パタヤの生活情報

ウタパオ空港

あぱまん情報2019年3月5日掲載

あぱまん情報のバンコク都市開発研究所は、東部経済回廊(EEC)(注01)内にあるウタパオ空港周辺の開発の現地調査を実施した。 ウタパオ空港では、ボーイングとエアバスがタイ航空と共同で、航空機の修理・メンテナンス事業等空港整備(...
パタヤの賃貸マンション

パタヤで買い物エリアにある超、便利な物件、賃貸お勧めコンドミニアム自社管理物件11ユニット

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、パタヤで買い物エリアにある超、便利な物件、賃貸お勧めコンドミニアム自社管理物件11ユニットを紹介しています。
パタヤの賃貸マンション

ノースポイント コンドミニアム、管理物件5ユニット『賃貸/リセール』

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、SKみずほ不動産によるノースポイント コンドミニアム、管理物件5ユニット『賃貸/リセール』についての記事を紹介しています。
パタヤのコンドミニアム売買

パタヤのコンドミニアム販売、平均118,510バーツ/㎡

  一時期、パタヤのコンドミニアムの販売で供給過剰の状態だったが、不動産コンサルティング会社によると、今年1~9月の新規コンドミニアム販売では、ジョムティエンが3100ユニット販売されており、全体で62%の販売となっている。 人...
パタヤの賃貸マンション

パタヤで投資用コンドミニアムなら「SKみずほ不動産」へご相談下さい。

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、パタヤで投資用コンドミニアムなら「SKみずほ不動産」を紹介しています。
レジャー

今、パタヤで人気の観光地

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、今、パタヤで人気の観光地を紹介しています。
パタヤの賃貸マンション

パタヤのSKみずほ不動産、今月の推奨販売物件

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、パタヤのSKみずほ不動産の今月の推奨販売物件を紹介しています。
パタヤの賃貸マンション

パタヤの不動産なら「パタヤナビ不動産」

  タイ政府発行の旅行業ライセンスを持つ正規旅行会社パタヤナビツアーの不動産部門である「パタヤナビ不動産」は、賃貸から売買までパタヤの優良な物件を日本人のお客様にご紹介しています。 バンコク中心部やスワンナプーム空港からのアクセ...
ニュース

パタヤに19日オープン、お待ちかねのターミナル21

  パタヤの新しいランドマークに!と、ターミナル21・パタヤが10月19日にオープンする。北パタヤのロータリー近くで、33ライの敷地で6階建て、延床は18万㎡にのぼり、投資額は60億バーツの大型プロジェクトだ。 グランドセンター...
パタヤの賃貸マンション

『エッジ・セントラル・パタヤ』パート2

  《プレセール結果》 注目を集める中5月中旬にプレセールが行われました。 大方の予想通り外国人名義ユニットのほとんどは既に不動産関係者、主に中国・香港系資本に購入されており個人投資家の方にはほぼ購入の余地はなかった状況の...
パタヤの賃貸マンション

パタヤ現地不動産屋 SKみずほ不動産 から見た話題の物件『エッジ・セントラル・パタヤ』パート1

タイの大手デベロッパーであるサンシリ社によるパタヤでの物件であり「ザ・ベース・セントラルパタヤ」のすぐ隣に建設スタートしプレセールが今年5月に行われ、各国の人々から注目を集めパタヤの大きな話題となりました。 《物件概要》 敷...
パタヤの賃貸マンション

パタヤ・ジョムティエン地区の賃貸、売買の「パタヤナビ不動産」

  タイ政府発行の旅行業ライセンスを持つ正規旅行会社パタヤナビツアーの不動産部門である「パタヤナビ不動産」は、賃貸から売買までパタヤの優良な物件を日本人のお客様にご紹介しています。 バンコク中心部やスワンナプーム空港からのアクセ...
パタヤの賃貸マンション

パタヤの住まいなら「パタヤナビツアー不動産」へ

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっていま...
パタヤのコンドミニアム売買

パタヤで1万戸売れ残り、コンドミニアム市場は停滞

  EECの経済効果を期待するタイ東部地区だが、その中でチョンブリー県のパタヤはすでに世界的な観光都市でもあり、外国人観光客が多く避暑にやって来ている。 また、バンコクに住むタイ人にとっても、一番近いリゾート地として、パタヤ...
パタヤの賃貸マンション

パタヤの住まい探しなら「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっていま...
パタヤの賃貸マンション

