バンコクの開発

賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年10月20日掲載

2019年9月7日(土)名城大学の立花貞司理事長ら一行が、タイ名城会の山口会長(あぱまん情報社長)が運営しているT.W.Y.Office Center Asokeを訪問した。 今回の目的は、ラジャマンガラ工科大学への表敬訪問とタイ名城会(大学OB)との懇談会(タイムズスクエアーで開催)であり、山田校友会会長、矢野副経営本部長、理工学部川澄准教授が同行した。 タイ名城会からは、87歳の南波さんから32歳の成澤さんまで11名の幅広い年代のメンバーが参加した。なお、立花理事長(元トヨタ自動車専務)は、昨年7月12日に学校法人名城大学の新理事長に就任している。 これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。 この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。 しかしながら、都心部の駅前開発物件は、今後の開発利益の期待から価格は安定している...
2019.10.11
新築コンドミニアムの販売

売れ残りを賃貸に回す、LPN社の低、中所得者向け

郊外や、最寄りの駅から2~3㎞離れたところで、低、中所得者向けの100~200万バーツ台のコンドミニアムを中心に販売しているLPNディベロップメント社によると、売れ残っている物件については賃貸に出して、空きをなくしていきたいとしており、すでにランシットで3000ユニットで販売した中、1ヵ月5000~5500バーツで賃貸に出し、1500ユニットを貸し出している。 来年も2棟で賃貸に出す見通しで、1つは中国企業と組んだが、中国の景気悪化で中国人の購入者を見込めなかったルンピニ・パーク・パホン32で、100~150ユニットを賃貸に出すという。 パホンヨーティン通りのセーナーニコムの近くで、BTSの延長が開通すれば購入が見込めるとしており、その際は中古物件として賃貸者付きで販売するとしている。 また、ルンピニ・プレース・ラマ3世も200ユニットで賃貸に出す見通しだ。 販売物件の完成後のメンテナンスフィーも、同社は10年間値上げていないとしており、1人当たりの経費で25000バーツかかるガードマンも、集中管理室でビデオを見ながら少人数で管理するなどの対策で、経費を...
2019.09.28
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年9月20日掲載

Nihon Filter Co., Ltd. Bangkok Representative Officeは、日本フィルター株式会社(神奈川県横浜市戸塚区)のバンコク駐在員事務所として、2012年タイ・バンコクに設置された。 日本フィルターは、1955年ろ過機の製造販売会社として創業して以来、日本の精密なモノづくりを支える「水のプロフェッショナル」として、水のリサイクル、排水処理、精密ろ過といった技術を開発し提供してきた。 めっき・重金属排水の処理技術を業界の中でも先駆けて開発してきた実績がある。 日本フィルターの誇りは、「下請けでない、どこかの大手企業の系列でもない、自主独立のメーカーであること」である。もちろん、その分、どんな製品をつくれば売れるのか、自分たちで調査し、考えていく技術開発の企業でもある。 タイ・バンコクの駐在員事務所責任者は髙﨑吉則さん。水処理のことでご相談があれば、気軽にご連絡くださいとのことでした。 これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。しかし...
2019.09.26
ニュース

海岸沿いのドライブ道路、バンコクでも検討!

海岸沿いの高架道路の建設を検討。 バンコク都の副知事によると、チョンブリー県に今ある、海岸沿いの高架道路のようなものを建設することを検討しており、海沿いで唯一のバンコク都であるバーンクンティアンの海岸沿いがその地区で、もちろん両どなりのサムットサコン県、サムットプラカン県にも打診して、高架がつながるようにすることも考えられている。 周辺の地域への観光促進にもなり、また、自然環境の保護も維持していくとしており、海岸の眺めが続くドライブ道路の建設が実現しそうだ。 2019年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2019.09.14
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年9月5日掲載

2019年8月9日より2泊3日で、名城大学現役生7名と柳田康幸教授、川澄未来子准教授の教員2名参加によるタイ研修がバンコクで行われた。 学生のうち3名は本年2月に来訪している。全員が2年生の情報工学科と電気電子工学科の学生である。 この研修は、名城大学理工学部の川澄ゼミのグローバル研修によるもの。 今回の目的は、ラジャマンガラ工科大学タニヤブリ校(名城大学タイオフィス)との学生交流がメイン、さらにトヨタ紡織㈱の工場見学が行われた。最終日8月10日には、名城大学OBとの交流会が行われタイ在留OBの奮闘記の講演が行われた。 OB奮闘記では、Hoyu Cosmetics(Thailand)Co.,Ltd.(ビゲン)の森田智博工場長及び、AEON(Thailand)Co.,Ltd.の永田義広GMによるタイにおける海外の工場立ち上げの苦労話やタイと日本の物流規制の違いなどの講話が行われた。 最後に、あぱまん情報TWY社バンコク都市開発研究所のサニー研究員より「タイから見た日本」について講話と質問会が行われた。学生全員からあらゆる分野における様々な...
2019.09.07
新築コンドミニアムの販売

日系と組み、低層2棟トンローでWalden Thonglor 13とWalden Thonglor 8開発へ

パタヤなどでも新規コンドミニアムを開発するハビタット・グループが、日本のList Groupと組み、トンローで低層の物件を開発する。 同社によると、株は62%、38%の割り合いで合弁で2社つくり、それぞれ8階建てのWalden Thonglor 8と、同じく8階建てWalden Thonglor 13を建設する。 トンロー8は広さ32.5㎡~71㎡で117室、価格は1㎡当たり235000~260000バーツとなり、トンロー13は広さ35~60㎡で122室、価格は1㎡当たり185000~220000バーツとなり、周囲の新規に開発される物件よりも抑えた価格という。 List Groupは横浜市に本社があり、国内での不動産開発、世界規模での不動産ネットワークの実績があり、東南アジアではシンガポール、フィリピン、インドネシアなどで投資をしており、続いてベトナムでも投資する見通し。タイは投資先として魅力があり、リスクも少なく、法律も整っており、プレミアムの不動産市場では伸びが期待できるとしている。 トンローの2物件は合わせて28億バーツの事業規模で、完成は2021年を...
新築コンドミニアムの販売

One Bangkokはオフィス5棟で5万人働く! コンドミニアムは来年販売 店舗テナントは450店入居

現在、ラマ4世通り~ウィタユ通りにかけて大規模に工事が進められている「One Bangkok」のプロジェクトについて、先日、マスタープランが公開され、それによると104ライの敷地に、1200億バーツをかけてタイ最大のミクスドユースの建物を建設し、オフィス5棟は合わせて50万㎡、500社以上が入居し、働く人は5万人にのぼる。 その象徴となるのが430mのタワーで、また、18万㎡に及ぶ店舗棟では450店が入居する。430mというのは、現在のバイヨクタワーが304mなので、タイではナンバー1の高さとなる見込みで、ホテル、コンドミニアムが入居する。 またホテルは5つで、ブティックホテル、ビジネスホテル、そして豪華なザ・リッツカールトン259室など、合わせて1100室となる。 そのほか、分譲のコンドミニアムは3棟で、その1つは来年初めには販売開始する見込みで、2ー4ベッドルーム、130㎡~で110室。 事業全体は、まず、2023年に第1次のオープンとなり、全体のオープンは2026年となる。 場所は、日本大使館の真横の104ライに及ぶ敷地で、その昔、軍事学...
2019.08.31
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年8月20日掲載

これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。 この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。しかしながら、都心部の駅前開発物件は、今後の開発利益の期待から価格は安定している。 特に、バンコク最大規模の開発が期待されるマッカサン地区が注目される。スワンナプーム空港からエアポートレイルリンクに乗車して25分ほどでいけるマッカサン駅が中心となるエリアだ。 おそらくマッカサン駅と一体となったショッピングモールなどの規模は、BTSアソーク駅隣接の「ターミナル21」の20~30倍規模になると言われている。このマッカサン開発が、来年いよいよ動き出すのだ。 今回、投資物件として登場した「ザ・アドレス・アソーク」は、マッカサン開発エリア内に2012年建設された地上44階、総戸数574戸の大型物件である。 その共用施設はどれをとっても5スターホテルクラス、プールは9階と44階、フィットネスは9階と45階と2ヶ所ずつあり、特に高...
2019.08.26
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアム77%売れる

BTSモーチット駅からラプラオ五差路駅については、9月末まで1駅を無料開放しており、セントラルラプラオなどに行くにも便利となり、またタイ最大のターミナル駅としてバンスーが着々と工事が進められており、注目されているエリアとなっている。 その中でサパンクワイ駅は、新規のコンドミニアムも現在、12物件あり、3720ユニットが販売されているが、そのうち2853ユニット、77%を売り切っている。1㎡当たり12万~15万バーツほどが中心で、1ベッドなら300万~500万バーツ、2ベッドなら500万~750万バーツほどの物件となっている。    2019年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2019.08.26
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの賃貸が活発に!

