シラチャの生活情報

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、シラチャの生活情報を提供しています。

ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第126回は「Harbor Mall Laem Chabang」

オフィスビル探訪録シリーズ、126 回目はバンコクを離れ、チョンブリー県レムチャバン、スクムビット通り沿いに建つ「ハーバーモールレムチャバン」を紹介します。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135キロの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内では2番目の日本人学校となる『泰日教会学校シラチャ校』が開校し、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 そのシラチャから南にわずか10キロほどいったところにレムチャバン港があります。レムチャバン港は、コンテナ化に対応するために1991年に開港した国際貿易港です。開港後、急速な発展を遂げ1997年には水揚げ売り上げ量でタイ最大の商業港となりました。タイに立ち寄る国際的なコンテナ船航路のほとんどがこの港を使用しています。この港の発展により近隣に多く工業団地ができ、隣の市のシラチャにも日本人駐在員が多く住む...
2019.10.28
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第133回はシラチャ中心部に建つ新築の高層サービスアパート「Somerset Harbourview Sriracha 」

バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第133回は「サマーセットハーバービューシラチャ」を紹介いたします。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135キロ、アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、タイ国内で2番目の日本人学校となる泰日教会学校シラチャ校が開校し、日本人駐在員は、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 サマーセットハーバービューシラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩10分という便利な立地にある、2018年12月完成予定の新築 サービスアパートレジデンスです。地上20階建ての当物件は、総ユニット数176室で、その構成はスタジオ 39平米...
2019.10.04
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第130回はシラチャロビンソンから徒歩6 分に建つ「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」

築浅なので建物の外観もきれい バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第130回は「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」を紹介いたします。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ165㎞の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年に『泰日教会学校シラチャ校』が開校して以来、日本人駐在員は単身者のみではなく、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 オークウッド ホテル&レジデンス シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩6分という便利な立地にあり、シラチャの海の近くに建っている2017年竣工の築浅高層サービス...
2019.08.17
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第37回は「セティワン・シラチャ」

  弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー、第37回はセティワン・シラチャを紹介します。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ130㎞の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年に泰日教会学校シラチャ校が開校してから、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 セティワン・シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩約10分という便利な立地にあり、スクムビット通り沿いに2018年12月に完成した新築高層アパートメントです。バンコクで人気アパートメント、セティワンマンションを持つ同アパートオーナーがシラチャに進出した新プロジェクトとなっております。 今回はこのアパートのマネージャーのヌッチャリー・ラクサさんにお話をお聞きしました...
2019.07.28
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道、第127回は~シラチャの48階建て高級サービスアパート「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」

バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第127回は「オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ」を紹介いたします。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135キロ、車で約2時間の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内では2番目の日本人学校となる泰日教会学校シラチャ校が開校し、日本人駐在員は単身者のみではなく、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 オークウッド ホテル&レジデンス シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩6分という便利な立地にあり、シラチャの海岸近くに建っている2017年竣工の新築高層サービスアパートメントで...
2019.07.06
賃貸サービスアパート

小林ミシュラン 5つ星への道の第124回はシラチャの「ミドルトンサービスアパートメント」

  バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第124回は「ミドルトンサービスアパートメント」を紹介いたします。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ165キロの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内で2番目の日本人学校となる泰日教会学校シラチャ校が開校し、日本人駐在員は単身者のみではなく、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 ザ・ミドルトン・サービスアパートメントはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩2分という最高に便利な立地にある、2019年竣工の新築サービスアパートメントです。バンコク「アッパースイート」等数件のアパ...
2019.06.07
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回は、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のお宅拝見の第126回、特別寄稿 「セティワン・シラチャ」を紹介しています。
2018.11.19
新築コンドミニアムの販売

シラチャーにコンドミニアム、ロビンソン向かいに建設中

  タイ東部経済回廊(EEC)の中心地として、日本人の就労者らが急激に増えているシラチャーで、特に東部での不動産開発で定評があるゴールデングループによると、昨年から販売したシラチャー市内のロビンソン向かいに建設している、38階建てのコンドミニアム「KEEN CENTRE SRIRACHA」は、すでに65%を販売しており、価格は310万バーツからで、タイ人の購入90%、外国人の購入10%となっており、完成後は日本人などに貸し出す人が多くなるだろうという。 シラチャー市内に住む日本人の就労者は8000人以上にのぼり、その家族を含めると1万~15000人が市内で暮らしているという。 不動産の価格も上がっており、さらに今後、スワンナプーム空港から30分でシラチャー駅まで行く高速鉄道が建設される予定で、ますます、発展が予想されている。       2018年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->シラチャの生活情報 ->パタヤ、シラチャのコンドミニアム売買 ->コンドミニアムの掲...
2018.10.30
ウタパオ空港

