新築コンドミニアムの販売

新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアム77%売れる

BTSモーチット駅からラプラオ五差路駅については、9月末まで1駅を無料開放しており、セントラルラプラオなどに行くにも便利となり、またタイ最大のターミナル駅としてバンスーが着々と工事が進められており、注目されているエリアとなっている。 その中でサパンクワイ駅は、新規のコンドミニアムも現在、12物件あり、3720ユニットが販売されているが、そのうち2853ユニット、77%を売り切っている。1㎡当たり12万~15万バーツほどが中心で、1ベッドなら300万~500万バーツ、2ベッドなら500万~750万バーツほどの物件となっている。    2019年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、家族向けの100平米の物件「ジ エンポリオ プレイス」

ソイ24も2007年から毎年の様に、あらゆる建築物が建っていますが、住居として一番人気のある家族向けの広さとして、100平米の回答が圧倒的に多く挙がります。 今回ご紹介のお部屋は、まさに104平米と希望者の多いサイズとなっているのです。しかも、人気の高い北向きでもあり、暑くないのも利点ではないでしょうか。窓も大きく広く設けられ、朝は東からの朝日が差し込んできますので、暗い感じもありません。小さな玄関ぽいスペースがあって、お客様用のトイレがあるのも、この広さならではないでしょうか。リビングダイニングも真ん中に広めに取られ、左右奥に寝室がそれぞれあります。 湯沸かしは肌寒い時期にも、しっかり熱いお湯を供給できる様にボイラーが完備されています。洗濯場としてキッチン奥にスペースがあり、お客様が来られても気にせず、干す事が出来るのです。 1階のプールは敷地の広さを生かし、今時では珍しい、奥行きも横幅もたっぷり取られています。同じくジムもかなり広いと言えます。キッズルームや会議室もありますが、3階に設けられた芝生のガーデンは、お子さんを遊ばせるには良さ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、レアな物件なのでお早めに「ザ ライズ スクムビット 34」

バンコクあるあるですが、日本は取り敢えず、目的方向に向かえば、ルートは別としてほぼ辿り着けるのが、当たり前ですが、バンコクは違います。懸賞の迷路並みに奥には行けども、目的地には着けぬ迷宮と化しています。熟練のドライバーじゃないと、正直、こっちがイライラさせられ、最終的に気まずくなるのですが、この物件はそんな、袋小路の突き当たりにあり、上の階からは1軒先にメイン通りが見えているのが、悲しさが募ります。その様な立地のため、他とは何か差を付けなければ、興味を持って頂けません。そこで考えたのが、遅くまで対応しているシャトルサービスですが、ご家族にとっては効果があって、迎えにも来ていただけるのは、助かっているみたいです。 また、雨季の時期も他のシャトルでは、対応していない洪水量でも、ガンガン向かって行くのは、心意気を感じざるを得ません。この様な場所なので、前向きな物件と感じられにくいですが、 今回のお部屋は、少しレアな絶対数の少ない、3ベッドだったので、紹介させて頂きました。角部屋で明るく、風抜けも良い、床も壁も白基調なのが、清潔感を感じさせられます...
パタヤの賃貸マンション

SKみずほ不動産、シービューの賃貸物件

《物件情報》ただいまパタヤ人気ナンバーワン物件! セントラル地区セカンドロードに面した好立地に高層2棟・低層1棟の計3棟から成る築浅物件、道路に面した出入口ゲートより50㍍程奥まった場所に建物部があり、中心地ながら比較的静かな環境で敷地内はプライベートが保たれています。 市内中心部最高層の建物である屋上プールからの眺めは360度パノラマビューの絶景でパタヤビーチロードの北から南まで見渡せます。 この物件での部屋の向きは東西南北4方向あり。 *北及び南はパーシャルシービュー  *西は海を正面に見る絶景のシービュー  *東はシティービュー(パタヤの東側を向くマウンテンビュー) 販売・賃貸ともに中層階以上での西向きシービューの部屋が圧倒的人気であるため、部屋オーナーも強気で、多方向の部屋より相場が高い状況となっております。 《部屋詳細》人気のA棟 高層38階、日本人オーナー物件。 部屋からはシービューとシティービューの両方ご覧になれます。夜間はパタヤの煌びやかな夜景を高層階から堪能できます。 家具家電もフル装備・各種サービスもひと通り付いておりますので...
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの賃貸が活発に!

タイのバンコクでは徐々に賃貸市場が活発になってきている。ディベロッパー大手のプルックサーリアルエステート社によると、先進国では普通にあるように、タイでもコンドミニアムの賃貸が活発に行われるようになってきたという。 これは、都心の土地代が上がり、コンドミニアムの物件の価格も上がっていることや、中間、下層の人は物件を買えない、また、仕事を変えるタイ人も多く、賃貸の方が都合がよいことなど。 例えば、収入2万バーツ以下の人の場合、家の頭金20%は支払えず、賃貸しか選択肢がないという。 このため、同社ではすでに同社の物件を購入した人に対して、賃貸で貸し出すためのサービスなども提供し、賃貸市場に対応するサービスを提供しているという。 。 2019年8月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->賃貸物件の仲介業者トップ10選! ->コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選! ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情...
新築コンドミニアムの販売

ラムカムヘンで199万から、阪急阪神と組むセーナー開発

都心では高騰している新規コンドミニアムの値段だが、そのため、ディベロッパーは郊外での開発に力を入れており、特に路線の駅が新設される場所周辺での建設が進んでいる。 阪急阪神ディベロッパー社と組むセーナー・ディベロップメント社はこのたび、ラムカムヘンのソイ36と36/1の間の14ライで、37階、33階、そして7階建て3棟の大規模なプロジェクト「ニッチ・モノ・ラムカムヘン」を発表し、販売価格は199万バーツから520万バーツで、1㎡当たり89000バーツと、都心に比べると、半分以下での価格となっている。 このラムカムヘン周辺は路線の計画が具体的になってきた2年前から土地の購入が進み、そのころは1㎡74000バーツほどだったのが、今では1㎡当たり98000バーツほどになっている。 現在、工事が進んでいるのが、タイ文化センター-ミンブリーまでのオレンジラインで、上の物件はそのフアマーク駅前に建設される。 そのほか、現在、建設中なのがラプラオ-サムローンのイエローライン、ケーラーイ-ラムサーリーのブラウンライン、またケーラーイ-ミンブリーのピンクラインもあり、ラムカムヘ...
ヨシダ不動産

資産価値高い売買物件、BTSプナウィティ駅前の「ウィズドム・インスパイア101」

  BTSプナウィティ駅から歩いて行ける「ウィズドム・インスパイア101(Whizdom Inspire 101)」はタイ最大のCPグループの開発で安心です。投資物件としても自身で住むのにも最適です。 現在、販売しているのは高層46階のコンドミニアムで、敷地内にはショッピングモール、オフィスなどもでき、賃貸価値の高い物件となっています。 ショッピングモール内にはすでにトップスのほか、大戸屋、吉野家、一風堂、しゃかりきなどの日本食レストランのオープンしており、部屋を出てすぐ、こういった店に入れるのも魅力です。 BTSの駅からはいちいちおりずにスカイウォークで現地まで行けるのも特長。 販売している物件は、1ベッドルーム~3ベッドルームで、32㎡~186㎡。価格は472万バーツから1197万バーツまで。 屋外の子どもの遊び場や、6階には40mプール、サウナ、さらに43階にはルーフトップガーデンもあり、豪華な造りで、価格に見合う価値で、日本人が買うのに最適な物件です。 2019年7月20日 タイ自由ランド掲載   ->...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、洗い場付きバスルーム「タイディ トンロー」

エリアとしては単身者対象として最高の立地で、トンロー・ソイ17はトンロー通り入り口に「ザ コモンズ」入った先の最初の十字路角に、「日本村」と双方に人気のモールが建って、食事に関して言えば選択肢も多く、近場でも済ます事が出来るのは、利点じゃないでしょうか。しかもトンロー・ソイ13は、交通量も時間帯によって混み合いますが、物件前はトンロー・ソイ13にも向かえうことができて、トンロー通りにも行けるのですが、ここを通る車両は少なく、静かに過ごせるのです。スーパーはモールと一体のJアベニューも徒歩圏内で行きやすく、買い物ついでのカフェも複数入店しています。この物件が出来てから、日本式の洗い場付きバスルームが、爆発的に増えたのですが、まさに先駆け物件じゃないでしょうか。キッチンは狭いのに、わざわざ囲いガラス張りで密閉されて、良く言えば匂いが少しでも漏れない、工夫なのでしょう。全戸1ベッドで構成されている物件は、ありそうでなかなか見かけない、日本人エリアではここだけではないでしょうか。そういった点から、家族での住まいとしてよりも、単身者の方がより快適に過ごせる、環境じゃないで...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、向かいに格安のスーパー「ザ クレスト スクムムビット 34」

