タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、タイでのニュースを提供しています。

ニュース,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

 

BTSの延長路線については、モーチット~サパンマイ~クーコットが12月16日からオープンし、1月15日まで無料で開放されており、日本人の多いプロンポン駅やトンロー駅を通り、ケーハ駅まで3県にまたがる路線が完成。3県はパトムタニー県、バンコク都、サムットプラカーン県。
 

まだ上限の運賃が決定していないが、65バーツの案が出されており、無料開放後の運賃が決ま ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

タイでの代理出産、代理母については、保健局健康促進局によると、2019年は合法的な収入は45億バーツほどで、成功しているのは46%で、400人以上。102のクリニックで行われたとしている。
タイでは合法的に同事業が行われており、過去に営利目的の事業者の横行で、規制は強化されている。

 

 

関連リンク

- ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,未分類,タイのニュース,バンコクの開発

 

BTSエカマイ駅のすぐそばに立地する東部行きバスターミナルの複合化、ミクストユースの開発については、入札はコロナ禍の中で、1~2年延びることになりそうだ。
 

広さ7・3ライを民間に50年貸し出す形で、バスターミナルの上にショッピングモール、ホテル、オフィスなどを建設するもので、事業費は125億バーツほどになるとしている。
 

以前、バ ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

タイで躍進している自動車メーカー MGでは、MGセール社のポンサク副社長によると、2020年は電気自動車EVの販売は1200台だったが、今年は2000台になるだろう、と述べており、将来的にはEVは有望としている。12月のモーターエキスポでも100台の予約があったといい、ショールームでも別途100台の予約があったという。
 

EVは現在、ZSを販売しているが ...

ニュース,タイのニュース

日本のお歳暮や新年のギフトと同じように、タイでもクリスマス~新年にかけて、お世話になった人や顧客などにギフトを贈る習慣があり、スーパーマーケットやデパートにかざってある贈答品などがそれだが、このギフト商品について昨今、クレームが多く寄せられており、タイ商業局では販売する側が、同局の指針に合うよう、販売することを呼びかけている。
 

それによると、福袋のように中が見えにくい ...

ニュース,未分類,タイのニュース

このコロナ禍でもヨットやスピードボートを買う層の需要が活況だ。
 

ボートラグーンヨッティング社によると、豪華スピードボートやヨットなどを販売しており、現在、パトムタニーのマリーナに停泊しているのが、フランスのJeannean NC33で、1350万バーツ。
 

外国人が入って来れれば富豪が購入し、パタヤやプーケットのマリーナに停泊させるが、今はコロナ ...

ニュース,タイ人給料,未分類,タイのニュース,タイ関連情報

 

今年も、タイでは2月ごろの給料昇給が多いが、ネットの求人情報サイトを運営するjobthaiが調べたところによると、このコロナ禍での企業の給料の昇給について、「普通に昇給」48.2%、「以前より低めの昇給」28.9%で合わせて77%が昇給としていて、「昇給なし」が18.1%、「まだ決めていない」などが2%ほどになっている。
 

「普通に昇給」が半分ほどとなっ ...

ニュース,高速鉄道,未分類,タイのニュース,タイ国内交通網整備,タイ関連情報

 

バンコク~パタヤのモーターウェイについては、延長のパタヤ~マプタプット間の32㎞が無料となっているが、この1~2月から手数料がかかる予定。バンコク~マプタプット間の15~30バーツが加算される。

 

2021年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

関連リンク

->タイのニュ ...

高齢者社会,ニュース,高齢者,介護サービス,老人ホーム,未分類,タイのニュース,ロングステイ,タイでロングステイ

 

バンコク都庁によると、バンコク都の人口は現在、5百59万5169人で、そのうち60歳以上の高齢者は77万7198人にのぼる。さらに95歳以上は1万2669人で、100歳以上は4563人。
 

ちなみに東京都の人口は1399万人で、65歳以上は311万人、80歳以上は100万人。
 

バンコクは人口が集中していて1000万人都市と言われる ...

ウタパオ空港,ニュース,EEC,CPグループ,企業,未分類,タイのニュース

 

タイ政府が打ち出しているスマートシティーについては、EEC内でいくつかの候補が上がっているが、ここに来て有力なのが、パタヤのバンラムン郡の中の3町にまたがる地域。
 

これが出てきたのは、CPグループによる3空港をまたぐ高速鉄道のパタヤ駅が、内陸の方に移動することになり、その町がフアイヤイ町で、そのため、そのまわりの土地が脚光を浴びている。あとの2つはポー ...

ウタパオ空港,ニュース,EEC,企業,未分類,タイのニュース

 

コロナ禍でビザなしの外国人が入って来れない状態だが、将来的にタイでスマートシティーの創設については、外国からの投資を集めて、未来都市を築いていく構想があり、すでに投資が進行している。東部経済回廊(EEC)内でのスマートシティーが計画されている。
 

EECはチャチェンサオ県、チョンブリー県、ラヨーン県にまたがる地域で、ビジネスの中心を築こうというものだが、 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

「コン・ラ・クルン」キャンペーンが成功しているタイで、「古い車を新しい車に代えるキャンペーン」も現在、検討中。これはスリヤ工業大臣などが語っているもので、コロナ禍で節約志向が漂い、古い車を乗り続けている人に対して、安くで新しい車に変えるキャンペーンをしようというもので、自動車業界の活性化とともに、大気汚染の PM2.5対策にもなり、またEV電気自動車やハイブリッド車導入のきっ ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

今年は路上生活、ホームレスをしている人は60%増。
 

イサラチョン財団の調査によると、2018年は1855人だったホームレス、路上生活者は、2019年に2623人、さらに今年は4432人に増えており、1年で60%となっている。
 

これはコロナの影響で解雇された人、失業した人、収入がない人などが路上生活を強いられ、さらに現在も増加して ...

