ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

トヨタがタイでようやく EV(電気自動車)の生産に向かう。 4月29日、管轄するサンパーサミット局と覚書きを交わし、日本車では初めてタイでの減税などに沿ったEV製造を行うことになった 。 EVによる輸入減税40%や、サンパサーミット局の減税8%→2%、1台につき補助金7万バーツなどだがまず、6千台を見込んでいるという。 すでに3月には中国系のグレートウォールモーター社やMG社が今年のタイでのEV輸 ...

ニュース,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

建設が予定されている路線タオプーン~ラーブラナのパープルライン南側については、この8月から工事が始まる予定で、タイ政府の貸付けなどで工事代を捻出する。 完成まで5年半かかるため、2027年末の完成を目ざす。 タオプーン~ラーブラナの23.6 ㎞ で、事業費820億バーツの大規模なものだが、そのうち地下鉄10駅、高架7駅となり、完成まで5年半かかる予定。 2022年5月20日 タイ自由ランド掲載 関 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

コロナにより失った外国人観光客を呼び戻すため、この5月からPCR検査なしなど、様々な入国への緩和策が進んでいるが、タイがたよりにする中国はまだ、国内の感染を防いでいる状態で、中国人の外国への観光が望めない。 それに代わる国といえばもう一つの大国インド。 3月1日からはタイインドの往復も増便され、特にインド人の若い層の誘致を行っている。全人口14億人のうち、25歳以下が42%で、約6億人が対象となる ...

ニュース,未分類,タイのニュース

最近はタイでもミシュランガイドに載った店が繁盛するなど、タイでのミシュランガイドの星の価値が高まっているが、今年末に出る2022年版には新たにイサーンの4県の店が掲載されることになりそう。 これまでバンコクのほか、アユタヤ、チェンマイ、プーケット、パンガーの店が紹介されているが、イサーン地方ではナコンラチャシーマー、ウボンラチャタニー、コンケン、ウドンタニーの4県の店が加わることになる。タイ観光庁 ...

ニュース,中国人,未分類,タイのニュース

4月30日の地元紙の報道によると、パタヤで麻薬パーティーを開いていた外国人らが摘発された。 場所は中央パタヤのサード通りの5階建ての建物で、そこに入るのには入り口で暗証番号を入れないと入れない。 地元民らの通報により捜査しており、中央警察や、入国管理局などが乗り込んだ。 タイ人のほか、中国人の5人やミャンマー人5人など、ヤー・ケタミン3袋など、証拠品として押収した。 2022年5月20日 タイ自由 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

5月1日からワクチン接種をしている場合、タイ到着時のPCR検査も必要なし、ということで、外国人観光客がドッと押し寄せている。 また、国境も開かれて自由に行き来ができるようになっている。ただ一部はまだのところがある。 また、タイのコロナの新規感染者は1日1万人を切り、着実にその数は減っており、次はいつマスク義務が解除されるのか、といったところだろう。 2022年5月20日 タイ自由ランド掲載 関連リ ...

ニュース,未分類,タイのニュース

現在、ドリアンが出回る時期だが、中国への輸出もコロナの影響で厳しくなっているため、タイ国内の需要を喚起するため、CP グループでは「LetsLet's DORIAN」と題して店の前でドリアン販売を開始しており、CPグループの店など500ヵ所で販売している。 ロータスやCPフレッシュ、セブンイレブンの前での販売で、同時に販売員も募集しているという。CPグループが直接、チャンタブリーやイサーンのドリア ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

コロナ禍の間に工事が進むイエローライン(ラプラオ~サムローン)とピンクライン(ケーラーイ~ミンブリー)については今年の完成を見込んでいたが、少々、遅れており、9~12月ごろに一部を無料開放し、12月に一部オープン。 全体のオープンは来年中ごろになるとしている。 コロナにより工事の労働者不足になったことや、外国の技術者が来れなかったことで工事の遅れが出たと交通省副大臣が説明している。 イエローライン ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイでの就労については、ここ2年以上、コロナの影響で最低賃金も上がっておらず、バンコクは1日331バーツの状態で、それで一方で、物価が徐々に上がっており、簡素なおかずのせごはんも40バーツ→50バーツなどとジリジリ上がっている。 そんななか、タイ商工会議所大学の学長によると、労働組合が4月なかばに給料1ヵ月15,000バーツに届かないタイ人の1,260人を対象に調べたところ、99%は借金があるとし ...

タイのニュース

No Image

 バンコク都によると、タイ人の高齢者は年々増加しており、15年先には高齢化社会に突入するとしている。 全国では60歳以上が993万人おり、バンコク都内では973000人にのぼる。医療の発達等により、高齢者が増え、バンコク都内で100歳以上の人口は4352人にのぼる。 地区別では①ドゥシット地区465人②バンコクノーイ地区413人③ワッタナー地区327人④チャトチャク地区317人⑤ラチャテ ...

タイのニュース

No Image

タイでは、タイ人向けアパートに似た、女子学生や若い女性専用などの寮がある。「ホーパック」と呼ばれるもので、アパートの形をしたものから、商業長屋の2階から上を改装したようなところなど様々だが、女性向けでは男性の立ち入り禁止で、例え親でも入れてもらえないところも多い。 この手の寮について、バンコク都では現在、956ヵ所があるとされるが、そのうち許可登録しているのは426ヵ所に過ぎず、今後、厳格に取り締 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

タイの入国に際しても徐々に緩和されているのでチェックしておくことが必要だろう。まず、タイでの渡航で、事前のPCR 検査は必要ない。 だが、タイへ入国する際にはPCR検査が必要で、5日後のセルフATK検査も必要。あとは医療保険として2万ドル以上の保険をかけておくこと。   2022年4月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイの地元紙で掲載されるニュース11 ->タイの ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

CPグループのマグノリア・クオリティー・ディベロップメント社が開発している「ザ・フォレスティアズ(The Forestias)」だが、バンナー通りの7キロ地点にようやくその全ぼうが見えてきている状態だが、バンナー通りの高速道路からもその工事の光景は見える。高齢者向けのザ・エスペントゥリーなどが先に建設されている模様。発表によると、これまでの全体の販売では172億バーツを売り切っているとしており、全 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

EV 電気自動車の話題が次々に出ており、その多くが中国からの輸入にたよるものだが、タイ事業家ピタヤー氏により、EVプライマス社を起こし、今年中にはEVを中国とインドネシアから輸入する計画という。 SUV主体になるとしており、DFSK(Dongfeng) グローリーi-AUTOなどを輸入するもので、その中ですでに中国で人気があるミニEVについても輸入して、タイでは30万バーツほどでの販売を検討してい ...

