バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム

Thumbnail of post image 130
2024年を迎えて、昨年はモノレールのイエローラインにピンクラインが次々にオープンし、さらに今年地下鉄のオレンジラインもオープン予定。まさに網の目の路線網が現実となる。 我々日本人にとっての滞在は1万円で2400バーツとなって、観光地として気軽に来れる街ではなくなって来ている。 さて、ちょうど、エムスフィアが完成したので行ってみた。入り口から入ると、フードコーナーがあり、盛り上がりがまず目につく。 ...

ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 158
タイ国鉄道によると、ブルーライン「タオプーンータープラ」のオープンについては、来月12~1月としており、当初は無料開放となる見込み。   新設されるのは8駅で、タオプーン駅、バンポー駅の次はチャオプラヤー川を渡り、バンウー駅、バンプラット駅、シリントン駅、バンイークン駅、バンクンノン駅、ファイチャイ駅、チャランサニットウォン13駅、そしてタープラ駅まで、チャオプラヤー川に沿うように駅が出来ている。 ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 192
大型ショッピングモールの「ザ・モール」の大規模リノベートが進んでおり、総額200億バーツにのぼる規模。 その中で「ザ・モール・バンカピ」と「ザ・モール ・バンケー」は合わせて70万㎡以上あり、新スタイルのショッピングモールとして 12月にリニューアルオープンとなる。以前 、本紙でダイソーのザ・モール・バンカピ店が掲載されたが、新ライフスタイルを掲げる両モールには、日本の食材のスーパーマーケット「ド ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 157
タイで 大規模104ライに及ぶ 敷地での総額1200億バーツの世界レベルの「ONE BANGKOK」は現在、その全貌を表してきたが、 2024年初めからオープンが始まり、2024年末までには全体のうち 70%の完成となるとしており、まずグレードAのオフィス5棟合わせて50万㎡や、ザ・リッツカールトンなどの5ツ星のホテル、豪華なサービスアパート5ヵ所、住居のレジデンス3棟1000室などがオープンする ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 061

各路線沿線での開発では、大手ディベロッパーが動き出している。プルックサー・リアルエステート社は、今年分は土地購入のために50億バーツを用意しており、すでに開発のため、20億バーツは購入した。 パープルライン沿線ではまた活気が戻って来ているが、同社ではコンドミニアムのプロジェクトを2つ用意し、1つはプライバシーパーク・タオプーンで、25階建て347室、広さは22.5㎡~62㎡で1室219万バーツ~。 ...

ニュース,バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 158

タイ運輸省鉄道局によると今後、セミナーや庶民の意見を聞き、早くて便利な現在の路線については、2024年2月までに、タイ政府に提案する運賃についてまとめたいとしている。それは今後、オープンが予定されている路線も含めたもので「どこに行くのも20バーツ一律」「1日最高50バーツで、距離に関係なく乗れる」「路線のほかバスも含めて、距離によって8~45バーツの料金に設定する」というようなもので、すでに走って ...

ニュース,バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 051
イエローラインに続いて、ほぼ完成しているが来年のオープンが予定されているモノレールのピンクラインについて、運営するノーザンバンコクモノレール社(NBM)によると現在、工事が終了したミンブリー~ラクシー間のチェックを行っており、それが終われば試運転となる。おそらく2023年の11月ごろに試運転できるとしており、1月の無料開放になるだろうという。 予定ではほぼ終了しているラクシー~ミンブリーの17駅を ...

バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類

Thumbnail of post image 004
コロナ後の路線整備については今年、イエローライン、そしてピンクラインが相次いでオープンとなるが、バンコク都知事によると、タイの新政府に対して、モノレールのグレーライン「ワチャラポン~トンロー」の16.3㎞、事業費291億バーツ、そして、バンナー通りを走る「バンナー~スワンナプーム空港」の19.7㎞、事業費483億バーツを提案するとしており、順調に行けば、2029年ごろのオープンが見込まれる。日本人 ...

未分類,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース

Thumbnail of post image 183
日系企業にもなじみのあるサハパッタナーホールディング社によると、同社では初めてのミクスドユースの「キング・スクエア・コンプレックス」を、20ライの敷地で100億バーツをかけて3年後に完成させる。 まず、今年末には東急コーポレーションと組み、52階建てのコンドミニアムの建設を始める。今年中ごろには販売する予定で、敷地内に予定されているインターナショナルスクールの保護者や外国人の需要を狙っている。 コ ...

バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類,不動産,コンドミニアム売買,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 192
イエローラインでは土地代が上がっているところが多く、ラプラオ通りでは高いところでは1タランワー80万バーツなど。シーナカリンからサムローンにかけては、整地となり、土地を売るのを待っている所有者も多く、シークリターもシーナカリン通り沿いなので、開発業者に高値で売るため、待っている状態だ。中国人も徐々に増えているが、活性化まであと、1~2年は待つ必要があるようで、今か今かと開発を待っている状態。 イエ ...

バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類,タイ関連コラム

Thumbnail of post image 176
モノレールのイエローラインがオープンし、高架で景色を見ながらのモノレール体験は楽しいが、この路線でまず、エンターテイメントとして行ってみたいところといえば、シーコンスクエア周辺。シーナカリン通りにある巨大モールとして昔から認知されていたが、我々が住むスクムビットからは行きづらくて、渋滞だと2時間近くかかってしまうこともあるため、なかなか近場の旅行ポイントとして行けなかった場所だ。それがBTSのサム ...

未分類,ニュース,バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,タイのニュース

Thumbnail of post image 160
  イースタンバンコクモノレール社(EBM)によると、この6月3日より、イエローラインのフアマーク~サムローンの13駅で午前9時から午後8時まで無料開放が始まっており、のち10駅も順次オープンする予定。 各駅は下記の通りで、乗り換えはサムローン駅でBTSグリーンラインと、フアマーク駅でエアポートレイルリンクと、ラプラオ駅でMRTブルーラインと連絡する。 2023年6月20日 タイ自由ラン ...

高速鉄道,モノレール,未分類,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース

Thumbnail of post image 000
 バンコク路線網整備でモノレールのイエローラインが運行開始 待ちに待ったモノレールのイエロー ラインが運行している。環状路線なので直接、我々が住む場所の生活路線とはなっていないが、よく使うBTSのうち、サムローン駅で乗り換えられるので、ちょっと遠出をする、という感覚で利用するのは楽しい。それで初の長い路線のモノレールなので、その居心地を確かめるのも楽しい。高架なので景色が見えるのもよい。 ...

