滞在ビザ

ロングステイビザ

反政府デモ参加者は保険対象外

いま、タイ全国で学生による反政府デモが開催されていますが、参加中のケガ、病気はいかなる保険でもカバーされませんので若いお子様をお持ちの方はご注意ください。また、友人同士でも相互暴力(ケンカ)は保険免責です。(除く有警察被害届書) その他、水上ジェット、バンジージャンプ、パラセール、酸素ボンベ付きのダイビングも対象外ですのでご注意ください。   新たに登場した特別観光ビザでのタイ入国には10万ドル以上の医療保険が必要ですが、保険期間がタイ滞在期間以上を最低クリアしていることも必要です。   「パシフィッククロス医療保険会社」では、在日タイ大使館で必須とするタイ滞在期間中の10万ドル以上かつ、新型コロナウイルス特記を含む医療保険をご用意し、負担の軽い安い保険料の保険商品を販売しています。   また、厳しくなったリタイヤメントビザO-A(ロングステイビザ)取得と更新に必要となる医療保険について、99歳まで継続して更新が可能です。リタイヤメントビザ更新の2ヵ月前までのお申し込みが必要です。   ビザ年次更新を前倒して手続きするために移民局へ早めに出頭する場合、保...
ロングステイビザ

チェンワッタナの就労ビザ更新11/2から従業員の同行必要

タイでの外国人の就労については、周辺国、ラオス、カンボジア、ミャンマーは外国人労働者という枠で、タイ人が就かない3Kなどの労働に従事しているが、今はタイに入って来れない状態で、3~4月にいったん、タイから出国した労働者は戻って来れない状況だ。   一方、そのほかの外国人の就労については、「マネージャークラス」という前提があり、外国人1人に対して4人のタイ人従業員の雇用が義務付けられている。   バンコクでは取得、更新場所は2ヵ所あり、チェンワッタナのイミグレーション(入国管理局)とチャムチュリースクエア18階のイミグレーションオフィスだ。   このチャムチュリーについては、資本金3千万バーツ以上、あるいはBOIの奨励を受けた会社などが取得、更新しており、1度に2年の取得も可能で、文字通りワンストップサービスが行われており、例えば、ITのアプリ作成の会社などは、日本人1人の就労は2年のビザが出て、それに対して4人のタイ人従業員の雇用も必要なく、当然、担当官が見回りに来ることもない。   一方、チェンワッタナのイミグレーションは、タイ側株主5...
ロングステイビザ

コロナでのタイ滞在は60日間延長可

今年3月からコロナの状況で、タイ滞在していたビザ切れの人などは、この10月~11月までに日本大使館のレターをもらい、管轄の入国管理局(イミグレーション)に出頭すれば、まず12日~30日の滞在許可がもらえ、のちに再度、出頭すると、30日ほどのスタンプが押され、都合60日の滞在ができる。   現在、徐々に飛行機の便も出ており、また自国での隔離も解除されつつある状況で、「チケットが取れなくて帰れない」「自国で隔離がありタイ滞在を望む」などの理由での日本大使館からのレターを持って行っても、入管では「もう帰れるだろう」という状況で、裁量により、10日間、さらに20日間などと小刻みに滞在のスタンプを押す担当官もいる。   タイで引き続き、滞在したい人でいったん、国外に出てラオスなどでビザを取って入国したい人は、ツーリストビザを除いて、おおむねタイ国内での切り替えが可能となっているので、取り扱い業者に聞いてみるのがよいだろう。   例えば、コロナの滞在許可延長のスタンプが押されて、タイで働き口が見つかった場合は、15日以上の滞在スタンプがあれば、就労ビザ(...
ロングステイビザ

タイ入国には医療保険が必要

タイ入国には10万ドル以上の医療保険が必要ですが、保険期間がタイ滞在期間以上を最低クリアしていることも必要です。もし、タイ入国直後に保険を解約してしまったりすると、既に管轄がタイ国外務省(在日タイ大使館)から、民間航空局そしてタイ移民局に移管されています。   なお、保険料が高額になりすぎて妥当性を欠かないよう各保険会社とも原文固執(textualism)で法解釈した結果、柔軟性ある加入しやすい保険になっています。   「パシフィッククロス医療保険会社」では、在日タイ大使館で必須とするタイ滞在期間中の10万ドル以上かつ、新型コロナウイルス特記を含む医療保険をご用意し、負担の軽い安い保険料の保険商品を販売しています。80才までにご加入戴き更新は99才までです。   もちろん、コロナウイルス伝染病対策センター(CCSA)が推薦するタイ国保険省(OIC)認可保険会社です。お早めに加入してあわてない待機を確保ください。特に、65才未満で加入されますと加入時の身体検査は免除です。在タイ外国人皆保険の時代に入りました。   また、厳しくなったリタイヤメントビ...
2020.11.24
ロングステイビザ

タイランド・エリートカード新発行へ

タイに優先的に入国できるタイランドエリートカードが注目されているが、タイ観光庁によると、コロナ禍で、富裕層の外国人のタイでの投資、不動産購入を促進するため、来年初めから2種類のカード発行を予定しており、一つ目はFlex Oneといい、タイですでに建設されたコンドミニアムなど、1000万バーツ以上の物件を購入すれば、50~200万バーツのエリートカードが提供され、5~20年のビザももらえるというもの。   もう一つは Flex Plusといい、100万バーツ以上のエリートカードに申し込み、3000万バーツ以上の投資を1年以内に行えば、滞在ビザ10年以上、さらに労働許可証がその間もらえるというものだが、労働局などとの調整も必要としている。   内閣の承認を得れば、来年初めから合わせて1000枚を発行したいとしており、これらの事業で200億バーツの事業効果が見込めるとしている。   一方、タイランド・エリートカードを発行するタイランド・プリビレッジカード社によると、このコロナ禍でエリートカード保持者500人ほどの入国が許可されており、すでに52人の欧米人などが...
ロングステイビザ