タイのバンコクでは徐々に賃貸市場が活発になってきている。ディベロッパー大手のプルックサーリアルエステート社によると、先進国では普通にあるように、タイでもコンドミニアムの賃貸が活発に行われるようになってきたという。 これは、都心の土地代が上がり、コンドミニアムの物件の価格も上がっていることや、中間、下層の人は物件を買えない、また、仕事を変えるタイ人も多く、賃貸の方が都合がよいことなど。 例えば、収入2万バーツ以下の人の場合、家の頭金20%は支払えず、賃貸しか選択肢がないという。 このため、同社ではすでに同社の物件を購入した人に対して、賃貸で貸し出すためのサービスなども提供し、賃貸市場に対応するサービスを提供しているという。 。 2019年8月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->賃貸物件の仲介業者トップ10選! ->コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選! ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情...
2019.08.11
新築コンドミニアムの販売

ラムカムヘンで199万から、阪急阪神と組むセーナー開発

都心では高騰している新規コンドミニアムの値段だが、そのため、ディベロッパーは郊外での開発に力を入れており、特に路線の駅が新設される場所周辺での建設が進んでいる。 阪急阪神ディベロッパー社と組むセーナー・ディベロップメント社はこのたび、ラムカムヘンのソイ36と36/1の間の14ライで、37階、33階、そして7階建て3棟の大規模なプロジェクト「ニッチ・モノ・ラムカムヘン」を発表し、販売価格は199万バーツから520万バーツで、1㎡当たり89000バーツと、都心に比べると、半分以下での価格となっている。 このラムカムヘン周辺は路線の計画が具体的になってきた2年前から土地の購入が進み、そのころは1㎡74000バーツほどだったのが、今では1㎡当たり98000バーツほどになっている。 現在、工事が進んでいるのが、タイ文化センター-ミンブリーまでのオレンジラインで、上の物件はそのフアマーク駅前に建設される。 そのほか、現在、建設中なのがラプラオ-サムローンのイエローライン、ケーラーイ-ラムサーリーのブラウンライン、またケーラーイ-ミンブリーのピンクラインもあり、ラムカムヘ...
2019.08.11
ヤワラート

地下鉄開通で新観光名所に!ワット・マンコン駅 サム・ヨート駅 サナーム・チャイ駅

  8月12日、地下鉄ブルーラインのフアランポーン駅から先の延伸区間ラックソーン駅までの11駅が開通。延伸区間は8月末まで無料開放となります。 今回のブルーラインの延伸区間は、通勤電車として郊外へ伸びるだけでなく、観光にも利用価値の高い路線です。 特に注目は、フアランポーン駅から先の3駅で、開業直前の3駅へ実際に行ってみました。 フアランポーン駅の次は、ワット・マンコン駅。名前の通り、駅のすぐ近くに一番古い中国仏教寺院として、多くの参拝客で賑わうワット・マンコンがあります。 ワット・マンコンは、駅の開業で更に参拝客が増えると思われます。 駅はチャルンクルン通りにあり、新しい駅はレトロ調の建物で、街の風景に溶けこんでいます。 駅の周りは中華の屋台や乾物を売る店が並び、漢方薬のような匂いが漂っていて、中華街に来たという気分にさせてくれます。 中華街の中心で、一番賑わっているのは、並行して走るヤワラート通りで、一日中、人通りが絶えません。 中華街には、迷子になりそうな路地に小さな店舗が...
2019.08.03
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアムが6月急増

タイのバンコクでは路線整備とともに駅周辺での高層コンドミニアムの建設が活発だが、タイの不動産コンサルティング会社によると、今年1~6月までのバンコクでの新規コンドミニアムの販売は45件で、18075ユニットにのぼり、昨年の同期より19.9%減だった。 これは、各ディベロッパーが昨年、新規に販売した物件のストックを売る方に力を入れていたことや、選挙のため、新規を控えていたためで、選挙後のこの6月だけで新規が5100ユニットにのぼる。 外国人では特に、中国人の需要はあるが減ってきており、現在、一番多い新規の物件の場所はブンクムで2461ユニット、ホアイクワン2119ユニット、プラカノン1315ユニットとなっており、現在ある路線や、新規に工事中の路線沿線での物件が中心だ。 そのほか、駅でいうとBTSのプンナウィティー駅の近くが1148ユニットで一番多く、ラマ9世駅近くの1025ユニットが続いている。  2019年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コ...
2019.07.28
不動産

路線整備で郊外のランシットが脚光

2011年の大洪水による被害がまだ記憶に残るなか、アユタヤやナワナコン周辺の工場も、タイ東部に移ったところもあり、今やタイ東部のチョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンはEEC地区として、新しく開発が進んでいます。 そんななかでも、ナワナコンに近いランシットは、タイ北部やイサーン地方への玄関口として再び注目を集めており、何といってもバンスー‐ランシットのレッドラインの高架鉄道が整備されることになり、現在工事が進んでおり、そのほか、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港の高架鉄道も計画が進んでおり、ドンムアンから近いランシット周辺はバンコク北部の拠点として、土地代も5~10%上がっています。 また、ランシット周辺には大学が集まっており、タマサート大学、バンコク大学、ランシット大学があり、コンドミニアム、学生寮、アパートメントで23000ユニット提供されていますが、まだ十分でなく、7万人以上いる学生の住まいの需要があり、また、新入生が1年で8000人もやって来ていると言われます。 そんななか、ランシットでは1000ライに及ぶ開発が進められており...
2019.07.13
新築コンドミニアムの販売

インスパイヤ社がエカマイ交差点開発へ

  スクムビット通り沿いでは、トンローからエカマイにかけて再開発が進んでいるが、エカマイの交差点では、バーンライカフェーのあったところはオールインスパイヤ・ディベロップメントが長期借りでプロジェクトを進めており、商業施設などを建設する見込みだ。 同社は日本のフージャースホールディングスと組み、タイでのコンドミニアム事業を加速しており、今年初めにはエカマイのビッグCの近くに高層コンドミニアム「インプレッションエカマイ」を販売し、25階建て70ユニット、43階建て310ユニットのプロジェクトで、価格は790万バーツからとなっており、同社によると、80%を販売したとしており、今年8月着工、2022年の完成を目ざしている。   2019年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2019.07.13
新築コンドミニアムの販売

ラムカムヘンの新駅近く新規コンドが129万バーツ~

  路線が新設される駅の近くで129万バーツの新規コンドミニアムの物件! 野村不動産と組む大手オリジン・プロパティー社によると、今年後半は6つの地域で6つのコンドミニアムを開発し、合わせて70億バーツを投じるとしており、どれも、タイ人の中間層が買いやすい1㎡当たり7~10万バーツほどになり、給料が2万~4万バーツほどのビジネスマンやOLらを念頭に置いている。 6月29日より発売される「ザ・オリジン・ラーム・209・インターチェンジ」は、129万バーツからの物件で、新設される2つのミンブリー駅の近く。 31階建てで、1007戸。部屋は23、25、30、35㎡とそれぞれあり、1ヵ月のローンは6~7000バーツとしており、アパートを借りていた人がコンドミニアムを買える値段という。 タイ人の働く低所得~中間層をターゲットにしており、今年後半にこの周辺で販売が次々に出てくると見られるラムカムヘン通りで、コンドミニアムのデザインと建設後のサービスに力を入れている、とオリジン社では話しており、完成後はメイドサービスや、スキャン、コピーサービスなども利用できるという。...
2019.07.06
レンタルオフィス

地下鉄サムヤーン駅近に新規にオフィス建設へ

  地下鉄サムヤーン駅から歩いて9分ほどのところに、オフィス等の建設が計画されており、オープンは2020年初めの予定だ。 場所は、BOIのチャムチュリービルがある交差点からすぐで、サムヤーン・ミットタウンがまもなくオープンするが、そのすぐそば。 スタートアップ企業などのコワーキングスペースなども併せてつくる見通しで、名称は「BLOCK28」。 PMCU社による開発となる。問い合わせ等は電話091-545-3751  pmcu.co.th まで。   2019年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->賃貸オフィス ->タイのニュースの情報
2019.07.06
新築コンドミニアムの販売

エカマイ周辺の新規は18万/㎡

  BTSエカマイ駅周辺の新規コンドミニアムの開発も活況で、昨年1年では2753ユニットを販売、今年3ヵ月の間だけでも1170ユニットを販売。 価格は平均、1㎡当たり21万バーツほどで、高い物件では1㎡当たり23万バーツになる。 また、駅から800m 以上離れたところでも、1㎡当たり18万バーツ以上となっており、トンローに間近のエカマイ周辺でも、徐々に新規の物件の価格が上がっており、この傾向は今後も続くとみられる。   2019年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2019.07.06
不動産

バンコクモールEM・エムスフィア2022年 完成へ

  サイアム・パラゴンやエンポリアムなどを展開する大手のザ・モールグループは、今後5年間の計画を発表し、グループ関連のショッピングモールにタイ人、外国人を合わせて1年に5億人の来客を見込み、また今後5年で800億バーツをかけて、新規事業などを展開するとしている。 その中で最大のものといえば、バンナー交差点で建設が始まった「バンコクモール」。敷地は100ライ以上あり、ショッピングモールを中心にコンドミニアム、オフィスなどミクスドユースの建設となり、500億バーツをかけ、延床は120万㎡にのぼる壮大なもの。 その中で目玉となるのが、バンコクアリーナホールで、16000席にのぼるコンサート会場を建設し、今、定番として使われているインパクトアリーナの12000席を大幅に上回る客席で、タイ最大のコンサートホールになる。 またムービーシアターも15館つくり、8000台収容の駐車場など、周辺のランドマークとして認知されることになりそうだ。完成は2022年を予定している。 バンコクモールの向かいには、国際展示会場のバイテック・バンナーがあり、同じく...
2019.06.22
不動産

地下鉄延長は8月に無料開放、ヤワラート周辺は見どころあり

  バンコクの路線整備については、ブルーラインの地下鉄延長、フアランポーン‐バンケーについては、すでに建設は終了しており、電気システムなどのチェックを行っていて、80%が完了、6月末までにすべてを終え、7月から試運転を始め、8月の1ヵ月間は無料で開放し、9月には正式オープンとなる見込み。 全長14㎞で11駅が建設されており、フアランポーン駅を過ぎて、ヤワラートを通るが、4駅が地下鉄でワットモンコン駅、サンヨット駅、サナムチャイ駅、イサラパップ駅など、地下の内装の見ごたえもあり、スクムビット在住の日本人でも一度、行ってみる価値がある。そして初めて、チャオプラヤー川の下を通る路線となるのも注目されている。 地上に上がって、ターミナル駅のタープラ駅、続いてバンパイ、バンワー、ペットカセム48、パーシーチャルン、バンケー、ラクソーンの各駅となっている。 徐々にシーメンス製の車両もタイに到着しており、来年2月までに35車両を輸入する。   2019年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網の整備 ...
2019.06.16
不動産

アイコンサイアムまでの路線整備遅れる!アイコンサイアムまで

  同路線では、アイコンサイアム前にチャルンナコン駅、クロンサーン区役所前にクロンサーン駅が設置される。事業費は20億バーツで、そのうち、プラチャーティポックまでの0.9㎞の整備も計画されている。 2019年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発
2019.06.08
不動産

モノレールの進捗30%、2年後にはオープンへ!

