「起業、会社設立、会計、経理」 一覧

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、起業、会社設立、会計、経理の情報を提供しています。

カテゴリ一覧

68才からの起業その31、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

日本でも、大企業が登記できない土地を買わされたとして話題になったことがあります。プロの詐欺師の仕業です。 タイも日本人客を相手にスクムビットのコンドミニアムで、登記できない物件を売りつける人がいます。 ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第35回のテーマは、「ワークパーミット」について

  こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第35回のテーマは、「ワークパーミット」についてです。 ワークパーミット(以下WP)は日本語では労働許可証となります。タイで仕事を ...

弁護士でなくても法律相談は可能

お客さんから弁護士資格を持っていますか、と聞かれました。 答えは、タイ人しか弁護士になれません、と 答えています。 あるお客さんは、当然資格を持っている、と勘違いした方もいました。 ちなみに、日本の弁 ...

68才からの起業その29 永住権のビザ申請

永住権のビザ申請の季節です。 今年も、1年に1回の永住ビザ申請が近づいてきました。 当社では、昨年度お客さんの申請代行を受け無事に完了しました。このビザ申請要件は、一定以上の収入がある事、さらに3年以 ...

経理士を雇わない会社で毎月の会計代行

毎月の会計、経理業務、会計業務に関しては、タイ自由ランドでは独立して立ち上げている「JJPアカウンティング社」で業務を行っています。タイ経理協会の会員で、公認会計士、経理士をそろえています、毎月、BS ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第33回のテーマは、「損益計算書」について

コラム第33回のテーマは、「損益計算書」についてです。 「損益計算書」とは、「英語でProfit and Loss Statement 略称ではP/L」と呼ばれる財務諸表の一つです。 基本的には、売上 ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第32回のテーマは「貸借対照表」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第32回のテーマは、「貸借対照表」についてです。 「貸借対照表」とは、「バランスシート(略称B/S)」と呼ばれる財務諸表の一つです。 弊社に会社設 ...

68才からの起業その27は、還付金請求で日参

還付金のテーマについては、この紙面のNo450号(7月5日付)「税金の還付、プロに依頼」で書きましたが、今回はその続きです。 今年に入って、もう5回ぐらい税務署へ行っています。還付金請求のためです。 ...

ビジネスサポートタイランドコラムの第31回のテーマは「会社設立時の株主」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第31回のテーマは、「会社設立時の株主について」です。 タイで会社を設立するときには、株主が最低3名必要となります。 ここで重要なのは株式の比率 ...

タイトライ法律会計事務所はタイで安心して生活ができるようお手伝いをして参ります

  「タイトライ法律会計事務所」は、タイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしています。タイに長期滞在するためのビザ申請取得代行では、必要条件に満たな ...

68才からの起業その22、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

私のところに相談に来られたケースです。お客さんの相談は次のとおりです。 ビザの相談で、再延長のため申請に言ったら、窓口の人は、つれなく申請を受け付けてくれませんでした。そこで、本人とたどたどしい日本語 ...

「タイトライ法律会計事務所」はタイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしています

「タイトライ法律会計事務所」は、タイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしています。タイに長期滞在するためのビザ申請取得代行では、必要条件に満たない方はご相談く ...

ビジネスサポートタイランドコラムコラム第27回のテーマは、「会社の売買」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第27回のテーマは、「会社の売買」についてです。 タイで事業をしていた人が帰国等により、会社を売却する場合がございます。 日本の場合には、賃借対 ...

「KHCコンサルティング」では警察関連、法律相談を受け付け

タイ警察、官僚など独自のネットワークで問題を解決する「KHCコンサルティング」では、次のような各種コンサルタントを行っております。 ・法律相談、トラブル解決 ・会社設立関連相談、登記代行 ・ビザ・労働 ...

68才からの起業その21、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

大手銀行の行員による200万バーツ詐欺事件について紹介します。まず事件の概要ですが、長々となりますので省略します。 実際被害に遭っている人はいるのです。 しかし行員はその事実を認めようとしません。 日 ...

