけめぐっている最中だったので、命にかかわる、と手術をして、何とか助かったと考えれば、安いものなのかも知れない。 しかし、すべて完治したわけではなく、日本に移動して引き続き治療するということになり、ベッドで寝ているままの移送になるという。そうなると付き添いの人や、飛行機費用など100万バーツは飛んでいくかも知れない。 タイの病院では、手術する際は、その費用がちゃんとあるかどうか確認してから作業に入るので、おそらくは、その確認も取れているだろうし、本人のサインもあるのだろう。 タイ...
賃貸オフィス、工場レンタル

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、第4回はチットロムエリア「ザ・プレジデント・タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、第4回はチットロムエリアにある「ザ・プレジデント・タワー」を紹介します。 BTSチットロム駅を下りてスカイウォークをサイアム駅方面に歩くと徒歩2分ほどで右側にザ・プレジデント・タワーが見えてきます。1990年竣工、15階建てのタワービルディングで、棟続きのインターコンチネンタルホテルと共に、ホテルと商業施設とオフィスビルの複合施設を形成しています。 チットロムはスクムビット通りが名前を変えたプルンチット通りとラチャダムリ通りの交差点付近を中心としたエリアで、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつです。大型のオフィスタワーをはじめ、各国大使館、ショッピングコンプレックス、ホテル、飲食店、銀行、総合病院、高校などが建ち並び、一帯は巨大な文教商業エリアとなっています。そのため、自家用車はもとより、スカイトレインをはじめ、公共バス、などさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。また、チットロムは地勢的に見てもちょうどバンコクの中心に位置するので、通りを通過する車両も多く、周辺は...
タイ関連コラム

PATAデパート屋上の動物園

ピンクラオにあるPATAデパートは、30年以上の歴史があるローカルなデパートで、6階と7階屋上に動物園があることで知られています。 このデパートの1階にUCCのカフェがあり、以前UCCの小村さんに機会があったら行ってみてくださいと勧められていましたが、動物園とは言っても、デパートの中なので、ペットショップを大きくした程度のものをイメージしていました。近くに行った際、立ち寄ってみると、なかなかの規模で驚きました。 入場料は外国人が200バーツでタイ人は80バーツ。6階からも7階からも入場できます。 6階は爬虫類や夜行性の動物がメインで、キングコブラやニシキヘビなど有名な蛇や、イグアナ、亀など数多くの爬虫類がいますが、じっとしているものが多いので、ちょっと地味です。 このフロアには、お土産屋やゲームコーナーがありますが、20年以上時間が止まったかの様なレトロな雰囲気で、週末でも閑散としていて、お土産も長年置きっ放しなのではないかと思うほど。 屋上にはカラフルな熱帯の鳥からマレー熊や豹など、なかなか見られない動物も身近に見られますが、一番印象に...
タイでロングステイ

ソンクラーでロングステイ

グーグル検索で「タイ、ソンクラー」で見てみると、1番にヒットするのがコボリさん。そのコボリさんにまた話を聞いたのでここで取り上げてみたい。 タイの最南端、ソンクラーに住んで4年。小さな町で他に日本人は見かけないが最近、日本語の教師をする日本人とニアミスしたという。 朝起きるのは午前4時半。まだ暗いうちだが5時ごろにアパートから、ビーチに向かって歩き出す。ビーチをジョギング、エクササイズ。6時ごろの朝日を見て、アパートに戻り朝食。トースト、コーヒー、あるいはおかゆをつくることもある。 午前中はインターネットでニュースを見たり、そうじ、洗たくをして過ごす。 午前11時ごろ、アパートから15分ほどの行きつけの食堂に行き、2種のおかずをのせるごはんが30バーツ。続いて、こちらも行きつけのオープンエアの簡易のコーヒー屋さん。ここで読書をしながら2時間ほどねばる。 移動はいつも自転車を利用。夕方はスーパーや市場で買い物し、午後4時ごろ帰宅。ユーチューブなどを見て午後6時ごろ夕飯。カレーライスが好きだから、それを自分でつくる。そのほか、う...
タイのニュース