ニューシティー候補にCP所有地、チャチェンサオの1万ライなど、シラチャーの民間600ライも

  タイ東部経済回廊(EEC)については、タイ政府が積極的に外国資本などを誘致しており、チャチェンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県が主にその場所として上がっていて、すでにこの4月には最低賃金ではバンコクの325バーツよりも高い330バーツがチョンブリー、ラヨーン県になっており、タイ人の人材をこの3県に集めることも視野に入れている。 また、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港の3空港を結ぶ高速鉄道の入札が行われており、重要なのがスワンナプーム空港‐ウタパオ空港間の路線。 その間の駅となる周辺はすでに民間ディベロッパーなども土地を購入しており、バンコクに次ぐニューシティー(スマートシティー)の建設をどこにするのかが、注目されている。 同3県には国の所有地12500ライなども候補に上がるが、そのほか、民間が所有する大規模なものでは、チャチェンサオ商工会議所によると、CPグループによる同県の1万ライの土地が上げられている。そのほか、CPグループはサムットプラカーン県にも1000ライを所有し、またパタヤのジョムティエン近くにも500~600ライ、その...
2018.10.30
パタヤの賃貸マンション

パタヤの住まいなら「パタヤナビツアー不動産」へ

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっています。その為、同じ間取りでも家具や内装が異なり各部屋オーナーがその時点での相場を考慮して決めますので、家賃額も異なってきます。 入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。単身者、ご家族様用にも幅広くご紹介しています。 ■以下のサービスの中よりお選び下さい:*Wifi、ケーブルTV *日本のTV*部屋掃除 *ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金 その他ご要望に応じパッケージ対応致します。 パタヤで住まいや投資用の不動産物件をお探しの方はお気軽に問い合わせ下さい。   2018年7月20日 タイ自由ランド掲載 -> パタヤナビツアー不動産のホームペー...
2018.07.28
ニュース

公的土地10000ライ使い、シラチャーに新シティー

  チョンブリー不動産協会によると、タイ東部経済回廊(EEC)の委員会との会合で、3空港を結ぶハイスピード鉄道のシラチャー駅周辺の半径50~60㎞の開発で、公的な土地でまだ開発されていない土地など10000ライを使い、新シティーを創設することを計画していることがわかった。 シラチャーヤチョンブリー、パタヤなどを抱えるチョンブリー県は1年で50万人の人口が増えており、急速な発展を遂げている。それに伴い、シラチャーなどでも急速に土地が上がっており、低層の8階のコンドミニアムを計画するも、土地代が高くて断念するなどのケースもあり、同じくバンセンなども急速に土地代が上がっている。 そこで、スクムビット通りからモーターウェイの間の将来的なシラチャー駅を中心に新シティーを創設する計画が持ち上がっている。 また、チョンブリー県知事によると、同県の観光開発として、古い街並みの保存や、チョンブリー~ラヨーンまでのサイクリングコースの設置などを上げている。   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース -&gt...
2018.07.26
不動産

シラチャにあるレンタル・オフィス「サクセス・レムチャバン・サービス・オフィス」

  シラチャにあるレンタル・オフィス「サクセス・レムチャバン・サービス・オフィス」は、レムチャバンタワーの1階から4階をレンタル・オフィスとして貸し出しております。 短期・長期とフレキシブルにレンタルしており、48㎡からさまざまなサイズがありまた会議室も人数に合わせた大きさを準備しており、大変重宝します。 コワーキング・スペースも開設したサクセス・レムチャバン・サービス・オフィスにはマッサージなどを備えたリラックス・ゾーンやフィットネスジムもオープンしています。仕事帰りに体動かしたり、ケアもできます。   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->サクセス・レムチャバン・サービス・オフィスのホームページ -> 賃貸オフィス-工場 ->賃貸オフィス仲介 ->シラチャの話題 ->シラチャの賃貸物件 ->シラチャでの習い事     ->シラチャのレンタルオフィスの情報 ->シラチャの賃貸オフィスの情報    
ニュース

シラチャーのJパークの拡張

  注目を集めるEEC地区だが、シラチャーのJ‐PARKといえば、日本料理店などが集まる、日本人を中心とした憩いの地域だが、オーナーのサハグループは、20億バーツをかけて、同敷地をさらに15~20ライ拡大することにしており、レストランなどを増やす見込み。EECで働く日本人の多くはシラチャーに住まいを構えると見られ、その受け皿ともなる。 2018年3月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->EECの情報 ->タイ東部経済回廊の情報
パタヤの賃貸マンション

パタヤの住まい探しなら「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤのコンドミニアムにメイドサービスや日本のテレビなど選べるサービスを付加しているのが「パタヤナビツアー不動産」。 パタヤではサービスアパートが少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっています。その為、同じ間取りでも家具や内装が異なり各部屋オーナーがその時点での相場を考慮して決めますので、家賃額も異なってきます。 入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。単身者、ご家族様用にも幅広くご紹介しています。 ■以下のサービスの中よりお選び下さい:*Wifiインターネット、ケーブルTV *日本のTV*部屋掃除 *ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金 その他ご要望に応じパッケージ対応致します。 パタヤで不動産物件をお探しの方はお問い合わせ下さい。 2018年2月20日 タイ自由ランド掲載 -> パタヤナビツアー不動産のホームページ -&...
パタヤの賃貸マンション

パタヤ・シラチャの不動産なら「パタヤナビツアー不動産」

  パタヤやシラチャの住まい探しなら「パタヤナビツアー不動産」へお任せ下さい。 パタヤに多いコンドミニアムでも入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。単身者、ご家族様用にも幅広くご紹介しています。 ■以下のサービスの中よりお選び頂けます: *Wifiインターネット、ケーブルTV *日本のTV*部屋掃除 *ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金   その他ご要望に応じパッケージ対応致します。 パタヤやシラチャで住まいや投資用の不動産物件をお探しの方はお気軽に問い合わせ下さい。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 -> パタヤナビツアー不動産のホームページ -> タイで不動産仲介 ->パタヤの話題 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 ->貸します情報 ->賃貸アパート物件紹介...
シラチャの生活情報

シラチャの内装工事も「コーサクセス社」におまかせ

現在、内装工事の現場でシラチャの町に長期滞在中です。軽めの仕事であればバンコクから通うのですが、今回は工期もかかる為、宿を押さえ本格的に駐在しています。もちろんシラチャへは何度も来ているのですが、普段はバンコクからシラチャへ来て、数日泊ってまたバンコクへ帰るということしかしていませんので、これだけ長い期間シラチャに滞在するのは初めてのことです。 まあ、まるで凄く遠いところに来ているかのように書いてしまいましたが、実際にはシラチャの現場とバンコクの家と車で1時間半、混んでいなければ1時間15分程度ですから、もしかするとスクムビットやラマ4世通りで渋滞にハマった場合のオンヌット通りから自宅へ帰る所要時間と同じ程度かも知れませんが。 元々、シラチャの町には日本人がたくさん住んでいることも知っていましたし、日本食料理店がたくさんあることも分かっていましたが、改めて不便の無いところだなぁと感じています。バンコクほどの大きさや賑やかさ、それに遊び場のチョイスは無いかも知れませんが、その分渋滞も大したことは無いですし、運転も多少は譲り合いの精神を感じます。そして、何よりも「海があります」。元々漁...
2016.02.16
タイ関連コラム

シラチャは建設ラッシュ!

日系店舗が多く入居するイオンモールのオープンにより、日本人にとってますます便利になったシラチャ。実際に行って見ると、全体が建設ラッシュで、新しい街に生まれ変わっていく勢いを感じます。 なんといっても開発の目玉はイオンモールのあるゴールデン・シティと呼ばれるエリア。敷地内には高層コンドミニアム「ザ・スカイ」が建設中で、ショップハウスは完成しておりテナントが入居し始めています。サービスアパートは今月からオープンで、徐々に新しい日本人街が形成されるでしょう。 ゴールデン・シティの場所はシラチャの中心を通るスクムビット通りから少し入った所にあり、数年後には、ロビンソンの周辺より、こちらの方が賑わっているかもしれません。 イオンモールは、イオンタイランドとしては最大級の規模で、しゃかりき432、すきや、リンガーハット、タックルベリー、ブレズ薬局、ダイソー、クラブタイランドなど多くの日系の店舗が入居しますが、日本人だけでなく、この地域のタイ人中高所得層も、顧客として取り込んでいくことになるでしょう。 以前は住居不足といわれていたシラチャですが、現在は雨後のたけのこのようにあちこちでコンドミ...
2017.09.28
シラチャの生活情報

