Tag Archives: Twinkle

名称未設定-5

こんにちは、愛犬飼育管理士の山内です。毎日夕刻に雨が降り、お散歩できずにワンちゃんのストレスが溜まっていませんか?

お散歩は運動不足解消が本来の目的でなく、嗅覚主体のワンちゃんにとって、いろんな匂いが嗅げることが、最も嬉しいことなんです。特に犬同士の匂いを嗅げることは最高! 視覚主体の人間が海外旅行に行きリフレッシュすることと同じなんです。ご存じでしたか?

トウィンクルは、インドアドッグランは悪天候も関係なし、いつも小さな笑顔でいっぱいです。宿泊だけでなく、デイケアだけ来る常連さんもたくさんいますよ。親友や片思い等いろんなドラマもございます。

さて、今回は、お散歩の目的同様に、よく皆様が誤解されている事柄に関してお答えしたいと思います。

名称未設定-4

① 飲み水は水道水で良い?
これは日本では、イエス。タイではノーです。タイの水は硬水のため尿石症になるリスクが高いです。購入した水でミネラル分の低い水を与えてください。高価なエビアンなどは逆効果。

②犬の適切な体温は何度?危険な体温は何度?
常夏のタイでは、熱中症で気を使わなければなりません。特に外出中に熱中症で亡くなる事例は多数ございます。犬の健康時の体温は、38か39度です。危険な体温は41度です。人間の体温計を使う場合は、お尻の穴に入れて計ります。外出時にエアコンなしの場合は、最低でも扇風機をご準備ください。

③犬と暮らす赤ちゃんは病気にかかりにくい?
その昔、赤ちゃんが生まれたら馬小屋に連れて行けと言われてましたが近所に馬小屋もなく衛生面でどうか?と心配ですね。近年、フィンランドの大学病院で乳幼児397人を対象に実験した結果、ワンちゃんと暮らす赤ちゃんは、アトピーやぜんそく、花粉症等のアレルギーにかかるリスクが低下するというデータが医学的に検証されています。

何かご質問がございましたらお気軽にご来店ください。

トウィンクルでは快適かつ適切な環境で、大切なワンちゃんをお預かりいたします。元気に走り回っても足に負担の少ない床材、オゾン水による殺菌洗浄、お友達作り通してのしつけ等、日々改善活動に取り組んでおります。

また、専属ブリーダーによる健康な子犬紹介、狂犬病抗体検査から帰国サービスまで一般的なペットショップとは異なるサービスも提供しております。

トウィンクル所有のペット可住宅物件も200室を超えました。こちらもお気軽にお問い合わせください。大手日系不動産会社にも卸しておりますが、直接問い合わせいただければ、卸価格でご提供します。お気軽にご相談ください。


10月のペット可特選物件情報

 

①大型犬をお持ちの方必見!トンロー奇数側、ドッグラン付き築浅物件 2ベッド5500B

②アリーナ10まで徒歩圏内!できたて新築アパート ワンルーム16000B、2ベッド40000B

③エカマイ高級住宅地区  新築アパートが、プロモーション中広めの2ベッドが59000B

④単身者、ご夫婦もゆったり豪華新築 大幅値引き1ベッド55平米新築が、35000Bから

⑤ソイ31レストランに囲まれた築浅モダンなお部屋が2ベッド55000B

⑥新築モダンデザイン文句なし3ベッド 90000B

⑦トンロー奇数エリア、キュートなお部屋2ベッド120平米65000B

⑧トンロー駅まで徒歩圏内、新築コンドミニアムが、2ベッド75000Bから

⑨ 愛犬家超人気No1物件 Aguston 1、2、3ベッド&PH空き予定あり。
ご予約必須! 30000Bから35000Bまで

⑩便利がよく愛犬家に超人気フラトン 3ベッド 空きでました!

⑪シーロム地区にも最新のコンド完成! マックスバリュも徒歩2分 45000Bから120000B。

 

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> TwinkleのFacebook

-> 日本人向けペット、ペットショップ、子犬の情報

 

名称未設定-3


 

->Twinkleの情報

->ペットショップの情報

 

 

ワンコ目線から考えたトイレの話

こんにちは、愛犬飼育管理士の山内です。年々、子犬の問い合わせが増加しており、先月は多数の『トウィンクル犬』が、素敵な家族の一員として迎えて頂きました。
 

しつけの第一歩は、何を差し置いてでもトイレ!今回は、トイレトレーニングをする前に、ワンコの目線で、トイレに関してお話ししたいと思います。

トイレの失敗は、問題行動ではない!

まず、犬の困った行動を[問題行動]と呼んだりしますが、これは人間にとって問題になる行動であり、犬に取っては正常な行動である事は少なくない事を理解してください。
 

犬がトイレ以外の場所で排泄することを[粗相]と考える飼い主が多いと思いますが、犬はきれい好きのため、寝床では排泄をしない習性はありますが、犬は一カ所で排泄する習性はない動物なのです。

マーキングも縄張りを守って暮らす犬にとっては、ごく普通の行為ですし、強い恐怖や喜び、不安を感じたときにお漏らしする行為も自然な現象です。
 

人間は、犬がトイレを失敗した場合、叱ろうとしますが、犬にとっては失敗と考えてないのです。この点をまず理解してトイレトレーニングに取り組む事が重要です。
 

トイレトレーニングは、多数の指導方法がございますが、何よりも早く取り組む事、習性になるまで続ける事が重要です。1歳を超えると10倍の労力が必要とも言われています。ワンコの目線で考え、根気よく教え、失敗させない事が秘訣です。
 

