「タイのニュース」 一覧

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、タイでのニュースを提供しています。

カテゴリ一覧

今年も大規模開発が目白押し、大手の複合施設で数百億バーツ

  最近、多くの開発プロジェクトで計画されているのが複合施設(ミクスドユース)という形態。住まいのコンドミニアムとオフィス、さらにはホテルなどを配置し、ショッピングセンターなども設けて、1つ ...

フレッド・ディンデーンの再開発で、来年完成のコンドミニアムに移る

老朽化した集合住宅の建て替え問題で、ディンデーン地区にある「フレッド・ディンデーン」について、当局では、2018年初めには、28階建てのコンドミニアムに280世帯が移れるとしている。家賃は以前と同じだ ...

チェンマイ、プーケット、パタヤなど、リゾートでコンドミニアムの購入が人気

最近は、タイのリゾートでもコンドミニアム購入が人気で、若い人が自分の週末の休暇で利用する場合や、賃貸に出す場合などがあるとしている。 プラスプロパティー社によると、タイのリゾート5ヵ所で調査したところ ...

クロントゥーイの住宅密集地をコンドミニアムへ再開発

  クロントゥーイ港周辺の再開発については、周辺の土地を管理しているタイ港湾庁によると、子会社を設立し、来年から1年をかけて、設計等を行い、そののち、内閣にはかり、建設を始めるとしている。 ...

TCCグループのチャルン氏が土地買い占め

ビジネス街のシーロム、サトン周辺で、少し離れたスリウォン通りやシープラヤー通りは、古い商業長屋が立ち並んでいて、閑散としている場所も多いが、チャーンビールのオーナー、TCCグループのオーナーであるチャ ...

LEOとChangが中心のビール市場は1800億バーツ

ビアガーデンの時期になったが、タイのビール市場は低迷が続いており、最近の増税でさらに値段も引き上げられている。 タイの全体のビール市場は1800億バーツで、タイの地元紙によると、そのうち、大衆的なレベ ...

タイ人が仕事をしたい企業①PTT ②SCG ③Google

ウェブサイトで求人、求職の人材紹介事業を展開しているJob.DBがタイ人のOLやビジネスマンらに調査をしたところ、働きたい会社の1番に選ばれたのは、タイ石油会社のポート―トー社。大企業、有名、安定して ...

サイアムコマーシャル銀行では59支店を閉鎖

日本でもみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行で、将来的な統廃合や人員削減が発表されているなか、タイでも徐々に銀行の支店を閉鎖する方向に向いている。 サイアムコマーシャル銀行では、2018年に59店を閉鎖する ...

バンナーで、中国HYDOOら1千億バーツでシティー創設

EEC東部経済回廊の玄関口として盛り上がるバンナートラート通りだが、その29km地点に中国資本による巨大なトラストシティー(TRUST CITY)の工事が始まり、完成は2020年を予定している。 敷地 ...

京都工芸繊維大学がチェンマイ大学に事務所開設

2017年4月より、京都工芸繊維大学とタイのチェンマイ大学(CMU)は、ジョイントディグリープログラム「京都工芸繊維大学・チェンマイ大学国際連携建築学専攻」を開講しました。本専攻では京都とタイに残る歴 ...

アジア最大級のインターネットラジオ放送局「LivAiA!(リヴァイア)」

    中国で1万人以上もの会員を擁するアジア最大級のインターネットラジオ放送局「LivAiA!(リヴァイア)」が、タイでもサービスを開始しました。グルメや生活情報、お笑いにスポー ...

タイでバイクの中古、ネット販売急増

ネットショップで出品者が値段を付けて気軽に出品できるのが、タイでは大手のKaidee。携帯、コンピューター、カバン、時計、不動産、バイクなどカテゴリーに分かれており、直接、出品者と購入者がやりとりする ...

空港関係者の利用が多いスワンナプーム空港近くのノボテルが最高益

スワンナプーム空港に便利な、ノボテル・スワンナプームエアポートホテルによると、この1年での収入は8億4000万バーツにのぼり、利益は1億2900万バーツとなり、過去11年間で最高益を記録した。 多くの ...

マツダのSUV「CX-5」も新型のモーターエキスポは12/11まで

  第34回モーターエキスポが、ムアントンタニーのインパクトで11月30日から12月11日まで開かれており、各メーカーとも新車を投入して売り上げ増を狙っている。 マツダセール社によると。SU ...