トンロー駅5分圏内で、一番新しい物件で、ソイ34の角地に建っているので、東側以外は視界も開け、隣接した場所に新たな建設はかなり難しく、しばらくは住みやすい状況と言えるでしょう。渋滞を避けるルートが真横にあって、ラマ4方面もしくは、アソーク、クイーンシリキット方面に抜ける事も可能なのが利点じゃないでしょうか。あまり知られていませんが、対面にタイローカルスーパーがあって、生鮮食品を始め生活用品が格安で売られています。ザ クレストの中ではクオリティーも高く、待合ロビーもビジターと入居者で分けられ、入居者用は高級クラブのイメージでくつろげます。 屋上にも共有スペースを持って来て、頑張った感はあるのですが、折角造ったインフィニティープールの向きが、川向きじゃないのが残念でなりません。屋内子供プールとフィットネスジム、ジムの上のラウンジは遥か彼方まで見えて爽快ですよ。こちらのお部屋は人気の北向きで、眺望の良さと、涼しさでポイントを上げておられます。キッチンやバスルーム周りは、当初の販売仕様の物そのままで、調度品もかなりシンプルな物で取り揃えられ、逆に凝ったお部屋で無くて、調整...
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアムが6月急増

タイのバンコクでは路線整備とともに駅周辺での高層コンドミニアムの建設が活発だが、タイの不動産コンサルティング会社によると、今年1~6月までのバンコクでの新規コンドミニアムの販売は45件で、18075ユニットにのぼり、昨年の同期より19.9%減だった。 これは、各ディベロッパーが昨年、新規に販売した物件のストックを売る方に力を入れていたことや、選挙のため、新規を控えていたためで、選挙後のこの6月だけで新規が5100ユニットにのぼる。 外国人では特に、中国人の需要はあるが減ってきており、現在、一番多い新規の物件の場所はブンクムで2461ユニット、ホアイクワン2119ユニット、プラカノン1315ユニットとなっており、現在ある路線や、新規に工事中の路線沿線での物件が中心だ。 そのほか、駅でいうとBTSのプンナウィティー駅の近くが1148ユニットで一番多く、ラマ9世駅近くの1025ユニットが続いている。  2019年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、想定を上回る人気物件「アイデオ スクムビット 93」

[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、子どもの遊び場も広い!「S&S スクムビット」

[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
パタヤの賃貸マンション

SKみずほ不動産、今月のお勧め販売物件 2019年7月5日

《物件情報》 パタヤのまさに中心地、セカンドロードにあるアベニューショッピッングモールのすぐ裏手にありアレカロッジホテルの新館エバーグリーン側出入口ゲートすぐ目の前の好立地。ホテル棟と8階建てコンドミニアム6棟の計7棟から成る17600㎡の敷地内はウォーターパークのようなプールがあり、中心地でありながらリゾート感も満喫できる大型物件です。 巡回ソンテウ利用で市内の移動にも大変便利、中心地の利便性を優先される方にお勧めします。 この物件での賃貸出しの場合は短期(1ヵ月以上)・長期ともターゲットに出来ると判断しており、日本人の方への賃貸も可能と考えます、賃貸運用目的での投資にも推奨。 オープン時期となり、現在の平米単価は93000バーツからと上昇している市内中心地の好立地です。ショッピングモール至近でもあり、二つの強みがあるので、一時的に下がる可能性はありますが、長期的には少しずつ固く上昇していくと予想されます。 《物件購入時のアドバイス》 パタヤは狭い街ながらエリアごとに人種も異なりそれぞれ特徴があります。 『まずは購入される前に』購入目的(...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、エカマイの穴場の売買物件「ツリーコンド エカマイ」

近年、エカマイとトンローの偶数側は、建築ラッシュに沸いています。ソイ40と42の間に、3本の横道があるのですが、その3本とも、どこも建築されているのですが、こちらの物件は2014年に完成し、既に落ち着いた感はありますが、エカマイ駅前のゲートウェイが近い事もあって、ここを目がけてご指名される方もございます。一方通行のメイン通りでなく、騒音や粉じんの影響が無いのも、人気の理由の一つでしょうか。もともと一軒家の多いエリアでもありまして、改装されたタイレストランは、週末は駐車場が満車で、テニス&カフェ等、穴場的な店も多くなってきています。戸数も119戸と小さく、このエリアで日本人も少なく、こじんまりしたのも良いと思われる方には、魅力的でしょう。 この規模なので、決して魅力のあるファシリティーではありませんが、プールはよくこんなの造ったなと感心させられます。フィットネスジムは競争率も激しく、少ない器具を使わなければならなく、使いたい器具を使うまで、他の部位に筋肉が付いてくるでしょう。今回ご紹介のお部屋は39平米と、手ごろなサイズの1ベッドで珍しく、シャワーブースとバスタブが設け...
新築コンドミニアムの販売

インスパイヤ社がエカマイ交差点開発へ

  スクムビット通り沿いでは、トンローからエカマイにかけて再開発が進んでいるが、エカマイの交差点では、バーンライカフェーのあったところはオールインスパイヤ・ディベロップメントが長期借りでプロジェクトを進めており、商業施設などを建設する見込みだ。 同社は日本のフージャースホールディングスと組み、タイでのコンドミニアム事業を加速しており、今年初めにはエカマイのビッグCの近くに高層コンドミニアム「インプレッションエカマイ」を販売し、25階建て70ユニット、43階建て310ユニットのプロジェクトで、価格は790万バーツからとなっており、同社によると、80%を販売したとしており、今年8月着工、2022年の完成を目ざしている。   2019年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、3タイプのプールを完備「ザ クローバー トンロー」

ほどよく息の長い支持を得ている、こちらの物件、隠れザ・クローバー信者も多く、この立地に慣れ親しんでしまえば、もう離れる事は出来なくなるそうで、賃貸者には好評です。トンロー駅からは離れていますが、ご存じの方も多いでしょうが、トンロー駅周りは、お店として魅力ある場所が無く、商業施設が無いのが他の駅に遅れをとっている理由と言えます。ホテルではホテル日航等が出来て、短期滞在者の定宿となるのは想像出来るのですが、やはりトンローと言えば、中程に入ったエリアが活気があるのです。トンローエリアではありませんが、トンローソイ10から東に向かった、エカマイ通りの角に、ドンキホーテも出来て、週末は混雑するくらいに、賑わっています。通りに面していたら、騒音が気になる所でしょうが、少し奥に入った所にこの物件は有って、とても静かなのです。規模も大きく約100戸の棟が、5棟でプールを囲んでいるのです。ここ最近、プールフロアーも改装され、リゾート感も増してきました。小さいながらもプールが3タイプあるのは珍しく、上部の住人から見下ろされますが、見られる事によって、体はより引き締まるのは間違いありません。...
新築コンドミニアムの販売

ラムカムヘンの新駅近く新規コンドが129万バーツ~

  路線が新設される駅の近くで129万バーツの新規コンドミニアムの物件! 野村不動産と組む大手オリジン・プロパティー社によると、今年後半は6つの地域で6つのコンドミニアムを開発し、合わせて70億バーツを投じるとしており、どれも、タイ人の中間層が買いやすい1㎡当たり7~10万バーツほどになり、給料が2万~4万バーツほどのビジネスマンやOLらを念頭に置いている。 6月29日より発売される「ザ・オリジン・ラーム・209・インターチェンジ」は、129万バーツからの物件で、新設される2つのミンブリー駅の近く。 31階建てで、1007戸。部屋は23、25、30、35㎡とそれぞれあり、1ヵ月のローンは6~7000バーツとしており、アパートを借りていた人がコンドミニアムを買える値段という。 タイ人の働く低所得~中間層をターゲットにしており、今年後半にこの周辺で販売が次々に出てくると見られるラムカムヘン通りで、コンドミニアムのデザインと建設後のサービスに力を入れている、とオリジン社では話しており、完成後はメイドサービスや、スキャン、コピーサービスなども利用できるという。...
新築コンドミニアムの販売

エカマイ周辺の新規は18万/㎡

  BTSエカマイ駅周辺の新規コンドミニアムの開発も活況で、昨年1年では2753ユニットを販売、今年3ヵ月の間だけでも1170ユニットを販売。 価格は平均、1㎡当たり21万バーツほどで、高い物件では1㎡当たり23万バーツになる。 また、駅から800m 以上離れたところでも、1㎡当たり18万バーツ以上となっており、トンローに間近のエカマイ周辺でも、徐々に新規の物件の価格が上がっており、この傾向は今後も続くとみられる。   2019年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、BTS沿線のローカルエリア「ターメス レジデンス」

今現在も地下鉄沿線と、BTS沿線でどんどん伸ばしていますが、日本人主体で将来性を考えるならば、やはり、BTS沿線の東側が特に、将来性があるのは間違いありません。外国人居住率はまだまだ低いですが、工業団地に向かう方々を、対象とし将来を見据え、手頃な内にお持ちになっておくのも、よろしいかと思われます。この度ご紹介する、THAMES RESIDENCEは、BTSベーリング駅から徒歩10分程度、インターナショナルスクールやディスカウントストア、ゴルフ練習場等も有って、生活する分にはそこまで支障はないと、考えられます。 ただ、ローカルエリアでもあるので、あまり知られていない、新鮮シーフードのビュッフェや、良い食材を使った海鮮店等も有ったりするのです。ローライズのコンドですが、6階建で2階から4階まで、全てメゾネットタイプで、構成されています。5階と6階は2ベッドが主体で、ワンフロアで広く取られた、レイアウトになっています。低層はメゾネットで天井を高く取り、採光性を高め、上層階は横幅を広く取り、ここでも採光性を高め、全てのお部屋に対して、考えられているのです。ルーフト...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、100万バーツからの物件「プラム コンド パーク ランシット」

