新規コンドミニアム

新築コンドミニアムの販売

中国人が投資でコンドー購入

不動産コンサルティング会社のモダンプロパティー社によると、タイ人に代わって今では中国人がタイの不動産投資で目立っており、購入するのは、コンドミニアムの35~60㎡ほどの部屋で、場所ではスクムビットやラチャダーピセックが多いという。 ...
新築コンドミニアムの販売

信和不動産のコンドミニアム、完成後は日本語でケア

  日本から次々と大手不動産会社がタイに進出し、タイのディベロッパーと組み、コンドミニアムの建設などを手がけているが、大阪の中堅企業、信和不動産もタイで信和リアルエステート社を設立し、タイのウォララック・プロパティー社と組み、日本人が多く...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回は、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ウォールデン スクムビット 39」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「ウォールデン スクムビット 39」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「サイアミーズ エクスクルーシブ 42」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、すずき不動産の新規のコンドミニアム「サイアミーズ エクスクルーシブ 42」を紹介しています。
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ビートニク」

  昔からタイに住んでおられる方は、よくご存じでしょうが、この物件の前は欧米人御用達の、レックス ホテルがあって、割りかし混んでいた記憶があります。時代と共に変わるのはどこの国も同じで、歴史は移り変わって行きます。 ここに新たな歴史として...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の新規のコンドミニアム「ライフ ラップラオ ザ バレー」

こちらのライフは、ライフ ラップラオと時間差で建築される、一大、ライフランドになります。内容から言って、ジ アドレスやリズムと同等レベルのものがありますが、お部屋の造りの関係で、ライフ仕様の位置づけとなっているのです。面白いのは、ラ...
新築コンドミニアムの販売

Ap+三菱地所レジデンス、ラマ9世に大型コンドミニアム

最近は日本の大手不動産会社と組み、開発を進めるタイのディベロッパーも多いが、大手のAP社は、日本の三菱地所レジデンスと組み、開発を進めており、MRT地下鉄のラマ9世駅から近い場所で、57億バーツの事業費で、1253ユニットにのぼる、40...
新築コンドミニアムの販売

シラチャーにコンドミニアム、ロビンソン向かいに建設中

  タイ東部経済回廊(EEC)の中心地として、日本人の就労者らが急激に増えているシラチャーで、特に東部での不動産開発で定評があるゴールデングループによると、昨年から販売したシラチャー市内のロビンソン向かいに建設している、38階建てのコ...
新築コンドミニアムの販売

1ベッドの物件が70%以上!価格は2百万~3百万バーツ

  タイの不動産情報センターによると、今年前半の住まいの販売については、タイ政府のプロジェクトや交通路線の工事などもあり、活況を呈しており、購入に関しての譲渡件数は昨年の30%増となっている。 プロジェクトの販売物件は56件...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「モード スクムビット 61」

  低層物件でクオリティーの高い物件は少ないのですが、こちらの「モード  スクムビット 61」 は、おすすめに値する出来になっています。 床は明るめなフローリング、オープンキッチンで、全体を見渡せ作業面も広く、冷蔵庫容量も大きく...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「プライブ バイ サンシリ」

  プルンチット駅の南側にルワムルディー通りとワイヤレス通りの二つが走っているのですが、この通りが交差するところに、今回ご紹介する「プライブ バイ サンシリ」があります。 この界隈は大使館通りとも言われ、日本大使館を始め、アメリ...
新築コンドミニアムの販売

440億バーツの大規模事業、野村不動産と組むオリジン社

  大手の野村不動産と組んで勢いを増すオリジン・プロパティー社は、今年後半はミクスドユースの複合施設を3ヵ所で計画しており、パークオリジン・パヤタイ、パークオリジン・トンロー、パークオリジン・プロンポンの3ヵ所で、コンドミニアムでは合...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・サーティナイン・バイ・サンシリ」

  2018年、ソイ39の建築もひと段落ついて、今でこそ当たり前になって来ました、この辺りの平米単価30万バーツ、その先駆けとなったのが、このザ・サーティナインで販売当初は22万バーツ平均でしたが、今現在は30万バーツで推移しています。正...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第125回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  スクムビットのプライムロケーションと言えども、毎年のように新規のハイエンドコンドミニアムは市場に出回り、自ずと空室率は増加→賃貸競争激化の傾向は強まっています。この環境下では的確な投資物件選びが賃貸投資成功の生命線となります。 ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・ライン スクムビット 71」