国内旅行で所得控除

経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。 これは、日本人などでもタイで働いている人なら、関係する話だが、上限の経費は2万バーツまでで、タイ国内の許可を取っているホテルでの宿泊や、許可を取っている業者のツアーを利用する場合など。 まもなく、ハイシーズンとなるため、それに合わせて、実施したいとしている。 このアイデアは以前、アピシット首相の時に3ヵ月のみ実施されたが、短かったため結果が見えなかったという経緯がある。 実施することにより、個人所得税の収入は1年で上限40億バーツは減る見通しだが、一方で旅行業界の収入が増え、法人税も増える。さらに売上増でVAT税も増え、そのほか、許可を受けていないホテルが、許可を受ける方向に向くなどのメリットがあるとしている。 2014年9月5日 タイ自由ランド掲載
起業、会社設立、会計、経理

毎月の経理業務の乗り換え歓迎

タイでつくった会社で経理、会計などを外部にまかせている方。そろそろ、その費用を切り詰めたいという2~5年たった会社も多いことでしょう。 そこで経理の乗り換えについてはぜひ、タイ自由ランドのグループ会社JJPアカウンティング社におまかせください。現在、IT企業、製造業、雑貨販売、レストラン、機械商社、輸出販売業など80社ほどを請け負っております。 前月の申告書類があれば、次の月から同社で申告が可能です。また、決算についても、ちゃんと帳簿付けがしてあれば何の問題もございません。 そのあたり、慎重に、そしてスムーズに移行できるよう、日本人担当がカバーするため、ぜひ、ご検討下さい。 ちなみに、毎月の会計費に関しては、5000バーツからとなっており、売り買いの伝票が70枚ほどの会社なら、6000バーツ、さらにBS、PLを出す場合はプラス2000バーツとなります。 場所もスクムビットのソイ41にあるため、突如、税務署の査察を受けてもその場にかけつけられます。 2017年12月5日 タイ自由ランド改訂版 → タイで起業、会社設...
タイのニュース

ハイソーの基準は?

タイの人気女優ピンキーがハイソーとの結婚を発表。披露宴は9月12日の予定。 タイではハイソーと結婚するのが、有名になった女優や女性タレントの願望であり、それが実った形だ。 女優を続けるかどうかは「それはわからないが、しばらくはいっしょにいたい」とピンキーは話している。 お相手のハイソーはペット・チャワリットで、パタヤーの大地主。コンドミニアム「COVE」のオーナーで不動産業のほか、映画事業も手がけており、彼は3代目。 女性タレントと噂が出ることも多く、1日に1人の女優に400万バーツを使った、という逸話もある。 ハイソーといっても、どれくらいハイソーなのかというと、所持する車はベントレー、ロールスロイス、BMW、ポルシェ、ハマーで、3000万バーツで買ったフェラーリは乗り心地が悪く、4~5ヵ月で売ったということだ。 2014年8月20日 タイ自由ランド掲載
タイ関連コラム

タイ人向け韓国フードが攻勢

日本料理店がタイで定着しているなか、そのほかの外国の料理店も次々に日本料理に負けじとタイに進出している。 タイ人の間では定着した「キムチ」。韓流ドラマの人気で、タイ料理の「辛い」と共通点のある韓国料理はタイ人にすんなり受け入れられている。 そんななか、海外などにも展開する韓国の「スクールフード」が昨年の10月のタイでのオープン以来、今後5年間で10店を新たにつくるという。投資額は1店当たり、800万バーツ。ショッピングモールや飲食店街などを中心に出店し、1年に2回は新メニューを投入、特にタイ人が好きな「焼きもの」に力を入れる。 タイの韓国料理の市場はまだ開発の余地があるとしており、スクールフードの韓国ブランドを確立したいとしている。 コンセプトは「モダンな韓国料理」で、タイ人向けにソーシャルメディアやブロガーなどを通してオンラインで宣伝していく。 新店舗のサイアムセンターは150㎡の広さで80席、今、韓国で若い人に人気のSpoon Pizzaを新メニューに盛り込んでいく。 ターゲットは、タイ人の働く層、20~30歳ほどで、そのほか子...
バンコクの開発