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、モノレールの進捗30%、2年後にはオープンへ!についての記事を紹介しています。
2019.05.23
不動産

BTSエカマイ駅周辺の開発、バスターミナルを複合施設に

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、BTSエカマイ駅周辺の開発、バスターミナルを複合施設についての記事を紹介しています。
2019.05.23
不動産

ドゥシタニホテルは来年末、69階コンドミニアム、49階オフィスも

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ドゥシタニホテルは来年末、69階コンドミニアム、49階オフィスもの記事を紹介しています。
2019.05.14
不動産

バンコク~コラートが2時間へ!

  タイ交通省によると、バンパインからサラブリー、コラート(ナコンラチャシーマー)までの196㎞の高速道路については、現在まで67%の進捗状況で、予定の72%より少し遅れている。来年にはほぼ建設は終了し、システムなどの導入で、2022年にはオープンできる模様。 これが完成すれば、現在、バンコクからコラートまで4時間かかっているのが、2時間で行けるようになる。 なお、30年間のオペレーション、メンテナンスについては、入札で民間企業の投資を募っており、現在、ユニックやBTSグループ、イタリアンタイ、カーンチャーンなどが入札に応募している。   2019年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網の整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
不動産

ドゥシタニホテルの再開発が始動

   ドゥシタニホテルを運営するドゥシタニ社によると、この1月5日にホテルを閉鎖し、4月から解体工事を開始し、4年後にはシーロム通りの入り口のシンボル的存在としてミクスドユースの建物が完成する。 新しいドゥシタニホテルや商業センター、オフィスビル、コンドミニアムなどで、商業施設開発の大手セントラルパッタナーと組んで開発を行う予定。 そのため、今年はドゥシタニホテルの収入20%が失われるが、ドゥシット・インターナショナルホテルなどがフィリピンやシンガポール、中国などでオープンし、現在、国内外に65ヵ所あり、5年後にはドゥシットグループのホテルは80ヵ所になるという。それらの収入で今年の収入は、昨年の55億6500万バーツから10%増となる見込みだ。 また、同グループはドゥシタニホテルで料理教室を12年やってきたが、現在はセントラルワールドの17~19階に移り、広さも以前の2千㎡から3200㎡に広げて学生の受け入れを増やしている。   2019年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース...
不動産

サトン桟橋が駅として格上げ

  アイコンサイアムのオープンで、チャオプラヤー川沿いのホテルやレストランなどが注目されているなか、BTSサパンタクシン駅からすぐのサトン桟橋について、タイ港湾局長によると、利用者にとって、時代に合ったタイのモデル・ターミナル駅として、オープンさせたいとして、予算1800万バーツなどを計上して、新たな水上駅を来年にはオープンさせる予定。 これは、利用者にとって便利で安全に利用できるための、桟橋の格上げとしてのモデル駅で、チケット購入カウンターなどもつくり、さらに今後、水上交通を利用してもらうよう、改善していくとしている。 これにより、サトン桟橋からアイコンサイアムに行く無料の船も、さらに便利になる見込みという。   2019年3月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュース
不動産

渋滞は10年前より改善、路線完成まで待つ

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、渋滞は10年前より改善、路線完成まで待つについての記事を紹介しています。
2019.03.18
新築コンドミニアムの販売

新設駅前に209万バーツ!野村不動産と組むオリジン

  野村不動産と組むオリジンプロパティー社は、スクムビットのソイ24やトンローなどでコンドミニアムなどの高級物件を販売しているが、KNIGHTS BRIDGEのシリーズで提供しているのは、リーズナブルな物件。 都心では1000万バーツ以上があたりまえになったコンドミニアムの物件だが、郊外で、今後、駅前となる場所はまだまだ格安で、今回、同社から販売されるナイトブリッジ・スクムビットーテパラックは、新設されるMRTティパワン駅前0分でありながら、209万バーツからという格安物件。販売は3月17日からだが、こういう物件は販売初日に多くの予約が入る。 BTSサムローン駅からイエローラインに乗り換えて1つ目のティパワン駅の目前。テパラック通り沿いで、シーナカリン方面にも便利。車でならスワンナプーム空港まで20分ほど。パタヤー方面に行くのも便利。 サムローン駅がターミナル駅となるため、外国人の賃貸も今後、増えると予想されており、こういった人たちに賃貸で貸すのも有効な物件だ。 す でに現地でモデルルームなどを公開中。ホームページ  参照で。 2019年2月2...
新築コンドミニアムの販売

住友林業が45階建て着工、1部屋40㎡~、30万バーツ/㎡

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、住友林業が45階建て着工、1部屋40㎡~、30万バーツ/㎡についての記事を紹介しています。
2019.02.17
不動産

クロントゥーイの再開発が始動、25階のコンドミニアムに移住へ

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、クロントゥーイの再開発が始動、25階のコンドミニアムに移住へについての記事を紹介しています。
2019.02.17
不動産

バンナースワンナプーム空港の路線、モノレールで3年で完成可能

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、バンナースワンナプーム空港の路線、モノレールで3年で完成可能についての記事を紹介しています。
2019.02.17
不動産

路線整備の第2段作成へ!トンブリー-バンナー-空港の路線も

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、路線整備の第2段作成へ!トンブリー-バンナー-空港の路線も、についての記事を紹介しています。
2019.02.17
不動産

大手2社が空港近くに開発、大型のアウトレットモール

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、大手2社が空港近くに開発、大型のアウトレットモールについての記事を紹介しています。
2019.02.11
不動産

タイ最大のターミナル「バンスー駅」へ、まず、商業地区32ライで入札

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ最大のターミナル「バンスー駅」へ、まず、商業地区32ライで入札についての記事を紹介しています。
2019.02.14
新築コンドミニアムの販売

着々と進むMRTブルーライン延伸工事、タオプーン~ターブラ、ファランポーン~ラックソン 2020年の全線開業を目指す

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、着々と進むMRTブルーライン延伸工事、タオプーン~ターブラ、ファランポーン~ラックソン 2020年の全線開業を目指すについての記事を紹介しています。
2019.02.09
ニュース

3路線のオープンは来年にずれ込む

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、バンコク都内、3路線のオープンは来年にずれ込むについての記事を紹介しています。
2019.02.09
不動産

モーターウェイ次々に完成へ

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドがモーターウェイ次々に完成への記事を紹介しています。
2019.01.14
不動産

クロントゥーイ再開発

  クロントゥーイ港の再開発については、同敷地2300ライを商業、住居地区として開発するもので、タイ港湾庁によると、商業利用により、収益を上げる地区にすることが目的。 商業施設、ホテル、オフィス、デューティーフリーなどを誘致し、将来的なランドマークを目ざし、同地に住む住民らは建設予定のコンドミニアム等に入居する。土地の買収等がほとんどなく、スムーズに行くとしている。また、同地まではモノレールを敷き、地下鉄クロントゥーイ駅などから連絡できるようにするとしている。   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報 。
新築コンドミニアムの販売

ソイ22-24のパークオリジンを販売中

  野村不動産と組んで不動産の開発を進めるオリジン・プロパティー社が勢いを増している。 日本人が多く住むBTSプロンポン駅周辺で、駅から500mのところにパーク・オリジン・プロンポンを完成させ、高層コンドミニアムが5棟という大型プロジェクトで、すでにフェーズ1が完成済みで、フェーズ2も完成したばかりの物件だ。 スクムビットのソイ22と24をまたぐ立地で、49階のフィットネスや50階のプールなど、ワンランク上の豪華な造りとなっている。 す でにエンポリアムのオープンスペースなどで、日本人向けなどにも販売しており、完成済みのフェーズ1では48階部分の27・32㎡で862万バーツ、42階部分の56・28㎡で1609万バーツ。 一方、フェーズ2では、34階部分の26・11㎡で873万バーツ、33階部分の53・40㎡で1784万バーツとなっており、3年前に売り出された当時は1㎡当たり175000バーツからだったが、現在では、1㎡当たり30万バーツほど以上の高級物件となっている。   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->...
不動産

センチュリームービープラザは2カ所

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、センチュリームービープラザは2カ所についての記事を紹介しています。
2018.12.08
不動産

アイコンサイアムに出向く

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、アイコンサイアムに出向くについての記事を紹介しています。
2018.12.08
新築コンドミニアムの販売

信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケア

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケアを紹介しています。
2018.11.24
不動産

チャトチャクに来年新モール

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、チャトチャクに来年新モールを紹介しています。
2018.11.24
不動産

UOBビル建設で再開発が加速?変わりゆくプロンポン駅前

  BTSプロンポン駅周辺では、老朽化した長屋風商業ビルが徐々に取り壊され、まとまった敷地で再開発が進んでいるが、長屋風のところは、一区画ずつ店がオープンしていて、ゴチャゴチャした中にも活気がある空間だ。 駅からスクムビット通りをソイ26に歩いて行くと、UOB銀行の大工事を過ぎると、キッチン新潟からこのような長屋が並んでおり、ソイを入ってずっと通り抜けると、さらに喜太郎寿司やばんやなどの日本料理店があるところまで続いている。 このあたりまでは結構、日本料理店もひしめいていて、ゴチャゴチャ感があるが、果たして、いつまで、この長屋風の商業店舗が営業できるのか、という向きもある。 こういった一等地では、大手の再開発ディベロッパーが例外なく、買収して取り壊されているので、時間の問題だろう、とも言われている。 再開発の波にさらされているBTSプロンポン駅からソイ26に向かうスクムビット通りだが、そんななかで、夕方からひっそり明かりがともされるのが「Bar  Kingston」。 食事のあと、2軒目に立ち寄るような店で、オープンしてから2...
ニュース

日立の車両を導入へ、バンスー駅~ランシットの路線

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、日立の車両を導入へ、バンスー駅~ランシットの路線を紹介しています。
2018.11.18
不動産

タイ最大の複合商業施設アイコンサイアム完成へ!

