賃貸オフィス

タイのバンコクにある賃貸オフィスを紹介します。

ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第127回は「SG TOWER」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、127回目は、ランスアン通りのBTSチットロム駅から徒歩6分(BTSラチャダムリ駅徒歩4分)に位置するオフィスビル「SGタワー」を紹介します。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなり1キロほど西にいったところにあるチットロム駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。 このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯に大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSチットロム駅を降りプルンチット通りと直交する交差点からランスアン通りに入り徒歩6分の位置に1996年竣工の19階建ての高層オフィスタワー「SGタワー」があります。近隣にはオフィスビルやレストラン、銀行、コーヒーショップ、小売店舗など多数あり、買い物や食事にはとても便利な立地です。 ランスアン通りのゲートから入ると、自動車の通り抜けられる敷地内には手前に同系列のミレニア・...
2019.11.12
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年11月5日掲載

NEOS CHEMICAL(THAILAND) CO., LTD. (ネオス・ケミカル・タイランド)は、株式会社ネオス(兵庫県神戸市)の出資により、2013年タイ・バンコクに現地法人として設立された。 ネオスは、1950年(昭和25年)船舶を修理する「阪神工業所」として創業、その後、半世紀以上にわたって培ってきた技術を基盤として様々な事業を展開してきた。 今日では、工業用化学薬品の研究開発、製造販売、精密洗浄・研磨、金属表面処理事業を通じ、世界のモノづくりを支えている。 現在、ネオスは3つの事業本部(化学品、化工、グローバル)を構えている。 化学品本部には、ネオスの頭脳である中央研究所があり、ネオスが独自に開発した有機フッ素化合物をはじめ、これまでに600種以上もの製品を生み出してきている。 化工本部では、半導体や太陽電池パネルなどの製造装置の部品の数々、精密機器の製造現場では問題になる目に見えないナノ単位の異物も除去可能な、超高清浄クリーニングサービスも行っている。 グローバル本部は、世界各国の自動車や機械・家電をはじめとした様々な製造現場でモノづ...
2019.11.02
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第126回は「Harbor Mall Laem Chabang」

オフィスビル探訪録シリーズ、126 回目はバンコクを離れ、チョンブリー県レムチャバン、スクムビット通り沿いに建つ「ハーバーモールレムチャバン」を紹介します。 シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ135キロの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年にはタイ国内では2番目の日本人学校となる『泰日教会学校シラチャ校』が開校し、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。 そのシラチャから南にわずか10キロほどいったところにレムチャバン港があります。レムチャバン港は、コンテナ化に対応するために1991年に開港した国際貿易港です。開港後、急速な発展を遂げ1997年には水揚げ売り上げ量でタイ最大の商業港となりました。タイに立ち寄る国際的なコンテナ船航路のほとんどがこの港を使用しています。この港の発展により近隣に多く工業団地ができ、隣の市のシラチャにも日本人駐在員が多く住む...
2019.10.28
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年10月20日掲載

2019年9月7日(土)名城大学の立花貞司理事長ら一行が、タイ名城会の山口会長(あぱまん情報社長)が運営しているT.W.Y.Office Center Asokeを訪問した。 今回の目的は、ラジャマンガラ工科大学への表敬訪問とタイ名城会(大学OB)との懇談会(タイムズスクエアーで開催)であり、山田校友会会長、矢野副経営本部長、理工学部川澄准教授が同行した。 タイ名城会からは、87歳の南波さんから32歳の成澤さんまで11名の幅広い年代のメンバーが参加した。なお、立花理事長(元トヨタ自動車専務)は、昨年7月12日に学校法人名城大学の新理事長に就任している。 これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。 この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。 しかしながら、都心部の駅前開発物件は、今後の開発利益の期待から価格は安定している...
2019.10.11
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第125回は「Empire Tower」

サトーン通りはバンコク中央部ルンピニエリアからチャオプラヤ川にかかるタークシン橋を経てトンブリー方面に伸びる主要幹線道路です。サトーン界隈は各国大使館、高級ホテルやサービスアパート、タイを代表する大企業の本社ビルなどが建ち並び、タイ経済の中心地の一角を形成しています。 沿線にはBTSチョンノンシー駅やスラサック駅、タークシン橋駅、川を渡ると、クルントンブリー駅、ウォンウィアンヤイ駅…と、BTS線と同じルートを走るようになります。このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 さて、BTSチョンノンシー駅前、ナラティワート通りの交差点角に建っているのが、2001年竣工の58階建てのオフィスタワー、エムパイア・タワーです。 このビルディングはチョンノンシー駅からスカイウォークを使って徒歩3分のところに位置します。エントランスを入ると、低層の3階建てのショッピングモールになっており、大手銀行の支店が複数店舗、コンビニエンスストア、書店、コーヒーショップなどがあります。 近隣には高級ホテルや商業施設が建ち並び利便性が高い...
2019.10.04
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年9月20日掲載

Nihon Filter Co., Ltd. Bangkok Representative Officeは、日本フィルター株式会社(神奈川県横浜市戸塚区)のバンコク駐在員事務所として、2012年タイ・バンコクに設置された。 日本フィルターは、1955年ろ過機の製造販売会社として創業して以来、日本の精密なモノづくりを支える「水のプロフェッショナル」として、水のリサイクル、排水処理、精密ろ過といった技術を開発し提供してきた。 めっき・重金属排水の処理技術を業界の中でも先駆けて開発してきた実績がある。 日本フィルターの誇りは、「下請けでない、どこかの大手企業の系列でもない、自主独立のメーカーであること」である。もちろん、その分、どんな製品をつくれば売れるのか、自分たちで調査し、考えていく技術開発の企業でもある。 タイ・バンコクの駐在員事務所責任者は髙﨑吉則さん。水処理のことでご相談があれば、気軽にご連絡くださいとのことでした。 これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。しかし...
2019.09.26
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第124回は「Major Building」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、124回目は、トンロー通りソイ10に位置するオフィスビル「メジャー・タワー」を紹介します。 トンロー通りはバンコク有数の繁華街で、たくさんの飲食店や小売店舗、商業施設が軒を連ねています。芸能人やスポーツ選手など各界のセレブが集う高級店も存在します。また、道の両側には小ソイが20以上存在し、中には外国人向けのコンドミニアムやアパートメントが多数建ち並ぶほか、政治家や大企業トップの邸宅もあり、ハイソサエティーの住まう街区を形成しています。 そんなトンロー通りのスクムビット側から700mほど入った右側にトンロー・ソイ10があります。このソイは行き止まりではなく、エカマイやプラカノン方面に通り抜けできるので、いつも交通量が多く、賑やかな街並みとなっています。 ソイを入って70mくらいの左側に2015年竣工、総階数19階建ての「メジャー・タワー」があります。その名前の通り、タイ最大手のシネマコンプレックスの「メジャーコンプレックス」の系列の不動産開発会社、「メジャーデベロッパー」の建てたオフィスビルディングです。1階は銀行、コンビ...
2019.09.14
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年9月5日掲載

2019年8月9日より2泊3日で、名城大学現役生7名と柳田康幸教授、川澄未来子准教授の教員2名参加によるタイ研修がバンコクで行われた。 学生のうち3名は本年2月に来訪している。全員が2年生の情報工学科と電気電子工学科の学生である。 この研修は、名城大学理工学部の川澄ゼミのグローバル研修によるもの。 今回の目的は、ラジャマンガラ工科大学タニヤブリ校(名城大学タイオフィス)との学生交流がメイン、さらにトヨタ紡織㈱の工場見学が行われた。最終日8月10日には、名城大学OBとの交流会が行われタイ在留OBの奮闘記の講演が行われた。 OB奮闘記では、Hoyu Cosmetics(Thailand)Co.,Ltd.(ビゲン)の森田智博工場長及び、AEON(Thailand)Co.,Ltd.の永田義広GMによるタイにおける海外の工場立ち上げの苦労話やタイと日本の物流規制の違いなどの講話が行われた。 最後に、あぱまん情報TWY社バンコク都市開発研究所のサニー研究員より「タイから見た日本」について講話と質問会が行われた。学生全員からあらゆる分野における様々な...
2019.09.07
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第123回は「プームポームビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、123回目は、BTSオンヌット駅徒歩9分、スクムビット・ソイ87に建つ7階建ての「プームポームビルディング」を紹介します。この物件は99回でも紹介しましたが、空室情報が入りましたので再度掲載いたします。 スクムビット通りを東に進み、BTSオンヌット駅を下りてバンジャーク方面に向かってスクムビット通りの左側を歩くと6分ほどでスクムビット・ソイ87に着きます。ソイに入り3分ほどの位置に建っているのが、2009年竣工のプームポームビルディングです。 オンヌット地区は近年、駅のまわりを中心に新しい高層コンドミニアムが次々に建設され注目を浴びているエリアです。駅前にテスコロータスがあるほか、駅から徒歩2分のソイ54の入り口には「フィル・スクムビット54」というショッピングモールも最近完成しました。 このオフィスビルは住宅街の中にあり、交通量は少なくまわりは一軒家や集合住宅ばかりで静かな佇まいとなっています。ロコンビニエンスストアはスクムビット通りにあり、レストランや銀行は駅の近くまで行かないとありません。その点ちょっと不便ではあり...
2019.08.31
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年8月20日掲載

これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。 この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。しかしながら、都心部の駅前開発物件は、今後の開発利益の期待から価格は安定している。 特に、バンコク最大規模の開発が期待されるマッカサン地区が注目される。スワンナプーム空港からエアポートレイルリンクに乗車して25分ほどでいけるマッカサン駅が中心となるエリアだ。 おそらくマッカサン駅と一体となったショッピングモールなどの規模は、BTSアソーク駅隣接の「ターミナル21」の20~30倍規模になると言われている。このマッカサン開発が、来年いよいよ動き出すのだ。 今回、投資物件として登場した「ザ・アドレス・アソーク」は、マッカサン開発エリア内に2012年建設された地上44階、総戸数574戸の大型物件である。 その共用施設はどれをとっても5スターホテルクラス、プールは9階と44階、フィットネスは9階と45階と2ヶ所ずつあり、特に高...
2019.08.26
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第122回は「Exchange Tower」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、121回目は、ランスアン通りのプルンチット駅近くに位置するオフィスビル「ピヤ・プレイス・ランスアン」を紹介します。 この物件は80回目にも紹介しましたがお客様に人気が高いので再度掲載いたします。 バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、122回目は、アソーク交差点の角に面する「エクスチェンジ タワー」を紹介します。74回目にも紹介していますが、ビジネスセンター物件に空室が出たので再度取り上げます。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、飲食店、銀行、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯に大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点に面している、2007年竣工、42階建ての高層オフィスタワーが、「エクスチェンジ タワー」です。 このビルは、BTSアソーク駅からはスカイウォークで直結、MRTスクムビット駅に...
2019.08.17
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年8月5日掲載

これまで好調であったバンコク不動産市場は、一時的に調整局面に入っている。鉄道網の拡大による新駅設置に伴う駅前大型物件の大量供給や住宅金利の上昇が原因と言える。この1~2年は調整により、大量供給された郊外においては横這いから下落傾向が続くであろう。 しかしながら、都心部の駅前物件は、物件不足により引き続き需要は旺盛である。特に、BTSのエカマイ駅周辺は、日本食を中心とした飲食店や日系スーパー「マックスバリュー」などが入っている商業施設の「ゲートウェイ」があり、日本人駐在員の人気エリアといえる。 エカマイ駅に直結するこのエリアは、新規物件の供給は今後期待できないエリアであり、一方、駐在員の駅直結物件への賃貸需要は根強いことから、希少価値となって、この時期においても物件価格は上昇傾向を維持している。 今回、投資物件として登場した「ヌサシリ・グランド・コンド」は、3ベッドルームの172.42㎡の高級ファミリー向け物件である。従前は、イタリアの有名デザイナーが所有しており、自ら住むために、室内はヨーロピアンスタイルの豪華なデザインに仕上がっている。 また、16階の部屋からは、エカマイ...
2019.08.11
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第121回は「ピヤ・プレイス・ランスアン」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、121回目は、ランスアン通りのプルンチット駅近くに位置するオフィスビル「ピヤ・プレイス・ランスアン」を紹介します。 この物件は80回目にも紹介しましたがお客様に人気が高いので再度掲載いたします。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなり1㌔ほど西にいったところにあるチットロム駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、さまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSチットロム駅を降り、プルンチット通りと直交する交差点からランスアン通りに入り徒歩2分の位置に1985年竣工の20階建ての高層オフィスタワー「ピヤ・プレイス・ランスアン」があります。近隣にはオフィスビルやレストラン、銀行、コーヒーショップ、小売店舗など多数あり、買い物や食事...
2019.08.03
賃貸サービスアパート

人気の単身者向け物件「アイデオ・スクムビット93」

BTS沿線の便利な住まい探しは「フルハウス」へお任せ下さい。 ただいまのお薦め物件は、BTSのバンジャック駅まで徒歩3分ほどの好立地にある「アイデオ・スクムビット93」です。 スタジオタイプの約26㎡の単身者向けの部屋で、家賃は月に16000バーツ、家具と洗濯機も備え付けです。 ファシリティも充実しており、フィットネスルーム、プール、サウナ、テニスコート、キッズルーム、シアタールーム、コワーキングスペースなどのほかに、広い敷地を利用したランニングトラックも完備しています。 今回ご紹介のユニットは38階建ての15階の部屋となります。 内覧のご希望など、お気軽にお問い合わせください。 格安物件から超高級物件まで日本人のための住まいや不動産ののことなら「フルハウス」へお問い合わせ下さい。BTS沿線での住まい探しならエリアごとの物件探しに便利な同社のウェブサイトもご覧下さい。 また、入居者していただいた方のためにさまざまな特典も用意しています。日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などもおまかせ下さい。 2019...
2019.08.03
不動産

賃貸で1万以下の物件が人気

バンコクの都心周辺の駅近くの賃貸物件が人気! オリジンプロパティー社の賃貸部門の関連会社によると、BTSや地下鉄の駅で、1ヵ月1万バーツを切る物件の賃貸が人気という。 駅近くに新規のコンドミニアムが次々に出来、所有者が賃貸で人に貸し、その競争が激しくなっているためで、1万バーツ以下に値切りするオーナーも多いという。 1ヵ月6000~9000バーツほどの賃貸で借りられる物件が人気で、 BTSオンヌット駅やプンナウィティー駅、ウドムスック駅、ベーリング駅、サムローン駅、プレクサー駅の周辺など。 また、開通がまもないランシット大学周辺やカセサート大学周辺の物件、そのほか、中国人の利用が多い地下鉄ペッブリー駅、ラマ9世駅、スティサーン駅なども同様にリーズナブルな賃貸物件が人気となっている。 2019年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース3 ->タイのアパート、格安賃貸物件
2019.07.28
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年7月20日掲載

Tokyo International Universityは、2017年T.W.Y.Ofice Center ASOKE内に、東京国際大学(本部:東京都新宿区)タイ事務所としてオープンした。 東京国際大学は、1965年に「真の国際人の養成」を教育理念に「国際商科大学」として創立された。創立時は商学部のみの単科大学であったが、1986年に「東京国際大学」と名称を変え、現在では5学部10学科、大学院4研究科を擁する文科系総合大学に発展している。 東京国際大学は、日本から世界へ学生を送り出す一方通行の国際交流だけではなく、世界各国から留学生を受け入れる双方向の国際交流を積極的に進めている。 キャンパスには、世界約68か国(地域)約1,300名の留学生が学び、その人数は全国の大学の中でも上位にランクされている。 英語教育、国際人教育に力を入れ、米国にアメリカ校を開校、また世界各国の大学と国際交流協定を結び、多彩な留学プログラムを整えている。 ASP(American Studies Program)、長期留学、海外ゼミナール(短期留学)などがあり、国際交流奨学金制度を設...
2019.07.28
賃貸サービスアパート

BTS徒歩3分の単身者向け賃貸「アイデオ・スクムビット93」

バンコクでの住まい探しなら、「フルハウス」へお任せ下さい。BTS沿線の便利な物件を豊富に取り扱っています。 今回ご紹介するお薦め物件は「アイデオ・スクムビット93」です。スタジオタイプの約26㎡の単身者向けの部屋で、家賃は月に16000バーツ、家具と洗濯機も備え付けであります。 BTSのバンジャック駅まで徒歩3分ほどの好立地で、ファシリティも充実しており、フィットネスルーム、プール、サウナ、ランニングトラック、キッズルーム、シアタールーム、コワーキングスペースなどを完備しています。 ご紹介している物件は38階建ての15階の部屋となります。内覧など、お気軽にお問い合わせください。 格安物件から超高級物件まで日本人のための住まいや不動産ののことなら「フルハウス」へお問い合わせ下さい。BTS沿線での住まい探しならエリアごとの物件探しに便利な同社のウェブサイトもご覧下さい。 また、入居者していただいた方のためにさまざまな特典も用意しています。日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などもおまかせ下さい。 2019年7月5日...
2019.07.20
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第120回は「Kamol Sukosol BLDG」

シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。この界隈は、自家用車をはじめ、BTSや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。日本で言えば、東京の丸の内オフィス街と同じようなイメージでしょうか。丸の内は日本を代表する企業の本社が建ち並び、その一角が有楽町・銀座界隈と繋がっていて繁華街を形成しているところなど、このシーロムエリアと似ている部分もあります。以前タイ人から聞いたのですが、「シーロムとスクムビット、どちらの会社に勤めたいか」とタイ人に訊ねると、「シーロム」と答える人が多数を占めたという話は、シーロムがタイ人にとってステータスを持っているエリアであることの証しである、という話もあながち間違いでないような気もします。 さて、B...
2019.07.20
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年7月5日掲載

  SHINKO ASIA (BANGKOK) CO., LTD. (新光アジアバンコク株式会社)は、新光ネームプレート株式会社(神奈川県相模原市)の出資により、1998年タイ・バンコクに現地法人として設立された。 新光ネームプレートは、戦後の復興と経済発展が急速に進み、建設工事に必要な重機の製造が勢いを増し、重機に取り付ける金属銘板の需要が増大した1947年(昭和22年)に、帽子プレス技術を応用し、金属銘板を製造する「新光ネームプレート製作所」(東京都大田区)として創業した。 1963年に社名を現在の新光ネームプレート株式会社に改め、1974年に神奈川県大和市に大和工場、1997年相模原テクニカルセンターが完成し、本社を同センターに統合した。国際的には、タイをスタートに、香港、中国、マレーシア、米国にも進出し、これらの海外拠点を軸にグローバル市場での多様な商品ニーズにきめ細かく対応している。 タイ・バンコク現地法人の代表は長谷川最高責任者で、バンコクから30㎞の工場(サムットサコーン)には約2,600人もの現地従業員が働いている。世界に展開している各拠点からは、現地のお客様の...
2019.07.13
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第118回はチットロムエリアにある「ザ・プレジデント・タワー」

  オフィスビル探訪録シリーズ、第119回はチットロムエリアにある「ザ・プレジデント・タワー」を紹介します。 BTSチットロム駅を下りてスカイウォークをサイアム駅方面に歩くと徒歩2分ほどで右側にザ・プレジデント・タワーが見えてきます。1990年竣工、15階建てのタワービルディングで、棟続きのインターコンチネンタルホテルと共に、ホテルと商業施設とオフィスビルの複合施設を形成しています。 チットロムはスクムビット通りが名前を変えたプルンチット通りとラチャダムリ通りの交差点付近を中心としたエリアで、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつです。オフィスタワーをはじめ、各国大使館、ショッピングコンプレックス、ホテル、飲食店、銀行、総合病院、高校などが建ち並び、一帯は巨大な文教商業エリアとなっています。そのため、自家用車はもとより、さまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。また、チットロムは地勢的に見てもちょうどバンコクの中心に位置するので、通りを通過する車両も多く、周辺は終日大混雑しています。 さて、このプレジデントタワーのショッピングプ...
2019.07.06
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年6月20日掲載

FUJIMAK(THAILAND)Co.,Ltd(業務用厨房機器製造・販売)は、株式会社フジマック(東京都港区)の出資により、2013年1月にタイ王国の販売現地法人として設立された。 フジマックは1950年(昭和25年)の創業以来、「フードビジネスのトータルサポート」を企業理念の柱として、「食」を扱うプロフェッショナであるお客様に支えられながら、食文化発展の一躍を担う存在になれるよう努力を続けている。 今日では、厨房レイアウトのコンサルティングから、厨房機器の開発・製造・販売・施工・保守を行う総合厨房企業のパイオニアとして、日本のみならず世界各国でフードビジネスのトータルサポートを提供している。 従業員は720名(グループ全体1,293名)、売上高385億円(2018年3月期・連結)に達している。 海外については、アジアを中心に生産拠点・営業拠点を展開、世界各国にネットワークを張るグローバルな事業活動を推進している。 現在ではシンガポール、グアム、上海、台湾、ベトナムなど9拠点で活動している。 タイの現地法人の代表は熊谷俊範さん、現場責任者は東條さんで、海外出店を計画されてい...
2019.06.29
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第118回はワイヤレス通りの「Mタイ タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、118回目は、ワイヤレス通りのプルンチット駅徒歩5分に位置する高層オフィスタワーと高級ホテルの複合施設「オール・シーズンズ・プレイス」内にある「Mタイ タワー」を紹介します。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなるプルンチット駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、大使館、飲食店などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレイン、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSプルンチット駅から徒歩5分の位置に高層オフィスタワー、ショッピングモール、高級ホテル(コンラッドホテル)を内包する複合商業施設、「オールシーズンズプレイス」があります。施設内には高級ブランド小売ブティックがあるショッピングモールや品揃えのよいトップスマーケット、銀行、レスト...
2019.06.29
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年6月5日掲載

ISEKISIDE(THAILAND)Co.,Ltd(税理士法人)は、静岡県浜松市を拠点とするイセキサイド税理士法人(税理士法人)の出資により、2013年4月に設立された。 イセキサイド税理士法人の代表は竹内恵子所長で、タイ現地法人のトップも務める。現地法人常駐の責任者は影山さんでバンコクに来て6年目になる。 業務内容は、タイ進出コンサルティング、月次会計処理、年次決算代行、財務コンサルティング、経営計画設計等である。 親会社であるイセキサイド税理士法人は、2004年竹内恵子税理士事務所をスタートに、2011年3月設立された。 関連会社には、財務、会計、経営に関するコンサルタント業務等を行うイセキサイド会計法人㈱および人事労務管理のコンサルティング等を行うイセキサイド社労士事務所がある。 ところで、「イセキサイド」という名称は、竹内恵子所長によると、事務所の隣(サイド)に遺跡(イセキ)があったことに由来するという。この遺跡は、蜆塚遺跡(しじみづかいせき)と呼ばれ、縄文時代後・晩期(約4,000~3,000年前)のムラの跡地で、貝塚も4ヶ所見つかり、国の史跡に指定さ...
2019.06.22
レンタルオフィス

新規オフィスは将来、供給過剰?ワンバンコクは3年後完成!