モノレールの新路線建設は3ヵ月遅れ

モノレールの建設が計画されているピンクラインのケーラーイ~ミンブリー、イエローラインのラプラオ~サムローンは、タイ国鉄道によると、当初の計画より3カ月遅れており、一部の民間の土地の取得整備に時間がかか ...

贈答品ギフトは24億バーツの市場で、消費意欲あり今年は20%増

  タイではこの時期、贈答品のギフトを送る習慣があるが、その市場は24億バーツで、今年は前年に比べて20%増で活況を呈しているという。 ショッピングモールなどを運営するモールグループの幹部に ...

今年のボーナスは平均1.33カ月

タイではこの時期、年1回のボーナスを支給する会社が多いが、タイ人材労働協会の調べによると、建設、運輸、エレクトロニクス、自動車、不動産などで調査した239社について、ボーナスは平均で1・33ヵ月となっ ...

オリジン&野村不動産によりトンローで「パーク」開発へ

シラチャー~レムチャバンでもコンドミニアム等の大型開発を手がけ勢いを増すオリジン・プロパティー社だが、トンローのソイ10のアリーナ10でもハイクラス向けのコンドミニアムの開発を手がけ、来年には建設に取 ...

地方都市での路線整備を、来年から新事業として始動

  来年にタイ政府が行うメガプロジェクトについては8つの新事業があり、そのうち、地方での路線整備が盛り込まれており、ようやく、地方でのモノレールや路面電車等の建設が始まる見通しだ。 新事業の ...

中国人もスマートな旅行に!

中国人旅行者の一番人気はタイ旅行? Hotel.comなどによると、タイに来る中国人旅行者が増えており、最近、特に20~35歳の層は個人旅行が多くなっている。 以前はツアー旅行が中心で、中国人のタイで ...

来年6月のニッコーホテルの開業で、BTSトンロー駅前が変わる!

ハイクラスの街としてタイ人には認識されているトンロー。 芸能人などもコンドミニアムに多く住み、夜はハイクラスのパブなども出店されている。 一方、日本人の駐在員の多くがアソークからエカマイまでの間に住ん ...

学生の街ナコンパトムで新築コンドミニアムが人気

  バンコク都内では新規コンドミニアムを建てるのが普通になってきているが、郊外や周辺の県では地価等が安いため、タウンハウスや一軒家の需要が多い。 しかし、バンコクのとなりのナコンパトム県では ...

中国JD.comがセントラルと3年で175億バーツの投資

  タイ側の誘致などもあり、中国企業のタイ進出が加速しているが、ネットショップ大手のJD.comは、タイの大手セントラルグループと組み、すでにセントラル・JDコマース社として事業を開始してい ...

タイの飲料市場でペプシコがサントリーと提携

タイでペプシコーラを製造販売するペプシコ社が、サントリーとタイで提携し、ペプシコ社の子会社の51%を買う形で共同事業を行っていくとしている。 両社はアメリカやニュージーランド、日本などでも提携しており ...

11/30~12/11まで第34回モーターエキスポ

  日本では最新の技術を駆使した将来の車などを展示するモーターショーだが、タイでは各メーカーの新車などが出揃い、普段より割引きで購入できるなど、プロモーション付きの形で行われる。 今年も押し ...

夫婦で起業し、韓国甘辛から揚げがヒットし、事業拡大

タイでも韓国料理が人気で、フードコートなどにも韓国のブースがあり、キムチはすでに一般的にタイ人に食べられており、また石焼ビビンバの専門店なども街中にはある。 韓国風甘辛たれの唐揚げの「Bonchon」 ...

修理屋さんの登録で便利に

タイで生活していて、困るのは住まいに関しての修理などの時。タイでもこれまではイエローページなどがあり、修理屋さんなどを探せたが、今はウェブサイトの時代になっており、イエローページも使われなくなっている ...

コンドミニアムの販売は28%増、販売初日に80%売れた物件も!

タイでの新規コンドミニアム販売については、タイのコンサルティング会社の調べによると、今年は50000ユニットにのぼるとみられ、昨年の39000ユニットから28%増の見込みという。 バンコクやその近郊で ...

来年2/4国際的マラソンをバンコクで開催!

タイでは今月、11月19日に「バンコクマラソン」が開かれ、42.195kmのフルマラソンのほか、21km、10kmなどハーフやミニマラソンが行われるが、タイ観光庁では、世界的なマラソンをタイで行うとし ...

