タイのニュース

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、タイでのニュースを提供しています。

不動産

来客者減で家賃を免除?

セントラルプラザやセントラルワールドなどのショッピングセンターを運営するセントラルパッタナー社によると、新型コロナウィルス(Covid-19)により、来客者等が減っている状況で、特に主要8カ所のショッピングセンターは外国人が30~40%を占め、その影響は大きいとしている。   さらに今後、この状況が1~2ヵ月続くと、今年の収入を前年比8%増としていたのを、3~4%に修正することになる、としている。   また、主要8カ所に入居しているテナントの賃貸料についても、1~2ヵ月分を免除する用意がある、としている。   そのほか、同社のホテル業務では、パタヤのヒルトンの影響が大きいとしている。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->大型開発の情報
新築コンドミニアムの販売

60%の販売にとどまる、価格の再設定でさばく?

タイでは景気低迷している中で、新型コロナウィルスの事態となり、新規のコンドミニアムなどは売れ残りが目立っているが、大手ディベロッパーのスパライ社によると、同社のパープルライン沿いの物件や、他県の物件についてはストックをさばくのに2~3年はかかるとしている。   一方、建設を終える4つのプロジェクトについては、今年後半より譲渡が始まるとしており、1.スパライロフト・エークファイチャイは事業費15億バーツで、現在まで98%を売り切っている。   2.スパライパーク・タラートプルー駅は、30億バーツの事業費で、現在まで60%を売っている。   3.スパライオリエンタル・スクンビット39は、25階、35階などの高層コンドミニアムで、110億バーツの事業費だが、現在まで60%を売っている。   4.スパライプライム・ラマ9は、8億バーツの事業費で、現在まで30%を売っている。   今後はこれらの物件の販売について、価格の再設定も必要だとしており、ストックを早めにさばきたい見通しだ。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ...
ニュース

ドンキホーテ2店目

タイでドンキホーテと組む、大手サハパットのウィチャイ社長によると、今後は同社の製品なども、タイや東南アジアで開く店舗で販売していくという。   現在、タイではトンローにドンキモールをオープンしており、上階には日本料理店なども多く入居しているが、この3月にラチャダムリのセントラルワールド向かいに、タイでの2店目をオープンの予定で、トンローの3倍の規模となる。   また、タイのソムキット副首相が、ドンキホーテでのタイの果物やOTOP商品の販売を要望しており、ドンキホーテの幹部らは今後、展開を検討している世界で600店に向けて、前向きに検討したいとしている。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->大型開発の情報
2020.03.20
ニュース

BTSの延長で新たに4駅で試運転!

バンコク路線網の整備については、徐々にオープンしているグリーンラインの延長については、新たに4駅が4月24日から試運転が始まり、正式にオープンするのは6月初めになる見通し。   試運転が始まる4駅は、カセサート大学駅の次の、クロムパーマイ駅、バンブア駅、クロムタハーンラプティー11駅、ワットプラシーマハータトゥ駅の4駅。   ワットプラシー駅で現在建設中のピンクラインと連絡する。このため、チェンワッタナのイミグレーションに行く人は、このワットプラシーマハータトゥ駅でおりてタクシーに乗ると、15分ほどで行けるので便利になる。 2020年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->BTS,地下鉄駅関連 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2020.03.20
ニュース

日本政府、「シーサケット県バーンホンワーリー学校における校舎建設計画​」を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「シーサケット県バーンホンワーリー学校における校舎建設計画」にかかる総額2,655,000バーツの支援を行いました。   令和2年2月26日、バーンホンワーリー学校おいて本件の引き渡し式典が執り行われ、シーサケット県のワッタナー・プティチャート県知事、バーンホンワーリー学校のタナソンポーン・マノーラット校長、そして、在タイ日本国大使館から川村博司次席公使他、関係者が出席しました。   バーンホンワーリー学校はタイ東北部のシーサケット県ムアンチャン郡ターコーン区に位置し、幼児教育及び初等教育課程(計8学年)を提供する小規模公立学校で、現在、生徒71名と教師及び職員10名が在籍しています。   同校の校舎3棟のうち1棟は、築40年の2階建て7教室で、例年発生している洪水によって浸水被害を受けていることに加え、シロアリ被害も受けていることから老朽化が進んでおり、通常であれば安全確保のために同校舎を閉鎖・解体する必要がある状態でした。しかし、教室不足のため、その古い校舎も、倒壊の危険性があるなか小学...
2020.03.20
ニュース

ITは新卒で給料4万!