今回はなかなか勝負に出ましたよ。ランシットエリアで、アユタヤ方面に向かう事がある方で、少しは名前を聞いた事があるかもしれませんが、いくつかのゴルフコースや、大学が点在しているのは有名です。BTSや地下鉄といった、類はないので車やバイクが、必要になるのは間違いありません。とはいってもセントラル等のデパートも、比較的近距離にあって、住んでしまえば、都と化すのでしょう。場所柄、投資物件と言うより、リタイヤした方自身が過ごす為の、快適な住居じゃないでしょうか。さすがにお求めやすい価格帯で設定され、ご予算によっては、2ベッドも対象になるのではないでしょうか。AからDの4ブロックに分けられ、ラウンジやフィットネスを中心に、左右2箇所に設けられたプール、片面25㍍、片面50㍍、フィットネスジムも含め24時間対応、他にシネマルームにゲームルーム、広さを生かしたジョギングトラック、屋外バーベキュースペース、立地も関係しているのでしょう。シャトルサービスも用意され、主要の場所までは送り届けて頂けます。販売価格100万バーツスタート、日本の民放でプール付きの、分譲が格安で買えたり、借りれたり...
パタヤの賃貸マンション

SKみずほ不動産、今月のパタヤトピックス2019年6月5日

Apus(エーパス) コンドミニアム 2ベッドルーム バスタブ付き 《物件概要》 パタヤ市内有数の買物エリアに隣接する安定人気のコンドミニアムであるエーパスコンド。人気のヒミツは主に2点あります。 ①3ヵ所の買物スポットが至近…正面ゲートより徒歩1~2分でビッグCエクストラ、裏口ゲートより1分の場所にハーバーモールパタヤ、徒歩2~3分の場所に24時間営業のフードランドがあること。 ②通勤アクセスが抜群…スクムビット通りへ出るのも数分、渋滞していても裏道利用で高速7号線インターまでのアクセスが非常に良く、毎日の通勤の便が大変良いこと。 物件内は中庭のプールを挟んで8階建ての2棟から成るヨーロピアンスタイル。プールはリゾート感があり大きめサイズでジャグジーも完備。出入口ゲートは正面と裏側ゲートと2ヵ所、正面ゲートのすぐ左隣にはファミリーマート、右側には人気タイレストランとランドリーショップあり。 今年に入りエーパスはセキュリティ体制の強化を完了し、部外者の立ち入りを出入口ゲートで厳しく管理しております。オフィスのスタッフは明るくフレンドリー、中華系タイ人女性マネ...
パタヤの賃貸マンション

パタヤで物件探しは「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっています。その為、同じ間取りでも家具や内装が異なり各部屋オーナーがその時点での相場を考慮して決めますので、家賃額も異なってきます。 入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。単身者、ご家族様用にも幅広くご紹介しています。 ■以下のサービスの中よりお選び下さい:*Wifiインターネット、ケーブルTV *日本のTV*部屋掃除 *ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金 その他ご要望に応じパッケージ対応致します。 パタヤで住まいや投資用の不動産物件をお探しの方はお気軽に問い合わせ下さい。 下の広告を参照で。 2019年6月20日 タイ自由ランド掲載 -> パタヤナビツアー...
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアムMARQUEは4,450万から

景気低迷を受けて、新規コンドミニアムの市場も停滞気味だが、スクムビット界隈の高級コンドミニアムの需要は相変わらず高く、ディベロッパーは同地での新規物件を開発している。 大手の メジャー・ディベロップメント社によると、同社が開発して完成しているMARQUE SUKHUMVITも、当初は1㎡当たり23万バーツで売り出したものだが、今では1㎡当たり333500バーツとなり、1部屋は4450万バーツからの物件となっている。 50階建てで、全147室、2ベッド(124㎡~162㎡)や3ベッド、ペントハウスなどで、44~49階はペントハウスが7部屋となっている。 豪華な高級物件のため、日本人で賃貸している人は少なく、例えば16階部分の2ベッド133㎡で、家賃19万バーツで借主を募集しており、 BTSプロンポン駅からも徒歩で4分ほどの立地などは魅力的ではある。   2019年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、大手サンシリと東急が建設「XT エカマイ」

  また新たに日本企業との共同プロジェクトが始まりました。東急とサンシリは強力なタッグでもあり、今までのサンシリとは、かなり違いがあるのは、東急の助言が生かされているからなのでしょう。 イメージ画像ではありますが、ルーフトップの共有エリアはすごい物があります。プールの上に設けられた最上階は、全面ガラス張りの360度パノラマ、そこにフィットネスジムがエリアの半面をシェア、ラウンジも広く、ゲームルームにパーティーやミーティングが出来る様になっています。形がプールに浮かぶ船の様で、ノアの箱舟をイメージしているのでしょうか。 下のプールも規格外で、広さが一目瞭然に分かる様に底に距離が明記され、50㍍以上の長さを実現されています。 駐車場は別棟で専用リフトも併用し、全部で266台停められます。駐車棟の屋上にも、アスレチックガーデンでクライミングを行えるのです。 1ベッド29・75平米から2ベッド57平米までの全537戸で地上38階建になっています。 シャトルサービスもエカマイとトンロー駅間は対応し、駅までのストレスを少しでも緩和してもらえます。 ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、日系企業が建設で安心、エカマイの「ザ ファイン バンコク」

  日々、コンドミニアム建設に日系企業が介入して建築されていますが、またエカマイにサンキョーホームとケイハンリアルエステート共同で建築されています。目の付けどころは日本的で、最近オープンしたドンキモールが、直ぐ先に見えてしまう様な立地でもあり、日本食材の入手はお手軽になります。生活用品もひと通り揃いますが、徒歩圏内にディスカウントストアもあって、将来的に更なる発展が予想されます。 プラカノン方面にも向かいやすく、北に上がれば、モーターウェイで各方面にも行きやすくなっています。31階建の220戸極端に多い戸数ではないので、プライベート感や貴重度も有って、この手の物件は、後に希望者が多く出て来る事も有るのです。流行りはしっかりと押さえ、ルーフトップの展望スペースや31階のフィットネスルーム、30階のプールは半面以上を確保し、一面ウォーターフロアと化しています。定番のゴルフエリアやキッズルームも設けられ、あらゆる層にアプローチ出来る様にも考えられています。部屋割で小さな1ベッドは西側に集中させ、東側に少し広めの1ベッドで構成され、2ベッドはそれぞれの角に設けられています。1ベッド...
新築コンドミニアムの販売

スパライが200億バーツを投資、豪華コンドーは25-26日予約開始

  政治の行方が不透明の中、不動産ディベロッパーらも新規計画を自粛している中、大手スパライ社によると、サトーン通りの旧オーストラリア大使館の土地7ライでの開発「スパライ・アイコンサトン」を発表し、そのプロジェクトは、同社30年での中で、一番の投資額となり、200億バーツを投入して新しいランドマークを造ると意気込んでいる。 豪華な56階建てのコンドミニアムで1~4ベッド、42㎡~350㎡、そのほか、ペントハウスで合わせて787ユニット、価格は900万バーツから2億8000万バーツとなり、平均1㎡当たり22万バーツで、安いものでは1㎡18万バーツからとなる。 5月25~26日に予約開始される。 BTSチョンノンシー駅から徒歩圏内で、サトーン通り側にはオフィスビル、商業センターも併設し、今年末から工事開始し、2024年中の完成を目ざす。 豪華コンドミニアムは53階―54階のスカイラウンジや、フィットネス、テーブルテニス、キッズルーム、ヨガルーム、サウナなどを完備する。 シーロム、サトーン周辺はビジネス街だが、ここ1年は住居のためのコンドミニ...
新築コンドミニアムの販売

中国人がコンドミニアム購入、子どもの学校をタイで

  中国人のタイでの不動産購入は相変わらず続いており、タイ中国不動産販売協会などによると、最近、注目されるところでは、親が子どものためにコンドミニアムを買って、タイで学校に行かせるなどして、卒業したのち、その物件を賃貸に出すなどを計画していることだ。 中産階級の中国人などが、学校の費用が高くなく、文化も近いことから、タイの学校に子どもを入れており、中国人の事業家らがタイで10ほどの大学などの事業を買っており、中国人向けの学校となっているという。 現在、中国人らが購入しているコンドミニアムの物件の中心は、300~500万バーツで、ラチャダー、ラマ9世、トンブリー地区で路線の駅近く、インター校がある近くとなっている。 また、タイのディベロッパーによると、中国、香港、台湾の購入は続いており、中国人などは現金で一括で購入するとしている。   2019年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->EEC、東部経済回廊 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 &gt...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、スラサックの「ノーブル S39」

  遂にソイ39にNoble(ノーブル)もやって来ます。 ソイ39はどのデベロッパーも特に最新システムや最上級の部材を投入して来ます。スクムビット通りから少し入りますが、各方面に向かいやすく、徒歩10分圏内に駅、スーパー、病院、塾等があって、日々の生活を考えると、立地は悪くないといえます。ただ、この通りで有名なのが、スコールによる冠水でこの物件も、少なからず影響があると思われますので、充分な対策は取られているはずです。 ノーブルの共有スペースは、物件によっていけてない時と、いけている時の差が激しく、特に注目しなければなりません。今回は先にもお知らせした通り、日本人エリアの中心的場所もあって、ノーブルとしては珍しく力を入れ、プールもあり、全長は31・6㍍とスカイプールでは、最長に近いのではないでしょうか。屋内仕様で天井がルーフトップで上がることができ、採光取りで開けられた丸型ガラスが特徴的です。フィットネスジムもプールと同フロアで、同じくらいの広さを有し、際立って目立っています。 駐車場上の9階は、ラウンジとゲームルームとして、くつろぎのスペー...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規コンドミニアム、スラサックの「ノーブル レボ シーロム」