ニュース,タイ人給料,未分類,タイのニュース,タイ関連情報

コロナ禍でこの時期、解雇される人や、会社閉鎖をするところもある中で、この12月はボーナス時期だが、タイ工業系の協会のアンケートでは、雇用主の70%はボーナス支給なし、といい、特に観光業やレストラン、サービス業などで影響も大きいが、一方で、何ヵ月ものボーナスを支給している企業等もある。
 

ローカル紙などによると、アマタシティー工業団地にあるトヨタツーショー・フォークリフト ...

ニュース,未分類,タイのニュース

コロナの状況でもタイで伸びているのがカフェ市場。テイクアウトのアイスコーヒーなども人気があり、今では至るところに店舗ができている。
 

そんななか、ネスカフェなどを製造するネスレ社によると、タイ人の新しい生活スタイルの中で、今後も需要が増すとして、投資を拡大していくという。
 

カフェのほかに、ペットのえさやアイスクリーム、超高温殺菌の UHTのドリン ...

高齢者社会,ニュース,高齢者,コンドミニアム売買,介護サービス,老人ホーム,未分類,タイのニュース,ロングステイ,タイでロングステイ

 

財務局によると、ラマティボディー病院と進めている高齢者向けの住まいの「シニアコンプレックス」について、募集を11月9日に始めたところ、予約が1200件と殺到し、12月4日で締め切った。
 

これは高齢者向けの住宅で、購入の形でコンドミニアムの一室を買うもので、サムットプラカーンのバンプリー・バンプラーに建設され、オープンは2022年中ごろを予定している。 ...

不動産,ニュース,未分類,タイのニュース

 

このコロナ禍でも、バンコクの郊外での土地代は上昇しているところもあり、路線の建設中、あるいは路線の計画がある駅の周辺が上がっている。
 

増加率の高いところでは、現在、建設中のピンクライン、ケーラーイ~ミンブリーで前年比35.7%増。2番目はグリーンラインのクーコット~ラムルーカーで、ここは将来的に延長がある場所で、34.2%増。
 

...

ニュース,タイのニュース

 

タイで働いてる日本人については現在、「ショッピング還付」ができるのでぜひ利用するのがよい。12月31日の領収書について、自分の所得から控除できます。
 

ちゃんと、TAX INVOICE、あるいはそのタイ語が表示されている領収書で、あて先に自分の名前、納税番号、住所が記入されているものが有効です。
 

上限はVATを含めて3万バーツの買 ...

ニュース,未分類,タイのニュース,催し、イベント

この年末年始は多くの地区でイベントの中止などが予想されるなか、タイ観光庁によると、年末年始のカウントダウンについては、アイコンサイアムと組んで、バンコクでは最大規模の「アメージングタイランドカウントダウン2021」を実施するとしており、チャオプラヤー川沿いの、高島屋が入居するアイコンサイアムで、例年通りのカウントダウンが行われるとしている。
 

アイコンサイアムによると、 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

大気汚染の指標となるPM2.5については、乾季に入ったこの時期から、バンコクで基準値以上を観測され、大気汚染管理局などでは注意を呼びかけている。

タイでは PM 2.5の濃度が50マイクログラム/ 以上となると注意を呼びかけ、100以上は危険としており、今回、カンチャナピセークで52、タウィーワッタナーで55、サムットサコン52、マハーチャイ60などとなっている。

こ ...

ニュース,タイのニュース

 

コロナ禍で客足が大幅に減った飲食店、レストラン業界だが、資金力があるところは逆に「店を売りたい」と持ちかけるケースも多く、ZENグループにはこの4~5月ごろから特に中小事業者から「店を売りたい」という相談も多く、同グループによると、来年早々には1~2件を買収するとしており、1件あたり1億バーツまでとしている。
 

グループ全体の収入は、今年は23~25億バ ...

ニュース,未分類,タイのニュース,日本料理店

 

このコロナ禍の中で、地方都市でのコンドミニアムの開発も影響を受けているが、そんななか、コラート(ナコンラチャシーマー)の市内に、クランカーサー社は、シティーリンクコンドーを10カ所建設し、さらに300ライの敷地でミクスドユースの開発を来年から始めるという。
 

ローカル紙によると、ムーバーン、コンドミニアム、オフィス、ホテル、インター校、メ―フェアマーケッ ...

ニュース,タイのニュース

 

タイに進出している日本の百貨店が次々に撤退することになり、今年8月の伊勢丹に続き、来年1月には東急が撤退する。
 

これについてタイのローカル経済紙によると、タイには今まで、日本の大丸やジャスコ、SOGO、ヤオハン、そして撤退の伊勢丹、東急、そして現在も営業中の高島屋、ドンキモールがあるが、どこも赤字営業だとしている。
 

タイでは外資 ...

ニュース,パタヤ,タイのニュース,パタヤの生活情報,催し、イベント

 

恒例の花火大会がパタヤのビーチ周辺で開かれます。「パタヤ花火フェスティバル2020」で、11月27‐28日の2日間。時間等はパタヤPRのフェイスブックなどで告示される見通し。
 

そのほか、「ジェットスキーパタヤカップ2020」が12月4‐6日まで、ジョムティエンビーチで開かれます。

2020年11月20日 タイ自由ランド掲載

-& ...

ニュース,外国人労働者,未分類,タイのニュース

 

ミャンマーやカンボジア、ラオスの外国人労働者については、コロナの状況で、タイに入って来れない人が多く、食品加工、農業、またバンコク都内のサービス業などで、労働者不足となっているという。
 

タイ商工会議所によると、コロナ前やコロナ中に一時、何十万人がタイに戻ってきたが、まだ多くの外国人労働者がタイに入れない状況で、労働者不足となっている業種があり、一方で経 ...