タイの民間会社が、タイの企業の新卒の給料などを調査した結果、新卒で就職したばかりで4万バーツの給料を得ているのは 、ITの職種で、4万バーツ以上のケースもあるという。英語ができ、ネット上のプログラムやアプリ作成が可能なレベルという。   続いて35000バーツの給料は、セールスマネージャー、プロジェクトコーディネーター、パーソナルアシスタントなどと呼ばれる職種の人たちで、そのほか秘書や日本語の通訳なども、同程度の給料から始まるという。 2020年3月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->ネット、インターネット ->タイのニュースの情報 ->タイ人給料の情報
2020.03.07
ニュース

残りのオレンジラインを内閣承認

バンコク都内の路線整備については、タイ文化センターからミンブリーまでのオレンジライン はすでに工事が始まっており、2023年中のオープンを目ざしているが、一方の、タイ文化センターからバンクンノンまでの13.4 ㎞ ついては、この1月28日に内閣の承認が終了し、今後、入札を開始し、来年2月には工事が始まり、2026年中のオープンを目ざす。   ラチャダーからディンデーン、ランナム、ラチャプラロップを通り、プラトゥーナム、ヨモラート、民主記念塔、サナムルアン、そしてチャオプラヤー川を渡り、シリラート、バンクンノンに至る。   この6月に入札を開始し、建設業者の決定は2021年2月。それから5年でオープンの見込み。   官民での事業となり、事業費は1427億バーツにのぼり、路線の土地の権利等はタイ政府により146億バーツ、建設費等は民間企業により960億バーツ、電気システム関連、メンテナンスも同じく民間企業で321億バーツとなっている。11駅はすべて地下鉄となる。 2020年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ...
2020.02.24
不動産

高架下にサイクリングロードを提案!

スカイウォークならぬ、スカイサイクリングロードの建設を、空港ーパヤタイ間の鉄道の下で!   モンクット王工科大学ラカバン校の理事長によると、エアポートレイルリンクの高架の下に、サイクリングロードの建設を提案しており、関連当局はおおむね賛成の模様。   「庶民の健康増進のためによい」「エネルギーの節約になる」「ホコリなどの発生もなく環境によい」「フィットネスにもよい」などというものだが、スワンナプーム空港からパヤタイ駅まで21 ㎞での高架下での建設で、自転車専用を想定していて、途中、駐輪スペースなども設ける。   高さは8ー12 mほどで、鉄筋だがそれほど重さはいらないとしており、20億バーツの予算で建設可能という。昼間の日差しを避けられるのもサイクリングに適しているという。   現在、世界を見渡すと、自転車が大都市では人気で、ボストンやロンドン、パリ、北京など。バンコクでも初めての街中を縦横に走るサイクリングロードができるか、注目される。 2020年2月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 -...
新築コンドミニアムの販売

シンハー グループがメトロポリスを買収

シンハービールなどを製造するシンハーグループの不動産部門、シンハーエステート社はこのたび、17億2500万バーツで21階建ての賃貸オフィス「メトロポリス」を買収した。   BTS プロンポン駅から徒歩5分ほどの好立地で、グレード Bの物件とされているが、IT企業や日系企業など現在、98%が入居しているという。延床は12万㎡。現在の家賃は1㎡当たり1ヵ月800バーツほどとなっている。   シンハーグループはこのところ、不動産事業にも力を入れており、マッカサン駅近くに、シンハーコンプレックスが完成し、ホテル、賃貸オフィス、コンドミニアム、商業スペースを盛り込んだ複合施設として運営しており、「賃貸オフィスの運営はリスクが少ない」といい、また、「メトロポリスは立地が非常によい」と判断している。   一方、同社は住まいのコンドミニアム開発を押し進めているが、新プロジェクトは「ザ・エクストラ・パヤタイ・ランナム」で、日本人にも人気のランナム通りで、33階建て、411室のラグジュアリーな、グレードの高いコンドミニアムを建設する。この2月22ー23日に現地などで...
2020.02.24
ニュース

プラスチック袋の配布停止、年間130億枚、24億バーツの削減

 タイのバンコクでは、PM2.5の問題や、新型肺炎コロナウィルスのニュースが幅を利かせ、プラスチックの話題は隅に追いやられた格好だが、コンビニやスーパーでは常に直面する問題なので、避けて通れない話題ではある。   タイではプラスチック袋の使用が、2020年1月1日より、大手のスーパーやコンビニなどで停止となり、以前から、おそらく始まるとは言われていたものの、実際に始まると、買い物客などは不便を感じているようだ。   タイ自由ランドのオフィスの近くにあるトップス。昨年から毎週、〇曜日には配布袋がない日、というような設定があって、ない時はどうなるか、というのは予行演習としてわかっていたが、実際それが毎日になると、頭の中にはなかった、さて、どういう風に持ち帰るのか?という悩みも出てくる。   逆に言えば、何でも買いたいものを買っていたのが、プラスチック袋がないので、最低限、欲しいものだけにしぼられる、というのはあるだろう。   ところで、そのトップスの入り口に入ったところにある、店内で使う買い物かごや手押しの商品入れのカートが、急激になくなっていて、これは近くのコ...
2020.02.24
ニュース

タイのラインマンが始めたサービスでスーパーの食品、消費財を宅配!