ウタパオ空港の整備により、サタヒップなどの土地代も急上昇

スワンナプーム空港からレムチャバン港、そしてウタパオ空港に至る鉄道路線などが来年から建設されるとしており、また、EECのハブ空港としてタイ政府がウタパオ空港の整備を発表している。 それに伴い、周辺の土 ...

EECに新シティー構想、中国系がCPグループと組む

ラチャダーやラマ2世などで、コンドミニアム等の建設を来年から開始する、中国で第3位の不動産開発ディベロッパー、カントリーガーデン社によると、EECでの開発で、CPグループと共同で新シティーの開発に向け ...

シラチャ、ラヨーンのEECで住居建設が加速 !

東部経済回廊(EEC)での外国資本の投資が明らかになるにつれ、そこに住む外国人やタイ人のための住居を整備するため、大手ディベロッパーが土地を買い、コンドミニアムや一軒家の計画を発表している。 野村不動 ...

甘いお茶の課税で値上げへ

タイではインフレ状態で、最近も消費財などで値上げが続いているが、甘い飲み物への課税により、レストランフジで製造しているフジ茶グリーンティーが25バーツから30バーツに値上げされ、オイシやイチタンのグリ ...

社会保険の上限を給料2万バーツで1,000バーツ負担へ

タイで働いている人などが加入している社会保険については、来年初めには、徴収額が引き上げられることになりそうだ。 社会保険事務所によると、現在、給料が15000バーツ以上の人は一律5%の750バーツが本 ...

日本政府がスラタニー県バーンナー町における 要援護者等のための送迎車輌整備計画への支援を決定

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「スラタニー県バーンナー町における要援護者等のための送迎車輌整備計画」にかかる総額1,993,000バーツの支援を決定しました。 平成29年10月1 ...

BTSクルントンブリー駅からの路線を、イタリアンタイが工期2年で着工へ

  クルントンブリー~プラチャーティポックまでの2.7kmのゴールドラインの路線整備については、まず、BTSクルントンブリー駅からクロンサーン区役所までの1.8kmの入札が9月25日に行われ ...

世界から発注舞い込み、スポーツウェアの製造が過去最高

タイで製造するスポーツウェアが人気。 タイアパレル協会によると、世界の有名スポーツチームなどからの発注がタイに集まり、「製造が間に合わない状態」といい、全体で今年は過去最高のオーダーとなる見込みで、さ ...

今年はタイへ135万人、24%増の見込みで、ロシア人の観光、回復へ!

タイへの観光客では、2015年のルーブル安で、観光客が1年で160万人から88万人に激減したロシア人については。景気の上昇とともに徐々に観光客が戻ってきており、2016年は約100万人、そして今年は、 ...

スウェーデン航空機部品、軍需大手がEECへ投資

スウェーデンの航空、防衛軍事用品の大手、Saab ABは、タイのEECでの投資を決定し、アマタコーポレーションの工業団地に入り、同社と組んで、航空機の部品製造、ウタパオ空港内の防衛軍事事業、パイロット ...

シャープがTV製造で出戻り!

シャープがLCD、LEDのTVの生産について、マレーシアからタイに戻って生産することになり、工場は以前のナコンパトムの工場を使うため、投資額は4000万バーツほどで済むという。 業界筋などによると、こ ...

地方を結ぶ交通の拠点、アユタヤが人口増へ

バンコクから近いアユタヤに移り住むタイ人が増えている。 不動産調査のプラスプロパティー社によると、バンコクからタイ北部、東北部を結ぶ拠点であるアユタヤに移り住む人が増えている。 大規模な工業団地もあり ...

MRT地下鉄の延長は93%出来上がり、チャイナタウンにホステルも

外国人に人気のヤワラート(チャイナタウン)を通る路線が、フアランポーン~タープラ~バンケーのダークブルー路線で、MRT地下鉄の延長となり、現在、建設中で93%以上の進捗状況だ。 ヤワラートではチャルン ...

タイ人独身OLはコンドミニアムを1人で買う?

タイでは都心などのビジネス街では、タイ人OLの働く姿が多く見かけられ、会社内でも女性の比率が高く、結婚をしていない女性も多い。 そういった独身の女性について、不動産を取り扱うbaania.comなどの ...