  バンコクのオフィスレンタルの市場については、ゴールデンランド社によると、今から5年ほど先までを見据える必要があるとしており、現在、建設中のプロジェクトも多く、特にミクスドユースの事業が多いという。 オフィス関連で今後オープンするのは、アイコンサイアム、シンハーコンプレックス、サムヤーン・ミッドタウン、シントンビレッジ、ドゥシットセントラルパーク、ワンバンコクなどがあり、それぞれが完成したあと、供給過剰になる恐れもあるとしている。 ワンバンコク(ONE BANGKOK)のプロジェクトは、フレイザープロパティー社と、TCCエステート社による開発で、すでに昨年から大規模な工事が始まっており、ちょうど、日本大使館の横の104ライに及ぶ土地で、以前、ナイトバザールがあったところだ。ここにホテルやオフィス、コンドミニアム、商業ビルなどを建設する計画で、さきごろ、50階建ての計画ビルの1~25階でリッツカールトンバンコクのホテルの入居が決定し、契約が交わされた。客室259室で、スイートルーム32室になる見込み。 また、26~50階はコンドミニアムの住居部分となり、...
2019.06.16
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年5月20日掲載

■ 最大出資者となっての海外事業展開は、日本の教育機関として初の試み 上智大学などを運営する学校法人上智学院は、タイの首都バンコクに設置する海外拠点「上智大学ASEANハブセンター」について、2019年4月9日付でタイの会社法に基づいた非公開株式会社「Sophia Global Education and Discovery Co., Ltd.」(略称:Sophia GED)として会社登記を完了、同日をもって事業会社を設立した。 同社は教育研修支援事業(日本人学生・生徒がメコン地域を含むASEAN諸国をフィールドとして学ぶ研修・スタディツアーの企画・実施、及びASEAN諸国から日本への留学支援・広報活動等)を軸とした営利活動を通じ、収益を上げることができる会社法人として活動を展開する。 国際貢献への高い志を持つ人材育成という本学院の使命の具現化を理念に掲げ、特色と個性ある事業の企画・実施を担う。 ■ 設立の背景 上智大学ASEANハブセンターは、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業構想に基づき、東南アジア全体を見据えた教育・研究及び人的交流...
2019.06.08
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第117回はソイ39の「コラムバンコク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、117回目は、アソーク交差点にほど近いスクムビット・ソイ16に位置する「コラムバンコク」を紹介します。このオフィスは第59回でも紹介しましたが、評価が高いので再度掲載する次第です。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からラマ4世方面に100メートル行ったところのスクムビット・ソイ16に面している、2008年竣工、42階建ての高層オフィスタワー・サービスアパート複合施設が、「コラムバンコク」です。1階から24階がオフィスフロア、25階にレストラン...
2019.06.10
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第116回はソイ39の「バイオ・ハウス・タワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、116回目はスクムビットソイ39に建つ「バイオ・ハウス・タワー」を紹介します。 スクムビット・ソイ39をまっすぐ進み、進入禁止の一方通行出口交差点にぶつかったところの左角に建つのが1995年竣工の22階建てのバイオハウスタワーです。近くにはスクムビットでもっとも有名なアパートのひとつ、バーンジャムジュリーや今年完成したホテル&サービスアパートの137ピラーズなどがあります。 バイオハウスタワーは低層階がオフィスや小売店舗、習い事教室などにスペースを提供していて、高層フロアがアパートとなっています。日本人駐在員の家族の利便性の良さから、学習塾や武道道場、フィットネスジム、産地直送のフルーツショップなどがテナントとして入居しております。 このたび6階のオフィスフロアが全面改装工事をしており、見学してきました。 212平米のオフィス物件。南向きで採光性は非常に良いです。 平米単価が500バーツなので賃料は10万6千バーツとなっております。眺望は素晴らしく、スクムビット界隈の住宅街エリアが眼前に広がっています。...
2019.06.10
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年5月5日掲載

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドがあぱまん情報2019年5月5日掲載の記事を紹介しています。
2019.05.23
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年4月5日掲載

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、あぱまん情報2019年4月5日掲載の記事を紹介しています。
2019.05.05
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第114回は「プームポームビルディング」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第114回「プームポームビルディング」についての記事を紹介しています。
2019.05.23
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年3月20日掲載

池上彰教授がスーパーバイザーを務める「名城大学チャレンジ支援プログラム」の選抜メンバーが来る 2018年9月、池上彰教授がスーパーバイザーを務める「名城大学チャレンジ支援プログラム」が創設、プログラム第1期生として7学部の1年生33人、2年生2人、計35名(男性13名、女性22名)のメンバーが選抜された。 本プログラムは、時代感覚と「グローバル」「キャリア」「リーダーシップと連携・協働」の3マインドを身につけ、予測不可能な時代を主体的に生きる力を養成するために実施される『自己実現』支援プログラムである。アメリカでは優秀な学生のために広く行われているプログラムとなっている。 選抜された学生自らが主体的に学ぶアクティブラーニング形式のオナーズ・セミナー及び国際的なダイナミズムに触れられる海外研修を経験しながら、自己を高めていく。 海外研修への参加では、「A.急速な経済発展を続ける東南アジアでの研修」と「B.イノベーションが著しい米国シリコンバレーでの研修」の二つのコースがあるが、このうち、Aの東南アジア研修を選んだ17名(男性9名、女性8名)が、名城大学...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第113回は「バンコクビジネスセンター」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、113回目は、スクムビット・ソイ63に位置する高層オフィスタワー「バンコクビジネスセンター」を紹介します。本物件は第56回目に紹介したのですが、新しい空室物件が出たので再度掲載します。 スクムビット・ソイ63は通称「エカマイ通り」と言い、スクムビット通りとペッブリー通りを結ぶ幹線道路となっています。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する地域です。 スクムビット通りからエカマイ通りに入り、徒歩約7分の左側に1995年竣工の30階建ての高層オフィスタワー、バンコクビジネスセンターがあります。青い遮蔽ガラスが壁面を覆ったモダンなデザインで遠い場所からもよく目立つ高層タワーです。この近くには日系スーパーのマックスバリュや飲食店がテナントとして多く入店するパークレーンや、大型小売店舗のビッグCがあり、買い物や食事にはとても便利な立地にあります。 さて、オフィスフロアについてですが、エントランス部分はセキュリティーガードが24時間常駐し、受付でセキュリティーカードを受け取り、エレベーターホールのゲートを通って館内に入...
ウタパオ空港

あぱまん情報2019年3月5日掲載

あぱまん情報のバンコク都市開発研究所は、東部経済回廊(EEC)(注01)内にあるウタパオ空港周辺の開発の現地調査を実施した。 ウタパオ空港では、ボーイングとエアバスがタイ航空と共同で、航空機の修理・メンテナンス事業等空港整備(MRO)への投資を決定、タイ政府は、ショッピング・モール、大型病院・オフィス等を飛行場周辺に配置するプランを発表するなど、一大「航空都市」建設計画が登場している。 これらの計画にともない、パタヤ周辺では、航空関連産業で働く、欧米のエクスパット、高給の駐在向けの街づくりが活発に行われている。バンコク都市開発研究所は、開発業者より協力依頼を受けて、ホテルの誘致計画等様々な観点からの調査を開始した。 当物件は、一部中国の投資家等に先行販売しているが、正式販売はこれからのため写真掲載のみとした。 当物件の特徴は、パタヤの南、海のきれいなバンサレービーチ近く、フェニックス・ゴルフ場から車で2分の好立地、ウタパオ空港まで、車で30分32㎞、空気の綺麗なリゾートコンドミニアムということだ。 また、タイでは初めてのコンド・ビラ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第111回は「GMM グラミータワー」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第111回「GMM グラミータワー」を紹介しています。
2019.03.18
賃貸サービスアパート

あぱまん情報2019年2月20日掲載

名城大2冠達成!全日本大学女子選抜駅伝で初V 青木主将「ずっと2冠をめざしてきた」  師走の富士山麓を駆け抜ける「全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)」は2018年12月30日、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園 陸上競技場までの7区間、43・8キロで22チームが出場して行われ、名城大が2時間22分50秒の大会新記録で初優勝を果たし、10月の全日本大学女子駅伝と合わせて2冠を達成した。大東文化大が2位、6連覇を狙った立命館大が3位に入った。 名城大の最終7区(8・3キロ)の高松智美ムセンビ(1年)がガッツポーズでゴールテープを切ると、チームメートが駆け寄り、歓喜の輪が広がった。青木和主将は「ずっと2冠を目指してきた」と笑顔を見せた。 名城大は1区(4・1キロ)で青木和(4年)が先頭と2秒差の2位スタート。2区(6・8キロ)の和田有菜(1年)、3区(3・3キロ)の加藤綾華(2年)は順位をキープし、4区(4・4キロ)の松浦佳南(4年)が区間賞の走りで全日本大学選抜を抜いてトップに躍り出た。5区(10・5キロ)の加世田梨花(2年)...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第110回は「253 アソークビルディング」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第110回「253 アソークビルディング」に挑戦!を紹介しています。
2019.03.02
賃貸サービスアパート

地主への企画提案型事業をスタート(あぱまん情報・バンコク都市開発研究所)

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、地主への企画提案型事業をスタート(あぱまん情報・バンコク都市開発研究所)についての記事を紹介しています。
2019.03.02
賃貸サービスアパート

タイ国代表的ゴルフコース「Ballyshear Golf Links」に変貌 名門横浜CC、キアタニCCと共同経営 2019年夏頃開業

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ国代表的ゴルフコース「Ballyshear Golf Links」に変貌 名門横浜CC、キアタニCCと共同経営 2019年夏頃開業についての記事を紹介しています。
2019.02.17
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第109回は「ザ・ホライズン」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第109回は「ザ・ホライズン」についての記事を紹介しています。
2019.02.17
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第108回は「プルンチットセンター」

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第108回「プルンチットセンター」についての記事を紹介しています。
2019.02.02
不動産

笑顔がいっぱい テナント懇親会が今年で23年目となる

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、今年で23年目!笑顔がいっぱい 、あぱまん情報主催のテナント懇親会を紹介しています。
2019.01.28
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第107回は「ハーバーモールレムチャバン」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第107回「ハーバーモールレムチャバン」についての記事を紹介しています。
2019.01.19
賃貸サービスアパート

1997年より20年間「あぱまん情報」ゴルフコンペが、リニュアルオープンの「ユニコ・グランデ」で開催など

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、1997年より20年間「あぱまん情報」ゴルフコンペが、リニュアルオープンの「ユニコ・グランデ」で開催などの記事を紹介しています。
2019.01.14
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第106回は「MECタワー」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第106回「MECタワー」を紹介しています。
2019.01.06
賃貸サービスアパート

桃太郎店長(なぎ屋トンロー通り店)大活躍、日本人緊急搬送で一命取り留める!

  11月17日夜8時頃、日本人駐在員のTさんが、行きつけのなぎ屋(トンロー通り店)のカウンターで食事中、突然具合が悪くなり意識が無くなった。 顔色も悪く、うつ伏せになって呼びかけにも応じないTさんがいることを、店内のタイ人スタッフから聞いた日本人店長の青山桃太郎さんが機転よく素早く、一番身近なサミィヴェートスクムウィット病院に連絡、直ぐに救急車で病院に搬送された。 店長も病院まで付き添い対応し、緊急治療を受けることもでき、無事一命を取り留めることができた。 その後、Tさんは単身赴任のため、両親が日本から来られ共に帰国することができた。なお、あぱまん情報が仲介したアパートは契約期間中であったが、同社がオーナーに説明をして解約、デポジット(保証金)の返還の了解を受け、問題ない形で終了することができた。 異国の地であっても幸運なことは、①行きつけの店であったこと ②桃太郎店長のとっさの機転 ③近くに病院があったことの3点があげられる。桃太郎店長ありがとう。   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->W(ダブル)W...
賃貸サービスアパート

頑張れ!タマサート大学留学生

  11月12日青山学院大学(地球社会共生部)2年生で、現在タマサート大学に留学中の萩原ひかりさんが、あぱまん情報の山口政次社長を訪問した。 訪問目的は、現在研究中の「トイレと住まいと価格の相関関係?」という私たちの生活に身近なテーマの調査のためであった。 約2時間にわたり、同社の山口社長とタイ人のウイロー取締役より、タイのトイレの歴史や衛生面の変化、紙・水との関わり、地方と都会のトイレ事情の違い、マンションと戸建て住宅のトイレの違い、そして、最近の機能性、さらには、インド、中国、アフリカ等の地域性等の情報が、萩原さんに伝えられた。 後日、萩原さんから、あぱまん情報に訪問後、さらに、テーマに対する意気込みがより強く,深くなったとの伝言が届いた。 山口社長は、「少しは留学生の方のお役に立てたのかな?と安堵しております。」と語っていた。 箱根駅伝もがんばれ、青学!!   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->W(ダブル)Win(ウィン)Auction(オークション)のホームページ -> あぱ...
賃貸サービスアパート

12月末までの期間限定!特別価格で浄水器と軟水器のレンタル・販売を行っている「フルハウス」

  12月末までの期間限定! 特別価格で浄水器と軟水器のレンタル・販売を行っている「フルハウス」。 家庭用浄水器は逆浸透膜浄水器がレンタルで月額750バーツ、販売なら税込みで9900バーツと格安! さらにシャワーを軟水にするシャワー用軟水器がレンタルで月額450バーツ、販売も税込みで3500バーツとなっております。 それぞれフィルターや樹脂の交換も無料でしてもらえるので、長期滞在での利用も安心です。 フルハウスでは、日本人駐在員向けの住まいも紹介しており、入居者へのお得なキャンペーンも実施しています。 ただいまのおすすめ物件としては、スクムビット・ソイ24にある「コンパス・スカイビュー・ホテル」です。ホテルとしてもサービスアパートとしての長期滞在もできます。 BTSプロンポン駅から150㍍、エンポリアム近くで徒歩圏内にほとんどのものが揃っている好立地物件です。 家賃は1ベッドルームの部屋が8万5千バーツ、2ベッドルームの部屋が9万5千バーツとなっています。   2018年11月20日 タイ自由ランド掲載 ...
賃貸サービスアパート

「フルハウス」では入居者キャンペーン実施中

  日本人駐在員向けの物件をバンコクで探すなら「フルハウス」へどうぞ。 入居者への5つのキャンペーンも実施中で、入居物件の家賃により条件は変わってきますが、さまざまなサービスの中から選んで、快適な暮らしをサポートいたします。選べるお得な無料券進呈(家賃により条件あり)なども実施中です。 ただいまのおすすめ物件としては、スクムビット・ソイ24にある「コンパス・スカイビュー・ホテル」です。ホテルとしてもサービスアパートとしての長期滞在もできます。 BTSプロンポン駅から150㍍、エンポリアム近くで徒歩圏内にほとんどのものが揃っている好立地物件です。 家賃は1ベッドルームの部屋が8万5千バーツ、2ベッドルームの部屋が9万5千バーツとなっています。電気代、水道代が家賃込みで、メイドサービスは月~土、リネン交換は週2回あります。 フルハウスでは、ほかにも豊富な物件情報があり、日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などもおまかせ下さい。   2018年11月20日 タイ自由ランド掲載...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第105回は「オーシャンタワー2」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、105回目は、アソーク通りに位置する高層オフィスタワー「オーシャンタワー2」を紹介します。第57回で紹介しましたが、人気が高いオフィスビルなので再度紹介します。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、さまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約10分、スクムビット・ソイ19とつながっているアソークソイ3の小ソイを入ってすぐの右側に1993年竣工の42階建ての高層オフィスタワー、オーシャンタワーⅡがあります。BTS駅からはちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くので、それほど遠くは感じません。建物内に日系スーパーのマックスバリュが入っているほか、近くにはセブンイレブンやファミリーマート、隣接のオフィスビル低層階に入っている飲食店などが多数あり、買い物や食事にはとても便利な立地です。...
賃貸サービスアパート

快適なサービスアパート探しは「フルハウス」で

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、快適なサービスアパート探しは「フルハウス」についての記事を紹介しています。
2018.12.11
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第104回は「オーシャンタワー1」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第104回「オーシャンタワー1」を紹介しています。
2018.12.02
賃貸サービスアパート

タイ初の不動産オークションサイトで特別キャンペーン11月末までにお申し込みの方に限って2か月間掲載無料

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ初の不動産オークションサイトで特別キャンペーン11月末までにお申し込みの方に限って2か月間掲載無料についての記事を紹介しています。
2018.11.24
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第103回は「メジャー・タワー」

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第103回「メジャー・タワー」を紹介しています。
2018.11.19
賃貸サービスアパート

オークションサイト2か月間掲載無料!

  タイ初の不動産オークションサイトを運営・管理している「あぱまん情報」のTWY社は、9月よりお客様の物件掲載を開始致しました。掲載費用は2か月間で1万バーツですが、特別キャンペーンとして、10月末までにお申し込みの方に限って、2か月間掲載無料といたします。 契約や登記手続きがわからないとか、手続きが面倒という方には、物件価格の1.5%の事務手数料で、TWY社が売主に代わって手続きを行うことも可能です。 オークションにご自分の物件を出してみたいという方は info@wwinauction.com に「掲載希望」と記載して送付していただければ、掲載書類をEメールで送付いたします。 2路線利用可能の豪華タワーコンドミニアム「ザ・アドレス・アソーク」25階 オークション入札中の「ザ・アドレス・アソーク」は、マッカサン駅に隣接する物件です。 2012年に竣工した45階建タワーコンドミニアムで、エアポートリンク・マッカサン駅と地下鉄MRTペッブリー駅の2路線が利用可能です。人気商業施設「ターミナル21」のあるアソーク駅までMRTで1駅、歩...
2018.11.01
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第102回は「ザ・トレンディ・オフィス・ビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、102回目は、スクムビット・ソイ13に位置する18階建てのオフィス&コンドミニアムの複合ビルディング「ザ・トレンディ・オフィス・ビルディング」を紹介します。このビルディングは58回目にも紹介しましたがビジネスセンター物件の空室があったので再度掲載いたします。 スクムビット・ソイ13は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであるアソーク地区と、飲食店遊興施設が建ち並ぶナナ地区の中間にあるソイです。このソイには高層のアパートレジデンスやレストランが建ち並ぶものの、交通量はわりと少なく静かな雰囲気をもつエリアとなっています。ソイの奥ではソイナナやソイアソーク方面へも抜けられるため、自動車のアクセスは良いといってよいでしょう。界隈はBTSやMRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使うことができるエリアにあり、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)から約6分、スクムビットソイ13を入ってすぐの右側に1993年竣工の18階建てのコンドミニアムとオフィスビルの混合...
2018.11.01
法律相談

会社登記が即、できる賃貸オフィス

タイでビジネスをされる方から、タイで生活をされる方、タイに関わる方々のサポートをしている「タイトライ法律会計事務所」は、新しいオフィスに移転しました。 場所はシーロム通りとナラティワート通りの交差点の近くにあるITFシーロム・パレス・ビルディング19階(160/403号室)。BTSサラデーン駅から徒歩8分ほどです。 同ビル内には、タイトライ法律会計事務所が管理しているレンタルオフィスもございます。レンタルオフィスで、会社登記ができますので、日本からタイへの進出準備、またこれからタイで起業されるという方には大変便利です。 タイで仕事や生活をしていると、様々な場面で日本との慣習や常識の違いに気付かされ戸惑いますが、トラブルが起きてしまった場合、現地の事情に詳しい然るべき相談相手がいないと心細いものです。 タイトライ法律会計事務所は、仕事においても生活においても、タイで安心して生活ができるよう、お手伝いをして参ります。 経験豊かなタイ人の弁護士と公認会計士、日本人コンサルタントが連携して遂行します。またトラブルの際には、弊社の各種機関のネ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第101回は「グラスハウスビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、101回目はアソーク交差点近く、スクムビット・ソイ25の入り口に面する「グラスハウスビルディング」を紹介します。このビルディング、87回目に紹介しましたが空室が出ましたので再度紹介させていただきます。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からほど近いスクムビット・ソイ25の入り口に面している、1989年竣工、17階建てのオフィスビルディングが「グラスハウスビルディング」です。 このビルはBTSアソーク駅から徒歩5分という大変立地に恵まれたオフィスビ...
レンタルオフィス