エリートカードが新カード発行、150万バーツで5年ビザ

50万バーツで5年のビザがもらえる、あるいは200万バーツで20年間のビザの権利があるカードなど、エリートカードを発行しているタイプリビレッジカード社のソムチャイ氏によると、このたび、エリートマキシマヘルスカード(ELITE MAXIMA HEALTH)を新たに発行し、これはタイへの観光に来てもらうロングステイ向けで、今年末までの限定で販売している。価格は150万バーツで、5年間のビザ付与や、出入国自由、空港での出迎え、毎年の健康診断無料、またタイでどの病院での治療も可能で、入国の際の14日間の隔離のホテルも無料で選択でき、500万バーツの価値があるカードとしている。 2020年10月20日 タイ自由ランド掲載 → ビザ、滞在ビザ → ロングステイビザ → タイでロングステイ → タイで起業、会社設立 → 実際の会社登記 → 実際の税務登記 → Bビザ、就労ビザ取得 → 労働許可証取得 → Bビザ更新、労働許可証更新 → 会社設立料金一覧 → 毎月の経理をまかせる → 入管、税務署、警察などのトラブル処理...
2020.11.01
ロングステイビザ

タイ入国を徐々に許可へ

10月から徐々に外国人のタイへの入国を開放しているが、タイ政府が追加で許可しているグループとして、まず、 APECカードを持っている人で、これはアセアンなど19カ国を自由に行き来できるビジネスマンなどのためのもので、日本人なら日本で取得し、タイに入るたびに3ヵ月間、ビジネス活動ができるが、タイではニュージーランド、シンガポール、オーストラリア、マレーシア、韓国、日本、中国、香港などからの入国を受け入れることになり、これらの対象者は10万人と見積もられている。   そのほか、すでに各種イミグラントビザを持ってる人も入国可能。ただし6ヵ月間50万バーツの預金をしていることが前提。タイでのイミグラントビザでいうと、リタイヤメントビザを持ってる人、駐在員の家族のビザを持ってる人などが当たる。   さらに一時的な滞在として60日、引き続き30日延長する人に対しても、6ヵ月間の預金50万バーツがあれば許可されている。   そのほか、外国人パイロット340人などの入国も許可されている。   一方、タイ政府が許可を出したスペシャルツーリストビザについては、タイ政...
2020.10.25
ロングステイビザ

タイへの入国は10月に14便、14日間の隔離解除を待つ!

タイ政府は外国人の旅行者について最大270日まで滞在できるビザを許可しました。スペシャルツーリストビザで、入国して90日のスタンプが押され、引き続き90日を2回更新できます。手数料は1回2000バーツとなります。   しかし、入国に際しては健康診断書の提出、保険の加入、14日間の隔離施設の予約、その後のホテルやコンドミニアムの場所の書類などの提出を求められます。航空券を含めて、入って来るだけで10万バーツ以上はかかります。さらにその上で、タイで優雅にお金を使ってもらう、というのがタイ側の主旨で、ターゲットは富裕層であり、1人当たりの出費は90万バーツほどを予想していて、1回の旅行で10万バーツまでで抑えようという人たち向けではありません。いわゆる、冬を迎える欧米から、ハイシーズンのタイへバカンスに長期滞在しにやって来る人たちを想定しています。   ところで、今のところ、日本からの渡航は大幅に制限されていて、10月は全部で14便しかなく、タイ航空9便、全日空3便、日本航空2便。優先的に来れるのは、労働許可証を持っている人、就労ビザを申請してタイの労働局からトートー...
2020.10.22
ロングステイビザ

「アジアビザツアー」ビザ関連のあらゆる困りごとに対応

新型コロナウィルスによる出入国が困難な状態ですが、タイでビザに関する困りごとなら何でも「アジアビザツアー」へ相談して下さい。   ビザ法律の総合デパートメントとも言われるほど、あらゆるケースに対応しています。   個人営業の人向けにバンコクフリーランス協会を運営しており、スポーツインストラクターなど、フリーランスで仕事をしている人向けのビザ取得をしています。加入金は15万バーツで労働許可証付き、1年のビジネスビザとなります。タイ人の従業員4人を雇う必要もなく、会計処理もやってくれるのでわざわざ会社を作る必要もありません。   ほかには、タイに住んでいると3ヵ月に1度訪れるイミグレーションでの90日リポートについて、374・5バーツで代行してもらえます。各種ビザの延長や更新についても、まずは問い合わせてみて下さい。   特に難しい案件を得意としており、他社で断られたケースも相談してみるといいでしょう。   例えば現在コロナの影響で入国の条件が大変厳しくなってきており、ワークパーミットの保有、自分はコロナではないという医療証明書、10...
ロングステイビザ

タイ入国には10万ドル以上の医療保険必要

タイ入国には10万ドル以上の医療保険が必要ですが、保険期間がタイ滞在期間以上を最低クリアしていることも必要です。 もし、タイ入国直後に保険を解約してしまったりすると、既に管轄がタイ国外務省(在日タイ大使館)から、民間航空局そしてタイ移民局に移管されています。 将来、再度タイ出国時に想定外の事態に陥らないよう、担当官個人の持つ裁量権(Mutatis Mutandis)を念頭におき、法の意図を尊守しましょう。パンデミック期間中じっと我慢してタイに留まった在留邦人との取り扱い相違は当分続くことでしょう。 このたび「パシフィッククロス医療保険会社」では、在日タイ大使館で必須とするタイ滞在期間中の10万ドル以上かつ、新型コロナウイルス特記を含む医療保険をご用意し、負担の軽い安い保険料の保険商品を販売開始しました。 もちろん、コロナウイルス伝染病対策センター(CCSA)が推薦するタイ国保険省(OIC)認可保険会社です。お早めに加入してあわてない待機を確保ください。特に、65才未満で加入されますと加入時の身体検査は免除です。在タイ外国人皆保険の時代に入りました。 ...
ロングステイビザ