    特殊な立地ではありますが、スラサックには新築で、このクラスの物件が非常に少なく、特にこの界隈でお探しの方には、重宝される物件と想像ができます。スラサック駅まで徒歩2分で着いて、サトーンのメイン通りからは、少し入っているので、騒音はそこまでではないと思われますが、南側にモーターウェイが通っているので、低層階はその音が気になるかもしれません。 ただ、こちら向きの高層階は人気のリバービューでもあり、考えどころかもしれません。駅を活用される方には良い立地で、一駅先がサパンタクシン駅で船着場でもありますが、川向いに高島屋が完成し、連日賑わっているようです。リバーサイドは数年掛けて、開発が進んで賃貸者としても、そういった方が特に対象として、お探しになられています。 部屋のタイプは1ベッドが2種類あって、リビングと寝室が左右に分けられたタイプは普通ですが、奥に長く手前がリビング、奥が寝室に仕切られたタイプが多く、リビングは窓が無い替わりに、仕切られた仕切りがガラス張りで、寝室側にあるベランダの採光を取り入れやすく考えられています。2ベッドは一番開けた南西の角に位置...
ヨシダ不動産

資産価値高い売買物件、BTSプナウィティ駅前の「ウィズドム・インスパイア101」

  BTSプナウィティ駅前でCPグループが開発している「ウィズドム・インスパイア101」の販売申し込みをヨシダ不動産で受け付けています。 場所はBTSの駅前ですでに完成しているオフィスブロックと大型商業モール「トゥルー・デジタルパーク」を含む駅前ニュータウン内になります。 1ベッドルーム、31・6平米からのサイズで価格は463万バーツからとなっています。 今年完成予定のこの物件は46階建て、554部屋の高層タワーコンドミニアムで、大型商業モール隣接で、普段の買い物や食事も便利。 モール内の一部の飲食店は24時間営業でプナウィティ駅からはスカイウォークで直結しているので、雨の日も濡れることなく移動できます。 建物の2階から5階は駐車場で、6階から42階が一般住戸、43階より上の階はデュプレックス、ペントハウスの住まいとなっています。 共益施設はG階にロビー、コワーキングスペース、会議室、屋外にガーデン、ジョギングトラック、子供の遊び場などを完備。6階には大型プール、フィットネジム、サウナ、キッズルームなどが入ります。 ...
新築コンドミニアムの販売

トンローの新ランドマークへ、サンシリィのモニュメント・トンロー

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、トンローの新ランドマークへ、サンシリィのモニュメント・トンローの記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー19」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー19」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー33」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブルビー33」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

チェンライで需要あり、国境に低層コンドミニアム

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、チェンライで需要あり、国境に低層コンドミニアムについての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

1千万~2千万!オフィス兼住まいのタウンホーム

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、1千万~2千万!オフィス兼住まいのタウンホームについての記事を紹介しています。
ヨシダ不動産

駅前プリセール物件「ウィズドム・インスパイア101」

  BTSプナウィティ駅前でCPグループが開発している「ウィズドム・インスパイア101」の販売申し込みをヨシダ不動産で受け付けています。 場所はBTSの駅前ですでに完成しているオフィスブロックと大型商業モール「トゥルー・デジタルパーク」を含む駅前ニュータウン内になります。 1ベッドルーム、31・6平米からのサイズで価格は463万バーツからとなっています。 今年完成予定のこの物件は46階建て、554部屋の高層タワーコンドミニアムで、大型商業モールが隣接しているので、普段の買い物や食事についても心配ありません。 モール内の一部の飲食店は24時間営業でプナウィティ駅からはスカイウォークで直結しているので、雨の日も濡れることなく移動できます。 建物の2階から5階は駐車場で、6階から42階が一般住戸、43階より上の階はデュプレックス、ペントハウスの住まいとなっています。 共益施設はG階にロビー、コワーキングスペース、会議室、屋外にガーデン、ジョギングトラック、子供の遊び場などを完備。6階には大型プール、フィットネジム、サウナ、...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ブイタラ スクムビット36」

    有名芸能人チョンプーをモデルに大々的にコマーシャルを打って、紹介していたので記憶に新しいですが、ほんの数ヵ月月前に全て完成し、賃貸もちょこちょこ出始めています。この物件がある通りは、ラマ4世通りからも入ることができて、スクムビット奇数ソイ側、特にトンロー方面に向かう時に使われます。将来的にトンロー通りにBTSが走る構想で、にわかにトンローの偶数側が、賑わい立っています。 その関連でコンドミニアムの建設も、活発になっているのですが、ここも少なからずその恩恵を受けるのでしょう。周りはまだ、ローカル感がありますが、24時間フィットネスなどが入っているモールや、その先のディスカウントストアなどは、ほんの近くで日々通われるのでしょう。こちらの物件内にもカフェが入店していますが、何故かしらこの通りはカフェが多く、カフェ通りと言っても良いくらいです。 今回のお部屋は、数少ない2ベッドでバスタブとシャワーブースが併設され、ゲストルームはシャワーのみですが、広さの割に贅沢なレイアウトではないでしょうか。ベランダは内と外の二枚扉で、外側は日除け的に考えられ、外さ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ダウンタウン49」

    時代の流れと共に、駐在員が住まいの対象にされるエリアが拡大しています。基本的にスクムビットのBTS沿線で、東にどんどん拡張されているのですが、日本人が住んでいるエリアは、駅から離れた所も徐々に対象になりつつあります。こちらの物件も、ソイ49の奥に入り駅からは離れていますが、静かです。ご自身の重要なランドマークとして、日本人向け病院や日系幼稚園等が大切なら、決して遠い場所とはならないと思われます。駅からは離れていますが、シャトルサービスが完備されているので、そこまで気にならないでしょう。 低層階物件の割にプールは広く、ジムマシーンも充実、ゴルフパットの練習場所も設けられ、今時のスタイルではないでしょうか。2棟それぞれに小さいですが、待合ロビーもあって、くつろげます。今時のコンドミニアムなので、1ベッド2ベッドとダウンサイジングな、お部屋も多くありますが、今回、少し珍しい、メゾネットタイプのお部屋が、出て参りましたのでご紹介いたします。2+1ベッドで118平米と、心地よい広さで、下がリビングダイニング、キッチンでリビングの天井が、2階分の吹き抜けで開放感が...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「プライムマンション スクムビット31」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「プライムマンション スクムビット31」について紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「D25 コンドミニアム トンロー」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「D25 コンドミニアム トンロー」について紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

今年は不動産売買が停滞へ?タウンホームは190万~250万

  タイの今年の不動産販売については、大手ディベロッパーのプルックサー社は、200万バーツ以下のタウンハウスなどの需要はあるとして、今年中ごろにはバーン・プルックサー・スクムビット・バンプーを販売開始する。 一方、野村不動産と組むオリジン・プロパティーは、新路線の駅近くなど、例えばグリーンラインなどで、190万バーツからのコンドミニアムを念頭に置いているという。学生や新卒で働き出した人など、1つ目の家を持ちたい人で、給料2万バーツから25000バーツほどで、頭金10%ほどなら、共同のローンでなく単独のローンが組めるとしている。 また、フージャースホールディングスと組むオールインスパイヤ社によると、一軒目の家を購入する人で、中間層を狙っており、200万バーツ以下のタウンホームなどを検討している。 こちらも学生や働き始めた人、家庭を持った人などがターゲットで、100万バーツのローンを組むときは1ヵ月4000バーツの返済などの層の需要は多いとしている。 そのほか、大手のサンシリィ社によると、今年はタイの不動産状況はよくないため、新規のプロジェクトは用...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブル プルンチット」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ノーブル プルンチット」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ヴィア ボターニ」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ヴィア ボターニ」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

中国人にリースホールド人気、海外送金なしで購入可能

都心のコンドミニアムの新規販売では、日本でいう定期借地権のような、リースホールドの物件に、中国、香港、シンガポールらの人たちの人気があり、ネクサス・プロパティー社によると、最近では都心では約4500室あり、そのうち、ランスアンやラチャダムリ周辺が67%を占めるという。 これは、王室財産局などの土地のため、30年ほどの期間で区切られているもので、タイ人には人気がないが、中華系の外国人には人気がある。その理由では、購入するのに海外からの送金をしなくても、タイ国内での預金等で購入できることだ。海外送金は中国人は簡単でないため、リースホールドが好まれており、また、タイ国内での銀行借入も70%までOKとなっており、所持金がなくても購入できるのは大きい。   2019年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->コンドミニアム売買の仲介業者トップ5選! ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
新築コンドミニアムの販売

豪華な内装が人気、1㎡5~10万バーツが相場

  新規に建設されたコンドミニアムは、都心では、豪華な内装を売りにして、価格も高値にしているものが多い。 また、購入した部屋のオーナーが、豪華な内装にお金をかける傾向もあり、特に1㎡当たり15~25万バーツほどの高額物件で、賃貸などに出すために内装を豪華にするケースが目立つ。 豪華な内装を手がけるクアトロデザイン社によると、豪華な内装での全体の事業規模は300億バーツほどとしており、1㎡当たり5万~10万バーツほどをかけて内装するオーナーが多いという。 プーケットなどで外国人オーナーの部屋では、賃貸に出すのを想定して、このような内装を施す人が多い。 また、バンコクでは新しい層として、新世代の30~35歳ほどのタイ人なども、自分が住む部屋などで、豪華な造りを検討する人も増えており、同社では今年の収入は50%増を見込んでいる。   2019年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ...
新築コンドミニアムの販売

