コロナ禍のロングステイビザの取得

コロナ禍のロングステイビザの取得

50歳以上で80万バーツ以上を預金していることが条件の、タイでのロングステイビザ(リタイヤメントビザ)は、このコロナでいったん、切らしてしまったビザを再び取りたいと、来タイする日本人も多いが、以前にすでに取った場合は、その時の80万バーツの入金証明があればOK。新たに日本から80万バーツを振り込む必要はない。

また、条件としては滞在場所の賃貸契約書や家主のIDカードのコピー、家主のタビアンバーンのコピーなどの用意は必要だが、コロナ保険などへの加入は、タイへの入国に際しての条件としてはあるが、ビザ取得の条件としてはない。

タイでロングステイビザ(リタイヤメントビザ)の更新では、1年間取得の手続き費用が5,000バーツ、当局手数料1,900バーツとなります。

用意するものは、パスポート、銀行通帳、賃貸契約書、家主のIDカードと住居登録証のコピー、家賃の支払い書、水道、電気の支払い書、1年間のステートメントなどとなります。

ビザでは更新したあとも80万バーツを3ヵ月、そのあとも最低40万バーツの預金をしていることが必要なので、そのあたりはご相談ください。

取得の方法は何通りかありますが、JJPアカウンティング社では20年の実績と経験を生かして、適正な価格で迅速に、そして確実にビザが取れるよう代行しております。

80万バーツに足りない場合や条件に合わない場合も対応しています。そのほか、年金の証明と残りの現金での対応等も相談ください。

問い合わせ等は下の広告内の電話まで。

Google 口コミ情報 タイ自由ランド

 

ホームページ

 

フェイスブック

 

ツイッター

 

インスタグラム

 

2021年12月20日 タイ自由ランド

 

関連リンク

-> タイでロングステイビザ取得

-> ロングステイビザ、高齢者、年金、定年、リタイヤメントビザ

-> ロングステイ

-> 滞在のための結婚、家族、保護者ビザ、学生ビザ

->ビザ、滞在ビザ

->ロングステイビザ

->タイのバンコクで起業

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

->会社設立の情報

->ビザの情報

->ロングステイビザの情報