タイ関連コラム,タイのニュース

No Image
タイ自由ランドのある、スクムビット・ソイ41内は通り沿いに駐車ができて、毎日、入れ替わりで片側のみ駐車が可能。 タイ中央警察によると、管轄の警察署に通達を出し、ソイ内の交通渋滞解消のため、広くてもせまくても、奇数日と偶数日で交互に片側のみ駐車を可能とし、両側に停めてある場合は厳格に取り締まるよう指示を出している。 ソイ41などは行きどまりのソイで、以前より毎日交互に片側のみ駐車可能で、毎日、朝早く ...

タイのニュース,シラチャの生活情報,新規コンドミニアム

No Image
大洪水のあと、日系の工場などが急激に集まるチョンブリー県の工業団地。そこで働く日本人の多くがシラチャー市に住む。タイの地元紙によると、チョンブリー県内で労働許可証を取得している日本人は、2014年は1万人にのぼり、前年の8千人よりも増えており、今年はさらに増えると見られる。 日本人学校も整備され、家族で滞在するケースも増えている。 しかし、シラチャーは住居施設が限られており、サービスアパートなどは ...

タイのニュース,新規コンドミニアム

No Image
BTSや地下鉄の駅界隈ではコンドミニアムが次々に建てられ、タイ人も郊外の一軒家を買うより、コンドミニアムの一室を買う方向に向いている。 しかし現在、タイの景気はよくないといわれ、家を買う際のローンが通らない率も34~40%にも増えている。 カシコン銀行の住宅ローン担当によると、ローン拒否の傾向は昨年よりも増えており、38%ほどに達しているという。ローン拒否の理由では、①すでに車などのローンが家庭内 ...

タイのニュース

  インターネットから申し込みができるため、タイのバンコクでも駅に近いホテルが好まれ、小規模なホテルも次々に出来ている状態だ。 最近は街中にカプセル風のドミトリーなどもあらわれ、agodaを見ると、ペッブリー通りのソイ15にホステルの名前で2000円ほどで泊まれるところもある。 しかし、タイホテル協会などによると、タイ全国で許可なし営業をしているホテルは5000以上あるとしており、現在、 ...

ニュース,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

トヨタのベロッツ(Veloz)は、この2月24日にタイでお披露目された。インドネシアからの輸入で、タイですでに浸透している同じくインドネシアからのアバンザの高級志向。タイ人が好きな7人乗り、というのがタイ人の選ぶ理由となるだろう。手頃な価格も魅力で、スマートは795,000バーツ、プレミアムは875,000バーツ。ホンダの BR-Vなどがライバル車となる。   2022年3月20日 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

MRT地下鉄を運営するBEMが、MRTAとタイ観光庁と協力して、タイ人の観光促進、路線利用の促進のため、Happy Journey with BEM と題して、「立ち寄って、味見して、遊んでもらう」ため、ヤワラート(チャイナタウン)を中心とする地区5駅を無料開放する。今年末までの措置。 無料になるのはブルーラインのサムヤーン駅、ファランポーン駅、ワットマンコン駅、サナムチャイ駅、イサラパープ駅の5 ...

ニュース,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

一昔前はタイでもサッカーのリバプールのユニフォームやアディダスのスポーツシャツ、T シャツなどがタラートなどで売られていたが、今ではこれらのニセブランドの服も一掃されており、表向きには販売されていない。 米国の通商部が発表した知的財産権を侵害する商品を販売している国としてタイは取り上げられず、初めてクリーンなイメージの国として定着することになった。 タイの知的財産局では、タイでの投資の助けとなり、 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでのEVV電気自動車の普及については、タイ政府の支援のもと、急速に進んでいるが、昨年はタイ陸運局での登録は1,955台に過ぎなかったが、今年は90%以上を占めるMGとグレートウォールモーターがけん引し、さらに普及する予定。普及には、チャージ場所の拡充が欠かせないが、タイ政府の支援のもと徐々に拡大している。 また、 MGは今年は新たに3車種を見込み、3月23日からのインパクトのモーターショー向け ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

バンコク都のセミナーによると、路線のグレーライン、ワチャラポン~トンローの路線については、工事はタ―プラまでの3期に分かれ、完成は2030年ころになるとしている。 現在、建設中のピンクライン、ケーラーイ~ミンブリーのワチャラポン駅からトンロー通りの16.3㎞、15駅でモノレールの建設。 続いて、2期はプラカノンからルンピニの12.2㎞、10駅。そして3期はルンピニからタープラの11.5㎞の9駅とな ...