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ最大の複合商業施設アイコンサイアム完成へ!についての記事を紹介しています。
2018.11.20
新築コンドミニアムの販売

Ap+三菱地所レジデンス、ラマ9世に大型コンドミニアム

最近は日本の大手不動産会社と組み、開発を進めるタイのディベロッパーも多いが、大手のAP社は、日本の三菱地所レジデンスと組み、開発を進めており、MRT地下鉄のラマ9世駅から近い場所で、57億バーツの事業費で、1253ユニットにのぼる、40階建ての高層コンドミニアム「LIFE ASOKE HYPE」を建設する。日本スタイルとなるデザインで、この10月6~7日にプリセールが始まり、価格は289万バーツから。1㎡当たり135000バーツほどとなっている。ターゲットは、新ビジネス街となっている周辺で働く28~37歳ほどのビジネスマンやOLら。 タイの不動産コンサルティング会社によると、アソーク~ペッブリー~ラマ9世の周辺は新ビジネス街としてグレードAのオフィスビルも次々に登場しており、また住まいのコンドミニアムも建てられており、販売価格は平均で1㎡当たり175000~240000バーツ。83%を売却している状態だ。 リセールされても価格は年9%ほど上がっており、買った人は賃貸に出しており、周辺で働く台湾、シンガポール、香港、中国、日本人などの賃貸の需要も高いといい、202...
2018.10.30
ウタパオ空港

ニューシティー候補にCP所有地、チャチェンサオの1万ライなど、シラチャーの民間600ライも

  タイ東部経済回廊(EEC)については、タイ政府が積極的に外国資本などを誘致しており、チャチェンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県が主にその場所として上がっていて、すでにこの4月には最低賃金ではバンコクの325バーツよりも高い330バーツがチョンブリー、ラヨーン県になっており、タイ人の人材をこの3県に集めることも視野に入れている。 また、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港の3空港を結ぶ高速鉄道の入札が行われており、重要なのがスワンナプーム空港‐ウタパオ空港間の路線。 その間の駅となる周辺はすでに民間ディベロッパーなども土地を購入しており、バンコクに次ぐニューシティー(スマートシティー)の建設をどこにするのかが、注目されている。 同3県には国の所有地12500ライなども候補に上がるが、そのほか、民間が所有する大規模なものでは、チャチェンサオ商工会議所によると、CPグループによる同県の1万ライの土地が上げられている。そのほか、CPグループはサムットプラカーン県にも1000ライを所有し、またパタヤのジョムティエン近くにも500~600ライ、その...
2018.10.30
新築コンドミニアムの販売

大手シンハーの物件で大和ハウス工業も参入、複合施設スマートシティーを建設へ

  最近は不動産ディベロッパーとして次々に開発を行っているシンハービールのグループ会社、シンハーエステート社は、グループ企業のナバナダイイ社により、シーナカリンーロムクラオ通りの250ライでスマートシティーの開発を行っている。 すでに、その一部19ライを使って、一戸700万バーツからのタウンホームを予約受け付けし、173ユニットのうち85%を販売した。 続いて、2番目のプロジェクト「ナバナ・ビヨンド」を周辺の27ライを使い、高級一軒家85軒などを建設する。一戸当たり2000~5000万バーツとなり、事業費は26億バーツで、この事業は提携した大和ハウス工業も参入し、モダンなスタイルの一戸建てとなるとしており、この12月に販売開始する。 同地には、将来的には賃貸オフィスや商業センター、スポーツセンター、コンドミニアム、高齢者住宅などを建設予定で、また、エアポートレイルリンク、ラプラオーサムローンのイエローライン、タイ文化センターーミンブリーのオレンジラインにも近く、今後、急速に発展すると見られる地区で、すでに土地も急速に値上がりしており、他のディベロッパーな...
新築コンドミニアムの販売

440億バーツの大規模事業、野村不動産と組むオリジン社

  大手の野村不動産と組んで勢いを増すオリジン・プロパティー社は、今年後半はミクスドユースの複合施設を3ヵ所で計画しており、パークオリジン・パヤタイ、パークオリジン・トンロー、パークオリジン・プロンポンの3ヵ所で、コンドミニアムでは合わせて2200ユニットを計画しており、220億バーツのプロジェクトになる。 そのほか、同じ敷地内でホテル、オフィス、商業センターを含め、事業規模は440億バーツという大規模なもの。 バンコクでは1人あたりのグリーンが少ないため、このプロジェクトでは1ユニットにつき1本の木々のスペースを設け、合わせて2200本の木々を合わせて設置するとしている。 すでに香港、シンガポール、日本、中国で宣伝をしており、外国人の購入を30~40%見込んでいるという。 敷地は1タランワー当たり100万バーツ以上で購入しているため、それぞれの部屋の販売価格は1平方メートル当たり25万バーツほどの物件になる、としている。   2018年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュ...
不動産

ラサールアベニュー登場

  今年末までにはBTSスクムビット線の延長路線がオープンすることになっているが、ベーリング駅から近い場所にラサールズ・アベニューがオープンしている。 敷地20ライに及ぶもので、スターバックスからビラマーケット、KFC、ユニクロ、B-Quik、Café Amazon、ツルハ、Orca BakerButcher、すき家、By Bua、Steak Lao、Salada Organic Kitchen、Tora Yakiniku×Cafeなどが入居している。 チャーンビールのチャルーン・シリワッタナパクディー氏のTCCグループが開発したもので、すでにゲートウェイやアジアティック、リバーフロント、パンティップなどのショッピングモールの実績がある。   2018年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
不動産

デジタルセンターの拠点トゥルー・デジタル・パークが完成へ

  地域のシンボル的存在として、トゥルー・デジタル・パークが2018年11月に完成する。 場所はBTSプンナウィティー駅の近くで、ウィズドム101(Whizdom101)の43ライの中。 デジタルセンターのハブにと、trueを誘致して実現するもので、43ライで中には高層コンドミニアムが3棟完成し、そのほかレストランなど商業施設200店舗、さらにビジネスオフィスとして企業の誘致もはかる。職住が一体となった空間で、現在、工事進捗は80%となり、まもなく完成の見込みだ。 BTSオンヌット駅からは2つ目の駅で、この施設ができれば、さらにスクムビット通りの渋滞は激しくなりそうだ。   2018年8月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
ウタパオ空港

立ち退き開始へ、マッカサンの開発が本格化

  都心に残る大規模開発の場所として注目されているマッカサンの再開発については、タイ国鉄道によると、職員やその関係者らが住む周辺の敷地に関して、移転場所を用意して、立ち退きをするのは800世帯にのぼるとしている。 現在、エアポートレイルリンクのマッカサン駅の周辺地は、タイ国鉄道の敷地で、全体508・92ライを再開発することが決まっている。 タイ東部の経済特区(EEC)もからみ、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港のターミナルとしても、マッカサン駅が注目されており、4ゾーンに分けて、そのうちゾーンAとして、入札により民間企業を選定し、140ライにハイスピード鉄道と、鉄道修理センターなどを整備する。 また、ゾーンBでは180ライを、こちらも入札によって民間企業を選定し、オフィスビル、ホテル、デューティーフリーショップ、大型駐車場などを整備する。 そのほか、ゾーンCでは、151ライを公的機関などとして博物館などを整備し、ゾーンDの38ライには住まいのゾーンとして、コンドミニアム、病院、インタースクール、サービスアパートなどを整備する。 ...
新築コンドミニアムの販売

モニュメント・トンロー、45階建てが来年完成へ

  高層コンドミニアムの45階建てを現在、建設中なのが「モニュメント・トンロー」。トンロー通りのずっと奥に入って運河の手前のリバティープラザの横で、来年には完成の予定。 各階4ユニットまでのプライベートルームが売りで、2ベッド124㎡、3ベッド252㎡などの部屋の広さで、1㎡当たり30万バーツ~で、1部屋は3000万バーツ~という高級コンドミニアムだ。 手がけているのは、大手開発ディベロッパーのサンシリィ社と、BTSグループが共同で行っている。周辺のグリーンの敷地にはドックバークも設置する予定という。   2018年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
ウタパオ空港

ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3空港間の入札参加は20以上

  ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3空港間の高速鉄道と、マッカサンの開発などについては、入札は20グループ以上にのぼるとしており、決定は11月の見込み。入札で勝った企業グループは路線整備とマッカサン開発などをセットで受ける。 入札に参加しているのは、BTSグループ、チャルンポカパン(CP) グループ、イタリアンタイ社、ユニック・エンジニアリング社、イトチュー・コポレーション、シノタイエンジニアリング社、フジタコーポレーション、カーンチャーン社、チャイナレイルウエイ社など。   2018年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報
新築コンドミニアムの販売

チョクチャイ4で大地主が36ライを売却し、高層コンドミニアム等再開発へ

  バンコクの都心では、長年のタウンハウスや商業長屋が40~50年を迎え、老朽化している物件が多く、ちょうど建て替えの時期にあたる。 一方、路線化が進み、通り沿いの土地価格は上昇し、地主はできるだけ高くで売るため、大手開発業者との交渉を行っているところも多い。 そこで狙われているのが、まだそれほど価格が上昇していない、建設が始まったばかりの路線沿いの土地。ラプラオ~サムローンやタイ文化センター~ミンブリー、ケーラーイ~ミンブリーなどの路線沿いだ。 その中で、モノレールの計画で完成も早まり、建設が始まったラプラオ~サムローン間のラプラオ通り沿い。 そこにチョクチャイ4という地区があり、タラートなどもあり、大地主のもと30年以上借地をして営業しているところも多いが、それが、ここに来て、契約の終了を言い渡され、チョクチャイ4のタラートを含め、36ライが大手業者に売り渡される見込みで、価格は30億バーツにのぼるという。 すでに借主ら100棟の契約の打ち切りが今月に迫り、16ライほどが先に売却されるという。 現 在、このあたりは通り沿い...
2018.08.03
新築コンドミニアムの販売

