インパクト

タイのバンコクで、ムアントンタニーのインパクトでの催し、イベントの情報を紹介します。

ニュース

高架路線建設中のケーラーイ~ミンブリーで、インパクトにも延長

バンコク都によると、イタリアンタイ社が建設を請け負っている高架路線、グリーンラインの建設については69%の進捗状況で、2020年にはオープンを目ざしている。 グリーンラインは、モーチット~サパンマイ~クーコットを結ぶ路線で、その間に16駅が建設される。 一方、現在建設中のピンクライン、ケーラーイ~ミンブリーについては、タイ国鉄道によると、チェンワッタナ通りのシリラット駅からムアントンタニーのインパクトに伸びる延長路線が了承されたとしており、本線とは別にモノレールにより、2駅が建設されるとしている。これはインパクトの催しなどに出かける人向けや、インパクトの周辺に住む住民らのための路線で有効という。 なお、本線については予定通り、2021年の完成見込みとなっている。     2018年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->交通網の整備 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報  
タイのニュース

インパクトにゴーカート!高架路線の駅も設置へ

交通網の計画路線で、ケーラーイからミンブリーの間のチェンワッタナ通りで、イミグレーションにも近いところから北への分線を検討中だが、これは、ムアントンタニーのインパクトへの足を確保しようというもの。 インパクトといえば、世界的なミュージシャンのコンサートや、大規模な催し会場として、在タイの日本人でも行ったことのある人は多いだろう。車で行くなら高速に上がってそれほど時間はかからないが、もし路線整備ができれば、BTSのモーチット駅から現在工事中の路線でチェンワッタナーのラクシー駅まで行き、そこで計画路線のケーラーイ~ミンブリーに乗り換え、インパクトまで行く、というようなことができる。 ところで、このインパクトなどを運営するバンコクランド社によると、周辺の整備で今後56億9000万バーツを投じるとしており、外国人のツーリストなども楽しめるエンターテイメント性のある施設などを盛り込みたいとしている。 まず、587室のアイビスホテルインパクトを10億バーツで建設する。そのほか、4階建ての商業施設。さらに世界基準のゴーカートが楽しめるインパクト・スピード・パークを...