ニュース,未分類,タイのニュース

2月23日にオンラインカジノなどをしていた韓国人らが逮捕された。場所はサムットプラカンのパンプリー地区、ノーブルホームで行なっていた。 タイ警察が部屋に乗り込むと、パソコンに向かう男性ら5人。ハクジョン30歳など。コンピューター12台、スマホ7台などを押収した。 2019年初めからタイでオンラインの賭けを開いていたという。バカラやフットボール、スロットマシーン、カジノ、ゲームなど。タイの銀行の口座 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイでは今年も出回るくだものが、おいしい季節になったが、ドリアンは中国人に人気があり、全体の45%を中国で消費しており、コロナの状況でも昨年の実績では千億バーツ以上になる。 関係機関も最近はクオリティを重視しており、陸での輸出もラオスやベトナム、中国でも整備されている。 生産で多いのは、東部経済回廊(EEC) に近い、ラヨーン、チャンタブリー、トラートの3県で、ドリアンやマンゴスチン、ランプータン ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイではこの2月から外国人の隔離なし受け入れが始まったが、今後の外国人旅行者の誘致が急務となっており、新市場の開拓も様々考えられている。 タイ観光庁では、タイの若い人にもドラマで人気の韓国の同性愛者について、話題性もあり、韓国などから誘致を受け入れたいとしている。ドラマや映画のロケーションとしても話題となれば、外国からの誘致も進む。 また、タイでの留学で、中国人の学生の誘致を展開したいとしているが ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでの EV電気自動車については、昨年の販売は1,900台ほどだったが、今年はタイ政府の後押しを受けて急速に拡大するものと見られる。ただ、チャージ場所の整備が十分に整っていないなどで、購入を踏みとどまる人も多い。 タイでは実際のEV販売については、中国車が主導しており、MGやグレートウォールモーターの輸入車などが出回っているが、タイ政府による後押しではこの5月から、200万バーツ以下の EV車に ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

中国と組んでEV電気自動車に力を入れているタイ最大企業CPグループは、3年前から立ち上げているCP-FOTONセール社によると、今年は商業用の大型車は600台販売を見込んでおり、昨年はタイ国内で310台の販売実績だった。 中国のFOTONモーターグループと組んで、タイ向けに展開しているもの。そのほか、ミニバスも供給が拡がるとしており、今年中ごろから納車されるという。 CPは中国のSAICモーターと ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイ警察はオンラインでのSNSや、電話などを使った詐欺などに気をつけるよう呼びかけている。 タイ人がだまされるケースとしては、外国人であることでお金持ち、顔立ちがよいと見せかけて、タイ人女性40歳以上をねらい、信じさせて商品などを自国から送り、関税や運送費がかかる、税金がかかると電話をして費用をだましとるケース。タイ人の共謀者がおり、担当官の役割をする。 そのほか、オンライン投資を呼びかけ、誘いに ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報,催し、イベント

コロナ禍でここ2年余りは催し、イベントは中止を繰り返したが、今年に入ってまたオミクロン株で催し中止は続くのかと思われたが、感染による重症度が低く、コロナにかかっても経済を回していくことが重要視され、タイでもようやく催し、イベントが開催されるようになってきた。 ムアントンタニーのインパクトでは、3月に入って5つの催しが予定されており、3月3日から6日まではおなじみのベビー&キッズベストバイが ...

タイのニュース,起業、会社設立、会計、経理

No Image
デモなどにより、外国人旅行者が激減し、タイ国内の旅行業界が大打撃を受けたが、政権が安定するとともに徐々に中国人旅行者なども回復しているが、一方で、タイ人がタイ国内での旅行をもっと行ってもらうよう、タイ政府は、旅行での支出を個人、会社とも所得税控除できるよう、取りはからった。 タイ税務局によると、期間は2014年9月1日から2015年12月31日までで、個人の場合は、旅行でのホテル、パッケージツアー ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

インフレの波が止まらない。バンコクの日本料理店でも値上がりしているところが目立ち、2人でランチセットを食べて1,000バーツでおつりが少し、という感じで、いまや、定食が350~450バーツほどはあたりまえ。 材料の生鮮食品は豚肉や鶏肉、卵なども値上げ、消費財も上がっている。 さらに、輸送費や人件費も上がっていて、日本料理店なども、それを価格に転嫁せざるを得ない状況だ。まだ値上がりしていない店も今後 ...

ニュース,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイ人がだまされて、カンボジアで「奴隷の仕事をさせられている」と報道された。 タイローカル紙によると、タイに逃げ帰ってきたタイ人の通報で発覚し、グループのタイ側あっせんの夫婦が逮捕された。 「簡単な仕事、よい収入」と ウェブに求人募集を出し、やって来た人をサケーオの国境を越えてカンボジアに引き渡し、そのグループ内で働かせていた。 いわゆる「コールセンター」といわれており、グループには指示を出す中国 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,バンスーの開発,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

バンコクのターミナル駅となるバンスー中央駅から、始めて発着となるレッドラインが、昨年11月に正式オープンしたが、徐々に増えた利用者も新型コロナのオミクロン株で少し減り、現在、1日8千人の利用者がある。 バンスー中央駅はワクチン接種会場でもあり、駅利用者とは別の利用もある。 管理するタイ国鉄道では、バンスー中央駅とレッドラインの12駅の広告、商業スペースや広告看板など、5 平米の民間請負をこの2月中 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

今年中ごろから徐々にオープンが予定されているピンクラインのミンブリー~ケーラーイ、イエローラインのサムローン~ラプラオのモノレールについては、このコロナ禍で失業者が多く出ているなか、BTSでは大量に求人募集を行うとしている。 職種は 1 ピンク、イエロー、グリーンの各ラインの技術者、技術担当者 2 モノレールの両ラインの各駅の担当者 3 モノレール各駅の駅長、駅長補佐などで、 www.bts.co ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイの社会福祉カードとして、貧困層を対象としている貧困カードについて、タイ政府によると、2022年に新たに条件を明確にして登録を受け付け、これまでの1,345万人から今年の登録はコロナの影響などもあり、2千万人が見込まれるとしている。 貧困カードの登録ができる人の条件は、タイ国籍で18歳以上、1年の収入が10万バーツ以下、同じく家族内でも10万バーツ以下、クレジットカードを所持していない、などで、 ...