オフィスの賃料11.2%上昇、ゲイソンタワーが家賃トップ

  タイのバンコクでの賃貸オフィスビルについては、大手不動産コンサルティングのJLLによると、グレードAの物件は、賃料が11.2%上がっており、また今後、2019年末までに新規に全体で28万㎡供給されるが、中国IT企業などの予約がすでに入っており、賃料は上昇傾向にあるとしている。 グレードAの物件では平均、1カ月の賃料は1㎡当たり751バーツから824バーツに上がっていて、最も高い賃料は、ゲイソンビレッジとして完成し、ゲイソンプラザの横に建設されたゲイソンタワーで、1㎡当たり1350バーツ。続いて、オークラホテルも入居しているパークベンチャーで、1㎡当たり1300バーツとなっている。   2018年9月5日 タイ自由ランド掲載   ->賃貸オフィス仲介 -> タイで不動産仲介のページ ->レンタルオフィスの情報 ->賃貸オフィスの情報 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第100回は「エム・クォーティエ」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、100回目は、BTSプロンポン駅前に2015年完成した、「エム・クォーティエ」を紹介します。このオフィスビルは62回でも紹介しましたが、好条件の空室物件が出たので再び、紹介いたします。 スクムビット通りをアソーク交差点から東に進み、BTSプロンポン駅に着くと、道路の両側にある高層ビルディングの威容が目に入ってきます。これこそバンコクを代表するショッピングコンプレックスのひとつ、タイ小売大手の「ザ・モールグループ」が建設した、エンポリアムとエムクォーティエです。通りをはさんで南側がショッピングセンターとサービスアパートを内包する「エンポリアム」(1998年開業)で、北側がオフィス棟とショッピングモールを内包する「エム・クォーティエ」(2015年開業)です。 ここの最大の特徴は、BTSプロンポン駅を下りると、地上2階にあるスカイウォークと大きな広場で両方の建物がつながっているということです。駅前すぐにあるので遠くからのお客様がBTSスカイトレインで訪れることができるのでとても便利です。エムクォーティエには各種レストランやショッピ...
賃貸サービスアパート

オークションサイト2か月間掲載無料!特別キャンペーン(9月末までにお申し込みで)

タイ初の不動産オークションサイトが、先月登場いたしましたが、多くの反響をいただき、掲載物件も落札に至っています。お客様からは、自分の保有物件を是非とも掲載したいという要望が多く寄せられ、運営・管理している「あぱまん情報」のTWY社は、9月よりお客様の物件掲載を開始致しました。 掲載費用は2か月間で1万バーツですが、今回は特別キャンペーンとして、9月末までにお申し込みの方に限って、2か月間掲載無料といたします。 なお、契約や登記手続きがわからないとか、手続きが面倒という方には、物件価格の1.5%の事務手数料で、TWY社が売主に代わって手続きを行うことも可能です。 オークションにご自分の物件を出してみたいという方は info@wwinauction.com に「掲載希望」と記載して送付していただければ、掲載書類をEメールで送付いたします。 2路線利用可能の豪華タワーコンドミニアム「ザ・アドレス・アソーク」25階 オークション入札中の「ザ・アドレス・アソーク」は、マッカサン駅に隣接する物件です。 2012年に竣工した45階建タワーコンドミ...
2018.10.03
賃貸サービスアパート

特別キャンペーン(9月末までにお申し込みで)オークションサイト2か月間掲載無料!

タイ初の不動産オークションサイトが、先月登場いたしましたが、多くの反響をいただき、掲載物件も落札に至っています。 お客様からは、自分の保有物件を是非とも掲載したいという要望が多く寄せられ、運営・管理している「あぱまん情報」のTWY社は、9月よりお客様の物件掲載を開始致しました。 掲載費用は2か月間で1万バーツですが、今回は特別キャンペーンとして、9月末までにお申し込みの方に限って、2か月間掲載無料といたします。 なお、契約や登記手続きがわからないとか、手続きが面倒という方には、物件価格の1.5%の事務手数料で、TWY社が売主に代わって手続きを行うことも可能です。 オークションにご自分の物件を出してみたいという方はinfo@wwinauction.comに「掲載希望」と記載して送付していただければ、掲載書類をEメールで送付いたします。売却を考えている方は、一度ご利用してみてはいかがでしょうか。 2路線利用可能の豪華タワーコンドミニアム「ザ・アドレス・アソーク」25階 今回ご紹介するオークション入札物件は、マッカサン駅に隣接する「ザ・ア...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコク賃貸オフィスビル探訪録シリーズ第99回は「プームポームビルディング」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、99回目は、BTSオンヌット駅徒歩9分、スクムビット・ソイ87に建つ7階建ての「プームポームビルディング」を紹介します。この物件は73回でも紹介しましたが、空室情報が入りましたので再度掲載いたします。 スクムビット通りを東に進み、BTSオンヌット駅を下りてバンジャーク方面に向かってスクムビット通りの左側を歩くと6分ほどでスクムビット・ソイ87に着きます。ソイに入り3分ほどの位置に建っているのが、2009年竣工のプームポームビルディングです。 オンヌット地区は近年、駅のまわりを中心に新しい高層コンドミニアムが次々に建設され注目を浴びているエリアです。駅前にテスコロータスがあるほか、駅から徒歩2分のソイ54の入り口には「フィル・スクムビット54」というショッピングモールも最近完成しました。 このオフィスビルは住宅街の中にあり、交通量は少なくまわりは一軒家や集合住宅ばかりで静かな佇まいとなっています。ローカル食堂は近くにありますが、コンビニエンスストアはスクムビット通りまで出ないと見つけることができません。 また...
2018.09.13
賃貸サービスアパート

あぱまん情報のTWY社が提供する不動産オークションサイト

  タイ初となる不動産を専門に扱うオークションサイトが、新しく登場しました。 運営・管理しているのは「あぱまん情報」でお馴染みのTWY社。オークションサイトの名前は、W(ダブル)Win(ウィン)Auction(オークション)で、売りたい人、買いたい人、双方に利益があり、お互いに満足できることを期待してのネーミングです。 ★コンド、リゾート、工業団地など、様々な物件が対象 今月のオークションサイトの売り物件は、「あぱまん情報」が所有・管理している不動産物件が中心に登場します。 不動産のタイプは幅広く、都心部のコンドミニアムや定期借地権タイプのサービスアパートメント、人気のパタヤリゾート、さらには工業団地など様々な不動産があり、工業団地の物件は、経営権の譲渡も可能です。 ★初心者も大丈夫、失敗しても取り消し可能、もちろん会員登録仲介料無料 これまで「オークション」を経験したことがない人でも、パソコンやスマートフォンから、簡単にオークションに参加できます。メールアドレスを登録するだけでIDが取得でき、会員登録は無料で、不動産仲介料もかから...
賃貸サービスアパート

「フルハウス」は快適な賃貸の住まいを紹介

  日本人駐在員向けの物件をバンコクで探すなら「フルハウス」へどうぞ。 入居者へのキャンペーンも実施中です。 まず家賃1万バーツ以上の部屋なら仲介手数料が無料、さらに家賃2万バーツ以上の部屋ならフルハウスサポートクラブが無料となります。フルハウスサポートクラブは水、鍵、電気トラブルなどの駆け付けサービス、ドアや窓の修理、電球の交換、家具の移動、そのほか業者紹介などを行います。 3万バーツ以上の家賃の部屋に入居されると家賃の10%をキャッシュバックいたします。 そして5万バーツ以上のへ部屋に入居された方へシャワートイレを1台進呈’(サービスアパート除く)いたします。 さらに家賃により条件がありますが、選べるお得な無料券進呈など、5つのキャンペーンを実施中です。 ただいまのおすすめ物件としては、スクムビット49にあるサービスアパート「アデルフィ49」。 2015年築とまだ新しく、1ベッドルームで58平米、1ヵ月の家賃は7万3千バーツです。光熱費やメイドサービス(週3回の掃除と週2回のリネン交換、月20枚までの衣類クリー...
2018.09.07
賃貸サービスアパート

バンコクの部屋探しなら「フルハウス」へ

  日本人駐在員向けの物件をバンコクで探すなら「フルハウス」へどうぞ。 入居者へのキャンペーンも実施中です。 おすすめ物件として、スクムビット49にあるサービスアパート「アデルフィ49」を紹介いたします 2015年築とまだ新しく、部屋の広さは58平米、1ヵ月の家賃は7万3千バーツです。光熱費やメイドサービスなども家賃に含まれます。 BTSトンロー駅が最寄となり、徒歩圏内にフジスーパー4号店、サミティベート病院、歯科医院が近く、シャトルサービスもあるので、生活には便利でしょう。 建物内に住民用のプールやフィットネスルームもあります。 フルハウスでは、ほかにも豊富な物件情報があり、日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などをおまかせ下さい。   2018年8月5日 タイ自由ランド掲載 >日本人不動産会社「フルハウス」のホームページ -> タイで不動産仲介のページ -> 浄水器-ウォッシュレット ->賃貸...
2018.09.03
不動産

日本語での問い合わせ可能な賃貸の「ロンポーマンション」

ホテルとして1泊からの宿泊も可能な大型アパートの「ロンポーマンション」。 ラマ4世通りとスクムビット・ソイ26の交差点に近く、ロータスやビッグC、日本街、Kビレッジ、Aスクエアなどが徒歩圏内で、買い物、食事も不自由せず、長期滞在にも便利な立地にあります。 高速道路の出入り口にも近いので、東部の工業団地へ通勤する人の住まいにも最適です。 コワーキングスペースもあり、ビジネス利用にも便利なので、すでに多くの企業が利用しています。 600室を誇る大型物件でで日本語での問い合わせができることから、日本人の住まいとしても人気があります。 部屋はスタジオタイプが1万2千バーツ/月からあり、スーペリアやエグゼクティブスイートなど様々なタイプの部屋も用意しています。 また、館内にはレストランやコンビニエンスストア、ビリヤード場、フィットネスジム、プールなどがあり、快適に暮らすことができます。 部屋の契約期間は自由に設定でき、1年契約の場合は特別価格となります。   2018年8月5日 タイ自由ランド掲載 -> ロ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第98回は「カモール・スコソル・ビルディング」

  シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。この界隈は、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。日本で言えば、東京の丸の内オフィス街と同じようなイメージでしょうか。丸の内は日本を代表する企業の本社が建ち並び、その一角が有楽町・銀座界隈と繋がっていて繁華街を形成しているところなど、このシーロムエリアと似ている部分もあります。以前タイ人から聞いたのですが、「シーロムとスクムビット、どちらの会社に勤めたいか」とタイ人に訊ねると、「シーロム」と答える人が多数を占めたという話は、シーロムがタイ人にとってステータスを持っているエリアであることの証しである、という話もあながち間違いでないような気もします。...
賃貸サービスアパート