香港からエリートカード申込み急増、まず200人が優先的に入国へ

タイのタイランド・エリートカードの申請者が香港から急増している。今年前半では50人以上、この7~9月も20人ほどが取得する見込み。タイで最大20年の長期滞在ができるため、移住しやすい。   エリートカードを発行、管理するタイランドプリビレッジカード社によると、現在、取得している外国人の全体は1万363人で、そのうち中国人が38%、日本人が9%などとなっていて、今年になって香港などからの取得が急増。   現在、全体のうち3108人はタイ国内におり、7255人が国外にいて、この半年ほど入国できない状況だが、さしあたり200人ほどが入国を希望しているため、優先的にそれに応じる見込み。   同カードは50万~200万バーツで外国人が購入できるもので、滞在ビザは5年から最大20年を取得でき、バンコク銀行やカシコン銀行の口座開設、空港での専用の入国審査レーン使用、空港から宿泊場所への無料送迎、90日ごとの出頭代行、ゴルフ、スパの無料券などが得られる。    タイ政府では、外国人の富裕層にタイで優雅に暮らしてもらうことなどを想定しているが、実際には日本人の取得...
2020.10.22
ロングステイビザ

タイ人との結婚ビザ

タイに長期で滞在する場合は滞在ビザが必要ですが、結婚ビザをタイ国内で取るためには、タイ人とタイで結婚していることのほか、40万バーツの預金を日本人本人の口座に2ヵ月以上、置いているということが条件になっています。50歳以上のロングステイビザを取るためには80万バーツの預金が必要ですから、それの半分ということになります。   この結婚ビザのメリットは、1年ごとの更新ができるほかに、そのビザで労働許可証(WP)が取れることです。   さらにこの結婚ビザで働く場合は、通常、働く人が取るノンイミグラントのBビザと比較して、非常に節約できるという点があります。ですからタイで起業する日本人の中には、結婚ビザでWPを取る、という人が「長年タイに居る人」の中では多いようです。   節約できる点をあげてみますと、日本人がもらう最低給料ですが、入国管理局の管轄では、日本人は5万バーツ、と設定しています。しかし、結婚ビザの人は、1ヵ月の最低給料は労働局の管轄で4万バーツでよい。さらに日本人1人に対しての4人のタイ人従業員を集めなくてもよい。問い合わせについては右下の広告参照で...
ロングステイビザ

BTSの新駅を使いイミグレーションまでドーンと近く!タクシーで12分

BTSのグリーンラインがワット・プラシーマハータート駅まで伸びたということで、実際に利用してみました。 6月3日にオープニングと聞いていて、6月4日の朝からちょうど、イミグレーション(入国管理局)にビザの更新に行くのに、 BTSを使ってみました。 プロンポン駅を7時40分に出発し、電車内はそれほど混んでおらず、それでも人がひっつかないあたりに混んでいました。 アナウンスでは、英語の方は男性のネイティブの人のテープのようでしたが、必ず電車内ではマスクをするように、というところは、ネイティブの男性が警告すると、もし違反していたら「聞いていない」じゃ済まないよ、という感じですね。 また、電車内ではタイ人が電話で話していましたが、飛沫が飛ぶということで、中国でも電車内での電話は禁止、などとありましたが、タイでは日本人や中国人のように、ツバを吐くように話すことはあまりないですね。 タイ語は口の中で声を出すことばが多くて、例えば行くのパイも、パッイではなく、息をはかないパイですね。帰るのクラップも、クッラップではなく、息をはかないクラップですね。そういう意味で...
ロングステイビザ

「ビー・コンサルタント社」会社設立登記 労働許可証取得 各種ライセンス 会計の記帳代行

タイでの会社設立や各種ビザサポート、ワークパーミット(労働許可証)取得のことなら「ビー・コンサルタント」へご相談下さい。   今回は会社設立登記について、紹介いたします   会社を設立するにあたって最初にすることは、まず会社名を決めることから始まります。タイ国内に同じ社名があった場合は使用できないので、いくつか候補を挙げて下さい。   次に会社の所在地を決めます。コンドミニアムでの登記は不可、アパートやタウンハウスは条件により可能です。   そして、業務内容(定款)を決めて頂きます。この時に将来的にやりたいことも含めて、出来るだけたくさん挙げて下さい。業務内容によって必要な書類が変わります。   続いて、社判のデザインを決めます。会社のロゴでも構いません。   会社の発起人となる3名の身分証をご用意下さい。(ご用意出来ない場合もご相談下さい。)   税務(VAT)登記を行います。お店(オフィス)の写真を撮ります。その際、会社名と番地の証明が必要になるので看板等のご用意が必要です。   必要に応じて各種ライセンスの取得(輸出入、専門商材、酒、タバコ等)...
ロングステイビザ

7月末までビザなし滞在可

  タイ入国管理局によると、タイに滞在中の外国人に対しては、滞在の期限が切れても、7月末まで滞在可能になった。オーバーステイにならずに滞在できる。 現在、海外からタイ国内への入国は不可能に近いため、いったん国外に出ると戻って来るのは難しく、ビザの関係でいったん、国外に出たい人も出られない状況が続いている。    ただ、入管はいつ、オーバーステイを有効にするかわからないので、その際は国外に出る必要があるため、不安定な状態が続いている。 2020年5月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイ自由ランドのホームページ -> タイ自由ランドのFacebook → タイで起業、会社設立 → 実際の会社登記 → 実際の税務登記 → Bビザ、就労ビザ取得 → 労働許可証取得 → Bビザ更新、労働許可証更新 → 会社設立料金一覧 → 毎月の経理をまかせる → 入管、税務署、警察などのトラブル処理 → 失敗から学ぶ!タイでのケース → ロングステイビザの取得 → 結婚ビザの取得 ...
2020.05.17
ロングステイビザ