  ここ数年で急激に開発が進んだ、エリアの一つとしてプラカノンも上げられますが、駅の南側にスーパー併設のモールが完成し、北側にもあったスーパーと合わせ、2ヵ所となりました。駅近にコンドが複数棟建ち、それに合わせて寂れたタウンハウスが、洒落...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第124回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  本紙7月20日号の「お宅拝見」を読まれた方には、スクムビット地区、特にアソーク〜エカマイ間に駐在員の家族世帯を中心に多くの日本人が住んでいる事はおわかり頂けたかと思います。 弊社の不動産投資物件に関しても、プリセール物件の転...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ミラージュ スクムビット 27」

  今現在、廃墟化した高層建造物が目の前にあり、このスクムビット・ソイ27と、この物件の価値を下げていますが、タイミング良くどこかが買い取ったのか、慌ただしく廃墟が高級建築物に変わる下準備が始まりました。完成すれば、この通りのイメージも上...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「リヴ@49」

  病院、スーパー徒歩圏内、というキーワードで探される通りの代表がスクムビットのソイ49になりますが、今回ご紹介する「リヴ@49」は、これら条件にあわせて駅も徒歩圏内で築浅と有って、根強い人気で今日まで来ています。今現時点でこの「好立地」...
ヨシダ不動産

駐在員家賃平均予算、家族での赴任も増加傾向

  ここ数年、タイに赴任する駐在員は、企業の経費削減で単身者の割合が増え、プラカノンやオンヌットには、日本人単身者向けの食堂や居酒屋が集まっていますが、ヨシダ不動産によると、最近は家族を伴っての赴任も再び増えてきたそうです。 家...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「パーク 24」の紹介

  ソイ24の注目コンド、広い敷地に4棟+ミニモール、2棟は既に完成し、少しずつではありますが、賃貸のお部屋も預けていただき、定期的にご紹介出来ています。  立地が良いのはもちろんで、2方向から向かえる物件は、人気が出ると言ったジン...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「リズムスクムビット 36ー38」の紹介

  物件名にも明記されている様に、こちらの物件はソイ36とソイ38双方から、向かうことが出来ます。双方から向かえる利点として、ソイ36はラマ4世通りからも入って来れるし、ソイ38はスクムビットからも来れ、渋滞回避のルートがいくつかあるので...
新築コンドミニアムの販売

ラチャダーのコンドミニアムは中華系外国人が20%購入

  圧倒的な中国人観光客でタイは潤っており、また中国関連の企業も次々に進出している。その多くが、住居や会社でラマ9世やラチャダー周辺に集まっており、そのため、ディベロッパーは周辺でのコンドミニアム計画等を加速している。 スクムビ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「クラフト プルンチット」の紹介

オフィス街の一等地、プルンチット駅も徒歩圏内、モーターウェイも乗りやすく、穴場的な場所とあって、新しい物件がここ数年立て続けに建築されています。 今現時点ではこの物件が最新となるのですが、限られた三角形の敷地に工夫が見受けられ、駅近の地...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「エクセル スクムビット」の紹介

  ソイ71とソイ77のハビットモール脇に毎年の様にコンドの建築ラッシュが続き、今年にはバンコクPREPインターナショナルスクールもオープンしそうで、逆にこれが完成するにあたり、いくつも建築されたと、勘ぐってしまうぐらい、何物件も完成建築...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第123回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  当ブログでは主にコンドミニアムの売買にテーマを絞って書いていますが、僕が責任者を努めるヨシダ不動産はもともと現地に住む日本人への賃貸仲介でスタートした会社です。おかげさまで、今ではバンコク、シラチャ地区では最大級の日本人賃貸シェアを扱...
新築コンドミニアムの販売

CPがバンナーで開発、来年初めにコンドミニアム販売開始

  都心では複合開発のONE BANGKOKなどが始動し、数年後の完成に向け動き出しているが、郊外のバンナー周辺は、EEC(東部経済回廊)が打ち出されてから、スワンナプーム空港に近い好立地として注目されている場所だが、CPグループ系のマグ...
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアムの販売で外国人の半分は中国人の購入

タイの不動産コンサルティング会社JLLによると、今年前半のコンドミニアムの購入で、外国人のうちその半分が中国人による購入だった、としており、外国人の中では現在、一番、中国人がコンドミニアムの購入が多いことがわかった。 場所では...
新築コンドミニアムの販売

バンスー中央駅周辺の開発は、バンコク最大の2325ライ!