ニュース,モーターエキスポ,日本人納骨堂,タイのニュース,催し、イベント

毎年恒例のモーターエキスポが今年も12月3日からムアントンタニーのインパクトで開かれます。
 

「第37回 タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2020」で、12月3日(木)から13日(日)までで、このうち10~13日は4連休となっており、大勢の人出で賑わう予定です。
 

プレス& VIP が12月1日、オープニングセレモニー等が12月2日 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

タイで働いてる日本人については現在、「ショッピング還付」ができるのでぜひ利用するのがよいでしょう。10月23日から12月31日の領収書について、自分の所得から控除できます。
 

ちゃんと、TAX INVOICE、あるいはそのタイ語が表示されている領収書で、あて先に自分の名前、納税番号、住所が記入されているものが有効です。
 

上限はVA ...

ニュース,未分類,タイのニュース

 

タイ中央銀行の今年8月までの6ヵ月間のデータによると、タイの主要12銀行は支店も合わせて全国で5461店あるが、この6カ月で201店減っており、最も減った銀行はタイコマーシャル銀行(SCB)で66店、続いてクルンタイ銀行が64店、タナチャート銀行が36店と続く。
 

SCBによると、このコロナ禍でよりネットでの取り引きを行う顧客が増え、モバイルバンクのSC ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイのマツダセール社によると、コロナの状況ののち、タイでの販売は徐々によくなっており、今年中には SUV、ピックアップの新車を発売する予定。
 

この9月の販売台数は3917台で、今年では最も販売台数が多い月になった。
 

タイではコンパクトで手頃な価格のマツダ2が一番売れており、続いてキャンペーンを展開して割り引きとなったピックアップの BT50、続 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

シンハービールのブランドの不動産部門、シンハーエステートによる物件については、ラグジュアリー・コンドミニアムが建設されているが、このたび完成するのが、43階建ての THE ESSEスクンビット36。338ユニットのラグジュアリーな物件で、1㎡当たりで35万バーツほどの価格となっている。

同物件は大手のホンコンランドとの共同での開発となるが、香港から外国人が入って来れないなどのため ...

ニュース,未分類,タイのニュース

シボレーのラヨーン工場については、中国の大手グレートウォールモーターズ(長城汽車、GWM)が正式に買収し、来年初めからのタイでの生産が始まる予定で、全体で投資額は220億バーツ、3000人の雇用といわれている。
 

同社のアセアン担当によると、この10月にスマートファクトリーとして整備し、世界基準の生産体制を整え、SUV、ピックアップ EVなどを生産する。また最新のテクノ ...

ニュース,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ関連情報,催し、イベント

バンコクでは定期的にフランチャイズ募集のイベントが催されており、先月、バイテク(BITEC)で行われた催しに行ってきました。ちょうどこの時期、コロナ禍で解雇される人も多く、自分で事業を始める人も結構、多いのでは、と思いましたが、2日目の催しはそれほど混んでいる感じでもなく、出店も思っていたほどの規模ではありませんでした。
 

フランチャイズといっても、屋台規模のものから、 ...

ニュース,未分類,タイのニュース

タイではゼネラルモーターズ (GM)のシボレーが撤退することになり、ローカル紙などによると、製造、新車販売は終了しており、ラヨーンの工場も明け渡しが決まっている。
 

タイのシボレー・セール社によると、在庫処理をして残っているのは100台ほどで、それらもすでに予約があり、ローンの許可待ちの車など。販売済みのシボレー車については、アフターケアは今後も続けていくとしており、現 ...

ニュース,タイのニュース

コーヒーのネスレ・タイ社によると、タイでは2020年のコーヒー市場は、家での消費が330億バーツ、外での消費が270億バーツで合わせて600億バーツと予想しており、この1~8月のネスカフェなどの消費は、ステイホームなどの影響で家では10%増の売れ行き。
 

一方、外では一時、50%減の時もあったというが、若い人向けのネスレーラテを新発売し、29歳までの人の購入が急増してい ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

今回、10年越しにやっと、試験的に運行が始まるのがライト・レッドライン。バンスー中央駅からタリンチャン駅までの15 ㎞ で、その区間にバンチョン駅、バンバムル駅の2駅があり、チャオプラヤ川を渡っているが、それぞれの駅間の距離が長い。
 

すでにダーク・レッドラインのバンスー中央駅~ランシット駅分も含めて、日本から車両が輸入されており、この10月にすべての25編成の車両が揃 ...

ニュース,EEC,タイのニュース

9月29日、内閣はタイ工業団地公社による2021年初めから開発を始める「スマートパーク工業団地」を承認し、3年間で完成する予定。
 

場所はEEC内のラヨーン県内で、1383ライに及ぶ敷地で、事業費は23億7000万バーツにのぼる。 

2020年10月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->EEC、東部経済回廊 ...

ニュース,EEC,高速鉄道,モノレール,CPグループ,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

EECの核となる3空港間を結ぶ高速鉄道については現在、タイ国鉄が路線の周辺で所有している場所の、民間の立ち退き等を進めており、まず、ラカバンーウタパオ間をこの10月までにほぼ終了し、のち、12月までにドンムアンーパヤタイ間の占拠などの状況を解消し、 CP グループへの明け渡しとなる。まだ賃貸状況の場所などが104件残っており、そのほか、裁判等で争っているところもある。

2020年 ...

ニュース,EEC,企業,タイのニュース

タイの東部地区、チョンブリー、チャチェンサオ、ラヨーンの3県で、外国からの投資を促し、タイ東部経済回廊(EEC) を確立する計画は、このコロナ禍でも進んでおり、商務省などのデータによると、3県での新規の会社登記は、この1~8月で4353件にのぼり、昨年同期に比べると、622件少なく、12.5%減だったが、このコロナ禍の中でも大幅な後退はなく、想定内で進んでいることがわかる。

ウタパオ空港,ニュース,EEC,高速鉄道,ドンムアン空港,スワンナプーム空港,タイのニュース,タイ国内交通網整備

渋滞の解消にも期待される路線網の整備で10月1日、レムチャバン港にピンクライン、イエローラインのモノレールの車両が到着し、プラユット首相らが現地で歓迎した。
 

「2路線とも2022年中のオープンとなる予定で、車両はきれいで、安全なものだ。いつか、タイは自国で製造し、あるいは、部品の製造をする」と語った。

2020年10月20日 タイ自由ランド掲載

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

スクンビット界隈でもコンドミニアム販売を行っているセナ・ディベロップメント社は、このコロナ禍で、需要が減り、また外国人の入国ができないなどで、新規の計画を出せない状況だが、働き始めたところのタイ人をターゲットにしたのが、100万バーツ以下で買える物件。
 

ちょうど働き始めたのちの25~30歳で、給料も15000バーツほどの収入の人に対して、「家賃を払うより購入した方が得 ...