ビザ法律の総合デパートメント「アジアビザツアー」

タイで住む上で必要な、衣・食・住・法・ビザ。ビザのことなら「アジアビザツアー」にお任せください。ビザに関することなら何でもあり、当社一社ですべてのことが済んでしまいます。これは非常に便利なことです。不 ...

68才からの起業その20、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

日本ではお目にかかれない刑事事件と示談について紹介しましょう。万一、自身が刑事事件として当局及び相手側から訴えられても、示談によりその事件をなくすことができます。 日本では、こんな場合親告罪を思い出し ...

68才からの起業その19、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今日は労働問題の相談として「突然解雇通告を受けて」のタイトルで書いてみましょう。 よくある相談なのでフローで説明しましょう。 相談は、労働者側からの電話で始まります。 まずワークパーミットの有無につい ...

オーバーステイの処理も「TMコンサルティング・シーロム」へどうぞ

ビザ、ワークパーミットの難しい案件のことなら「TMコンサルティング・シーロム」」へどうぞ。 例えば、「うっかりオーバーステイを数十日してしまった。次回入国に問題がないようにタイ国内で処理できないものか ...

68才からの起業その17、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今日は日本人と日本人でよく発生する金銭トラブルについて書いてみましょう。 大体において、原因は貸したお金か、投資したお金か区別しないことで生じます。 貸した人は、貸したお金と思い、借りた人は投資を受け ...

経理代行の相場はいくら?

タイ自由ランドの事業部では、毎月の会計代行をしていますが、タイでは大学卒の会計士が会社の経理を担当する必要があり、そういった会計士が社内にいない場合は、弊社のような代行会社に頼む必要があります。 とこ ...

ロングステイや会社設立登記 、各種許可証取得 、ワークパーミット、ビジネスビザ取得なら「TMコンサルティング・シーロム」へ

タイでのロングステイや 会社設立登記 、 各種許可証取得 、 ワークパーミット、  ビジネスビザ 取得のことなら「TMコンサルティング・シーロム」へお気軽にご相談下さい。 バンコクだけでなく、サムット ...

ビジネスサポートタイランドコラム第21回のテーマは「会計代行」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第21回のテーマは、「会計代行」についてです。 最近、会計代行のお問い合わせをよく受けます。会社によっても違ってきますが、タイで会社やお店を経営さ ...

68才からの起業その16、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今日はタイでの裁判と、その費用について書いてみましょう。 日本では裁判費用について、概算のガイドラインが示されています。それを目安に概算額が出ます。 そうそう、裁判費用は弁護士費用と読み替えても同じで ...

今年は個人所得減税へ、昨年分の申告は3月末まで

タイで働いている人は、この3月末までに2016年分の所得の確定申告をする必要がある。所得税を払いすぎていれば還付、足りなければ追加申告をする。 ところで、2017年の所得税に関しては、控除などが変更さ ...

ビジネスサポートタイランドコラム第20回のテーマは「ビジネスビザ」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第20回のテーマは、「ビジネスビザ」についてです。 昨今、タイのイミグレが厳しくなっており、ビジネスビザの取得も難しくなってきております。ビジネ ...

68才からの起業その15、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

法律、ビジネス相談を開始して約半年になります。その短い期間ですが、多様な相談が寄せられていますので紹介しましょう。まず対応別に分けてみましょう。 一番やりとりが易しいケースは、電話による相談です。相談 ...

税務登記をしない会社

タイの起業において税務登記をするか否かという問題があります。 「年間の収入が180万バーツに届かない」場合は税務登記しなくてもよいと税務署では言っており、タイ人が運営している会社で、VATが別になって ...

68才からの起業その14、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今回は、相談内容とそれに対する当社の対応について書いてみましょう。   相談内容について、最初に相談内容を聞きます。 当社に何をしてほしいのか。 具体的には、お金を返してもらうとか。最初にこ ...

結婚ビザで労働許可証の取得が最強

タイに長期で滞在する場合は滞在ビザが必要ですが、最近は、周辺国でツーリストビザを取ってタイに入国を繰り返す方法が難しくなっており、50歳以上の人ならロングステイのためのビザが1年出ますが、それ以外の人 ...