チャオプラヤー川沿いに巨大な敷地でCPグループが大プロジェクト「アイコンサイアム Icon Siam」を始動

デモなどで止まっていたプロジェクトなどが活発に動き出しており、民間でもチャオプラヤー川沿いに巨大な敷地でCPグループが大プロジェクト「アイコンサイアム Icon Siam」を始動する。 何と50ライに超高層の70階建てと40階建てのコンドミニアムが建設される。これを担うのはマグノリア社で、この代表はCPグループの総帥タニン氏の娘ティパポン氏。 プロジェクト名はマグノリア・ウォーターフロント・レジデンス。 特に、不動産が高騰している香港やシンガポールなどの中華系外国人が興味を示しており、高騰してもタイの物件はまだ安い、というイメージがある。 70階建てがまず販売されており、広さ60㎡~222㎡で1㎡当たり23万バーツから。1部屋1400万バーツからで、VIPのスカイビラは293~346㎡で、1㎡当たり36万バーツにもなる。現在の予約は外国人、タイ人が半々で、150件の予約が入っているといい、今年中の売上は30億バーツにのぼるという。今年末に着工し、2017年中の完成を目ざす。 場所はトンブリー側のチャオプラヤー川沿いで、チャルンナコン通りをはさむ...
賃貸オフィス、工場レンタル

賃貸オフィスビル探訪録シリーズ、アソーク通りにある「Qハウス・アソーク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、3回目は、アソーク通りにある「Qハウス・アソーク」をご紹介します。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りを北上し約900m(徒歩約14分)の右側に建つ1993年竣工22階建ての高層オフィスタワー。MRTペッブリー駅からは300m、徒歩5分位と、MRTでの通勤に便利な立地です。アソークタワーの向かい側、シーナカリン大学のすぐ隣にあります。 アソーク通り周辺はバンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。そのため、自家用車はもとより、スカイトレインや地下鉄をはじめ、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生するほどです。しかし、そのことはアソークがバンコクのほぼ中央に位置し、電車の乗り換え駅であり、どの方向からもアクセスしやすい...
タイ関連コラム

MKスキも値上がり、その分、クオリティでカバー

ひさしぶりにタイスキのMKに行きました。BTSオンヌット駅前のロータスの駐車場横にあり、外からでもファミリーの楽しそうな風景が目に飛び込んできます。 「MK=皆でハレの日」というのは以前と変わっていないようですが、メニューをよく見ると値段はかなり上がっており、以前は2人で500バーツほどで食べられたものですが、今はそれでは無理でしょうか。 値段が上がった分、いろいろクオリティーも上げているようです。例えばお皿。以前はフードコートで出すような皿でしたが、今回はワンランク上のお皿でしたね。 そしてタレ。これも以前のものとは少し味が違い、コクが加わったというか、まあ、進化したんでしょうか。 野菜や肉類も新鮮そうで、抜かりないし、従業員も呼べばすぐ来るし、たのんだことは責任を持ってやってくれるし。 さて、MKといえば、ペット・ヤーン。ローストダックの特製ソースがけ、とでもいうのでしょうか。これを食べないことにはMKに来たとは言えません。他のテーブルを見ても1卓に1つはたのんでいるMKの名物ですね。 このダ...
タイ関連コラム

サービス料10%、VAT7%は取りすぎ?

タイの日本料理店に行くと、最近はサービス料10%、VAT7%を取るところが増えた。材料費が値上げになり、店主としては、メニューの値段も上げたいが、上げれば客離れが心配だから、メニューの料金はそのままで、そのメニューのどこかにサービス料10%、VAT7%は別途にかかります、などと書いて、会計の際に請求するものだ。 このダブル外税は、バンコクでは以前は高級ホテル内のバーやレストランで一般的だった。だから、そういうところに行くと、表示の値段より、20%近く余計にかかるという認識だった。しかし今では、どの店に行っても、表示値段のプラス20%近くがかかり、思った以上の費用がかかることになる。 一番わかりやすいのは、内税での表示だ。250バーツなら会計でその値段を払う。そうすると客として、その店のおおよその1人単価が計算できて、次に行く際にかかる料金が計算できる。 ところで、この外税は、例えば1000バーツの料金がかかったらサービス料10%、VAT7%で、17%が余計にかかり、1170バーツを支払う、と思う人もいるだろう。 しかし、そうではなくて、こ...
バンコクの開発

モールグループのバンコクモールで、バンナー交差点周辺が変わる!!