新設駅前に209万バーツ!野村不動産と組むオリジン

  野村不動産と組むオリジンプロパティー社は、スクムビットのソイ24やトンローなどでコンドミニアムなどの高級物件を販売しているが、KNIGHTS BRIDGEのシリーズで提供しているのは、リーズナブルな物件。 都心では1000万バーツ以上があたりまえになったコンドミニアムの物件だが、郊外で、今後、駅前となる場所はまだまだ格安で、今回、同社から販売されるナイトブリッジ・スクムビットーテパラックは、新設されるMRTティパワン駅前0分でありながら、209万バーツからという格安物件。販売は3月17日からだが、こういう物件は販売初日に多くの予約が入る。 BTSサムローン駅からイエローラインに乗り換えて1つ目のティパワン駅の目前。テパラック通り沿いで、シーナカリン方面にも便利。車でならスワンナプーム空港まで20分ほど。パタヤー方面に行くのも便利。 サムローン駅がターミナル駅となるため、外国人の賃貸も今後、増えると予想されており、こういった人たちに賃貸で貸すのも有効な物件だ。 す でに現地でモデルルームなどを公開中。ホームページ  参照で。 2019年2月2...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ 02」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ 02」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ ディプロマット 39」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ ディプロマット 39」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

住友林業が45階建て着工、1部屋40㎡~、30万バーツ/㎡

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、住友林業が45階建て着工、1部屋40㎡~、30万バーツ/㎡についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「サラデーン ワン」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「サラデーン ワン」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

景気減速で中国人の購入の行方

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、景気減速で中国人の購入の行方についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

着々と進むMRTブルーライン延伸工事、タオプーン~ターブラ、ファランポーン~ラックソン 2020年の全線開業を目指す

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、着々と進むMRTブルーライン延伸工事、タオプーン~ターブラ、ファランポーン~ラックソン 2020年の全線開業を目指すについての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ・ネスト・スクムビット22」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規コンドミニアム「ザ・ネスト・スクムビット22」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「クイン スクムビット101」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規コンドミニアム「クイン スクムビット101」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

ミャンマー、カンボジア人もコンドミニアム購入

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ミャンマー、カンボジア人もコンドミニアム購入についての記事を紹介しています。
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第130回は、白倉様「アシュトンレジデンス41」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第130回、白倉様「アシュトンレジデンス41」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ザ ネスト スクムビット22」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規コンドミニアム「ザ ネスト スクムビット22」についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ハイド スクムビット11」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ハイド スクムビット11」についての記事を紹介しています。
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第129回は、依田様「アシュトンアソーク」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第129回、依田様「アシュトンアソーク」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「マルク スクムビット」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「マルク スクムビット」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの販売、地方都市は売れ残り苦戦

タイのバンコクでは、すでに一軒家やタウンハウスは郊外の物件が中心で、都心は新規の不動産売買はコンドミニアムが中心だ。 次々に路線ができて、大手ディベロッパーはこぞって、その駅のすぐそばの土地を買い、高層コンドミニアムを建設している。 そして、2010年ごろから、その流れは地方にも波及し、プーケットやパタヤ、チェンマイなどの都市以外の、中堅の地方都市でも、大手ディベロッパーがコンドミニアムの計画を打ち立てた。 タイの不動産コンサルティング会社によると、そういった計画のもと、建設された物件は、まだ売れ残っている状態のところが多く、バンコクのように次々にコンドミニアムが売れている状態ではない、としており、地方都市ではコンドミニアムは人気がないといった状況だ。 例えば、ウドンタニーでは、大手ディベロッパーがコンドミニアムを開発したが、まだ売れ残っている。一方、若い人や学生も多いコンケンでも、この4~5年で2050ユニットを販売しているが79%ほどが売れ、あとは売れずに残っている。 そのほか、ウドンタニーでも76%、ウボンラチャタニーでも...
新築コンドミニアムの販売

チェンマイではコンドー活況

  一方、タイ北部の都市、チェンマイについては、なお、コンドミニアム市場は需要があり、大手ディベロッパーのサンシリィ―社によると、同市でディーコンドーなど、5つのプロジェクトを行っており、事業規模は70億バーツほどで、中にはプリセールの段階でほぼ売り切っている物件もあるという。 タイの不動産コンサルティング会社によると、現在、チェンマイで出回っているコンドミニアムは7470ユニットほどで、72%が売れているという。1ユニット200~300万バーツほどが主体で、平均では1㎡当たり6~7万バーツとなっている。 大手の物件は少なく、地元の中小企企業のものが74%を占めている。 中国人の旅行者はチェンマイでも、ここ数ヵ月、減っているが、コンドミニアムの購入については、パタヤのような中国人購入の勢いはなく、タイ人の購入が主体だ。 チェンマイ市内の物件が4580ユニットにのぼっており、今後、同市内の路線などが計画実行されれば、駅に近い場所などでのコンドミニアム建設が加速されると思われる。  2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 -&gt...
新築コンドミニアムの販売

ソイ22-24のパークオリジンを販売中

  野村不動産と組んで不動産の開発を進めるオリジン・プロパティー社が勢いを増している。 日本人が多く住むBTSプロンポン駅周辺で、駅から500mのところにパーク・オリジン・プロンポンを完成させ、高層コンドミニアムが5棟という大型プロジェクトで、すでにフェーズ1が完成済みで、フェーズ2も完成したばかりの物件だ。 スクムビットのソイ22と24をまたぐ立地で、49階のフィットネスや50階のプールなど、ワンランク上の豪華な造りとなっている。 す でにエンポリアムのオープンスペースなどで、日本人向けなどにも販売しており、完成済みのフェーズ1では48階部分の27・32㎡で862万バーツ、42階部分の56・28㎡で1609万バーツ。 一方、フェーズ2では、34階部分の26・11㎡で873万バーツ、33階部分の53・40㎡で1784万バーツとなっており、3年前に売り出された当時は1㎡当たり175000バーツからだったが、現在では、1㎡当たり30万バーツほど以上の高級物件となっている。   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ヴィラ アソーク」

  遂にラチャダーピセーク通りを挟んだ向かいに、シンハーコンプレックスもオープンし、この地区の難点だった無商業施設が改善されました。コンプレックス内には日本食店を始め、カフェや雑貨店、スーパーもあるので、休日はここに涼みがてらのショッピングとなることでしょう。 10年以上タイにおられる方は、ご存知でしょうが、これが出来る前は、日本大使館とJICAが広い敷地に設けられ、日本人にはランドマークとして、長年記憶されてきました。   現在は新たなランドマークとして、シンハーコンプレックスがオープンし、この界隈の方に活用されて行くことでしょう。ヴィラ アソークは他にもいくつかあるグループで、良い立地に建築され展開されています。こちらも地下鉄駅まで2分と、驚きの近さもあって、オープン当初から、近くのオフィスビルにお勤めの方に、多くのお部屋をご紹介させて頂きました。今回ご紹介のお部屋は、人気の高いディプレックスで、窓側は2階まで吹き抜け、窓が大きく明るいのは日本人受けが良いでしょう。この物件の1ベッドは基本バスタブが設けられていませんが、ディプレックスで広い分、しっかりバスタブが...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ル コート トンロー」

  日本人が多く住み、タイ人富裕層が日常的に、飲食に来るエリアでもあるトンロー地区、その中心の一角にこちらの物件があるのですが、ソイ55には面していませんが、逆にそれが折良く、静かな場所にもかかわらず、便利なロケーションなのです。トンローソイ8の入り口に、商業施設8トンローモールがあり、地下に24時間営業のスーパーを始め、複数の飲食店が入店しています。同じ中に入った通りにも、アッパー層対象の飲食店が、一軒家として複数開業しているのです。 今回ご紹介のお部屋は、55平米の2ベッドで、2部屋あるので、寝室として使うも良し、書斎や子供部屋等の汎用性があり、単身者から小さなお子様の家族まで対象となります。低層物件が故、築浅で好立地でも、平米単価が13万バーツを切って、格安で提示されているのは、非常に貴重と言えます。天井は高さ制限内いっぱいで、致し方無いですが、床や壁が白く部屋も明るく、特に日本人好みではないでしょうか。貴重なバスタブも設けられ、ワンランク上のつくりになっています。 共有部分は全て小さく、待合も5〜6人待てる程度ですが、エレベーターホール前に、セキュ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第128回は、柳原様「PR Court」

スクムビット・ソイ49は、奥行きのあるソイです。入口付近は少数のレジデンスしかありませんが、半ばにあるクランクを過ぎた辺りからその数が増えていきます。フジスーパー4号店、ヴィラマーケットに加えてお洒落な飲食店、ブティック等もそのエリアにあり、多くの日本人のご家族が集中しています。トンロー方面に抜ける曲がり角には日本語病院として名高いサミティベート病院があり、この周辺と奥のエリアにも多くのレジデンスが並び、やはり多くの日本人が住んでいます。日本の飲食店が集まる日本村もこのエリアにあり、日系幼稚園、塾、習い事教室も多数点在しています。日本人の日常の足『シーロー』やタクシーも簡単に捕まります。今回はそんなソイ49のサミティベート病院を過ぎ、徒歩2分ほどの住宅街の中に位置する、2015年に完成した7階建ての築浅高級レジデンス、PRコートにお住まいの柳原様のお宅を拝見しました。 スクムビットのお屋敷街にある新築高級アパート バンコクに住み月日が経ってくると、自分に合ったライフスタイルがわかってくるところがあります。私にとってのアパートの必須条件は、買い物や食事に便利なこと、通勤やお客様の...
ヨシダ不動産

