「ワーン・シン漢方クリニック」で難治性の病気を治療

「ワーン・シン漢方クリニック」で難治性の病気を治療

陽の気が滞ると慢性病に?
陽の気が滞ると慢性病に?

ワーン先生による漢方の常識、今回は「風邪は万病の元、湿気は慢性病の元」です。
今回は多発性硬化症を例にします。 多発性硬化症が進行すると、首や腰椎が痛くなり、次第にこわばり、あらゆる活動が制限され、自立した生活能力を失います。
西洋医学では、免疫アレルギーの問題と考えていますが、原因は不明で、治療効果は非常に低く、ホルモンへの副作用が大きいとされています。
漢方医学の観点からは、不治の病などありません。
多発性硬化症はからだの中で湿気がたまり、陽の気を遮断することが原因とされています。
腎臓、肝臓、脾臓の陽の気が長期的に不足することによって引き起こされ、脊髄組織が癒着して固化することで硬くなります。
伝統的な中国医学では、腎臓が骨を支配していると考えられており、腎臓の陽が不足している場合、血液が栄養を失い、硬化します。 水分の湿気を取り除き、脾臓の欠乏は栄養素の供給、粘液の湿気の貯蔵と流れを失い症状を悪化させます。正確な症候群の見分けるには、温めることと腎臓の強壮、脾臓の活性化が鍵となります。体内で固まった氷を溶かして、せき止められた水分の流れを取り除くような感覚です。
脊髄の周りの寒さと湿気を放散し、血液循環供給を改善したら、あとは代謝老廃物や有毒物質を排除するだけです。
伝統的な中国医学の治療プロセスは少し時間がかかりますが、深刻な病気を克服することが可能です。
難治性の病に関することは「ワーン・シン漢方クリニック」へ相談してください。下の広告参照で。

 

タイ自由ランドの紹介ページ ワーン・シン漢方クリニック

 

Google 口コミ情報

 

LINE公式

 

フェイスブックリンク

ワーン・シン漢方クリニックの広告2023年1月5日 タイ自由ランド掲載

関連リンク