パタヤ・シラチャの不動産なら「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤやシラチャの住まい探しなら「パタヤナビツアー不動産」へお任せ下さい。 パタヤに多いコンドミニアムでも入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパー...
ニュース

パタヤ~サタヒップ~チャーン島のフェリー開始へ

  8月18~19日にかけて、フェリーによるパタヤ―サタヒップ―チャーン島の就航が試験的に行われ、9月より正式にオープンする見込み。 現在、タイではパタヤ―ホアヒン間をフェリーで毎日行き来しており、ロイヤルパッセンジャーライナー...
パタヤのコンドミニアム売買

パタヤでコンドミニアム停滞で、バンサレーの物件は30%販売

パタヤのコンドミニアム市場は停滞しているが、パタヤ、ジョムティエンからさらに先の、バンサレーで外国人向けに開発しているのがサンプレー社。 50歳以上で、定年退職した欧米人などをターゲットとして、157ライの敷地で、フェーズ1か...
パタヤの賃貸マンション

パタヤの賃貸情報なら「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式とな...
タイのニュース

パタヤで景気回復?コンドミニアムの販売が活発に

バンコクから一番近い避暑地パタヤでの、新規コンドミニアムの売買については、大手開発のサンシリィ社によると、シービューの物件は徐々に売買が活発になってきており、オンアマートでの販売も活発になっているという。 1㎡当たり95000バー...
タイのニュース

パタヤ市内に電車を!

スワンナプーム空港から車で1時間ほどあれば行けるパタヤ。ウタパオ空港の利用も解禁となり、今後は中国人観光客などがダイレクトでパタヤに向かうことも多くなる。 パタヤは以前の歓楽の街のイメージから変貌を遂げ、家族でも楽しめる街へ...
タイのニュース

中国人の勢いが再びパタヤに!

パタヤでは現在、ジョムティエンビーチの道路を整備しており、観光客が急増しているビーチを見栄えよくしている。浜辺に茂っていた木々もざっくり切り落とし、歩道が整備されている。 激減したといわれる中国人観光客だが、パタヤの週末の状況...
パタヤの生活情報

パタヤのジョムティエンにできた食べ放題「ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェ」

海といえば、タイの近場リゾート、パタヤーだが、そのとなりのビーチがジョムティエンビーチ。最近はバンコクからタイ人がどっと押し寄せ、また、中国人の観光バスも大挙やって来て、週末や連休などはシービューのレストランはメチャ混みの状態となっている。...
パタヤの生活情報

パタヤの入り口のシーフード・タイレストラン「ジェージュック」で海を見ながらシーフード!

海辺のレストランというと、パタヤやジョムティエンに多いが、わざわざジョムティエンまで行かなくても、パタヤの入り口にもこんな店がありました! 「JE JUK」というシーフード・タイレストラン。スクムビット通り沿いでハイウェイに向かう別れ道の...
タイ関連コラム

チョンブリー、パタヤで、車で回るオープンズー

チョンブリー~パタヤにかけては、なぜか動物園らしきものが多くあり、シラチャのタイガーズーやパタヤのさる育成センター、象のトレッキングセンター、ひつじファームなど。そしてなんといってもはずせないのは、カオキアオのオープンズー。やはり、一度は...
タイ関連コラム

パタヤでシーフードという時には「プリチャー・シーフード」

パタヤでシーフード、というとグーグルで検索すると、上位に出てくるのが「プリチャー・シーフード」という店。パタヤからさらにジョムティエンを通り越してたどりつく店で、今回、さっそく行ってみることにしました。 車で行く場合、場所は非常にわかり...
パタヤの生活情報

パタヤで最も眺めのよいレストラン?「リンパラピン(Rimpa lapin)」

パタヤのジョムティエン地区で、シービューの眺めのよいレストランをあげるとすると、「リンパラピン(Rimpa lapin)」でしょうか。 ジョムティエンを過ぎてスクムビットを車で走り、MIMOSAを過ぎて、アンバサダーホテルを過ぎて、さらに...
パタヤの生活情報

ジョムティエンのグレータ・ファームGreta Farmは子どもも遊べて自然がいっぱい

パタヤに車で来て、足を延ばしてジョムティエンまで行くと、子どもたちも楽しめる「グレータ・ファーム」があります。 あまり紹介されていませんが、ソイの中に入って線路を渡ってすぐにあります。駐車場に停めてファームの中に入ると、あまり人はいません...
タイ関連コラム