バンコクの開発,未分類,ニュース,タイのニュース

Thumbnail of post image 116

コロナ後の開発の機運が各地で次々に高まっているなか、チャオプラヤー川向こうのトンブリーでも、トンブリー駅周辺の開発について、タイ交通省大臣が言及している。 2月23日に述べたところによると、トンブリー駅周辺の147ライの開発についてはまず、14ライについて2023年末までに入札し、3年間の建設で、ミクスドユース(複合施設)の建物を完成させ、完成後は民間に30年賃貸して運営していくとしている。 タイ ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 175

チャチャート都知事によると、新政府になったのち、都の要望であるクロントゥーイ港の移転を検討するよう求めている。 バンコクに入るコンテナ車やトラックなどが減れば、大気汚染の PM 2.5の問題も解決できるとしており、現在、1年で100万コンテナがクロントゥーイ港に来ており、そのためのトラックなどの出入りは1年で200万回に及んでいるという。 そのため、交通渋滞も起きており、また、道路の損害も受けてい ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,不動産,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 168

このコロナ禍の間も工事が続けられてきた「ザ・フォレスティアーズ」は、バンナートラット7㎞地点に小さな街の新設を目ざしたもので、計画地の回りを車で走ると、その全ぼうがようやく伺えるようになったが、今年末にはタウンセンターの完成も見込まれている。 この開発はマグノリアクオリティーディベロップメント(MQDC)によるもので、敷地内のコンドミニアムや一軒家などの計画で、今まで220億バーツの販売をしている ...

不動産,バンコクの開発,未分類

Thumbnail of post image 152

駐在員の住まいも多いトンローにまた一つ、ランドマークとして「マルシェトンロー(Marché Thonglor)が開発される。メインは50店以上を集めた飲食店などによる5階建てのコミュニティーモール。さらに12階建てのオフィスビルも併設する。事業費は合わせて20億バーツにのぼり、6万㎡のミクストユースの造りとなる。 開発は大手セントラルグループのセントラルパッタナー社だから期待も十分。BTSトンロー ...

不動産,バンコクの開発,未分類

Thumbnail of post image 133
タイ最大のプロジェクトとして、このコロナ禍の間も工事が進んでいた「ワンバンコク(ONE BANGKOK)がようやく、その外観を表わしてきて、来年末にその一部が完成、そして2024~26年にかけて順次オープンする。事業費1,200億バーツにのぼる。 場所はラマ4世通りとウィタユ通りに挟まれた地区で、以前ナイトバザールがあった104ライに及ぶ王室財産局の敷地。TCCグループのTCCエステート社と、フレ ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,不動産,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 195

スクムビットのBTSプロンポン駅に隣接して現在、建設中のエム・スフィア(The EM Sphere)についてはスパラット代表によると、2023年の12月に完成予定で、高級ショッピングモール&外国人観光の中心地となり、The Em Districtが完成する、としている。 その3つのEMが、ザ・エンポリアム、ザ・エムクオーティエ、ザ・エムスフィアの3棟。敷地は合わせて50ライにも及び、延床は65万㎡ ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 164

  MRT地下鉄のサムヤーン駅周辺では、サムヤーンミットタウンなどがあり、開発が進むが、チュラロンコン大学財務事務所によると、周辺の住居など65区画の12ライでのプロジェクトを検討しており、医療センター&商業センターを構想していて、事業費は40億バーツ以上になる。大手の不動産開発マグノリア・クオリティー・ディベロップメント(MQDC)が名乗りを上げている。民間企業を含めたPPP方式での開 ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 085
バンコクでのエンターテイメントの1つに、イベント、催しに行くというのがあります。今回はさきごろ、装いを新たにオープンした「クイーンシリキット・ナショナルコンベンションセンター」に行ってみました。今回はBTSアソーク駅でおりて、ベンジャキティ公園を見たかったので、そこを通り、向こうに見えてくるのがシリキットです。 APEC 2022の文字が浮かび、来月にバンコクでエイペック(APEC)の会議がありま ...

未分類,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 032

出店していたレストランの多くも撤退し、大きな打撃を受けた観光名所「アジアティーク・ザ・リバーフロント」がこのコロナあとの復興について、世界的なウォルト・ディズニーと提携し、今年から来年にかけて世界規模の観光名所へと飛躍を果たす。 コロナ前からすでにバンコクの有名な観光名所としての地位を確立していたが、コロナで外国からの観光客が途絶え、大きな打撃を受けているだけに、その復興が期待される。 2022年 ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,不動産,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 062

    BTSプロンポン駅周辺も外国人が観光でやって来て、ようやく活気を取り戻しており、夕方の渋滞も以前のように再び起こっている。 プロンポン駅というと、日本人が多く利用する駅で、周辺のスクンビットのコンドミニアムに住む日本人が多い。ソイでいうと、23、31、33、35、39、41、49あたりだが、駅周辺にはカジュアルなホテルから五つ星のホテルまで乱立し、徐々に外国人観光客の利 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 170
CPグループのマグノリア・クオリティー・ディベロップメント社が開発している「ザ・フォレスティアズ(The Forestias)」だが、バンナー通りの7キロ地点にようやくその全ぼうが見えてきている状態だが、バンナー通りの高速道路からもその工事の光景は見える。高齢者向けのザ・エスペントゥリーなどが先に建設されている模様。発表によると、これまでの全体の販売では172億バーツを売り切っているとしており、全 ...

ニュース,バンコクの開発,スワンナプーム空港,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 009

バンナーからスワンナプーム空港への高架路線については、2029年にオープンを目ざすことがわかった。 バンコク副知事によると、民間企業のPPP方式による開発で、19.7 kmに14駅を設けて、第1フェースはバンナー~タナシティーで12駅、第2フェースはタナシティー~スワンナプーム空港の2駅としており、当初は1日56,000人の利用者、のち2033年には113,000人を見込んでいる。 バンナー通りは ...