「アジアビザツアー」は滞在ビザ処理のエキスパート

プロンポン駅近く、ソイ24のターミナルビル2階にある「アジアビザツアー」は14年目を迎えます。   ビザに関することなら、ここで何でも済んでしまう、ビザ法律の総合デパートメントとして、日本人のタイでの便利・快適な暮らしのサポートを常に心掛けて参りました。   アジアビザツアーの強みは、難しい案件が得意なこと。イミグレーションが厳しくなっていますが、厳しい案件には慣れていますので、困ったことはどんどんご質問ください。   日本語のできるスタッフが揃っていますので、言葉の心配もありません。   最近話題のTM28TM30についてですが、外国人の住居登録、防犯のために家主、ホテルオーナーに宿泊者について報告をさせるものですが、昨今の外国人の犯罪増加に伴って、何かと外国人の住所電話番号等を報告させようとするものと思われます。   家主さんやホテルオーナーの義務ですが、こんな面倒くさい事をしてくれる家主さんもあるはずもなく、実際はこの国では外国人の皆さんがすることになります。真面目にやろうとすると書類が多くなります。   また事前に家主等か...
法律相談

「エーアイビザビーコンサルタンティング」では個人事業主のビザも提供

ビザ法律の総合デパートメント「エーアイビザビーコンサルティング」。アジアビザツアーと姉妹店である当社はBTSオンヌットから徒歩1分の場所に設立し、姉妹店共々にBTSに隣接しており、タイでの次世代のビザ司法・代書サービスを提供するために生まれました。衣食住法律ビザの中の法律ビザを便利にしてまいりましたが、今後ももっと楽に便利にしてまいります。 ①永住ビザに興味がある方は気楽にお問い合わせをしてください。 ②当社はバンコクフリーランス協会(仮)を運営しています。15万バーツの加入金で1年の労働許可・ビジネスビザを発行しております。タイ人を個人で4人雇う必要がありません。会計する必要がありません。ヨガインストラクター・サッカー選手・家庭教師等といった個人経営の方をサポートしています。規模が大きくない個人営業の方は今後会社を作る必要がありません。 ③中規模以上のビジネスを運営し企業イメージを良好に育成されたい方は、ご自分の会社設立するのが望ましいです。素人業者に頼みますとビザ労働許可が取れないライセンスが取れないなどトラブルを設立初期から抱える事もあり、当社に相談され...
ロングステイビザ

長期ビザを持つ人が行う作業

今回、いったん出国すると、タイに入って来れないのでは、などとイミグレーションに外国人が殺到しましたが、日本人がタイに長期滞在するのにはビザが必要。一方、短期滞在なら帰りのチケットを持っていれば入国の際は30日のスタンプが押される。さらにタイ国内で30日延長できるので、旅行や所用での滞在なら、この期間で十分だろう。   あるいは、ツーリストビザなら、日本では取得は難しいが、ラオスなどで取得してくれば、タイに2ヵ月、そして1ヵ月延長できて都合、3ヵ月居られる。   長期滞在というのは、それよりも長くタイに滞在するため、ビザを取っている人のことだ。思いつくところでいうと、就労ビザ、語学ビザ、結婚ビザ、リタイヤメントビザ、学校ビザ、タイ人の子どもの扶養ビザなどがある。   どのビザも初めは3ヵ月で、そのあと、1年ごとの更新となる。それで1年間、ビザを取ってしまえば、それだけでよいのかというと、そうではなく、別途に①リエントリーパーミット②90日ごとの届け出、③国外から戻って24時間以内の届け出。この3つの作業を行わなくてはならない。   ...
2020.04.25
ロングステイビザ

新型コロナウイルスの保険対応

タイでも新型コロナウィルス(covid-19)への感染が心配されますが、タイでもそれに対応する保険を取り扱っているのが、「パシフィック・クロスヘルス社」の医療保険です。   保険のタイプには特定の傷病だけを支払い対象にした限定的なリスク列挙型と、すべてを対象にしたうえで対象にならない免責リスクだけを列挙するオールリスク型の2種類があります。一般の医療保険はオールリスク型で現時点ではコロナウィルスは保険約款上免責と明記されてないので保険対象です。   しかし、記憶に新しいのは1980年初期に広範囲で流行したHIVウィルス(エイズ)に対する国別、保険別の対応の違いです。タイでもそれ以前は該当ウイルスはカバー対象(免責ではありません)でした。   タイ国内でも生保型と損保型の医療保険では、HIVウィルス対応に相違があり、また個人保険と団体保険でも差があります。   同一保険会社の同一商品でも主契約や特約で取り扱いが違うことがあります。また、約款上では感染病、伝染病は免責ではないものの、例えば性病は不担保となっているので、保険約款を両側面からダブルチェ...
ロングステイビザ

タイのエリートカードは中国人の購入が断トツ、日本人930人含む9380人

外国人のタイの長期滞在で誘致しているエリートカードについて、発行しているタイランドプリビレッジカード社の幹部によると、現在まで9380人が会員で、そのうち中国人が2086人で断突、次に日本人が930人と続いている。 日本人でこのカードを取得する人は、50万バーツで5年滞在のビザがおりるので、そのために購入している人が多い。   エリートカードの売り上げは、ここ数年、伸びており、ようやく軌道に乗りつつあるとしており、昨年は12億9200万バーツの売り上げだった。   中国人や日本人などは、5年のビザが得られる50万バーツのカード購入が多く、一方、ヨーロッパの定年者などには20年の長期ビザが得られる200万バーツのカードなどが売れているという。   50万バーツで購入の5年有効のカードでは、5年間のビザのほか、空港 VIP待遇、空港専用ラウンジ、リムジン送迎、銀行口座開設、90日ごとの届け出代行、優遇割引などが得られる。   同社によると、今年は景気減速、コロナウイルスの影響の大きい中国に代わり、インドやオーストラリアなどに積極的にプロモー...
2020.10.22
タイ語学校

