「 会社設立 」 一覧

タイでの会社登記が43%増、会社閉鎖も13%増

先月12月のタイでの会社登記は前年比43%増の6305件だった。 タイ商務省によると、2017年の1年間での会社登記数は74517件で、年間で過去最高件数だった。 これは、タイ政府が個人事業者を会社組 ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第44回は、「会計処理」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第44回のテーマは、「会計処理」についてです。 タイでは、毎月5日までに付加価値税(VAT)を含む様々な税金を納めなければなりません。 そのため ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第43回は、「ビジネスビザ」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第43回のテーマは、「ビジネスビザ」についてです。昨今、タイのイミグレが厳しくなっており、ビジネスビザの取得も難しくなってきております。ビジネス ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第41回は「ワークパミットのキャンセル」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第41回のテーマは、「ワークパミットのキャンセル」についてです。 ワークパーミット(以下WP)をキャンセル・失効した場合には注意が必要です。Bビ ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第40回は「ビザのキャンセルと切り替え」

  こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第40回のテーマは、「ビザのキャンセルと切り替え」についてです。 ご家族でタイに住んでいる場合には注意が必要です。ほとんどの方は、 ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第39回のテーマは、「会社を作ろう!」

  こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第39回のテーマは、「会社を作ろう!」です。 タイで会社を作ろうと思うと、意外と簡単に設立することができます。しかし、大抵の業者は ...

許可証が出ない物件のケースもあるので、賃貸の時に区役所に確認必要

  スクムビットのアソークからトンローにかけては、ワッタナ―区役所が管轄で、タイ自由ランドの事業部でも、この地域のレストラン許可や美容許可を多くとっています。 しかし、最近、軍事政権で厳しく ...

経費を切り詰めてタイで起業、結婚ビザを利用するのもよいでしょう

タイでも景気の低迷が続いていますが、日本からタイにやって来て個人で起業する日本人は、今後も増えていくと予想されます。その理由は、株主3人で簡単に会社ができるため起業しやすい、また、タイ法人ならば日本人 ...

会社閉鎖の費用は決算など57,000バーツ

タイの景気もよくないため、日本人でタイで会社をつくり、業績がおもわしくなく、会社を閉鎖するケースも多い。タイ自由ランド事業部でも、そういったケースを多く取り扱っており、最近は会社をつくって2~5年ほど ...

ビザ取得、更新が厳しく !名義借りで査察も!

この5月より、タイでの滞在のビザ更新が厳しくなっているので注意したい。 タイで長期滞在している人の中では、就労ビザ(Bビザ)で働いている人も多いが、当局への会社の提出書類も厳しくなっており、従業員が規 ...

ビジネスサポートタイランドコラム第2回、「タイでの起業について」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第2回のテーマは、「タイでの起業について」です。 つい先日も西洋人から「タイでレストランを開きたいが初期費用はどのぐらいかかる?」と質問されました ...

違法に働いていた場合、逮捕、拘留、強制送還あるいは金銭交渉

  レストランの開業などでは、そこで働く日本人は、まだ労働許可証が取れていない状態でオープンし、のちしばらくして労働許可証を取るというケースが多い。 しかしタイでは、労働許可証を申請している ...

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.