オフィスシンドロームに針治療 不妊治療も漢方医に相談を

オフィスシンドロームに針治療 不妊治療も漢方医に相談を

オフィスシンドロームは針治療で
オフィスシンドロームは針治療で
プロモーション5回コースならカッピングは毎回無料サービス
プロモーション5回コースならカッピングは毎回無料サービス

針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として開業しているワーン先生の「ワーン・シン・漢方クリニック」。

ただいま、年末までのスペシャルプロモーションとして、オフィスシンドロームのための鍼灸コースが5回で4,000バーツとなっています。さらに1回の針治療が無料となります。カッピング(通常200バーツ)も毎回サービスで受けられます。症状によって、治療に使う針の数が増えても追加料金は発生しません。5回コースの期限はありませんが、週に1回程度の通院を推奨しています。

デスクワークで生じる頭痛や肩こり、背中や首、腕の痛みなどを針で治します。疲れたからだに適切な治療をしてみませんか?

ワーン・シン・漢方クリニックでは、伝統的な漢方薬の知識として、不妊治療も得意としています。
体外受精が成功しないのですが、どうすればよいですか?という相談で同クリニックに訪れる患者がいます。
漢方の理論と実践では、先天性の発達欠如がない限り、女性は50歳まで月経周期を持っている限り、妊娠して出産することができます。

精子と卵子が受精して子宮に着床している間その後、細胞を分裂させて胚または胎児に成長させます。子宮に着床しなかった、または着床後に流産する主な理由は、子宮、卵巣、循環器系、内臓に栄養を与えるために母親の生殖器官の健康が弱いことです。高用量のプロゲステロン(排卵直後から増えるホルモン)もこの問題を解決することはできません。

漢方でこの問題は、冷たい子宮と蓄積された水分と呼ばれます。

冷たい子宮とは、子宮と子宮の内層を指します。それを養うには血流が不十分です。子宮内膜を厚く柔らかくし、着床や胚の成長に十分な水分を与えられません。

子宮壁の内側は受精卵のベッドや土台のようなものです。それは、胚に栄養を与えるための水と栄養素を持っている土地です。子宮内膜に十分な厚みがない場合、栄養素が不足している土壌のようなものです。植えられた種のような胚は成長しにくいです。

伝統的な漢方薬の治療は、血と陽のエネルギーを養うための方法を使用しています。化学物質による副作用は一切ありません。中国の漢方薬を使用して血流を刺激するのを助け、特に子宮と卵巣内の循環器系血流と子宮内のさまざまな老廃物の排泄を良好にします。

子宮壁を厚くして、卵巣ホルモン分泌を増加させて、子宮壁の準備をすることは、子供を産み、自然に妊娠したいという願望を可能にする根本的な方法です。

予約は下の広告を参照で。

 

公式LINE

 

 

グーグルマップ

 

フェイスブックリンク

 

2022年5月5日 タイ自由ランド掲載

関連リンク