  バンコク最大のターミナル駅として開発が進められているバンスー中央駅については、スマートシティーと名づけて、2325ライに及ぶ周辺のタイ国鉄道の土地を開発するものだが、また、3空港を結ぶ路線の拠点として、また、アセアンのゲートウェイとし...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「ザ・ルンピニ24」の紹介

  こちらの物件は、あらゆる要素を兼ね備え、対象にされる方が多く、2011年築ですが、ロングセラー人気物件の代表と明言できます。 まずは立地が良い事であげられますが、プロンポン駅まで徒歩5分、駅前にエンポリアムデパートがあって、...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム「15スクムビット」の紹介

  最寄り駅はナナとなり、日本人家族はそこまで住んで居ないので、対象になりにくいと思われがちですが、比較的新しい物件の割に、平米単価も安く、この界隈のオフィスビルにお勤めの方が対象として、時期によっては希望者が多く、このエ...
ヨシダ不動産

豪華な駅近物件「アシュトンアソーク」を販売中

  上場大手ディベロッパー『アナンダ社』によるアソーク地区の超高層タワープロジェクトとして、販売されている「アシュトンアソーク」。 同社の最高級グレード物件であり、ファシリティも豪華で、35階には大型スイミングプール、子供用プー...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第122回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  昨年暮れぐらいから、プリセールで完売し、人気物件と思われていたパーク24(フェーズ1)、アシュトン・アソーク、ライフ48などのユニットが、プリセールから5~10%ぐらいの限定的な上昇で売られている状況を目にするようになりました。売り急...
新築コンドミニアムの販売

トンローで新規コンドミニアム販売の平均22万バーツ/㎡

  トンロー~エカマイ地区は、日本人の駐在員らが多く住む地区だが、それらの賃貸物件について、新規に建てられるコンドミニアムの販売価格もじりじりと上がっている。 タイでは、高層コンドミニアムと低層コンドミニアムに分けられ、高層コン...
新築コンドミニアムの販売

チェンワッタナ通り沿いでコンドミニアムの開発競争

  路線が建設されるケーラーイ~ミンブリー間では、チェンワッタナ通りを通り、イミグレーションなど公的機関が集まっているが、その周辺ではディベロッパーのコンドミニアム建設が進んでおり、スパライ社、LPN社、ノーブル社など、大手が土地を買...
新築コンドミニアムの販売

中華系の市場でナンバー1、オリジン社のコンドミニアム販売

  野村不動産と組んで不動産開発を進めるオリジン・プロパティー社だが、一方で、香港の企業と組み、中華系の市場を伸ばしており、2~3年後にはタイでの外国人向け市場のトップに躍り出る、と語っている。 香港の企業と組み、中国人、香港人...
新築コンドミニアムの販売

大手不動産開発のサンシリィが東急と共同で、オンヌットで新規物件

  タイでは大手の不動産ディベロッパー「サンシリィ」が、日本の東急コーポレーションと組んで、今年8月、スクムビット界隈で2つのコンドミニアムを販売開始する。 1つは、エカマイのソイ11に38階建てのタワーマンションを建設し、...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「ジ・アドレス・スクムビット28」

  こちらの物件は、あらゆる要素を兼ね備え、対象にされる方が多く、2011年築ですが、ロングセラー人気物件の代表と明言できます。 まずは立地が良い事であげられますが、プロンポン駅まで徒歩5分、駅前にエンポリアムデパートが...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「ヴィア ボターニ」

    立地が良い事で知られているヴィア ボターニはこちらに向かうルートが二ヶ所あり、一つはソイ47で、もう一つはソイ49から別れたソイ プロミット、南北双方から迎え、通勤にもプライベートにも適しているのです。幹線道路からは入ってい...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「バーン・シリ24」

  2007年築で10年は経ちましたが、場所も良い事もあって、今現在も人気継続中です。完成当初は、タイドラマの撮影がフィットネスジムで行われたり、通りでも撮影されたりと、通りも含め注目のエリアでもあるのです。 ソイ24は各方面に...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「H スクムビット43」

  旅行やこの界隈のコンドミニアムでは、不動の人気として、単身者からご家族まで支持を受け、年々入居者が増えてきています。人気の要素として、立地がソイ43からと裏のプロミット通りからの2ヵ所にルートが有り、状況に応じて経路を変える事ができま...
新築コンドミニアムの販売