ウタパオ空港,ニュース,EEC,高速鉄道,CPグループ,ドンムアン空港,スワンナプーム空港,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備

3空港、ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの各空港を結ぶ高速鉄道の建設はCPグループにより始まっているが、そのあとのウタパオ空港からラヨーン、チャンタブリー、トラートまでの延長については今後、タイ国鉄道が設計等を民間に委託して行うとしており、2025年に内閣で承認を取り、2026年ごろの着工になるとしている。 その場合、まず優先的に CPグループが引き続き建設する場合はそれに決定、CPグループが ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース

バンコク都では、国民に歩道を取り戻せ!と、屋台などの規制が続けられ、500ヵ所以上、12,000軒の固定の屋台販売が禁止された。 衛生上の観点などからも、また外国人が旅行で来ても安全に清潔に食事が出来るよう、また、タイ人が歩きやすいよう屋台を整えよう、などが禁止の理由だが、今回、バンコク都では新しく屋台を復活してよいところとして20地区、78ヵ所を上げていて、屋台販売が許可される模様。 車線が4車 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

MRTの利用で、ブルーラインとパープルラインで4月30日までプロモーションを実施しており、距離に関係なく、1回利用で費用がかかる仕組み。そのため例えば、毎日出勤でブルーラインとパープルラインを使って、片道70バーツかかる人は、50回使用で2,250バーツのカードを買うと、1回当たり45バーツで済み、25バーツお得。カードは30日間の間で使用すればよい。 現在、両ライン合わせて21万人が利用しており ...

ニュース,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイでは窓をあけていると、蚊に悩まされることは多いが、蚊を介するデング熱は、このコロナ禍の中で減っていることがわかった。タイローカル紙によると、バンコク都では2021年のデング熱の患者は1,689人で死者は0。新型コロナで気をつける人が増えているとしているが、今年2022年はデング熱が増えるだろう、という。 2022年2月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク >タイのニュース->タイ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

バンコクではようやく、街中には車が戻ってきて、渋滞が発生し、公共機関の利用も徐々に増えて来ている。 タイ陸運局によると、MRTやBTS、エアポートレイルリンク、その他の列車の利用者は全体で1日60~70万人で、コロナ前の2019年の120万人に比べると60%ほどだが、徐々に人は戻ってきているという。 新型コロナのオミクロン株が出てきて、この1月は40~50万人に減ったが、2月に入り徐々に戻って来て ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

今年2022年の興味深い成長事業をタイ商務省では上げており、まず1位はEコマース。いわゆるプラットフォームのネット事業で、コロナ禍で外出を控えてネットにアクセスする人が多く、急成長を遂げている。 2位は、それに伴うデリバリーや運送、ロジスティック事業。購入した商品を自宅まで届けてもらうなど、居ながらにして商品を受け取ることができる。 3位は、漢方薬、薬。新型コロナのオミクロン株の予防でも健康への関 ...

タイのニュース,起業、会社設立、会計、経理,ゴルフ、トラベル、旅行

No Image

経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。 これは、日本人などでもタイで働いている人なら、関係する話だが、上限の経費は2万バーツまでで、タイ国内の許可を取っているホテルでの宿泊や、許可を取っている業者のツアーを利用する場合など。 まもなく、ハイシー ...

タイのニュース

タイの人気女優ピンキーがハイソーとの結婚を発表。披露宴は9月12日の予定。 タイではハイソーと結婚するのが、有名になった女優や女性タレントの願望であり、それが実った形だ。 女優を続けるかどうかは「それはわからないが、しばらくはいっしょにいたい」とピンキーは話している。 お相手のハイソーはペット・チャワリットで、パタヤーの大地主。コンドミニアム「COVE」のオーナーで不動産業のほか、映画事業も手がけ ...

タイ関連コラム,タイのニュース,日本料理店

日本料理店がタイで定着しているなか、そのほかの外国の料理店も次々に日本料理に負けじとタイに進出している。 タイ人の間では定着した「キムチ」。韓流ドラマの人気で、タイ料理の「辛い」と共通点のある韓国料理はタイ人にすんなり受け入れられている。 そんななか、海外などにも展開する韓国の「スクールフード」が昨年の10月のタイでのオープン以来、今後5年間で10店を新たにつくるという。投資額は1店当たり、800 ...

タイのニュース,バンコクの開発

日本人が多く住むBTSプロンポン駅周辺が、ザ・モール・グループの開発によって、さらに活気あるものとなりそうだ。 同グループのサイアムパラゴン、エンポリアムの成功により、今後の開発プロジェクトも期待されるが現在、エンポリアムの改装に入っており、向かいのエムクオーティアーの完成と合わせ、今年末オープンを目ざしている。 さらにベンチャシリ公園からソイ22に至る広大な敷地でもエムスフィアーを建設予定で、こ ...

ニュース,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

バンコクに張りめぐらされる路線網の仕上げに向かっているなか、その一つ、ノンタブリー~バンコク~サムットプラカンを結ぶ大規模なパープルラインの南側は、タイ国鉄道によると、タオプーン~ラッブラナで、その工事は合わせて6契約になり、事業費は全体で780億バーツ。 現在、入札しており、この3月には契約を結ぶとしている。民間とのppp方式によるもの。 5年半の工事で、2027年末には完成の見込み。10駅が地 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

タイ政府によると、新型コロナのオミクロン株がまん延するなかで、規制を改正し、この2月1日から3月31日までの期間は次のようになる、としている。 まず、タイ全国を色分けしていた地区で、赤はなく、オレンジ地区は44県、黄色25地区、青色8地区とし、黄、青はレストランでの飲酒を午後9時から11時までに引き延ばす。青色地区は、バンコク、カンチャナブリー、クラビー、チョンブリー、ノンタブリー、パトムタニー、 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイローカル紙によると、1月20日午前11時、ツーリストポリスとPCT警察が、中国大使館の協力で、スクムビットのソイ39のコンドミニアムで中国人7人を逮捕した。 中国からタイに逃げてきており、タイでコールセンター、オンラインのかけをやっており、1億バーツほどを扱っていた。 ほかに、ナラティワートとマッカサンのコンドミニアムを拠点としており、別途3人が逮捕された。   2022年2月5日 ...