ニュース,タイのニュース

 

タイも残り3ヵ月足らずとなり、観光促進のため、タイ政府が休日を増やしているので気を付けたい。祝日などを見てみると
10/13 火曜日 ラマ9世記念日
10/23 金曜日 チュラロンコン大王記念日
11/19,20 木、金曜日 タイ政府が追加した休日
12/5  土曜日 父の日(ラマ9世誕生日)
12/7   月曜日 12/5の ...

ニュース,タイのニュース

タイ人に人気の、5人乗りを中心としたSUVの販売では、タイのローカル紙によると、この1月から8月の間では CPグループと中国の上海汽車によるMGのZSが5989台で1位、続いてホンダのHRーV、トヨタのカローラ・クロス、マツダの CX-30が続き、ニッサンの新車キックス(kicks)は、国内販売は40%、輸出が60%で日本などにも輸出されている。
 

ニッサンはティアナ、 ...

ニュース,タイのニュース,タイで人材、雇用

このコロナ禍で、タイでも失業者がホテルや旅行関連で多く出ているなか、タイ最大の企業 CPグループが、特に新卒で就職できずに困っている人など、28000人を雇用する。
 

現在、どの業種でも人員整理が進むなか、タイ国内の失業者を救う、あるいは経済活性化のため、最大手のCPグループが新卒を中心に受け入れる。
 

28000人というのは、現在の全体の従業員の ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,中国人,タイのニュース,新規コンドミニアム

タイではコロナの前の今年2~3月までに、新規のコンドミニアムが次々に売り出されていて、タイ人のほか、中国人の購入なども多かったが普通、外国人がコンドミニアムを買う場合、完成までの間、ローンを支払い、完成後に物件の譲渡をする際、残りの費用を一括して外国から振り込まなくてはならない。
 

タイ-中国商工会議所によると、このように中国人でコンドミニアムを買ってローンの分は支払っ ...

カオサン通り,ヤワラート,屋台ごはん,屋台飯,ニュース,地域,タイのニュース,バンコクの開発

 

現在、大通りや通り抜けができるソイでは、通り沿いの屋台等が制限されており、出店できない状態だが、小さなソイの中では屋台商売が許可されている。
 

ただ、このコロナ禍で個人営業の人の収入も減っており、生活に困る人も出ており、バンコク都では、屋台販売の許可を拡げる見通しで、さしあたり、この10月より、バンクンティアン地区の、ラマ2世のソイ69で45軒 ...

カオサン通り,ヤワラート,屋台ごはん,屋台飯,ニュース,地域,タイのニュース,バンコクの開発

外国人旅行者で有名なカオサン通りが10月31日から、以前のように通り沿いで店舗の販売を始める。
 

昼間と夜の二交代制で、9時から16時が240店営業、16時から24時が240店営業。
 

以前の店240店のほか、新たに200店が出店するが、OTOPなど地方物産物の出店などとなる予定。
 

今年はハロウィン、ロイクラトン、ニューイヤ ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

バンスー中央駅からランシットのレッドラインの路線整備については、ほぼ建設は終了しているように見えるが、まだオープンには至らず、運営するタイ鉄道社によると、2021年3月には試運転を行い、正式オープンは2021年11月ごろになるとしている。
 

バンスー中央駅の追加工事103億バーツなどが遅れの原因で、その費用の借り入れなどの問題がからんでいる。
 

同 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

アイコンサイアム、高島屋までの足として待たれているゴールドラインについては、BTSクルントンブリー駅から乗り換えてクロンサン駅までの2駅を往復するものだが、今月10月のオープンとしていたが、電気系統などの設置、確認などで3週間ほど遅れ、オープンは今年末ごろになる見通し。 チャルンナコン駅の目の前となるアイコンサイアムとしては、各種催しがある年末には間に合わせたいため、それまでの開通が重要とな ...

ニュース,タイのニュース

タイ国内の消費の活性化や、生活で困ってる人への援助で、タイ政府は「3000バーツまで、消費の半額補助」を実施する。
 

飲食店の利用や商品の購入などで半額をタイ政府が補助し、半額をそれぞれ個人が支払う。1日の補助の上限は100バーツ。12月末までの3ヵ月間で、補助の上限は合わせて3000バーツ。
 

申し込みは、店のオーナー、一般の人がそれぞれ登録でき ...

ニュース,タイのニュース

タイではコロナの経済への影響は大きく、各会社の負担軽減、従業員の負担軽減のため、タイ政府では、加入する社会保険の割合を、本人負担5%から2%へ、雇用者負担5%から2%に軽減する。
 

この9月から11月までの3ヵ月間の措置。労働局が提案し、内閣で承認された。
 

対象者は加入者全体で1279万人にのぼり、雇用者全体は48万7000人にのぼり、合わせて2 ...