タイ初不動産オークションサイトをあぱまん情報が提供

  日本ではヤフーオークションやモバオクなど、様々なタイプのオークションサイトがありますが、このたびバンコクで、不動産オークションサイトが、新しく登場しました。 不動産を専門に扱うオークションサイトとしては、タイ初となります。運営・管理しているのは、「あぱまん情報」でお馴染みのTWY社。バンコクで不動産事業27年の実績があり、安心してご利用頂けます。 オークションサイトの名前は、W(ダブル)Win(ウィン)Auction(オークション)です。TWY社の山口社長によると、W(ダブル)Win(ウィン)とは、WinWIn(ウィンウィン)を意味しており、取引をする双方どちらにも利益がある、売りたい人、買いたい人が、お互いに満足できることを期待してこの名称にしたそうです。   ★コンド、リゾート、工業団地など、様々な物件が対象 今月のオークションサイトの売り物件は、「あぱまん情報」が所有・管理している不動産物件が中心に登場します。 不動産のタイプは幅広く、都心部のコンドミニアムや定期借地権タイプのサービスアパートメント、人気のパタヤリゾート、さらには工業...
2018.08.23
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第97回は「アブドゥラヒム・プレイス」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、97回目は、ラマ4世通りに位置する高層オフィスタワー「アブドゥラヒム・プレイス」を紹介します。 ラマ4世通りのサラデーン交差点周辺は、シーロムエリアと呼ばれる、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつです。大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 MRTシーロム駅からラマ4世通りをMRTルンピニ駅方面に歩いて約5分の右側に高層オフィスタワー、アブドゥラヒム・プレイスの敷地入り口があります。ここから公園のような遊歩道を入り50メートルほど入ると正面エントランスがあります。 ロビー階はコーヒーショップ数店と銀行などがテナントとして入っています。またビルの近くには高層オフィ...
賃貸サービスアパート

今月の「フルハウス」のおすすめ物件は、スクムビット49にあるサービスアパート「アデルフィ49」

  バンコクで日本人駐在員向けの物件のことなら「フルハウス」へご相談下さい。 今月のおすすめ物件はスクムビット49にあるサービスアパート「アデルフィ49」です。 2015年築とまだ新しく、部屋の広さは58平米、1ヵ月の家賃は7万3千バーツです。メイド、インターネット、NHK、日本語放送、水道代、電気代、月20点までのクリーニングサービスなどが家賃に含まれます。 BTSトンロー駅が最寄となりますが、徒歩圏内にフジスーパー4号店、サミティベート病院、歯科医院が近く、シャトルサービスもあるので、生活には便利でしょう。 建物内に住民用のプールやフィットネスルームもあるので、運動のために外のスポーツクラブに入会する必要もありません。 フルハウスでは、ほかにも豊富な物件情報があり、日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などをおまかせ下さい。   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 >日本人不動産会社「フルハウス」のホームページ -> タイで不動産仲介のペー...
2018.07.19
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第96回は「オール・シーズンズ・プレイス」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、96回目は、ワイヤレス通りのプルンチット駅徒歩5分に位置する高層オフィスタワーと高級ホテルの複合施設「オール・シーズンズ・プレイス」内にある「Mタイ タワー」を紹介します。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなるプルンチット駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、大使館、飲食店などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレイン、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。   BTSプルンチット駅から徒歩5分の位置に高層オフィスタワー、ショッピングモール、高級ホテル(コンラッドホテル)を内包する複合商業施設、「オールシーズンズプレイス」があります。施設内には高級ブランド小売ブティックがあるショッピングモールや品揃えのよいトップスマーケット、銀行、...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第95回は「エンパイア・タワー」

  サトーン通りはバンコク中央部ルンピニエリアからチャオプラヤ川にかかるタークシン橋を経てトンブリー方面に伸びる主要幹線道路で、道路中央に運河があるため、北側をノースサトーン通り、南側をサウスサトーン通りと呼んでいます。ワイヤーレス通り、ラマ4世通りに接続するサトーン界隈は、各国大使館、高級ホテルやサービスアパート、タイを代表する大企業の本社ビルなどが建ち並び、文字通りタイ経済の中心地の一角を形成しています。沿線にはBTSチョンノンシー駅やスラサック駅、タークシン橋駅、川を渡ると、クルントンブリー駅、ウォンウィアンヤイ駅…と、BTS線と同じルートを走るようになります。このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。また、1ブロック北側のサラデーン駅近くのシーロム通りには、タニヤ通り、パッポン通りなど、タイ有数の飲食店街があり、夜間はいつも変わらぬ賑わいを見せています。 さて、このサウスサトーン通りのBTSチョンノンシー駅前、ナラティワート通りの交差点角に建っているのが、2001年竣工の58階建てのオフィスタワー、エムパイア・タワーです。 ...
2018.07.19
不動産

住まいに関する相談なら「フルハウス」へご相談下さい

  バンコクで住まいに関することなら「フルハウス」へご相談下さい。 同社のホームページをご覧いただくと生活に関するあらゆることのサービスを行っており、浄水器や日本のテレビ視聴、一時帰国時の通信など何でも気軽に相談できる内容となっています。 ただいま、住まいではエカマイ通りのソイ21と23の間にある「モーベンピック・レジデンス・エカマイ」をおすすめしています。 27階建ての12階にある1ベッドルームの部屋で広さは33㎡、家賃は25,000バーツ、家具類はすべて新品で、インターネットは無料Wi-Fi完備、フィットネスルームやプールも完備。高速道路の入り口へも近いので、車で郊外に通勤する人には、快適な住まいとなるでしょう。 BTSエカマイ駅へのトゥクトゥクサービス送迎もあります。 フルハウスでは、ほかにも豊富な物件情報があり、日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などをおまかせ下さい。 店舗やオフィス等のレンタル物件の紹介、中古工場、倉庫、土地のレンタル、売買物件の紹介、...
賃貸サービスアパート

livaia.comで聞けるバンコクの今昔 !

  livaia.comで聞ける「今昔物語」は、タイ在住30年のあぱまん情報の山口社長によるものですが、第19回は、30年前にあったスクムビット・ソイ3の木の橋を取り上げています。スクムビット通りとニューペッブリー通りを結ぶ通りにかかっていた木の橋について山口社長が語っています。 また、第20回は、そのスクムビット・ソイ3にあるバムルンラート病院を取り上げており、以前、山口社長が喫茶店代わりにもよく利用したことを語っています。 続いての第21回は、ゴルフ場のキャディーの選び方を取り上げていて、その今昔を比較しています。 これらの話はネットでlivaia.comを検索し、「今昔物語」を探すと見つけられます。ぜひ、御覧ください。 不動産関連については、広告内の電話までお問い合わせください。 2018年6月20日 タイ自由ランド掲載 -> あぱまん情報のホームページ -> 「あぱまん情報」のFacebook ->賃貸オフィス仲介 -> タイで不動産仲介のページ ->LivAiA!(リヴ...
不動産

「フルハウス」の単身者向けのお得な物件

  バンコクで日本人の住まいのことなら「フルハウス」へご相談下さい。 今回ご紹介するのは、エカマイ通りのソイ21と23の間にある「モーベンピック・レジデンス・エカマイ」です。 27階建ての12階にある1ベッドルームの部屋で広さは33㎡、家賃は25000バーツとなっています。家具類はすべて新品で、インターネットは無料WiFi完備、フィットネスルームやプールなどのファシリティも充実しています。 高速道路の入り口へも近いので、車で郊外に通勤する人には、快適な住まいとなるでしょう。 BTSのエカマイ駅へのトゥクトゥクサービスもあるので、BTSを使う人にも便利です。 入居してすぐに生活できるように、アイロンとアイロン台、コーヒーメーカー、ドライヤー、液晶テレビ、キッチン用品なども完備しています。 ほかにも豊富な物件情報があり、日本人スタッフが部屋探しから賃貸、売買物件の紹介、投資物件の相談、購入した場合の賃貸貸しの管理などをおまかせ下さい。 住まいだけでなく、店舗やオフィス等のレンタル物件の紹介、中古工場、倉庫、土地のレンタ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第93回は「GMM グラミータワー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、93 回目は、アソーク通りに位置する高層オフィスタワー「GMM グラミータワー」を紹介します。当ビルディングは52回でも紹介しましたが空室物件が出たために再度とりあげます。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約7分の右側に1999年竣工の37階建ての高層オフィスタワー、GMMグラミータワーがあります。BTS駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くのでそれほど遠くは感じま...
2018.06.08
不動産

あぱまん情報社長の、バンコク今昔物語を聞く!

  ネット検索で、livaia.comを見てみると、「バンコク今昔物語」という題で、タイで不動産事業を展開する「あぱまん情報」の山口社長が出演されており、過去のバンコクの風景を語っていらっしゃいます。 30年間バンコクの不動産を最前線で見てきた視点、例えば、第13回の「ボーリング場の今昔」では、30年前に自分の会社の従業員を連れて、よく行っていたトンローでのボーリング場の話で、鍋を囲みながらボーリングができる話や、自分に合うボールが見つからない話など、今でもタイでのボーリング場の特徴とそれほど変わらないことがわかり、ほほえましくもあり、1つ1つの話がユーモアがあっておもしろい。 第15回の「トンロー通りの今昔」では、25年ほど前までは、日本人の住まいはトンローよりもソイ49が中心で、「ソイ49のアパートに住みたい」というリクエストが多かったという。これは、広めの部屋がソイ49に多かったことや、昔、トンロー通りが橋の手前で行き止まりだったことも影響していたという。 それが20年ほど前からは徐々に「トンローに住みたい」という人が多くなり、今ではトンロー界隈に...
2018.06.01
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第92回は「BBビルディング」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、92回目はアソーク通りに位置する高層オフィスタワー「BBビルディング」を紹介します。このビルディングは50回目にも紹介しましたが、このたび新規空室物件が出たので再度紹介いたします。 アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約7分の左側に1990年竣工の21階建ての高層オフィスタワー、BBタワーがあります。BTS駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くのでそれほど遠くは感じませ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第91回は「オーシャンタワー1」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、91回目は、アソーク通りに面する「オーシャンタワー1」を紹介します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からラチャダピセーク道路を南に400メートルほど行ったところにある32階建ての高層オフィスタワーが「オーシャンタワー1」です。 このビルは、BTSアソーク駅からはスカイウォークでアソーク交差点の階段を降り、徒歩8分ほどの位置にあります。1992年竣工で総階数32階のオフィスビルディングです。 建物内には銀行ATMやコンビニエンス...
不動産

賃貸の「ロンポーマンション」は日本人も多数居住

  ラマ4世通りのビッグCとロータスが向かい合う交差点の近くにある「ロンポーマンション」は日本人にも人気の大型アパートです。 高速道路入り口にも近く車で郊外の工業団地へ通勤する人にも便利な立地にあり、館内にはフィットネスジムや屋外プールも併設しています。 スタジオタイプの部屋なら1ヵ月1万2千バーツからあり、家族向けの広い部屋などもあります。 ホテルとして1泊からの短期宿泊もできるので、本格的に入居する前に試しに泊まってみるのもいいでしょう。 近所には大型スーパーのほかにKビレッジや日本街、スアンプルーンマーケットなどへも徒歩圏内で、食事や買い物の選択肢も広くなっています。 ファシリティも充実しており、館内には子ども用プールも備えた広い屋外プール、フィットネスジム、サウナなどがあり、レストラン、ミニマート、ランドリーショップ、コワーキングスペース、ムエタイジムも併設しています。 部屋の契約期間は自由に設定でき、1年契約の場合は特別価格となります。 2018年4月5日 タイ自由ランド掲載 -> ロンポーマンショ...
2018.04.26
賃貸サービスアパート