タイのニュース

No Image
タイ国軍主導による政権で、公務員の規律を正す、として、ワイロなどを一掃するとしており、日本人にとっても各種許可証の更新やビザ関連などでワイロを使っていた人も今後は正規取得が徹底される模様。 これは以前、インラック政権が就いた時も行われたもので、「規律を正す」行為がいつまで続くのかは未知数だ。 同じように「規律を正す」こととして、路上の物売りについても今後は厳しく取り締まるとしており、さしあたって都 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 タイでアマタナコンやアマタシティー、さらにベトナムでも工業団地を開発するアマタが、ラオスで「スマートシティー」を創設し、工業団地を開発する。 2,562ライに及ぶものだが、ウィクロムCEOによると、ラオス政府の許可がおり、今年中に開発し、企業の誘致などを進めるとしている。 ロジスティックや機械、自動車、プラスチック、加工食品など多岐に渡る。タイ、中国、日本などからの投資を中心に考えているという。 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

2021年のタイ国内の車販売は76万台で、2020年より4%減となった。 タイローカル紙によると、バンコク日本人商工会議所の調べでは、ベンツなど高級車を除いて、2021年の全体の販売台数は76万台で、コロナ禍で生産のための人手不足や、部品供給のための工場の一時閉鎖などで、生産は減少したが、2022年は85万台を予測できるという。 第1位はトヨタだが、2020年より1.8%減、ピックアップ主体のイス ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

今年に入って物価の値上がりが止まらず、ドリンクやオイル類も価格を抑えるのが難しく、鶏肉や豚肉もタイ政府の統制により、かろうじて値上げを踏みとどまっている状態。しかし、マクロやビッグC、ロータスでは値上げが許可される模様で、末端のレストランや消費者向けの店舗販売も一斉に商品の値上げに踏み切りそうだ。 街中のタイごはんなども10~20バーツの値上げは避けられそうにない模様。 物価の値上げに伴い、人件費 ...

タイのニュース

No Image

タイでは一時、ごみの仕分けの機運が高まったこともあるが、基本的にはタイ人は仕分けをせず、そのまま近くにあるゴミ集積場に一括してゴミを出している状態で、日本のようなリサイクルのシステムが確立していない。 タイ厚生省などによると、タイでは1日に41532トンのゴミが出され、1年では1500万トンにのぼる。そのうちバンコクは1日8766トンで、全国の21%も占めるゴミが排出されている。 ゴミ埋め立てなど ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイで大型バスを提供しているネックスポイント社によると、2022年は2億バーツの投資により、EV(電気自動車)のミニバスを470台用意するという。 すでに10路線の地方への路線の許可を取っており、まず東部への5路線で、1路線30台、合わせて150台、 各20席のEV 電気バスを用意する。運賃は100~120バーツとなる予定。 バンコク~パタヤ、バンコク~ラヨーン、バンコク~サタヒップ、バンコク~シ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報,催し、イベント

新型コロナのオミクロン株の感染者が急増して、次々にタイの芸能人の感染が報道され、再び予断を許さない状況だ(1月7日)。このままでは、1月中旬から予定されていたパブやバーのオープン許可も延期されそうだ。 また、イベントや催しの開催も1~2月は難しい状況。 それだけではなく、一般の飲食店での食事の制限も再び出てくる恐れがある。 感染者が増えてもワクチン接種をしているので、症状が深刻になる人が少ないため ...

ニュース,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸オフィス、工場レンタル

コロナのあとはタイ人の関心の高い健康施設!ということで、3年たったスポーツ・ウェルネス&ライフスタイルコミュニティーのスタジアムワン(Stadium One)ではテナントを募集している。詳しくstadiumone.netで。賃貸は1平米400バーツからの募集。 タイ人の間では徐々に健康に関心が高まっており、特に15~40歳の2,400万人が一番関心が高く、続いて60歳以上の1,110万人と続く。 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

  メタバースは今年のトレンドだが、これはアバターなどを使いネット上の仮想空間で買い物をしたり、働いたりするもので、どちらかというとTikTokなど、中国の影響を大きく受けるタイなので、中国から押し寄せてくれば、その波に乗るだろう。 いずれにしても、リアルの賃貸オフィスなどは今後、徐々に縮少の方向が予想される。そうなると現在、建設中の複合施設(ミクスドユース)などは、商業施設やコンドミニアム、ホテ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

2022年を迎え、1月2日の当局の発表では、コロナの新規感染者は3,112人で死者12人だったが、7日の発表では新規感染者数は7,256人、死者19人。ワクチンの接種が進み、新規感染者はいったんは減少したが、感染力の高いオミクロン株が出てきて、予断を許さない状況だ。 なお、タイでワクチン接種は2021年2月から2022年1月1日まで、2回接種済みは4,615万人にのぼり、3回目接種済みも700万人 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイの消費財が値上がりしており、物価の上昇がまた行われそうだ。野菜や豚肉も値上がりしており、特にパクチーや大根、パクブンなどは2倍以上。 タイ政府が物価を統制しているが、生産者などはこのコロナ禍で耐えており、現在、年末年始のプロモーションの時期だが、そのあとは物価は10~12%上がるだろう、と見られている。 それにともない、タイの庶民向けに売られているタイラーメンなども40~50バーツが50~60 ...

ニュース,ネット関連,ネット販売,未分類,タイのニュース

タイでのデリバリーサービスでは、バイク便でよく見かけるのがGrabやLINE MAN、フードパンダなどだが、新たにninja vanという、新興のスタートアップもタイに乗り込み、宅配便サービスを行っている。 5年前にシンガポールからやって来て、東南アジアでサービスを展開しているのが特徴だ。シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシアに拠点があり、今年は中国のアリババも投資をし ...

ニュース,未分類,コロナ感染,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでは電気自動車(EV) の先導役となっているのがMGだが、2021年はEV以外を含め全体で3万台ほどの販売となり、2020年より6%増。しかし、目標達成には届かず、その理由として「部品不足でオーダー通りの供給ができていない」「コロナ禍で供給が遅れている」などとしている。 MGは中国の大手とタイのCPがSAICモーター- CPを設立し、タイで販売しているもので、EVについては2022年向けには少 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイの自動車協会によると、2021年の自動車生産についてはまだ最終集計ではないが、生産は170万~180万台となり、前年の160万台より増加している。 12月のモーターエキスポも予約台数31,583台で、 目標を上回った。 また、2021年のタイ国内販売向け生産は75万台ほどで、前年の79万台より少ないが、これは部品不足などで生産が遅れたことやコロナも影響している。 今年はタイ政府の外国人受け入れ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

タイで初の大型アウトレットモールとして2019年8月にオープンした「セントラル・ビレッジ」は、ブランド品など220店が集結し当初、中国人観光客など順調に訪れていたが、その後、コロナ禍で2020年3月ごろから外国人旅行者が来なくなり、それでも2年間ほどタイ国内のタイ人需要で乗り切っており、この2022年1月28日にはフェース2として、敷地100ライのうち、70ライを使っているため、残り30ライを使い ...