未分類,ニュース,バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 110

バンコクで現在、工事が行われている各路線整備のうち、イエローラインのラプラオ~サムローンの30.4 ㎞については、初めてのモノレールの長い路線の建設となり、早くも来年には完成の予定だが、このたび、実際の車両により走行がシーイアム駅からシーヌット駅まで行われた。 時速80㎞までの走行が可能といい、オープンは2022年の中ごろになる見込み。 2021年12月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ...

バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,バンコクの開発

Thumbnail of post image 023

このコロナの期間、長らく工事中だったシリキットコンベンションセンターのお披露目は、2022年9月になると発表された。 広さはこれまでの約5倍で30万㎡にのぼり、現在まで60%ほどが完成している。以前は600台だった駐車場は3,000台収容の駐車場となり、これまでの同センターとは一新したものになりそうで、大規模なイベント会場としても期待される。 王室財産局の同地の運営、管理は、タイの大富豪チャルン・ ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 119
サイアムスクエアのスカラ映画館があった跡地などはセントラルパッタナー社が権利を得て、開発することになっており、当初は50年以上の歴史がある建物なども保存してという方針から、20階建て以上のミクストユースの複合施設を建てる方針へと切り替えたと見られる。 場所はサイアムスクエアの交差点近くの7ライ余りで、チュラロンコン大学財産管理事務所から30年賃貸で同社が59億バーツで権利を得ている。 同映画館のほ ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 102

コロナの状況で冷え込む不動産市場で、野村不動産とも組んでいた オリジン・プロパティー社が新たに東急不動産と組み、複合施設の開発をこのたび発表した。 「ワンパヤタイ」という名称で、パヤタイ駅から200 mの距離に31階建てなどをパークオリジンパヤタイのコンドミニアムの横に建設する。 ホリディイン202室、インディゴホテル210室の両ホテルのほか、オフィス、店舗等も入居する空間となる。 スワンナプーム ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 012
タイ交通省によると、計画されているパープルライン南側の「タオプーン~ラッブラナ」の23・6㎞、事業費1010億バーツについては、今年9月に入札を行い、工事開始は2022年9月、のちオープンは2027年末の予定と明らかにした。 合わせて17駅が設置され、地下鉄が12・6㎞で10駅、高架が11㎞で7駅となり、途中、チャオプラヤー川を渡る路線となる。   2021年6月5日 タイ自由ランド掲載 ...

未分類,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース

Thumbnail of post image 105
現在、バンコク都内では路線整備の工事が進んでいるが 、MRTAによると、高架のイエローラインについてはラプラオ~サムローン間で、4月末までに建設工事82%、電気制御システム等72%の進捗で、当初の予定通り2022年7月ごろにはオープンできるとしている。 続いて、ピンクラインのケーラーイ~ミンブリーについては、建設77%、電気関連70%の進捗で、こちらも2022年末にはオープンの見込みだ。 一方、オ ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 085

路線整備ではいよいよ、レッドラインのバンスー中央駅~ランシット駅、バンスー中央駅~タリンチャン駅が7月28日から無料開放されるが、タイ国鉄道によると、バンスー中央駅とレッドラインの12駅での清掃やセキュリティー運営については、入札により民間企業との契約となり、3年間で5億8000万バーツとなるとしている。 また、バンスー中央駅の5万2千㎡に及ぶスペースでのフードコートやフードセンター、店舗出店の運 ...

不動産,ニュース,EEC,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 183
コロナの状況ではあるなが、今後、バンコクの中で発展する地域として注目されるのが「バンナー地区」。広い幹線道路があり、バンコクからチョンブリーを結ぶ高速道路が走り、車で30分行けば泳げるビーチがある、というのがバンナーの立ち位置で、バンナー通りと呼ばれ、あるいはバンナートラート通りと呼ばれ、スクンビットが交わるところを基準にして、バンナー何キロという風に言うのが、バンナ通り沿いの位置を表す時の表現と ...

ニュース,バンコクの開発,未分類,不動産,タイのニュース,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 080
コロナあとのオープンとして、コンドミニアム&ホテルの23階建ての販売が始まった。「ランドマーク@グランドステーションバイサイアミーズアセット」で、一方がホテル、もう一方が住まいのコンドミニアムで、そのほか、商業施設、オフィス、コワーキングスペース、会議室、セミナー室なども合わせたミクストユースとなっている。 購入では38.5㎡の部屋が198万バーツからで、平均1㎡当たり65000バーツと、かなり抑 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 052

長びくコロナ禍において、今年から来年にかけてはコミュニティーモールの建設が郊外を中心に広まっていきそうだ。 これは、コロナ禍で人との接触を嫌い、屋外型のモールに出かける人が増えていることや、新路線の建設が郊外まで伸びていることも大きい。 例えば、プッタモントン・サーイ4の「The Fourth Sai4」や、ラムイントラーの「JASグリーンヴィレッジ」、サーイマイの「サーイマイモール」、ペットカセ ...

未分類,不動産,地域,バンコクの開発,クロントゥーイ,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 042

クロントゥーイ港周辺の再開発については、交通省大臣によると現在、住民の公聴会などを開いており、26地区あり、移転をほぼ容認しているが一部、応じていないところがあり、2028年までにはレムチャバン港を含めて、世界規模のワールドクラス・ゲートウェイポートを完成するとしている。 クロントゥーイの開発では「スマートコミュニティー」との名目で、58ライに4棟の高層コンドミニアムや学校などを建設する。 当初は ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 108

オフィス街のシーロムで住民の密集地があり、まるでスラムのよう、と言われるのがピパット2の地区だ。このピパット運河周辺の整備について、バンコク都では、バンラック区とともに運河沿いの整備を行うとしており、苦情の多い、排水の垂れ流しなどを整えることになりそうだ。 同地区は、シーロムソイ3からの近道として運河沿いが使われるが、せまくて汚く、またくぼ地なども多いため、昼間に働くOLらの苦情などが寄せられてい ...

未分類,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース

Thumbnail of post image 178
このコロナ禍で都心での新規コンドミニアムなどの着工は止まっているが、郊外での一軒家やタウンハウス、タウンホームの物件はタイ人の関心が高い。これは、ステイホームで家にいる時間が長くなり、より広くて快適な住まいを求める傾向にあるためだ。 しかし、こういった物件は都心ではほぼ供給がなく、郊外で路線の駅よりさらに車で15~30分行ったところに計画されているのが現状だ。   大手スパライ社による「 ...