シラチャで賃貸オフィス不足

日系の工場がチョンブリ、ラヨーン・エリアに続々と進出しており、生活拠点として便利なシラチャに暮らす日本人の数は年々増加しています。 シラチャの発展と共にここにオフィスを構えたいという日系会社が増えていますが、市街地に賃貸オフィスは少なく、オフィスビルではなく、ホテルやコンドミニアムの一部がオフィスとして使われています。 日系企業が安心して入居できるクオリティのオフィス専用物件はなく、店舗物件やタウンハウスをオフィスとして代用するケースも見られます。 人口増加に伴いシラチャでは、コンドミニアムの建設や計画が急ピッチで進んでいますが、オフィス不足はまだ続きそうと話すのは、シラチャを中心にオフィス賃貸事業を営むタイ人のプラムークさん(本紙29面広告参照)。日系企業への賃貸経験が豊富なプラムークさんは、昨年から日本人の問い合わせが増え、オフィスの需要の高まりを感じると話します。 シラチャ市街から少し離れたスクムビット通り沿いにある昨年完成した7階建てのサクセス・ビルと、その少し先にあるナチャヤ・ビルは、プラムークさん自身がオーナーのビルで、日系企業が入居して...
2015.09.30
タイのニュース

駐在員、その家族など、増え続けるシラチャの日本人

大洪水のあと、日系の工場などが急激に集まるチョンブリー県の工業団地。そこで働く日本人の多くがシラチャー市に住む。タイの地元紙によると、チョンブリー県内で労働許可証を取得している日本人は、2014年は1万人にのぼり、前年の8千人よりも増えており、今年はさらに増えると見られる。 日本人学校も整備され、家族で滞在するケースも増えている。 しかし、シラチャーは住居施設が限られており、サービスアパートなどは96%の稼働率でほぼ満室の状態だ。 そのため、大手のデベロッパーなどが開発のため、土地などを購入しているが、シラチャー市内は有効利用できる土地が限られており、まとまった敷地を購入できないのがネックになっている。 土地代も急激に上がっており、2年前の2倍ほどになっている。 昨年売り出されたコンドミニアム「Zea Sriracha」は当初、1㎡8万バーツだったが今では1㎡12万バーツの販売価格で、それでも全585ユニットのうち残りは50ユニットとなっている。 日本人が住むサービスアパート等の家賃はバンコクの都心とそう変わらず、スタジオの24~55㎡で150...
2015.04.10
シラチャの生活情報

ヨシダ不動産のコンドミニアム販売物件「シーヒルコンドミニアム」

バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。 シーヒルコンドミニアムは、シラチャ中心部のロビンソンデパートからパタヤ方面へ車で約5分のスクムビット通り沿いに立地しています。いすゞ自動車ショールームの正面です。レムチャバン深海港まで10分、パタヤまで30分など立地の良さも魅力的です。 建物は20階建てA棟と、23階建てのB棟、C棟の3棟建てとなっており、総邸数は1145室で、完成は2016年末を予定しています。そのうちA、C棟がコンドミニアムでB棟をサービスアパートとして計画しています。間取りは1ベッドルームは35~50平米、2ベッドルームが60 ~70平米です。平米単価は4万5千バーツから6万6千バーツくらいで、これは時期によって変化していきます。昨今1ベッドルームの価格が軒並み300万バーツを越えているシラチャですが、その中で最安値が220万バーツの物件です。これはなぜかというと、デベロッパーが家族経営で、余分な経費を抑えているからだと思われます。人件費は少なく、また...
2015.02.03
ヨシダ不動産

「ヨシダ不動産」のコンドミニアム販売、マリーナベイフロント シラチャコンドミニアム

バンコクで不動産賃貸仲介を行なっている「ヨシダ不動産」が、このたび販売の事業を始めることになりました。ここではお勧め物件を紹介していきます。 シラチャ日本人居住区の海沿いに立地します。32階建て全273部屋ですが、活発なセールスをあげ、短期間のうちに残戸数、数邸となっております。モデルハウスも完成していない状況にもかかわらずです。驚きの人気です。 (特徴) ・日本人居住区。 ・海沿いでプライベートビーチの設置も検討中。 ・売主であるRCK プロパティーは、不動産開発、観光バス路線バス運行、トレーラーの製作まで手がける大手です。 ・建築主はタイ大手ゼネコンのイタルタイ。 ・敷地内にホテルが共同開発され、ACCOR社ノボテルが経営を担う。 ・ショッピングモール併設、現在日系店舗誘致中。 以前よりシラチャ、パタヤにおいては海沿い物件が少ないのですが、これは正真正銘の数少ない海沿いの物件です。さらに、有名ホテルのノボテルとの共同でプライベートビーチ開発が決定すれば、ビーチのないシラチャでは特別な存在となるでしょう。 かなり早い段階での好況な売れ行きで...
2015.11.11