頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 017
    我々の足元には、日々の生活を支える重要な役割があります。それは、靴の中に入れる中敷き、通称「インソール」です。一般的に靴を購入した際にはすでにインソールが装備されていますが、それをパーソナライズしたオーダーメイドのインソールを作成することも可能です。では、なぜこのインソールが重要なのでしょうか? 足の裏には、自然の知恵とも言える「アーチ」が存在します。このアーチは、私た ...

鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 055
男女問わず肩が上がらないことがあります。痛みも強いことがあり、夜に寝れないくらい痛くなることがあります。痛みが治って来ると今度は完全に肩が上がらなくなる。そんな経験をされた方も多いかもしれません。 世間一般では四十肩または五十肩と言われています。専門用語では肩関節周囲炎といいます。肩関節周囲炎とは要するに肩関節の周りが炎症をおこすということですが、どういうことなのでしょうか? まず初めに肩に炎症が ...

未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 055

ペインアウェイクリニックでは痛みを和らげるために様々な手技を行っております。 一口に手技と言っても色々な種類の手技があります。今回はその中の一つの筋膜リリースを紹介します。 筋肉と筋肉の間には筋膜という膜があります。通常は筋膜はある程度、稼働性があるのですが、痛みを伴うケースだとこの筋膜が癒着してしまうことがあります。筋膜が癒着してしまうと、筋肉の可動域が減りつっぱりを感じたり、痛みを感じたりする ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 093
ペインアウェイ・クリニックはアソークの交差点にあるインターチェンジ21の地下一階、大変便利なロケーションにあります。МRTスクムビット駅とBTSアソーク駅に繋がっておりますので雨の日にも濡れずに来院できます。 ペインアウェイ・クリニックのモットーは名前の通り「痛みをとる」ことを常に心がけて8年前にオープン致しました。おかげさまで、日本人だけでなく世界各国から治療を受けに来ていただいております。 当 ...

痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 076
仕事で高いストレスを抱えている40~50歳以上の男女は、点在性の小さな範囲の限局性脳梗塞(梗塞)になりやすく、めまいや目の重さ、などの軽い症状を感じることが多いです。 視界がぼやけ、歩くとわずかに揺れ、軽くて弱いため、深刻に受け止めるのが困難な場合、 脳の太い血管や橋の重要な部分に大規模な閉塞や壊死がある場合、大脳基底核、手足の片麻痺、または生命を脅かす症状が発生します。 脾臓と腎臓の陽のエネルギ ...

未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 124
ベテラン漢方医のワーン先生から、西洋医学の観点から不治の病といわれている「全身性エリテマトーデス (SLE)、関節リウマチ、重度の湿疹」についての情報です。 西洋医学の名前である全身性エリテマトーデス(SLE)と重度の関節リウマチは、自己免疫炎症性疾患に分類されており、不治の病と呼ばれています。伝統的な中国医学では麻痺として分類されています。 全身性エリテマトーデス(SLE)と重度の関節リウマチ患 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 200
ベテラン漢方医のワーン先生による中国医学の常識について、今回は「顔のブツブツと顔面神経麻痺の解消」についてです。 出産前後の女性の顔は赤いブツブツで覆われていることが多く、その原因は肝機能の異常です。化粧水やブツブツを除去するクリームを塗ったり、レーザー治療でも問題は解決しません。 赤いブツブツは、体内の代謝物を分解および変換する肝臓能力の低下によって引き起こされます。顔、首、腕の後ろ、手などに部 ...

鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 196
ベテラン漢方医のワーン先生による中国医学の常識では「肝硬変」は漢方で治療ができます。 B型肝炎ウイルスや常習的な飲酒によって引き起こされる肝硬変の主な症状は、黄疸、体重減少、顔が黄色くなる、胸の圧迫感と腹部の膨満、便秘、脾臓の肥大、腹水がたまるなどがあります。 肝硬変は最終的には癌化し、消化管に大量の出血を引き起こし、臓器不全や死につながります。 ウイルス抑制薬は効果がなく、肝臓置換術はさらに効果 ...