東京建物が進出し、プロンポンで新規物件

  タイでの不動産大手ライモンランド社が、日本の東京建物と組み、株割合51%、49%の新会社で、不動産開発を行うことになり、今年は2件の開発を予定しており、1つはサトン通りのソイ12で、コンドミニアムの建設、事業費は42億バーツの見込...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「ザ・キャピタル・エカマイ‐トンロー」

  スクムビットを中心に、北のペップリー通りと南のラマ4世通りが平行に走っていますが、双方とも交通機関はバスが主流です。ペップリー通りは運河ボートが庶民の足として活用されています。それもあってか、こちらの通りは、目立ってコンドミニアム...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「スカイウォーク」

  プラカノンエリアで一番注目度の高いコンドミニアムが、このスカイウォークではないでしょうか。一大アミューズメントとして、広い敷地にホテル、ツインコンドミニアム、商業施設、インターナショナル屋台街、コンビニ、アート展示場と日夜人が訪...
新築コンドミニアムの販売

新規コンドミニアムの価格が15%上昇

  新規に建設されるコンドミニアムでは、スクムビット界隈のソイ1~63でも価格は上昇しており、2017年末の時点での平均価格は、1㎡当たり181800バーツまで上がっている。 不動産コンサルティング会社によると、1年前から15%...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第121.回は、特別寄稿 当社販売ブログより

つい先日、BTSアソーク駅に近い場所での新規コンドミニアムのプロジェクトに関して、5月25日プリセール開始の話を聞きました。 ディベロッパーはKPNランドいう会社で、ソイ39の好立地で今年の6月に引き渡しが開始されるディプ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアムの紹介「タイディ・トンロー」

  トンロー通り中ほどのソイ17を100㍍入った右手にあるコンドミニアム「タイディ・トンロー」。東側は広大な敷地の一軒家で、西側は一軒家を改装した、ビーチハウス風なVIPスパを見下ろし、全体的に緑に囲まれ、他の住居区とは趣が違います。 ...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産の売買コンドミニアム紹介「ジ・エンポリオ・プレイス」

スクムビット・ソイ24コンド発展の起爆剤として、こちらの「ジ・エンポリオ・プレイス」物件がきっかけになり、この通りが発展し始めました。2010年築当時は1ベッド45平米と、広さも手頃で造作しやすいレイアウトが多く、大半の方がベッドル...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第120回は、特別寄稿 当社販売ブログより

  これまでルンピニ地区やその中でのプロジェクト動向などを紹介して来ましたが、今回もその続きとなります。なぜルンピニ地区をしつこく取り上げるかと言うと、この周辺エリアで進行している、また計画されているプロジェクトは、バンコクの趨勢(す...
新築コンドミニアムの販売

開放感あるベッドルームで、投資用に最適なアイビートンロー

日本人が多く住んでいるトンローエリア。そのエリア内のスタジオルームとしては、群を抜いてバランスが良く、好評を得ています。今でこそ1ベッドのサイズとして、35平米が浸透して来ましたが、2011年築の時代はスタジオとして提供され、室内にベッ...
不動産

家購入の潜在需要多い!

  景気が低迷しているといわれるタイだが、コンドミニアムや一軒家、タウンハウスの購入については、活気づいていることがわかった。 3月中旬に開かれたバーン&コンドーの催しでは、昨年の6万人を大幅に上回る8万人が来場し、購入の予...
新築コンドミニアムの販売

リゾート地にいるかのような「ザ・ハンサーレジデンス」

  BTSラチャダムリ駅近くのコンドミニアムでは、ダントツで評価の高い物件「ザ・ハンサーレジデンス」。ホテルと併設されている事で、間違えて向われる方もおられますが、コンドミニアムの窓口は正面左奥で、目立たない造りになっています。かなりの割...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産のコンドミニアム紹介:アイヴィー トンロー

  「アイヴィー トンロー」をご紹介します。トンロー通りの比較的奥に位置していますが、通りに面して出で立ちもエグゼクティブ感満載で、前を通った事がある方は、まず知っておられるでしょう。予想を裏切らない共有部分ですが、まずは正面の大きな扉に...
新築コンドミニアムの販売