未分類,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース

Thumbnail of post image 029
タイ交通局などによると、新規路線については、ブラウンラインのケーラーイ~ラムサーリーの22.1 ㎞については今後、内閣の承認を得て、入札は2023年、建設開始は2024年からになるとしている。 ノンタブリー市民センター駅からナムウォンワン通りを通る路線で、全20駅で事業費は480億バーツとなる。ppp方式で民間の投資による開発となる。 2021年2月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク > ...

ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,未分類,不動産,タイのニュース

Thumbnail of post image 111
この2月からMRTパープルラインの運賃のプロモーションが始まっていて、1ヵ月に定期的に使う人は例えば、50回使用分で1100バーツのカードを買うと、25日往復で50回使用し、1回当たり22バーツで済む。 このプロモーションが3月1日よりMRTブルーラインでも始まり、8月31日まで。パープルラインとほぼ同じような内容だ。 また、パープルラインとブルーラインを乗り継ぐ場合のプロモーションも3月1日から ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース

Thumbnail of post image 197
このコロナ禍でも、バンコクの路線周辺の不動産については、大手仲介のDDプロパティ社によると、バンコク近郊の3県では路線周辺の物件は徐々に値上がりしているという。  例えば、ノンタブリーのパープルラインのバンブアトーンなどでは13%上がっており、ピンクラインのパックレート周辺ではタウンハウスは103%上昇。  レッドラインのランシットでは13%上昇、グリーンラインのラムルーカーでも42%上昇。  一 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 047

    コロナ感染者がタイで増えてきても、バンコク都内の路線整備は計画通りに進行しており、今年のまず4月には待ちに待ったレッドラインのバンスー~ランシット、バンスー~タリンチャンが先行オープンします。すでにプラユット首相らも昨年末に試乗し、準備は万端。バンスーのセントラルターミナル駅に乗り入れる路線となります。  日本人が利用するなら、ラクシー駅のイミグレーションや、ドンムアン ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 017

  BTSエカマイ駅のすぐそばに立地する東部行きバスターミナルの複合化、ミクストユースの開発については、入札はコロナ禍の中で、1~2年延びることになりそうだ。   広さ7・3ライを民間に50年貸し出す形で、バスターミナルの上にショッピングモール、ホテル、オフィスなどを建設するもので、事業費は125億バーツほどになるとしている。   以前、バスターミナルはバンナー周辺に移転する話もあったが、タイ大量 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 136
スクンビット界隈でもコンドミニアム販売を行っているセナ・ディベロップメント社は、このコロナ禍で、需要が減り、また外国人の入国ができないなどで、新規の計画を出せない状況だが、働き始めたところのタイ人をターゲットにしたのが、100万バーツ以下で買える物件。   ちょうど働き始めたのちの25~30歳で、給料も15000バーツほどの収入の人に対して、「家賃を払うより購入した方が得」というフレーズで需要を掘 ...

コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 152

コロナ禍での不動産市場、特に都心の新規のコンドミニアム市場は停滞を余儀なくされ、大手ディベロッパーは新規のプロジェクトよりも、建設済みや現在建設中の物件の販売を優先しており、ストックを売り切ることに力を入れている。   不動産コンサルティングなどの CBREによると、大手は現在、ストックのある物件の販売を優先しており、5~40%の値引きをしているところもあるという。   サトン、ルンピニ、スクンビ ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイ関連コラム,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 074

コロナの影響で生活が苦しくなっている人も多く、バンコクやその近郊では住まいを確保するのもたいへんだが、「タイ人は皆が、自分の家に住めるように」というタイ政府の方針のもと、2021年から5年間で、高齢者や収入の少ない人、定年を迎えた公務員、障害者など向けの住宅を10万ユニット用意するとしている。   実務を行うタイ住宅公社(ケーハ)では、すでに1年間で2万ユニットを目標に4つの地域を選定済みで、スワ ...

コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 033

プロンポン界隈の新規コンドミニアム販売は、このコロナ禍ではほぼ止まっている状態だが、329万バーツから、という破格で販売するのがイースタンスター・リアルエステート社による「クインタラープーム・スクムビット39」。   プロンポン界隈は今では1㎡当たり20万バーツ以上の物件はあたりまえだが、この物件は1㎡当たり10万バーツほど。   低層8階建てが2棟。1ベッド30~38㎡、2ベッド58~64㎡で、 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 139

韓国からの小売業KDOO KOREA MALL(ケードゥーコレアモール)がタイで今後、出店を加速する。   同モールを運営するケードゥーター社によると現在、バンコクではペッブリー通りのグランドダイヤモンド・プラトゥーナムと、シーナカリン通りのパラダイスプレイスに出店しており、パラダイス内は新しくオープンし、売り場は7000㎡に及び、ファッション、生活用品、化粧品、インテリア、カバン、鞄、ギフト、フ ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイ関連コラム,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 190

タイでの不動産仲介業のCBREによると、新型コロナ後の不動産売買状況については、購入者は新しいチャンスが生まれるとしている。   まず、コンドミニアムなどの物件の価格が下がる、としており、さらにディベロッパーは抱える在庫を売るため、特別割引きやプロモーションなどで市場に出す。そのため、購入者は同じ金額で、より広いスペースの物件を買うことができるという。   また、利益を狙う投資家が市場から姿を消し ...

不動産,バンコクの開発,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 169

希少価値!露天風呂付き、 日本人経営のサービスアパートメント「Ascella Apartment (アスケラアパートメント)」で入居者募集中です。スクムビット38 、トンロー駅より徒歩2~3分の好立地(南に200m)にあります。 スタジオタイプ 27㎡:25,000バーツ 〜 ワンベッドタイプ 35㎡:28,000バーツ 〜 上記金額のプランにて、下記の設備が標準で付いております。テレビ、冷蔵庫、 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 043

新型コロナで警戒が必要なこの時期に、タイでアウトレットモールがオープンする。   6月19日にスワンナプーム空港の近くのモーターウェイのそばで、「サイアムプレミアム・アウトレットバンコク」がグランドオープン。世界96カ所にアウトレットモールを展開するサイモングループと、サイアムパラゴンやアイコンサイアムを運営する サイアムピワット社によるもので、投資は100億バーツ。150ライの敷地で、世界ブラン ...

