喫茶、スイーツ、ケーキ

春らんまんコミック&カフェバー

「春らんまんコミック&カフェ・バー」では180バーツ以上の食事注文でビールorハイボール1杯進呈

  年中無休で24時営業の「春らんまんコミック&カフェ・バー」では、2月と3月の平日にお得なプロモーションを開催しています。 平日の12時から24時の間に180バーツ以上のお食事をされると、生ビールまたはハイボールを1杯サービス(20歳以上の方)いたします。しかも通常行っているお食事サービス(お食事ご注文でカフェ席1時間の席料無料)と併用できます。平日のプロモーションなので仕事帰りの食事にもお気軽にご利用下さい。 新刊雑誌やコミックは毎週入荷しているので、人気作品の最新刊を読みたいときは春カフェへお立ちより下さい。 また、カラオケルームもあるので、歓迎会や送別会、宴会の2次会にもご利用いただけます。お得なパック料金もあり、オススメは3時間歌い放題アルコール飲み放題+シェフお任せコース料理付きパックです。1人1000バーツで3時間お酒を飲みながらカラオケと食事が楽しめます。予約や問い合わせは下の広告を参照で。   2019年2月20日タイ自由ランド掲載 ->春らんまんComic Cafe & Barのホームページ ...
春らんまんコミック&カフェバー

忘年会は「春らんまんコミック&カフェ・バー」でカラオケ!3時間歌い放題!最大15人まで

  忘年会や新年会などの宴会にぜひご利用いただきたいのが「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」のカラオケルーム。最大15人まで入ることができます。おすすめは3時間歌い放題アルコール飲み放題でシェフのお任せコース料理付きのパックです。1人1000バーツ(+VAT)でワイワイみんなで楽しめます。 24時間いつでもカラオケを楽しむことができるので、利用したい日時をご予約下さい。 日本の最新カラオケシステムを導入しており、新曲から懐かしい曲まで歌うことができます。 ほかには3時間歌い放題でアルコール飲み放題のパックが1人600バーツ、3時間歌い放題ソフトドリンク飲み放題のお得なパックもあります。 春カフェでは、毎週日本から新刊コミックや週刊誌が入荷しているので、食事や読書だけのご利用もお気軽にどうぞ。 なお、上階にはコミックとDVDのレンタルコーナーがあるので、家で楽しみたい方は、ぜひ上階まで上がってみて下さい。   2018年11月20日タイ自由ランド掲載 ->春らんまんComic Cafe &...
ランチ

エカマイのUCCの直営店「ザUCCオリエンタル」は 日本の洋食もお勧め

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、エカマイのUCCの直営店「ザUCCオリエンタル」は 日本の洋食もお勧めについての記事を紹介しています。
ニュース

カンボジアでカフェ人気!そのうちタイブランドは45%

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、カンボジアでカフェ人気!そのうちタイブランドは45%についての記事を紹介しています。
春らんまんコミック&カフェバー

「春らんまんコミック&カフェ・バー」では家族や仲間でカラオケ3時間で1人300バーツ!

  スクムビット・ソイ39にある24時間営業の「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」では、カラオケルームも完備しており、24時間いつでもカラオケを楽しむことができます。日本の最新カラオケシステムなので、新曲から懐かしい曲まで歌うこともできます。 カフェ席と同様にフリードリンク制なので、ソフトドリンクは飲み放題ですが、3時間歌い放題でアルコール飲み放題のパックが1人600バーツ、3時間歌い放題アルコール飲み放題にアラカルトお食事付きのお得なパックも1人1000バーツで楽しめます。お食事は前菜、オードブル、サラダ、メイン、パスタなどとなっており、ビールやサワー、ウィスキーなどのアルコール飲料が飲み放題なので宴会やパーティーにも利用できます。 コミックカフェでは、毎週日本から新刊コミックや週刊誌が入荷しているので、続きが気になるコミックや最新の週刊誌などもお楽しみ下さい。 休憩時間もないので、お食事だけでの来店もお気軽にどうぞ。 なお、上階にはコミックとDVDのレンタルコーナーがあるので、家で楽しみたい方は、ぜひ上階まで上がってみて下さい。...
料理