すずき不動産のコンドミニアム紹介:キーン・バイ・サンシリ

  トンロー駅前物件で、スクムビットを西から東へ向かうと、タワーマンション3棟が、個性的な風貌で並んでいます。その中の真ん中に位置している「キーン・バイ・サンシリ」は、2013年築の物件で、今現在も特に日本人に根強い人気を得ています。 ...
新築コンドミニアムの販売

ラチャダーで新規コンドミニアムの価格1㎡13万バーツ

  バンコクでは新規のコンドミニアムは価格が上がり続けているが、不動産コンサルティング会社によると、ラマ9世の交差点からタイ文化センターまでのラチャダーピセック通り周辺は現在、平均で1㎡当たり132600バーツとなっており、セントラル...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第119回は、特別寄稿バンコクの超一等地ルンピニ地区

(当社販売ブログより) 前回のブログ記事でバンコク1のハイソエリアと位置付けられるルンピニ地区のプロジェクトとして、ムニク・ランスアンを紹介しました。 過去ログ:Muniq Langsuan(ムニク・ランスアン)ルンピニ公園周辺...
新築コンドミニアムの販売

ウィスドム101の3棟目コンドミニアムが、1㎡14万バーツで3月販売

  スクムビット界隈では高層コンドミニアムの建設が、BTS路線沿いに次々に進められているが、オンヌット駅より向こうの、BTSプンナウィティー駅近くのウィスドム101は、住居、商業、オフィスが一体となった空間で、43ライに高層コンドミニアム...
不動産

ラマ9世付近のコンドミニアムが値上がり

  地下鉄が通るラマ9世の交差点からタイ文化センターまでのラチャダーピセック通りでは、新規のコンドミニアムの価格は上がり続けており、今年から来年にかけて1㎡当たり25万バーツ以上の物件も出てくる見込みだ。 現在、平均では1㎡...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第118回は、特別寄稿パタヤの人気ロケーション

  (当社販売ブログより) 様々な憶測が流れているベースセントラルパタヤに続くサンシリのパタヤ街中プロジェクト第2弾は、どうやらエッジグレードになる予定のようです。 様々な憶測が流れているベースセントラルパタヤに続...
新築コンドミニアムの販売

日本人向け豪華高層コンドミニアム「サイアミーズアセット」を販売中

  Siamese Asset(サイアミーズアセット)も初心に帰ってか、8年前にコンドミニアム1号のプロジェクトが開始された同じソイ31で、高層の物件として、隣のサンシリと張り合う様に建築が始まっています。この物件で新たに取り入れられた要...
パタヤのコンドミニアム売買

パタヤで1万戸売れ残り、コンドミニアム市場は停滞

  EECの経済効果を期待するタイ東部地区だが、その中でチョンブリー県のパタヤはすでに世界的な観光都市でもあり、外国人観光客が多く避暑にやって来ている。 また、バンコクに住むタイ人にとっても、一番近いリゾート地として、パタヤ...
新築コンドミニアムの販売

パープルラインは1日10万人利用で、タオプーン駅周辺はコンドミニアムも人気!

  バンコクの路線整備網で、パープルラインといえば、バンスーからノンタブリーのバンヤイ方面に行く路線だが当初、タオプーン~バンスー間が開通しておらず、人気がなかったが昨年8月に開通し、それ以後は1日48000人が利用しており、今年には1日...
新築コンドミニアムの販売

地下鉄シリキット駅前の好立地にサイアミーズアセットがコンドミニアムを開発

  Siamese Asset(サイアミーズアセット)の勢いが止まらない! 日本人エリアでもあるアソークからオンヌット間で、進行形建築コンドが4棟、しかも、全てタワーマンション、その中では西側に位置し、徐々にではありますが開発が進み、新し...
新築コンドミニアムの販売

自然の中で暮らすお値打ち物件コンドミニアム「kawa Haus(カワハウス)」の販売

  サンシリィのブランド、ハウスシリーズも遂に5件目に突入、と言っても今回の「kawa Haus(カワハウス)」の有る、一大サンシリィアミューズメントエリアに、3物件が集約されているのですが、このハウスシリーズは嬉しい事に全ての名前に日本...
新築コンドミニアムの販売

不動産開発大手のスパライ社の」大プロジェクト、サトン通りのランドマークへ

  タイの不動産開発大手のスパライ社のプラティップ社長によると、今年からの大プロジェクトは、サトン通りで購入したオーストラリア大使館の敷地での開発という。 事業費は180~200億バーツで、ミクスドユース(複合施設)となる予定で...
不動産