コンドミニアム売買,バンコクの開発,不動産,ニュース,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 123

バンコク都内の路線整備では、パープルライン南のタオプーン~ラーブラナ23.6 ㎞、事業費1000億バーツについてタイ国鉄道では、4月28日に各地区での土地買収について内閣の許可が出て、今年中の建設業者の入札、オープンは7年後の2027年になる見込み。   合わせて17駅が設置され、地下鉄が12.6㎞で10駅、高架が11㎞で7駅。途中、チャオプラヤー川を渡る路線となる。 2020年5月20日 タイ自 ...

ニュース,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 172

新型コロナウイルスの影響で、バンコクの不動産市場、特にコンドミニアムの新規販売は一時、止まっている状況だが、数年前から日本の大手ディベロッパーが東南アジアの市場を求めてタイに進出しており、現地の大手や中堅と組み、開発が進んでいる状況はある。 オリジンプロパティー社と組む野村不動産、アナンダ社と組む三井不動産、AP社と組む三菱地所、セナディベロップメント社と組む阪急阪神不動産、オールインスパイヤと組 ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 160

野村不動産と組んでタイで不動産開発を展開しているオリジンプロパティー社が、韓国の大手GSグループと組み、タイでの住宅開発を推進する。    GS E&C社が49%、オリジン社が51%で新会社を設立し、タイでの不動産事業を始める。   まずは今、最も注目されているイエローラインの路線沿いで、バンカピ駅の近くで 「ザ・オリジン・ラプラオ111」の住まいのコンドミニアムを建設する。事業費は19億バーツで ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 112

イエローラインが注目されているのは、混雑が激しいラプラオ通り~シーナカリン通りを通り、スクンビット通りまで環状の形を取っていることと、スワンナプーム空港に近く、駅周辺でのコンドミニアムなどの開発が今後、次々に出てくることが予想されることだ。   ラチャダー駅からバンカピ駅までのラプラオ通り沿いでも、大手ディベロッパーが次々に土地を買収しており、オリジン社もラプラオ111のマクロの向かい側でコンドミ ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 096

タイ国鉄道によると、バンヤイ~タオプーン~バンスーのパープルラインについて、運賃の値下げをあと3ヵ月継続し、6月末までとすることになり、14~20バーツでの乗車が継続される。    これは利用者が少ないため、昨年12月から実施しているものだが、普通は距離によって42バーツかかるところが20バーツとなる。それでも1日平均62000人で、目標としていた20%以上には届かず、10%増にも満たない状況だと ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 066

  タイでは冷え込んでいた不動産販売が、新型コロナウイルスでさらに落ち込んでいるが、そのあいだに路線の整備が着々と進み、今ではブルーラインの環状線ができ、タオプーン駅からタープラ駅の間のトンブリー側も注目されていて、特に路線が走るチャランサニットウォン通り沿いの駅周辺では、以前からディベロッパーがコンドミニアム建設を進めていて、ここ1~2年でも新規に開発する大手も多い。   タイの不動産コンサルテ ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 193
タイでは景気低迷している中で、新型コロナウィルスの事態となり、新規のコンドミニアムなどは売れ残りが目立っているが、大手ディベロッパーのスパライ社によると、同社のパープルライン沿いの物件や、他県の物件についてはストックをさばくのに2~3年はかかるとしている。   一方、建設を終える4つのプロジェクトについては、今年後半より譲渡が始まるとしており、1.スパライロフト・エークファイチャイは事業費15億バ ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 039
スカイウォークならぬ、スカイサイクリングロードの建設を、空港ーパヤタイ間の鉄道の下で!   モンクット王工科大学ラカバン校の理事長によると、エアポートレイルリンクの高架の下に、サイクリングロードの建設を提案しており、関連当局はおおむね賛成の模様。   「庶民の健康増進のためによい」「エネルギーの節約になる」「ホコリなどの発生もなく環境によい」「フィットネスにもよい」などというものだが、スワンナプー ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,賃貸オフィス、工場レンタル

Thumbnail of post image 127

シンハービールなどを製造するシンハーグループの不動産部門、シンハーエステート社はこのたび、17億2500万バーツで21階建ての賃貸オフィス「メトロポリス」を買収した。   BTS プロンポン駅から徒歩5分ほどの好立地で、グレード Bの物件とされているが、IT企業や日系企業など現在、98%が入居しているという。延床は12万㎡。現在の家賃は1㎡当たり1ヵ月800バーツほどとなっている。   シンハーグ ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 069

バンコクの路線網は次々に完成しているが、3年前にオープンしたパープルラインのバンヤイータオプーンは、郊外から乗り入れる路線として期待されているが、タイ国鉄道などによると、当初、オープン前に予想していた1日7万人の乗客で、のちは数十万人に増加する、という予想を裏切り、通常14ー42バーツの運賃を1月31日まで14ー20バーツに値下げして、ようやく平日で6万人が7万人へ、土日曜は2万人が3万人に伸びて ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 136

2020年のタイの不動産、特にコンドミニアムの売買については、プラスプロパティー社によると、昨年と同じく景気低迷で、低調な状況が続くだろうとしている。   しかし、新規に路線が開通し、駅周辺での需要があるとしているが、タイ人が自分で住む物件としては、300万バーツ以下の物件、1㎡当たり10万バーツ以下の物件の需要が70%としている。   こういった物件は、主にバンコク都心より郊外に向かったところで ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 036

世界で初めてという大規模な森林の自然があるニューシティーの創設を掲げて設計、建設をしている マグノリア・クオリティー・ディベロップメント社の「フォレスティアズ(Forestias)」。   このたび、同社より予算額が当初の900億バーツから1250億バーツに引き上げられ、対象区域も398ライに拡張されている。   場所はバンナートラート通りの7㎞ 地点で 、CPグループである同社による開発となる。 ...

バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 194

タイのバンコクでの新規のコンドミニアム販売では、不動産コンサルティング会社によると、2019年の新規では4万4662ユニットの販売にのぼり、昨年の6万6021ユニットより33.9%減だった。 景気減速により、多くの物件が来年に持ち越しとなっているといい、来年もおそらく販売は4万~43000ユニットほどとしている。 また、今年の平均価格では1㎡当たり12万3130バーツで、昨年から7%減だったが、販 ...

バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 034

スクムビットのソイ59の大通り沿いに建設中のプロジェクトは、住友林業と、タイ側のグランドエステートホテル&プロパティー社が組んで進めているもので、豪華な45階建てのコンドミニアム「ハイド・ヘリテージ・トンロー」で、1ユニット当たり960万バーツ~(1㎡当たり26万バーツ)となり、ホテル機能を盛り込んだものになる、としている。   BTSトンロー駅から徒歩圏内で、エカマイ駅からも徒歩圏内。この5月に ...

賃貸サービスアパート,新築コンドミニアムの販売,レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,あぱまん情報,バンコクの開発,店舗物件仲介,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件

Thumbnail of post image 093

 日本にいる企業経営者を対象としたビジネス視察ツアー「ASEANの今を巡るエグゼクティブツアー(バンコク編)」が、2019年11月13 日~16日の3泊4日の日程で行われた。   この企画を主催したのは、Sophia Global Education and Discovery Co.,Ltd. (Sophia GED・廣里恭史代表取締役)で、現地へ足を運び、現地で経営者やビジネス展開をされている ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 057

チェンワッタナといえば、日本人ならイミグレーションにビザ更新で出かける人も多いが、このチェンワッタナ周辺がビジネス街へと変ぼうしようとしている。   現在、チェンワッタナ通りを通る路線の工事が進んでおり、ケーラーイ~ミンブリーを結ぶピンクライン。タイの不動産コンサルティング会社によると、将来の発展を見込んで、大手のディベロッパーなどが土地を買っており、建設されるコンドミニアムなども値上がりの状態が ...

レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,あぱまん情報,バンコクの開発,賃貸サービスアパート,新築コンドミニアムの販売,店舗物件仲介,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件

Thumbnail of post image 160

第37回全日本大学女子選抜駅伝対抗選手権(杜の都駅伝)は2019年10月27日、弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間38.1キロのコースに26チームが参加して行われ、名城大が2時間4分34秒で、3年連続4度目の優勝を果たした。大東大が3年連続2位、立命館大は3位だった。   名城大は、1区(6.6㎞)で小林成美(1年)はトップと1分差の9位だったが、2区(3.9㎞)の2 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,アイコンサイアム,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 167

チャオプラヤ川沿いで、バンコクのランドマークとして登場した「アイコンサイアム」は1年が経過し、運営する同社によると、来場者は現在、1日6万~15万人ほどで、そのうちタイ人が65~70%、外国人が30~35%となっており、来年にはこの来場者数を1日15万~25万人に押し上げたいとしている。高島屋が入居しており、日本料理店なども多数出店している。 すでに年末年始のカウントダウンでは有名になっているが、 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,バンコク展望タワー,アイコンサイアム,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 127

ラマ4世通りの再開発が急ピッチで進んでいる。 ラマ4世通りは、フアランポーン駅からプラカノン駅付近まで続く大きな通りだが、開発という点で、並走するスクムビット通りに大きく水をあけられていた。 しかし9月にサムヤーン・ミットタウンがオープンし、今もザ・パーク、ワン・バンコクの建設、デュシタニホテル敷地の再開発など、巨大プロジェクトが進行している。 これらの開発は全てオフィス、ショッピングモール、コン ...

ニュース,EEC,バンコクの開発,マッカサン,ドンムアン空港,スワンナプーム空港,ウタパオ空港,不動産,タイ関連コラム,タイのニュース

Thumbnail of post image 116
大規模な都市開発が計画されているラマ9世駅とマッカサン駅。 1㎞ほどしか離れていないこの2駅の間には、高層コンドミニアムが続々と建設されており、まるで摩天楼の様な光景になってきている。 猛スピードで景観が変わって行く、ラマ9世駅とマッカサン駅の周辺を歩いてみた。 ラマ9世駅を出ると、個性的な造形の高層ビルGタワーがあり、背後にはユニリーバの本社ビルと広い更地がある。 ラチャダーピセーク通りとラマ9 ...

あぱまん情報,バンコクの開発,賃貸サービスアパート,新築コンドミニアムの販売,レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,店舗物件仲介,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件

Thumbnail of post image 173

ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェロー(71歳)が14日、教授を務める名城大(名古屋市天白区)で、受賞決定後初めての講義に臨んだ。 大学院の学生約20人を前に、吉野さんは「授賞式では私なりのメッセージを世界に向けて発信したい。若い皆さんの意見も色々と聞かせてもらいたい。」と語りかけた。 吉野さんは、2017年に名城大の教授に就任し、現在は毎週月曜日、理工学研究科の大学院生向けに、 ...

不動産,バンコクの開発,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 034

スクムビット・ソイ26にあるコンドミニアム「ノーブル・リファイン」で賃貸入居者を募集しています。 部屋のオーナーはタイ人ですが、日本語で対応いたします。 BTSプロンポン駅から徒歩5分ほどの好立地にあるので、買い物や食事は大変便利です。 スクムビット通り方面なら、駅前にエンポリアムとエムクオーティエがあり、ラマ4世通り方面には、ビッグC、日本街、Kビレッジ、テスコロータスとあるので、近所でほとんど ...

新築コンドミニアムの販売,レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,あぱまん情報,バンコクの開発,賃貸サービスアパート,店舗物件仲介,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件

Thumbnail of post image 071

NEOS CHEMICAL(THAILAND) CO., LTD. (ネオス・ケミカル・タイランド)は、株式会社ネオス(兵庫県神戸市)の出資により、2013年タイ・バンコクに現地法人として設立された。 ネオスは、1950年(昭和25年)船舶を修理する「阪神工業所」として創業、その後、半世紀以上にわたって培ってきた技術を基盤として様々な事業を展開してきた。 今日では、工業用化学薬品の研究開発、製造販 ...

ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,アパート、マンションの賃貸物件,賃貸アパート物件情報

Thumbnail of post image 161

郊外や、最寄りの駅から2~3㎞離れたところで、低、中所得者向けの100~200万バーツ台のコンドミニアムを中心に販売しているLPNディベロップメント社によると、売れ残っている物件については賃貸に出して、空きをなくしていきたいとしており、すでにランシットで3000ユニットで販売した中、1ヵ月5000~5500バーツで賃貸に出し、1500ユニットを貸し出している。 来年も2棟で賃貸に出す見通しで、1つ ...