「TLSシーロム校」ではタイ語留学生コースを募集中

 8ヵ月間の教育ビザの取得もできる「TLSシーロム校」では、5月25日(月)から始まるタイ語留学生コース生を募集しています。約8ヵ月のグループコースで教育ビザを付きで4万バーツとなっています。   1レッスン45分で5分間の休憩をはさんで、1日3レッスンずつ、期間中は毎週月、火、木、金の4日間、330レッスンを受講できます。タイ人講師は英語とタイ語で授業を行います。   すでに長期滞在ビザを取得している人は格安でレッスンに参加することができて、30レッスンなら4,200バーツ、105レッスンなら9,900バーツとなっています。   プライベートレッスンも随時受付中です。   また、同校では実践的な英会話を学ぶこともできます。お気軽にお問い合わせ下さい。 2020年2月20日 タイ自由ランド掲載 更新2020/2/20-> TLSのページ -> TLSスクムビット校のホームページ ->TLSのホームページ -> TLS のFacebook -> タイ語学校-英語学校 ->英語...
2020.02.29
タイ語学校

「TLSシーロム校」ではタイ語留学生コースを募集中

滞在ビザの心配なくタイ語を学ぶことができるタイ語留学生コースを募集中の「TLSシーロム校」。 留学生コース8ヵ月間のEDビザ付きとなっています。すでに長期滞在ビザを取得している人は格安でレッスンに参加することができて、30レッスンなら4200バーツ、105レッスンなら9900バーツとなっています。ほかには実践的な英会話も学べます。 また、BTSトンロー駅前にはTLSトンロー校、BTSエカマイ駅前にもTLSエカマイ校がオープンしています。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 更新2020/2/5-> TLSのページ -> TLSスクムビット校のホームページ ->TLSのホームページ -> TLS のFacebook -> タイ語学校-英語学校 ->英語学校、スクール、レッスン ->ビザ、滞在ビザ ->タイ語レッスンの情報 ->タイ語学校の情報 ->TLSの情報 ->タイ語学校で学ぶ!人気トップ9選!
2020.02.09
ロングステイビザ

【びざ@ばんこく】から1月のお知らせ

新春、本年も宜しくお願い申し上げます。 初売り2020先取りラオスフェア「先取先着5名まで」 ■ラオス・タイビザ申請ツアーで「新年スタートのビザ取得」 ★ラオス直行空路便・Eプラン2泊3日、通常16900Bが14900B(約7000円もお得) ★タイ国内線空路便・Aプラン1泊2日、通常9800Bが8800B)(約3500円もお得) ●発売受付期間:2020年1月6日(月)9時から1月12日㈰18時まで。先着5名まで、完売後終了。お早目にお申込みを。 ●搭乗ご出発日:2020年1月13日(月)から2月27日(水)の間迄 ★往復航空券・宿泊ホテル朝食付き、ラオス側送迎・ビザ申請アテンド員込みの料金です。 ※弊社ホームページからのお申込みのみ「ご来店除く」 ※お申込フォームに「先取フェア」と備考欄に記入して下さい(未記入無効)。 ※毎週日・木・金曜日の出発対象外となります。 ※航空券が満席、タイ大使館事前予約取得不可の際、他の日程に変更となります。 ■B「労働」・ED「学生」・O「家族・保護者・結婚」・TR「観光」ビザ申請者 ※友達、恋人、家族と一緒に同伴お...
2020.01.19
ロングステイビザ

【びざ@ばんこく】から12 月のお知らせ

今年も早いものでカレンダーも残り1枚となりました。12月は祝日も多く、イミグレ、タイ大使館も休館が増えますので、ビザ申請をご計画の方お早目にお申し込みをお願い致します。 タイに長期で住むためには何らかのビザ取得が必要です‼ ★50歳からのリタイヤメントビザを初めて申請する方は、タイ国内での申請より弊社で催行している「ラオス・タイビザ申請ツアー」でビザ取得がおススメです。 申請書類も少なく、色々な条件も厳しくなく簡単で、しかもビザ申請アテンド 員付きで安心。タイ国内外どちらも同じ新規 90日ビザです。無犯罪者証明書 と80万バーツの預金、住まいがあれば申請可能です。「海外送金証明、TM30報告書、残 21日滞在、預金 3ヵ月の条件不要」 無犯罪者証明書は日本の管轄警察本部または在タイ日本大使館で取得出来ます。タイでの申請は受理までに約2ヵ月。日本警察は約2週間。日本で取得する事をお勧めします。 ★弊社日本語スタッフと一緒「同行」にラオスビザ申請に行きませんか? 往路 VIP 大型バス+復路タイ国内線空路のH特別 プラン ①出発地から到着地まで弊社スタッ...
2019.12.06
ロングステイビザ

会社の福利厚生に医療保険

経験豊富な日本人が対応する「パシフィッククロス社」では、リタイヤメントビザ向けをはじめ、さまざまな医療保険を取り扱っています。 タイ人従業員向け社内福利制度としての法人契約医療保険について、従来のタイ保険市場の規定で最低5名が加入することになっていましたが、パシフィッククロス社では1名からでも会社契約を受けられます。配送専門の従業員だけ保険に加入することが出来るので、福利厚生として検討してみてはいかがでしょうか。 従業員向けの保険は新規加入時に男性45歳まで、女性35歳まで(男女とも自動継続は65歳まで可能)となっています。それ以上の年齢の場合は、別の医療保険があるので、担当の秋山までお気軽にご相談下さい。 従業員向け医療保険は20名以上や30名以上でのパッケージもあります。少人数から大規模事業所向けにも対応いたします。 また、厳しくなったリタイヤメントビザとロングステイビザ取得に必要となる医療保険について、74歳まで加入できる医療保険があり、99歳まで継続して更新することが可能です。 ほかには、男性45歳、女性35歳までの日本人向け共済医療保険も取り扱っています。加...
2019.11.29
ロングステイビザ