将来のバンコクの人口は2000万人へ

  バンコクの副知事が語ったところによると、将来的にバンコクとその近郊で人口が2000万人となり、一極集中になることが予想され、またグリーンエリアも約20万ライが失われる、として、今後、都市 ...

現在建設中のフアランポーン~ラクソーンは2019年7月に完成へ

現在、建設中のダークブルーの路線については、93%以上の進捗状況だが、地下鉄延長のフアランポーン駅からラクソーン駅と、バンスー駅からタープラ駅の2路線が同時進行中で、前者は2019年7月オープンへ、そ ...

海外在住日本人向けネットラジオ「LivAiA!(リヴァイア)」で、出演者募集中!

今年からタイでサービスを開始している海外在住日本人向けネットラジオ「LivAiA!(リヴァイア)」。 フリーペーパーやブログなど海外在住の日本人に向けた情報源は、いろいろありますが、リヴァイアでは、娯 ...

冊子がない?スマホ表示のみの「デジタルワークパーミット」を開始

デジタル・ワークパーミットの受け取りが10月6日、初めて行われ、外国人5人がスマートフォンなどによるワークパーミットを受領した。その中にはNMBミネベアの日本人も含まれている。 BOIを取得した企業に ...

BTSベーリング駅でコンドミニアムを阪急不動産ーセナが開発

都心では急騰した新規コンドミニアムの価格だが、郊外に行くとまだタイ人の中間層が買える範囲の値段で売り出されている。 タイのコンサルティング会社によると、BTSベーリング駅は都心で働くタイ人や、あるいは ...

中国人旅行者が72%増!タイ、日本、アメリカへが人気

今月の中国のゴールデンウィークによる休日は、10月1日から8日までで、タイ観光庁によると、この間の中国からの旅行者は30万人にのぼり、昨年の72%増という。収入も昨年から60%増の92億バーツを見込ん ...

カオサン通りで満室状態

プミポン前国王の火葬が行われる王宮前広場や、ワットプラケオに近い、外国人バックパッカーの聖地カオサン通りでは、10月25日~26日の部屋の予約はタイ人で満室状態だという。 カオサン通り事業協会によると ...

JD.comがセントラルと !中国企業がアセアンの拠点として投資

「アセアンでのEコマースのハブに!」と投資を表明した中国の最大手オンラインショップJD.comだが、同社によると、150億バーツ以上の投資でJD.comとともにJDfinanceも参入し、タイ側はこち ...

スマホをかざすだけ !QRコードによる支払い加速!

タイではこの10月より、一般の商品販売やレストランなどで、スマートフォンやアイフォンなどによる支払いが加速している。 現金を介さない支払い方法で、クレジットカードでの支払いではなく、スマホなどにアプリ ...

スパライ社が7ライを取得し、サトン通りで大型開発へ!

タイの大手開発ディベロッパーのスパライ社によると、ビジネス街のサトン通りのオーストラリア大使館の敷地について、入札により取得したとしている。 広さは7ライに及び、評価額は46億バーツで、1タランワー当 ...

屋台の店主に銀行が利子0.4~0.6%で10年返済ローン設定

タイ人がローンを組むのには、定期的に自分の銀行口座に入金がされていることが必要で、屋台の店主や物売りなどには銀行はお金を貸さないが、今回、オームシン(貯蓄)銀行によると、100億バーツを用意し、ストリ ...

BTS、地下鉄など10/26は無料開放

プミポン前国王の火葬が行われる10月26日周辺の路線利用について、タイ国鉄道などによると、 ・エアポートレイルリンクのパヤタイ~スワンナプーム空港間、 ・パープルラインのタオプーン~バンヤイ、 ・BT ...

撤収で売り場のない店主のため、屋台の場所を確保へ

通りでの屋台営業やソイの中でも屋台営業が制限され、バンコク都による撤収が進んでいるが、これは、街をきれいにすること、庶民の歩行を確保すること、交通渋滞のさまたげにならないようにすること、などを理由に屋 ...

ラムサーリー、ミンブリー、ラプラオの交差点で、工事による渋滞に注意!

来年2018年から本格的に工事が始まる交通網の路線について、タイ国鉄道では交差点などでの渋滞が激しくなるが、徐々に利用者は時間帯を避けたりして、渋滞も解消していくだろう、と語っている。 工事が始まる3 ...