住宅価格は5%上昇へ

  最低賃金の引き上げを受けて、住宅請負事業協会では、人件費の上昇により、4月より住宅の建設の価格が5%上がるとしている。そのほか、コンドミニアムなども、人件費の上昇により値上げが予想されるが、特に、308バーツから22バーツ上昇して33...
不動産

ラーブラナの新路線沿線でコンドミニアム販売へ

都心での新規コンドミニアム販売は、価格も高止まりしているが、現在、建設中の路線の沿線ではまだ手頃な価格での販売も多い。 新規路線として内閣の承認がおりたタオプーン~ラーブラナについては、今年の建設開始、2023年の完成に向...
新築コンドミニアムの販売

トンローに超豪華な高層コンドミニアム「クン・バイ・ヨー」

  はじめ名前を見た時は、Yooさんの名前を、丁寧に言っているのかと思っていましたが、よくよく調べると、デザインをYooグループが行なっていたと理解いたしました。タイ人のニックネームでYooという方も多く、勘違いされた方もおられるかもしれ...
新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産がトンローでホテル事業

  野村不動産と組んでタイで不動産開発を行うオリジン・プロパティー社の勢いが増している。 すでにケンシントン、ナイトブリッジ、ノッティングヒル、パークなどのコンドミニアムなど、45のプロジェクトで、720億バーツにのぼっており、...
新築コンドミニアムの販売

「あぱまん情報」による不動産売買の詳細をきけます

  日本人向け住まいの仲介からレンタルオフィス物件や工場物件など不動産のことなら、「あぱまん情報」へお気軽にお問い合わせ下さい。 タイで27年の実績があり、豊富な物件の中から、日本語ネットラジオ「リヴァイア」で「タイ不動産の基礎...
ヨシダ不動産

「アシュトンアソーク」は投資用にも自分の住まいにも最適

  地下鉄スクムビット駅まで20メートル、BTSアソーク駅へも200メートルの好立地で、アソーク通りに面している「アシュトンアソーク」はタイの大手ディベロッパー「アナンダ社」の最高級グレード物件です。 ファシリティも豪華で、イン...
新築コンドミニアムの販売

共有部分で超高級感の、サンシリィ社による「ザ・ライン・サトーン」

  BTSスラサック駅徒歩1分と、好立地に建てられる46階327戸のサンシリィ社による「ザ・ライン・サトーン」。 敷地が変則的なL字型のため、一部、部屋を造るに適していない、眺望がよくないなどあり、別棟で立体自動駐車場を建てる案...
新築コンドミニアムの販売

フレッド・ディンデーンの再開発で、来年完成のコンドミニアムに移る

  老朽化した集合住宅の建て替え問題で、ディンデーン地区にある「フレッド・ディンデーン」について、当局では、2018年初めには、28階建てのコンドミニアムに280世帯が移れるとしている。家賃は以前と同じだが、メンテナンス料等が加算されるが...
新築コンドミニアムの販売

チェンマイ、プーケット、パタヤなど、リゾートでコンドミニアムの購入が人気

  最近は、タイのリゾートでもコンドミニアム購入が人気で、若い人が自分の週末の休暇で利用する場合や、賃貸に出す場合などがあるとしている。 プラスプロパティー社によると、タイのリゾート5ヵ所で調査したところ、コンドミニアムの購入は...
新築コンドミニアムの販売

クロントゥーイの住宅密集地をコンドミニアムへ再開発

  クロントゥーイ港周辺の再開発については、周辺の土地を管理しているタイ港湾庁によると、子会社を設立し、来年から1年をかけて、設計等を行い、そののち、内閣にはかり、建設を始めるとしている。 民間からの投資を募り、現在...
新築コンドミニアムの販売

高層階はリバービューの部屋も、サンシリィの高級物件販売

  サンシリィがラマ4世通り東側沿に進出して来ました。通りとしては昔ながらのオフィスビルが点在し、日系企業も入居しているので、会社まで徒歩圏内を希望される方には、候補物件として上がるのではないでしょうか。この辺りの1番のランドマークは...
ヨシダ不動産

駅近の日本人向け豪華販売物件「アシュトンアソーク」

  バンコクのビジネス街アソークエリアで超高層タワープロジェクトとして販売されている「アシュトンアソーク」は上場大手ディベロッパー「アナンダ社」 の最高級グレード物件です。ファシリティも豪華で、インドア・アウトドアロビーラウンジ、会議室...
ヨシダ不動産