トウィンクルでは、欧米では法律で禁止されている子犬の店頭販売は行っておりません。子犬の健康面、精神面を第一に考えた、お見合い形式を取っており、犬の社会期である生後3か月は、親兄弟と過ごさせ、ワクチン接種と健康チェックを経て、健康な子犬たちご紹介しております。
 

また、引き渡しの際には、無料でトイレトレーニングを行っております。トイレのしつけは、生後4~7か月が良いと言われております。

トウィンクル犬の自慢は、皆トイレが完璧に出来る事です。これからもトイレばっちり!家族に愛される子犬たちを送り出していきたいと思います。
 

当店では、専属ブリーダーの子犬のみご提供してるため、数もとても少なく犬種も限られております。
 

他店やブリーダーで子犬を購入され方々も遠慮なくご来店ご相談ください。トイレのしつけだけでなく、予防接種、抗体検査、帰国準備などお教えいたします。トイレは、愛される家族の一員としての第一歩!家族皆で、協力して教えてあげてくださいね。

名称未設定-19

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> TwinkleのFacebook

-> 日本人向けペット、ペットショップ、子犬の情報

 

 Twinkleの広告


 

->トウィンクルの情報

->Twinkleの情報

->ペットショップの情報

 

 

 

帰国の際の検疫検査もスムーズに『トウィンクル』にお任せ下さい

こんにちは。インターナショナルプロフェッショナルグルーマーのモナです。

今回は、私が実際にお客様を検疫にお連れした様子をリポートいたします。お客様は黒猫のFちゃん。さて、さて、問題なく検疫が終わるでしょうか?

ここ、スワナプーム空港の検疫所は日本の検疫所と違い、わんちゃんや猫ちゃん、そしてオーナー様や業者の方々で狭い事務所が大変なことになっています。

この日、私たちのFちゃんが受付でいただいた番号は15番でした。ただ、銀行などで渡される番号とは違い、14人待てば自分の番ということではなく、受けつけられた人の15番目に処理をする、という意味です。というのは、受付された方の中に業者さんがいらっしゃれば数匹分、また多頭飼いのオーナー様がいらっしゃればさらに数匹分が加算されFちゃんの審査は20匹目かもしれないし、30匹目の可能性もあるわけです。

このような状況の中、早速問題が起きました。私達の前には11匹の犬を輸出する業者の方(12番)、そして手続きがよくわかっていらっしゃらないイタリア人の方(13番)が揉めています。業者の方はアジアの各国にわんちゃんを輸出するらしく書類の審査にかなりの時間がかかっています。また、イタリア人のご夫婦は、用意している書類に不備があることに加え、犬の出国を許可できないと言われているのに何とかしようと長い間、係の方と話しています。この状態で2名しかいない担当者がまるで専属の係りの様につきっきりで対応しているのです。

そして待つこと1時間半。担当者の方は業者の方に11匹分の書類の訂正を手伝ったり確認作業をしているもののまだ終わりません。一方のイタリア人の方は、なんとか自分のわんちゃんと一緒に出国しようと交渉をし続け、そのうちになんと夫婦喧嘩まで始めてしまいました。このような状況では朝から一緒に検疫に来てくださっているお客様とFちゃんに申し訳なく思い、お付き合いが長い検疫担当者に、先にトウィンクルのお客様の書類審査をしてくれないか申し出てみました。すると、いつも書類の準備が良いので待っている方々が了承すれば先に審査をしてくれると言うのです。

これは日頃の努力のおかげ!だとばかりに待合室の皆様に「私の用意した資料は完璧です。審査に時間はかかりません。どうか先に審査させてください!」と訴えると、その場の皆さま、「どうぞ〜」と半ばなげやりに許可してくださいました。果たして実際にかかった時間は2、3分。「ジャパーン、マイミーパンハー(問題ないですよー)」ということで、早々とFちゃんを連れて涼しい休憩所へ移動することができました。

午後の検疫の手続きは、書類審査が終わった後に、タイを出国する許可証などを受けとることになります。私達はお昼ご飯を済ませてからその書類を受け取りに行きました。すると、まだイタリア人の方の対応で作業がはかどっていません。さすがにFちゃんのオーナー様も呆れて、日本では考えられないですね、と驚いていました。

その後、3時まで書類の受け取りを待っていたのですが、担当者に様子を聞くと、検疫が閉まる4時半までに渡せるかどうかわからない、というのです。そこで、これ以上お引っ越し前のお忙しいお客様をお待たせすることはできないので、その日はお客様とFちゃんをご自宅に送り届け、翌日にスタッフが書類を受け取りに来くることにしました。

その後、Fちゃんは問題なく日本に入国し、オーナー様からも感謝のお言葉を頂いております。

トウィンクルは長年の経験とタイの検疫担当者とのお付き合いで、思いがけない検疫でのトラブルを回避し、お客様とそのご家族が無事に日本に帰れるように努力しております。

また、検疫の後はオーナー様のご自宅まで送り届けておりますので、今回のように時間がかかってしまった場合でもわんちゃんや猫ちゃんにも負担が少ないと思います。

ご帰国が予想される場合、または急にご帰国が決まった場合でも是非Twinkle(トウィンクル)にお任せください。

 

2016年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> TwinkleのFacebook

-> 日本人向けペット、ペットショップ、子犬の情報

 

Twinkleの広告


 

->トウィンクルの情報

->Twinkleの情報

->ペットショップの情報