ラチャダ~ラマ9世で開発中、125階のスーパータワーが起点

ラチャダーピセック通りの入り口に大プロジェクトを進行中なのがG LAND。地下鉄ラマ9世駅下車で、ラチャダーピセック通りとラマ9世通りに囲まれた73ライで、120万㎡のプロジェクト「ザ・グランド・ラマ ...

a2networkがAISと モバイルセキュリティ分野で提携

タイで日本人向け携帯事業ベリーモバイルを展開する a2network (Thailand) Co.,Ltd (代表者 伊藤大己、以下 a2network)は、タイ国内最大手の携帯通信事業者、Advan ...

いよいよ来年に入札?マッカサン駅周辺の508ライ

都心に残る大規模な敷地での開発で注目されるのが、マッカサン地区の開発。 4年前にタイ国鉄道などが発表し、開発が動き出したが、民間企業による投資での開発にしぼられており、来年には入札が行われる見通しとな ...

バンナートラート通りが熱い!新シティーが次々に名乗り

都心では日に日に渋滞が激しくなるなか、郊外での新都市形成などが進んでいるが、チャチェンサオ‐チョンブリー‐ラヨーンにまたがる東部経済回廊(EEC)もその1つ。 そんななか、その中間に位置するバンナート ...

日本政府がチュンポーン県カオチャイラート区における 多目的消防車整備計画を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「チュンポーン県カオチャイラート区行政機構多目的消防車整備計画」にかかる総額2,415,000バーツの支援をしました。 平成29年9月20日、チュン ...

チョンブリー~パタヤは105バーツへ

チョンブリー~パタヤのモーターウェイの料金所については、ほぼ90%が終了しており、来年1月より、料金を徴収する意向、とタイ国道局では話している。 料金所は5ヵ所で、バンブン、バンプラ、ノンカム、バンポ ...

ドンムアン空港の免税店は、キングパワー社に決定で、1年に2億バーツ以上支払う

ドンムアン空港のデューティーフリーショップ(免税店)はキングパワー社が勝ち取り、今後10年間の契約をタイ空港公団と結ぶ。 同公団によると、ドンムアン空港内の1922㎡で契約を結ぶもので、キングパワー社 ...

いすずがカンボジア、ラオスで販売増

トリペッチいすず・セールの幹部によると、カンボジアとラオスの市場で1年たち、販売の伸びはそれぞれ90%増、45%増にものぼるという。 両国とも経済も伸びており、消費も活発なため、それが車の売れ行きにつ ...

不動産関連も中国企業がタイへ!過去3年で700億バーツ投資

最近は中国のタイへの進出が加速しているが、コンドミニアムなどの開発関連でも、タイ側と組み、タイへの進出が急増している。 タイの不動産コンサルティング会社によると、この手の投資で、ここ3年の間に中国は7 ...

韓国のショッピングサイトがタイで2位に?

タイでもオンラインのショッピングサイトが伸びているが、韓国の大手通信企業が1年前に進出し、イレブンストリート 11street.co.thでサイトを運営しており、BTSプロンポン駅構内でも大々的に宣伝 ...

タイへの中国人旅行者が回復へ!今年は年間950万人に!

タイへの中国人旅行者の数は徐々に増えており、特にリピーターや、個人旅行者が最近は増えているのが特徴、と観光庁では話している。 今年は中国の大型連休が10月1日から8日まであり、ただ、タイではラマ9世国 ...

アリババ、JD.com、LAZADAなど、中国企業が次々にタイへ

タイへの中国の投資が加速している。 東南アジアでショッピングサイトを運営するLAZADA(ラザダ)」はタイではナンバー1のオンラインショッピングサイトだが、同社幹部によると、「この4月にはアリババとと ...

東南アジアのハブであるタイの不動産市場の伸びに期待し、日本の大手が続々タイへ

タイでは日本の大手ディベロッパーがやって来て、タイ側企業と組み、コンドミニアムなどの開発を行うケースが急増している。 大手の三井、三菱、阪急など。この8月には東急電鉄がタイの大手サンシリィと組み、バン ...

モスバーガーで焼肉ライスバーガー

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスタイランド(代表取締役社長:榊原正一)では、9月1日より、タイのモスバーガー店舗(6店舗)で、熊本県産の食材を使った限定商品の販売等を行う「タイのモスバ ...

日本政府がソンクラ県ナモン郡における 救急車整備計画を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「ソンクラ県ナモン郡における救急車整備計画」にかかる総額 2,009,000バーツの支援をしました。  平成29年8月9日、ナモン郡病院に ...