アソークの超高層物件「アシュトンアソーク」 リセールでの購入がお得

  上場大手ディベロッパー”アナンダ社によるスクムビットアソーク地区の超高層タワープロジェクトとして、販売されている「アシュトンアソーク」。 アナンダ社の最高級グレード物件としてファシリティも豪華で、インドア・アウトドアロビ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第117回は、特別寄稿2017年の最後を飾るプロジェクト

(弊社コンドミニアム販売ブログより) ジ・エッセ・スクムビット36のプリセールの一般プリセールが11月18日決定となり、BTSトンロー駅前、スクムビット通りとソイ36の角地に建てられたショールームではVIP招待客へのお披露...
新築コンドミニアムの販売

賃貸に出しても需要高い億ション、豪華サンシリィの物件販売中

  大手デベロッパーサンシリィの「ザ・モニュメント・トンロー」は、ありそうでなかったプライベートリフト。プライベートにするという事は、ある程度のお部屋の広さがあると想像できるのですが、2017年施工物件としては珍しく、一番小さ...
新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産によりトンローで「パーク」開発へ

  シラチャー~レムチャバンでもコンドミニアム等の大型開発を手がけ勢いを増すオリジン・プロパティー社だが、トンローのソイ10のアリーナ10でもハイクラス向けのコンドミニアムの開発を手がけ、来年には建設に取りかかる見通し。 事...
新築コンドミニアムの販売

学生の街ナコンパトムで新築コンドミニアムが人気

  バンコク都内では新規コンドミニアムを建てるのが普通になってきているが、郊外や周辺の県では地価等が安いため、タウンハウスや一軒家の需要が多い。 しかし、バンコクのとなりのナコンパトム県では、新規に建設されるコンドミ...
新築コンドミニアムの販売

大手サンシリィと東急不動産の物件を449万バーツから販売中

  エカマイのソイ12、プラカノンからの交通量が多く、プロンポン、アソークに向かう場合に横移動として、渋滞を避けよく使われています。一部ではありますが、むき出しの水路を舗装し車線も増やされ、少しですが渋滞も緩和されました。道が綺麗...
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの販売は28%増、販売初日に80%売れた物件も!

  タイでの新規コンドミニアム販売については、タイのコンサルティング会社の調べによると、今年は50000ユニットにのぼるとみられ、昨年の39000ユニットから28%増の見込みという。 バンコクやその近郊ではこの7、8、9月が...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第115回は、特別寄稿 賃貸投資の勝ち物件を捕捉せよ!

  (ヨシダ不動産 タイのコンドミニアム投資ブログより) 前回、物件管理の委託件数が増加している、テナントを早く見つけたい為タイ人オーナー物件も増加中、といった趣旨の説明をしました。 管理を請け負っている物件を見る...
新築コンドミニアムの販売

地下鉄駅まで徒歩4分で350万バーツからの物件 Metris Ladprao

トヨタ車に験担ぎで名前の頭にCを付けるのは有名な話でしたが、デベロッパーのメジャーも同じで、物件名の頭にMを付けるのを、今現在も継承されています。と言う事でこちらの物件もこちらの、ブランドと想像がつきます。もう一つ、メジャー最大の特...
新築コンドミニアムの販売

タイ人独身OLはコンドミニアムを1人で買う?

  タイでは都心などのビジネス街では、タイ人OLの働く姿が多く見かけられ、会社内でも女性の比率が高く、結婚をしていない女性も多い。 そういった独身の女性について、不動産を取り扱うbaania.comなどの情報によると、結婚をして...
新築コンドミニアムの販売

スクムビット・ソイ40で手頃な価格のコンドミニアム「アイディオモビ」の販売開始

  スクムビットのトンロー、エカマイエリア偶数側にも、遂にコンドミニアム建設の波が押し寄せて来ました。既に先行してアナンダグループで、最高峰としてアイディオ モーフが建設されていますが、場所柄、高層で建設出来ないため、2棟に分かれているの...
新築コンドミニアムの販売

BTSベーリング駅でコンドミニアムを阪急不動産ーセナが開発

  都心では急騰した新規コンドミニアムの価格だが、郊外に行くとまだタイ人の中間層が買える範囲の値段で売り出されている。 タイのコンサルティング会社によると、BTSベーリング駅は都心で働くタイ人や、あるいはサムットプラカーンで働く...
新築コンドミニアムの販売

スパライ社が7ライを取得し、サトン通りで大型開発へ!

  タイの大手開発ディベロッパーのスパライ社によると、ビジネス街のサトン通りのオーストラリア大使館の敷地について、入札により取得したとしている。 広さは7ライに及び、評価額は46億バーツで、1タランワー当たり145万バーツに...
不動産

ラチャダ~ラマ9世で開発中、125階のスーパータワーが起点

  ラチャダーピセック通りの入り口に大プロジェクトを進行中なのがG LAND。地下鉄ラマ9世駅下車で、ラチャダーピセック通りとラマ9世通りに囲まれた73ライで、120万㎡のプロジェクト「ザ・グランド・ラマ9」を開発中だ。 セント...
新築コンドミニアムの販売

大手ランド&ハウス社のトンローで建設予定の高層コンドミニアムは、屋上の巨大プールがスゴイ!

  ランド&ハウスが遂にトンローに進出! プロンポン、エカマイは既に「ザ・バンコク」として、進出していましたが、満を持してトンローに出て来たのです。ほかの2物件は細い通りでもあり、低層の物件でしたが、今回はトンロー通りに面した最高の立地で...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第114回は、特別寄稿 ナイツブリッジ・プライム・オンヌット

  先日の事、オリジン社との打ち合わせを兼ねて、オリジン社と野村不動産の共同開発プロジェクト、ナイツブリッジ・プライム・オンヌットのショールームを見学してきました。 三井不動産レジデンシャル+アナンダ、三菱地所+AP、東急電...
新築コンドミニアムの販売

不動産関連も中国企業がタイへ!過去3年で700億バーツ投資

最近は中国のタイへの進出が加速しているが、コンドミニアムなどの開発関連でも、タイ側と組み、タイへの進出が急増している。 タイの不動産コンサルティング会社によると、この手の投資で、ここ3年の間に中国は700億バーツを投資しており...
新築コンドミニアムの販売

人気のマッカサン地区で、豪華コンドミニアム「アイディオモビ」販売中

  ここ数年で大々的に開発が行われる、エアポートリンクのマッカサン駅と地下鉄ペチャブリー駅前の開発。照準をこれに定めたのか定かではありませんが、同時期にアナンダがアイディオを投入して来ました。駅からは、徒歩3分ほどの好立地です。 ...
ヨシダ不動産

47階建て超高層コンドミニアムは、オリジン社と野村不動産の共同開発

  タイで上場済みのディベロッパー「オリジン社」と日本の「野村不動産」による共同開発プロジェクト物件が販売開始いたしました。 物件の場所はスクムビット。ソイ77(オンヌット通り)に面した好立地です。スーパーのビッグCが入る商業施...
新築コンドミニアムの販売

東南アジアのハブであるタイの不動産市場の伸びに期待し、日本の大手が続々タイへ

  タイでは日本の大手ディベロッパーがやって来て、タイ側企業と組み、コンドミニアムなどの開発を行うケースが急増している。 大手の三井、三菱、阪急など。この8月には東急電鉄がタイの大手サンシリィと組み、バンコクのスクムビットで...
新築コンドミニアムの販売

中~上層向けコンドミニアム販売活況、オンヌットで賃貸料も10%上がる

  今年後半は大手デベロッパーの物件が多く出て、不動産市場は再び活況になる、としている。 大手のメジャー・デベロップメント社によると、同社の今年の8つのプロジェクトのうち、7つを後半に投入する。 9月にはラプラオで、3...
内装工事

コンドミニアムの内装事業も活況

  景気低迷でコンドミニアムの販売が停滞しているタイだが、コンドミニアムの内装などのビジネスは活況のようだ。 3年前から立ち上げた10DK社は、コンドミニアムの内装を主に手がけ、昨年は60部屋ほどだったが今年は1~6月までにすで...
新築コンドミニアムの販売

1ベッドルームで299万バーツから、「メトロラグゼ・ラチャダー」で販売開始

  ラチャダー通りの地下鉄、ホイクワン駅とスティサン駅の中間に建設される「メトロ・ラグゼ・ラチャダー」はホイクワン駅から徒歩6分ほど。この通りもオフィスビルが徐々に増え、日系企業の入居も増えてきています。飲食店はローカル向けから、駐在員向...