ワーン・シン漢方クリニックで肺がんを治療

 肺がんのレントゲンイメージ
肺がんのレントゲンイメージ

ワーン・シン漢方クリニック

漢方医歴40年以上のワーン先生による『漢方の常識』。今回は『肺がん細胞の自己防御』についてです。
肺がんは慢性疾患のなかでも特に重篤で、深刻な危険性があります。

通常、少量のがん細胞が5~6cmくらいに成長するのに6~8年あるいはそれ以上かかります。

外科手術で切除しても、半年また1年以内に再発、転移することも珍しくありません。これは、がん細胞転移の成長因子が刺激されるためです。化学療法で多くのがん細胞を死滅させても、再発や転移は起こるのです。
人体解剖学により、がん塊は無数のがん腫瘍の小さな塊であり、内側から外側まで、エンベロープ (筋膜)、粘液、および小さな血管の層によって保護されていることがわかりました。

食細胞、薬品、光、熱が基本的に浸透しにくいのです。したがって、これらのシールドのない通常の人間の細胞が最初に損傷を受けます。

がんの小さな血管も最初に自動的にブロックされ、化学薬品の侵入を防ぎます。

正常な細胞が損傷して弱っている間に化学薬品からの攻撃を免れたがん細胞の転移増殖因子が全身に放出されます。

がんは、多くの病気と同様に免疫力の低下と、がん細胞を退治する白血球の減少によって引き起こされます。
何千年にもわたる伝統的な中国医学は、ハーブががんの症状を克服するのに効果的があることを自然界から発見しました。

たとえば、ハーブに含まれるピネリアという成分は癌性腫瘍の内側と外側の粘液を効果的に除去でき、サポニンという成分は癌性腫瘍の細胞膜を鋭く貫通します。また、一部の動物用医薬品は、正常な組織細胞を傷つけることなく、癌細胞の増殖を阻害して、がんに効果のあるさまざまな薬物を病変に効果的に届けることができます。
なお、自然の力から作られた漢方薬はがん細胞以外の正常組織への損傷を与えず、がんの治療、腫瘍を抑制し、がん患者の生存率を高めます。何十年にもわたる通常の生活を送る能力を維持する治療法です。

下の広告を参照で。

 

タイ自由ランドの紹介ページ ワーン・シン漢方クリニック

 

Google 口コミ情報

 

LINE公式

 

フェイスブックリンク

2022年12月5日 タイ自由ランド掲載

関連リンク