未分類,コロナ感染,タイでマッサージ

9月からの店のオープンで意外だったのは、マッサージ店などのオープンが許可されたことだろう。長らくオープンできないマッサージ店の切実な声をタイ政府がくみ取ったともいえる。 郊外のマッサージ店で、50歳代のタイ人女性オーナーは、コロナ前までは1ヵ月6万バーツほどの収入があって、コロナ禍ではここ数カ月、店を閉め、それでも家賃1ヵ月5,000バーツを払い続けていた。この9月1日からオープンできるようになり ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

観光大国、タイでの外国人観光客受け入れは、各地区で地元住民の要望していることだが、タイ観光庁などによると、すでに7月から順次、プーケット、サムイ島、クラビー、パンガーなどで受け入れが始まっており、隔離なしでの受け入れで、地域内での移動は自由にでき、14日たてば地域外のバンコク等への移動も可能というもの。10 月15日からは7日間ののち、他の観光地などへの移動も可能としている。 新規のコロナ感染者が ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

隔離なしの外国人受け入れは2022年1月15日から!? タイ観光スポーツ省のピパット大臣によると、今年末までにはタイ人のワクチン接種が70%以上となり、来年1月15日から隔離なしの外国人受け入れが可能になるとしている。 また、10月から5県で観光客受け入れ可能という件については、バンコクはワクチン接種が10月に70%を見込めるため、11月にずれ込むとしており、まずは「ラオ・ティアオ・ドゥアイカン」 ...

ニュース,パタヤ,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報,パタヤの生活情報

外国人観光客の受け入れでは7月からプーケット、7月15日からサムイ島、8月16日にはクラビ、パンガー、そして10月1日からは5県を目ざしていて、バンコク、チョンブリー(パタヤ )、プラチュアップキリガン(ホアヒン)、チェンマイが予定されており、続いて10月15日には21県、その後、来年1月1日から15日には国境の開放を目ざしており、カンボジアやラオス、マレーシアなどの国境を自由に行き来できる見通し ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

タイではようやく、9月1日より飲食店内で着席しての食事ができるようになり、それでも午後8時までの営業で、今後は1日のコロナ新規感染者が15,000人ほどからさらに減ってくれば、段階的に緩和される見込みだ。 スクンビット・ソイ39にある日本人女性オーナーのこじんまりしたバーは、まだ飲酒ができないため、食事のみのオープンをこの9月から始めた。 8月中は店を閉めていたが、その間も家賃や従業員への給料も支 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,コロナ感染,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

  先月、オープンしたレッドラインの路線に続いて、現在、建設中の路線は3線で、建設は80~85%の進捗状況。 ロックダウンなどにより、コロナ感染拡大を防ぐため、労働者の配置などで予定よりも遅れているが 、BTS グループなどによると、ラプラオ~サムローンのイエローラインは建設が85%進んでおり、来年3月には区間中の一部をオープンできるとしており、来年中ごろに全体もオープンの予定。 また、 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイでは外国人の観光客誘致が急がれるが、9月1日から開放の予定だった「パタヤ・ムーブオン」は、タイ観光庁によると、「間に合わない」として、10月1日より実施できるよう、見直しをはかる。 これは、チョンブリー県のバンラムンとサタヒップのパタヤ市に、外国人観光客を迎え入れる計画で、観光業に携わる民間会社や市民らが強く要望している。 しかし、チョンブリー県では連日、1,000人以上のコロナ新規感染者が出 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイのバンコクでは8月末までコロナ感染拡大の対策のため規制強化で、レストランなどでの食事ができず、持ち帰りのみ。それも午後8時までで、午後9時には自宅に帰るよう促しており、8月からのワクチン接種拡大で、ここのところ徐々に新規コロナ感染者数や死亡者が減っており、9月からの規制緩和が注目されるが、一気に解放したあと、感染者増に転じるのを避けるため、9月も段階的な緩和となる見込みだ。 まだ、1日の新規感 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

8月末までロックダウン中で、9月からの店オープンへの規制緩和が注目されるが、タイ商工会議所などでは、厳格なタイ政府の方針は、コロナ新規感染者や死亡者が減らない状況では支持するとしているが、それに伴い多くの店舗等の資金繰りが悪化しており、店を閉めるところも多く、救済措置を迅速に取ってほしいとしている。 また、コロナにかかったかどうかの検査キットの格安での提供や、ワクチン接種を急ぐよう求めている。 な ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