さらなる経済成長の実現に向けて 外務省、対カンボジア開発協力方針を発表、JICAカンボジア

外務省は7月末、カンボジアに対する「開発協力方針」を改定し、発表しました。 日本は、ベトナム、タイをつなぐ南部経済回廊の中核をなすカンボジアの発展を重要なものとみなし、カンボジアが掲げる「2030年ま ...

運転免許証がQRコード付へ

カードでの支払いなどでQRコードの導入を進めているタイで、運転免許証が9月4日から、プラスチックで裏面にQRコードが付いたものに変わることになった。 スマートカードと呼ばれており、今後徐々にこのQRコ ...

スマートビザは来年1月から開始、BOI奨励のEECなどで最大4年の就労

タイ政府が発表した外国人の「スマートビザ」については、最大4年のビザが出され、それで働くことができる。特に高度な専門職や技術者を外国から誘致することを奨励しており、このビザを取得できるのは、大きく分け ...

NON-Bで働く1位は日本人、労働許可証を持つ外国人

タイで労働許可証を持って働いている外国人については、現在、3種類のカテゴリーに分けられており、日本人の多くが持っているのが、ノンイミグラントのB(NONーB)で、いわゆる就労ビザといわれているもの。そ ...

20バーツ均一ショップ「すぐ壊れる」と苦情

タイではダイソーの60バーツ均一ショップが、タイ人の間では知られているが、ロータスやビッグCなどに行くと、そのそばで、20バーツ均一ショップが店を出していることが多い。また、タラートなどでも20バーツ ...

当局に違反知らせて半額ゲット

タイの軍事政権では、庶民に規律を守るよう促しており、公務員の袖の下などを撲滅することを目ざしているが、このたびバンコク都では、この8月より、街の中で見かけた違反行為に対して、ビデオや写真に撮って通報す ...

プラトゥーナムも活況、プラティナム・グループが牽引

プラトゥーナム周辺に外国人観光客を呼び寄せているのは、プラティナムグループによるプラティナム・ファッション・モールで、以前からのバイヨクの「衣料の卸し」としての拠点を引き継いでいる形で、特にシンガポー ...

中~上層向けコンドミニアム販売活況、オンヌットで賃貸料も10%上がる

今年後半は大手デベロッパーの物件が多く出て、不動産市場は再び活況になる、としている。 大手のメジャー・デベロップメント社によると、同社の今年の8つのプロジェクトのうち、7つを後半に投入する。 9月には ...

モノレール建設でラプラオ通りの中央の水道管を移設へ

渋滞の激しい道路を通る路線では、モノレールでの整備が行われるが、ラプラオ~サムローンの路線については、まもなく工事が始まるが、シノタイ社などは、ラプラオ通りのまん中に大きな水道管があり、路線建設にはま ...

今月にBTSクルントンブリー駅からの工事業者決定

バンコク都によるBTSクルントンブリー駅からクローンサーン区役所までの1.8kmにモノレールを建設する計画は、この9月25日に入札により建設業者を決定し、2年間の工事に入る。 この路線では、タイ政府に ...

パタヤ~サタヒップ~チャーン島のフェリー開始へ

8月18~19日にかけて、フェリーによるパタヤ―サタヒップ―チャーン島の就航が試験的に行われ、9月より正式にオープンする見込み。 現在、タイではパタヤ―ホアヒン間をフェリーで毎日行き来しており、ロイヤ ...

タオプーン~バンスー完成で利用者5万人に急増!

パープルラインのタオプーン駅からバンスー駅への1駅が8月11日に開通し、利用客がそれまでの1日34000人の利用が、8月18日には5万人の利用に急増し、さらに今後、増えるものと思われる。 これまで、パ ...

パタヤでコンドミニアム停滞で、バンサレーの物件は30%販売

パタヤのコンドミニアム市場は停滞しているが、パタヤ、ジョムティエンからさらに先の、バンサレーで外国人向けに開発しているのがサンプレー社。 50歳以上で、定年退職した欧米人などをターゲットとして、157 ...

プラカノン周辺が変る!次々に出来る高層コンドミニアム

アソーク~エカマイが日本人の住まいの中心でしたが、最近はオンヌットまで伸びてきており、その間のプラカノン駅周辺には、高層コンドミニアムも次々にできており、駅前の商業モールも今年末にはオープンし、日本人 ...