パタヤのコンドミニアム売買,不動産,ニュース,パタヤ,タイのニュース,パタヤの生活情報

コロナの影響で、まだ外国人観光客がタイに入国できない状態で、観光地のパタヤが大きな打撃を受けている。
 

それに伴い昨年、大量に売り出されたコンドミニアムなどで現在、全体のストックは2万ニット以上にのぼる。
 

不動産コンサルティングの調べによると、特に売れ残りが多いのがジョムティエン地区で、一番少ないのがオンアマート。海沿いで人気があるが適切な場所が ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム

コロナ禍での不動産市場、特に都心の新規のコンドミニアム市場は停滞を余儀なくされ、大手ディベロッパーは新規のプロジェクトよりも、建設済みや現在建設中の物件の販売を優先しており、ストックを売り切ることに力を入れている。
 

不動産コンサルティングなどの CBREによると、大手は現在、ストックのある物件の販売を優先しており、5~40%の値引きをしているところもあるという。

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

BTSグリーンラインのハーエーク・ラプラオ駅周辺のスカイウォークがこの10月中に完成する。これは BTS駅からMRTパホンヨーティン駅間の走行を便利にするもので、長さ302m で事業費は4000万バーツかかっている。これによりBTS、MRTへの行き来がスムーズになる。

 

2020年9月20日 タイ自由ランド掲載

 

-&g ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,新規コンドミニアム,ゴルフ、トラベル、旅行

 

この10月にアイコンサイアム行きのゴールドラインが開通予定だが、同じくチャオプラヤー川沿いで2件のプロジェクトがオープンする。

1つは豪華なホテル、カペラバンコク(Capella Bangkok)で、川沿いの350mに渡るプライベートヴィラの様相で、101室すべての部屋からチャオプラヤー川を望める。

カントリーグループ・ディベロップ

ニュース,タイのニュース,ゴルフ、トラベル、旅行

 

外国人観光客がタイに入って来れない状況で、バンコクやパタヤ、プーケットなどの観光地の高級ホテルで、大幅に値下げをして、宿泊を受け付けているが、TCCグループのアセットワールドコーポレーション(AWC)でも、プロモーションでスクンビット・ソイ22にあるバンコクマリオットマーキスクイーンズパークでも、1泊999バーツからで、そのほか、レストラン20%引き、スパ50%引きなどを行っ ...

ニュース,地域,タイ関連コラム,タイのニュース

 

日本で親族が亡くなり、コロナで日本に帰れないのでエカマイのBTS駅下のワッタートーン寺(วัดธาตทอง )で、お祈り( สวดมนต์)をしてきました。毎日午前8時から午後5時まで、スクムビット通りに面したタイ型のサーラ―(ศาลาร้อยปี)で、僧侶が1人待機していて、お祈りしてもらえます。
額に入れた写真、紙に書いた名前(タイ語)、お布施 (สังฆทาน) ...

ニュース,地域,タイのニュース

コロナの状況でも、地方都市での市内路線の計画は継続されており、イサーン地方(東北地方)の玄関口であるナコンラチャシーマー(コラート)市内での路線整備については、タイ国鉄道によると、ライトレールにより11・15㎞の間に21駅を設置し、事業費は71億バーツ。今年中にまとめ、来年中ごろには内閣にはかりたいとしている。民間企業と共同で進め、2022年8月に建設開始、2025年末にはオープンしたいとし ...

ウタパオ空港,ニュース,EEC,高速鉄道,ドンムアン空港,スワンナプーム空港,タイのニュース,タイ国内交通網整備,タイ関連情報

パタヤからマプタプットに向けて、モーターウェイの延長32㎞の高速道路が完成している。この5月22日から走行ができるようになり、8月24日に正式オープン。料金所も3ヵ所設置され、それぞれ支払いが発生しているが、パタヤーマプタプット間はまだ無料で開放されており、10月には25バーツから徴収が始まるという。
 

この完成で、パタヤーウタパオ空港が便利になり、30分で行ける。今ま ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,新規コンドミニアム

不動産大手のAP社によると、このコロナの状況の中で、より低層の物件を購入する人が増え、200~400万バーツのタウンホームを選ぶ人が増えており、特に26~30歳で働き始める人や家庭を持つ人が、こういった物件を選ぶ度合いが増えているという。

これはステイホームなどでより家にいる時間が長くなり、快適に過ごせる空間を求めているなどによるものだ

2020年9月5日

タイのニュース

 

コロナの影響で、自由業の人も収入が減っており、タクシーやバイクタクシーの運転手も、近距離での接触が伴うことや、外国人観光客激減で、以前のようには収入を稼げなくなっており、宝くじ売りに転身する人も多いという。
 

宝くじは需要があり、競合があっても売りやすいためという。しかし、同じように考える人も多いため、宝くじ売りに転身しても、売りさばけない人も出ていると ...

高齢者社会,健康、病気,ニュース,高齢者,病院、薬局、薬,タイのニュース,医療、健康、漢方

 

バンコクで高齢者向けの「シニアコンプレックス」をタイ政府主導で、バンプリーのバンプラー72ライで開発する。

ラマティボディー病院と組み、病院施設と高齢者住宅などを敷地内に建設するもので、住まいの900ユニットは、広さ各35㎡で、30年の所有権となり、価格は180~190万バーツの見込み。

今年末には予約を受け付け、来年中には建設し、

ニュース,タイのニュース,タイ国内交通網整備

 

高架鉄道BTSを運営する BTSCによると、このたび中国からゴールドライン用の車両が引き続き中国から到着し、合わせて6車両となり、この9月より試運転を開始し、10月にオープンする見込み。

まず、クルントンブリー駅とチャルンナコン駅間を往復し、追ってクロンサン駅へも往来する見通し。

車両は ボンバルディアのInnovia APM300

ニュース,タイのニュース

タイでは大量の失業者が出ている状態で、今後は経済活動も徐々に緩和されていくが、タイ労働局では、コロナ後にこの9月までの間にまず、5万人が外国への出稼ぎに行くとしており、一番多いのが台湾で2万120人、日本へは3818人、韓国6421人、マレーシア2448人、シンガポール2934人、イスラエル2840人と見積もられている。
 

一方、このコロナ禍の間も、そのまま外国にとどま ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイ関連コラム,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

