コロナ禍でも不動産値上がり、郊外でタウンハウスが人気

コロナ禍でも不動産値上がり、郊外でタウンハウスが人気このコロナ禍でも、バンコクの路線周辺の不動産については、大手仲介のDDプロパティ社によると、バンコク近郊の3県では路線周辺の物件は徐々に値上がりしているという。

例えば、ノンタブリーのパープルラインのバンブアトーンなどでは13%上がっており、ピンクラインのパックレート周辺ではタウンハウスは103%上昇。

レッドラインのランシットでは13%上昇、グリーンラインのラムルーカーでも42%上昇。

一方、サムットプラカーンでは BTS プレックサー駅、サーイルアット駅、ケーハ駅周辺ではコンドミニアムも21%上昇、バンボーやバンプリーなどでも58%、44%とそれぞれ上昇している。

これらバンコク近郊の物件は、コンドミニアム、タウンハウスでは100万~300万バーツ、一軒家では500万~1000万バーツほどの物件が中心だが、土地付きのため、タウンハウスの方がコンドミニアムより人気があり、同じ価格ならタウンハウスを選ぶ人が多いため、コンドミニアムの販売は難しい状況だとしている。

2020年12月20日 タイ自由ランド掲載    

関連リンク