新築コンドミニアムの販売,レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,あぱまん情報,東京メガネ,バンコクの開発,マッカサン,賃貸サービスアパート,店舗物件仲介

Thumbnail of post image 129

2019年8月9日より2泊3日で、名城大学現役生7名と柳田康幸教授、川澄未来子准教授の教員2名参加によるタイ研修がバンコクで行われた。 学生のうち3名は本年2月に来訪している。全員が2年生の情報工学科と電気電子工学科の学生である。 この研修は、名城大学理工学部の川澄ゼミのグローバル研修によるもの。 今回の目的は、ラジャマンガラ工科大学タニヤブリ校(名城大学タイオフィス)との学生交流がメイン、さらに ...

コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 101
パタヤなどでも新規コンドミニアムを開発するハビタット・グループが、日本のList Groupと組み、トンローで低層の物件を開発する。 同社によると、株は62%、38%の割り合いで合弁で2社つくり、それぞれ8階建てのWalden Thonglor 8と、同じく8階建てWalden Thonglor 13を建設する。 トンロー8は広さ32.5㎡~71㎡で117室、価格は1㎡当たり235000~2600 ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,賃貸オフィス、工場レンタル

Thumbnail of post image 145

現在、ラマ4世通り~ウィタユ通りにかけて大規模に工事が進められている「One Bangkok」のプロジェクトについて、先日、マスタープランが公開され、それによると104ライの敷地に、1200億バーツをかけてタイ最大のミクスドユースの建物を建設し、オフィス5棟は合わせて50万㎡、500社以上が入居し、働く人は5万人にのぼる。 その象徴となるのが430mのタワーで、また、18万㎡に及ぶ店舗棟では450 ...

新築コンドミニアムの販売,レンタルオフィス,不動産,コンドミニアム売買,あぱまん情報,東京メガネ,バンコクの開発,マッカサン,賃貸サービスアパート,店舗物件仲介

Thumbnail of post image 064

これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。 この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。しかしながら、都心部の駅前開発物件は、今後の開発利益の期待から価格は安定している。 特に、バンコク最大規模の開発が期待されるマッカサン地区が注目される。 ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 105

BTSモーチット駅からラプラオ五差路駅については、9月末まで1駅を無料開放しており、セントラルラプラオなどに行くにも便利となり、またタイ最大のターミナル駅としてバンスーが着々と工事が進められており、注目されているエリアとなっている。 その中でサパンクワイ駅は、新規のコンドミニアムも現在、12物件あり、3720ユニットが販売されているが、そのうち2853ユニット、77%を売り切っている。1㎡当たり1 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 077

タイのバンコクでは徐々に賃貸市場が活発になってきている。ディベロッパー大手のプルックサーリアルエステート社によると、先進国では普通にあるように、タイでもコンドミニアムの賃貸が活発に行われるようになってきたという。 これは、都心の土地代が上がり、コンドミニアムの物件の価格も上がっていることや、中間、下層の人は物件を買えない、また、仕事を変えるタイ人も多く、賃貸の方が都合がよいことなど。 例えば、収入 ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 143

都心では高騰している新規コンドミニアムの値段だが、そのため、ディベロッパーは郊外での開発に力を入れており、特に路線の駅が新設される場所周辺での建設が進んでいる。 阪急阪神ディベロッパー社と組むセーナー・ディベロップメント社はこのたび、ラムカムヘンのソイ36と36/1の間の14ライで、37階、33階、そして7階建て3棟の大規模なプロジェクト「ニッチ・モノ・ラムカムヘン」を発表し、販売価格は199万バ ...

ヤワラート,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 011

    8月12日、地下鉄ブルーラインのフアランポーン駅から先の延伸区間ラックソーン駅までの11駅が開通。延伸区間は8月末まで無料開放となります。 今回のブルーラインの延伸区間は、通勤電車として郊外へ伸びるだけでなく、観光にも利用価値の高い路線です。 特に注目は、フアランポーン駅から先の3駅で、開業直前の3駅へ実際に行ってみました。 フアランポーン駅の次は、ワット・マンコン駅。名前の通り ...

コンドミニアム売買,バンコクの開発,新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 089

タイのバンコクでは路線整備とともに駅周辺での高層コンドミニアムの建設が活発だが、タイの不動産コンサルティング会社によると、今年1~6月までのバンコクでの新規コンドミニアムの販売は45件で、18075ユニットにのぼり、昨年の同期より19.9%減だった。 これは、各ディベロッパーが昨年、新規に販売した物件のストックを売る方に力を入れていたことや、選挙のため、新規を控えていたためで、選挙後のこの6月だけ ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 127

2011年の大洪水による被害がまだ記憶に残るなか、アユタヤやナワナコン周辺の工場も、タイ東部に移ったところもあり、今やタイ東部のチョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンはEEC地区として、新しく開発が進んでいます。 そんななかでも、ナワナコンに近いランシットは、タイ北部やイサーン地方への玄関口として再び注目を集めており、何といってもバンスー‐ランシットのレッドラインの高架鉄道が整備されることになり、 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 077

  スクムビット通り沿いでは、トンローからエカマイにかけて再開発が進んでいるが、エカマイの交差点では、バーンライカフェーのあったところはオールインスパイヤ・ディベロップメントが長期借りでプロジェクトを進めており、商業施設などを建設する見込みだ。 同社は日本のフージャースホールディングスと組み、タイでのコンドミニアム事業を加速しており、今年初めにはエカマイのビッグCの近くに高層コンドミニアム「インプ ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,不動産物件、賃貸アパートの仲介

Thumbnail of post image 152

  路線が新設される駅の近くで129万バーツの新規コンドミニアムの物件! 野村不動産と組む大手オリジン・プロパティー社によると、今年後半は6つの地域で6つのコンドミニアムを開発し、合わせて70億バーツを投じるとしており、どれも、タイ人の中間層が買いやすい1㎡当たり7~10万バーツほどになり、給料が2万~4万バーツほどのビジネスマンやOLらを念頭に置いている。 6月29日より発売される「ザ・オリジン ...