王室財産局の土地でラマ4世通りにTCCグループが複合施設を次々建設

ラマ4世通りではTCCグループによるOne Bangkokの建設が始まっているが、一方で、ラマ4世通りで、ラチャダーピセック通りの交差点では「The Parq(ザ・パーク)」の建設が明らかとなり、2019年末を目ざして建設が始まっている。 こちらも、チャルーン・ワッタナパクディー氏のTCCエステート社によるもので、デザインなどはフレイサーズ・プロパティー社と組み、敷地24ライにミクスドユースの複合施設を建設する。 16階建てのオフィスビル、その3階部分まではレストランなどの商業施設が入居する。第1弾の建設では80億バーツを投資する。 地下鉄シリキットコンベンションセンター駅の出入り口の目の前で、シリキットコンベンションセンターの横に位置し、ビル内では15000人のビジネスマンやOLらが行き交い、またとなりのシリキットなどへの催しで、85000人の人たちも行き交い、同ビルにやって来ることが期待される。 一方、バンコクの新しいランドマークへと建設が始まっているOne Bangkokは、ルンピニ公園や日本大使館に隣接し、104ライにバンコク最大規模...
2018.08.03
新築コンドミニアムの販売

CPがバンナーで開発、来年初めにコンドミニアム販売開始

  都心では複合開発のONE BANGKOKなどが始動し、数年後の完成に向け動き出しているが、郊外のバンナー周辺は、EEC(東部経済回廊)が打ち出されてから、スワンナプーム空港に近い好立地として注目されている場所だが、CPグループ系のマグノリア・クオリティー社が発表していた「ザ・フォレスティア」がこの6月より動き出すことになった。 バンナートラート通り5~7㎞地点の300ライを開発する計画で、事業費は900億バーツにのぼる複合(ミクスドユース)という形で、豪華な一軒家、コンドミニアム、五ツ星ホテル、高齢者住宅、商業施設、オフィス棟などが建設される予定で、ターゲットとしては、都心に行かなくてもよい人の住まい、高齢者がいる家族向けの住まい、自然を好む人の住まいやオフィスなどとなっており、ハイクラスな人向けとなっている。 この6月末には高齢者の住まいやホテルなどのチェーンとしてカナダの事業者とサインを交わし、来年初めにはコンドミニアムなどの販売を開始するとしており、完成は2021年中を目ざしている。   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイの...
2018.07.26
新築コンドミニアムの販売

バンスー中央駅周辺の開発は、バンコク最大の2325ライ!

  バンコク最大のターミナル駅として開発が進められているバンスー中央駅については、スマートシティーと名づけて、2325ライに及ぶ周辺のタイ国鉄道の土地を開発するものだが、また、3空港を結ぶ路線の拠点として、また、アセアンのゲートウェイとして期待されており、注目の場所となっている。 同地を8ゾーンに分け、徐々に開発していくが、投資額は1500億バーツ以上にのぼる見通し。 すでに興味を示している大手流通業では、セントラルグループは「入札を待っている状態。潜在力のある場所で、どのような方針が出ても対処できる」と参入の意欲を示している。そのほか、ザ・モールなど、大手が揃っており、メガバンナーのオーナーであるサイアムフューチャーディベロップメント社も「機会を逃すと失敗したことになる」と話している。 一方、大手不動産開発も虎視眈々と入札を待っている状態で、大手のスパライ社によると「都心の中心地で興味がある。30年以上の賃貸でもOK。まだ開発方針が示されていないので、それが決まってから、弊社も判断することになる」と話しており、マッカサン駅周辺に並ぶ大型開発として注目さ...
2018.07.26
新築コンドミニアムの販売

チェンワッタナ通り沿いでコンドミニアムの開発競争

  路線が建設されるケーラーイ~ミンブリー間では、チェンワッタナ通りを通り、イミグレーションなど公的機関が集まっているが、その周辺ではディベロッパーのコンドミニアム建設が進んでおり、スパライ社、LPN社、ノーブル社など、大手が土地を買ってコンドミニアムを建設している。 ノーブル社は40階建てのコンドミニアムを販売し、1部屋200万バーツ弱で、1㎡当たり6~7万バーツの物件で、この価格での需要は高いという。 一方、サンシリィ社はムアントンタニーのタラート・マリというナイトマーケットを買収し、20~30ライでミクスドユースの開発を行う予定で、BTSグループも参入してコンドミニアムなどが建設される見通しだ。   2018年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報
2018.07.06
ウタパオ空港

EEC内で、パタヤ~マプタプットのモーターウェイの進捗75%

  外国企業の誘致が進むEEC内で、パタヤ~マプタプットのモーターウェイが来年には試験的に走行し、2020年より本格的にオープンの見通し。 現在、進捗は75%となっており、今年中には建設等はほぼ終了する見通し。 オープンすれば、チョンブリーからラヨーン方面が行きやすくなり、ウタパオ空港やマプタプット工業団地へのアクセスもよくなる。   2018年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報    
2018.07.06
新築コンドミニアムの販売

東京建物が進出し、プロンポンで新規物件

  タイでの不動産大手ライモンランド社が、日本の東京建物と組み、株割合51%、49%の新会社で、不動産開発を行うことになり、今年は2件の開発を予定しており、1つはサトン通りのソイ12で、コンドミニアムの建設、事業費は42億バーツの見込み。 もう1つは、スクムビットのプロンポン駅周辺で、こちらは事業費49億バーツ。日本人、中国人、シンガポール人などをターゲットにしており、1部屋1000万バーツ以上の高級物件になる見込み。 ライモンランド社によると、この2年間、日本企業のパートナーを探していて、ようやく見つかり、今後は物件の差別化をはかり、さらにクオリティーの高いものを提供していきたいとしており、独自の開発に加え、東京建物との物件を年に2件以上建設したいとしている。     2018年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2018.06.15
不動産

最大のアウトレットモールを、大手セントラルが空港近くに建設へ

  商業、流通大手のセントラルが、バンナートラート通りにタイ最大のアウトレットモール建設を発表し、2019年末にはオープンを目ざすとしている。 スワンナプーム空港のバンナー通り側で、100ライの敷地に235店舗を集め、世界のブランド品なども集結する見込みで、価格は35~70%オフでの販売を目ざしている。 空港から10分ほどの好立地で、1年で3700万人の外国人旅行者を取り込めるほか、同社ではタイ人客を65%と見込んでおり、「タイ人の中間層の需要が増している」「タイ人のブランド品の購入が増えている」などでタイ人の購入意欲が高いと見ている。 そのほか、敷地内にはレストランが20%、スーパーマーケットや家電売り場、5ツ星ホテルなども盛り込む予定で、タイ人が車で来て楽しめる空間を想定している。 バンナー通りでは、近くにメガバンナーなどもあり、フェース2では、30億バーツの投資で拡大しており、そのほか、ザ・モールグループのバンコクモールの計画もあり、100ライを200億バーツの資金をかけて開発する計画だが、まだ始動していない。 2018年5月2...
2018.06.08
不動産

ラチャダーの駅近の好立地を中国大手が買収へ

工事が始まったラチャダーのタイ文化センターからミンブリーの路線で、駅となる周辺のラチャダーピセック通り沿いの土地の売買で揺れ動いており、中国のカントリーガーデン・ホールディング社とTFD社が共同で、50ライの土地について、2者の地主と交渉しているが、値段でまだ折り合わない状態。 さらに大手10社ほども同地の購入に興味を示しており、エスプラネードの向かいにあたる同地を購入するのがどこか、注目が集まっている。 中国系の同社は購入ののち、コドミニアムやホテル、商業施設などのミクスドユースの建設を計画しており、また同地の一部は地下鉄路線で土地を削られることになっており、すでに工事が始まっているため、地下鉄側も早急に土地確保をしたい意向があり、売買が急がれている。 2018年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
不動産

EECで中国企業が開発へ

  タイ東部の経済回廊(EEC)の計画が進むなか、中国人の事業家らが、チョンブリー県などでの投資を一層加速している。 特に中国人観光客や、中国人在住者ら向けの新規のコンドミニアムなどが中心だ。そのため、土地代なども2倍近くに上がっているところもある。 チョンブリーの市内からバンセンに向かい、さらにシラチャー方面に少し向かったセンスックのウォーノンパーの海沿いは、中国系の企業が80ライを購入し、高層コンドミニアムなどの建設が進んでいる。 それまで、ディベロッパーなどもほとんど関心がなかった場所で、土地代が安い、ライバル企業が関心を持たない、などで容易に土地が取得できたという。 しかし、今後は、中国人観光客などが訪れるビーチリゾートになるといわれており、このように海沿いの立地は、中国の事業家らが開発を狙う場所となっている。 2018年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第120回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  これまでルンピニ地区やその中でのプロジェクト動向などを紹介して来ましたが、今回もその続きとなります。なぜルンピニ地区をしつこく取り上げるかと言うと、この周辺エリアで進行している、また計画されているプロジェクトは、バンコクの趨勢(すうせい)を見極めるにおいて重要なものばかりだからです。 過去ログ:今後の動向が気になるNIMIT Langsuanで、「もし完成したとすれば、このプロジェクトの価値はこんなものでは無いはずです」と述べましたが、今回はそう言わしめた背景に関して解説を加えたいと思います。 まずはルンピニ公園を中心として、開発もしくは計画が進んでいるプロジェクトの位置関係を示した、左の地図をご参照下さい。 まずは建設進行中のプロジェクトからご紹介します。 シントーン・ビレッジ このプロジェクトに関しては、過去ログ:新たな開発が進む超一等地ルンピニ地区でご紹介しておりますので、詳細に関してはそちらを参照下さい。52ライ(1ライは1,600平米)、8.3万平方メートルの土地に建設中の大型プロジェクトです。 計画されて...
不動産

