ワーン・シン漢方クリニック 前立腺肥大は漢方で治す

ワーン・シン漢方クリニック 前立腺肥大は漢方で治す

漢方薬の原料(※写真はイメージ)
漢方薬の原料(※写真はイメージ)

漢方医歴40年のワーン先生による「ワーン・シン漢方クリニック」から、伝統的な漢方薬の常識の話:男性の前立腺肥大について説明します。

前立腺は、ほとんどの中年男性が直面する問題であり、排尿は手間と時間がかかり、尿束は細くて、性機能障害に影響を与える可能性があります。漢方薬では「長期閉鎖」と呼ばれています。その理由は、中高年の男性で、腎臓と脾臓の陽気が弱まり、前立腺によるプロスタグランジン(ほぼすべての細胞で合成、代謝、不活性化される情報伝達物質)の生成が弱くなるためです。

血液循環が低下して、水分吸収力が低下すると水分の停滞と湿気が生じます。濁った水分が蓄積すると前立腺で凝縮し、前立腺の過形成と肥大を引き起こして尿路が遮断されます。

排尿が困難になる前立腺肥大症は、冷たい飲み物を飲むことで悪化します。

西洋医学では、プロスタグランジンの分泌が減少すると、前立腺組織が増殖すると考えています。西洋医学で特別な治療薬はありません。前立腺液は、精液の重要な要素である混合精液を分泌します。前立腺の外科的除去は、男性の性生活、さらにはインポテンスにも影響を及ぼします。

漢方薬はこのような問題を解決するのが得意です。腎臓を活性化し、体内の陽を温める伝統的な漢方薬を用いて、血液循環を活性化します。前立腺組織の水分の濁りを取り除き、前立腺の正常性をすばやく回復し、性機能を高めます。前立腺肥大に関する相談はワーン・シン漢方クリニックへ相談して下さい。
下の広告を参照で。

 

タイ自由ランドの紹介ページ ワーン・シン漢方クリニック

 

Google 口コミ情報

 

公式LINE

 

フェイスブックリンク

2022年8月5日 タイ自由ランド掲載

関連リンク