未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 014
がんは致命的な病気でしょうか? それが何千年にもわたる伝統的な中国医学から来たものであれ、いわゆる現代医学研究から来たものであれ、答えは「いいえ」です。 がんは単なる慢性疾患、または慢性疾患の重篤な症状にすぎません。 不適切な化学療法だけが、がん細胞を刺激し、がん細胞を除去するための体の免疫機能に深刻なダメージを与えるのです。 米国の西洋医学研究では、脳卒中、心疾患、糖尿病、腎臓病などの非がん疾患 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,アロエベラ,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 015
ベテラン漢方医ワーン先生による伝統的な中国医学の常識について、今回は『切迫流産に対する最も信頼できる治療法』です。 数年前、忘れられない事件がありました。 ある日、診療所の近くに住んでいた71歳のアメリカ人男性が、治療のために妻を急いで診療所に連れて来ました。 彼の名前は覚えやすいジェームズ・ボンドでした。 映画007の主人公と同じ名前です。 ジェームスさんの妻は妊娠2ヵ月の26歳で、突然下腹部に ...

ぎっくり腰,アロエベラ,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 166
漢方医として40年の経験があるワーン先生の「ワーン・シン漢方クリニック」から、中国医学の常識について、今回は「産後うつや授乳中の乳房トラブルは治療・改善できるのか?」です。 産後の回復期には、多くの女性が気分の落ち込み、体力の低下、うつ病、イライラ、不眠症、食欲不振などに悩まされます。 これは産後によく見られる問題ですが、ほとんどの病院では産後うつを治療してもあまり効果がありません。 これらの神経 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,アロエベラ,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 008
漢方医として40年の経験があるワーン先生の「ワーン・シン漢方クリニック」から、中国医学の常識です。伝統的な中国医学は糖尿病による足の壊疽や下肢の動脈壊死を治療できるので、切断の必要はありません。 糖尿病性血管炎によって引き起こされる下肢の動脈狭窄は、筋肉組織の栄養失調、組織の壊死、黒や紫色の潰瘍形成、下肢の動脈炎の腫れを引き起こします。血流が悪くなり、熱による腫れ、さらには下肢の壊死を引き起こし、 ...

痛風治療,ぎっくり腰,アロエベラ,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 148
ベテラン漢方医ワーン先生による中国医学の常識、今回は「尿管がんの一例」です。 尿管がんの発生と発見はまれで、尿管内皮細胞の異常かつ悪性過形成の結果です。 医師の友人には、6~7年前に中程度の下腹部痛があり、肉眼でわかる血尿が時折あり、軽度の貧血、Hb11g/㎗(男性の通常のHbは12~14/㎗)症状の人がいました。 CTスキャンで左の腎臓に異常があり、尿管には4㎝の腫瘤(しゅりゅう:腫瘍性のものや ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 054
ベテラン漢方医ワーン先生による「中国医学の常識」です。今回は女性が茶色の傷跡を残さずに顔を血色よく、白く、柔らかく保つ方法です。   病院やクリニックで女性の患者さんからよく聞かれるのが、「どうすれば長期的に良好な肌を維持できるのですか?」という質問です。 メイクや美容整形をしなくても、顔や手の皮膚が引き締まり、血色がよく、白くて柔らかい状態を保つことができ、茶色い傷跡やそばかすのない状 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 009
乳がんは女性にとって最も一般的な悪性疾患です。 高いストレス、長期にわたるうつ病、過敏症、美容製品、美容やアンチエイジングのための医療用エストロゲンなどのエストロゲン含有製品の長期使用、乳牛の乳生産を刺激するホルモンの使用などで発生します。子供のいない未婚女性も乳がんに注意する必要があります。 伝統的な中国医学の診断では、乳がんの初期段階で乳房結節が積極的または偶発的に発見されることが多く、痛みは ...

痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 005
ベテラン漢方医のワーン先生による「漢方の常識」。今回は「効果的で迅速な自然療法」です。 病院やクリニックでは、患者さんから「漢方薬で治るまでどれくらいかかりますか?」とよく質問されます。 まず、いくつかの常識を知っておく必要がありますが、さまざまな内科疾患の96%以上は西洋薬を一生服用する必要があります。 次に、「漢方薬の効果は目に見えず、遅いのでしょうか?」 に対しては、米国を含むヨーロッパのド ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 134
ベテラン漢方医のワーン先生による、『漢方の常識』。今回は「がんとがん細胞の旅」についての話です。 米国医師会の雑誌「アメリカンジャーナル・オブ・ウェスタンメディシン」によると、心臓病、糖尿病、脳血管疾患による自然老齢死と、がん以外の病気で亡くなった高齢患者についての継続的な病理解剖研究で、大多数の患者にさまざまなサイズの悪性腫瘍が見つかった、と発表しています。 当然ですが、そのような人たちは、がん ...

腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 134
経験豊富な漢方医のワーン先生による「漢方の常識」ですが、今回はがんの一般的な症状についてお知らせします。 出血や貧血を伴う痛みに注意 漢方では、一般の人によくみられる悪性腫瘍を「陰石」と呼び、陰と寒さの中で徐々に固まっていく塊を西洋医学ではがんと呼び、化学療法や放射線療法で治療しますが、歴史はまだ長くはありません。通常、がんは無症状で、進行した段階で発見されることがよくあります。がんの徴候は発見し ...

鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 190
夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めるなど、不眠症で悩んでいる人は「ワーン・シン漢方クリニック」へ相談してください。 睡眠の質の悪さや夢が多くて目が覚めやすいなど、現代人の多くが抱えている悩みです。 不眠症の原因は非常に単純で、通常は不安感や考えすぎ、落ち着きがなく過敏で、ストレスや緊張度が高い、生活習慣の悪さによって体内の気の流れと血の経絡に影響を与えます。 肝臓と胆のうの気が停滞するのが ...

未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 086
胆嚢の石、腎臓結石は非常に一般的です。 結石自体は病気ではありませんが、とにかく痛いです。  最近、腎臓結石で訪れる患者が多くなりました。 結石で最初に見られる症状は、突然尿が真っ赤になる血尿です。さらに背中、腹部、腰の痛みがあります。通常、西洋医学の病院やクリニックでは、 鎮痛薬と抗炎症薬を処方されます。 ただし、完全に結石を治癒することはできません。疲労時や不適切な食事で再発します。 大きな石 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 020

最近あった2つの症例です。発症から20年と30年の慢性的な全身性湿疹が、伝統的な漢方薬の煎じ薬で1ヵ月以上治療した後、治癒または基本的に治癒しました。 重度な湿疹の原因は基本的に長期にわたる不適切な食事と生活であり、脾臓、腎臓、および体内の陽のエネルギーを損傷して起こります。体から排出されない多量の痰と湿ったうっ滞をもたらし、皮膚を通して小さなにきび潰瘍が現れる. 、繰り返し発症して簡単には治りま ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 134
不妊症の治療に伝統的な漢方薬を使用し、気と血を養うと、副作用や痛みがなく、いくつかの利点があります。 ここがポイント 1.  体外受精や移植に比べて治療費が4分の1~5分の1 2. 治療周期が短く、通常2~3ヵ月の継続服用で妊娠可能。超音波再検査で子宮内膜の厚さが9ミリ~10ミリ達していれば、何度も失敗する人工授精を繰り返す必要はありません。 体調が良くない場合、妊娠1~2ヵ月で切迫流産や性器出血 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 048
2019年から広まった新型コロナウイルス(Covid19) は4年目も広がり続けています。近所の診療所の医師は5回目のワクチン接種後もウイルスから逃れることはできませんでした。感染の数日後、 彼はウイルスのために心筋炎で亡くなりました。大変残念なことでした。 新型コロナウイルスは、自然界で最小の生物です。自然の生物連鎖では、あるものが別のものを拘束し、リンクが連動しています。 人間は生物の連鎖の頂 ...

健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 125
ワーン先生による漢方の常識、今回は「風邪は万病の元、湿気は慢性病の元」です。 今回は多発性硬化症を例にします。 多発性硬化症が進行すると、首や腰椎が痛くなり、次第にこわばり、あらゆる活動が制限され、自立した生活能力を失います。 西洋医学では、免疫アレルギーの問題と考えていますが、原因は不明で、治療効果は非常に低く、ホルモンへの副作用が大きいとされています。 漢方医学の観点からは、不治の病などありま ...

健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 115
漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は『肺がん細胞の自己防御』についてです。 肺がんは慢性疾患のなかでも特に重篤で、深刻な危険性があります。 通常、少量のがん細胞が5~6㎝くらいに成長するのに6~8年あるいはそれ以上かかります。 外科手術で切除しても、半年また1年以内に再発、転移することも珍しくありません。これは、がん細胞転移の成長因子が刺激されるためです。化学療法で多くのがん ...

腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 010
漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は『良性前立腺肥大症と前立腺癌は密接な関係』です。 前立腺の健康は、すべての男性が人生において無視できない問題です。頻繁な性交、尿路感染症、アルコール依存症、冷たい飲み物をたくさん飲む、辛い食べ物を食べすぎる、長時間座りっぱなしで活動的でない、長時間の夜更かしなどは、腎臓、肝臓、脾臓の陽エネルギー、および体の内部エネルギー源に損傷を与えること ...

腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 102
漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は『再生不良性貧血が治る病気になる』です。 これは本当の話です。中国の年配の漢方医が再生不良性貧血の多くの患者を治しました。大病院の救急車は、ヘモグロビンが基本的に正常に戻るまで、漢方治療のために再生不良性貧血の多くの入院患者を相次いで、漢方医のもとに送りました。 漢方医が一躍知られることになった経緯は、この大病院の外来女性患者が、漢方で治る ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 160
漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は「五十肩を治すカギ」です。 五十肩は、肩や腕を持ち上げるのが難しい、痛みを伴い活動が限られている、持ち上げたりひねったりするのが不便で、長期にわたることが特徴です。 五十肩は40~50歳代に多く発生します。 五十肩が発生する根本的な原因は、関節周囲の筋膜組織に血管が少なく、血行が悪くなると、腱に負担がかかりやすいことです。 ゴルフやテニスを ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 031
漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は『重度の皮膚病治療』についてです。 まず、重度の湿疹の原因について、人体に冷や汗や湿気がたまり、排泄ができなくなったり、三焦水路(飲食物など、取り入れられた水分などを全身に巡らせて、不用な尿や便を排泄させる水路のような機能)が閉塞したり、血流が悪くなることは、がん、冠状動脈性心臓病、アレルギー性鼻炎、高血圧など、体内の多くの深刻な病気の主な ...

未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 197
漢方医歴40年以上のワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、中国医学における漢方の常識 陰陽と人の共存と治療 その2をお届けします。 人間の体内では、老化細胞や変異細胞が日々作られています。いわゆる変異細胞は、異常に分化したがん細胞です。がん細胞や天然のウイルス・菌は神の産物であり、人間にとってかけがえのないものであり、変化し、殺せるものであり、それを抑制し、バランスを保つことができる ...

鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 081
漢方医歴40年以上のワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、中国医学の常識のおける『陰陽(がん)と人の共存と治療・その1』をお届けします。 「がん」は西洋医学の診断名で、しこりが岩山のように固くて治りにくいことを意味し、中国古来の医学では「陰陽」と呼びます。陰は冷たいしこりのことです。 では、冷えを解消して血液を活性化し、氷や雪を溶かすようにしこりを解消できれば、治るのではないでしょう ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 175
ベテラン漢方医ワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、伝統的な中国医学の常識のお知らせです。 新型コロナウイルス(covid-19)感染、再感染、および後遺症予防、さらに治療するには、伝統的な中国医学が効果的です。 新型コロナの発生と感染の繰り返しから3年以上が経過しましたが、漢方治療は効果を証明しています。 まず1つは治療について、伝統的な漢方薬の煎じ薬は、薬を服用してから 3 ~5 ...

腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 134
漢方医歴40年のワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、伝統的な漢方薬の常識の話:男性の前立腺肥大について説明します。 前立腺は、ほとんどの中年男性が直面する問題であり、排尿は手間と時間がかかり、尿束は細くて、性機能障害に影響を与える可能性があります。漢方薬では「長期閉鎖」と呼ばれています。その理由は、中高年の男性で、腎臓と脾臓の陽気が弱まり、前立腺によるプロスタグランジン(ほぼすべて ...

ぎっくり腰,未分類,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 142
漢方医歴40年のワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、伝統的な漢方薬の常識の話:なぜ高血圧は一生薬を服用する必要があるのでしょうか? 脳梗塞と脳出血を起こさないために高血圧は避けたいところです。 人体の自己調節のメカニズムのひとつとしては、血圧を上げ下げすることがあります。働き過ぎ、不安、ストレス、痰の湿気が血管やリンパを塞ぎ、人体の陽エネルギーが低下します。 そうすると、脳、心臓、 ...

肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 063
針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として開業しているワーン先生の「ワーン・シン漢方クリニック」。 ワーン・シン漢方クリニックでは、伝統的な漢方薬の知識として、妊娠から最初の2か月で受胎の準備をし、着床後3ヵ月以内に死産や流産を防ぐ方法があります。 漢方医の臨床経験と治癒した症例によると、高齢の女性(50歳未満)でも、自然な受胎であろうと人工授精であろうと、月経と排卵がある限り、妊娠して出産するこ ...

肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 139

  漢方医として40年の経験を持つ「ワーン・シン漢方クリニック」では、尿失禁や頻尿の治療もしています。女性や中高年以上の年齢層で多く見られる症状ですが、漢方では1~2ヵ月の治療で治します。   夜中に何度もトイレに起きる頻尿は、深刻な状況になると睡眠の質が悪くなり、十分な休息が取れなくなる人もいます。 十分な睡眠を確保するためにおむつを着用して眠る人もいますが、湿気や不快感、悪 ...

肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 130

鍼灸と漢方で経験豊富な「ワーン・シン・漢方クリニック」では、伝統的な漢方薬を処方しています。 現在医学では難しい症状も漢方で治療できることがあります。 今回は『顔面神経麻痺』の治療についてお知らせします。顔面麻痺の症状が起きると、目が垂れ下がる、また口角が曲がるなど、日常生活に支障が出ることも多くなります。目が垂れ下がると、まぶたが完全に閉じられなり、ドライアイやまたは涙が止まらないことがあります ...

腰痛治療,健康、病気,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,コロナ感染,肩こり治療,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 047
エネルギー療法は「非接触式」と「遠距離式」の療法システムがあります。その基本的な原理は体が先天的に自己治癒する能力を持っていることであって、エネルギー療法は「生命力」「エネルギー」を利用して、体の生まれつきの自己治癒能力を加速させます。 エネルギー療法には清潔と活力が含まれています。私たちの体はよく汚いエネルギーや病的なエネルギーに触れます。エネルギー療法では、体の汚いエネルギーを「除去」し、新鮮 ...

健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,コロナ感染,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 005

針治療と漢方薬「ワーン・シン・漢方クリニック」では、伝統的な漢方薬を処方しています。 漢方薬の常識として、新型コロナウィルス(covid-19)の感染確認で使われるATKテスト6~24時間以内に陰性にします。 新型コロナウィルスは多くの国で膨大な数の人々が感染しましたが、感染後の後遺症を治癒するのが難しいという問題があります。 コロナ感染後の後遺症としては、胸の圧迫感、息切れ、軽度倦怠感、手足のし ...

腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,肩こり治療,頭痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 150

針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として開業しているワーン先生の「ワーン・シン・漢方クリニック」。 ただいま、年末までのスペシャルプロモーションとして、オフィスシンドロームのための鍼灸コースが5回で4,000バーツとなっています。さらに1回の針治療が無料となります。カッピング(通常200バーツ)も毎回サービスで受けられます。症状によって、治療に使う針の数が増えても追加料金は発生しません。5回コー ...

肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 158

いわゆる化学的な薬を使わないで治療する「ワーン・シン漢方クリニック」は、タイで40年以上の実績があり、ワーン先生が症状を聞き、それに合わせた漢方薬を調合し、治療します。その多くが、一般の病院では治療できない症状を得意としていて、まず、病院で症状を把握して、データを持って訪れるようにしたい。 治療に使用される中国の漢方薬には、抗ウイルス効果のあるハーブからなる10種類以上の薬が含まれています。冷え症 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,肩こり治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 134

針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として許可を得て営業するワーン先生のワーン・シン・漢方クリニック。中国からやって来て30年の実績がある先生だから、付け焼刃の針治療とは違う。 ワーン先生が用意する中国のハーブ煎じ薬、漢方薬は、コロナ感染の治療に効果的といいます。病気の重症度を軽減し、死亡率を低下させるといい、治療に使用される中国の漢方薬には、抗ウイルス効果のあるハーブからなる10種類以上の薬が含 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,肩こり治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 106

ぜんそくや各種アレルギー、顔のシミ、ソバカスの改善にも効く針治療。さらに漢方薬治療でもタイの公認の医師として許可を得て診察・治療を行っているワーン先生の「ワーン・シン・漢方クリニック」。 タイの滞在での疲れ、からだの痛み等は針で治療してくれる。1回30~40分ほどで針の本数によって費用が変わってくる。糖尿病などは針治療と漢方薬の治療を併用。女性によくある不眠症やストレスなどは頭皮への針治療、そして ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,未分類,ジャパニーズ 鍼灸クリニック,肩こり治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 133
  日本人責任者が常駐する「ジャパニーズ鍼灸クリニック」は、トンロー・ソイ5のビル(We Space Building)6階に移転して診療を再開しています。詳しい場所は左の地図をご覧下さい。なお、ビルに入館する際はパスポート等の身分証明書が必要です。   6月末までのプロモーションとして、吸い玉もしくはカッピングセラピー(以後、カッピング)とも呼ばれる治療が通常1500バーツのところ66 ...