投げ売りでお買い得物件!「リズム・エカマイ」

  タイの上場大手ディベロッパーAP社と三菱地所による合弁プロジェクトである「リズムシリーズ」のお勧め販売物件をご紹介いたします。 場所はBTSエカマイ駅から徒歩3分で駅周辺にはゲートウェイ・エカマイや映画館の入ったショッピングモールが揃っており、スーパー・レストラン・フードコート・家具屋等が入居しており生活に便利な立地となっています。 プリセールでは全戸完売していますが、2019年の初旬までに全部屋が登記されてしまう関係上、転売目的だったオーナーの投げ売りのお部屋で大変お買い得となっています。 共益施設は、31階にチャオプラヤ川方面を望む屋外プールをはじめ、フィットネスジム、ガーデンテラス、ラウンジが完備されています。 未完成物件のため、諸税は物件価格の1%で済みます。 部屋タイプはスタジオタイプで30㎡、最低価格は600万バーツからとなります。 物件購入のお問い合わせは「ヨシダ不動産」までお気軽にどうぞ。   2018年11月20日 タイ自由ランド掲載 -> ヨシダ不動産のホームページ ...
新築コンドミニアムの販売

バンナーで40階建て建設へ、阪急阪神グループも参入

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、バンナーで40階建て建設へ、阪急阪神グループも参入についての記事を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムを購入するタイ人、21~30歳が38%、300~400万が32%

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、コンドミニアムを購入するタイ人、21~30歳が38%、300~400万が32%を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ モビ スクムビット 81」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「アイデオ モビ スクムビット 81」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ワイン スクムビット」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ワイン スクムビット」を紹介しています。
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第127回は、中條様「The Residence」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第127回、中條様「The Residence」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

中国人が投資でコンドー購入

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、中国人が投資でコンドー購入を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケア

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケアを紹介しています。
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回は、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ウォールデン スクムビット 39」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ウォールデン スクムビット 39」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「サイアミーズ エクスクルーシブ 42」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「サイアミーズ エクスクルーシブ 42」を紹介しています。
賃貸サービスアパート

オークションサイト2か月間掲載無料!

  タイ初の不動産オークションサイトを運営・管理している「あぱまん情報」のTWY社は、9月よりお客様の物件掲載を開始致しました。掲載費用は2か月間で1万バーツですが、特別キャンペーンとして、10月末までにお申し込みの方に限って、2か月間掲載無料といたします。 契約や登記手続きがわからないとか、手続きが面倒という方には、物件価格の1.5%の事務手数料で、TWY社が売主に代わって手続きを行うことも可能です。 オークションにご自分の物件を出してみたいという方は info@wwinauction.com に「掲載希望」と記載して送付していただければ、掲載書類をEメールで送付いたします。 2路線利用可能の豪華タワーコンドミニアム「ザ・アドレス・アソーク」25階 オークション入札中の「ザ・アドレス・アソーク」は、マッカサン駅に隣接する物件です。 2012年に竣工した45階建タワーコンドミニアムで、エアポートリンク・マッカサン駅と地下鉄MRTペッブリー駅の2路線が利用可能です。人気商業施設「ターミナル21」のあるアソーク駅までMRTで1駅、歩...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ビートニク」

  昔からタイに住んでおられる方は、よくご存じでしょうが、この物件の前は欧米人御用達の、レックス ホテルがあって、割りかし混んでいた記憶があります。時代と共に変わるのはどこの国も同じで、歴史は移り変わって行きます。 ここに新たな歴史としてSCアセットの最上級コンドミニアムが完成しつつあります。目の付け所はなかなかで、トンロー駅から150㍍、正面がソイ49で即北にも向かえるし、直ぐにUターンして東にも向かえるのです。200㍍以内にスーパーが2ヵ所、業務用の卸店やリサイクルショップなどが目立ちます。 エグゼクティブ仕様だけあって、ここ最近の傾向のサイズ感ではなく、ワンサイズ広く取っているのは評価できます。1ベッドの一部で、バスタブが無いタイプもありますが、ほとんど設けられ、タイプによっては、洗い場付きもあって、日本人受けは良さそうです。天井高も2・8㍍で圧迫感はなく、グレードが上がると、エアコンは埋め込み式になりますが、ダイキン社製になります。広さがある故、キッチンの作業面も広く、調理しやすく、見た目でわからない様に、冷蔵庫は家具と一体になっています。 全面明るめな色...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ライフ ラップラオ ザ バレー」

こちらのライフは、ライフ ラップラオと時間差で建築される、一大、ライフランドになります。内容から言って、ジ アドレスやリズムと同等レベルのものがありますが、お部屋の造りの関係で、ライフ仕様の位置づけとなっているのです。面白いのは、ライバルと言って過言ではない、メジャーのコンド、Mラップラオを取り囲む様に建築され、陣取りゲームなら、吸収されているところです。無理矢理取った敷地な為か、メイン通りのパホンヨーティンには直接出れず、ライフ ラップラオ側から出るか、パホンヨーティン・ソイ22から抜けて出る羽目になります。とは言ってもパホンヨーティン駅まで、200㍍くらいですし、セントラルラップラオや、テスコロータス、ユニオンモールも徒歩圏内と言えます。また、巨大なチャトゥチャック公園が一望出来、散歩がてらにふらつくには、もってこいの場所になります。部屋は28平米スタジオ、キッチン独立型とオープン型1ベッド35平米から、2ベッドは48平米からとなっています。遂にプールが3ヶ所になりました。屋上部にあるプールは、中々の物でフロアレイアウトを見ただけで、行ってみたい衝動にかられます。共有部分は...
新築コンドミニアムの販売

Ap+三菱地所レジデンス、ラマ9世に大型コンドミニアム

最近は日本の大手不動産会社と組み、開発を進めるタイのディベロッパーも多いが、大手のAP社は、日本の三菱地所レジデンスと組み、開発を進めており、MRT地下鉄のラマ9世駅から近い場所で、57億バーツの事業費で、1253ユニットにのぼる、40階建ての高層コンドミニアム「LIFE ASOKE HYPE」を建設する。日本スタイルとなるデザインで、この10月6~7日にプリセールが始まり、価格は289万バーツから。1㎡当たり135000バーツほどとなっている。ターゲットは、新ビジネス街となっている周辺で働く28~37歳ほどのビジネスマンやOLら。 タイの不動産コンサルティング会社によると、アソーク~ペッブリー~ラマ9世の周辺は新ビジネス街としてグレードAのオフィスビルも次々に登場しており、また住まいのコンドミニアムも建てられており、販売価格は平均で1㎡当たり175000~240000バーツ。83%を売却している状態だ。 リセールされても価格は年9%ほど上がっており、買った人は賃貸に出しており、周辺で働く台湾、シンガポール、香港、中国、日本人などの賃貸の需要も高いといい、202...
新築コンドミニアムの販売

シラチャーにコンドミニアム、ロビンソン向かいに建設中

  タイ東部経済回廊(EEC)の中心地として、日本人の就労者らが急激に増えているシラチャーで、特に東部での不動産開発で定評があるゴールデングループによると、昨年から販売したシラチャー市内のロビンソン向かいに建設している、38階建てのコンドミニアム「KEEN CENTRE SRIRACHA」は、すでに65%を販売しており、価格は310万バーツからで、タイ人の購入90%、外国人の購入10%となっており、完成後は日本人などに貸し出す人が多くなるだろうという。 シラチャー市内に住む日本人の就労者は8000人以上にのぼり、その家族を含めると1万~15000人が市内で暮らしているという。 不動産の価格も上がっており、さらに今後、スワンナプーム空港から30分でシラチャー駅まで行く高速鉄道が建設される予定で、ますます、発展が予想されている。       2018年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->シラチャの生活情報 ->パタヤ、シラチャのコンドミニアム売買 ->コンドミニアムの掲...
新築コンドミニアムの販売

大手シンハーの物件で大和ハウス工業も参入、複合施設スマートシティーを建設へ

  最近は不動産ディベロッパーとして次々に開発を行っているシンハービールのグループ会社、シンハーエステート社は、グループ企業のナバナダイイ社により、シーナカリンーロムクラオ通りの250ライでスマートシティーの開発を行っている。 すでに、その一部19ライを使って、一戸700万バーツからのタウンホームを予約受け付けし、173ユニットのうち85%を販売した。 続いて、2番目のプロジェクト「ナバナ・ビヨンド」を周辺の27ライを使い、高級一軒家85軒などを建設する。一戸当たり2000~5000万バーツとなり、事業費は26億バーツで、この事業は提携した大和ハウス工業も参入し、モダンなスタイルの一戸建てとなるとしており、この12月に販売開始する。 同地には、将来的には賃貸オフィスや商業センター、スポーツセンター、コンドミニアム、高齢者住宅などを建設予定で、また、エアポートレイルリンク、ラプラオーサムローンのイエローライン、タイ文化センターーミンブリーのオレンジラインにも近く、今後、急速に発展すると見られる地区で、すでに土地も急速に値上がりしており、他のディベロッパーな...
新築コンドミニアムの販売