ベトナム風サンドウイッチBanhMiバインミーと フルーツスムージーの専門店Glamour Smoothieがオープン

6月10日にSukhumvit 33/1のフジスーパー1号店近くのELLSIE Boutique MALLの1Fにベトナム風サンドウイッチ(BanhMi)バインミーとフルーツスムージーの専門店Glamour Smoothieがオープンしました。 店主はベトナムで食べたバインミーの味が忘れられないほど大好きで、ぜひバンコクの方にも食べていただきたいと店を開きました! そんな店主は日本でのパン職人の経験を元に、バンコクではおいしいと評判のConkey`s Bakeryの店主に相談し、ベトナムで食べたソフトフランスパンと同じ食感のフランスパンを約20回にも及ぶ試作を経て完成させたというこだわりようです! まさに、Glamour Smoothie ×Conkey`sBakeryならではのBanhMiの完成です。 さらに、健康志向のベジタブルスムージーも販売しています。 グリーンスムージーは、バンコクに住む多くの方の健康管理にぜひ、飲んでいただきたいと、オーナーが言っております。   →喫茶、スイーツ、ケーキ →シンガポ...
ニュース

フランスの高級ベーカリーレストランPAULがタイ人向け給料3万バーツ以上の層狙う

  フランスからの高級ベーカリーレストランとして、タイでフランチャイズ展開をしている「PAUL」。 エンポリアムやセントラル・エンバシーに出店しているが、女性のウィチュダー統括マネージャーによると、今までは60~70%が外国人の顧客だったが、今後はタイ人客の開拓にも力を入れていくとしている。 20~30歳代のビジネスマンやOLらを中心に、1ヵ月の収入が3万バーツ以上の層をターゲットにしており、昼間のランチボックスのデリバリーなども開始する。 また、フランス語だったメニューを英語も加え、タイ人が来やすい環境を整えており、トンロー通りの8トンローにも出店、今後の新店ではウィスドム内、アイコンサイアム、メガバンナーなどへの出店が決まっている。 出店に加かかる費用は、小規模なもので1000~1500万バーツ、大規模店では3000万バーツほどをかけているという。 2018年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
春らんまんコミック&カフェバー

春らんまんコミック&カフェ・バー」の宴会プランでパーティー

  新刊雑誌や漫画コミックが毎週入荷する「春らんまんコミック&カフェ・バー」は、年中無休の24時間営業で皆様のお越しをお待ちしています。 9時~22時の間に180バーツ以上の食事をすると1時間の時間代(120バーツ)が無料となるタイムサービスがあります。平日、祝日ともに毎日実施しているので、食事のみのご利用にも気軽にお立ち寄り下さい。 同店の5階にはコミックとDVDレンタルの「春らんまん書房」があります。DVDは邦画・洋画・ドラマ・アニメなど豊富な品揃えとなっております。 なお、レンタルコーナーの営業時間は11時から20時となっています。 またエグゼクティブファミリールームとファミリーカラオケルームでは、宴会プランもご利用いただけます。歌い放題+飲み放題+アラカルト料理が1000バーツで楽しめます。 お酒を飲まない人のためのお得なプランもあるので、お子様の誕生日会などにもご利用いただけます。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。 2018年5月5日タイ自由ランド掲載 ->春らんまんComic Cafe & ...
春らんまんコミック&カフェバー

「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」はソンクラーンも休まず営業!

  ソンクラーン期間も休まず営業いたします! スクムビット・ソイ39にある「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」は、ソンクラーン中も通常通り営業しているので、水かけから逃れて静かに過ごしたい人は、ぜひお越し下さい。24時間営業なので、いつでも入店できます。 毎週入荷する日本の雑誌やコミックの最新刊はもちろん、連載が終了した人気作品を一気読みするチャンスです。 朝9時から22時の間は180バーツ以上の食事を注文すると、1時間の席料相当(120バーツ)が無料になります。 また、カラオケルームでの、宴会プランで新たに1000バーツで歌い放題+飲み放題+アラカルト料理のコースが出来ました。歓迎会やお誕生日会などにご利用下さい。 さらに好評の席料込みで土日もご利用可能なカラオケ+飲み放題パックは3時間600バーツとなっております。カラオケ/ファミリールームはパーティーなどにもご利用いただけます。席料にフリーソフトドリンクも含まれているのでお得です。 休憩時間もないので、お食事だけでの来店もぜひどうぞ。 なお、4階と5階にはコ...
春らんまんコミック&カフェバー

「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」でモーニングサービス開始

  日本の雑誌や最新のコミックが毎週入荷している「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」では、朝6時~9時の間にご利用のお客さまに、トーストとゆで卵のサービスを始めました。トーストは、タイの有名店のものを月替わりで提供していく予定です。 コミック読み放題の平日パック6時間300バーツのほか、平日カラオケパックもあり、こちらは3時間300バーツです。 店内にあるパソコンでは蔵書の検索ができるので、作品名や作者名で読みたい作品を見つけることもできます。 さらに席料込みで土日もご利用可能なカラオケ飲み放題パックは3時間600バーツとなっております。カラオケ/ファミリールームはパーティーなどにもご利用いただけます。お子様やお友達との集まりにもピッタリ。席料にフリーソフトドリンクも含まれているのでお得です。 また、お食事割引の時間が9時から22時までにとなっており、これは時間内に180バーツ以上のフードメニューを注文すると、1時間の席料相当(120バーツ)が無料になります。食事だけでの来店もぜひどうぞ。なお、4階と5階にはレンタルコーナーもあり、家でじっく...
春らんまんコミック&カフェバー

「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」では日本からノートパソコンの輸入販売も開始いたしました

  日本の人気コミックや最新コミックが毎週入荷する「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」では、日本からノートパソコンの輸入販売も開始いたしました。 日本語キーボードで使いやすいのはもちろん、1年間の保証付き、ただいま日本で売れ筋人気ナンバー1のパソコンです。価格は1万5千バーツですが、ほかの商品もあるので、詳しくは電話:02-100-9102までお気軽にお問い合わせ下さい。 春カフェでは、カラオケ/ファミリールームでお誕生日会や送別会などにもご利用いただけます。カラオケの最新機器を導入しているので日本の新しい曲も歌えます。席料にフリーソフトドリンクも含まれているので、大変お得になっています。 平日パック6時間300バーツのほか、平日カラオケパックは3時間300バーツです。さらに席料込みで土日もご利用可能なカラオケ飲み放題パックは3時間600バーツとなっております。 好評だったお食事割引の時間が9時から22時までに拡大しているので、お食事も楽しんで下さい。 4階と5階にはレンタルコーナーもあります。 2018年3...
ランチ

オフィスで家庭で直営カフェでUCCコーヒー

 最近タイでは、いつでもどこでも気軽にコーヒーを楽しめるようになりましたが、本当においしいコーヒーを飲みたいと時は、お馴染みのUCCコーヒーをぜひどうぞ! オフィスでもご家庭でもカフェでも、淹れたてのコーヒーの香りと共に、やすらぎのひとときをお届けします。 タイ国内におけるUCCコーヒーのサービスを紹介いたします。 ①オフィスでUCCコーヒーオフィスで気軽に、リーズナブルにコーヒーが楽しめるのが、UCCのオフィス用コーヒーマシーンの貸し出しサービス。機器は無料で貸し出してくれて、別途コーヒー豆を注文するだけ。電話1本、日本語で注文すれば、オフィスに届けてもらえます。 1杯8バーツでオリジナルブレンドが味わえるドリップ式のマシーン(タイ自由ランドオフィスでも愛用中)や、1杯抽出タイプのキューリグコーヒーシステムがあります。 キューリグコーヒーシステムは、ポットいっぱいに作り置きする必要がないので、無駄がありません。専用の抽出機にK‐Cup®パックをセットしてボタンを押すだけ。30秒で淹れたてのコーヒーがカップ1杯分出てきます。 コーヒー6種類ほか、お茶、ジャスミン茶、ウーロン茶もあり...
ランチ

「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」ではカラオケルームも好評です

  日本の人気コミックや最新コミックが毎週入荷する「春らんまんコミック&カフェ・バー(春カフェ)」では、日本からノートパソコンの輸入販売も開始いたしました。 日本語キーボードで使いやすいのはもちろん、1年間の保証付き、ただいま日本で売れ筋人気ナンバー1のパソコンです。価格は1万5千バーツですが、ほかの商品もあるので、詳しくは電話:02-100-9102までお気軽にお問い合わせ下さい。 春カフェでは、カラオケ/ファミリールームでお誕生日会や送別会などにもご利用いただけます。カラオケの最新機器を導入しているので日本の新しい曲も歌えます。席料にフリーソフトドリンクも含まれているので、大変お得になっています。 また、2月も新刊コミックが続々と入荷中です。競技かるたの人気を高めた「ちはやふる(37巻)」、狩猟や放牧をして暮らしていた中央アジアの物語を緻密な絵で描いた「乙嫁語り(10巻)」など。 平日パック6時間300バーツのほか、平日カラオケパックは3時間300バーツです。さらに席料込みで土日もご利用可能なカラオケ飲み放題パックは3時間600バーツとなっ...
料理

