【あぱまん情報】コロナの恐るべき特性、自覚のないまま呼吸困難へ

タイ感染者の9割超が「デルタ株」

資料)2021/8/11ANNニュース
資料)2021/8/11ANNニュース

新型コロナウイルス(以下、「コロナ」という。)の感染者数が連日2万人に近いタイで、感染力が強いインド型「デルタ株」の割合が9割を超えていることが分かった(図表1)。 タイ保健当局は2021731日から86日まで実施した調査で、全国の感染者のうち91.9%が「デルタ株」だったと発表した。首都バンコクに限ると95.4%にも上るという。感染拡大がおさまらないタイでは病床が逼迫(ひっぱく)し、入院できずに自宅で死亡する人も相次いでいる(2021/8/11ANN)。  

路上に遺体、コロナの恐るべき特性

資料)2020/1/31AFPニュース
資料)2020/1/31AFPニュース

コロナによる肺炎の発祥地中国・武漢では、マスクを着けた白髪の男性が、買い物袋を片手に提げたまま路上に倒れているのをAFP記者らが目撃、男性は亡くなっていた、といった記事(2020/1/31AFP)が当時報道された(図表2)。日本でも、軽症・無症状の感染者が自宅や宿泊療養施設での療養中に死亡する事例が相次いでいるという(2021/2/14産経)。それまで普通に家族と話していた人がわずか数分の間に意識を失っているという。 タイ・バンコク都のミンブリー区でも20217月から8月にかけて路上で突然倒れているケースを複数聞いている。患者本人や周囲が気づかないまま病気が進行し容態が急変することがあるというこの病気の恐ろしい特性を浮き彫りにしている。

「幸せな低酸素血症」自覚ないまま呼吸困難

資料)カンテレ「報道ランナー」2021/2/9
資料)カンテレ「報道ランナー」2021/2/9

このコロナに感染すると、息苦しさを伴わず、自覚のないまま呼吸状態が悪化する「幸せな低酸素血症」“happy hypoxia”(ハッピー・ハイポキシアという状態が起こることが知られている。なお、この発生割合は、35割という報告も上がっている(図表3)。 この原因としては、まだはっきりと解明されてはいないが、コロナが悪化しやすい高齢者や糖尿病の方は、もともと呼吸調節を行う調節機能が落ちている、呼吸困難を感じる体内のセンサー(頸動脈小体)にコロナウィルスが感染しやすく、そこのセンサーの機能が落ちることで呼吸困難を感じにくくなる、などの理由が考えられるようだ(加藤医院院長浅井偉信)。

コロナの重症化をいち早く察知する

「パルスオキシメーター」 9699%は正常値

(注)酸素飽和度は下段の96%、95%以下は肺炎の可能性
(注)酸素飽和度は下段の96%、95%以下は肺炎の可能性
(資料)国立病院近畿中央呼吸器センター倉原優医師
(資料)国立病院近畿中央呼吸器センター倉原優医師
(資料)NHK厚生労働省の新型コロナ感染症診療の手引き
(資料)NHK厚生労働省の新型コロナ感染症診療の手引き

コロナ感染拡大のなかで、重症化の目安となる血中酸素飽和度を測定できる「パルスオキシメーター」がクローズアップされている(図表4)。指にはさみ、空気中から酸素を体の中に取り込めているかどうかを見るのだ。 日本呼吸器学会によれば、9699%が正常値とされている(図表5)。100%になることはあまりなく、過呼吸になって呼吸数がはやい人くらいにしか起こらない。中等症Ⅰの基準は酸素飽和度が「96%未満」、中等症Ⅱは「93%未満」で要注意だ(図表6)。危険ラインは90%で、このラインを切ってくると「呼吸不全」となりICU入室か人工呼吸器が必要でかなり厳しい状況となる。コロナ感染の場合、軽症で自宅療養だとしても、高齢者や持病をもっている方は、常時酸素飽和度を測定し、呼吸状態の悪化を見落とさないようにする必要があるだろう。

名城大学出身の栗林投手が、2020東京オリンピックで金メダルを獲得

東京オリンピックで金メダルを獲得した名城大学出身の栗林投手
東京オリンピックで金メダルを獲得した名城大学出身の栗林投手

名城大学硬式野球部出身で、2019年人間学部卒の栗林良吏投手(25)=広島東洋カープ=が、202187日、2020東京オリンピック野球の日本代表としてアメリカとの決勝戦に臨み、20で見事に勝利し、金メダルを獲得した。 栗林投手は優勝を決める9回に抑えとして登板。緊迫したゲーム展開の中、気迫あふれる投球を披露し、無失点で投げ切り、優勝に大きく貢献した。栗林投手は今大会、5試合全てに抑え投手として登板し、23セーブの大活躍。まさに、日本の守護神として君臨した。

MISAKI攻めまくってダウンを奪う快勝

年内アトム級タイトル挑戦に向けて気合十分

TWYが応援しているSHOOT BOXINGのMISAKI選手
TWYが応援しているSHOOT BOXINGのMISAKI選手

2021729日東京・浅草花やしきで行われたSHOOT BOXING Girls S-cup2021-road to tournament-45㎏エキスパートクラスで、TWYが応援している、MISAKISB日本女子ミニマム級1位)が、坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM)に3-0の判定で勝利する。MISAKIは終始攻めまくり、ダウンを奪う快勝となった。 今回、MISAKIの大差の判定勝ちにより、年内のSB日本女子アトム級(46kg)のタイトルマッチ実現が期待できる。 戦績16勝(2KO7敗1分  

ホームページリンク

 

あぱまん情報の広告2021年9月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク