不動産

新築コンドミニアムの販売

コロナあと、物件購入へ

タイでの不動産仲介業のCBREによると、新型コロナ後の不動産売買状況については、購入者は新しいチャンスが生まれるとしている。   まず、コンドミニアムなどの物件の価格が下がる、としており、さらにディベロッパーは抱える在庫を売るため、特別割引きやプロモーションなどで市場に出す。そのため、購入者は同じ金額で、より広いスペースの物件を買うことができるという。   また、利益を狙う投資家が市場から姿を消し、本当に住みたいと思う人が買うため、物件をより選びやすくなるだろうとしている。 2020年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->新規コンドミニアム
2020.07.08
新築コンドミニアムの販売

コンケンのコンドミニアム30%余りが売れ残る!

ようやくタイの経済も動き出しているなか、需要を見込んで、コンドミニアムの建設を発表したのがオーシャン・プロパティー社だ。   タイ東北のコンケン市に低層8階建てのコンドミニアム「オーシャングランドレジデンス」を建設する。ミタラパープ通り沿いで、1ライ余りの敷地に8階建て236ユニットの物件で、事業費は4億バーツ。   一戸は22.5~35㎡の広さで価格は119万バーツから。コンケン大学周辺や市内ではコンドミニアムの需要が高いとしており、よく売れているのが100万~150万バーツの物件。   コンケン県 はイサーン地方の中心地で、医療や教育などの面が発展している。   タイ不動産情報センターの調べでは、2019年後半のコンケンでの新規コンドミニアムは11件で、2140ユニットが建設されたが、現在も615ユニットが売れ残っている状況で、70%弱ほどの販売にとどまっている。 2020年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイで不動産仲介 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コン...
2020.07.08
新築コンドミニアムの販売

エカマイのインデックス・リビングモールがコンドミニアムの需要に対応

スクムビット界隈でファニチャーやキッチン、内装関連の製品を探す場合、エカマイのゲートウェイにあるホームプロやバイテクの催し物、あるいはバンナーのIKEAなどがあるが、近場で見落としてしまいがちなのが、エカマイの ビッグCの上階にある 「インデックス・リビングモール」。   意外と様々な商品が揃っており、エカマイ界隈の人以外でも利用価値が高いが、同社のクルッサチャノック社長によると、エカマイの同モール内のゾーンを改革して、需要が高まっている、コンドミニアムに住む人向けの需要に合わせて商品構成などを改善していくとしている。   最近は、エカマイ通り沿いなどで次々にコンドミニアムができて、ファニチャー、リビング、キッチン用品、電化製品などの需要が高まっているのに対応する。   同社長によると、客層は大きく分けて2つで、コンドミニアムに自分で住むため、クオリティーの高い商品を望む層と、買ったコンドミニアムを貸すため、ひと通りの商品を経済的に取り揃えたい層という。   賃貸に出すケースでは、1ベッドやスタジオなどで、家賃2~5万バーツとして...
2020.07.08
不動産

「Lydex(リデックス)」コロナ後は賃貸がお得!

現在、賃貸でバンコクで過ごしている方、コロナ明けで現在、家賃が流動的になっていて、安くでの賃貸が可能です。   「Lydex(リデックス)」では、コンドミニアムを購入された日本人が賃貸に出している物件を多く取り扱っており、大切に使ってもらえるということで日本人の借り手を探しています。   BTSプラカノン駅前の「リズム 44/1」は、29階の高層階で2ベッドの部屋が1ヵ月32000バーツ、「アシュトン アソーク」の高層階の角部屋の2ベッドで1ヵ月55000バーツとなっています。   そのほか、トンロー駅からも徒歩圏内の「168 スクムビット 36」は1ベッドで1ヵ月18000バーツ~となっており、通常より安い価格設定となっています。   一方、売買物件では、BTSプレックサー駅の目の前の現在、工事中で来年完成の「ザ・プレジデント・スクムビット・サムットプラカーン」は1部屋177万バーツと格安の価格となっています。   オンヌット駅周辺よりも半額で購入でき、将来的には値上がりも期待できます。   チャオプラヤー川や海の眺望もすばらしい。完成間近...
2020.07.08
不動産

トンロー駅近くで露天風呂付き、日本人経営のサービスアパートメント

希少価値!露天風呂付き、 日本人経営のサービスアパートメント「Ascella Apartment (アスケラアパートメント)」で入居者募集中です。スクムビット38 、トンロー駅より徒歩2~3分の好立地(南に200m)にあります。 スタジオタイプ 27㎡:25,000バーツ 〜 ワンベッドタイプ 35㎡:28,000バーツ 〜 上記金額のプランにて、下記の設備が標準で付いております。テレビ、冷蔵庫、エアコン、電気調理器、電子レンジ、ケトル、ヘアドライヤー、各種食器・グラス、調理器具、共有Wi-Fi、焙煎UCCコーヒー無料、週2回清掃、リネン交換、ジャグジー、フィットネスジム、屋上露天風呂(予約制)、電動自転車(予約制)   7月20日には、館内に入居者専用の日本食レストランオープン予定。マンスリー契約も可能、7月20日より朝食付きプラン、夕食付きプランも登場。 LINE ID:@ascella ✉ ascella38@gmail.com TEL:088-959-5562 担当フランク (日本語・タイ語・英語可) HP: ...
2020.07.05
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年6月20日掲載

コロナ収束後テレワークを続けたいが6割超 テレワーク(「tele=離れた所」と「work=働く」の造語)とは、情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方で、働く場所によって、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務に分けられる。 公益財団法人日本生産性本部の調査 (注01)によると、在宅勤務では仕事の効率が下がった人は66.2%ではあったが、在宅勤務した人の57.0%が満足と感じ、新型コロナの収束後も62.7%がテレワークを続けたいと考えていることが分かった(図表01)。   テレワークは3割弱の企業で実施されてきたが、収束後もTwitter社のように一定数の企業は積極的に続けていく。今後テレワーク改革は世界的にさらに進むであろう。できない企業は「淘汰」される時代が来るかもしれない。 会議やセミナーに適したZoomが注目されている コロナまん延抑制のため、ビデオ通話とチャットができるアプリとして、「Skype(スカイプ)」と「Zoom(ズーム)」が注目されている。Zoomは会議に特化しているのに対して、Skypeは対面通話...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産特別編】5回目の社会奉仕活動の様子

日系不動産会社「すずき不動産」では、マスク5枚を10バーツで販売しています。   マスクの収益金はクロントーイのスラムに近いAt Narong Night Bazaarで社会奉仕活動の費用に充てさせていただきます。   行政と相談のもと、4月27日に食事と水とお金の提供をして参りました。   2回目以降の社会奉仕活動は活動に賛同いただいたスポンサー様の寄付をもとに行いました。   5月は毎週火曜日に同地で活動させていただきました。   今回は5月26日に行われた社会奉仕活動の模様をご紹介いたします。   朝から雨のぱらつく中でしたが、この場所で最後の慈善活動をして参りました。 今回もオーナー様や取引のある業者様、フジ1号前店・本社の募金箱からの寄付金にてお弁当・飲料水・アイスクリーム・お菓子・100バーツを350人分の配布を行いました。今回のお弁当はオーナー様に直接お持ち頂きました。   雨の中アイスクリームは喜んで貰えるか、など不安もありましたが、多くの笑顔を見ることが出来ました。   今月いっぱいでこの...
不動産

「SKタワー」は駅前で格安のアパ―ト

BTSトンロー駅からおりてすぐで、6ヵ月以上の契約で、家賃が格安になる人気アパート「SKタワー」。   現地型の日本人の長期住まいとしても人気があり、また、1日、1ヵ月の短期もOK。最も人気のあるコンパクトなスタジオタイプをはじめ、50㎡の広いスタジオルームや43㎡の1ベッドルームもあります。   BTSトンロー駅から徒歩2分と好立地で、家具やエアコン、温水シャワー付きだから、カバンひとつでやって来て、その日から暮らせます。 場所はトンロー駅を降りて、エカマイ方面へ歩き、ソイ38と40の間の黄色い建物です。空室情報については随時お問い合わせ下さい。 2020年6月20日 タイ自由ランド掲載 -> アパート賃貸物件 -> コンドミニアム売買の掲示板 -> 格安のアパート、マンション、サービスアパートなど 更新2020/6/20-> SKタワーのページ ->SKタワーの情報 ->SKタワーのfacebook ->賃貸アパートの情報 ->格安の賃貸アパート...
2020.06.22
不動産

サイアムプレミアムが19日に空港近くにオープン

新型コロナで警戒が必要なこの時期に、タイでアウトレットモールがオープンする。   6月19日にスワンナプーム空港の近くのモーターウェイのそばで、「サイアムプレミアム・アウトレットバンコク」がグランドオープン。世界96カ所にアウトレットモールを展開するサイモングループと、サイアムパラゴンやアイコンサイアムを運営する サイアムピワット社によるもので、投資は100億バーツ。150ライの敷地で、世界ブランドなど200店をオープンし、5万㎡の売り場で、文字通り、新しいランドマークの誕生となる。   スワンナプーム空港のそばで、車で10分の距離。中国人観光客などを想定して計画されたものだが、今年は外国人の観光客が制限され、来年も以前と同じように観光客が戻るのは難しい。   そんななか、まずタイ国内のタイ人などをターゲットにしてオープンすることになる。   バンコクではすでに2019年8月にオープンしている 「セントラルビレッジ・ラグジュアリーアウトレット」がライバルとなり、どちらも空港近くに立地し、セントラルも御殿場プレミアムアウトレットなどを展開する三菱地所と組み、1...
2020.06.22
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年6月5日掲載

1人あたりのオフィス面積は12.26㎡(3.71坪)まで減少(東京) ザイマックス不動産総合研究所の調査によると、東京23区の1人当たりのオフィス面積は年々縮小傾向となり、2019年4月時点で約12.26㎡(3.71坪)まで減少した(図表01)。   リーマンショック後の不況を背景に、新規テナントの1人当たりオフィス面積は縮小した。一方、継続テナントは人員削減の影響を受け2010年には4坪台に拡大した。   2013年以降の企業の景気回復等により新規面積は一時拡大したが、2015年からの空室率・空室面積の減少や市場賃料上昇によるコスト意識の高まりなどから、新規が継続を下回った。その背景には、空室率が1%を切るなど需給がひっ迫している中、移転先が限定されることに加え、フリーアドレスやテレワークの導入など、働き方改革を推進するテナントの増加によるものと考えられる。   バンコクにおいても、コロナの影響により、今後、テレワークの導入などが加速し、1人当たりのオフィス面積は減少していくことが想定される。 バンコクのオフィス賃料は、都心業務地区大型...
パタヤの賃貸マンション

【パタヤのSKみずほ不動産】アフターケアも万全の パタヤで少ない家族向け物件

今回ご紹介するのは、パタヤ・セントラルロードのフードランド裏手にある8階建てコンドミニアムです。立地は大通りからソイを100㍍ほど入った静かな環境の立地。   人気の秘密は次の3点 ①3ヵ所のショッピングエリア至近‼ *ハーバーモールパタヤ(パタヤ唯一のマックスバリュが入店)へ50㍍、フードランドへ150㍍、ビッグCエクストラへ300㍍。 ②通勤アクセスが抜群 スクムビット通りへ車で1~2分、高速7号線出入口へも2~3分。 ③広めの間取りと全室バスタブ付き‼ 1ベッドルームで80~110平米、 2ベッドルームで135~165平米とかなり大きな部屋サイズでキッチンもゆったり広め。全室バスタブ付き   パタヤでは数少ない家族向け物件で2ベッドルーム、全57ユニットは日本人世帯が常時7~8割を占めており、空室がない場合もあります。買物・通勤を優先、実生活重視の方々に選ばれ、安定した人気物件。 《日本人オーナーのお勧め2ベッドルーム》…日本人インテリアデザイナー監修の元、日系工務店によりリフォームされた見晴らしの良い...
2020.06.13
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産特別編】食事、飲料水、現金を配布

5月12日の社会奉仕活動のようす 日系不動産会社「すずき不動産」では、マスク5枚を10バーツで販売しています。   マスクの収益金はクロントーイのスラムに近いAt Narong Night Bazaarで社会奉仕活動の費用に充てさせていただきます。   徐々にロックダウンも解除されていますが、まだまだ仕事や住むところをなくした人がたくさんいます。   行政と相談のもと、4月27日に食事と水とお金の提供をして参りました。   初回はすずき不動産負担にて500人分のお弁当・飲料水・現金100バーツを用意し、配布を致しました。   2回目以降は賛同していただいたオーナー様からの寄付をもとに行っています。   さらに5月12日には多くのオーナー様から支援物資も届き、第3回目の社会奉仕活動を行うことが出来ました。   また、フジスーパー1号前店と本社に設置した募金箱からの寄付金もあわせて、お弁当、飲料水、100バーツを600人分、ご寄付頂いた支援物資も配布いたしました。お弁当の半分、300食分はオーナー様が直接お持...
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年5月20日掲載

プレミア・トンローにロングステイ(シニア)型住宅が対応可能となる。まずは、タイの高齢化の状況について考察したい。 タイの高齢化率は2036年には30%と超高齢化社会に突入する! 2018年発表のWHO統計によると、タイ人の平均寿命(2016年)は男性が77位の71.8歳、女性が51位の79.3歳であった。ちなみに、日本人の男性は香港に次いで2位の81.1歳、女性は1位の87.1歳である。   また、政府系シンクタンクの国家経済社会開発委員会(NESDB)によると、2040年にはタイ人の平均寿命は、男性が75歳、女性が82歳まで伸びるという。一方、合計特殊出生率は、2010年の1.6人から2040年には1.3人まで落ち込み、少子高齢化に拍車がかかる。   カシコン銀行のレポートでは、タイは高齢社会(注01)の入り口に立っており、60歳以上の高齢者は、総人口(6,550万人)の17%(1,120万人)を占めており、2036年には30%(1,950万人)に達すると警鐘を鳴らす(図表01)。 クラスター(集団)発生原因となる三密にも対応したプレミア・トンロー...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産特別編】クロントーイで社会奉仕活動、フジスーパー1号前店に 募金箱を設置しました

4月27日の社会奉仕活動のようす 日系不動産会社「すずき不動産」では、4月にマスクの無料配布を行っていました。   日本人は無料となると、気兼ねして取りに行く人が少なく、そこでマスク5枚を10バーツで販売することにいたしました。   マスクの収益金はタイ赤十字チュララロンコン病院へ全額寄付させていただいておりました。   新型コロナウィルスの感染者も減ってきて、現在、もっと困っている人へ直接支援をさせていただくことにいたしました。   多くの店舗休業となり、職や住むところをなくした人たちのために、行政と相談のもと、4月27日にクロントーイにて食事と水とお金の提供をして参りました。   会場はクロントーイスラムに近いAt Narong Night Bazaarで行いました。   初回はすずき不動産負担にて500人分のお弁当・飲料水・現金100バーツを用意し、配布を致しました。   今後もこの活動をより長く続けるため、次回以降は賛同していただいたオーナー様からの寄付をもとに行います。 マスクの購入に...
2020.05.30
賃貸サービスアパート

「キャピタルマンション」短期・長期滞在とオフィススペース

パホンヨーティン通り沿いでBTSサパーンクワーイ駅とアーリー駅の間にある「キャピタルマンション」。   ホテル&サービスアパートとして、1泊から長期滞在まで快適に暮らすことができます。   サービスアパートでは、月2回のお部屋清掃サービスも含まれています。部屋はスタジオタイプの部屋(1万8千~2万バーツ/月)とスタジオプラス(2万3千バーツ/月)、ワンベッドルーム・スイート(2万3千~2万5千バーツ)となっています。   部屋は広く清潔で風通しもよく、広い敷地のガーデンエリアがあるため、大通りの騒音もあまり気になりません。   館内には広いプールやフィットネスルームも完備していて、室内には家具や家電が備わっているので、入居後すぐに生活できます。近くには ビッグCやヴィラマーケット、アクアモール、パウロ病院もあるので便利です。   ホテル部門では、無線インターネット利用と毎日のコンチネンタル・ブレックファーストが無料となっています。   35平米~のデラックスシングルの部屋が1泊1600バーツからあり、40平米~のダ...
2020.05.30
不動産

タオプーン~ラーブラナは2027年完成へ

バンコク都内の路線整備では、パープルライン南のタオプーン~ラーブラナ23.6 ㎞、事業費1000億バーツについてタイ国鉄道では、4月28日に各地区での土地買収について内閣の許可が出て、今年中の建設業者の入札、オープンは7年後の2027年になる見込み。   合わせて17駅が設置され、地下鉄が12.6㎞で10駅、高架が11㎞で7駅。途中、チャオプラヤー川を渡る路線となる。 2020年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->BTS,地下鉄 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報 ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報
2020.05.24
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年5月5日掲載

タイの土地神話は崩れ、賃貸派の人が増えている!? あなたは賃貸派?それとも分譲派? 賃貸派の人に聞くと「タイも日本のように土地神話は崩れ、これまでのように不動産価格の上昇は見込めないから、僕は賃貸がいいよ。」という。また「タイ不動産は供給過剰で、分譲マンションを購入しても値下がりリスクがあるから賃貸がいいわ。」という慎重なタイプの人。 そして、「駐在員でバンコクに来ているけど4年もしたら日本に戻るので賃貸で構わないさ。」といった駐在員の人達がいる。分譲派の人に聞くと「住まいは自分で所有できる物件が将来安心だよ。」という。また「タイの賃貸は定期借家だから契約期間終了すると賃料が値上げされるから、分譲が良い。」という人達がいる。   一方、本当は分譲を購入したいけど、「タイでは銀行融資が難しいのでやむを得ず賃貸にいる。」という人達や「バンコクでは値段が高すぎてとても買えないから、賃貸で我慢するよ。」という分譲派だがやむを得ず賃貸の人達がいる。 トンローのコンドは新築29万B/㎡(55㎡・1,560万B)、中古10~24万B/㎡ 確かに、タイの不動産も今では東京並みの高額物...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】ソイ24で革命的な物件「ルンピニ 24」

日本人が多く住んでいる偶数エリアで、ダントツ人気のソイ24、そこで革命を起こした物件が、ルンピニ24なのです。場所が良い事で広さとエグゼクティブを兼ね備え、高額の広い物件が主流でした。   そこへエグゼクティブはそのままで、広さをダウンサイズし、手頃な販売価格と家賃設定で、やむなく他のエリアに住まなければならなかった方が、こぞってお借り頂いています。ルンピニグループとしては、かなり気合の入った設計で、高層のプールはタイドラマで使われても、納得出来るリゾート仕様です。チャオプラヤー川に沈む夕日は、インスタ映えポイントとなります。キッズルームにフィットネスジム、サウナと、今となっては当たり前ですが、ルンピニでは攻めているのです。   ガラス張りのラウンジも行けて、自動販売機があるのも珍しいですね。お部屋は26平米とコンパクトですが、寝室とリビングは分けられ、1ベッドタイプになっています。今現在は調理仕様ではありませんが、そこは多少の改装が必要でしょう。低層ではありますが、視界は開けて日当たりも良いので、特に日本人には受けは良いと思われます。ソイ24の人気はスクムビッ...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】オフィスエリア至近で便利「ヴォーク レジデンシャル コンドミニアム スクムビット16」

ソイ16は昔から、しゃれたお店が多く、日本人向けと言うよりは、インターナショナルエリアと言えるでしょう。   一番の要因としてはオフィスビルやホテルが多いのが理由でしょう。平日の昼はタイスタッフも含め、多くの人で通りがにぎわっています。ラマ4世通りに向かうには行きやすく、地下鉄のクイーンシリキット駅は、通りが横なので使う事も多々あるかもしれません。 オフィスがある関係で、郵便局や24時間営業のスーパーが特に重宝されています。   今回ご紹介の物件は、スクムビットから少し中に入っているので、シャトルサービスが地下鉄駅や通りの入り口まで、送り届けて頂けます。2012年築で8年は経っていますが、1ベッドで50平米もあって、2人でも住める程度の余裕はあります。    こちらの物件はローライズ8階建2棟が平行に並んでいます。1ベッドで視界が開けた向きに出会えるのも非常にまれです。今回はそのまれに出会えたのは幸運だと言えるでしょう。 しかも人気の北向きになります。今現在の内装も白を基調で、床も白タイルで部屋を明るく照らしてくれます。   ファシリティーに関しては、2...
パタヤの賃貸マンション

【パタヤのSKみずほ不動産】パタヤで日本人駐在員向け物件、賃貸お勧め物件「Prime Suites」

物件概要 セントラルロードのフードランド裏手にある8階建てコンドミニアム。立地は大通りからソイを100㍍程入った静かな環境の立地。 人気の秘密は次の3点 ①3ヵ所のショッピングエリア至近! *ハーバーモールパタヤ(パタヤ唯一のマックスバリュが入入居)へ50㍍、*フードランドへ150㍍、徒歩2分 *ビッグCエクストラ 300㍍、徒歩4~5分 ②通勤アクセスが抜群! スクムビット通りへ車で1~2分、高速7号線出入口へ2~3分と毎日の通勤の便が大変良い ③広めの間取りと全室バスタブ付き! 1ベッドルームで80~110平米、 2ベッドルームで135~165平米とかなり大きな部屋サイズでキッチンもゆったり広め。   またタイでは珍しく収納スペースも多く取ってあり、全室バスタブ付き。パタヤでは数少ない家族向け物件で広めサイズの2ベッドルーム、全57ユニットの中で日本人世帯が常時7割~8割を占めており、ユニットの絶対数も少ない事からタイミングによっては空室がない場合もあります。シービューや海近ではないですが、広めの間取りで買物・通勤の面を優先、実生活重視の方々に選ばれてお...
新築コンドミニアムの販売

投げ売り?ストック3千億バーツ コンドミニアム販売へ

タイの不動産市場では、すでにある物件のストックが3000億バーツほどといわれ、1戸300万バーツとして10万ユニットが売れ残っている計算になる。さらに現在、建設中の物件も多い。   この2ヵ月間は販売できない状況で、さらに今後も外国人が来れない状況が続き、タイの物件を頭金で購入した人も、その後のやり取りが難しくなっている。   そんななか、大手ディベロッパーはキャンペーンやプロモーションをネットで相次いで出し始めている。   大手のメジャーディベロップメント社は、ラインの公式アカウントに登録してもらい、最大50%引きのキャンペーンを4月15日から始めており、オールインスパイヤ社も「ローン2年間を1ヵ月22バーツで」としてエクセルハイドウェーのスクムビット71と50の物件でキャンペーンを行っている。 また、プルックサー社はランシット大学やバンコク大学ランシット校の周辺のプラムコンドーで10%引きとしており、学生向けに貸す投資家らが購入しているという。 また、大手スパライ社も、手持ちの高層コンドミニアム90億バーツ、低層コンドミニアム40~50億バーツを...
2020.05.09
新築コンドミニアムの販売

400万以下の物件、プロモーション出てくる!

コロナ禍での状況でも、ネクサスプロパティー社によると、逆に今年のタイの不動産市場は、お金を貯めている人にとっても、手頃でクオリティーの高い物件を買える状況になる、と話している。   多くの不動産ディベロッパーが、売れ残っているコンドミニアム等をプロモーション価格などで売り切るケースが相次ぐとしており、「2年間無料!」などのプロモーションもすでに出てきている。   また、タイ政府も譲渡税や特別事業税などで支援するとしており、銀行のローン金利も買い安いものになるだろうといい、また外国人の土地所有の緩和も行われるとしている。   現在、バンコクで働くビジネスマン、タイ人OLらがほしい住まいは400万バーツ以下のコンドミニアムで、これらをターゲットにした物件も次々にプロモーションで出てくるだろうとしている。 2020年5月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイで不動産仲介 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コ...
2020.05.09
新築コンドミニアムの販売

中国人向け仲介不動産200人→80人へ

コロナの影響で大きな打撃を受けているが、不動産事業もその一つ。中国人のタイ向け不動産仲介の大手、エンジェルリアルエステート社のサイモンリー社長によると、この危機を乗り切るため短期、中期、長期に分けて戦略を練る必要があり、短期ではまず従業員を現在の200人から80人に縮小、中国人はタイに来れないので、オンラインによる販売で、1ヵ月20~30ユニットは売れているとしている。   リー氏によると、今年の譲渡物件は2000ユニットほどとなり、140~150億バーツとなる。ただ、この1月から譲渡したのは100~200ユニットで、現在は譲渡ができない状況。ただ、中国人の300~500万バーツの物件の需要は多く、影響を受けていない人に対しての販売などを行っていきたいとしている。 2020年5月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイで不動産仲介 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2020.05.09
新築コンドミニアムの販売

日系大手不動産 次々に進出したが…残るのはどこ?

新型コロナウイルスの影響で、バンコクの不動産市場、特にコンドミニアムの新規販売は一時、止まっている状況だが、数年前から日本の大手ディベロッパーが東南アジアの市場を求めてタイに進出しており、現地の大手や中堅と組み、開発が進んでいる状況はある。 オリジンプロパティー社と組む野村不動産、アナンダ社と組む三井不動産、AP社と組む三菱地所、セナディベロップメント社と組む阪急阪神不動産、オールインスパイヤと組むフージャースホールディングス、サンシリィ社と組む東急コーポレーション、ライモンランド社と組む東京建物など。   実際に高層コンドミニアムなどを建設したところもあり、しかしここ数年の中国の景気後退などもあって、思うように販売できていない状況だ。   日系の不動産と組むメリットはタイ側からすると、日本人の顧客を連れて来てくれることだが、実際には高止まりした1000万バーツほどもする物件になかなか、日本から投資しようという人もいないのが現状。   タイで15年以上、日本人向けの不動産仲介をしている日本人社長によると「日本人なら、そのコンドミニアムの一室を買...
2020.05.09
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第139回は「メジャー・タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、139回目は、トンロー通りソイ10に位置するオフ「メジャー・タワー」を紹介します。   最初に今回の新型肺炎騒動にて影響を受けている皆様に謹んでお見舞い申し上げます。  …………………………… トンロー通りはバンコク有数の繁華街で、たくさんの飲食店や小売店舗、商業施設が軒を連ねています。その中には芸能人やスポーツ選手など各界のセレブが集う高級店も存在し、庶民にとっては高嶺の花となっています。また、道の両側には小 ソイが20以上存在し、ソイの中には外国人向けのコンドミニアムやアパートメントが多数建ち並ぶほか、政治家や大企業トップの邸宅もあり、ハイソサエティーの住まう街区を形成しています。   そんなトンロー通りのスクムビット側から700㍍ほど入った右側にトンロー・ソイ10があります。 このソイは行き止まりではなく、エカマイやプラカノン方面に通り抜けできるのでいつも交通量が多く、賑やかな街並みとなっています。ソイを入って70㍍くらいの左側に2015年竣工、総階数19階建ての「メジャー・タワー」があります。その名前の通り、タ...
2020.04.25
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第147回は「マリオット・スクムビット・トンロー」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第147回は「マリオット・スクムビット・トンロー」を紹介いたします。 BTSトンロー駅周辺は、スクムビット通りに面して道路の両側に高層レジデンスが建ち並び、高級住宅街の印象をもちます。奇数側のソイ49、51、53、そしてトンロー通りと呼ばれるソイ55、偶数側のソイ34、36、38など、これらのソイ内にはバンコクを代表する高級レジデンスが軒を連ねております。そして近隣にはこのエリアに住まう人びとへ向けてのレストランやスーパー、商業施設などもあわせて造られて発展してきました。そんなトンロー駅からスクムビット通りをエカマイ方面に5分ほど歩いたところに位置するマリオット・スクムビット・トンローは、2013年竣工、地上48階建てのユニット数74部屋の高層サービスアパートです。    ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第40回は「The Greenery Place」

  弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー。第40 回はグルーナリー・プレイスを紹介します。   スクムビット・ソイ61は、比較的深いソイで閑静な住宅街となっています。行き止りなので交通量が少なく、歩道も設けられている為安心して歩けます。入口近くには日系スーパー『マックスバリュ』と多数の飲食店が入る商業施設『パークレーン』があり便利です。多くの新築レジデンスが建ち並んでおり、日本人のご家族も少なくありません。突き当たりには、人気の日系幼稚園『キラキラキッズ幼稚園』があります。   今回はそんなソイ61にある、エカマイ駅下車徒歩7分、環境のよい立地をもつ7階建ての低層アパートの「グルーナリー・プレイス」のマネージャーMさんにお話を聞きました。 私たちの仕事内容  私どものグルーナリー・プレイスは2011年に完成し、7階建て全24ユニットの部屋で構成しています。2ベッドルームが120平米の間取り。3ベッドルー...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】貸して良し、住んで良し「レジデンス 52」

まだまだ人気が衰えることのないオンヌットエリア、奇数ソイと偶数ソイで対象者も変わるのですが、偶数ソイにあるこちらの物件は、モーターウェイに乗り降りしやすく、この場所限定で探される方も多いのも事実です。また、オンヌット駅直結のテスコロータスが、駐車場も広く、住居を構える方の必需品全てが、ここで揃うのです。駅を挟んだ向かいには、映画館とモールが開業し、日本人向けのお店も多く、エリアの日本人率アップに貢献しています。   物件自体はソイ52の奥になりますが、駅までは徒歩7分程度で行けます。お急ぎの場合は、シャトルサービスも随時出発しているので、ご利用くださいませ。   スクムビット通りから離れていることにより、静かで車の騒音はまず聞こえません。   ご紹介のお部屋は35平米の1ベッド、東向きで低層物件の上層階で、眺望は開けています。   このエリアには同じ様な感じの物件もありますが、調理をする想定ではなく、電気コンロや換気扇が付いていない所も多いのですが、こちらの物件はしっかり調理が出来る仕様になっています。 オンヌットエリアも、一昔に...
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】病院とオフィスビル至近「ユー サバーイ ラマ 4 クルアイナムタイ」

エカマイ偶数ソイの、建築ラッシュも物凄い勢いで、近代化に進んでいますが、新築物件は軒並み平米単価も高額で、エリアの相場から利回りを薄くするしかありません。そういった事を考えると、10年落ちではありますが、手頃な価格帯で購入できる、こちらの物件は良いかもしれません。エカマイ駅まで徒歩11分、真横に中型モールが出来て、24時間営業のスーパーや銀行も入って、かなり便利でしょう。何故この場所にモールが出来たのか、その理由は住居が多くなったのも一つの理由ですが、救急病院やオフィスビルが同じ通りにあるのが、一番の理由なのでしょう。平日の昼はオフィスのスタッフで、混み合っています。もし、投資で考えるならば、このオフィスに勤めておられる方も、対象の顧客となるのではないでしょうか。駅まで行けば大型モールもあるので、そちらで食事は完結いたします。両替店、ドラッグストア、ホームセンター、大型スーパーも入店し、他の場所までわざわざ出なくなると思います。 今回のお部屋は、単身者用の35平米1ベッドですが、バスタブが付いている、貴重なお部屋なので、女性や年配者...
不動産

マスクを5枚10バーツで販売中!

バンコクではどこの施設に入るにもマスクが必要で、マスクをしていない人は白い目で見られる状況です! そんななかで、日系不動産仲介の「すずき不動産」が、マスクを1人5枚まで10バーツで販売中。マスクをどこで買えばよいのか、困っている人は、スクムビット・ソイ33の同社で購入できます。 なお、子供用のマスクは無料で配布しています。
新築コンドミニアムの販売

バンカピ駅近でコンドミニアム、オリジン社が韓国のGSグループと組む

野村不動産と組んでタイで不動産開発を展開しているオリジンプロパティー社が、韓国の大手GSグループと組み、タイでの住宅開発を推進する。    GS E&C社が49%、オリジン社が51%で新会社を設立し、タイでの不動産事業を始める。   まずは今、最も注目されているイエローラインの路線沿いで、バンカピ駅の近くで 「ザ・オリジン・ラプラオ111」の住まいのコンドミニアムを建設する。事業費は19億バーツで、20~30歳代の若い世代がターゲット。そしてもう一つの、ナイトブリッジ・スペースラマ4世は、事業費23億バーツで、こちらはラグジュアリーな物件となる。販売は今年後半からとなる見込み。 2020年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2020.04.24
新築コンドミニアムの販売

バンカピ駅周辺に注目

イエローラインが注目されているのは、混雑が激しいラプラオ通り~シーナカリン通りを通り、スクンビット通りまで環状の形を取っていることと、スワンナプーム空港に近く、駅周辺でのコンドミニアムなどの開発が今後、次々に出てくることが予想されることだ。   ラチャダー駅からバンカピ駅までのラプラオ通り沿いでも、大手ディベロッパーが次々に土地を買収しており、オリジン社もラプラオ111のマクロの向かい側でコンドミニアム建設が始まる予定。   そのほか、スパライ社やオールインスパイア社、プルックサー社などが開発に乗り出す見込みだ。 2020年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 >タイ国内の交通網の整備 ->新規コンドミニアムの情報
2020.04.24
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年4月5日掲載

本日のテーマは、メイドに買い物をお願いする時のお話。近くのスーパーマーケットに、メイドに買い物をお願いすることは多々ある。その時に気をつけなくてはならないことをいくつかお話したい。 数日後、メイドに精算を求めてもダメ   お金が足りないといけないので、少し多めに渡すことがあるが、用事が重なったりして、その精算が遅れることがある。後日、メイドに「先日の買い物の領収書を出してね!おつりも頂戴ね!」と伝えると、「奥さん、先日の領収書なんてもうないですよ。捨てちゃいました。」との返事が来る。奥さんは、「え~? 領収書がなければ、お釣りがいくらか分からないわ!」日本人は潔癖なので、5バーツや10バーツだったら返してとは言わないが、料金がわからないとなると大変だ。 奥さんは私を疑っている。やだ~   メイドとしては「奥さん、私を疑っている?」奥さんとしては「あれ、なんかちょっと着服しているんじゃないか?」とお互いに気分を悪くしてしまうだろう。   メイドは日本人界隈でぐるぐると回っていたりするので、「私、あそこの奥さんに疑われた!」と悪い噂が口コ...
2020.04.11
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第138回は「エム・クォーティエ」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、138回目は、BTSプロンポン駅前に2015年に完成した、「エム・クォーティエ」を紹介します。このオフィスビルは115回でも紹介しましたが、人気が高いビジネスセンター物件が出たので再び、紹介いたします。   BTSプロンポン駅に着くと、道路の両側にある高層ビルディングの威容が目に入ってきます。これこそバンコクを代表するショッピングコンプレックスのひとつ、タイ小売大手の「ザ・モールグループ」が建設した、エンポリアムとエムクォーティエです。通りをはさんで南側がショッピングセンターとサービスアパートを内包する「エンポリアム」(1998年開業)で、北側がオフィス棟とショッピングモールを内包する「エム・クォーティエ」です。   ここの最大の特徴は、BTSプロンポン駅を下りると、地上2階にあるスカイウォークと大きな広場で両方の建物がつながっているということです。駅前すぐにあるので遠くからのお客様がBTSで訪れることができるので、とても便利です。エムクォーティエには各種レストランや小売店舗がたくさん軒を連ねており、時間が経つ...
2020.04.11
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第146回は「ウィズドム・コネクト・スクムビット」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。 このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第146回は「チェンバース・オンヌット」を紹介いたします。 オンヌット駅下車徒歩7分に完成した単身用コンドミニアム  BTSオンヌット駅周辺には多数のレジデンスがあり、更なる増加が見込まれます。日本食レストランは未だわずかですが、レストランは多数あります。ソイ77を入ったところにはスーパービッグCがあり、迎えの偶数側ソイ50と52に間にはテスコロータスがあり、このエリアの買い物の中心となっています。このエリアに住む日本人は増加傾向にあり、ほとんどの方が単身者です。BTSで3駅先はプロンポンですので、日本の大都市の通勤事情と比較すれば天国と言えます。   チェンバース・オンヌットは、スクムビット・ソイ81沿いに完成した2020年築の8階建て高級コンドミニアムです。最寄り駅のBTSオンヌット駅より徒歩7分...
2020.04.11
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第39回は「KC Court」

弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー、第39回はKC コートを紹介します。   トンロー地区に隣接するスクムビット・ソイ49は、多くのレジデンスが建ち並び、プロンポン地区、トンロー地区と同様にバンコク有数の日本人居住区です。このソイはプロンポン、トンローに繋がる主要幹線となっているため、常時渋滞が激しい通りとなっています。また、日本人御用達のサミティベート病院、フジスーパー4号店やヴィラマーケット等があり、日本人向け商店が多く立ち並ぶ街区でもあります。このソイ49とソイ55を結ぶ、トンロー・ソイ13に建つのが、1992年竣工の築深のアパートレジデンス、KCコートです。今回はこのアパートのマネージャー、ナムさんにお話をお聞きしました。 私たちの仕事内容 私どものKCコートは二棟建てですが、昨年オーナーが代わり、大規模なリノベーションをいたしました。2ベッドルーム、3ベッドルームの2種類の部屋で構成し...
2020.04.23
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】アソークのランドマーク「アシュトン アソーク」

アソークのランドマークレジデンスとしてはかなりの方に認知されている物件の一つになります。外観は向きによって、全くイメージが変わり、東西方向から見ると幅もあって巨大に見えるのですが、北東から見ると15㍍程度しかなく、かなり細く見えるのです。この様な建築スタイルをタイでよく目にするのも事実です。遠くから見ると不安に思えてしまうかもしれませんが、三井不動産も共同開発に加わって、介入しているので心配はないでしょう。   この形も一等地に限られた、最高立地な上の産物と思えば納得でしょう。敷地を出た先に地下鉄の駅が有って、BTSも地下鉄から向かえ、双方を活用される方には、代表の一つとして、必ず上がる物件として紹介しています。   スーパーと多くの飲食店が入店しているターミナル21が真横にあって、ここが生活圏の中心となることでしょう。 今のトレンドのオフィスとして、ラチャダー通りを希望される企業も増え、住居も合わせて対象にされる事でしょう。半屋外まで飛び出た待合ロビー、エレベーターは高層と低層で完全に分けられエレベーター前も、...
2020.04.11
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】オンヌット駅前に構える「アイデオ ヴァーヴ スクムビット 81」

やはり駅前は強し。2011年築で10年近くなりますが、駅目の前で分かりやすく、駅周りは常に開発が行われ、年々利便性もアップして、物件価値もそれに準じて上昇してきます。この年代の物件は広さが、一回り広く最新の新しさは無いのですが、広さを求められる方に、求められています。 今回、ご紹介のお部屋も、2ベッドで唯一バスタブが設けられ、このエリアでは数少ないバスタブ付き物件になります。向きもタイで一番良いとされる北東の角部屋、その方面は高層建設が出来ないため、眺望を遮ることは永遠にないでしょう。部屋の内装については、折角の機会なので万人受けする内装にされれば、家賃設定も上げることは可能で、弊社で間違いなくご紹介致します。プールは25㍍級で幅も割とあるので、複数名が真剣に泳いでいても、ぶつかる心配はございません。フィットネスジムは、駅に向かって見える様に設計されたのか、駅のホームから直視されています。   何故か多目的ルームでは、多くの方がそこでパソコンを広げ、くつろいでいる方をよく目にします。さぞ居心地が良いのでしょうね。一昔...
2020.04.11
パタヤの賃貸マンション

【セントリックシー2ベッドルーム】来年3月まで家賃収入確保できます

只今パタヤ人気ナンバーワン物件! セントラル地区セカンドロードに面した好立地に高層2棟・低層1棟の計3棟から成る築浅物件、道路に面した出入口ゲートより50㍍程奥まった場所に建物部があり、中心地ながら比較的静かな環境で敷地内はプライベートが保たれています。 市内中心部最高層の建物である屋上プールからの眺めは360度パノラマビューの絶景でパタヤビーチロードの北から南まで見渡せます。 この物件での部屋の向きは東西南北4方向あり、北及び南はパーシャルシービュー、西は海を正面に見る絶景のシービュー、東はシティービュー(パタヤの東側を向くマウンテンビュー)となっています。 販売・賃貸ともに中層階以上の西向きシービューの部屋が圧倒的人気でです。そのため、部屋オーナーも強気で他方向の部屋より相場が高い状況となっております。 《部屋詳細》 高層26階、ワンフロアーに1室しかない、海を正面から見るシービューの角部屋で人気が高く、プレセール時から物件内での販売価格は高く設定されている。 部屋からは2面ビュー、西側と北側は障害物がなく素晴らしい景色が見渡せます。...
ニュース

グリーンライン延長区間で通常料金へ

利用者の多いグリーンラインの路線については、延長区間のベーリング~ケーハ・サムットプラカーン、モーチット~カセサート大学までは現在、無料で開放されているが、バンコク都によると、近々、運賃を前もって知らせることになるとしており、初乗りは15バーツ、最高で65バーツを越えないほどになるとしており、まもなく、通常料金がかかるようになる見通しだ。 2020年4月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報
2020.04.11
不動産

3ヵ月運賃据置き、利用者少ないパープルライン

タイ国鉄道によると、バンヤイ~タオプーン~バンスーのパープルラインについて、運賃の値下げをあと3ヵ月継続し、6月末までとすることになり、14~20バーツでの乗車が継続される。    これは利用者が少ないため、昨年12月から実施しているものだが、普通は距離によって42バーツかかるところが20バーツとなる。それでも1日平均62000人で、目標としていた20%以上には届かず、10%増にも満たない状況だという。   さらに新型コロナウイルス( covit-19)により、乗車を控える人や、学校の休みの時期にも重なり、利用を避ける人も多い状況だ。   一方、 MRTのブルーライン、バンスー~ファランポーンでは1日平均31万人にもなり、タオプーン~タープラでも1日平均7万人に達しているという。   また、タイ交通省によると、ソンクラーン時期の高速道路は無料となり、バンコク~パタヤのモーターウェイなどでは、4月10日~17日までの8日間が無料になる見込みで、内閣の承認待ちの状態。 2020年4月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ...
2020.04.11
新築コンドミニアムの販売

チャランサニットウォン通り沿いの物件

  タイでは冷え込んでいた不動産販売が、新型コロナウイルスでさらに落ち込んでいるが、そのあいだに路線の整備が着々と進み、今ではブルーラインの環状線ができ、タオプーン駅からタープラ駅の間のトンブリー側も注目されていて、特に路線が走るチャランサニットウォン通り沿いの駅周辺では、以前からディベロッパーがコンドミニアム建設を進めていて、ここ1~2年でも新規に開発する大手も多い。   タイの不動産コンサルティング会社によると、売り出した物件で1㎡当たり10万バーツほどのものは苦戦しており、平均40%の販売にとどまり、中には20%に届かないところもあり、一度、販売を中止し、状況がよくなれば再販売するところもあるという。   需要とのミスマッチが起きており、チャオプラヤー川超えのチャランサニットウォン通りでは下町の雰囲気が残り、都心から郊外にはずれているため、実際に住む人が買うケースがほとんどで、投資目的や貸し出すために買う人はあまりいないという。   そのため、実際に住む人の需要では、1㎡当たり7~8万バーツと見られており、大手の業者でストックがあるところは、例えば、大手AP社の...
2020.04.11
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年3月20日掲載

世界の国々には幸運な数字、不幸な数字と言われているものがある。日本では末広がりの「八」が幸運な数だが、「4」「9」「49」などは、「死」「苦」「始終苦」などを連想させるので、不吉な数字や忌み数と言われている。 世界で幸運・不吉と言われている数字  中国では、「8」が(バァー)と発音し、これが富を意味する「発」(ファー)と発音が似ているため、幸運とされている。日本同様「4」は死を連想させるために不吉とされるが、逆に「9」は「久」と同じ音読みで永久を連想できるので吉とされる。   米国などキリスト教圏は、キリストが世界を作り上げた7日目を神聖な日としたことから「7」がラッキーナンバーだ。一方、聖書ヨハネの黙示録の獣に刻まれている「666」やキリストが十字架にかかって死んだ13日の金曜日、最後の晩餐の出席者が13人であったことから「13」が嫌われている。 タイでは9がラッキーナンバー  タイのラッキーナンバーは「9」である。タイ語で「9」เก้าは、kâw(ガオ↘)と発音し、「進む・歩む」ก้าวの発音であるkâaw(ガーオ&#x...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第137回は「ピヤ・プレイス・ランスアン」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、137回目は、ランスアン通りのプルンチット駅近くに位置するオフィスビル「ピヤ・プレイス・ランスアン」を紹介します。この物件は80回目にも紹介しましたがお客様に人気が高いので再度掲載いたします。   スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなり、1㌔ほど西にいったところにあるチットロム駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、さまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。   BTSチットロム駅を降り、プルンチット通りと直交する交差点からランスアン通りに入り徒歩2分の位置に1985年竣工の20階建ての高層オフィスタワー「ピヤ・プレイス・ランスアン」があります。近隣にはオフィスビルやレストラン、銀行、コーヒーシ...
2020.03.27
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第145回は「ウィズドム・コネクト・スクムビット」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第145回は「ウィズドム・コネクト・スクムビット」を紹介いたします。   物件までのアクセスは、BTSプナウィティ駅を下車、スカイウォークを使って商業施設のウィズダム101まで歩いて来ることができ、その施設内を通って物件入り口まで雨に濡れることなく約7分で移動することができます。これは本当に便利です。   間取りは、1ベッドルーム(34~45平米)、2ベッドルーム(52~84平米)、3ベッドルーム(100平米)と3種類のレイアウトがあり、41階建てでユニット数は673室にのぼります。   お部屋の内装はオーナーにより異なりますが、標準的な内装でも高級感のあるお部屋となります。 間取りも1ベッドルームから3ベッドルームまでご用意してありまして、単身者から...
2020.04.08
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第147回は、 小野寺様「ザ・ロフト・エカマイ」

BTSエカマイ駅周辺のスクムビット・ソイ63は「エカマイ通り」と言い、スクムビット通りとペッブリー通りを結ぶ幹線道路となっています。メイン通り沿いには、商業施設、アパートレジデンス、レストラン等が点在し、ソイに入ると多くの豪邸が建ち並ぶ閑静な高級住宅街となっています。BTSエカマイ駅に近い入口付近には日系スーパーのマックスバリュと多数の飲食店が入る商業施設のパークレーンがあり人気があります。 人気の日系幼稚園のオイスカバンコク日本語幼稚園もこの近辺にあります。北上した中間地点付近には、大型スーパーのビッグCと飲食店が入る商業施設パワーセンターがあります。   日本人ご家族が住むレジデンスはこの周辺に点在しており、多くの日本人を見かけるようになります。この中間地点の近辺にはトンロー通りに繋がるソイもあるため、トンローへのアクセスにも便利です。   そこからペッブリー通りに向けて更に北上するに連れローカル色が強くなり、庶民的なタイらしい街並みに変化します。近年この通りは慢性的な渋滞地帯となっています。   このエカマイ通り交差...
2020.03.27
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】低価格で好立地の物件「ジ エクセル ハイダウェイ スクムビット 71」

ソイ71とソイ77のハビットモール脇に、毎年の様にコンドの建築ラッシュが続き、バンコクPREPインターナショナルスクールも開校しました。これを見込んでか何物件も完成したのと、まだ建築進行中です。インターの近くは某デベロッパーが占めてしまい、ご紹介の物件はモーターウェイを挟んだ向かいに建築されています。   最近はハビットモールに向かうのに、スクムビットをプラカノンからオンヌットへ行く途中、左折してモーターウェイに乗ると見せかけて、Uターンする箇所があるのですが、そのUターン箇所から少し中に入れば、ここに着くのです。将来性の高いモーターウェイ乗り場の近くなので、賃貸にも居住にも適していると言えます。   3棟で構成され、それぞれが重ならない様、扇状に広がり8階建でも、視界を遮らない工夫が凝らされています。 アユタヤ、ドンムアン空港方面から、こちらへ向かうと、この連なった3棟が必ず目に入るので、家路が近いことを毎回ランドマークとして、知らされることでしょう。   入口脇にはハビットに対抗してか、プチモールも建築予定で、住居者メインの行きつけになるのは確定...
2020.03.27
不動産

来客者減で家賃を免除?

セントラルプラザやセントラルワールドなどのショッピングセンターを運営するセントラルパッタナー社によると、新型コロナウィルス(Covid-19)により、来客者等が減っている状況で、特に主要8カ所のショッピングセンターは外国人が30~40%を占め、その影響は大きいとしている。   さらに今後、この状況が1~2ヵ月続くと、今年の収入を前年比8%増としていたのを、3~4%に修正することになる、としている。   また、主要8カ所に入居しているテナントの賃貸料についても、1~2ヵ月分を免除する用意がある、としている。   そのほか、同社のホテル業務では、パタヤのヒルトンの影響が大きいとしている。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->大型開発の情報
新築コンドミニアムの販売

60%の販売にとどまる、価格の再設定でさばく?

タイでは景気低迷している中で、新型コロナウィルスの事態となり、新規のコンドミニアムなどは売れ残りが目立っているが、大手ディベロッパーのスパライ社によると、同社のパープルライン沿いの物件や、他県の物件についてはストックをさばくのに2~3年はかかるとしている。   一方、建設を終える4つのプロジェクトについては、今年後半より譲渡が始まるとしており、1.スパライロフト・エークファイチャイは事業費15億バーツで、現在まで98%を売り切っている。   2.スパライパーク・タラートプルー駅は、30億バーツの事業費で、現在まで60%を売っている。   3.スパライオリエンタル・スクンビット39は、25階、35階などの高層コンドミニアムで、110億バーツの事業費だが、現在まで60%を売っている。   4.スパライプライム・ラマ9は、8億バーツの事業費で、現在まで30%を売っている。   今後はこれらの物件の販売について、価格の再設定も必要だとしており、ストックを早めにさばきたい見通しだ。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ...
バンコクの開発

【バンコクの 現場を歩く!2】Whizdom101

今回の「現場を歩く!」は BTS プンナウィティー駅から歩いて行けるウィズドム101(Whizdom101)です。以前、ピアロムプレイスなどがあった広い敷地を CPグループが買収し、43ライにも及ぶ敷地で開発したのがウィズドム101です。その全容が BTSプンナウィティー駅からスカイウォークを歩くと、見えてきます。駅から歩いて7分ほどでしょうか。高層は左からコネクト、エッセンス、インスパイアと呼ぶコンドミニアムで、右端がオフィス棟です。   そのウィズドム101からBTSウドムスック駅までのスカイウォークもあるのかなと思いましたが、スカイウォークはソイ101/1上で終わっています。   スカイウォークからそのままウィズドム101に入れますが、名称は true digital park トゥルーデジタルパーク とあるので、ショッピングモールを合わせてこう呼ぶのでしょう。   入り口の左手には工事が始まったスペースがあり、ここにも建物が建つようで、まだ基礎工事の段階です。   さて、まずショッピングモールがあり、そこに入居しているテナ...
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年3月5日掲載

2020年3月国際専門研修実施  名城大学の外国語学部のアーナンダ・クマーラ学部長一行が、2020年2月7日にTWYオフィスセンターを訪れた。今回の訪問は、3月6日開催のバンコクでの国際専門研修の準備の一貫である。外国語学部生約18名がタイの企業、工場を訪問し、大学OBであるタイ名城会と交流を行う。そこで、タイ名城会会長である山口会長に協力依頼した。   訪問したのは、クマーラ学部長に、東大大学院で東南アジア研究を行ってきた津村外国語学部教授、名城大学校友会の溝口副会長、そして、タイで30年活躍されたあぱまん情報TWY社代表山口社長とバンコク大学に留学中の城戸インターン生(創大)が出迎えた。 クマーラ学部長は、スリランカ国立ケラニヤ大学卒業後、東京工業大学で工学博士号を取得、国連研究員として勤務、2016年4月新設の「外国語学部」の初代学部長に就任している。 体験重視型学習を展開する外国語学部  外国語学部は、名城大学のナゴヤドーム前キャンパスにある。同学部は、4年次までにTOEIC900等を目標に、体験重視型学習を通じて、グローバル社会...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第136回は「エムパイア・タワー」

サトーン通りはバンコク中心部ルンピニエリアからチャオプラヤ川にかかるタークシン橋を経てトンブリー方面に伸びる主要幹線道路で、道路中央に運河があるため、北側をノースサトーン通り、南側をサウスサトーン通りと呼んでいます。ワイヤーレス通り、ラマ4世通りに接続するサトーン界隈は、各国大使館、高級ホテルやサービスアパート、タイを代表する大企業の本社ビルなどが建ち並び、文字通りタイ経済の中心地の一角を形成しています。沿線にはBTSチョンノンシー駅やスラサック駅、タークシン橋駅、川を渡ると、クルントンブリー駅、ウォンウィアンヤイ駅と、BTS線と同じルートを走ることになります。このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する地域です。また、1ブロック北側のサラデーン駅近くのシーロム通りには、タニヤ通り、パッポン通りなど、タイ有数の繁華街があり、夜間はいつも変わらぬ賑わいを見せています。   さて、このサウスサトーン通りのBTSチョンノンシー駅前、ナラティワート通りの交差点角に建っているのが、2001年竣工の58階建てのオフィスタワー、エムパイア・タワーです...
2020.03.14
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第144回は「セティワン・シラチャ」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第144回は「セティワン・シラチャ」を紹介いたします。   シラチャは、バンコクから南南東へ135㌔の位置にあり、アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内では2番目の日本人学校『泰日教会学校シラチャ校』が開校し、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。   セティワン・シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩約15分という便利な立地にあり、スクムビット通り沿いに2018年12月に完成した新築高層アパートメントです。バンコクで人気アパートメント、セティワンマンションを持つ同アパートオーナーがシラチャに進出した新プロジェクトとなっております。   地上38階...
2020.03.14
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第146回は、 山下様「HQ by Sansiri」

スクムビット・ソイ55はトンロー通りと呼ばれ、バンコクを代表する繁華街としてたくさんの飲食店やブティック、商業施設などが存在します。スクムビット通りからペッブリー通りまでの約3㌔の間にはソイ(小路)が20以上あり、ソイの中にはたくさんの高級アパートが建ち並んでいます。バンコクでもっとも外国人居住率の高いインターナショナルなエリアと言えるでしょう。HQ by サンシリは、トンロー通り沿いソイ8近くにある2015年築の36階建て高層高級コンドミニアムで、近くにはトップスマーケットがあり、買い物や食事などに便利な立地となっています。今回はこのコンドミニアムにお住まいの山下様のお宅を拝見しました。 内装が綺麗で住み心地が良い高層築浅コンド バンコクで部屋探しするにあたり、ペップリー通りの高速道路に抜けやすく、比較的お部屋が綺麗なのでこちらに決めました。   元々、飲食店の多いエリアをさがしており、トンローには狙いをさだめておりました。たまたま、高層階かつ、綺麗な内装の部屋が空いててよかったです。ゆったりとしたアメニティー空間を満喫しています。 高層...
2020.03.14
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】ソイ奥の格式高い物件「ロイス プライベート レジデンス」

今でこそ、多くの格式が高い物件が増えましたが、日本人居住区では、今回ご紹介するロイスが、走りではないでしょうか。レジデンスと共有スペースを分けて、別棟として管理オフィス、ラウンジ、ゲームルーム、フィットネスジム等が3階建で独立しています。プールのスペースを広く取るため、1階にあるのは時代の関係かもしれません。家族を想定した広さでもあり、2ベッド以上なのも、2000年以降の物件としては珍しく、その関係で子供の遊び場も造られた、コンドミニアムとなります。プライベートリフトも採用し、指定されたエレベーターに乗って、専用キーカードは決められた階数しか押せず、開いた所がご自身の玄関で、私物を置いても構いません。入室の玄関扉もあり、当然、いきなり部屋を見られることもありません。   ご紹介のお部屋は、2ベッド111平米と、広さも充分でリビングダイニングも広く、東一面に大きく取った窓とベランダが白い床なので、光を反射してより部屋を明るく照らします。その点寝室に関しては、極端な明るさを求める訳ではなく、柔らかい明るさとして床材は、フローリング材を採用...
2020.03.14
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】日本人受けするスタイルで静か「ルネス トンロー 5」

これまでも日本人受けするスタイルで、コンサルタントとして介入し、出来上がってきた物件もいくつかありました。やはりタイ側の意向もあったりして、細かな所が若干抜けていたり、惜しかったねと心でつぶやく事もありました。スペースに限界はありますが、頑張っている様に見受けられ、当物件は評価に値致します。階数やベッドルームによって、違いがありますが、玄関として扉が開くスペースは室内のフローリングとタイルとで分けられて、一目瞭然です。 洗濯機は室内で専用の場所に設置されている場合と、水回りとしてキッチン流し台横に設置しているタイプがあります。   シンクは家族向けの2ベッドは特に広く、1ベッドでも広めな造りでしょう。電動ウォシュレットも各部屋に設置されて、配管では臭いや虫が上がらない様に考えられているのです。壁材もアレルギー対策用のもので今後は普及していくでしょう。   1階の部屋は床下収納があり、タイでは見られない仕様です。有効活用すれば役に立つことでしょう。住居区だけに留まらず、中世ローマの映画で見たことあるような大浴場は吹き抜けとなっています。...
2020.03.14
賃貸サービスアパート

「シタラプレイス」は1日単位の宿泊も可

シタラプレイスの部屋日本人の入居が40部屋以上で、とっても安心な「シタラプレイス」で、1日単位の宿泊も始めました! 4ツ星ホテル以上の設備、環境で1日1050バーツで提供しています。   ホテルよりも居心地よい部屋で生活に必要な備品が揃っていて、とっても快適な空間。何といっても地下鉄ラマ9世駅から歩いての距離で、周辺にはセントラルラマ9世やロータス、フォーチューン、そしてタラートロットファイ・ラチャダーなども歩いて行ける距離で、観光にもとっても便利。   スワンナプーム空港からエアポートレイルリンクでマッカサン駅まで行き、地下鉄に乗り換えて1駅。短期の1~2週間のビジネスの利用もとっても便利です。   なお、長期滞在の場合には電気代と水道代は使用した分のメーター直接払いで、さらに入居時のデポジットも家賃1ヵ月分となっており、初期費用も安く抑えることができます。   それでいて、1ヵ月の家賃は10400バーツからとなっており、オプションで部屋の清掃やシーツ交換サービスも付けることもできます。サービス付きの場合は16000バーツで、部屋の掃除や飲料...
2020.03.14
賃貸サービスアパート

からだにもよい!浄水器&シャワー軟水器なら「フルハウス」で

業界最安価格で浄水器と軟水器をレンタル・販売しているのが「フルハウス」。 水以外の不純物をとりのぞく、逆浸透膜浄水器がレンタルで月額740バーツ、販売なら税込みで9900バーツと格安です。 さらに髪や肌のトラブルのもとともなるタイのシャワーを軟水にするシャワー用軟水器がレンタルで月額450バーツ、販売も税込みで3500バーツとなっております。 それぞれフィルターや樹脂の交換も無料でしてもらえるので、長期滞在での利用も安心です。 さらに浄水器とシャワー用軟水器をセットでさらに値下げいたします! レンタルなら2つ合わせて、月に1000バーツ、販売なら12060バーツでどちらも税込み価格となっております。水を買いに行く、または注文する手間が省ける浄水器とシャワー用浄水器は「フルハウス」までご用命下さい。 もちろん、バンコクやシラチャ―での住まい探しもおまかせ下さい。入居していただいた方のためにさまざまな特典も用意しています。 そのほか、飲食店向けの店舗やオフィス物件の紹介、中古工場、倉庫、土地のレンタル、売買物件の紹介、内装工事、リフォームなども受けています。 2020年...
2020.03.14
バンコクの開発

【バンコクの 現場を歩く!1】 サムヤーン ミットタウン

バンコクでは地下鉄や高架鉄道のオープンが続いており、急速に路線網が整備されています。それに伴い、駅周辺では大規模な開発も始まっており、ここ1年ほどの景気悪化で、水を差していますが、大きな流れとして次々に再開発は進んでいくものと思われます。   その中でシリーズとして、街の開発や移り変わりをそれぞれ、取り上げていきたい。   まず第1回目は、「サムヤーンミットタウン」。昨年9月に開業し、「24時間営業のレストランが集まる」などの触れ込みで話題となりましたが、今回はその複合施設に、実際に行ってみることにします。   日本人が多く住むスクンビットからはBTS→地下鉄を乗り継いで、地下鉄サムヤーン駅でおります。   まずは建物の外観を写真で撮りたいと思い、サムヤーンの交差点を思い浮かべて、チャムチュリースクエアに向かいました。   このビルは、BOI関連や日本の大企業に勤める日本人なら、18階のビザ、労働許可証の取得等で行ったことがある人もいるでしょう。   はっきり言ってこの周辺にはそれ以外、来る用事は日本人にはほとんど...
2020.03.07
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年2月20日掲載

Blogey(ブロギー)とは? 旅行でも日々の生活でも、海外では現地情報が何よりも大切だ。手軽に等身大の情報が得られるブログは、今や貴重なメディアの一つとなっている。Blogeyでは、タイのグルメや観光情報などをブロガーやインフルエンサーの協力によって発信している。さらに、在住者向けのディープな記事やイベント情報、キャンペーンについてなど、幅広いジャンルの情報が提供されている。“あなたのBlogが皆のKeyに、皆のBlogがあなたのKeyに”、Blogeyは、皆でつくる参加型のブログメディアだ。 BizAiA!(ビザイア)とは?  映像、音声、WEB、アプリ、通信、書籍などの媒体を融合した次世代媒体の創出を目指すベンチャー企業だ。現在、タイのバンコクをベースに中国国内8都市と香港、シンガポール、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インドなど東南アジア7か国で事業を展開している。これまで行っていたネットラジオLivAia(リヴァイア)からBizAiA!に事業をシフトし、現在、Blogeyを運営している。 あぱまん情報の日本語ネットラジオ 第5弾...
2020.03.07
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第135回は「コラムバンコク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、135回目は、アソーク交差点にほど近いスクムビット・ソイ16に位置する「コラムバンコク」を紹介します。このオフィスは第59回でも紹介しましたが、評価が高いので再度掲載する次第です。   アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からラマ4世方面に100メートル行ったところのスクムビット・ソイ16に面している、2008年竣工、42階建ての高層オフィスタワー・サービスアパート複合施設が、「コラムバンコク」です。1階から24階がオフィスフロア、25...
2020.02.29
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第143回は「ミドルトンサービスアパートメント」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第143回は「ミドルトンサービスアパートメント」を紹介いたします。   シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ165キロの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内で2番目の日本人学校となる泰日教会学校シラチャ校が開校し、日本人駐在員は単身者のみではなく、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。   ザ・ミドルトン・サービスアパートメントはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩2分という最高に便利な立地にある、2019年竣工の新築サービスアパートメントです。バンコク「アッパースイート」等...
2020.02.29
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第145回は、 鈴鹿様「HQ by Sansiri」

スクムビット・ソイ55はトンロー通りと呼ばれ、バンコクを代表する繁華街としてたくさんの飲食店やブティック、商業施設などが存在します。スクムビット通りからペッブリー通りまでの約3キロの間にはソイ(小路)が20以上あり、ソイの中にはたくさんの高級アパートが建ち並んでいます。バンコクでもっとも外国人居住率の高いインターナショナルなエリアと言えるでしょう。   HQ by サンシリは、トンロー通り沿いソイ8近くにある2015年築の36階建て高層高級コンドミニアムです。近くにはトップスマーケットがあり、買い物や食事などに便利な立地となっています。 今回はこのコンドミニアムにお住まいの鈴鹿様のお宅を拝見しました。 内装が綺麗で住み心地が良い新築コンド 通勤の利便性からトンローエリアで住まいを探したのですが、このHQ by サンシリはほぼ一目ぼれ状態で見学したとたんに気に入ってすぐに成約してしまいました。いちばんのポイントはとにかく部屋が綺麗で外装内装ファシリティーなど、すべてが高級感あふれてモダンなデザインということ。ゆったりとしたアメニティー空間を満喫...
2020.02.29
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】2階に入居者用VIPエリア「エイチキュウ バイ サンシリ」