パタヤのジョムティエンで至福の時間

パタヤのビーチ沿いで食事といっても、なかなか車を停めるのも難しくて、よい場所を見つけるのは困難だけど、ちょっと足を伸ばしてジョムティエンまで行くと、結構、クオリティーの高いシーフード店が点在するのだ。 ジョムティエンのビーチ沿いを一番奥ま...
パタヤの生活情報

人気のジョムティエンの食べ放題は1人399バーツで生きたままのエビ、カニ、シャコが食べ放題

生きたエビ、カニ、そしてシャコがどんどん並べられ、次々に取られていく。簡易のテーブルの上で思い思いに焼く。皿の上は食べたあとの殻でいっぱいだ。 シャコを初めて食べたタイ人も多いかも知れない。エビよりも身がやわらかく食べやすい。甘みもあり、...
タイ関連コラム

パタヤで今どき、レジ係で給料10550バーツ

先日、パタヤのビッグCに行くと、従業員の募集をしており、  ・パタヤの全店で募集 キャッシャー、ストア、生鮮部門 給料9000バーツ 福利厚生 ・食事代 1ヵ月550バーツ ・残業代、社会保障、事故保険 ・ユニフ...
パブ、バー

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。...
パタヤの生活情報

かなり退屈だったティファニーショー

「ティファニーショー」というのをご存知でしょうか。いわゆるタイ人のニューハーフのショーですが、バンコクにも何ヵ所か見られるところはあるのですが、今回はパタヤで初めてこのショーを見ることにしました。前売りのチケットを買う...
パタヤの生活情報

ビザも免許もパタヤなら簡単

●大好評オールパタヤのビザ取得! タイに中期長期で住まわれる方は必ず取らなければならないビザ。移住は決めたけどビザは取れるのだろうか? 無犯罪証明書? 聞きなれない言葉が沢山出てきて心配。大丈夫です、パスポートだけお持ちください、他は...
タイ関連コラム

ねっとりネバネバのパッタイでしょうか

普段食べている料理が、変わった風に出されることはあまりないが、この写真のパッタイ(タイ風焼きそば)は、ちょっと変わった風の装いでした。 ねっとりしていて、持ち上げるといろいろひっついてくるような。ねっとりネバネバ・パ...
パタヤの生活情報

パタヤの奥ののどかなバンセレーに注目

パタヤ、ジョムティエンに次ぐ第3のビーチ「バンセレー」には、何店かシーフード料理店が並んでいるが、掘っ立て小屋のようなところに看板が上がっている「ベン・シーフード」。道路沿いに駐車して、店のある側とは反対の砂浜に降り、そこ...
パタヤの生活情報

中華系タイシーフードの王道、パタヤ・ジョムティエンの端の「プーペン ปูเป็น」

南パタヤから少し入った、ジョムティエンビーチも最近は外国人が増えています。この地域にもいろいろなお店が出来ていますが、タイ人に有名なタイ・シーフードの店というと「プーペン」。ジョムティエンに来たら一度はプーペンで食べる、というくらいタイ人...
パタヤの生活情報

「モンキー・アイランド」も近いパタヤ・バンセレーのビーチがお勧め!

パタヤのビーチはすでに人でいっぱい。今ではジョムティエンビーチも土、日曜日は混み混み。以前は人がまばらだったのがうそのように、ドッとバンコクから人が押し寄せています。 さらに、デモもようやく鎮静化の気配で、中国からのツアー客...
パタヤの生活情報

パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアー

「クラブタイランド」パタヤ店では、パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアーのサービスを開始しました! 野生の猿が暮らすモンキーアイランド(Koh Ped)に、定員16名の豪華スピードボートで行くデラックスなツアーです。サメ...
パタヤの生活情報

オカマショーが見応えあるテーマパーク「MIMOSA」

パタヤからさらに少し行ったジョムティエン地区にある「MIMOSA」。テーマパークっぽい感じですが、手前にあるパタヤ水上マーケットよりは小さい規模で、駐車場は大通り沿いはいっぱいで、通りから少し入ったところに大きな駐車場があります。...
タイ関連コラム

パタヤのジョムティエンで海が見えるコンドミニアムの部屋を購入!

バンコクの街がこんな状態の時は、やはり近場のリゾートに行くのが一番よい。 といえば、やはり「パタヤ」。青い海が広がり、バンコクの喧騒を離れてゆっくりするのに最適。 そんなパタヤには今まで、新規コンドミニアムの計画が次々...