レンタルオフィス,不動産,ニュース,バンコクの開発,コワーキングスペース,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸オフィス、工場レンタル

Thumbnail of post image 003

  地下鉄サムヤーン駅から歩いて9分ほどのところに、オフィス等の建設が計画されており、オープンは2020年初めの予定だ。 場所は、BOIのチャムチュリービルがある交差点からすぐで、サムヤーン・ミットタウンがまもなくオープンするが、そのすぐそば。 スタートアップ企業などのコワーキングスペースなども併せてつくる見通しで、名称は「BLOCK28」。 PMCU社による開発となる。問い合わせ等は電話091- ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 071

  BTSエカマイ駅周辺の新規コンドミニアムの開発も活況で、昨年1年では2753ユニットを販売、今年3ヵ月の間だけでも1170ユニットを販売。 価格は平均、1㎡当たり21万バーツほどで、高い物件では1㎡当たり23万バーツになる。 また、駅から800m 以上離れたところでも、1㎡当たり18万バーツ以上となっており、トンローに間近のエカマイ周辺でも、徐々に新規の物件の価格が上がっており、この傾向は今後 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 152

  サイアム・パラゴンやエンポリアムなどを展開する大手のザ・モールグループは、今後5年間の計画を発表し、グループ関連のショッピングモールにタイ人、外国人を合わせて1年に5億人の来客を見込み、また今後5年で800億バーツをかけて、新規事業などを展開するとしている。 その中で最大のものといえば、バンナー交差点で建設が始まった「バンコクモール」。敷地は100ライ以上あり、ショッピングモールを中心にコンド ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 155

  バンコクの路線整備については、ブルーラインの地下鉄延長、フアランポーン‐バンケーについては、すでに建設は終了しており、電気システムなどのチェックを行っていて、80%が完了、6月末までにすべてを終え、7月から試運転を始め、8月の1ヵ月間は無料で開放し、9月には正式オープンとなる見込み。 全長14㎞で11駅が建設されており、フアランポーン駅を過ぎて、ヤワラートを通るが、4駅が地下鉄でワットモンコン ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,モノレール,アイコンサイアム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 154

    同路線では、アイコンサイアム前にチャルンナコン駅、クロンサーン区役所前にクロンサーン駅が設置される。事業費は20億バーツで、そのうち、プラチャーティポックまでの0.9㎞の整備も計画されている。 2019年5月20日 タイ自由ランド掲載   ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 152

  現在、工事中のバンコク都内の路線網の整備については、タイ国鉄道によると、フアランポーン‐バンケー、タオプーン-タープラについては工事は完了しており、システム等の整備を行っており、それぞれ、今年9月オープン、2020年3月オープンとなっている。 また、モーチット‐サパンマイ‐クーコットについてもほぼ工事は完了しているが、まずセントラルプラザ前までのラプラオ5差路駅までを今年8月12日にオープンし ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発

Thumbnail of post image 022

  BTSの駅周辺の開発が注目されているが、日本人の多く住むスクムビット線の駅で、今後、開発が予想されるのがBTSエカマイ駅周辺。駅前にタイ東部行きバスターミナルがあり、所有する交通局では、ホテルやオフィス、商業センターなどが一体となったミクスドユースへの開発を検討しており、コンサルティング会社による調査が行われている。敷地は7ライ余りあり、民間企業への30~50年の賃貸などが考えられるという。 ...

バンコクの開発,不動産,ニュース,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,タイ関連情報

Thumbnail of post image 143

  バンコクのランドマークに!とオープンしたアイコンサイアムだが、高島屋が入居し、チャオプラヤー川沿いが注目されているが、ビジネス街のシーロム、サトーンの入り口でもある場所で、再開発が始まったのは、長年、ドゥシタニホテルがあった場所で、同社と大手のセントラルパッタナー社が組んで、ドゥシットセントラルパークを建設することがこのたび発表された。 こちらも、バンコクのランドマークに、という規模のもので、 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 051
  タイ交通省によると、バンパインからサラブリー、コラート(ナコンラチャシーマー)までの196㎞の高速道路については、現在まで67%の進捗状況で、予定の72%より少し遅れている。来年にはほぼ建設は終了し、システムなどの導入で、2022年にはオープンできる模様。 これが完成すれば、現在、バンコクからコラートまで4時間かかっているのが、2時間で行けるようになる。 なお、30年間のオペレーション、メンテ ...

ニュース,バンコクの開発,不動産,タイのニュース,バンコクの開発,タイ関連情報

Thumbnail of post image 137
   ドゥシタニホテルを運営するドゥシタニ社によると、この1月5日にホテルを閉鎖し、4月から解体工事を開始し、4年後にはシーロム通りの入り口のシンボル的存在としてミクスドユースの建物が完成する。 新しいドゥシタニホテルや商業センター、オフィスビル、コンドミニアムなどで、商業施設開発の大手セントラルパッタナーと組んで開発を行う予定。 そのため、今年はドゥシタニホテルの収入20%が失われるが、ドゥシッ ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,アイコンサイアム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 121
  アイコンサイアムのオープンで、チャオプラヤー川沿いのホテルやレストランなどが注目されているなか、BTSサパンタクシン駅からすぐのサトン桟橋について、タイ港湾局長によると、利用者にとって、時代に合ったタイのモデル・ターミナル駅として、オープンさせたいとして、予算1800万バーツなどを計上して、新たな水上駅を来年にはオープンさせる予定。 これは、利用者にとって便利で安全に利用できるための、桟橋の格 ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

Thumbnail of post image 194

  バンコクの慢性的な渋滞については、交通局なでの調査によると、2018年では、朝のラッシュ時に最も混むのがクルントンブリー~スラサック間のクルントンブリー通りで、夕方はサムヤーン~アヌサワリーのパヤタイ通りで、両方とも1時間で8.6㎞の走行にとどまる。 それでも10年前の調査ではクルントンブリーで1時間に4.4㎞ほどしか走行できていないため、それに比べると改善されているともいえる。 現在、建設中 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,バンコクの開発,バンコクの開発,新規コンドミニアム

Thumbnail of post image 070
  野村不動産と組むオリジンプロパティー社は、スクムビットのソイ24やトンローなどでコンドミニアムなどの高級物件を販売しているが、KNIGHTS BRIDGEのシリーズで提供しているのは、リーズナブルな物件。 都心では1000万バーツ以上があたりまえになったコンドミニアムの物件だが、郊外で、今後、駅前となる場所はまだまだ格安で、今回、同社から販売されるナイトブリッジ・スクムビットーテパラックは、新 ...