コロナの影響で生活が苦しくなっている人も多く、バンコクやその近郊では住まいを確保するのもたいへんだが、「タイ人は皆が、自分の家に住めるように」というタイ政府の方針のもと、2021年から5年間で、高齢者や収入の少ない人、定年を迎えた公務員、障害者など向けの住宅を10万ユニット用意するとしている。
 

実務を行うタイ住宅公社(ケーハ)では、すでに1年間で2万ユニットを目標に4 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,新規コンドミニアム,不動産物件、賃貸アパートの仲介

プロンポン界隈の新規コンドミニアム販売は、このコロナ禍ではほぼ止まっている状態だが、329万バーツから、という破格で販売するのがイースタンスター・リアルエステート社による「クインタラープーム・スクムビット39」。
 

プロンポン界隈は今では1㎡当たり20万バーツ以上の物件はあたりまえだが、この物件は1㎡当たり10万バーツほど。
 

低層8階建てが2棟。 ...

ニュース,タイのニュース

コロナの影響で、飲食店、レストランはどこも売り上げ減となっているが、特に外国人の観光客をターゲットにしているところは被害が大きい。
 

日本料理店から始まったZENグループは、今では10以上のブランドを持ち、日本料理とタイ料理を中心に店舗網を広げているが、ZENグループによると、この4~5月は赤字4400万バーツで最も落ち込んだが、徐々に客足が戻ってきて、現在では80~8 ...

タイのニュース,宅配、デリバリー、配達,ネット、インターネット、SEO

 

コロナ禍でタイ人にもデリバリーでのフード宅配が浸透していますが、ラインマン(LINEMAN)は、投資会社の BRV キャピタルより33億バーツを調達し、ウォンナイ(WONGNAI)と組むフードデリバリーのサービスを充実させます。
 

ラインマンでは4年前からウォンナイと組んでフードデリバリーを拡げており、ウォンナイのウェブサイトは1ヵ月に1000 ...

ニュース,EEC,タイのニュース

コロナ禍で、トラベル関連やホテル、飲食店、さらには一般企業などでも人員整理があり、タイ人の失業者も多く出ているが、タイ東部での経済回廊(EEC)では同事務所によると、今後5年間で47万5793人が必要としており、それらの人材を育てていくことが急務となっている。チャチェンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県にまたがる区域内には、12の関連学校などがあり、連携して人材育成が行われるが、EECモデル ...

ニュース,タイのニュース

コロナの影響で、タイ人の働き方も変わっており、失業者も多く出ている状況で、タイ商工会議所では、今までの1日単位での最低賃金から、時間単位の最低賃金を設置し、雇用しやすい態勢を整えるよう、タイ政府に提案しており、内閣の承認を待っている。
 

タイでは現在、1日単位の最低賃金が設置されており、それが雇用の最低単位となっている。このコロナ禍では1日8時間の雇用ではなく、1 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

「先進国の首都のような、網の目のように張りめぐらされた路線網」が1つの目安だったタイのバンコクでは、それが現実となりつつあり、現在、工事中のレッドライン、イエローライン、ピンクライン、オレンジラインが完成すれば、その網の目のような路線網が出来上がる。
 

ここでいったん休息するのもよいだろうが、次の2027年ごろまでに完成する路線を策定しており、以前に JICAなどもその ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,新規コンドミニアム

パタヤのラグジュアリー・コンドミニアムがブーム?
 

オーシャンプロパティー社によると、タイ人のお金持ちや高収入のタイ人、そのほか中国人などが、同社が扱うオーシャン ・ポートフィノ・ジョムティエンのコンドミニアムの購入を加速させている。
 

クルーザーを停泊できるプライベートビーチのような立地で、オーシャンマリーナヨットクラブのある場所。
  ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

 

タイ交通省によると、ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3空港を結ぶ高速鉄道の入札を勝ち取ったCPグループは、その区間のスワンナプーム空港~パヤタイを走るエアポートレイルリンクについて、2021年10月より、同グループによる運営となるとしている。現在、9車両が運行しているが、車両も増やす予定だ。
 

また、各地で建設工事のための土地の明け渡し等 ...

ニュース,コンビニエンスストア,タイのニュース

タイではコンビニエンスストアといえば、CPグループによるセブンイレブンが断突だが、このたび、ファミリーマートを運営するセントラルグループのセントラル・リテール社は、このコロナ禍の中でも、コンビニ事業は伸びると予想しており、今年末までにタイ人の若い人向けにフランチャイズ制のオーナー募集を、新しい条件で始めている。
 

自分の土地や建物を所有していなくても、申し込めるとしてお ...

レジャー,ニュース,パタヤ,中国人,外国人旅行者,インド人旅行者,タイのニュース,パタヤの生活情報,ゴルフ、トラベル、旅行

コロナの期間中はビーチ閉鎖となったが、ようやくこのたびビーチが開かれ、その美しさにバンコクからタイ人が殺到した、といわれるパタヤのラン島だが、パタヤ市の担当官らが視察し、EEC(東部経済回廊)の新しい観光名所として、ラン島を整備するとしており、住民らの声も聞いて、便利で、安全で、インフラが整い、環境にもやさしい観光地として整備するという。
 

とりあえず、急いで整備するも ...

不動産,ニュース,バンコクの開発,タイのニュース,バンコクの開発,タイ関連情報

韓国からの小売業KDOO KOREA MALL(ケードゥーコレアモール)がタイで今後、出店を加速する。
 

同モールを運営するケードゥーター社によると現在、バンコクではペッブリー通りのグランドダイヤモンド・プラトゥーナムと、シーナカリン通りのパラダイスプレイスに出店しており、パラダイス内は新しくオープンし、売り場は7000㎡に及び、ファッション、生活用品、化粧品、インテリ ...