CPグループが新シティーと2~3カ所の工業団地、チャチェンサオ、ジョムティエンで、20000ライを開発へ

  大手CPグループが中国の企業と組み、EECの3県で約20000ライを購入し、新シティーや2~3ヵ所の工業団地を建設する。 CPグループによると、新シティーはチャチェンサオ県内で、約4000ライをメドに取得をはかっており、一方、工業団地は全体で10000ライに及ぶが、2~3ヵ所に分かれ、ジョムティエン~ラヨーン県にかけての場所などを選出している。 また、コンドミニアムやホテル、商業施設などが融合するミクストユースの開発を、ジョムティエンのオーシャンマリーナからバーンアンプーにかけての600ライで開発するとしている。 そのほか、CPグループは、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港を結ぶ高速鉄道の入札に参加予定で現在、大手のポートートーと交渉中で、ほかにはBTSなど大手の企業が入札を狙っているが、もしCPグループが勝ち取れば、マッカサン駅前の開発を行う見込みで、こちらもミクストユースの開発となる。 そのほか、高速鉄道の開発が決まれば、シラチャー駅周辺の100ライの開発も行い、スマートシティーなどを創設する見込みだ。 ...
2018.04.06
ウタパオ空港

3空港間の路線整備とマッカサン開発で、民間企業の選定へ

  タイ政府主導のタイ東部特区経済回廊発展方針委員会(EEC)の根幹の事業で、急ぎでの建設が求められる3空港間の鉄道敷設については、今年中には入札で民間企業を選出したいとしている。 この事業はドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港を結ぶ路線で、パヤタイ‐スワンナプーム空港はすでにエアポートレイルリンクがあり、その延長としてパヤタイ‐ドンムアン空港を建設し、さらに、スワンナプーム空港~ウタパオ空港までに時速250㎞の高速鉄道を建設し、5駅を設けるというもの。その駅はチャチェンサオ、チョンブリー、シラチャー、パタヤ、そしてウタパオ空港から最終的にラヨーンまで延びるとしている。 ウタパオ空港からバンコクまでを45分で結び、2時間以上かかる車よりも断然早いのが特徴で、例えば、パタヤ‐マッカサンは運賃270バーツほどを検討している。この3空港にまたがる高速鉄道事業には、バンコク最大の開発といわれるマッカサン駅周辺の開発、そしてシラチャー駅周辺100ライの開発もセットになっている。 ただ、EECでは、これまでのエアポートレイルリンクの赤字分17億8...
2018.04.06
パタヤのコンドミニアム売買

土地建物の所有緩和では中国企業の開発が脅威

  外国企業の誘致が進むEEC内で、これら企業で働く外国人なども押し寄せてくるが、タイ政府ではEEC内、チョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンの3県内での外国人のコンドミニアム所有を100%、土地所有も100%できるなどの所有権に関する法律を検討しているが、大手デベロッパーのスパライ社によると「現在、コンドミニアム1棟の中では外国人は49%しか部屋を所有できないが、それが100%、1棟すべて所有できるようになり、また土地も所有できるようになれば、中国のデベロッパーらの開発が活発になる」としており、また大手LPNディベロップメント社によると、「外国人がコンドミニアム1棟まるごと所有できるようになれば、市場は活性化されてよいが、土地を持つことは賛成できない。中国の業者らが自分たちで開発して売るようになる」としている。 実際に現在、チョンブリー県内ではコンドミニアムの開発などで中国がらみのものが10件、進行しており、中国の躍進が進むかどうかは、法律の変更にかかっているともいえる。 2018年3月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ...
2018.03.29
料理

巨大なパーク24完成へ!スクムビット変わりゆく偶数側

スクムビット・ソイ22とソイ24の間に建設中の6棟の高層コンドミニアム、総ユニット数2100室という大型開発「パーク24」では、すでに完成した棟への入居も始まっています。 ソイ22とソイ24を拠点に生活する新しい住民が増えると共に、スクムビットの偶数側も徐々に変わっていきそうです。 パーク24を囲むソイ24とソイ22を歩いてみました。BTSプロムポン駅からソイ24を奥へ8分ほど進むと、右手にパーク24のエントランスがあります。 ソイ24側から見るとパーク24の巨大さはあまり実感できませんが、10ライの敷地はソイ22まで跨っており、端から端まで歩くには、10分近くかかりそうです。 ソイ24は駅から少し離れたあたりからコンドミニアムが立ち並び、にぎやかな駅前とは、うって変わり静かで無機質な印象です。なかでも一昨年に完成した46階建ての未来的なフォルムのLPN24が目を引きます。 ここを右折し、細い路地を進むとソイ22の奥へ抜けます。また街の雰囲気はガラリと変わり、活気のある下町になります。 ソイ22の奥の方は、タイ人ローカルの...
新築コンドミニアムの販売

パープルラインは1日10万人利用で、タオプーン駅周辺はコンドミニアムも人気!

  バンコクの路線整備網で、パープルラインといえば、バンスーからノンタブリーのバンヤイ方面に行く路線だが当初、タオプーン~バンスー間が開通しておらず、人気がなかったが昨年8月に開通し、それ以後は1日48000人が利用しており、今年には1日10万人の利用となる見込み。 不動産仲介のプラスプロパティー社によると、同路線の周辺では56のコンドミニアムの計画、建設、完成等があり、合わせて69700戸が供給されている。そのうち、91%は売れているという。また、この路線の中でコンドミニアム購入の人気がある駅はバンスー、タオプーン、オンサワーンの3駅で、タオプーン駅周辺のコンドミニアムでは5年前から約35%、価格は上昇しており、現在、1㎡あたり9万~11万バーツほど。リセール物件でも1㎡当たり10万~12万バーツとなっており、スクムビットのバンナーやサムローン周辺と価格はそれほど変わらないほど上昇している。 2018年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイ関...
不動産

シーナカリンでイエローラインのラプラオ~サムローン間の工事開始

  バンコク都内では次々に新路線の工事が開始されるが、イエローラインのラプラオ~サムローンについても、モノレールでの建設が決まっているが、この2月15日より、シーナカリン通りで工事が始まる。 ラムサーリーの交差点からのシーナカリン通りで、中央寄りの車線等が工事に使われるため、朝夕の渋滞が激しい上にさらに混雑が予想されるため、できるだけ同通りを避けるよう管轄の警察署などでは呼びかけている。 2018年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ->大型開発の情報
新築コンドミニアムの販売

不動産開発大手のスパライ社の」大プロジェクト、サトン通りのランドマークへ

  タイの不動産開発大手のスパライ社のプラティップ社長によると、今年からの大プロジェクトは、サトン通りで購入したオーストラリア大使館の敷地での開発という。 事業費は180~200億バーツで、ミクスドユース(複合施設)となる予定で、住居のコンドミニアム、オフィスビル、商業スペース、ホテルなどを配置し、ビジネス街のサトン通りのランドマークに、という意気込みでいる。 また、スパライ社の全体の売り上げについては昨年は、27%増で307億バーツとなっており、そのうちコンドミニアムの販売は半分以上。さらに今年は売り上げを330億バーツに設定しており、年々15~20%増の売り上げを達成しており、今年も不動産購入の需要は活気づくと見通している。 2018年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ->大型開発の情報
2018.02.22
高齢者社会

中国の存在感が増し、急速に移り変わるタイ・バンコク

  タイでは今年、11月に総選挙を行うと、現在の暫定政権のプラユット首相が発表しており、その時に民政に移るのか注目される。外部的には「軍事政権」のもとで、タイでは軍事の管理下に置かれている、と見られるが、実際にタイ人やタイに居る我々、日本人はどのように感じているだろうか。 タイ語の名称では「国家平静維持評議会」とも訳され、プラユット首相のもと、会話を重視し、秩序を持った政治を行っており、以前の政党間での闘いが続いていたことを考えれば、タイは平静が保たれているという点で評価されるだろう。 政党でよく起こっていた個人の利益の構築などは見られず、これはプラユット首相の規律によるものが大きいだろう。毎週、金曜日の夜には一斉にタイのチャンネルで、プラユット首相がみずから、これからタイ政府が行うこと、タイはどのような未来になるのか、地方の貧困をどのように改善するのかなど、を述べ、こういう点において非常に民主的に事を運んでいるように見える。 インフラ等に関しては、中国の技術による高速鉄道がようやく建設開始となり、ナコンラチャシーマー~バンコクがまず着工となる。そのほか...
2018.01.26
新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産がトンローでホテル事業

  野村不動産と組んでタイで不動産開発を行うオリジン・プロパティー社の勢いが増している。 すでにケンシントン、ナイトブリッジ、ノッティングヒル、パークなどのコンドミニアムなど、45のプロジェクトで、720億バーツにのぼっており、さらに、ホテル、サービスアパート、オフィスビル、コミュニティーモールの建設を計画している。 同社のピラポン社長によると、ホテル事業にも力を入れるとしており、2019年にオープンを目ざしているステイブリッジスィート・トンローは、303室のホテルで、25億バーツの事業費。 一方、ステイブリッジスィート・チョンブリーシラチャーは、2020年のオープンを目ざし、400室のホテルで、事業規模は28億バーツ。 そのほか、ホリデーイン・シラチャーレムチャバンも2020年オープンを目ざし、347室のホテルで、事業規模は22億バーツ。 ステイブリッジスィート・トンローは、野村不動産との共同事業で、オリジン側51%、野村側49%で新会社を設立して取り組んでおり、そのほか、9つのコンドミニアム建設なども共同で行うとしている。 ...
2018.01.26
不動産