日本人受けの良い、デベロッパーのサンシリ、トンロー通り(ソイ55)だけで、完成間近を含めると4棟、全てタワーマンションなのも、凄いですが全て人気物件なので使い分けられるのです。   通りで行くと2015年、二番目に建てられた物件になるのですが、外観が陰陽で表され、円形ではありませんが、太極図の様にイメージされているのでしょう。戸数も200戸程度なので、共有施設も程良い程度に整って、プールは20㍍級で本格的に泳げ、子供用とは完全に分けられています。フィトネスジムはプール横で、ガラス張りの箱型に詰め込まれ、全開で見られ体脂肪率がメキメキ減っていくのではないでしょうか。疲れた体に鞭打って、スチームサウナで余分な水分も吐き出したら、見違える事まちがいないでしょう。待合ロビーも1階と2階と分けられ、ビジターは1階のメインロビーでお待ち頂き、入居者は2階のVIPエリアで寛ぎましょう。駅からは歩けない事もない12分ですが、名前に偽りのない、ハイクオリティーでトゥクトゥクサービスが、通り内全てを送り届けてくれます。   一番のメリットは北に24時間のスーパー兼モール、南...
2020.02.29
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】投資用に最適なサンシリ物件「クアトロ」

  2011年築の物件ではありますが、立地の良さもあってか、人気では衰え知らずで、常に現役まっしぐらです。その立地ですが、ソイ55トンロー通りに、面していなく、少し横道(ソイ4)に入っている事で、車の走行音はまず気になりません。今丁度同じ横道沿いに有ったスーパー兼モールが新築工事に入りましたが、同じ位置にある別モール内に、移転し便利さは今までと変わりなく受けられます。トンロー駅も徒歩10分も掛からず向かえ、日本で考えれば最高の立地と言える所です。そんな場所にもかかわらず、専用車がシャトルサービスとして、トンロー通りへ送り届けて頂けます。ツインタワーそれぞれに、25㍍プールと充実したフィットネスが完備され、思いのまま時間の限り、体力を消耗させる事に没頭できるのです。家族を意識されて増設された、屋根付きの子供の遊び場は、この物件の価値を間違いなく上げました。   今回のお部屋は、残念ながら家族向けのお部屋ではない1ベッドですが、広さは52平米でご夫婦でも住める広さではあります。A棟で両サイド建物に挟まれていますが、リビングは東向きで、B棟が少しずれているので、視界は開けて...
2020.02.29
賃貸サービスアパート

3ツ星ホテル「ザ・ユーロ・グランデ」は朝食付きで快適!

スクムビット・ソイ31の奥にある3ツ星ホテル「ザ・ユーロ・グランデ」では、長期滞在の入居者も募集しています。   宿泊者向けのシャトルサービスもあり、BTSプロンポン駅とホテルの間を無料で送迎してもらえます。シャトルサービスは駅に着いたら電話で迎えを呼ぶこともできます。   11階建ての館内は欧風の内装で全52室の短期~長期滞在にもよいホテルです。   毎朝の朝食付きとなっており、館内のダイニングでいただけます。   長期滞在の場合は1ヵ月24000バーツからあり、キッチンには食器や食器洗い機もあります。部屋の掃除も毎日してもらえます。   なお、ホテル内には屋外プールだけでなく、屋内プールも完備しているので、天候に関係なく泳ぐことが出来ます。室内にはエアコン、プライベート金庫、コーヒー/紅茶メーカー、ソファ等を完備しています。館内にレストランもあり、各種インターナショナル料理をいただけます。   短期宿泊から長期滞在まで対応できるので、まずは問い合わせて下さい。 2020年2月20日 タイ自由ランド掲載 ...
2020.02.29
不動産

高架下にサイクリングロードを提案!

スカイウォークならぬ、スカイサイクリングロードの建設を、空港ーパヤタイ間の鉄道の下で!   モンクット王工科大学ラカバン校の理事長によると、エアポートレイルリンクの高架の下に、サイクリングロードの建設を提案しており、関連当局はおおむね賛成の模様。   「庶民の健康増進のためによい」「エネルギーの節約になる」「ホコリなどの発生もなく環境によい」「フィットネスにもよい」などというものだが、スワンナプーム空港からパヤタイ駅まで21 ㎞での高架下での建設で、自転車専用を想定していて、途中、駐輪スペースなども設ける。   高さは8ー12 mほどで、鉄筋だがそれほど重さはいらないとしており、20億バーツの予算で建設可能という。昼間の日差しを避けられるのもサイクリングに適しているという。   現在、世界を見渡すと、自転車が大都市では人気で、ボストンやロンドン、パリ、北京など。バンコクでも初めての街中を縦横に走るサイクリングロードができるか、注目される。 2020年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 -...
新築コンドミニアムの販売

シンハー グループがメトロポリスを買収

シンハービールなどを製造するシンハーグループの不動産部門、シンハーエステート社はこのたび、17億2500万バーツで21階建ての賃貸オフィス「メトロポリス」を買収した。   BTS プロンポン駅から徒歩5分ほどの好立地で、グレード Bの物件とされているが、IT企業や日系企業など現在、98%が入居しているという。延床は12万㎡。現在の家賃は1㎡当たり1ヵ月800バーツほどとなっている。   シンハーグループはこのところ、不動産事業にも力を入れており、マッカサン駅近くに、シンハーコンプレックスが完成し、ホテル、賃貸オフィス、コンドミニアム、商業スペースを盛り込んだ複合施設として運営しており、「賃貸オフィスの運営はリスクが少ない」といい、また、「メトロポリスは立地が非常によい」と判断している。   一方、同社は住まいのコンドミニアム開発を押し進めているが、新プロジェクトは「ザ・エクストラ・パヤタイ・ランナム」で、日本人にも人気のランナム通りで、33階建て、411室のラグジュアリーな、グレードの高いコンドミニアムを建設する。この2月22ー23日に現地などで...
2020.02.24
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年2月5日掲載

令和初の第96回箱根駅伝(2020年)は、青山学院大が2年ぶり総合優勝で幕を閉じた。国学院大が初めて3位になったり、東京国際大と創価大が初シード権を得たりと新しい風も吹いた。   なお、シード権を取った10校のうち、あぱまん情報のTWY社とかかわりがある大学が4校もあったことに同社の山口社長も驚いている。初シード権を取得した東京国際大は、現在TWYオフィスセンターのテナントであり、創価大はインターシップ制度で現在学生2名が同社に勤務している。また、東洋大は3年前までテナントとして入居していた。さらに、青山学院大もインターシップ制度で同社を学生が訪れていた。   今大会は、記録ずくめの驚異的なスピードレースとなった。往路新記録が4校(青学大、国学院大、東京国際大、東海大)に復路新記録が1校(東海大)。総合新記録も2校(青学大、東海大)あり、史上初めて10時間50分台を切った。7区間で区間新記録が出たのは1953年(S28)以来、67年ぶりの最多タイとなる。その一因となったのが、ナイキの厚底シューズだ。   今回の箱根駅伝では、出場ランナーの...
2020.02.16
ヨシダ不動産

【ヨシダ不動産】プリセール販売中、プラカノンのアイデオ

住むにも投資用にも最適なるプリセール物件の販売を「ヨシダ不動産」で受け付けています。 受付中の物件はBTSプラカノン駅から350㍍の場所に建設される「アイデオ・スクムビット・ラマ4」です。 価格はスタジオタイプの部屋が419万9千バーツからあり、1ベッドルームや2ベッドルームもあります。 建設中のアイデオ・スクムビット・ラマ4はタイの大手ディベロッパー、アナンダ社による物件で、32階建て、全642室で2022年完成予定となっています。 建物内にコンビニエンスストア、テナントスペース2軒、滝のある庭を1階に配置します。 6階にはプール、ジェットバス、ジム、憩いのスペース、そして32階にスカイラウンジなどファシリティも充実。プラカノン駅周辺コンドミニアムは築浅で、平米単価が平均16万バーツ前後の新築ということを考えれば、決して高すぎるということもありません。未完成物件のため、諸税は物件価格の1%で済み大変お得です。購入についてのお問い合わせは「ヨシダ不動産」まで。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->ヨシダ不動産のホームページ -&...
2020.02.08
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第134回は「ザ・ホライズン」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、134回目は、エカマイ通りに位置する小売店舗、レストランとオフィスビルの混合施設「ザ・ホライズン」を紹介します。 このビルは第54回でも紹介しましたが、お客様の評価が高いのであらためて紹介するしだいです。 スクムビット・ソイ63は通称「エカマイ通り」と言い、スクムビット通りとペッブリー通りを結ぶ幹線道路となっています。メイン通り沿いには、商業施設、アパートレジデンス、レストラン等が点在し、ソイに入ると多くの豪邸が建ち並ぶ閑静な高級住宅街となっています。また、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。   スクムビット通りからエカマイ通りに入り、徒歩約5分の右側に2008年竣工の4階建ての低層オフィスビル、ザ・ホライズンがあります。白とグレイのストライプが壁面を覆ったモダーンなデザインでラグジュアリーなテイストの建物です。このビルの隣に同系列の「シビック・ホライズン」という2014年竣工の15階建てサービスアパートが建っています。また、この近くには日系スーパーのマックスバリュや飲食店がテナン...
2020.02.08
新築コンドミニアムの販売

小林ミシュラン 5つ星への道、第142回は「オークウッド・スイーツ・バンコク」

スクムビット・ソイ24は、スクムビット通りとラマ4世通りを結ぶ主要幹線道路で、終日交通量の多い通りです。メイン通りに面して、多数の飲食店と大型レジデンスが建ち並び、ご家族世帯から単身の方まで非常に多くの日本人が住んでいるエリアです。ソイ入り口にはBTSプロンポン駅と直結して大型商業施設のエンポリアムがあり、高級デパートとして屈指の人気を誇っています。また、エンポリアムの西側にはベンシャシリ公園があり、こちらは市民の憩いの場所として人気があります。また、プロンポン駅界隈には近年オープンしたエムクオーティエがあり、そこは交通量の多いスクムビット通りを横断することなく、エンポリアムとプロンポン駅のスカイウォークからそのまま入ることができます。そのほか、ソイ33/1にはフジスーパー1号店や日本料理レストランがあり、買い物や食事の選択には事欠きません。今回はそんなソイ24のソイ入り口から少し入ったところにある、22階建てユニット数228室の新築サービスアパートの「オークウッド・スイーツ・バンコク」を見学しました。 エンポリアム徒歩3分、スクムビットの中心部に完成した...
2020.02.08
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第144回は、 平石様「マグノリア・ラチャダムリ・ブールヴァード」

ラチャダムリ通りは、ペッブリー通りからラチャプラソン交差点を経て、シーロムのラマ4世通りにぶつかるまでの約3・5㎞、バンコク中心部を縦断する幹線道路として知られています。BTSラチャダムリ駅周辺は、西側が広大な敷地面積を誇る競馬場とゴルフ場をもつロイヤルスポーツクラブ、その反対側(東側)が、高層のホテルやコンドミニアムが建ち並ぶ高級住宅街となっています。サイアム駅からBTSシーロム線に乗車すると、ビル街を抜け右にカーブすると急に視界が開け、競馬場のトラックとゴルフ場のグリーンが目に入ってくるのを記憶されている方も多いかと思います。    マグノリア・ラチャダムリ・ブールヴァードは、BTSラチャダムリ駅を下りて徒歩2分ほどにある新築の高層コンドミニアムです。2017年完成、56階建ての総部屋数は316室。外観を見てわかるように建物は曲面を多用した木蓮の花を模したデザインとなっており近隣の高層ビルの中でひときわ目立った建築となっています。   敷地内に入るとセキュリティーガードのチェックゲートがあり、そこからちょっと勾配のある車寄せを...
2020.02.08
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】トンロー通り沿いの物件「ノーブル ソロ」

ノーブルの特徴の一つに、外観が暗めの色で、統一される傾向があります。今回ご紹介しますソロは、グリーンをモチーフとしていますが、色としてはジャングルグリーンに程近いでしょう。ブラック系も他で建てられていますが、そこにあえて色を加えるのがコンセプトの様です。待合も外観に合わせ少し暗く、アダルトな暗さで勝負されているのです。   管理オフィスも物件によって、システムが違いますが、正直、警備が厳重で入居者様には良いのですが、不動産屋にとっては、内見するのもかなりの根回しが必要で、たまにうんざりしてしまうのも事実です。そこを何とか潜り抜け、部屋に入ると、内装の9割型はオーナーさんの趣向で設計されているため、実際見て見なければ、感動を味わえないのです。   ただ変わらないのは、窓は全てベランダ仕様で外に出られ、これがまた薄く無いと寂しい程度で、造られています。バスタブも標準は有るのも特徴でバスタブ必須の方は、まずお連れする事になります。 こちらのお部屋は、1ベッドで71平米と広く、しかも角部屋なので窓も多く明るいのです。風も抜けエアコンがダメな方にも、良いの...
2020.02.08
新築コンドミニアムの販売