ニュース,タイのニュース

タイでは近郊や地方に遠出をする家族も多く、SUVの人気があるが、 トヨタモーター社によると、7月13日より、カローラのクロス(Cross)が世界で初めてタイで販売され、価格は98万9000バーツ~。9月末までプロモーションで95万9000バーツで販売中。
 

タイではトヨタのSUVでは7人乗りのフォーチュナーがあるが、ひと回り小さく、5人乗りのコンパクトな SUV。 ベン ...

不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,アパート、マンションの賃貸物件,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

コロナあとの住まいは、一軒家やタウンハウスで、ゆっくり快適に過ごしたい!
 

プラスプロパティー社の消費者の動向調査によると、タイ人のコロナあとの不動産購入については、高層コンドミニアムより、低層か、一軒家、タウンハウス、タウンホームへの志向が強くなっていくという。
 

すでに都心では一軒家の物件を500万バーツ以下で買うことはできないが、近郊に行くと ...

ニュース,タクシー,タイのニュース,タイ国内交通網整備,タイ関連情報

過去にはベンツの VIPタクシーが出現して、いつしか立ち消えになったこともあるタイたが今回は、ロンドンのクラシックなロンドンタクシーをVIPタクシーとして走らせ、初乗りは150バーツに設定している。

アジアキャブ社が行うサービスで、すでにこの8月初めからまず、バンコク病院やザ・モール各所、エムクオーティエなどでのタクシーサービスを始めており、のちにはアプリのCABBをダ

ニュース,アウトレットモール,スワンナプーム空港,タイのニュース

タイで初のアウトレットモールがオープンしたのは1年前。セントラルによる「セントラルビレッジ」がスワンナプーム空港の近くにオープン。そしてこの6月19日には、サイアムパラゴンなどを運営するサイアムピワット社による「サイアムプレミアムアウトレットバンコク」が、こちらもスワンナプーム空港の近くにオープン。
 

ライバルが出揃ったわけですが、コロナ禍のこの時期に当たってしまったの ...

ニュース,タイのニュース

 

タイ人の口座は預金5万バーツ未満が86%も!
 

タイ中央銀行が2020年4月までの預金口座全体を調べたところ、全体は1億210万口座で、金額の全体は15兆2500億バーツ。そのうち、それぞれの預金が5万バーツ未満が、全体の86%にのぼることがり、タイ人が開いてる口座の多くには5万バーツに満たない金額しか預金されていない。一方、1口座で1億バーツ ...

ニュース,タイのニュース

最近では認知症にも効くと、重宝されているココナッツオイルですが、マプラオ(ココナッツミルク)の採取に猿が使われていて、虐待につながっていると、イギリスでボイコットが広まった件について、タイ商務省などでは、使われているビデオはショー的なもので、実際の輸出工場などでは猿は使われておらず、ほとんどが人か機械での採取となっている、と述べています。

2020年7月20日 タイ自由ランド掲載 ...

レジャー,1日ツアー,タイのニュース,ネット、インターネット、SEO,ゴルフ、トラベル、旅行

タイではコロナあとのタイ国内観光について、タイ人の観光地への誘致を積極的に行っていますが、タイ観光庁のパタヤ支所によると、パタヤ~チョンブリーの観光の活性化のため、観光客向けに7月15日から12月24日までに、ホテルや観光地、レストラン、スパで50%引きを行っています。
 

これはタイ観光庁のパタヤ支所が、チョンブリー、パタヤ市内のホテル協会、観光協会、レストラン協会、ス ...

ニュース,タイのニュース

新型コロナの影響で、事業は開けるようになったが、元通りの収入にならない経営者が今後、従業員の解雇に踏み切る?
 

タイ商工会議所大学の調べでは、今年後半について、年齢15~39歳の働き手、500万人ほどが解雇の恐れがあるとしている。
 

ポーオーチョーやポーオーソー(専門学校)を出たばかりの人で、給料は1万~2万バーツ。正社員でなく契約社員で働き始めて ...

ニュース,モーターエキスポ,タイのニュース,催し、イベント

コロナあとの大イベントとして注目される第41回 バンコクインターナショナル・モーターショーが、7月15日から26日まで、ムアントンタニーのインパクトで開催中。
 

この4ヵ月間、イベントの自粛があり、ようやく解除されて開催できるようになった。
 

今回は多くの新車がお目見えしており、日産のキックスやトヨタのフォーチュナー、マツダの CX-3など。

ニュース,タイのニュース

新型コロナ拡大を阻止するため、ソンクラーンを休止して平日とし、その代替を用意するとしていたタイ政府は、7月27日を休日として承認し、7月25、26、27、28日が連休となり、これがソンクラーンの代替となるとしている。

2020年7月20日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

 

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

2021年1月に開通を見込まれていたレッドラインのバンスー駅~ランシット駅の高架鉄道は、整備の遅れなどで2021年5月に遅れる見込み。
 

これはタイ国鉄道の発表によるもので、工事業者が工期の500日の追加を要求してきたため、明らかとなった。
 

レッドライン はタイ最大のターミナル駅として整備されるバンスー駅から、郊外北部のランシット駅まで、26.3 ...

レジャー,ニュース,パタヤ,外国人旅行者,タイのニュース,ゴルフ、トラベル、旅行

タイ観光&スポーツ省が、タイ観光庁、タイ観光協会などと会合を持ち、今後の外国人観光客などの受け入れについて協議し、8月はまず、タイと同じように、新規の新規の感染者がほぼいない国の入国を許可し、14日の隔離を行わず、中国や日本、台湾などを想定しており、小グループによるツアーで決まったルートのみの観光から始め、1日当たり1000人程度となるという。
 

観光地ではチェンマイ、 ...