リタイヤメントビザのサポートなら「VISAサービス」

  タイで長年の経験をいかして、1年のロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の取得代行をしている「VISAサービス」。 初めて取得される方は、一気に15ヵ月を取得できるサービスを行っています。 また、2年目からの更新で、80万バーツの預金を3ヵ月できなかったという人も、19000バーツで受けております。 そのほか、働いている人のBビザや学校などに通っている人のEDビザからのロングステイビザへの切り替えも可能なため、お問い合わせ下さい。 日本人で満50歳以上の人ならだれでもロングステイビザ(リタイヤメントビザ)を申請できます。 また、弊社でビザを取得される方に限り、リエントリーご希望の方はシングル1000バーツ、マルチ4000バーツで承っております。 2020年2月20日改訂版 -> ロングステイの滞在ビザ -> ロングステイの生活 -> 高齢者向け、年金ビザ ->ロングステイビザの情報 ->年金ビザの情報 ->ビザツアーのトップ2選!
2020.02.18
ロングステイビザ

ビザ取得で医療保険の加入義務、60歳なら3万バーツの出費に

タイの入国管理局などによると、リタイアメントビザ(ロングステイビザ)をタイで取得する人、あるいは1年更新をしている人に対して、医療保険の加入義務を10月31日より施行するとしています。 タイで50歳以上で、80万バーツ以上の預金をしている外国人が取得できる1年ビザですが、医療保険では1年間で外来4万バーツ、入院40万円相当の保険をかける必要があり、掛け金は60歳ほどの人で3万バーツほどになるといいます。 海外保険などでかけてきたものではなく、ちゃんとタイ国内で加入したもので、その保険会社はlongstay.tgia.orgで13社を紹介しています。 ただ、タイでは75歳以上の人は医療保険に新規で入れないなどの制約があるため、そのあたりの法改正等が必要と思われます。 なお、医療保険の日本語での問い合わせは、下の広告参照で。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 -> AIAのホームページ ->タイ自由ランドのホームページ -> ビザ取得に加入の義務のある保険会社一覧 -&...
2019.10.19
ロングステイビザ

医療保険の加入義務化!

在タイ日本人向けに医療保険を取り扱っている「パシフィッククロス社」では、新たにリタイヤメントビザ適格医療保険の取り扱いを開始いたしました。 医療保険の加入が10月31日より義務化されており、リタイヤメントビザとロングステイビザ取得に必要となる法定医療保険です。病気やケガなどで医療機関にかかった際に治療費が払えないという事態をなくすための新たな制度で、入院費や治療費を保険でカバーしてもらうというものです。 リタイヤメントビザ保険の申し込みについては、自己申告書が必要となります。まず、新規加入時に64歳以下の場合は健康診断無審査(40歳以上女性は乳癌エコー検診だけ必要)です。駆け込み保険加入防止のため待機期間は30日間です。55歳以上は前立腺、白内障2年、65歳~69歳は前立腺、白内障3年の待期期間。70歳以上は前立腺、白内障は対象外です。 自主的に健康診断をしておくと結果次第で待機期間を短縮できることもあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 また、日本人若年層向けの共済医療保険も取り扱っており、プランとしては、入院、手術などの高額治療費に対しいてのみ保険の...
2019.10.20
ロングステイビザ

ロングステイビザのO-Aで医療保険が義務化

 在タイ日本人向けに医療保険を取り扱っている「パシフィッククロス社」では、新たにリタイヤメントビザ適格医療保険の取り扱いを開始いたしました。  この10月31日より、日本などでリタイヤメントビザ(ロングステイビザ)O-Aを取得する人に医療保険の加入義務が発生しています。それに適合する保険です。 また、高齢者向けの保険では、74才までに加入すると、99才まで継続更新できるコースもあります。ただし、重篤な既往症などなある人は加入できないこともあります。 病気やケガなどで医療機関にかかった際に治療費が払えないという事態をなくすための新たな制度で、入院費や治療費を保険でカバーしてもらうというものです。 ほかには、働く若い日本人向けの共済医療保険もあり、安い掛け金で加入できて、高額医療を受ける際にカバーしてもらえます。加入できる年齢は、男性45才まで、女性35才までとなっています。継続更新は65才までとなります。 さらに生後15日目から加入できる子供医療保険も取り扱っています。赤ちゃんが単独で加入できる保険です。お問い合わせは日本人担当者の秋山までお気軽にど...
2019.11.07
ロングステイビザ

ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」ではTM30は2,140バーツで完了

ビザに関することなら、ここで何でも済んでしまう、ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」。 イミグレーションが厳しくなっていますが、厳しい案件には慣れていますので、困ったことはどんどんご質問ください。 日本語のできるスタッフが揃っていますので、言葉の心配もありません。 最近話題のTM28TM30について、外国人の住居登録、防犯のために家主、ホテルオーナーに宿泊者について報告をさせるものです。 家主さんやホテルオーナーの義務ですが、こんな面倒くさい事をしてくれる家主さんもあるはずもなく、実際は外国人の皆さんがすることになります。 また事前に家主等から書類をもらっておく方法もありますが、郵送では申請を失敗するケースがあるなど、いずれ罰金を払わなくてはいけないのが実態です。 当社に依頼しますと2140バーツです。書類は賃貸借契約書を持ってきていただくだけになっております。 あとビザ申請の前にTM28TM30を完全に申請するようにします。 まとめとして、海外に出国して戻って来ても、90日リポートのとき指摘されたらする、ビザ延長前に...
2020.04.27
ロングステイビザ