ニュース,バンコクの開発,スワンナプーム空港,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

バンナーからスワンナプーム空港への高架路線については、2029年にオープンを目ざすことがわかった。 バンコク副知事によると、民間企業のPPP方式による開発で、19.7 kmに14駅を設けて、第1フェースはバンナー~タナシティーで12駅、第2フェースはタナシティー~スワンナプーム空港の2駅としており、当初は1日56,000人の利用者、のち2033年には113,000人を見込んでいる。 バンナー通りは ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイ版のミシュランガイドが発表され、2022年版のミシュランガイド・バンコク・アユタヤ・チェンマイ・プーケット・パンガーの2ツ星は6店、1ツ星は26店でうち新規は6店、ビブグルマンは133店で、そのうち新規33店、そのほか、ミシュランガイドが推せんする店が196店で、そのうち51店が新規。 2022年1月5日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ...

ニュース,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

BTSラチャダムリ駅のそばにあるナンタワンビルについて、タイローカル紙によると、2021年末までで契約終了となり、所有者のタイ大林組では新たな長期賃貸契約を検討しており、グレードAのオフィスや5つ星のホテル、商業施設を合わせた複合ビルの構想となる見込みだ。 同地はワチラウット・ウィタヤライ所有で、今回、30年の賃貸が終了したが、新たな賃貸は50年が検討されており、となりのコンドミニアムものち4年ほ ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

コロナで解雇されたり、不当に辞めさせられたりした従業員に対しての救済がタイ政府から発表され、過去にさかのぼって、2020年3月1日から2022年2月28日までの間に、コロナの影響で解雇金などをもらえずに解雇された人(される人)に、労働局より手当が支給されるため、知っておきたい。 手当て額は、4ヵ月以上、3年未満で働いた人は最低賃金の60倍、3~10年働いた人は最低賃金の80倍、10年以上働いた人は ...

ニュース,中国人,未分類,コロナ感染,電気自動車,EV,タイのニュース,バンコクの開発

  2020年3月末ごろからタイも国同士の行き来が難しくなり、それから今年2022年の3月で丸2年となる。 一方で、このまま外国人観光客が来れない状態では観光収入にたよるタイでは厳しく、コロナのオミクロン株が出てきても、感染者の波が来ない限り開放が進むのか岐路にたたされている。 コロナ前は1年で1,000万人の中国人観光客で潤っていたが、今年はまず北京オリンピック、さらに9月に杭州アジア ...

タイのニュース

No Image

デモの影響は日系の企業にも広がっており、日本から来る日本人相手の事業なども大きな影響を受けている。 しかし、最大の被害者は反政府側が占拠している道路周辺の事業者だ。特に伊勢丹やセントラルワールド、BIGCなどがあるラチャプラソン周辺や、日系企業も多いアソーク交差点周辺、さらにシーロム通り周辺など。 直接の影響を最大限に受けているのが外国人向けのホテル。ラチャプラソン周辺では、この1月から合わせて4 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

電気自動車(EV)についてはiPhoneのアップル社も生産を見込んでおり、自動運転の車を2025年までに発表するとも言われているが、これに関連してタイ政府の副首相らは、タイのポートートー社に対して、アップル社に働きかけてタイでのEVを共同で生産するよう促しており、実現するか注目される。 2021年12月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイのニュース  

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイでBMWもEV車へのシフトを加速する。 BMW の iXシリーズでは EV100%で、iX xDrive50Sportは5999千バーツで、1回のチャージでの走行は630Km。日本では981万円ほどで販売される車種。 一方、iX3 MSportは3399千バーツで、1回のチャージでの走行距離は460 Kmで、時速100 Kmへの加速は6.18秒、最高時速は180 Km となっている。日本では8 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

ワチャラポン~トンローと同じく、環状線のブラウンライン(ケーラーイ~ラムサーリー)についても、MRTAによると現在、建設の入札開始に向けて準備を進めており、2022年中ごろまでに協力する民間会社を決定し、2023年にタイ政府の承認、完成は2028年ごろの予定。ppp方式となる。 モノレールの建設で、ケーラーイではピンクライン 、パープルラインと連絡し、ナムウォンワン通りを走り、バンケーンでレッドラ ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

高架路線の建設でピンクライン(ケーラーイ~ミンブリー)間では、追加されるインパクト・ムアントンタニーについては、シリラット駅から2駅を追加することで承認されており、ようやく工事に入ることになった。ノーザンバンコクモノレール(NBM)によると、まもなく敷地の明け渡しがあり、3年の工事で、オープンは2024年末になるとしている。運賃は同区間の料金は14~17バーツになるという。 インパクト・ムアントン ...