ニュース,タイのニュース

徐々にタイにいる日本人も日本への往復を始めているが、タイではまだ、タイ人の帰国が続いており、7月6日もシンガポールから128人、韓国から200人、7日も日本から149人、上海から30人、北京から30人、8日も台湾から55人、香港から140人、エジプトから290人など。
 

一方で、中国からのビジネスマンなども7月7日に20人など、入って来ているが、14日間の隔離が行われて ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

新型コロナの状況の中でも、路線網整備はほぼ予定通りに続けられており、現在、工事中で、庶民の足として期待されるのがオレンジラインの東側。
 

タイ文化センター~ラムサーリー~ミンブリーの路線だ。すでにある地下鉄 MRTのタイ文化センター駅から、ラマ9世通り、ラムカムヘン通りを通る路線で、特に、ラムカムヘン通りには、都心に通う人たちの安アパートなども多くあり、この路線が開通す ...

ニュース,タイのニュース

タイでは今後、失業者の数が200万人弱ほどに推移することになり、またこの時期に学校を卒業して仕事に就く34万人の中で、自分の希望の仕事に就けるのは3人に1人、との予想が国家経済社会事務所やランシット大学の調査機関の調べてわかった。
 

また、ある調査では今後、失業者は490万人にのぼる、というデータもあり、仕事に就くタイ人3740万人のうち、44%に当たる1700万人が失 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

バンコクとイサーン(東北)のノンカイを結ぶ高速鉄道については、中国と契約し、全体の600㎞余りを、第1フェーズのバンコク~ナコンラチャシーマーの253㎞ と、第2フェーズのナコンラチャシーマー~ノンカイの355㎞に分けて工事に取りかかっているが、バンコク~ナコンラチャシーマーについて、第14契約までのうち、第1契約は2017年末に着工しているが、ようやく3年かかって終了しいる状況で、第2も着 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,バンコクの開発,タイ関連コラム,タイのニュース,バンコクの開発,賃貸アパート物件情報,不動産物件、賃貸アパートの仲介

タイでの不動産仲介業のCBREによると、新型コロナ後の不動産売買状況については、購入者は新しいチャンスが生まれるとしている。
 

まず、コンドミニアムなどの物件の価格が下がる、としており、さらにディベロッパーは抱える在庫を売るため、特別割引きやプロモーションなどで市場に出す。そのため、購入者は同じ金額で、より広いスペースの物件を買うことができるという。
  ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

タイの経済の枠組みを一手に引き受けるソムキット副首相によると、世界的にこの1~2年は経済が停滞するが、外国からタイへの投資を積極的に呼び込むとしている。
 

新型コロナの対策も成功し、感染者を抑えている状況で興味を示している国は多いとしており、中国、台湾、香港、そして日本を上げている。
 

BOIによる税の優遇などを取り入れて特に、食料品製造、農業関連 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

段階的に駅がオープンしてるBTSのグリーンラインについては、6月5日に新たに4駅がオープンし、モーチット駅からの9駅で無料開放されている。
 

現在、終点となるワット・プラシーマハータート駅の利用者は1日6715人にものぼっており、徐々に利用者が増えている状況。
 

この駅でおりてタクシーを使ってイミグレーションまで約12分で行ける。なお、クーコット駅 ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,新規コンドミニアム

ようやくタイの経済も動き出しているなか、需要を見込んで、コンドミニアムの建設を発表したのがオーシャン・プロパティー社だ。
 

タイ東北のコンケン市に低層8階建てのコンドミニアム「オーシャングランドレジデンス」を建設する。ミタラパープ通り沿いで、1ライ余りの敷地に8階建て236ユニットの物件で、事業費は4億バーツ。
 

一戸は22.5~35㎡の広さで価格 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

自動運転による車両が6月17日、中国からタイに到着し、まず、ゴールド ラインのアイコンサイアム行きの車両として使われる。
 

合わせて3車両を輸入する予定で、4月の予定が新型コロナの影響で6月に遅れた。
 

今後、整備されたのち9月に試運転に入り、10月末に正式オープンとなる。
 

現在ある BTS クルントンブリー駅から、アイコン ...

新築コンドミニアムの販売,不動産,ニュース,コンドミニアム売買,タイのニュース,新規コンドミニアム

スクムビット界隈でファニチャーやキッチン、内装関連の製品を探す場合、エカマイのゲートウェイにあるホームプロやバイテクの催し物、あるいはバンナーのIKEAなどがあるが、近場で見落としてしまいがちなのが、エカマイの ビッグCの上階にある 「インデックス・リビングモール」。
 

意外と様々な商品が揃っており、エカマイ界隈の人以外でも利用価値が高いが、同社のクルッサチャノック社長 ...

ニュース,高速鉄道,モノレール,タイ関連コラム,タイのニュース,タイ国内交通網整備,バンコクの開発

 

 

日本ではまず、タイやベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国への相互の人の行き来を始めるとしていますが、タイでは1日に新規の感染者がほとんど出ていない状態で、日本では東京なども1日に数十人も出ており、タイへの日本人の入国の危険性の方が高いと思われます。
 

特にビジネスに関わる人からの交流ということで、労働許可 ...

レジャー,ニュース,パタヤ,中国人,外国人旅行者,インド人旅行者,タイのニュース,パタヤの生活情報,ゴルフ、トラベル、旅行

ウィサヌ副首相によると、ジェトロなどと会合を持ち、日本人ビジネスマンが数千人規模で、タイへの入国を希望している点について、1日100人を超えないレベルで受け入れとなるだろう、14日間の隔離については検討するとしており、入国したのちタイで長期滞在する人については隔離を受け入れられるが、2~3日の業務で帰国する人に付いては配慮してほしいことについて、検討するとしている。

2020年7 ...

ニュース,タイのニュース

現地採用の方、起業されている方は、老後の資金計画や突然の病気にかかる莫大な医療費は大丈夫ですか?
 

今回のコロナ禍で強制的に立ち止まることになり、ご自身の未来を考えたとき、【老後】や万が一の【医療】、過払いの【税金】など、今まで目をそらしていた課題に直面した方も多かったのではないでしょうか?
 

大丈夫という方の中には、知人経由で決め、自身が加入した ...