びざ@ばんこく ビザ申請ツアーを受付中

【びざ@ばんこく】から10月のお知らせ ラオス・タイビザ申請ツアー陸路便廃止のお知らせ ①ラオス(ビェンチャン)(サワンナケート)・タイビザ申請ツアー「陸路便(ロットゥ)、陸路便+空路便プラン」は、9月29日で廃止されました。 長年ご愛顧頂きまして有難うございました。 今後は VIP大型バス陸路便+空路便Hプラン、タイ国内線空路便 A~Dプランとタイ国外線直行空路便Eプランのご利用をお願い致します。 ②ラオス・タイ大使館でビザ新規申請の方へ、2月1日よりビザ申請前に「事前予約」が 必要となりました。 「事前予約」の登録を行わないとビザ申請は出来ません! 10月中までの事前予約は以前より取得しやすくなっております。 ご出発、ビザ申請日の2週間前までに事前予約申請をお勧め致します。 ③ラオスビェンチャン・タイ大使館では6月より観光ビザ申請条件が一部変更となりました。 詳しくは弊社「ラオスタイビザ申請ツアー」にお申込み後にお伝え致します。 ★個人で観光ビザを何度も連続で申請する方(60歳以上の方も含む)の審査が厳しくなっており、個人のビザ...
ニュース

外国人の24時間以内の届け出義務

現在、外国人によるタイでの犯罪、あるいは外国で犯罪を犯してタイに逃げ込んでくるなどの外国人が増加しており、そのためタイ警察当局は、外国人がタイに入って来てから、宿泊施設などの家主、またホテルなどは24時間以内に入国管理局に通知するよう、厳格な態勢を取ることになっている。 このため、旅行者などの場合はホテル側が行うが、長期滞在者などは、アパートやサービスアパート、コンドミニアムの家主が通知を行っていればよいが、そうでない場合は、家主に代わって本人が入国管理局(イミグレーション)に知らせなくてはならない。 実際に運用されている内容では、長期滞在者の外国人がタイに戻ってきて24時間以内にチェンワッタナの入国管理局で、TM30の用紙に記述し、提出する必要がある。 まず初めにTM30では賃貸契約書、家主のIDカード、家主のタビアンバーン、その場所のタビアンバーンを添えて入国管理局で登録し、その後、タイに戻ってきて24時間以内にTM30の届け出をする。それを怠った場合は、ビザの更新時に罰金として800バーツを支払わされているのが現状だ。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載...
2019.09.28
ロングステイビザ

「アジアビザツアー」14年の実績

プロンポン駅近く、ソイ24のターミナルビル2階にある「アジアビザツアー」は14年目を迎えます。 ビザに関することなら、ここで何でも済んでしまう、ビザ法律の総合デパートメントとして、日本人のタイでの便利・快適な暮らしのサポートを常に心掛けて参りました。 アジアビザツアーの強みは、難しい案件が得意なこと。イミグレーションが厳しくなっていますが、厳しい案件には慣れていますので、困ったことはどんどんご質問ください。 日本語のできるスタッフが揃っていますので、言葉の心配もありません。 最近話題のTM28TM30についてですが、外国人の住居登録、防犯のために家主、ホテルオーナーに宿泊者について報告をさせるものですが、昨今の外国人の犯罪増加に伴って、何かと外国人の住所電話番号等を報告させようとするものと思われます。 家主さんやホテルオーナーの義務ですが、こんな面倒くさい事をしてくれる家主さんもあるはずもなく、実際はこの国では外国人の皆さんがすることになります。真面目にやろうとすると書類が多くなります。 また事前に家主等から書類をもらっておく方法もありますが、郵送で...
2019.10.12
ロングステイビザ

「ビー・コンサルタント社」では会社設立+ビザで8万バーツ

日本人とタイ人の人材紹介を行っている「アジアン・リーダーズ・キャリア」のグループ企業「ビー・コンサルタント社」では、タイでの会社設立登記を始め、各種ビザサポート、ワークパーミット取得、会計サービス、事業売買の支援を行っています。 会社設立に必要な会社登記+税務登録+ビザ申請+労働許可申請など基本項目がセットになった基本パックは実費込みで8万バーツ、会社登記内容の変更は1万2千バーツ、ビザ更新やワークパーミットの取得および更新は申請料など実費込みで1万4千バーツ、月次会計処理は8千5百バーツ~で、書類の枚数などによりお見積りとなります。 タイで新たに事業を始めたい個人や法人、ビザやワークパーミット取得のご相談、会計のご相談など、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。問い合わせは下の広告参照で。 2019年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->ALCのホームページ ->ビー・コンサルタント社のホームページ ->タイのバンコクで起業 ->経理、会計、税務、税金 ->起業、会社設立、株主 ->労働...
2019.07.13
法律相談

会社登記の賃貸場所ならタイトライ法律会計事務所が管理しているレンタルオフィス

  タイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしている「タイトライ法律会計事務所」。 場所はITFシーロム・パレス・ビルディング19階。BTSサラデーン駅から徒歩8分ほどです。 同ビル内には、タイトライ法律会計事務所が管理しているレンタルオフィスもございます。レンタルオフィスで、会社登記ができますので、日本からタイへの進出準備、またこれからタイで起業されるという方には大変便利です。タイで起業・進出支援では、会社設立登記、飲食店開業から、労働許可証申請、会計税務まで丁寧にサポートいたします。ビザ申請取得代行で、必要条件に満たない方も、ご相談ください。 2020年3月5日 改訂版 ->タイトライ法律会計事務所のホームページ ->タイトライ法律会計事務所の同社の紹介サイト ->弁護士、裁判、法律 ->経理、会計、税務、税金 ->起業、会社設立、株主 ->労働許可証、Bビザ ->ロングステイビザ、高齢者、年金、定年、リタイヤメントビザ...
2020.03.05
ロングステイビザ

「タイ自由ランド」の広告は1ヵ月2,700バーツのプランから!