タイのニュース,新規コンドミニアム

No Image

タイ政府が流動的で、新政府が決まるまではいろいろなプロジェクトが待機の状態となっているが、大手不動産デベロッパーによる開発も、新政府の始動を待って、動き出す気配である。 今年、多くのプロジェクトを計画しているのはプルックサー・リアルエステート。50のプロジェクトで500億バーツの事業費となる見込み。 ラヨーンやスラタニー、チョンブリー、チェンマイなど地方でも開発を見込んでいるが、デモ等が鎮静化する ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

現在、建設中のモノレール2路線、イエローライン、ピンクラインについては、2路線とも80%以上の建設状況で、イエローラインについてはラプラオ駅以外のサムローン~パワナーの22駅については、2022年中ごろのオープンが見込めるという。モノレールでの建設のため、普通の高架鉄道より2~3年ほど短縮してオープンする印象だ。 一方、ピンクラインについては、この12月に試運転も行われ、オープンは3フェースに分け ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース,起業、会社設立、会計、経理

バンコクの中小企業向けの雇用者に出される給付金は、タイ労働局により、それぞれの会社の銀行口座に振り込まれており、これが第1回目とすると、あと2回振り込まれることになるが、そのあたりはアバウトといえる。オミクロン株の状況が出てこなかったら、1回で終了したかも知れないが、このままの規制が続くようだと、2回目の振り込みは実施されるかも知れない。 給付金については、従業員1人に対して3,000バーツとなり ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

現在、バンコクやパタヤでパブやバー、カラオケなどのオープンがまだ許されていない状況で、来年1月16日からといわれているが、プラユット首相が言うには「許可が引き延ばされるもわからない。観光業などが重要で、パブのオープンで感染者が増え、またすべてが閉鎖になるのを避けたい。1ヵ月ほどは様子を見るのがよいかも」と言っており、世界でコロナのオミクロン株が出回っているなか、お酒を主体とする店のオープンに言及し ...

ニュース,バンコクの開発,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

バンコクで現在、工事が行われている各路線整備のうち、イエローラインのラプラオ~サムローンの30.4 ㎞については、初めてのモノレールの長い路線の建設となり、早くも来年には完成の予定だが、このたび、実際の車両により走行がシーイアム駅からシーヌット駅まで行われた。 時速80㎞までの走行が可能といい、オープンは2022年の中ごろになる見込み。 2021年12月20日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

コロナ禍の状況でもバンコク都内の高架路線の整備は進められていて現在、工事しているのは、ラプラオ~サムローンのイエローライン、ケーラーイ~ミンブリーのピンクライン、タイ文化センター~ミンブリーのオレンジラインで、イエローラインはすでに試運転があり、来年2022年の中ごろにはオープンが見込まれています。 そしてタイ政府によると、日本人が多く住むトンロー通りにもワチャラポン~トンロー間でグレーラインのモ ...

タイ関連コラム,タイのニュース,ロングステイ

タイ国境でのビザ取りというと、ラオスやカンボジアでもありますが、ミャンマー国境で、しかもカンチャナブリー県というのは、今まであまり知られていなかったのではないでしょうか。 国境越境のビザというのは、例えばタイ滞在期間が、もう残り1日というとき、いったん国境に出て戻ってくれば15日間の滞在許可がもらえます。あるいは、ツーリスト・ビザのダブルを持っている人で、2つ目をまだ使っていない人なら、いったん国 ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイの電気自動車(EV)については、タイ政府主導で進んでいるが、目標では2030年には、タイ国内生産の30%をEVへ、そして2035年にはタイ国内の自動車販売の100%をEVにとしており、早急にチャージ場所を増やす方向だが、現在、EVの 完成車の輸入についても、2022年から税金0%へと見込まれていて、現在、ヨーロッパ車は80%、日本車は20%、韓国車は40%、中国車は0%で、ヨーロッパ車や日本車 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

タイの鉄道の拠点として105年間の歴史に幕を閉じる「フアランポーン駅」。その役割については現在、バンスー中央駅へと着々と取って代わられているが、タイ国鉄道や交通省などによると、120ライの同地をミクストユース(複合施設)などの建設を計画しており、コミュニティーモール、ホテル、オフィスなど、周辺のランドマークへとその顏は変わっていく計画だ。 同地はチャイナタウン(ヤワラート)への入り口でもあり、また ...

ニュース,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

バンコクの路線整備については、パープルラインの南側、タオプーン~ラーブラナについては、タイ国鉄道公社が建設の入札を開始しており、事業規模は780億バーツとしている。 建設業者が決まり次第、2022年に着工、2027年の完成を目ざしている。10駅が地下鉄、7駅が高架の予定。   2021年12月5日 タイ自由ランド掲載 関連リンク >タイのニュース ->バンコクの開発 - ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

11月21日のローカル紙によると、20日のコロナ感染者の1日の新規感染者数は6,595人で、その中で多い県は1バンコク768人、2ソンクラー514人、3ナコンシータマラート380人、4チェンマイ344人、5スラタニー233人、6サムットプラカン210人、7パッタニー196人、8チョンブリー178人、9ヤラー151人、10トラン136人で、タイ南部での新規感染者が多いとしている。   20 ...

ニュース,外国人旅行者,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

ようやく、街中に活気が戻っているなか、12月末のカウントダウンは今や、バンコクのランドマークとなっている「アイコンサイアム」で盛大に行われる。チャオプラヤー川に面しており、3億バーツをかけて世界レベルのイベントを開催する予定だ。 2021年12月5日 タイ自由ランド掲載 関連リンク ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  

ニュース,未分類,タイのニュース

BTSプロンポン駅前には、エンポリアムやエムクオーティエがあるが、新たにランドマークとして期待されるのが現在、建設中のUOB銀行のビル。2022年5月のオープンということで、UOBの看板も上がり、完成も近い。プロンポン駅周辺はホテルも多く、コロナ前は中国人が大挙して訪れていたが、来年の北京オリンピックなどがあるため、海外旅行後の隔離のため、中国人はタイに来るのが難しい。それに代わって大量のオフィス ...

ニュース,未分類,タイのニュース

物価が上がり続けるタイで、素材の豚肉や鶏肉が上がっており、2種類のおかずのせごはんも1杯50バーツから上がる傾向にある。 統制する商務省によると、素材が上がれば、販売価格も上げざるをえない状況で、全体で1杯5~10バーツは上がる見込みで、じりじりバンコクではインフレが続いている。 カシコン銀行の研究部門では、洪水などもあり、物価の上昇は避けられないとしている。 2021年12月5日 タイ自由ランド ...

ニュース,外国人労働者,未分類,コロナ感染,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報

外国人の隔離なし入国が始まり、タイ国内でも各所ホテルや飲食店などもオープンして、地方に帰っていたタイ人もバンコクに戻って来ているが、ミャンマーなどに帰った外国人労働者はタイに戻ってくることに関して、タイ労働局の管轄のもと、入国して隔離を終えてから働くことが許可されており、さしあたって、80万人ほどが不足しているため、円滑な入国が期待されている。 タイ労働局ではMOUの方式で正式な入国としてミャンマ ...