68才からの起業その13、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

あけましておめでとうございます。   タイ自由ランドの読者のみなさんへ、新年のご挨拶をいたします。 昨年度は、会社を創設して相談業務を開始して以来、多くのお客さんからお引き立ていただきありが ...

ビジネスサポートタイランドコラム第17回のテーマは「リエントリービザ その2」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第17回のテーマは、「リエントリービザ その2」についてです。観光ビザやビジネスビザを持っている方で海外に出る場合には、リエントリービザの取得が必 ...

68才からの起業その12、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

お客さんからの相談です。   超有名銀行に200万バーツの詐欺を受けたという内容です。具体的に書けないのが、残念です。 普通銀行の人は、犯罪を犯す意図を持っていません。しかし、今回はそうでな ...

会社閉鎖は節約して閉めるのが得策

日本人のタイでの事業では、日本からやってくる会社や、個人でやって来て起業する人もいる。バンコクでは今ではどの業種も競争相手が多数あり、日本人相手の業種は過当気味だ。 そんななか、見切りをつけて会社閉鎖 ...

空港でリエントリー取得

タイで長期ビザを取った際は、タイ国外にそのビザをいかして出入りできるリエントリーパーミットも合わせて取るのがよいが、いつ国外に出るのかわからないのでその時に、という場合は、出国前にスワンナプーム空港で ...

no image

ビジネスサポートタイランドコラム第16回のテーマは「リエントリービザ」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第16回のテーマは、「リエントリービザ」についてです。観光ビザやビジネスビザを持っている方で海外に出る場合には、リエントリービザの取得が必要になり ...

no image

68才からの起業その11、法律事務所が投げ出した案件を拾う

当地では、法律事務所に報酬を支払って、問題解決を依頼します。 問題は、その依頼内容がどのようになっているかです。この依頼内容をはっきり定めておかないと、後日法律事務所とトラブルが生じます 。 今回の事 ...

no image

「KHCコンサルティング」では通訳・翻訳も万全!

●タイ語が分からない!? 海外生活で最初にお困りになるのが言葉の問題ではないでしょうか。思うように自身の言いたい事を伝えられない、相手の言っている事が分からないのはもどかしいものです。また誤って伝わっ ...

ビジネスサポートタイランドコラム第15回のテーマは「タイでの離婚について その3」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第15回のテーマは、「タイでの離婚について その3」です。 タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合で、今回は確定裁判に基づく離婚手 ...

68才からの起業その10、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

死亡した親の銀行口座より、残金を引きおろしたい、という息子さんからの相談がありました。   銀行に行くと、必要書類が提示されます。 それは、不動産の相続と同様の書類です。すなわち、裁判所へ資 ...

TMカードは大切!1年ビザ手数料は安い?

タイに入国する際に必要なアライバル、ディパーチャーカード。略してTMカードなどと呼ばれていますが、以前はこのカード、入国する際に係官がホッチキスでパスポートにとめていたと思います。それがいつごろからか ...

「TMコンサルティング・シーロム」」では空港のVIPレーンご利用も

「TMコンサルティング・シーロム」」では、ビザ、ワークパーミットのしい案件を扱っております。 例えば、「うっかりオーバーステイを数十日してしまった。次回入国に問題がないようにタイ国内で処理できないもの ...

ビジネスサポートタイランドコラム第14回のテーマは「タイでの離婚について その2」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第14回のテーマは、「タイでの離婚について その2」です。 タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります ...

68才からの起業その9、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

当社は社名の通りタイの法律とビジネスを行っています。そこで皆さんとタイの法律を共に学ぶ機会を設けました。対象者としては、法律を学んだことのない初心者を想定し、具体的には赴任したばかりのビジネスマン、タ ...

no image

ビザ取得から会社清算まで「TMコンサルティング・シーロム」へ

タイでの長期滞在に必要なビザに関するお悩みや困りごとなら「TMコンサルティング・シーロム」へお気軽にご相談下さい。 ビジネスビザの書類アレンジは6千バーツ(1年マルチも同じ料金で承ります)、ビザの延長 ...