【すずき不動産の新規コンドミニアム】ビッグC近くで買い物便利「ル ニース」

最近特に注目されている、エカマイの北側エリア、元々ディスカウントストアーのビッグCはこの通りにありましたが、更にドン・キホーテも加わり、このエリアを中心に盛り上がって来始めています。駐在者の方はよくご存じでしょうが、エカマイ通りを北に向かえば、空港方面、工業団地方面にも行きやすく、お求めの方も徐々にではございますが、増えて来ているのです。今回ご紹介する物件はローライズで79戸と、大所帯ではなくプライベート感の強い物件となります。リビングからの眺望は東向きで、隣のビルより頭二つ出ているので、明るいのは日本人受けするでしょう。浴室が洗い場付きなのは、小さなお子さんがおられても、使い勝手が良く、これまた日本人受けが良いのです。サイズは少し小さめの2ベッドで、日本からお越し間もなければ、違和感もなく過ごしやすいでしょう。   販売価格もお手頃で利回りついても、わりと良いのでお買い得じゃないでしょうか。築9年目に入りますが、まだ充分新しく、この年代故の特価物件と言えます。共有スペースは屋上に集約され、プールは15㍍程度、フィットネスも最小限、卓球台があるの...
2020.02.08
パタヤの賃貸マンション

【パタヤのSKみずほ不動産】パタヤで家族向け物件、日本人世帯が8割

今回ご紹介するのは、パタヤ・セントラルロードのフードランド裏手にある8階建てコンドミニアムです。立地は大通りからソイを100㍍ほど入った静かな環境の立地。   人気の秘密は次の3点 ①3ヵ所のショッピングエリア至近‼ *ハーバーモールパタヤ(パタヤ唯一のマックスバリュが入店)へ50㍍、フードランドへ150㍍、ビッグCエクストラへ300㍍。 ②通勤アクセスが抜群‼  スクムビット通りへ車で1~2分、高速7号線出入口へも2~3分。 ③広めの間取りと全室バスタブ付き‼  1ベッドルームで80~110平米、 2ベッドルームで135~165平米とかなり大きな部屋サイズでキッチンもゆったり広め。全室バスタブ付き  パタヤでは数少ない家族向け物件で2ベッドルーム、全57ユニットは日本人世帯が常時7~8割を占めており、空室がない場合もあります。買物・通勤を優先、実生活重視の方々に選ばれ、安定した人気物件。 《日本人オーナーのお勧め2ベッドルーム》…日本人インテリアデザイナー監修の元、日系工務店によりリフォームされた見晴らしの良い...
2020.02.08
不動産

パープルライン(バンヤイ-タオプーン)乗客数伸びず

バンコクの路線網は次々に完成しているが、3年前にオープンしたパープルラインのバンヤイータオプーンは、郊外から乗り入れる路線として期待されているが、タイ国鉄道などによると、当初、オープン前に予想していた1日7万人の乗客で、のちは数十万人に増加する、という予想を裏切り、通常14ー42バーツの運賃を1月31日まで14ー20バーツに値下げして、ようやく平日で6万人が7万人へ、土日曜は2万人が3万人に伸びている状態。   しかし、値下げも1月31日で終了し、今後、運賃をどのように改正するか、また検討することになる。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->BTS,地下鉄 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報 ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報
2020.02.08
不動産

バンコクでは賃貸オフィスが次々完成へ

景気低迷といわれるタイでは、会社閉鎖や人員削減などが広がっているが、そんななかでも次々にグレードAレベルのオフィスが完成し、賃貸オフィスとなっていて、家賃も上昇傾向で1㎡当たり1ヵ月1000バーツを突破している。   BTSプロンポン駅周辺でもエムクオーティエのあるピラットタワーや、そのそばのメトロポリスなどのオフィスでは、デジタル系や中国系のオフィス、日系企業なども実際に入居しており、需要が旺盛なのは、昼時のランチ時にフードコートなどにあふれる従業員などを見ればわかる。   不動産コンサルティングの ナイトフランク社などの調べによると、バンコクでは今から2023年までに新たに117万㎡の賃貸オフィスが提供されるといい、1年では平均27万5000㎡にもなる。   果たして、これほど今後、急激に賃貸オフィスが増えて、供給過剰にならないのか?   すでに完成してオープンしているところでは、地下鉄ペッブリー駅近くのシンハーコンプレックスの6万㎡や、BTSプンナウィティー駅近くの トゥルーデジタルパーク、BTSトンロー駅から最近...
2020.02.08
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年1月20日掲載

2019年12月21日、「あぱまん情報」のTWY社が主催する定例ゴルフコンペ(TWY杯)が、ヴィンテージ・ゴルフクラブにて行われた。TWY杯は1997年より毎月開催されており、本年で22周年を迎える。参加者はTWY社のサービスオフィスセンターのテナントの駐在員とその関係者で、第一回開催以来延べ千名を超える参加者となっている。 今回開催されたヴィンテージ・ゴルフクラブは1995年オープン、非常に大きく豪華なクラブハウスをもち、フラットなフェアウェイと太く高く茂った木々のある美しいコースが特徴で、タイ・バンコク市内から40分前後で行ける。  現在幹事を務めている長濱氏(TAIYO CABLETEC社長)が日本帰国ということもあり、エカマイの大連飯店で忘年会&送別会が盛大に開催された。 これまで、多くの駐在員の方々がTWY杯に参加しているが、日本に帰国しても当時のメンバーが定期的に懇親会やゴルフコンペを開催している。そのような中、2019年12月5日、東京神田のタイ料理店で、TWY杯日本支部が発足し、発足パーティ&忘年会が開催...
2020.02.03
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの売買は300万以下が需要多い

2020年のタイの不動産、特にコンドミニアムの売買については、プラスプロパティー社によると、昨年と同じく景気低迷で、低調な状況が続くだろうとしている。   しかし、新規に路線が開通し、駅周辺での需要があるとしているが、タイ人が自分で住む物件としては、300万バーツ以下の物件、1㎡当たり10万バーツ以下の物件の需要が70%としている。   こういった物件は、主にバンコク都心より郊外に向かったところで、スクンビットのサムットプラカーン地区や、チェンワッタナ、ミンブリー、ラムイントラー、ラチャダー-ラプラオあたりでの需要が多いとしている。   また、ホテルやオフィスなどの複合施設としてコンドミニアムが開発されるケースが今後、増えていくとしており、しかし、こういった物件は都心では高額物件となっている。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報 ...
2020.02.03
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第133回は「Mタイ タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、133回目は、ワイヤレス通りのプルンチット駅徒歩5分に位置する高層オフィスタワーと高級ホテルの複合施設「オール・シーズンズ・プレイス」内にある「Mタイ タワー」を紹介します。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなるプルンチット駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、大使館、飲食店などが建ち並ぶエリアとなっています。 BTSプルンチット駅から徒歩5分の位置に高層オフィスタワー、ショッピングモール、高級ホテル(コンラッドホテル)を内包する複合商業施設、「オールシーズンズプレイス」があります。施設内には高級ブランド小売ブティックがあるショッピングモールや品揃えのよいトップスマーケット、銀行、レストラン、コーヒーショップなどがあります。 その中の2004年竣工の地上27階建ての高層オフィスタワー「Mタイタワー」に今回お邪魔しました。 まずビルをエントランスから入ると天井の高いロビーフロアとなっておりま...
2020.02.05
新築コンドミニアムの販売

小林ミシュラン 5つ星への道、第141回は「トスカーナ・レジデンス・シラチャ」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第141回は「トスカーナ・レジデンス・シラチャ」を紹介いたします。   シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135㎞の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、日本人学校となる泰日教会学校シラチャ校が開校してから、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。  トスカーナ・レジデンス・シラチャはそんなシラチャ郊外の総合商業施設のJパークから1㎞、日本人学校から2㎞という便利な立地にあり、工業団地へのアクセスも良いエリアに建つ、2020年竣工の新築アパートレジデンスです。   地上3階建ての当物件は総ユニット数4...
2020.02.05
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第143回は、 桐山様「ヴィラ・アチャラ」

スクムビット・ソイ49は、BTSトンロー駅を下りプロンポン側に5分ほど歩いたところに入り口がある奥行きのあるソイです。入口付近は少数のレジデンスしかありませんが、半ばにあるクランクを過ぎた辺りからその数が増えていきます。フジスーパー4号店、ヴィラマーケットに加えて、お洒落な飲食店、ブティック等もそのエリアにあり、多くの日本人のご家族が集中しています。トンロー方面に抜ける曲がり角には日本語病院として名高いサミティベート病院があり、この周辺と奥のエリアにも多くのレジデンスが並び、やはり多くの日本人が住んでいます。    日本の飲食店が集まる日本村もこのエリアにあり、日系幼稚園、塾、習い事教室も多数点在しています。日本人の日常の足のシーローやタクシーも簡単に捕まります。バンコク駐在員家族世帯の集住しているエリアと言ってよいでしょう。   ヴィラ・アチャラはそんなソイ49を入りサミティベート病院の近くに建つ2009年築の築浅アパートレジデンスです。今回はこのヴィラ・アチャラにお住まいの桐山様のお宅を拝見しました。 病院近く、買物にも便利なアパー...
2020.02.06
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、トンロー通りの人気物件「エイト トンロー レジデンス」

バンコクの物件で一昔前に良く見掛けていた、施工途中でストップが掛かり、廃墟の様になってしまい、しばらくは放置状態になった建物。それでも数年後には新たに買い取られ、建築が再開され見違えるほど、美しく仕上がって来ます。   実はここもそんな物件になるのですが、コンドミニアムだけでなく、モールやサービスアパートが併設された事で、常に注目されています。モールがあるのはポイントが高く、地下に24時間のスーパーが入ったのも、より入居希望者を押し上げているのです。同じ敷地内なので、雨の影響もなくモール内で完結するのも、利点となっているのです。しかもトンローと言う立地柄、あらゆるショップが出店し、日本人のみならず、タイ人にも刺激のあるエリアとなっているのです。そんな人気のエリアで、広さは50平米近くあるのですが、平米単価は20万バーツ近くですが、人気が衰えていません。   今回のお部屋にはベランダは無いのですが、窓が片面ほとんど占め、明るい部屋を求める日本人にはピッタリのコンセプトではないでしょうか。キッチンも広く作業面も充分あり、天井が3㍍近く...
2020.02.05
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、ドンキモール至近の好立地「ジ アルコーブ トンロー 10」

2020年もエカマイ駅周辺も人気があると予想出来ますが、第二のエカマイ注目スポットとして、エカマイ・ソイ5が挙げられます。やはり「ドンキモール」効果で、この界隈の人気が上がっているのです。日本のドンキより規模は小さいですが、生鮮食品やペット用品は重宝します。ドラッグストア、ダイソー等、使えるお店も多数入店しているのは、ありがたい事です。外の焼き芋に行列が出来ているのは、タイでも日本の情報が発信されているが故の、現象なのでしょう。   そんな、ドンキの向かいに数年前から建設され、この日を待ちわびていた、こちらの物件。実際、北に向かうには好立地で、アユタヤ方面にお勤めの方の賃貸者が増えて来ています。 便乗的ではありますが、今となっては1ベッド54平米で、570万バーツで探すのも大変です。当然バスタブも付いて、あらゆる年齢層に対象で、受け入れられるでしょう。   若干、手直しが必要になるか所がありますが、内装業者も合わせてご紹介しますので、そこはご安心頂けます。 135戸とタワーマンションの割に、戸数もそこまで多くなく、...
2020.02.05
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第132回は「エクスチェンジ タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、132回目は、アソーク交差点の角に面する「エクスチェンジ タワー」を紹介します。74回目にも紹介していますが、高層フロアに空室が出たので再度取り上げます。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。 そのアソーク交差点に面している、2007年竣工、42階建ての高層オフィスタワーが、「エクスチェンジ タワー」です。 このビルは、BTSアソーク駅からはスカイウォークで直結、MRTスクムビット駅にも近く、利便性が非常に高いです。自動車でアクセスするにはスクムビット通りとアソークモントリ道路からオフィス棟玄関の車寄せに入ることができます。 さて、ビジターがビルのエントランスから館内に入ると、24時間セキュリティー対応のレセプションでIDカード(パスポート)と交換にビルの入館証を渡され...
2020.01.31
新築コンドミニアムの販売

小林ミシュラン 5つ星への道、第140回は「ザ・バンコク・トンロー」

バンコクで不動産仲介35年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第140回は「ザ・バンコク・トンロー」を紹介いたします。   スクムビット・ソイ55はトンロー通りと呼ばれ、バンコクを代表する繁華街としてたくさんの飲食店やブティック、商業施設などが存在します。   ザ・バンコク・トンローはBTSトンロー駅より徒歩6分程の好位置の新築高級コンドミニアムとなります。   徒歩圏内にはスーパーマーケット(トップス)やBTSトンロー駅、日本食レストラン、病院などがあります。   日本と変わらない生活環境を求める方にはお勧めの物件です。   お部屋のレイアウトは広めの設定、そして眺望のよい共益施設   お部屋は1ベッドルーム(56平米)と2ベッドルーム(84平米から)の構成となっております。   1ベッドルームの場合、...
2020.01.31
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第142回は、 木下様「RHYTHM Ekkamai 」

BTSエカマイ駅周辺のスクムビット・ソイ63は「エカマイ通り」と言い、スクムビット通りとペッブリー通りを結ぶ幹線道路となっています。メイン通り沿いには、商業施設、アパートレジデンス、レストラン等が点在し、ソイに入ると多くの豪邸が建ち並ぶ閑静な高級住宅街となっています。   BTSエカマイ駅に近い入口付近には日系スーパーのマックスバリュと多数の飲食店が入る商業施設のパークレーンがあり人気があります。人気の日系幼稚園のオイスカバンコク日本語幼稚園もこの近辺にあります。北上した中間地点付近には、大型スーパーのビッグCと飲食店が入る商業施設パワーセンターがあります。   日本人ご家族が住むレジデンスはこの周辺に点在しており、多くの日本人を見かけるようになります。この中間地点の近辺にはトンローに繋がるソイもあるため、トンローへのアクセスにも便利です。そこからペッブリー通りに向けて更に北上するに連れローカル色が強くなり、庶民的なタイらしい街並みに変化します。近年この通りは慢性的な渋滞地帯となっています。   このエカマイ通り交差点からプラカノ...
2020.01.31
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、単身者や夫婦向けに最適「アイデオ スクムビット ラマ4」

 アナンダのマーケティングにも、感心させられますが、郊外から都心部へどんどん進出して来ていますが、意外にまだ無かったプラカノンに、新たなIdeo(アイデオ)が建築されます。通りはラマ4世通りになるのですが、スクムビット44/1との分岐でもあfって、渋滞を避けるルートで東西に向かえるのは、かなり便利でしょう。 駅までも徒歩5分程度で、歩道があって歩きやすいのも重要です。駅前には小ぶりのモール「サマーヒル」内に、スーパーのトップス、リサイクルショップ、ドラッグストア、24時間営業のフィットネスクラブ、カフェに関しては4~5軒もあるのですが、どこも賑わっています。   もちろん、食事処もオーガニック食材で提供のお店から、居酒屋等、駅周りも充実しています。駅向かいにもモールや夜をメインとした、インターナショナルなフードコート風エリアが、毎日賑わっています。   2020年建築開始、2022年完成予定で、スタジオ29・5平米、4ベッド44平米、2ベッド66平米の3タイプになります。359万バーツからの販売、平均平米単価12万バーツ、最新の物件として...
2020.01.25
不動産

ソイ34の「ストン・プレイス」はカバンひとつで生活できるアパート

ソイ34は、とても閑静な住宅街です。スクムビット通りの喧騒が嘘のように、穏やかな雰囲気があります。   ソイを入って5分ほど歩いたところにアパート「ストン・プレイス」があります。BTSのトンロー駅から徒歩圏内なので、駅周辺に行けば、コンビニからレストランなど、一通り揃っています。   交通の便利さと、静かな住環境を揃えた貴重な物件といえます。   ストン・プレイスは4階建て全12部屋のこじんまりしたアパートで、スタジオタイプ、2ベッド、3ベッドルームの部屋があります。   築年数はたっていますが、室内はリノベーションされており、明るく清潔感があります。   すべての部屋に家具と家電も備え付けで、洗濯機も各部屋にありますので、カバンひとつでバンコクに来て、すぐに生活を始められ、とても便利です。バスタブ付きの部屋もあります。   換気扇の付いたキッチンもあるので、自炊派にもぴったりです。   もちろんエレベーターや駐車場も完備しており、NHKも見られるトゥルービジョンとインターネット料金は家賃に含まれているので、個人で...
2020.01.25
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第131回は「インターチェンジ21」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、131回目は、アソーク交差点の角に面する「インターチェンジ21」を紹介します。第26回でも紹介しましたが、今回追記して再掲載します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点に面している、2010年竣工、35階建ての高層オフィスタワーが、「インターチェンジ21」です。 このビルは、BTSアソーク駅からはスカイウォークで直結、MRTスクムビット駅にも直結していて、利便性が非常に高いです。自動車でアクセスするには、スクムビット通りとスクムビット・ソイ23からオフィス棟玄...
2020.01.22
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお買い得の販売物件「アイデオ・スクムビット・ラマ4」

  自分で住むにも投資用にもなるプリセール物件の販売を「ヨシダ不動産」で受け付けています。 今回、紹介するのは、BTSプラカノン駅から350㍍の好立地に建設される「アイデオ・スクムビット・ラマ4」です。 価格は29.5㎡のスタジオタイプの部屋が419万9千バーツからあり、1ベッドルームや2ベッドルームもあります。 ラマ4世通りとスクムビット通りが交わる場所に近く、BTSにも近いので通勤などにも便利な立地です。 建設中のアイデオ・スクムビット・ラマ4はタイの大手ディベロッパー、アナンダ社による物件で、32階建て、全642室で2022年完成予定となっています。 アイデオシリーズの中でもラグジュアリー感があふれる仕様で共益施設も豪華な造りになります。 天井高は全部屋2.9㍍と高く、シューズキャビネットとシャワールームにはレインシャワーを完備。 建物内にコンビニエンスストア、テナントスペース2軒、滝のある庭を1階に配置します。 6階にはプール、ジェットバス、ジム、憩いのスペース、そして32階にスカイラウンジと、住民のための施設も充実...
2020.01.18
新築コンドミニアムの販売

小林ミシュラン 5つ星への道、第139回は「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」

バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第139回は「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」を紹介いたします。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135㎞、車で約2時間の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年4月にはタイ国内ではバンコクに続く2番目の日本人学校となる『泰日教会学校シラチャ校』が開校し、日本人駐在員は単身者のみではなく、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 オークウッド ホテル&レジデンス シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩6分という便利な立地にあり、シラチャの海の近くに建っている...
2020.01.18
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2020年1月5日掲載

2019年12月17日(火)ランチタイム あぱまん情報のTWY社が運営する「Business Office Center Asoke」のサービスオフィス(アソーク・サミットタワー10階)のテナント懇親会が、フラマ(Furama Xclusive Asoke Hotel Bangkok)のレストランを貸し切りにして開催された。登録数100名を超える従業員のうち、65名のメンバーが参加した。  この懇親会は、サービスオフィスに入居する20数社のテナントを対象としたもので、テナントには大日本印刷の現地法人をはじめ多くの日系企業が入居している。また、大阪大学、上智大学、立命館大学(AIU)、東京国際大学といった日本の有名大学のアジア拠点ともなっている。 従業員同士の懇親を目的(参加費無料)に、このサービスオフィスが開設された1995年以降毎年行われ、今年で24年続くイベントとなっている。日頃、廊下や休憩ソファーなどの共用部分で顔を合わせているメンバー同士、なんとか親しくできないかと、あぱまん情報の山口政次社長が考え出したもの。このオフィスに勤...
2020.01.18
新築コンドミニアムの販売

自然と一体の398ライ、1250億バーツかけ、世界初の都市空間フォレスティアズ

世界で初めてという大規模な森林の自然があるニューシティーの創設を掲げて設計、建設をしている マグノリア・クオリティー・ディベロップメント社の「フォレスティアズ(Forestias)」。   このたび、同社より予算額が当初の900億バーツから1250億バーツに引き上げられ、対象区域も398ライに拡張されている。   場所はバンナートラート通りの7㎞ 地点で 、CPグループである同社による開発となる。   自然と一体となった空間で、自然の部分が30ライにも及ぶのも特徴。生活のクオリティーを上げた都市空間を創設する。   住まいのための一軒家からコンドミニアム、ショッピング施設、オフィス、5つ星のホテル、そしてタウンセンターの中には劇場やイベントホールなど。そのほか、高齢者のための住まいや大規模な健康、医療センターなど。   すでに同社による開発では 、BTS プンナウィティー駅近くのウィスドム101などもあり、クオリティーのある街造りを目ざしており、計画地では現在、杭打ちなどの建設が行われている。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ...
2020.01.19
ニュース

タオプーン~タープラが無料開放へ

 バンコクの路線整備で、段階的にオープンしていたブルーラインのタオプーン駅~タープラ駅については、残りのバンイークン駅、バンクンノン駅、ファイチャイ駅、チャランサニットウォン13駅、タープラ駅までが12月23日よりオープンし、無料開放されている。 これにより、地下鉄のMRTから環状線でまわれるようになる。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報
2020.01.19
パタヤの賃貸マンション

人気物件は相場が上がる、パタヤのSKみずほ不動産

新年明けましておめでとうございます、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。   パタヤの不動産市況については様々な情報が発信されておりますが、ある機関の統計では全体的な販売率は80~90%、 平米単価平均は8万5千~9万バーツ、高級物件やビーチフロント物件では10万~15万バーツになっているとの事です。   現地不動産屋の実感としては販売率が80~90%に達しているような印象は受けないのですが、実際にはタイや世界各国の富豪によりセカンドハウスやリゾートハウスとして購入され、常時滞在されてないユニットや購入後そのまま放置されている物件も非常に多く、そのように感じられるのかもしれません。   パタヤの不動産市場相場に関しては全体的に見れば下がっていないようです。   一部の人気物件は相場が順調に上昇している反面、その他の物件では相場上がらず現状維持・あるいは下落している物件もあります。   賃貸出しや転売しやすい物件とそうでない物件に2極化している印象を受けます。   築年数が古くなってもビーチフロント・海近物件は相変わらず強く、隣町...
2020.01.31
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第141回は、穴吹様「Siamese Exclusive 」

スクムビット・ソイ31は奥行きのあるソイであるばかりでなく、複雑に分岐する分かりにくいソイでもあります。入口からソイプロムチットに交差する地点(角にユーログランデホテルがある地点)までは飲食店とレジデンスが並んでいます。   その後は複雑に分岐が続き、多くのレジデンスが並ぶ閑静な住宅地となっています。その内の一つの通りは、フジスーパー2号店方面へ続き、更にペッブリー通りへと抜けて行きます。 他方の通りは更なる住宅街へ続くものとソイ23へ繋がっていくものとに分岐しております。ソイ23に至る途中には多くの日本の飲食店が並んでいます。何度も行かないと覚えるのが困難なソイとなっています。   サイアミーズ・エクスクルーシブはそんなソイ31を入り、ソイプロムチットに交差する地点を左折し道なりに進み右90度カーブのところに建つ2019年築の21階建ての高層コンドミニアムです。近くには大型スーパーはありませんが、コンビニエンスストアや日本食を含む各種飲食店が周囲に点在しています。スクムビット通り、アソーク方面、ペッブリー方面へのアクセスには便利な立地で...
2020.01.11
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、プラカノン駅近の人気物件「ル ラック コンドミニアム」

ここに来て、プラカノンの物件が注目を集めています。特にご紹介のル ラックとツインタワーのスカイウォークが、品薄で引く手数多となっているのです。なぜそこまで求められるのかと申しますと、立地、広さ、家賃のバランスが良く、住まれている方は比較的長い方が多く、より空きが無い状況となっています。立地としてモーターウェイに乗りやすいのが一番の理由で、二番目の理由として、敷地内にモールや飲食店エリアが広く設けられ、手軽に食事が取れるのが魅力となっているのです。駅も徒歩5分程度なので、他のエリアのアクセスもしやすく、申し分ありません。今回ご紹介のお部屋は、元々1ベッド55平米あった所を、リビングが広いため、一部屋造られた特別仕様になっています。   日本では当たり前のバスタブ付き物件ですが、このエリアで探すのは苦労します。このお部屋は標準で完備されているのも、ポイントを上げています。   広さは充分で基本はお一人なのでしょうが、ゲスト対応も出来るのはありがたいですね。販売価格も平米単価10万弱と、投資としてもニーズがあるのでお買い得と思います。 ...
2020.01.11
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、日本人家族向けの部屋「ロイヤル キャッスル」

正直、色々問題があります。歳をとればあらゆる所にガタも来て、若い頃とは同じとは行きません。ですが、20年も経てば、最新医療で見違えるほど、綺麗になったり、男性向けから女性向けにイメージチェンジしたりと、工夫を凝らしているお部屋も多いのがこちらの物件になります。   建物以外でもソイ39は、冠水が頻繁に起こるので有名ですが、この通りに住んでいる方は慣れっこで、まずは動じないでしょう。物件自体の想定された施工で、スロープは1㍍近く上がって、駐車場の中まで入って来ることはありません。   そんな立地の中年物件ですが、多くの方に支持されて、いつも入居率も高く、弊社としても多くの方にご紹介しています。その理由として、日本人向けに改装された部屋も多く住みやすいのと、4~5人家族でも住める、3ベッドが大半で、家賃設定もそこまで高額ではないのが理由です。実際、今回ご紹介のお部屋も、平米単価10万バーツと、この界隈としてはリーズナブルと言えます。広さも140平米と広過ぎず、狭過ぎずと頃合いが良いのも、ここの魅力の一つです。 床...
2020.01.11