ウタパオ空港,ニュース,EEC,高速鉄道,CPグループ,ドンムアン空港,スワンナプーム空港,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備

コロナ禍やコロナあとの状況でも、タイ政府の方針のもと、経済活性化は進むが、大プロジェクトとして期待されるのが、外国企業などを集約して開発を促すタイ東部経済回廊、EEC。 タイの東部3県、チャチェンサオ県、チョンブリー県、ラヨーン県を中心に、インフラ整備と、デジタルなど先端事業誘致を目ざすもので、タイ政府が主導するインフラ整備では、3空港間の高速鉄道の建設、レムチャバン港の開発、ウタパオ空港の拡張、 ...

タイのニュース

 午後8時、「葵」で食事をしたあと。エスカレーターで2階におりた。6人で連れ立っていた。自分の前に割り込む女性がいた。そして後ろにも割り込んできた。  「広いスペースがあるのになぜ、割り込んでくるのか」と思った。そしてこじんまりした男が自分の横に来てからだに触れたかと思ったら、そのまま走り出した。合わせて前後の女性も走り出した。  カバンをさわられた感じもあったので、外ポケットを見てみた。チャック ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイ政府は、2022年の追加休日等を設定しており、タイ人のタイ国内旅行促進のため、4日間以上の連休を増やしているのが特長。 7/15(金)を休日にして、連休を5日間とする 7/29(金)を休日にして、連休を4日間とする 10/14(金)を休日にして、連休を4日間とする 12/30(金)を休日にして、連休を4日間とする 2022年の祝日等は19日としており、予定では以下のようになっている。 1/1( ...

ニュース,未分類,電気自動車,EV,タイのニュース

タイに多く進出している日本メーカーの動向とは別に、タイ政府は電気自動車(EV)の普及の方針を掲げており、来年にはチャージ場所を早急に整備するよう指示しており、2025年にはタイで生産する車の30%をEVに、さらに2030年には新車登録のほぼすべてをEVに!としており、また現在、輸入車には80%の税金がかかるが、EVの輸入については、アセアンー中国の協定により、 アセアン、中国からは税金がかからない ...

ニュース,中国人,未分類,コロナ感染,タイのニュース

11月から外国人観光客の隔離なしの入国が開始され、プロンポン駅周辺にはホテルが多く、再び、大量の中国人観光客の観光が期待されるが、今のところまだ、そのきざしはない。 タイ観光庁などによると、来年2月には北京オリンピックが2月4日から2月10日まであり、また第19回アジア大会が杭州で9月10日から25日まで開かれるため、厳格な出入国が行われており、中国人観光客が他国に出かけ、自国に戻る際は21日の隔 ...

ニュース,外国人労働者,未分類,コロナ感染,タイのニュース

隔離なしでの外国人観光客の入国で、受け入れ側のタイでは一斉にホテルなども開き、同時に店では飲酒も OKなど、パブやバーなどでも用意が進んでいるため、人手不足の問題が起こっている。 ホテルや食品関連、レストラン、製造、建設などでは人手が不足しており、いったん、解雇していなかなどに帰った労働者がまだそのまま戻って来ていない状態で、タイ人なら戻ってくるのに支障はないが、ミャンマー人などはいったん帰った労 ...

ニュース,未分類,タイのニュース,催し、イベント

バンコクに近いビーチリゾートといえばパタヤ。多くのタイ人や外国人がこの年末年始に詰めかけそうだが、12月の年末にかけて様々な催しがあり、クラスターなどが発生しない限り、イベントは行われそうだ。 この11月、12月の毎週土、日曜はパタヤ・ミュージックフェスティバルで、12月3~4日はナクルアのロンポーパークで、ナクルアでは出店等の催しも同時に行われる。12月10~11日はセントラル・パタヤで。 そし ...

ニュース,未分類,タイのニュース

日本ではすでに観光のプレミアム旅行として定着している「観光列車」だが、タイでも日本の JR北海道から購入した中古列車を改装して、観光列車としてタイ国内に走らせる、とタイ国鉄道では話している。 内装等を10台予定しており、全体で1億バーツほどの予算での改装を見込んでおり、来年2月までに業者を入札で決めるという。豪華な観光列車の旅がタイでもできるようになる。 チェンマイ~ランパン、バンコク~ナムトック ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイ関連コラム,タイのニュース

サイアムスクエアのスカラ映画館があった跡地などはセントラルパッタナー社が権利を得て、開発することになっており、当初は50年以上の歴史がある建物なども保存してという方針から、20階建て以上のミクストユースの複合施設を建てる方針へと切り替えたと見られる。 場所はサイアムスクエアの交差点近くの7ライ余りで、チュラロンコン大学財産管理事務所から30年賃貸で同社が59億バーツで権利を得ている。 同映画館のほ ...

ニュース,外国人旅行者,未分類,コロナ感染,タイのニュース,タイ関連情報

11月から外国人観光客の隔離なしでの入国により、タオ島に訪れる外国人が多く、チュムポンなどからの高速船も満員の盛況という。 タオ島は美しい海を求めて世界からダイバーがやって来るダイビングスポットで、特にコロナの期間、使われなかった海で、きれいな海を楽しめる。 サムイ島からのダイビングツアーのポイントの9割以上がタオ島から30分ほどのエリアにあり、ダイビング併設の宿泊施設やバンガロー、一方でスパ施設 ...

ニュース,未分類,コロナ感染,タイのニュース

タイのローカル紙によると、当局の発表では11月6日までにタイ国内で7,800万回のワクチン接種が行われ、1回目終了60.3%、2回目終了45.4%、3回目終了3.5%となっており、高齢者も65%終了、12~17歳の学生も57%終了しているが、妊娠中の女性はまだ16.6%しか接種していないとしている。 関連リンク ->タイのニュース ->タイのニュースの情報