ビジネスサポートタイランドコラム第13回のテーマは「タイでの離婚について その1」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第13回のテーマは、「タイでの離婚について その1」です。 タイに居住している日本人とタイ人の夫婦が離婚する場合には、以下の手続きが必要になります ...

68才からの起業その7、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今回はおまけとして、個人の性格と社長候補者の性格について書いてみましょう。なお、個人の性格と社長候補者の性格の関連について、研究をしているわけではありませんし、それについてのデーターもありません。 よ ...

no image

労働許可証の取得、更新で業務内容でひっかかるケース

タイで労働許可証を取るというのは比較的、簡単にできてしまいます。会社をつくって、税務登記をして、4人の従業員を揃えれば、それでOK。もっと難しいのかと思っている日本人も多いと思いますが、本当に簡単に取 ...

no image

ビジネスサポートタイランドコラム第12回のテーマは、「タイでの採用活動について」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第12回のテーマは、「タイでの採用活動について」です。 タイで一番困るのが人材の採用です。タイでは試用期間が3ヶ月ありますので、雇う側も雇われる ...

68才からの起業その6、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

まだ間に合う、永住ビザ申請! 永住ビザ申請のシーズンとなりました。申請は、12月中旬のわずか1週間程度の受付期間です。この際、申請について検討しては如何でしょうか。 まず資格ですが、過去3年間ワーキン ...

経費を切り詰めてタイで起業、結婚ビザを利用するのもよいでしょう

タイでも景気の低迷が続いていますが、日本からタイにやって来て個人で起業する日本人は、今後も増えていくと予想されます。その理由は、株主3人で簡単に会社ができるため起業しやすい、また、タイ法人ならば日本人 ...

トラブル解決へきめ細やかな対応「KHCコンサルティング」

タイ警察、官僚など独自のネットワークで問題を解決する「KHCコンサルティング」では、次のような各種コンサルタントを行っております。 ・法律相談、トラブル解決 ・会社設立関連相談、登記代行 ・ビザ・労働 ...

ビザ延長、労働許可証取得なら「TMコンサルティング・シーロム」

タイでの長期滞在に必要なビザに関するお悩みや困りごとなら「TMコンサルティング・シーロム」へお気軽にご相談下さい。同社はBTSサラデーン駅直結のシーロム64ビル3階にビザ専門業者としてオープンいたしま ...

no image

法律&会計の日本人向け専門「タイトライ法律会計事務所」

タイに長期滞在される方は、「タイトライ法律会計事務所」のビザ申請・取得代行サービスをどうぞご利用ください。 必要条件に満たない方でも、どうぞご相談ください。日本人が対応します。また、ビザ取得後、タイ滞 ...

no image

ビジネスサポートタイランドコラム第11回のテーマは「所得税について」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第11回のテーマは、「所得税について」です。 タイの所得税は累進課税となっております。具体的には、年間所得15万バーツまでが免税。30万バーツまで ...

68才からの起業その5、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

今回は、社員の性格と中間管理職研修について書いてみました。 各企業は、入社後10年から15年になると管理職候補者を対象に社内研修を行っています。これは、係長職の任務からマネージメントの任務である課長職 ...

タイのバンコクで銀行口座の開設の仕方

タイ自由ランドでは、日本人がタイで滞在するためのビザ支援のサービスを行っていますが、その中でロングステイ(リタイヤメント)ビザを取得する場合は、タイのローカル銀行に銀行口座を持っていることが必要になり ...

ビジネスサポートタイランドコラム第10回のテーマは「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その2」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。 コラム第10回のテーマは、「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その2」についてです。 前回、「結婚資格宣言書」(英文)、「独身証明書」(英文)を大 ...

68才からの起業その4、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

前回、人間の性格がABCDタイプに分かれる、そしてそのタイプごとの説明をしました。今回は、その性格のタイプがタイ人の出身地によっても関係していることについて書いてみましょう。 タイ人の間では、出身地に ...