ぎっくり腰,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 057

漢方薬と針で病院でも治らなかった症状を薬を使わないで治す治療院「ワーン・シン漢方クリニック」。 中国の医師で、タイに渡り、30年の実績があり、今では流暢にタイ語を話します。 漢方薬と針による治療で、腰痛などは針治療で「1~2回で治る」という。骨まできている場合は漢方薬も合わせて治していくという。 不妊症や痛風、がん、からだの麻痺など重い症状でも漢方薬による治療で改善します。 1週間ごとに漢方を調合 ...

痛風治療,ぎっくり腰,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 119

病気を治す上で重要なことは「健康と予防を第一に考えること」。病気を治すだけでなく、人間そのものを治すことを心掛けている「ワーン・シン・漢方クリニック」のワーン先生。 長年の経験と実績があり安心して治療を受けられる。全身の経絡(気血が人体をめぐり流れる経路)を整え、痛み、苦痛を効果的に改善している。針治療は、1回30~40分ほどで1200バーツほど。針の本数によって値段が変わってくる。糖尿病などは針 ...

鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 178

タイでは病院に行くとすぐに薬を出してくれるが、薬を使わないで治療を受けられるのがベストだろう。 そういう意味ではこの「ワーン・シン・漢方クリニック」は、日本人にとっても貴重な存在といえる。 長年の経験と実績があり安心して治療を受けられるワーン先生のワーン・シン・漢方クリニック。針治療は、1回30~40分ほどで1200バーツほど。針の本数によって値段が変わってくる。 糖尿病などは針治療と漢方薬の治療 ...

健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,頭痛治療,腰痛治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 146

診療所の外観長年の経験と実績があり安心して治療を受けられるワーン先生のワーン・シン・漢方クリニック。針治療は、1回30~40分ほどで1200バーツほど。針の本数によって値段が変わってくる。 糖尿病などは針治療と漢方薬の治療を併用。女性によくある不眠症やストレスなどは頭皮への針治療、そして足への針治療が効果的という。 一方、漢方薬の治療では、冷え症や肝臓、じん臓などの病気など。脳梗塞なども治療で改善 ...

頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,鍼灸治療,痛風治療,ぎっくり腰,ジャパニーズ 鍼灸クリニック,肩こり治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 088

  最近日本人の5人に1人が不眠に悩まされています。しかし、不眠症で医師に受診する割合が極端に低く、寝る前に酒を飲む比率が最も高ことがことし3月にフランスの製薬会社サノフィ・サンテラボが実施した国際睡眠疫学調査で分かりました。 調査は日本、ドイツ、中国なと10カ国で約3万5000人にアンケート調査し、日本では約1万人が答えました。これほどの大規模な睡眠の国際調査は初めてだそうです。 「睡眠の悩みを ...

スクムビットTCMクリニック,鍼灸治療,痛風治療,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,病院、薬局、薬,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 131

  ソイ41の「スクムビットTCMクリニック」の院長エミー先生は、鍼灸、もぐさ、漢方などで治療を行うほか、トラブルの原因となっている生活習慣についてもアドバイスし体質改善、根本からの治療を行っていきます。 今回取り上げるのはIBS(過敏性腸症候群)。腹痛や腹部不快感をともなう下痢や便秘などの便通異常が慢性的にくり返される疾患のことです。 心因性、自律神経失調が原因であることが多く、心因性としてはス ...

痛風治療,肩こり治療,頭痛治療,腰痛治療,健康、病気,スクムビットTCMクリニック,鍼灸治療,医療、健康、漢方

Thumbnail of post image 105
  伝統的医療のひとつであるお灸は、百草を暖めツボに当て、血液の循環を活性化させ、身体全体の健康維持に役立ちます。 お灸は手足の冷え、月経による腹痛、慢性疲労、不眠症など漢方で言うところの「陽」の不足を補います。鍼灸とお灸を併用して治療することもあります。 お灸はアジアでは何千年にも渡って行われてきた治療ですが、最初の近代科学的なお灸の本は、1927年、原志免太郎医師によって血液学的アプローチを元 ...