今年も大規模開発が目白押し、大手の複合施設で数百億バーツ

  最近、多くの開発プロジェクトで計画されているのが複合施設(ミクスドユース)という形態。住まいのコンドミニアムとオフィス、さらにはホテルなどを配置し、ショッピングセンターなども設けて、1つのコミュニティーを創設するというもの。 当然、ある程度の敷地が必要となるため、その多くが大手のディベロッパーや大手企業による開発となる。 ただ、プロジェクトは打ち立てたが、まだ始動していないところもあり、周辺の路線整備や景気低迷からの脱却ののち、というもくろみで、時期を見計らっているところもある。 すでに、建設中の複合施設の開発では、高島屋の入居も決定しているアイコンサイアムが急ピッチで進められており、来年のオープンを目ざしている。チャオプラヤー川沿いの好立地、50ライで高層コンドミニアム2棟や会議場、博物館、アミューズメント施設、ショッピングセンターなどを造るもので、投資額は500億バーツにのぼる。外国人旅行者にとってもバンコクのランドマークとなる壮大なもので、2棟のコンドミニアムはすでにその外観を現している、CPグループ、サイアム・ピワット社などに...
新築コンドミニアムの販売

フレッド・ディンデーンの再開発で、来年完成のコンドミニアムに移る

  老朽化した集合住宅の建て替え問題で、ディンデーン地区にある「フレッド・ディンデーン」について、当局では、2018年初めには、28階建てのコンドミニアムに280世帯が移れるとしている。家賃は以前と同じだが、メンテナンス料等が加算されるが、1カ月1500バーツ以下に抑えられる。残りの54室については新規に募り、30年間の賃貸で、30㎡の広さで1カ月8千~1万バーツの家賃か、あるいは170万バーツでの一括払いという。 同地区は、40~50年以上前に、公務員の集合住宅として建設され、今に至っているもので、子どもの代になり、公務員でない世帯も多い。 今後については、7年かけてこの周辺の整備を行い、159ライに及ぶ敷地で、88ライに高層コンドミニアムなど11棟を建設し、21ライにグリーンゾーンにするなど。具体的には、35階建て5棟、32階建て3棟などが建設される。移行者のほかは、新規の購入を受け付ける。 なお、老朽化した集合住宅があるクロントゥーイやボーンカイについても、このディンデーンと同じような再開発の方法で再整備する方向でいる。 2017年12月...
2018.01.12
新築コンドミニアムの販売

チェンマイ、プーケット、パタヤなど、リゾートでコンドミニアムの購入が人気

  最近は、タイのリゾートでもコンドミニアム購入が人気で、若い人が自分の週末の休暇で利用する場合や、賃貸に出す場合などがあるとしている。 プラスプロパティー社によると、タイのリゾート5ヵ所で調査したところ、コンドミニアムの購入は76%で、一軒家19%、タウンホーム5%を圧倒している。 チェンマイ、プーケット、パタヤ、ホアヒン・チャアム、カオヤイの5ヵ所でこの2年間に合わせて10万ユニットが売り出されており、そのうち80%以上が売れているという。 チェンマイでは、リセール物件で30㎡の部屋では200万から250万バーツで、1㎡当たり75000~8万バーツ、昨年より4~5%上がっているという。賃貸の場合は1ヵ月1万~25000バーツ。 また、プーケットではコンドミニアムの30㎡の広さではリセールでは1㎡当たり99700バーツで、こちらも毎年7%アップしており、新規の物件では1㎡当たり13万バーツになる。 一方、パタヤではリセール物件で1㎡当たり11万バーツほどで、1年に5%アップしており、賃貸では1ベッドで1ヵ月15000~2万バーツほど...
2018.01.12
新築コンドミニアムの販売

クロントゥーイの住宅密集地をコンドミニアムへ再開発

  クロントゥーイ港周辺の再開発については、周辺の土地を管理しているタイ港湾庁によると、子会社を設立し、来年から1年をかけて、設計等を行い、そののち、内閣にはかり、建設を始めるとしている。 民間からの投資を募り、現在、十分にいかされていない土地を、タイ政府として収益の上がる地域にするとしている。 韓国の釜山などをモデルとして、CITY PORTとして同地域を格上げし、住居地区、ショッピングモール、ホテル、商業地区などをつくり、同地区までの路線として、今ある地下鉄やBTSからモノレールを敷き、一般の人が訪れるようにする。 また、現在の住宅密集地で生活する人に対しては、スマートコミュニティーという住居地区をつくり、58ライの敷地にコンドミニアムを建設し、移り住んでもらい、密集地の取り壊し等を進めるとしている。5年をかけて2022年には転居等を完了したいとしている。今行なっているフレッド・ディンデーン地区を参考にするという。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース...
2018.01.12
不動産

TCCグループのチャルン氏が土地買い占め

  ビジネス街のシーロム、サトン周辺で、少し離れたスリウォン通りやシープラヤー通りは、古い商業長屋が立ち並んでいて、閑散としている場所も多いが、チャーンビールのオーナー、TCCグループのオーナーであるチャルン・シリワッタナパクディー氏が、このあたりの敷地の買収に動いており、間口が4.5mほどの1区画のスペースで、購入価格は1000万~2000万バーツほどだという。 TCCグループといえば、近くのスアンルムナイトバザールの跡地に1200億バーツをかけて「ワンバンコク」の建設を発表し、また、チャオプラヤー川沿いのアジアティック・ザ・リバーフロントの運営も手掛けており、スリウォン、シープラヤ―といえば昔、街が栄えたところだが、チャルーン氏は、ところどころの買収をしているが、今後、まとまった敷地での開発をするのか注目される。 家主が賃貸に出しているなどの場合は、その契約を待って売却されるため、チャルーン氏は徐々に土地を買い占めている模様。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニ...
2018.01.12
新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産によりトンローで「パーク」開発へ

  シラチャー~レムチャバンでもコンドミニアム等の大型開発を手がけ勢いを増すオリジン・プロパティー社だが、トンローのソイ10のアリーナ10でもハイクラス向けのコンドミニアムの開発を手がけ、来年には建設に取りかかる見通し。 事業規模は110億バーツにのぼり、プロジェクト名は「パーク」。 同社によると、子会社のオリジン・パーク1社を資本金100万バーツでつくり、その49%の株をパートナーの野村不動産が買う形となり、3億9746万3500バーツを現金で支払ったという。 日本の大手不動産のノウハウや技術を生かし、トンローでも開発を進めていく計画だ。 2017年11月20日 タイ自由ランド掲載 - ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2017.12.08
不動産

地方都市での路線整備を、来年から新事業として始動

  来年にタイ政府が行うメガプロジェクトについては8つの新事業があり、そのうち、地方での路線整備が盛り込まれており、ようやく、地方でのモノレールや路面電車等の建設が始まる見通しだ。 新事業の中には、プーケット、チェンマイ、コンケン、ナコンラチャシーマーの各都市での路線整備があり、それぞれ短期間で建設される方法で進められる見通しだ。 一方、タイ南部でマレーシア人の往来も多いハジャイについてもソンクラー県庁などによると、2022年にモノレールを開通するため、2019年より動き出す意向、としており、ハジャイ市内に12駅で、12㎞に及び、事業費は161億バーツにのぼるとしている。 2017年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->交通網の整備 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2017.12.08
不動産

来年6月のニッコーホテルの開業で、BTSトンロー駅前が変わる!

  ハイクラスの街としてタイ人には認識されているトンロー。 芸能人などもコンドミニアムに多く住み、夜はハイクラスのパブなども出店されている。 一方、日本人の駐在員の多くがアソークからエカマイまでの間に住んでおり、トンロー周辺のコンドミニアムでの賃貸は人気があり、その多くが日本人となっている。 そのトンロー通りの地価も上がり続けており、モダンプロパティー社などによると、土地局の評価額は1タランワー当たり42万バーツだが、実際の売買価格は1タランワー当たり100万バーツ以上にもなっているといい、1年で10~20%ほど値上がりしている。 BTSトンロー駅周辺はまだ古い建物が残っているが、歩いて3分ほどのグランドタワーインの跡地は、来年6月には20階建てのホテル・ニッコー・バンコクがオープンする予定でフェイスブックなどではそれに向けて従業員などの募集も進んでいる。 さらに、ソイ1の角では大手デベロッパーのランド&ハウス社による31階の高層コンドミニアム「ザ・バンコク・トンロー」が建設中で、1室2700万バーツほどの価格となっている。29階に温...
2017.12.08
ヤワラート

MRT地下鉄の延長は93%出来上がり、チャイナタウンにホステルも

  外国人に人気のヤワラート(チャイナタウン)を通る路線が、フアランポーン~タープラ~バンケーのダークブルー路線で、MRT地下鉄の延長となり、現在、建設中で93%以上の進捗状況だ。 ヤワラートではチャルンクルン通り、サナムチャイ通りなどを通り、モダンプロパティー社によると、周辺の土地は上がり続けており、現在、1ライ当たり3~4000万バーツにのぼる。 古い建物が多いヤワラート周辺だが、バンコク中央駅というブランドや、夕方からのストリートフード、チャイナタウンという知名度により、中国人やヨーロッパの旅行者を誘致できるため、中小企業により、駅ができるチャルンクルン通り周辺の古い建物を1棟3万~5万バーツで借り、今はやりのホステルなどに模様替えする会社も出てきており、1日300~500バーツでホステルとして宿泊できるようにするという。 フアランポーン駅からサナムチャイ駅はさきに、来年終わりにも開通が見込まれているため、それに合わせ、模様替えなどをしているという。 2017年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイ国内交通網整備 -&g...
2017.11.10
新築コンドミニアムの販売

スパライ社が7ライを取得し、サトン通りで大型開発へ!