1ベッドの物件が70%以上!価格は2百万~3百万バーツ

  タイの不動産情報センターによると、今年前半の住まいの販売については、タイ政府のプロジェクトや交通路線の工事などもあり、活況を呈しており、購入に関しての譲渡件数は昨年の30%増となっている。 プロジェクトの販売物件は56件にのぼり、そのうち、一番多いのがコンドミニアムの1ベッドルームで71.6%を占める。価格は200~300万バーツの物件が最も多い。 続いて、スタジオタイプが19.4%を占め、価格では100~200万バーツほど。3番目に多いのは、2ベッドルームの部屋で9%にのぼり、価格は300~500万バーツとなっている。 物件の販売場所については、一番人気のある地域はホワイクワンーチャトチャクーディンデーンの地区で、2番目はトンブリー側のBTSタクシンーバンワーの駅周辺と、フアランポーンーバンケーの現在工事中の路線沿線。 3番目に人気なのはバンスーードゥシット地区で、バンヤイータオプーンの路線とフアランポーンータオプーンの路線沿線。 続いて4番目に人気があるのが、サムットプラカン地区で、BTSの延長のサムローンーサムットプラカ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「モード スクムビット 61」

  低層物件でクオリティーの高い物件は少ないのですが、こちらの「モード  スクムビット 61」 は、おすすめに値する出来になっています。 床は明るめなフローリング、オープンキッチンで、全体を見渡せ作業面も広く、冷蔵庫容量も大きく、収納も多く取られ、程良い広さになっています。 今回ご紹介のお部屋は、2ベッドですが、1ベッドはベッドルームの仕切りがスライドし、収納出来る空間が広くなり、天井の低さを感じなくさせる効果があります。こちらも収納が多く、センスの良い部屋も多く、ベランダからの眺望が良ければ完璧です。 今回ご紹介のお部屋は、オーナー様の個性が強く出て、壁の色は紫や黄緑と派手ではありますが、新たな購入者様の色に染めるのも、楽しみの一つと考えれば気にならないでしょう。 2棟が向かい合った、真ん中にプールが設けられて、泳ぐには勇気が必要ですが、ダイエットは見られる事でより痩せられます。ジムは逆に奥に入り目立たなくなって、こっそりと鍛えましょう。 プールを見渡す様に待合が慎ましく設けられ、オープンに解放されています。 この物件は立地も素晴ら...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「プライブ バイ サンシリ」

  プルンチット駅の南側にルワムルディー通りとワイヤレス通りの二つが走っているのですが、この通りが交差するところに、今回ご紹介する「プライブ バイ サンシリ」があります。 この界隈は大使館通りとも言われ、日本大使館を始め、アメリカ大使館、ベトナム大使館、ニュージーランド大使館等が隣接しています。そう言った関係で、飲食店も国際色に富んだお店が多く、日本人が多く住んでいるエリアとは毛色が違って、外国生活が長い方にはこの界隈は、良い立地と言えるでしょう。 日本人はそこまで住んではいませんが、多くの日系企業はここにオフィスを構えるのが、ステータスになっています。ルンピニ公園も近いので、ジョギングが趣味な方にお勧めします。 こちらのお部屋は、1ベッドで54平米とわりと広く、バスタブとシャワーブースが分かれています。キッチン周りやバスルーム周りは、サンシリカラーで日本人には受けが良く、天井も高いので、より空間が広く感じます。リビングからの眺めは少し残念ですが、暑いタイなので日除けと思えば有難く感じられるかもしれません。 この時代辺りから、屋上ファシリティーが流行り...
新築コンドミニアムの販売

440億バーツの大規模事業、野村不動産と組むオリジン社

  大手の野村不動産と組んで勢いを増すオリジン・プロパティー社は、今年後半はミクスドユースの複合施設を3ヵ所で計画しており、パークオリジン・パヤタイ、パークオリジン・トンロー、パークオリジン・プロンポンの3ヵ所で、コンドミニアムでは合わせて2200ユニットを計画しており、220億バーツのプロジェクトになる。 そのほか、同じ敷地内でホテル、オフィス、商業センターを含め、事業規模は440億バーツという大規模なもの。 バンコクでは1人あたりのグリーンが少ないため、このプロジェクトでは1ユニットにつき1本の木々のスペースを設け、合わせて2200本の木々を合わせて設置するとしている。 すでに香港、シンガポール、日本、中国で宣伝をしており、外国人の購入を30~40%見込んでいるという。 敷地は1タランワー当たり100万バーツ以上で購入しているため、それぞれの部屋の販売価格は1平方メートル当たり25万バーツほどの物件になる、としている。   2018年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->バンコクの開発 ->タイのニュ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・サーティナイン・バイ・サンシリ」

  2018年、ソイ39の建築もひと段落ついて、今でこそ当たり前になって来ました、この辺りの平米単価30万バーツ、その先駆けとなったのが、このザ・サーティナインで販売当初は22万バーツ平均でしたが、今現在は30万バーツで推移しています。正直、今の時点では利回りは良いとは言えませんが、キャピタルゲインとインカムゲインを想定し、投資されるには良い物件と言えます。弊社の入居率85%保証も絡めば、投資としては安心でしょう。単価が上がる理由として、そこが住むのに便利が良いから、求められる方が多いから、必然的に上がって行くのです。駅に近く隣接して百貨店が有り、その中にスーパー、銀行、インターネットプロバイダー、日系書店、飲食店等入店し、通われる事も多いでしょう。銀行は週末も開いているので、曜日を気にせず向かえます。 今回お勧めする1ベッド55平米のお部屋は、こちらの物件では一番小さなサイズになるのですが、対象の入居者としては、単身、ご夫婦と対象も多く、投資としては紹介しやすい物件になります。基本内装のキッチンや、バス回りは受けの良いサンシリイズムで、特にこの物件は冷蔵庫と洗濯機が家具と...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第125回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  スクムビットのプライムロケーションと言えども、毎年のように新規のハイエンドコンドミニアムは市場に出回り、自ずと空室率は増加→賃貸競争激化の傾向は強まっています。この環境下では的確な投資物件選びが賃貸投資成功の生命線となります。 賃貸市場を理解しないで間違った物件を購入し、賃貸客が全くつかず窮している日本人物件オーナーは決して少なくありません。賃貸人気物件を正確に理解し、その将来性も見据えながら購入しないと必ずといっていいほど同様の憂き目に遭いますので、賃貸利回り投資を行う人は賃貸シェアがあり、且つ評判のいい不動産業者から正確な情報を得ることが大切で、その必要性は更に増しているものと思います。 僕のところにもそういった物件を抱えて相談に来る人が少なくありませんが、一度間違った物件を購入した後のリカバリーは非常に困難ですし、大きなコストの支払いを覚悟する必要があります。 冒頭でも書きましたが、日本人居住区の中心で賃貸投資に的確な物件を購入するには、平米単価は20万バーツ以上が相場となってきていますので、1ベッドルームでも10ミリオンバーツ(3500万円)以上の投...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・ライン スクムビット 71」

  ここ数年で急激に開発が進んだ、エリアの一つとしてプラカノンも上げられますが、駅の南側にスーパー併設のモールが完成し、北側にもあったスーパーと合わせ、2ヵ所となりました。駅近にコンドが複数棟建ち、それに合わせて寂れたタウンハウスが、洒落たバーや飲食店に様変わり、昔から住んでいる住人も、戸惑っている事でしょう。面白いのはプラカノン通りを挟んで、東と西でカラーが違い、より駅に近い西側は近代的な建築物や韓国料理店で占め、東側は市場などローカルなお店で占めています。これも数年でガラッと変わるのでしょうね。この物件からその歴史を見続ける事も出来ます。プラカノンはモーターウェイにアクセスしやすいこともあって、急激に日本人が増えた場所とも言えます。サンシリグループでも珍しく、屋上に行ける様、要所にソファーが置かれ、夕涼みや風を感じるために開放されています。 プールは駐車場の上に広く設けられ、ジムからも見えるレイアウトになっています。極端に広くはない、待合ロビーとライブラリー、待つには良い環境といえます。大半の部屋には洗濯機がありますが、ランドリールームを設けて、乾燥機は雨季に多く使われ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第124回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  本紙7月20日号の「お宅拝見」を読まれた方には、スクムビット地区、特にアソーク〜エカマイ間に駐在員の家族世帯を中心に多くの日本人が住んでいる事はおわかり頂けたかと思います。 弊社の不動産投資物件に関しても、プリセール物件の転売狙いでない限りは、この日本人居住区の物件を主に勧めております。ただし、アソーク〜エカマイはバンコク屈指のプライムロケーションでもあるため、日本人世帯に賃貸可能なハイエンド物件はどうしても平米単価20万バーツ〜となります。ですので、お客様の予算が見合わない場合は、プラカノン、オンヌットの駅近物件をお勧めする事にしております。 そ れは弊社の賃貸仲介がそのエリアに集中しており、日本人の賃貸付けができる、というシンプルな理由に基づいています。 過去にも何度か同じ事を書いておりますが、日本人テナントは、契約を守る、支払いが遅れない、綺麗に使う、要求が少ない、等々の理由で、タイ人を始めほぼ全ての物件オーナーに人気があります。 弊社では新規契約だけでも年間800件ほどの仲介実績があり、契約延長を含めると年間2000件以上の取り扱いが...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ミラージュ スクムビット 27」