コロナの状況で外国からの観光客が制限されるなか、チェンマイも9月からの受け入れを計画していたが、コロナの状況が改善されないため、10月からに引き延ばしている。 「チャーミング・チェンマイ」と呼んで、受け入れを開始するものだが副知事によると、この計画はプーケットのサンドボックスなどと違い、旅行会社のパッケージツアーを申し込んだ人のみ受け入れるというもので、14日間の滞在後は自由に国内を移動してもよい ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイのバンコクではロックダウンが8月2日から14日のび、8月15日までとなり、それ以後のタイ政府の方針が注目されるが、新規感染者が1日2万人を超えており、今月末までは規制強化が続きそうだ。理容室なども営業禁止となっており、店主は我慢の限界を迎えているが、コロナのワクチン接種ではようやく、ファイザー製のワクチンがまず、150万回分輸入され、3回目の医療従事者、タイ人高齢者など、そして外国人の60歳以 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

8月末までプーケットでも他県からの人の流れを規制しているなか、7月から始まった「プーケット・サンドボックス」の、外国人観光客の直行便による14日隔離なしの受け入れは、そのまま継続しており、外国人観光客の出費は平均1人当たり1トリップで6万バーツにのぼるという。 これからハイシーズンに入るが、今までタイ人が1ヵ月15万人は来ていたのが、規制により来れなくなり、外国人観光客にたよっている状態だが、ハイ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイでの物価のバロメーターともされる街角の屋台や、フードコートでのごはんの料金だが、例えば、おかず2種類入りごはんが50バーツ、タイラーメン1杯が40バーツなどが一般的だが、それがこのコロナ禍の時期、5~10バーツ値上げされ、50バーツが60バーツになっているという。 消費財やこのようなごはんの料金は、商務省が統制して、最終的に値上げを踏みとどまらせることも多いが、今回は値上げに踏み切るところが出 ...

未分類,コロナ感染,起業、会社設立、会計、経理

タイ政府によると、8月から1ヵ月当たり平均、1000万回分のワクチンが提供できるとしており、ワクチン不足は解消され、我々、日本人も来月9月から10月にはファイザーやモデルナのワクチン接種ができそうだが、タイ政府による、会社事業者とその従業員への給付金、補助金については、対象の職種に対して、従業員本人には1人2500バーツが本人の口座に振り込まれるが、これはプロムペイ にリンクした身分証番号の銀行口 ...

パタヤ,未分類,コロナ感染,パタヤの生活情報,催し、イベント

プーケットで外国人観光客を14日間の隔離なしでの受け入れが始まっているが、一方でタイ全国では7月なかばで9000人超の1日のコロナ新規感染者が出ており、緊迫した状況ではある。 そんななかで検討されているのが、パタヤでの「パタヤ・ ムーブオン」 で、チョンブリー県知事やパタヤ市長などによると、11月のハイシーズンの前に9月から外国人観光客が受け入れるもので、「一気に多くの観光客を受け入れるのではなく ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

長引くコロナ禍により、どの業種も深刻な影響を受けている中で、タイ工業連盟の副会長は、そんな中でも今年後半に伸びる事業を上げており、車産業、フード事業、医療機器、健康関連、薬、漢方薬、サプリメント、電化製品、エアコン、冷却器、ファニチャー、生活用品、化粧品などは平均21%の伸びだとしている。 2021年8月5日 タイ自由ランド掲載   関連リンク ->タイの地元紙で掲載されるニュース ...

ネット関連,SNS,ネット販売,未分類,コロナ感染

このコロナ禍で伸びているのは、オンラインでの事業だが、タイのLINEによると、コロナの初期のころほどではないが、ソーシャルコマースでは全体的に15~20%の伸びといい、2020年3月のコロナの時期から、タイ人の生活も変わって来ていて、多くの商売が影響を受けて、変革を余儀なくされるなか、LINEショッピングなどを使ってもらえば、早急に立て直しができ、出費も抑えて事業を継続できる、としている。 LIN ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイのコロナの状況は、ワクチン接種に関しては日本よりも少し遅れているようです。日本では7月中には全国民の4割がワクチン接種を1回は終えている状況を想定しており、すでにファイザーとモデルナで2億2000万回分を確保しており、アストラゼネカなどは当面の使用を見送り、タイなどに送っている状況です。 それで日本では、接種率60%が10月上旬としており、国民の60%ほどが1回でも接種すれば、消費がコロナの前 ...