ポートートー内のホテル建設仕切り直しで大手と交渉中

「ポーポートー」のガソリンスタンド内に、コンパクトな簡易のホテルを建設して運営する計画が昨年、同社より発表され、50ヵ所でホテル建設が見込まれたが、そのパートナーとなるホテル選びで、数社ほどと交渉した ...

高齢者向けサービスが着々と

タイでも高齢化社会を目前にして、各病院などでも高齢者向けのサービスを整備しているが、整形手術では日本でも有名なヤンヒー病院では、「ヤンヒー高齢者センター」を1000万バーツをかけ設立し、24時間体制で ...

介護施設がオープン!日本人スタッフも常駐で個室あり

日本人でタイで介護を受けたい人に朗報! バンコク・ウェック・ガーデン・ラプラオは、バンコクに居ながら介護を受けられるサービス付き高齢者向け住宅です。 24時間365日スタッフが常駐し、日本人スタッフも ...

カナダ人がターゲット!外国人観光客のタイ誘致

カナダ人がアジアで訪れる国でタイは4番目で、さらに最近は景気もよくなっており、毎年、海外に出る人は4%伸びているという。 このため、現在の24万人強から今年~来年は25万人へと増やしたいとしている。 ...

デジタルパークで10億拠出、タイ政府がシラチャの敷地を提供

ITで東南アジアのハブを目ざすタイは、タイ政府をあげて、デジタル部門の誘致を目ざしており、タイ東部経済回廊(EEC)の中心地、シラチャーのCATの敷地700ライを提供して「タイランド・デジタルパーク」 ...

スカイウォーク完成

サイアムスクエアの交差点付近のスカイウォークが8月4日にお披露目された。スカイプラザと名付けられ、サイアムピワット社などが3億バーツを支出し、サイアム・ディスカバリーなどへの導線が造られた。 これによ ...

BTSチョンノンシー駅の次はスックサーウィタヤー駅に

BTSシーロム線のチョンノンシー駅とスラサック駅の間に1駅「スックサーウィタヤー駅」を造る計画については、環境影響評価を経て、今年より建設が始まり、2019年にはオープンとなる見込みだ。 これは、BT ...

高架、地下で17駅を新設、来年末から工事開始へ!

次々に交通網の整備計画が発表されているが、7月に内閣の承認があったのが、南パープルラインのタオプーン~ラッブラナの23.6km。事業費は1011億バーツにのぼる大型プロジェクトだ。すでに開通したパープ ...

野村不動産がタイに進出、オリジン社と組み物件開発へ

日本の大手、野村不動産がタイの不動産開発のオリジン・プロパティー社と組んで、タイでの不動産開発を行うことになり、7月31日発表された。 オリジン社によると、グループ4社の株を野村に売り、今後、共同で開 ...

豪華コンドーも売れない!1㎡35万バーツ以上は買い手難しい

景気低迷の影響を受けない上層の階級をねらった豪華コンドミニアムの販売についても、供給がある程度出てきて、需要は満たされ、今後は減る方向にあるという。 不動産コンサルティング会社などによると、1㎡当たり ...

中国人旅行者の支払いシステムが重要

現在、タイで中国人旅行者のための支払いで急速に進んでいるのがアーリーペイでの支払い。店などでQRコードを用意し、それをスマホでかざせば、簡単に支払いができるもので、現金に代わって急速に広まっている。 ...

高速鉄道は10月に工事開始で完成は2021年

バンコク~ナコンラチャシーマー(コラート)の253kmに及ぶ高速鉄道については、7月11日に内閣で承認され、この10月から工事が開始される。 結局、投資額1794億バーツはすべてタイ側が負担し、中国は ...

外国人観光客を呼び込むタイ料理をアピール

外国人旅行者の誘致をアピールしているタイでは、タイ料理をもっとアピールして旅行者を呼び込もうと、タイ観光庁などでは、有名なタイ料理などを積極的に紹介している。 CNNトラベルが発表したタイで観光に行く ...

BTSオンヌット駅前に31階建てセンチュリームービープラザは来年オープンへ

日本人の居住地域は、以前はエカマイあたりまでだったが、現在はBTSのプラカノン、そしてオンヌット駅まで伸びており、単身の駐在員などは高速道路にもすぐに上がれるオンヌット駅周辺に住んでいる人も多い。 そ ...

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.