  今現在、廃墟化した高層建造物が目の前にあり、このスクムビット・ソイ27と、この物件の価値を下げていますが、タイミング良くどこかが買い取ったのか、慌ただしく廃墟が高級建築物に変わる下準備が始まりました。完成すれば、この通りのイメージも上がり、間違いなくこの物件の価値も上がるでしょう。 このソイを通られたことが無い方も多いでしょうが、BTSアソーク駅まで徒歩7分で、スーパーとモールは4分程度の場所にあり、北のペッブリー通りに抜けられる裏道もあって穴場的存在として、弊社は紹介しています。  物件の戸数は大所帯ではない117戸なので、希少性が高いと言えます。この界隈にはこのクラスの物件が無く、希望の賃貸者も少なくありません。低層物件なので隣の建物で、眺望が遮られる部屋も多いのですが、このお部屋は視界も開けて、明るく、広さも一回り広い45平米と、日本人が希望される条件は満たしています。内装はシンプルなので、用途に応じて変えやすいと考えれば、良いかもしれません。戸数の少ない分プライベートではありますが、共有部分もコンパクトにまとめられているので、物足りなければ施工元に変わって、ご...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「リヴ@49」

  病院、スーパー徒歩圏内、というキーワードで探される通りの代表がスクムビットのソイ49になりますが、今回ご紹介する「リヴ@49」は、これら条件にあわせて駅も徒歩圏内で築浅と有って、根強い人気で今日まで来ています。今現時点でこの「好立地」「駅近」、「築浅」の3拍子が揃っているのは、こちらの物件のみです。  BTSトンロー駅まで徒歩圏内ですが、トゥクトゥクサービスも完備されているので、更にポイントが上がります。 そしてこの便利な通りには、人気に便乗して沢山の店舗が随時開業し、小さなモールもいくつもあります。 変わった所では、リサイクルショップ、家族風呂、魚屋、学習塾、日本風カフェ等があり、大変繁盛しています。 こちらの物件は2棟に分かれており、それぞれに共有設備が設けられ、この規模の割にはかなり充実した設備となっています。 B棟はサウナ、ジャグジー、屋上テラス、A棟はサイドが透けているプール、器具数の多いフィットネスジム、屋上テラスにはパットゴルフにバーベキュースペースが完備され、キッズルームとシネマルームも1階に完備されています。 ...
ヨシダ不動産

駐在員家賃平均予算、家族での赴任も増加傾向

  ここ数年、タイに赴任する駐在員は、企業の経費削減で単身者の割合が増え、プラカノンやオンヌットには、日本人単身者向けの食堂や居酒屋が集まっていますが、ヨシダ不動産によると、最近は家族を伴っての赴任も再び増えてきたそうです。 家族で住むとなると、やはり日本人が生活するには便利なスクムビット・エリアが圧倒的な人気で、実際、ヨシダ不動産のバンコク地区での賃貸仲介の90%以上が、スクムビットに集中しているとのことです。 アソーク周辺には、親が商社系でインター校へ通う子供を持つ家族が多く、日本人学校へ通う子供がいる家族は、トンローかプロンポンと、スクムビットの中でも、通学の利便性により、住むエリアが微妙に分かれているようです。 ヨシダ不動産が仲介する賃貸の顧客は、駐在員が9割ほど、残り1割がロングステイヤーと現地採用ということで、賃貸物件にはコンドミニアム、アパート、サービスアパートの3種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります  家族にはアパート人気があり、アパートは建物ひとつでワンオーナーなので、部屋のトラブルがあっても、対応が早いです。コンドミニア...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「パーク 24」の紹介

  ソイ24の注目コンド、広い敷地に4棟+ミニモール、2棟は既に完成し、少しずつではありますが、賃貸のお部屋も預けていただき、定期的にご紹介出来ています。  立地が良いのはもちろんで、2方向から向かえる物件は、人気が出ると言ったジンクスは健在で、他のエリアにある同等物件も日本人で溢れています。ソイ24とソイ22の広い敷地に建てられ、渋滞回避できるのはもちろんのこと、双方に名店、常用店があって、全て徒歩圏内です。敷地が広いのが特徴ですが、通常の物件は通りに面して建てられ、横に同じ高さの建造物が連なり、高層階でも視界が遮られるお部屋も多く、蚊が飛んで来ない程度の有難さしかありません。この物件は、それらの建造物を避けるように建てられ、北向きは特に視界が開け、遥か先のベンジャシリ公園まで見えてしまうのです。最上階にあるフィットネスは会員制と同じくらいの器具数があり、さらに無料のリングが設けられているのはここぐらいでしょう。プールは高層でこの長さは気合いを感じ、噴水で分けられた子供用プールやキッズルームは、家族も対象にされる要素を持ち合わせています。待合ロビーはそれぞれの棟にもありますが...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「リズムスクムビット 36ー38」の紹介

  物件名にも明記されている様に、こちらの物件はソイ36とソイ38双方から、向かうことが出来ます。双方から向かえる利点として、ソイ36はラマ4世通りからも入って来れるし、ソイ38はスクムビットからも来れ、渋滞回避のルートがいくつかあるのです。このエリアは今年に入り、コンドミニアム建築ラッシュで、将来的にはソイ24の様になる予感がします。それの先駆けとして、APグループが切り込み、良い立地を確保した様に見受けられ、タワーマンションとして目立っています。     周辺は下町情緒が残っていますが、新たな建築が完成するごとに洒落た店も増えている状況です。まだ周りに高層の建物が無く、眺望も開け、のどかな様子が伺えますが、北向きには直ぐそこに、トンロー駅が見え、駅が徒歩圏内だと理解出来るでしょう。こちらのリズムは定番の屋上プールではありませんが、屋上にフィットネスジムと展望スペースは設けられ、リズムの様式は継承されています。プールはコンド自身で囲い、外部から見えない様に工夫されています。今回のお部屋は広さは31平米と今時サイズですが、1ベッドとしてリビングと寝室は分かれています。眺...
新築コンドミニアムの販売

ラチャダーのコンドミニアムは中華系外国人が20%購入

  圧倒的な中国人観光客でタイは潤っており、また中国関連の企業も次々に進出している。その多くが、住居や会社でラマ9世やラチャダー周辺に集まっており、そのため、ディベロッパーは周辺でのコンドミニアム計画等を加速している。 スクムビット界隈に比べて手頃な価格のため、需要の多い周辺地区だが、不動産事業を手掛ける日本の、東証一部上場のフージャースホールディングと提携するオール・インスパイヤ・ディベロップメント社は、The Excelのラチャダー18をこの7月にプリセールで販売し、価格は179万バーツ~で、およそ90%の予約が入り、タイ人50%、外国人40%の予約で、そのうち中華系の台湾、香港、シンガポール、中国人で20%を占めるという。 特徴は、以前は賃貸していた中華系の人が、コンドミニアムを購入するようになり、最近は特に、タイに来る中国人のマネージャークラスやスタッフクラスのビジネスマンも購入するようになっているという。 中国系企業のOPPOやフアウェイなども同地区に集まっており、ますます、新都心として、中国人の活気が熱をおびるものと思われる。   2...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「クラフト プルンチット」の紹介

オフィス街の一等地、プルンチット駅も徒歩圏内、モーターウェイも乗りやすく、穴場的な場所とあって、新しい物件がここ数年立て続けに建築されています。 今現時点ではこの物件が最新となるのですが、限られた三角形の敷地に工夫が見受けられ、駅近の地の利を生かした2ヵ所の入り口が、この物件だけの利点となり、駅まで最短で行ける人専用の出入り口と、車両専用の入り口に分けられ、より快適に考えられています。限られた敷地ならではのターンテーブルリフトで、駐車場を地下に持って行きました。その甲斐あってか低層物件としては珍しく、90%駐車率を確保いたしました。規模が小さくなると、全体的に安っぽくなる傾向がありますが、その点も意識して創られ、車専用の待合ルームや、ロビーは2階も設け、ゲームルームとラウンジも兼ねています。2階までの吹き抜けた空間は広く、外向き一面をガラス張りで、デコレートされたデッドスペースの敷地を、うまく活用され癒し空間として見させられています。屋上に設けられたプールは、7階のフィットネスジムから上がるのですが、上がった瞬間プールの中に出てしまい、いかに突飛な工夫と広さのプールか眼を見張るとこ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「エクセル スクムビット」の紹介

  ソイ71とソイ77のハビットモール脇に毎年の様にコンドの建築ラッシュが続き、今年にはバンコクPREPインターナショナルスクールもオープンしそうで、逆にこれが完成するにあたり、いくつも建築されたと、勘ぐってしまうぐらい、何物件も完成建築中です。インターの近くは某デベロッパーが占めてしまい、ご紹介物件はモーターウェイを挟んだ向かいに建築されています。 最近はハビットモールに向かうのにスクムビットをプラカノンからオンヌットへ行く途中、左折してモーターウェイに乗ると見せかけて、Uターンする箇所があるのですが、そのUターン箇所から少し中に入れば、ここに着くのです。 将来性の高いモーターウェイ入り口に近く、賃貸にも居住にも適していると言えます。3棟で構成され、それぞれが重ならない様、扇状に広がり8階建でも、視界を遮らない工夫が凝らされているのです。入口脇にはハビットに対抗してか、プチモールも建築予定で、住居者メインの行きつけになるのは確定しています。このモールと合わせて造られるクラブハウスには最近目にする、サンドバックも置かれる予定です。クラブハウスと同等の長さのプールも...