  タイの大手開発ディベロッパーのスパライ社によると、ビジネス街のサトン通りのオーストラリア大使館の敷地について、入札により取得したとしている。 広さは7ライに及び、評価額は46億バーツで、1タランワー当たり145万バーツになる。 同社では、この場所にミクストユースのコンセプトで、住まいのコンドミニアム、賃貸のビジネスオフィスビル、商業センターなどを盛り込んだ、サトン通りのランドマークとして開発したいとしている。 事業費は170億バーツを見込んでおり、住まいのコンドーでの販売は1㎡当たり30万バーツ以上になるとしている。   2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース   ->大型開発の情報
2017.10.20
不動産

ラチャダ~ラマ9世で開発中、125階のスーパータワーが起点

  ラチャダーピセック通りの入り口に大プロジェクトを進行中なのがG LAND。地下鉄ラマ9世駅下車で、ラチャダーピセック通りとラマ9世通りに囲まれた73ライで、120万㎡のプロジェクト「ザ・グランド・ラマ9」を開発中だ。 セントラルプラザ・ラマ9がある裏手で、ランドマークとして建設される約125階建てのスーパータワーを中心として、G TOWERやオフィスビルの9th TOWER、8つの豪華コンドミニアム(27、34、36、43階を2棟ずつ)のBELLEグランドラマ9などで、現在、それぞれ賃貸、販売、そしてレストラン等の賃貸を募集している。 地下鉄ラマ9世駅から1つ目のタイ文化センター駅は今後、ターミナル駅として活況を呈する見込みで、タイ文化センター~ミンブリーの路線もまもなく工事が始まる見込み。 店舗などの詳しい内容は℡02-247-2222 ホームページ www.grandcanalland.com   2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ...
2017.10.20
不動産

バンナートラート通りが熱い!新シティーが次々に名乗り

  都心では日に日に渋滞が激しくなるなか、郊外での新都市形成などが進んでいるが、チャチェンサオ‐チョンブリー‐ラヨーンにまたがる東部経済回廊(EEC)もその1つ。 そんななか、その中間に位置するバンナートラート通りが注目されている。スワンナプーム空港があり、幹線通りが整備されており、都心に行くにもEECに行くにも行きやすい。 さらに、待望の路線であるラプラオ~サムローンのモノレールの計画が動き出し、2020年に完成することが発表され、周辺での開発も活発になってきている。 バンナートラート通りの核となっているメガバンナーでは、さらに今後周辺の400ライで、「メガシティー」の創設を計画しており、事業費は670億バーツを見込んでおり、ホテル2棟などが盛り込まれる予定。 一方、シーコンスクエアでは、周辺の120ライで「シーコン・シティー」をつくる計画があるが、シーコン・ディベロップメント社では「ラプラオ~サムローンの路線整備が先」としており、来客の足を確保してから徐々に開発する見通しだ。 そのほか、BTSバンナー駅から歩いてのところでザ・モー...
新築コンドミニアムの販売

不動産関連も中国企業がタイへ!過去3年で700億バーツ投資

最近は中国のタイへの進出が加速しているが、コンドミニアムなどの開発関連でも、タイ側と組み、タイへの進出が急増している。 タイの不動産コンサルティング会社によると、この手の投資で、ここ3年の間に中国は700億バーツを投資しており、そのうちコンドミニアムは70%、ホテルは30%。 最近は、日本の大手ディベロッパーもタイ側と組んで進出が加速しているが、現在の投資規模は、日本と同じ年間合わせて200~300億バーツほどにのぼる。 中国の大手カントリーガーデングループは、タイのタイファクトリー・ディベロップメント(TFD)と組んで、事業費68億バーツでバンコクでのコンドミニアムの開発を行い、また、ジョンティエン・コンストラクショングループは、タイのJSPプロパティーと組み、事業費100億バーツでパタヤで開発を行っている。 中国系がタイに照準を定めているのは、ここ数年の中国でのコンドミニアム開発などの規制などで、アセアンにも目を向け出して来たこと、また、中国人のタイへの旅行が人気なのも、中国人のコンドー購入へとつながっている。 1部屋は中国の大...
2017.10.06
不動産

プラトゥーナムも活況、プラティナム・グループが牽引

  プラトゥーナム周辺に外国人観光客を呼び寄せているのは、プラティナムグループによるプラティナム・ファッション・モールで、以前からのバイヨクの「衣料の卸し」としての拠点を引き継いでいる形で、特にシンガポール、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ミャンマーからの観光客がどっと押し寄せている。 店前のペッブリ通りには路線が通ることになり、にわかに盛り上がってきているが、周辺の活気は同グループの開発によるところが大きい。 同グループによるペッブリー通りのソイ23~29のナイトマーケットもようやく軌道に乗りつつあり、この10月には毎日オープンする見込みだ。 また、BIG-C横に建設中の12階建ての「ザ・マーケット・バンコク」は、来年末には完成予定で、衣類の店が3階まで入り、4~5階はフードコーナーなど、また14台のツアーバスも停められ、外国人観光客をターゲットにした商業施設となる。 すでにBTSチットロム駅からのスカイウォークもつなげており、同グループによるプラトゥーナム周辺の開発が注目される。 2017年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ...
新築コンドミニアムの販売

中~上層向けコンドミニアム販売活況、オンヌットで賃貸料も10%上がる

  今年後半は大手デベロッパーの物件が多く出て、不動産市場は再び活況になる、としている。 大手のメジャー・デベロップメント社によると、同社の今年の8つのプロジェクトのうち、7つを後半に投入する。 9月にはラプラオで、30階建てを販売するが、1㎡15万バーツからと、中~上流階級向けの物件となる。 また、エカマイでも32階建てを計画しており、1㎡当たり189000バーツと、こちらも中~上層向け。このクラスは銀行でのローン拒否が少なく、スムーズに購入できるとしている。この2つは今月23、24日にプリセールを行う。 同社では、40%ほどの販売ののち、その後は価格を15%アップするとしている。 同社では、中国、香港、シンガポールなど外国人の購入意欲が旺盛で、このクラスのラグジュアリー・コンドミニアムは需要が高いとしている。 一方、プラス・プロパティー社によると、プラカノン~オンヌット地区で、賃貸で借りる外国人が増えており、賃貸料も10%上がっているという。そのため、そういった人に貸す目的で買うタイ人も多く、リセール物件では値段は当初よ...
不動産

新名所「バンコク展望タワー」を建設 へ

  高島屋も入居する巨大プロジェクト「アイコンサイアム」のそばにバンコク展望タワーを建設! タイ政府によると、チャオプラヤー川沿いの公的機関の敷地に、タイのランドマークとなる新名所「バンコク展望タワー」を建設すると6月27日発表し、内閣の承認も得ている。 高さ459mで、事業費は約46億バーツ。民間の寄付や財団法人、金融機関の借入で補い、完成後は1人750バーツほど(タイ人は半額)の入場料をとり、年間では7~8億バーツほどの収入となる、としている。 迅速に進めるため入札等は行わない。場所はチャルンナコン通りの、チャルンナコン・ソイ7。 2017年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
新築コンドミニアムの販売

中国人向けコンドミニアムを、ラチャダーピセック通りに34階建て4棟を建設

ラチャダ―ピセック通りが中国人ビジネスマンの集積地に! 中国のナンバー1不動産事業者、カントリーガーデングループが、タイの工業団地を開発する大手、タイ・ファクトリー・ディベロップメント(TFD)と組み、BGY&TFDプロパティー社を設立し、ラチャダ―ピセック通りの地下鉄駅に近い8ライ余りでコンドミニアムの開発を行うことになった。34階建てを4棟、全1337室で68億バーツの事業費となる。この8月~10月ころに販売の予定で、完成は2019年の予定。 プレミアムの物件のため、ターゲットは中間層より上の層となる見込みだが、特に中国人の投資家やビジネスマンを呼び込む見込み。 そのため、カントリー社が近々、中国で販売を開始する。 ラチャダーピセック通りは、中国大使館もあり、またフアイクワン周辺は第2のチャイナタウンと呼ばれるほど、中国人が集まっており、ラチャダー周辺はさらに中国人の集まる場街となる模様。BGY&TFD社は今後3年以内に、タイの大手に並ぶデベロッパーを目ざすという。 2017年7月5日 タイ自由ランド掲載 - -&g...
不動産

エアポートシティー構想、スワンナプーム空港周辺の723ライで

  タイ空港公団(AOT)によると、スワンナプーム空港の周辺に所有する土地が723ライあり、これを開発することについて財務局と協議中で「エアポートシティー」として立ち上げる予定でいる。 民間企業への賃貸、ビジネス集積地、ロジスティック、ホテル、スポーツクラブなどが予定されており、開発では道路の創設や、空港までの送迎バスなどが必要としている。 以前、タクシン首相のとき、「スワンナプーム市の創設」を同首相が掲げたことがあり、実現はしなかったが、人と物が集積する国際空港の周辺で、開発によっては、大きな街として発展することも考えられるため、期待されるプロジェクトといえる。 2017年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->タイのニュース ->大型開発の情報 ->交通網の整備の情報  
2017.07.13
不動産

ラマ4世通りの王室財産管理局などの土地で次々に開発へ

  最近のバンコク中心部の大型開発では、様々な用途の空間を混在させるミクスドユースを、どこも取り入れており、特にラマ4世通りで今後、3~7年の間に次々完成するプロジェクトに注目が集まる。 BOIのビザ更新などがあるチャムチュリースクエアのすぐそばで現在、建設中のサムヤーン・ミットタウンは、12ライの敷地でTCCランド系列のゴールデンランド社が2019年末には完成の予定で、85億バーツをかけて、スーパーマーケットや店舗ブランドが入る6階建て、36000㎡のほか、交差点側には32階建てのオフィスビル、さらに33階建てのコンドミニアム、また、104室のホテルも入居する。 同地はチュラロンコン大学からの30年の借地で、平日はオフィスやホテルを行き交う人で、また週末には1日2万人以上の人出を見込んでおり、10年で投資分は回収できるとしている。 一方、シーロム通りの玄関口にあるドゥシタニホテルは来年3月に取り壊され、ホテル、コンドミニアム、オフィス、ショッピングセンターを大手セントラルとともに開発する。2024年の完成を見込む。同地は王室財産管理局の借地。 ...
2017.07.08