大型のショッピングモールなどができると、その周辺の価値が一気に上がったりするが、バンナーの交差点周辺は、ちょっと離れたところにセントラル・バンナーやBIG Cがあり、BITECの催し場も周辺の価値を高めていたが、このたび、ザ・モールグループが交差点に隣接する100ライに及ぶ敷地で、「バンコク・モール」の建設を発表し、周辺の地区の価値が一気に上がることになった。モールグループといえば、プロンポン駅前で3つのエンポリアムのプロジェクトを手がける会社で、サイアム・パラゴンでも成功している。 緑を配して、延床65万㎡に及ぶ壮大なもので、バンナー通り側の距離は1㌔にも及ぶ。映画館も14館つくり、規模としては同グループのサイアム・パラゴンの3倍の規模。 200億バーツを投じ、ショッピングモール、住居、オフィス、遊技場、庭園などを建設し、オープンは2016年初めを予定している。 完成すれば、一気にバンナー交差点が注目されるが、BTSのバンナー駅前に立地しており、BTSは現在、ベーリング駅からサムットプラカン方面の延長路線を建設中。 また、バンナー通りには、バ...
タイ関連コラム

スワンナプーム空港の周回コースでサイクリング

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。 最近、スクムビット界隈でも自転車に乗っている人をちらほら見かけますが、徐々にタイ人にも浸透しているようです。そのほか普段の足というより、スポーツとして乗っている人も結構いるようで、ロードレーサータイプも見かけます。 トンロー通りのカフェ・シンフォニーは、以前は普通のカフェでしたが、2年前からトンロー・バイクという店名で自転車の販売も始めています。「今はコーヒーの飲める自転車屋ですよ」と言うオーナーに最近の自転車人気について聞くと、タイ人の健康志向の高まりと、手軽に楽しく出来ることを理由に挙げました。売れ筋の価格帯は1万バーツ台半ばだそうです。 タイで自転車に乗りたいけど、道路は穴だらけ、車やバイクとの接触も危険と躊躇される人も多いですが、今年の春にオープンした、スワンナプーム空港をぐるりと周る全長23・5㎞のサイクリングコースは、安心して思い切り自転車を楽しめるスポットとして人気が高まっており、実際に行ってみました。 このサイクリングコースは、レンタサイクルはないので、車やピックアップトラックで、自転...
タイ関連コラム

タイのおみやげを世界で売り出す!

「日常で見かけるタイのパッケージデザインは、日本を含めるアジアの中でも、トップクラスのレベルです」と語るのは、日本パッケージデザイン協会の理事を務める森考幹さん。森さんは東京、大阪、ニューヨーク、パリ、モスクワに事務所を構えるデザイン会社の代表兼ディレクターでもあり、日本の工芸品を一般の人向けに新しくプロデュースしたり、外国人向けに都道府県・地域別に区分した日本のお土産カタログを作成したりと、常に新しいことを探究する、日本のデザイン界でバリバリ活躍している人です。 そして、先日、国際交流基金バンコク日本文化センターは、森さんをゲストに招き、大学でデザインを勉強するタイ人学生を対象に、日本のパッケージデザインについての講演会とワークショップを開催しました。 今月からは、「アジア学生パッケージデザインコンテスト(ASPaC)」の募集が始まり、このコンテストは今年から日本、タイ、インドネシア、韓国の4か国間で行われます。大賞の人は、なんと賞金15万5000バーツ、また、入賞した学生には日本企業での1週間の研修の機会も与えられます。 3日間で予約がいっぱいに...
タイ関連コラム

ねっとりネバネバのパッタイでしょうか

普段食べている料理が、変わった風に出されることはあまりないが、この写真のパッタイ(タイ風焼きそば)は、ちょっと変わった風の装いでした。 ねっとりしていて、持ち上げるといろいろひっついてくるような。ねっとりネバネバ・パッタイでしょうか。何となく以前、何年も前にこのようなパッタイを食べた記憶が少しよみがえった気がしました。どこかのホテルだったでしょうか。 今回も一応、食べたのは、Natural Park Resortという中級の低層ホテル内にある海側のレストラン。 「そうそう、こんな感じのパッタイは以前もホテルだったなあ」と思い出しながら食べました。 まとわりつくのも、固くなってしまうとおいしくないですが、ネバッとしていてやわらかいと結構、おいしいものでした。 場所はパタヤのジョムティエンの海沿いで、ソイの18の近くにありましたが、この店は人はほとんど入っていませんでした。わざわざ試す価値はないと思いますが、近くまで来たら寄ってみて下さい。 (M) 2014年8月5日 タイ自由ランド掲載