  フリーペーパー「タイ自由ランド」に掲載する広告を募集しています。 フリーペーパー「タイ自由ランド」は月2回、5日と20日に発行、それぞれ15,000部を無料配布しております。 フリーペーパー「タイ自由ランド」はスクムビット、シーロム界隈の日本料理店、フジスーパー4店、サービスアパートなど、さらに、シラチャーへも郵送しています。また、日本人会会員の大手企業駐在員、中小企業の駐在員、およびその家族向けに、6,000世帯の自宅にも郵送しております。 フリーペーパー「タイ自由ランド」に広告を掲載していただきますと、そこで載せたコラムと広告はタイ自由ランドのWebにも掲載し、広告の宣伝効果がさらに高まります。 例えば、日本料理店「どろ焼き 喃風」の広告では、フリーペーパーに広告を載せていただきますと、「喃風はお酒に合うメニューが豊富」のコラムをタイ自由ランドのWebに作成いたします。さらに、鉄板焼きがいただける店、厳選!鉄板焼きがメインの店、お好み焼きのトップ5選!、などのカテゴリーの合ったサイトにタイ自由ランドのWebに掲載いたします。 ...
2019.06.08
ロングステイビザ

在住外国人は所在地を届け出る

  イミグレーション(入国管理局)の、在タイ外国人の規制については、より強化されることとして、「日ごろの住まい」についての届け出が上げられます。タイのバンコクで業務を行う担当官によると、今後は3ヵ月以上の長期ビザを持っている人全員に、海外からタイに戻ってきた際に24時間以内にイミグレーションに知らせることが義務づけられ、それを怠ると800バーツの罰金となります。そのまま、90日のちに、90日ごとの届け出をしようとすると、それが明らかになります。 また日本から戻って来て、24時間以内に届け出をしていなくて、例えば2ヵ月後に1年ビザの更新があった場合、届け出をしていないため、先にその罰金を払って、ビザの更新となります。 また、長期ビザを持っていて、国外を出入りしていて、90日の届け出をしていない人は、イミグレーションのオンラインデータには所在地がないので、賃貸契約書、家主のIDカードのコピー、家主のタビアンバーンのコピー、その場所のタビアンバーンのコピー、以上が必要で、まず、所在地を登録することが必要です。 そのほか、労働許可証の中の自分の所在地を、会社...
2019.06.08
固定資産税

タイ自由ランドの広告は宣伝効果が期待できます

  タイで日本人向けに効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 広告料が断然安い!タイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4,640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。 この料金に含まれるもの ①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。③紙面に載せた記事と広告を、ウェブ上に掲載します。 これにより「店の名前、バンコク」でグーグル検索しますと、ほぼ1位、あるいは3位以内には表示されます。このページを御社のフェイスブック等にリンクさせるため、御社のサイトも検索で上位に上がっていきます。これにより、日本にいて、タイに来る日本人の目にも留まりやすくなります。 ④ウェブ上に載せた1ページを、カテゴリー別のサイトに掲載します。このサイトをSEOで上げます...
2019.06.08
ロングステイビザ

1年のロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の取得代行をしている「VISAサービス」

  タイで長年の経験をいかして、1年のロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の取得代行をしている「VISAサービス」。 初めて取得される方は、一気に15ヵ月を取得できるサービスを行っています。 また、2年目からの更新で、80万バーツの預金を3ヵ月できなかったという人も、19000バーツで受けております。 そのほか、働いている人のBビザや学校などに通っている人のEDビザからのロングステイビザへの切り替えも可能なため、お問い合わせ下さい。 日本人で満50歳以上の人ならだれでもロングステイビザ(リタイヤメントビザ)を申請できます。 また、弊社でビザを取得される方に限り、リエントリーご希望の方はシングル1000バーツ、マルチ4000バーツで承っております。 安く、早く、確実にをモットーとした、「VISAサービス」は日本語で相談可能ですので、まずはお電話下さい。 2019年5月20日 タイ自由ランド掲載 -> ロングステイの滞在ビザ -> ロングステイの生活 -> 高齢者向け、年金ビザ...
2019.05.26
ロングステイビザ

ビザ1年更新の条件が変わりました、直近80万、1年通して40万

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ビザ1年更新の条件が変わりました、直近80万、1年通して40万についての記事を紹介しています。
2019.04.09
ロングステイビザ

ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」でタイの各種ビザ取得

ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」。タイで住む上で必要な、衣・食・住・法・ビザ。ビザのことならお任せください。ビザに関することなら何でもあり、当社一社ですべてのことが済んでしまいます。これは非常に便利なことです。不便なことを強いられる外国暮らし、日本人の皆様に少しでも便利・快適なことを増やして参りました。 ①日増しにイミグレーションが厳しくなっています。しかし当社には、法人様が簡単なことは自社でされますので、難しい案件しかきません。そのため難しい案件が得意になってしまい、イミグレが厳しくても慣れています。困ったことはどんどんご質問くださいませ。 ②様々な補助的代理サービスがあります。ノービザ30日延長・観光ビザ30日延長・リタイアメント・90日リポート(250B)・リエントリー本人が行かなくても取れます。アジアビザツアーにパスポートを持ってきていただければイミグレーションにいかなくても大丈夫です。わざわざイミグレーションに行って時間を浪費する必要はありません  ③リタイアメント・年金ビザ取得が簡単。当社に来ていただければ雑談しているうちにビザ取得...
ロングステイビザ

ビザ申請のお手伝い

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ビザ申請のお手伝いについての記事を紹介しています。
2019.02.02
法律相談

「タイトライ法律会計事務所」は会社設立・飲食店開業・ビザ申請代行など タイでのビジネスから生活までサポート

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、会社設立・飲食店開業・ビザ申請代行など、タイでのビジネスから生活までサポートする「タイトライ法律会計事務所」はを紹介しています。
2019.06.05