ビジネスサポートタイランドコラム第9回のテーマは「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第9回のテーマは、「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」についてです。 タイの役所に提出する「結婚資格宣言書」と「独身証明書(婚姻要件具 ...

68才からの起業その3、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

◆人事管理について 前回、社員の性格は4種類に分けることができる、と書きました。 今回は、その性格について掘り下げてみましょう。 まず、性格Aタイプから始めましょう。 このタイプは、リーダー型の人間な ...

ビジネスサポートタイランドコラム第8回は、「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第8回のテーマは、「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」についてです。 今回は日本で婚姻届けが終わった後でタイでの婚姻届けの提出の仕方に ...

68才からの起業その2、タイ法律ビジネス コンサルタント㈱

◆人事管理について タイに赴任して、部下の採用をする場合のことです。 タイは、粒がそろっていないので、日本人の採用より難しいです。 日本人は、金太郎飴のごとく、質が揃っています。 ようやく良い社員に恵 ...

ビザ取らず、APECのカードで90日滞在

タイで会社をつくり、日本から1ヵ月に1度やって来て、ビジネスをやっている日本人の知り合いがいる。ご存じのように最近、入国に際して税関ではうるさく、その人も同じように「何度も入国しているようだが、次はビ ...

サムットプラカンでもビザ受付

バンコクだけでなくサムットプラカンでのビジネスビザやワークパーミットの取得も承っている「ザ・テーブル」は日本人が窓口なので安心です。 50歳以上の方が対象のロングステイビザ取得や延長、さらに空路で行く ...

ビジネスサポートタイランドコラム第6回は「付加価値税(VAT)」について

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第6回のテーマは、「付加価値税(VAT)」についてです。VATは、Value Added Tax、タイ語でパーシー(税)ムンカー(価値)プーム(付 ...

no image

タイ人の起業で、ごはん屋さんは利益4万バーツ

景気が低迷する中、地方などでも工業団地のなかの仕事を辞めて、タイ人向けのラーメンやごはん屋さんを開くタイ人も多い。 ラヨーン県のマプタプット工業団地のすぐそばは、海が広がり、最近はタイ人向けのレストラ ...

法廷通訳・裁判所の翻訳 企業/個人の信用調査もKHCコンサルティング

泣き寝入りしない!タイでのトラブル処理はKHCコンサルティングにお任せ。タイ警察、官僚など、独自のネットワークで解決します ●通訳・翻訳 タイに来て一番初めにぶつかる問題が言葉ではないでしょうか。ビジ ...

会社閉鎖の費用は決算など57,000バーツ

タイの景気もよくないため、日本人でタイで会社をつくり、業績がおもわしくなく、会社を閉鎖するケースも多い。タイ自由ランド事業部でも、そういったケースを多く取り扱っており、最近は会社をつくって2~5年ほど ...

ビザ取得、更新が厳しく !名義借りで査察も!

この5月より、タイでの滞在のビザ更新が厳しくなっているので注意したい。 タイで長期滞在している人の中では、就労ビザ(Bビザ)で働いている人も多いが、当局への会社の提出書類も厳しくなっており、従業員が規 ...

ビジネスサポートタイランドコラム第2回、「タイでの起業について」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第2回のテーマは、「タイでの起業について」です。 つい先日も西洋人から「タイでレストランを開きたいが初期費用はどのぐらいかかる?」と質問されました ...

違法に働いていた場合、逮捕、拘留、強制送還あるいは金銭交渉

  レストランの開業などでは、そこで働く日本人は、まだ労働許可証が取れていない状態でオープンし、のちしばらくして労働許可証を取るというケースが多い。 しかしタイでは、労働許可証を申請している ...

ビジネスサポートタイランドコラム第1回、「経理代行の価格」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第1回のテーマは、「経理代行の価格」についてです。 経理代行費用では安いところで毎月4~5千バーツほどからありますが、この価格にはからくりがありま ...

中小企業は法人税免除へ

タイで会社を運営している日本人のケースでは、今の時期、12月末までの決算をこの5月末までに提出する会社も多いことでしょう。 特に、資本金が500万バーツを超えないで、1年の収入が3000万バーツを超え ...