賃貸のプレミアトンローの4月中の入居でお得な特典あり

  住まいのエリアとして日本人に人気のトンローで「あぱまん情報」が管理、運営するサービスアパート「プレミアトンロー」。 4月中に入居されると特典として、スクムビット・ソイ49のスポーツ施設「ラケットクラブ」の会員権が付いてきます。プールやフィットネスジム、テニス、バドミントン、フットサルなどもできる施設です。サミティベート病院の近くの施設なので、徒歩圏内の施設です。 プレミアトンローは低層コンドミニアムの造りですが、とても閑静で付近の騒音もありません。入り口を入ったレセプションでは日本語対応も可能で、1階には日本料理店などが入居しています。 部屋は2LDKで家賃6万バーツとなっており、子どものいる家族でも住みやすい。ややコンパクトな5万5千バーツの部屋もあります。部屋の中には、すべて必要な電化製品などが揃っており、カバン1つで入居してOKです。 もちろん、バスタブがあり、寝室、リビングも余裕の広さです。 また、家賃には部屋のクリーニングなども付いているので、別途にメイドを雇う必要もありません。 ほぼ、日本人の住まいなので安心...
2018.04.26
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第90回は「ジャスミンシティ」

  スクムビット・ソイ23は、アソーク交差点にほど近い位置にあり、入口には複合商業施設の「ジャスミンシティ」と「インターチェンジタワー」がソイの両側に建ち、そこから中間地点まで、多数の飲食店と歓楽施設が軒を連ねるバンコク有数の繁華街となっています。有名な歓楽ストリート「ソイカウボーイ」もその一画にあります。 奥に進むに連れ、家族用のアパートが点在するレジデンシャルエリアに変貌し、日本人児童の多い「レインボー幼稚園」もそこにあります。つき当たりは教育学部で名高い「シーナカリン・ウィロート大学」があり、大学の敷地内すみの道ばたでは、毎週木曜日にマーケットが開かれます。『モクタラ(木曜市場)』の愛称で知られており、駐在員の奥様にも人気があります。200㍍程の道に衣類、雑貨、食料品等の屋台がびっしりと軒を連ね、多彩な表情を持つソイと言えます。入口から商業施設「プラサミットプラザ」までは交通量が多いですが、歩道が整備されていますので安心して歩けます。今回はそのソイ入り口にある複合商業施設「ジャスミンシティ」のオフィス棟を訪問しました。このオフィスビルは第44回でも紹介しましたが、新規ビ...
2018.05.07
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第89回は「MDタワー」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、89 回目は、バンナートラート通り沿いに建つ「MDタワー」を紹介します。 エカマイ方面からスクムビット通りをBTS線の高架下沿いに東南に走り続けていき、ウドムスック駅を過ぎて1㎞ほど行ったところを左折するとバンナートラート通りに入ります。この道路はバンコクとチャチェンサオ‐チョンブリー‐ラヨーンにまたがる東部経済回廊(EEC)を結ぶ幹線道路となっており、同通りにはバンナー・チョンブリー・ハイウェイも併設していて、タイの産業の大動脈の道路となっています。この沿線にはメガバンナー、バンコクモール、バイテック(バンコク国際貿易展示場)など、タイ有数の貿易商業施設が相次いで建設され、サムローンからラップラオまでのモノレールの計画も含め、周辺工業団地群とスワンナプーム国際空港、バンコク都を結ぶ中間地点として、タイ東部でもっとも発展が期待されている地域です。 バンナートラート通りに入り3㎞ほど行ったところにセントラルデパートやビッグCなどが建ち並ぶエリアがあり、その一角に今回紹介する1996年竣工24階建てのオフィスビルディング、M...
2018.04.06
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコク賃貸オフィスビル探訪録シリーズ第88回は「メトロポリス」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、88 回目は、スクムビット・ソイ39と41の間に建つ21階建てのオフィスビル「メトロポリス」を紹介します。このビルは78回でも紹介しましたが、新たにサービスオフィスがオープンしたので再度紹介します。 スクムビット・ソイ39は、多くの外国人レジデンスが並び、日本人のご家族にも非常に人気のあるソイです。飲食店が点在するばかりでなく、お子様の塾、奥様の習い事教室等もあります。ソイの入口付近は、フジスーパー1号店、エンポリアム、BTSプロンポン駅へのアクセスが良く、奥まったエリアでは、フジスーパー2号店へ行くのに便利です。東はトンロー方面へ、西はアソーク方面へ、北はペッブリー方面へ抜ける基幹道路となっており、車での移動にも便利です。あらゆる面での利便性から、日本人居住者が集中しています。ソイ39の入口にはこのエリアの有力な交通手段『シーロー』が並んでおり、日中であればいつでも簡単に利用できるため、日本人家族の日常の足としても人気を集めています。 今回紹介するメトロポリスは、ソイ39のソイ入り口の近くに立地する2016年竣工したばかり...
2018.03.22
不動産

「フルハウス」では3月末までの期間限定で浄水器と軟水器のレンタル、販売

  3月末までの期間限定で特別価格で浄水器と軟水器のレンタル・販売をしている「フルハウス・タイランド」。   家庭用浄水器は逆浸透膜浄水器がレンタルで月額750バーツ、販売なら税込みで9900バーツと格安! さらにシャワーを軟水にするシャワー用軟水器がレンタルで月額450バーツ、販売も税込みで3500バーツとなっております。 それぞれフィルターや樹脂の交換も無料でしてもらえるので、長期滞在での利用も安心です。 浄水器とシャワー用軟水器をセットでお申込みされると、さらに値下げ! レンタルなら2つ合わせて、月に1000バーツ、販売なら12060バーツでどちらも税込み価格となっております。 トンロー・ソイ17のユナイテッドタワー3階にオフィスがあり、バン週マンゴーの申し込みもできます。さらに来社時に「タイ自由ランドを見た!」というと、ドライマンゴーを進呈しています。 2018年3月5日 タイ自由ランド掲載 -> 浄水器-ウォッシュレット >日本人不動産会社「フルハウス」のホームページ ...
2018.03.22
賃貸サービスアパート

サービスアパート「プレミアトンロー」では、3月中の入居でお得な特典あり

  バンコクでも屈指の日本人に人気のエリアで「あぱまん情報」が管理、運営するサービスアパート「プレミアトンロー」。 3月中に入居されると特典として、スクムビット・ソイ49のスポーツ施設「ラケットクラブ」の会員権が付いてきます。プールやフィットネスジム、テニス、バドミントン、フットサルなどもできる施設です。サミティベート病院の近くの施設なので、徒歩圏内の施設です。 プレミアトンローは低層のコンドミニアムの造りですが、とても閑静で付近の騒音もありません。入り口を入ったレセプションでは日本語対応も可能で、1階には日本料理店などが入居しています。 部屋は2LDKで家賃6万バーツとなっており、子どものいる家族でも住みやすい。ややコンパクトな5万5千バーツの部屋もあります。部屋の中には、すべて必要な電化製品などが揃っており、カバン1つで入居してOKです。 もちろん、バスタブがあり、寝室、リビングも余裕の広さです。 また、家賃には部屋のクリーニングなども付いているので、別途にメイドを雇う必要もありません。 ほぼ、日本人の住まいなので安心で...
2018.05.22
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第87回は「グラスハウスビルディング」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、87回目はアソーク交差点近く、スクムビット・ソイ25の入り口に面する「グラスハウスビルディング」を紹介します。このビルディング、71回目に紹介しましたが、ビジネスセンター物件に空室が出ましたので再度紹介させていただきます。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点からほど近いスクムビット・ソイ25の入り口に面している、1989年竣工、17階建てのオフィスビルディングが「グラスハウスビルディング」です。 このビルはBTSアソーク駅から徒歩5分という...
不動産

「フルハウス・タイランド」の単身者向け賃貸物件

  バンコクの住まい探しのことなら日本人とタイ人が安心のサポートをしてくれる「フルハウス・タイランド」へどうぞ。日本人の住まいに最適な物件情報を豊富に取り揃えています。 ただいまのお薦め物件の中から今回はプラカノン運河沿いの「ハスハウス」をご紹介いたします。 2016年築のまだ新しい7階建ての物件で、BTS駅までのトゥクトゥク送迎もあり便利。プールやフィットネスジムも完備しているので、館内で運動することができます。 1ベッドルームの部屋で広さは36・75平米、家賃は2万バーツ、4階のユニットになります。 サンシリィ社による物件が続々と建設される地域で、近隣住民の買い物や食事に利用されるショッピングセンター「ハビトモール」もあり、コンビニやドラッグストア、飲食店などが入居しています。 ほかにも豊富な物件情報があるので、お気軽にお問い合わせ下さい。 また、業界最安値の浄水器と軟水器のレンタル・販売もしています。浄水器とシャワー用軟水器をセットなら、さらにお得になります。レンタルなら2つ合わせて、月に1000バーツ、販売なら120...
賃貸サービスアパート

サービスアパート「プレミアトンロー」は2月中の入居で豪華特典

前回、2月中に入居決定でビッグなプレゼント!とご紹介していた「あぱまん情報」が管理、運営するサービスアパート「プレミアトンロー」。 プレゼント内容のひとつにスクムビット・ソイ49のスポーツ施設「ラケットクラブ」の会員権が付いてくることになりました。プールやフィットネスジム、テニス、バドミントン、フットサルなどもできる施設です。サミティベート病院の近くなので、こちらも徒歩圏内の施設です。 プレミアトンローは低層のコンドミニアムの造りですが、とても閑静で付近の騒音もありません。入り口を入ったレセプションでは日本語対応も可能で、1階には日本料理店などが入居しています。 部屋は2LDKで家賃6万バーツとなっており、子どものいる家族でも住みやすい。ややコンパクトな5万5千バーツの部屋もあります。部屋の中には、すべて必要な電化製品などが揃っており、カバン1つで入居してOKです。 もちろん、バスタブがあり、寝室、リビングも余裕の広さです。 また、家賃には部屋のクリーニングなども付いているので、別途にメイドを雇う必要もありません。 ほぼ、日本人の...
2018.05.22
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第86回は「ウォール・ストリート・タワー」