タイ発カフェ・アマゾンが日本で4店へ

  タイのポート―トー(PTT)のガソリンスタンドには決まってある「カフェ・アマゾン」だが、その日本での第1号店・福島の川内村に続いて、今年は大阪、静岡、湘南で3店舗計画されており、日本ではフランチャイズとしてコドモ・エナジー社が運営している。 PTTによると、日本ではまず1店目に、チェンマイと同じように自然がきれいな福島に出店し、この7月1日には安倍首相も来店している。コーヒーはタイよりも少し薄めで、1杯は120バーツほど。グリーンカレーなども置いているという。 現在、外国での展開は63店舗だが、今年中にこれを130店舗まで拡げるという。カンボジア70店、ラオス40店、そのほか日本、ミャンマー、オマーンなどで、さらに現在、マレーシア、シンガポール、中国で出店のためパートナーを探しているという。 2017年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
タイのニュース

1日4000個売れる!チーズケーキ、チーズタルトのPABLO

チーズケーキ、チーズタルトの「パブロ(PABLO)」が日本からタイに進出し、1号店をサイアム・パラゴンにオープンした。経営はバイヨク・グループによるもので、同グループは矢場とんや世界のやまちゃんなども日本から誘致している。 内装等に5000万バーツほどをかけ、列が出来るほどの人気で、1日に4000個を売り上げているという。1つ平均100バーツとして1日に40万バーツの売り上げになる計算。 目標の売り上げは1年で1億5000万バーツといい、学生や若い人向けにネット上で宣伝やイベントをしていくとしており、今年は支店も増やしていくとしている。 2011年8月、大阪・梅田発祥のチーズケーキ、チーズタルトの店だが、こだわりの手作りの焼きたてで、日本国内で店舗を増やしており、外国では韓国、台湾、フィリピンに次いで4番目となる。 2017年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->チーズケーキ、チーズタルトの「パブロ(PABLO)」のホームページ ->PABLO Bangkok Siam Paragon Mall店がオープンします。〈タイ1号店〉...
喫茶、スイーツ、ケーキ

UCCタイランドが新商品発売!

日本でもお馴染み! UCCコーヒーで知られるUCCタイランドからこの度、新商品が販売されました! タイ産コーヒー豆100%を使ったクリーミーカフェラテの登場です。330mlのペッドボトル入りで1本26バーツ。バンコクのコンビニで販売しておりますので、見つけた際はぜひ試してみて下さい。 ペットボトル飲料ですが、中のコーヒーはハンドドリップ式で1滴1滴丁寧に抽出したこだわりのものを使用しています。 大釜で煮立てたコーヒーを使用するのが一般的ななか、UCCならではのこだわりで、ハンドドリップを再現した大型ドリップマシーンで抽出しているため、引き立ての豆の香りや奥深い味わいが楽しめます。色づけのためのインスタントコーヒー等も使用しておらず、100%ドリップ抽出のコーヒー使用です。 さらに、タイでは貴重な甘さ控え目の日本のラテに近い味わいに仕上げました。 タイ現地での製造販売のため、値段も26バーツと、低価格で提供できるのも魅力です。 UCCのこだわりが詰まった、タイ限定販売のカフェラテ。この機会にぜひ試してみて下さい。 ...
タイ関連コラム

タイで出会って夫婦で挑戦!いちご栽培、日本のケーキ作り

タイでは貴重な日本種のいちごの栽培に成功した日本人、伊奈純一さん(42歳)。 6年ほど前からチェンライの山奥、ドイワーウィーで日本のいちご栽培をはじめ、現在は、カオヤイで日本種のいちご、さつまいも、トマトを栽培しています。 どの品種も収穫できるようになるまで3年以上かかったといい、販売できる品質までに仕上がったのはここ1年ほど。 知人の紹介や口コミ等で、バンコクの各飲食店で取り扱ってもらえるようになり、普段はカオヤイにいる純一さんですが、バンコクに訪れた際には、直接、卸先の飲食店などに出向き、消費者の声を聞きながら販売をします。 純一さんの作ったさつまいもやトマトを使用したスイーツの販売をはじめたのが、ソイ33/1の日本のケーキ店「ミカノムケーキ」。女性パティシエの伊奈美佳さん(35歳)は、実は純一さんの奥さんでもあります。 農業をしている旦那さんと、パティシエの奥さんという意外な組み合わせのご夫婦ですが、2人の出会いはバンコク。共通の知人を通じて知り合ったとのことで、出会って3か月で純一さんが美佳さんにプロポーズし、結婚が決まりました。 ...
パブ、バー

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。 この料金に含まれるものとして、 ①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。 ②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。 ③紙面に載せた記事と広告をホームページ1ページ分として作成します。 まだホームページがない、という店もこの1ページ分を宣伝に利用できます! ④店の詳細をホームページ1ページ分として作成...