タイ自由ランドの広告は料金と効果を考えれば一番お得です

タイに住む日本人に効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 特にレストランについては、紙面に広告を掲載すれば、ウェブサイト上での掲載もその料金に含まれているので、お得です。「バンコク、日本 ...

3月15日まで申請で2016年の法人税がかからない

タイで会社を運営している小規模な日系企業などで、資本金500万バーツ以下、あるいは年間の収入が3000万バーツ以下の企業に対して、3月15日までに税務署に申請すれば、2016年の決算で利益が出ても法人 ...

no image

ビザ更新でタイ人「4人の従業員」が必ず必要

日本人がタイで働く場合は、ノンイミグラントのBビザを取り、労働許可証を取得して働くことになる。その時、条件として、タイ人を4人は雇用しなくてはならないというのがある。 その場合、本当に4人以上必要な会 ...

no image

賃貸物件に固定資産税?

タイでは商業ビルなどのテナントを賃貸で貸している場合、固定資産税や土地税がかかり、それを借り主に負担させている家主も多い。ほぼ1年で家賃の12.5%がかかる。 しかし、それが発生している場所もあり、発 ...

ロングステイビザの取得が厳格に

今回の爆弾事件により、外国人らが関わったとして多数、拘束され、中にはカンボジア国境でイミグレーションの担当官ががわいろをもらって入国させていたことがわかり、締め付けが強化されている。 タイ警察長官の発 ...

カメリアン病院が社会保険の指定はずれる

タイで労働許可証を持ち、働いている日本人は、役員でない限り、社会保険に入らなくてはなりません。 これに入ると、普段の診療が無料になったりしてメリットがあるのですが、日本人に重宝されているサミティベート ...

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

2015/02/24   -パブ、バー, フュージョン, 欧州パブ, 店舗物件仲介, 携帯、スマホの通話料金, 病院、薬局、薬, ダイエット、おけいこ, ゴルフ場予約, リサイクルショップ, 洗浄、消臭、除菌、害虫駆除, 理容室、ヘアサロン, 工場の自動化, 喫茶、スイーツ、ケーキ, 日本のテレビが見られる, 宅配、デリバリー、配達, 店舗内装、工事、建築, 賃貸アパート物件情報, 求人、求職, 不動産物件、賃貸アパートの仲介, パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア, ネット、インターネット、SEO, ダイビング, スパ、エステ, ペット、子犬, 学習塾、進学塾, レンタカー, 医療、健康、漢方, 浄水器のレンタル、販売, タイ雑貨、アジアン雑貨, チラシ、名刺、デザイン, 習い事、おけいこ、スクール、教室, パタヤの生活情報, タイ語、英語、中国語, ロングステイ, 起業、会社設立、会計、経理, タイでロングステイ, ビザ、滞在ビザ, タイ料理店, ラーメン、中華, 弁護士、裁判、法律, メガネ, 書籍、中古本、古書, ゴルフ、トラベル、旅行, 賃貸オフィス、工場レンタル, 携帯、スマホ、SIM, タイ産マンゴーを日本へ宅配, スーツの仕立て, ホームページ、ウェブサイト, 整形、美容クリニック, ヘアサロン、美容室, 引越し, 歯科医院, 日本料理店, 居酒屋さん, 焼肉店, 中国料理店, 韓国料理店

  タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果 ...

会社の領収書に納税番号の記載必要

タイ自由ランド事業部では、日本からの小規模な会社の毎月の会計業務を請け負っていますが、今年1月から領収書について、相手先のタックス番号(TAX NO)も記載の必要があるため、注意が必要です。 &nbs ...

小規模でタイで起業する人に痛手?

  円安が進みタイで起業する日本人も予算が目減りして、二の足を踏む人もいるかも知れない。最初はできるだけ小規模で、と考えている人なら、場所としてオフィス兼住まいを考えるのも当然のことだろう。 ...

毎年の赤字決算はダメ?

タイで事業を行っている日本人の会社について、税務署の税金の取り立てが厳しくなっています。 日本の会社に限ってはいませんが、外国人の場合はいろいろ指摘されやすいことが多いため、取り立てやすいというのはあ ...

no image

VAT返還で詐欺

タイで事業を行っている日系の会社などで、商品を輸出する場合は、それに関わる領収書のVAT(消費税)が、のちにタイ税務署から返還されるが、そのためにいろいろ査察が入り、なかなか、返還されないのが通常だ。 ...

no image

リゾート、ホテル、旅行ツアー利用で会社員と会社の所得控除

デモなどにより、外国人旅行者が激減し、タイ国内の旅行業界が大打撃を受けたが、政権が安定するとともに徐々に中国人旅行者なども回復しているが、一方で、タイ人がタイ国内での旅行をもっと行ってもらうよう、タイ ...

タイ自由ランドのグループ会社JJPアカウンティング社による経理処理、会計

タイで起業をする日本人は多いですが、軍事政権になり、比較的安定した経済状況で、税務署も税金の取り立てを強化しています。 日本人がつくった会社では、毎月の売上税を収め、さらに年間に法人税を収めます。この ...

no image

国内旅行で所得控除

経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。 これ ...

毎月の経理業務の乗り換え歓迎のJJPアカウンティング社

タイでつくった会社で経理などを外部にまかせている方。そろそろ、その費用を切り詰めたいという2~5年たった会社も多いことでしょう。 そこで経理の乗り換えについてはぜひ、タイ自由ランドのグループ会社JJP ...

no image

タイは所得税減税の方向

タイの税務局によると、タイで働く人の所得税については、周辺のアセアン諸国に比べてタイは高く、最高で35%となっており、今後も、所得税を減税していく方針としている。 2013年分より、最高税率は37%か ...

法人税控除は利益30万バーツまで

デモの影響で、会社の売り上げが落ちているところもあるだろう。12月末の締めの会社ではこの時期、決算処理となるが、少し、気を付けたいのは、資本金500万バーツに満たない中小企業は、利益に対しての法人税控 ...

no image

1月から社会保険5%負担 へ

デモの影響で日系の会社にも影響が出ており、特に公的機関が臨時休業するなどしており、税務署、労働局などが一時閉鎖されるなど、日本人の事業活動にも影響が出ている。 ところで、会社での毎月の申告に関して、社 ...

バンコク拠点にインド、インドネシアで広がるビジネス・チャンス

バンコクが混迷するなか、周辺国はこれを尻目に発展を続けている。 そんななか、インドネシアにビジネスの勝機を見い出し、ジャカルタで日本人駐在員向けの不動産、アパート紹介を始めた日本人もいる。 「バンコク ...

no image

会計処理で、意外と大切な中間決算

日本人のタイでの起業で、1~2年目は赤字でも問題ないですが、3年目ごろからは会社も利益を出し、法人税を支払うことを税務署が要求してくる、という話は何度も書きました。 1年で1000万バーツほどの売り上 ...

no image

タイで稼いでタイで消費してもらう

起業する上で、タイ人のパートナーの問題について取り上げます。タイ国としては自分たちの国に利益になることを、外国人にやってもらいたいわけです。稼いだお金を日本に持っていかれたら、タイには何も残りません。 ...

起業は見栄をはらずに最初は小さくやる - タイ バンコク タイ自由ランド

最近、タイ自由ランドの事業部には会社登記の相談で、飲食店を開きたい、マッサージ店を開きたい、というのが結構あるのですが、その内容を少し聞いてから「タイ人の名義でやった方がいいのでは?」とアドバイスして ...

タイで起業:自分1人で稼ぐことができる人

タイで起業する日本人で、うまくやっていく人のパターンとして、自分ですべてをやる人。このケースはタイで長くやっていく人のパターンともいえます。 例えば、料理人。自分ですべてのものを作って提供すればよいな ...

会社設立で、タイ人に頼らないなら3年必要

タイで起業するのにやはり、事業の利益が上げられるかが最大の焦点となる。例えば、日本人が自分たちの力だけで、タイ人のパートナーに頼らないで事業をする場合。 会社を起こす前からすでに、顧客を獲得していて、 ...

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.