スリウォン通りはバンコク中央部のシーロムエリアに位置し、シーロム通りの北側200メートルをほぼ並行して東西に伸びる通りです。BTSサラデーン駅やチョンノンシー駅から徒歩圏で、周辺はバンコクを代表するビジネスエリアの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。このエリアは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。また、サラデーン駅近くのシーロム通りとスリウォン通りを結ぶソイには、タニヤ通り、パッポン通りなど、タイ有数の飲食店街があり、夜間はいつも変わらぬ賑わいを見せています。 さて、このスリウォン通りのタニヤ通りとパッポン ソイ2のあいだに建っているのが、1987年竣工の29階建てのオフィスビル、ウォール・ストリート・タワーです。建物正面部は、ビルの名前の由来となったニュー...
2018.02.22
不動産

日本人不動産会社フルハウスのお薦めの賃貸物件「ザ・ロフト・エカマイ」

  バンコクで日本人向けの快適な住まいのことなら、「フルハウス・タイランド」へお任せ下さい。 お薦めの物件「ザ・ロフト・エカマイ」をご紹介いたします。BTSエカマイ駅近くでスクムビット通りに面した大変便利な立地の高層物件です。2016年築のまだ新しい物件で家具や家電はもちろんフル完備です。ファシリティも充実していて、フィットネスジムやプール、子どもの遊び場にバーベキューエリアもあります。 BTSの駅だけでなく、徒歩5分圏内にコンビニ、スーパー、病院があり、高速道路の入り口にも近いので工業団地に通勤するにも便利です。1ベッドルームの部屋で広さは45平米、家賃は3万5千バーツです。 ほかにも豊富な物件情報があるので、お気軽にお問い合わせ下さい。 また、業界最安値の浄水器と軟水器のレンタル・販売もしています。浄水器とシャワー用軟水器をセットなら、さらにお得になります。レンタルなら2つ合わせて、月に1000バーツ、販売なら12060バーツでどちらも税込み価格となっております。 なお、トンロー・ソイ17のオフィスではバン週マンゴーの日本発送申し...
2018.02.22
賃貸サービスアパート

「あぱまん情報」では2月中のプレミアトンロー入居でプレゼント贈呈

  トンロー周辺で住まいを考えているなら、あぱまん情報が管理、運営するサービスアパート「プレミア・トンロー」がお勧めです。 低層のコンドミニアムの造りですが、とても閑静で付近の騒音もありません。入り口を入ったレセプションでは日本語対応も可能で、1階には日本料理店などが入居しています。 部屋は2LDKで家賃6万バーツとなっており、子どものいる家族でも住みやすい。部屋の中には、すべて必要な電化製品などが揃っており、カバン1つで入居してOKです。 もちろん、バスタブがあり、寝室、リビングも余裕の広さです。 また、家賃には部屋のクリーニングなども付いているので、別途にメイドを雇う必要もありません。 ほぼ、日本人の住まいなので安心です。 場所はトンローのソイ11で、まわりには日本料理店が多数あり、そのほか、ビラスーパーなどが入ったショッピングセンターも近くにあります。 なお、2月中にこのプレミアトンローでの入居を決めていただくと、とってもBIGなプレゼントを贈呈しますので、見逃さないでください。詳しくは左の広告内の日本人担当者まで、...
2018.05.28
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第85回は「SGタワー」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、85回目は、ランスアン通りのBTSチットロム駅から徒歩6分(BTSラチャダムリ駅徒歩4分)に位置するオフィスビル「SGタワー」を紹介します。 スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなり1㌔ほど西にいったところにあるチットロム駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレイン、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSチットロム駅を降りプルンチット通りと直交する交差点からランスアン通りに入り徒歩6分の位置に1996年竣工の19階建て高層オフィスタワー「SGタワー」があります。近隣にはオフィスビルやレストラン、銀行、コーヒーショップ、小売店舗など多数あり、買い物や食事にはとても便利...
不動産

「あぱまん情報」のプラカノンで単身者お勧め賃貸物件

  住まいの物件情報から、投資用コンドミニアム、工場物件など、日本人向けの不動産なら「あぱまん情報」へお気軽にお問い合わせ下さい。 駐在員向けの賃貸物件も豊富に取り揃えており、ただいまのお薦め物件ではBTSプラカノン駅前の「リズム・44/1」は、開発が進んで便利になっているエリアの駅前便利物件です。部屋は1ベッドルームで45㎡、家賃は3万5千バーツとなっています。同じくプラカノン駅から徒歩6分のところにある「ワイン・サンシリ」は。2ベッドルームで広さは68㎡、家賃は4万バーツとなっています。プラカノンでは高級物件の部類で、採光の良い明るい部屋です。 ほかには、トンロー通りの日本村やJアベニュー近くで買い物や食事にも便利な「プレミア・トンロー」は閑静な住宅街にあり、日本人の家族連れにも安心の便利な物件です。 部屋のタイプは2ベッドルームで広さは70㎡、家賃5万バーツとなっています。 ほかには住まいとしても投資用としてもよいコンドミニアムの販売物件情報も豊富にあります。 今回のお薦め販売物件はBTSトンロー駅から徒歩4分、スクムビット通り...
2018.04.23
不動産

浄水器と軟水器販売の「フルハウス」

  日本人向けの住まいの仲介やタイでの暮らしを快適にするための各種サービスを行っている「フルハウス・タイランド」。 昨年行っていた浄水器と軟水器の限定特別価格でのレンタルと販売を今年3月末まで延長しています。飲料用の水はもちろん、シャワー用軟水器の定期的にフィルターを交換する必要がありますが、フルハウスでは無料で交換いたします。 家庭用浄水器は逆浸透膜浄水器がレンタルで月額750バーツ、販売なら税込みで9900バーツと格安! さらにシャワー用軟水器がレンタルで月額450バーツ、販売も税込みで3500バーツとなっております。 浄水器とシャワー用軟水器をセットでお申込みされると、さらに値下げいたします。レンタルなら2つ合わせて、月に1000バーツ、販売なら12060バーツでどちらも税込み価格となっております。 なお、トンロー・ソイ17のオフィスではバン週マンゴーの日本発送申し込みもできます。来社した際に「タイ自由ランドを見た!」と言うとドライマンゴーをもらえます。 2018年1月20日 タイ自由ランド掲載 -> 浄水器-...
2018.01.31
新築コンドミニアムの販売

「あぱまん情報」による不動産売買の詳細をきけます

  日本人向け住まいの仲介からレンタルオフィス物件や工場物件など不動産のことなら、「あぱまん情報」へお気軽にお問い合わせ下さい。 タイで27年の実績があり、豊富な物件の中から、日本語ネットラジオ「リヴァイア」で「タイ不動産の基礎知識‐売買編‐」という番組を全26回放送いたしました。毎回1つのテーマに絞ってタイの不動産売買や投資に関する基礎的な知識を初心者にもわかりやすく解説しています。 タイでの不動産売買に興味のある方はぜひ、聴いてみて下さい。ポッドキャストでの配信なので、スマートフォンやパソコンでいつでも聴くことができます。 各回のタイトルは下の広告をご覧下さい。 また、同社ではBTS沿線など日本人に住みやすい好立地物件の仲介だけでなく、コンドミニアムの販売も行っております。 今回ご紹介するのはスクムビット・ソイ79にある「ザ・ルーム・スクムビット79」です。 BTSオンヌット駅から徒歩4分の好立地で、スクムビット通り沿いにあり、大型スーパーのビッグCも近く、駅直結のショッピングモール「センチュリー・ザ・ムービープラザ」も...
2018.04.23
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第84回は「プライムビルディング」

  バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、84回目はスクムビットソイ21のアソーク交差点から徒歩4分に位置する「プライムビルディング」を紹介します。このオフィスビルは第55回でも紹介しましたが、お手ごろな好物件が出たので再度紹介します。 アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。そのアソーク交差点から徒歩4分ほどの右側、シノタイタワーの手前に立地するのが、1994年竣工、15階建てのオフィスビルが、「プライムビルディング」です。 このビルはアソーク駅からは徒歩圏にあり、周囲には飲食店や銀行、小売店舗などがた...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第83回は「Sethiwan Tower」

  サトーン通りはバンコク中央部ルンピニエリアからチャオプラヤ川にかかるタークシン橋を経てトンブリー方面に伸びる主要幹線道路で、道路中央に運河があるため、北側をノースサトーン通り、南側をサウスサトーン通りと呼んでいます。ワイヤーレス通り、ラマ4世通りに接続するサトーン界隈は、各国大使館、高級ホテルやレジデンス、タイを代表する大企業の本社ビルなどが建ち並び、文字通りタイ経済の中心地の一角を形成しています。沿線にはBTSチョンノンシー駅やスラサック駅、タークシン橋駅、川を渡ると、クルントンブリー駅、ウォンエンヤイ駅…と、BTS線と同じルートの高架線を走るようになります。このエリアは、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。また、1ブロック北側のサラデーン駅近くのシーロム通りには、タニヤ通り、パッポン通りなど、タイ有数の飲食店街があり、夜間はいつも変わらぬ賑わいを見せています。 さて、このノースサトーン通りのBTSスラサック駅から徒歩5分、シーロム通りに抜けるパン通り沿いに建っているのが、1992年竣工の21階建てのオフィスタワー、セティワンタワ...
ヨシダ不動産

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第82回は「ITF Tower」

シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスエリアの中心に位置し、界隈は大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。このエリアは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。 BTSサラデーン駅の改札口を下りて徒歩6分、ナラティワート通りとの交差点の角に建つのが、1984年竣工の32階建ての高層オフィスタワー、ITFタワーです。このビルは周囲を飲食店、銀行、コンビニエンスストア、コーヒーショップ等の路面店の建ち並ぶ商業地域のど真ん中に立地しております。そのため買い物や食事が楽しめるので、大変便利な立地となっております。旅行者や日本人駐在員に人気のパッポン通りやタニヤ通りに徒歩圏のエリアになっています。 さて、オフィスフロアについてですが...
2018.01.04
不動産

住まいのことなら「フルハウス・タイランド」へ、お薦めは「Liv@49」

  日本人駐在員向けの安心・快適な住まいのことなら「フルハウス・タイランド」へお任せ下さい。 日本人の住まいのエリアとして人気のスクムビット・ソイ49でお薦めの物件「Liv@49」をご紹介いたします。 2013年築でスクムビット通りからも近く、BTSトンロー駅までは徒歩9分ほど。近くにフジスーパー4号店やマックスバリュが入居するレインヒルもあるので、買い物や食事にも便利な立地にあります。 プロンポン方面も徒歩圏内なので、エムクオーティエやエンポリアムへも便利です。 2ベッドルームのお部屋は約75平米で家賃は7万バーツ、プールやジムのほかにサウナやジャグジーなどを完備しているので、館内から出ることなく運動やリラクゼーションも楽しめます。 屋上にはプールのほかにガーデンやピクニックエリアがあり、休日にのんびりと過ごすのもよいでしょう。 全室にバスタブ完備で館内は無料WiFiでインターネットも利用できます。トゥクトゥク送迎もあるので、BTS駅へのお出かけも便利です。 こちらの物件には95平米の3ベッドルームのお部屋もある...
2017.11.30