日本と同じように、通話アプリとしてLINEの使用が一般的なタイで、 LINE MANによるサービスが様々あり、フードデリバリー、タクシー、メッセンジャーなどを提供しているが、新しいサービスとして、親会社のNAVER主導で、タイのラインマンが始めたサービスがMART SERVICE。   HAAPPY FRESHと組み、スーパーマーケットの商品をデリバリーするサービスで、タイのラインマンによると「フードデリバリーなどで、すでに1ヵ月300万人の顧客がいる」としており、それら顧客を含めてすでに1ヵ月ほどサービスを始めており、1人平均600バーツの利用を想定しており、ロータスやビッグCなどのスーパーを含め、当初は購入金額250バーツ以上で無料配送する。支払いはラインペイのほか、クレジット、現金でもよい。   タイでは現在、スーパーマーケットの商品、消費財は全体の2~3%しかオンライン購入されておらず、「ビジネスとしてこれから拡がっていく」としており、プラスチック袋の配布が停止され、今後、デリバリーでのオーダーが急激に増えると見られている。   ターゲットは、コンドミニアムに住む1...
2020.02.24
ニュース

世界で展開するカフェ&ファストフード店「Tim Hortons」がタイでオープン

世界で展開するカフェ&ファストフード店「Tim Hortons」がタイでオープンした。場所は、ビジネス街シーロムのそばで、サムヤーンミットタウン内の352㎡で、118席の大型店。   ウィーイット社のスパット社長によると、カナダで3千店以上、世界で4850店営業する同店のタイでの権利を取り、タイで展開することになり、目標は5年で100店以上。   「タイでのカフェは世界的なブランドはまだ数えるほどしかなく、ここ数年で伸びてきたもの」として、まだ市場拡大ができるとしており、カナダからのプレミアムなカフェ店をタイで広めていく。   アラビカ100%のカフェーのほか、ドーナツ、マフィン、クッキー、サンドイッチなどを提供する。   権利を取ったウィーイット社は、ワッタナーウェーキン一族で、キアトナキン銀行やザ・エラワン・グループなどを運営する大手一族系。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->Tim Hortonsのホームページ -> Tim HortonsのFacebook ->タイのニュース -&gt...
2020.02.11
ビジネス

1600 万バーツも? 8888は人気の番号

タイでは車の登録番号、車番のオークションを毎月行っており、きれいに並んだ数字や文字のナンバープレートが欲しい富裕層などに人気がある。 タイ運輸局によると、2020年には目玉の88888がオークションにかけられるが、8月8日に予定されており、昨年12月に行われた77777が901万バーツだったことから、「おそらく1600万バーツ以上になる」と見積もられている。 タイでは8や9がきれいに並んだものが7などよりも人気が高く、高級車などを持つ層が落札することが多い。 ウェブで今後の日程などが見られるが、乗用車はバンコクでは2月22~23日、3月7~8日、4月25~26日に、ピックアップは2月19日、3月18日、4月22日にオークションが行われる。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース
2020.02.11
高齢者社会

タイでは20年後に高齢者31%に、労働力人口は670万人減少

タイでは現在、高齢者の数が全体の18%だが、20年後には2千万人以上で、31%に急増する。 1月14日に内閣広報が述べたところによると、社会経済開発評議会の調べでは、今後のタイ人の人口の推移は、現在の6650万人から徐々に増加し、2028年には6720万人に達する。しかしその後、減少に転じ、2040年には6540万人となる見通しだ。 2019年には、1~14歳の子供と60歳以上の高齢者が1130万人と、同じ数になったが、その後、子どもは減少、高齢者は急増し、20年後の2040年には2千万人以上で、全体の31%に急増する。 一方、労働力人口は20年の間に670万人減少する見込み。 また、平均寿命では現在、タイ人女性80.4歳男性73.2歳だが、20年後には女性83.2歳、男性76.8歳になる。 そのほか、人口の分布では、EEC(東部経済回廊)を掲げるタイ東部の人口が1年で約5.3%伸びており、チャチェンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県の人口が急増している。  2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->...
2020.02.08
ニュース

アジアの富裕層が狙いBMW600万バーツ!ラヨーンで製造の7シリーズ

景気低迷のあおりを受けている中、富裕層向けの600万バーツの新車発売!   タイのBMW グループ によると、2019年の車市場はよくなかったが、BMW については満足できるものだったとし、数字についてはまもなく発表できるとしている。   今年についても、景気が上向くのを待つのではなく、いち早く投入し、7シリーズの730LDが613万9000バーツ、一方、ハイブリッドの745 Lexドライブ Mスポーツを643万9000バーツで販売する。7シリーズは現在、ラヨーンで製造している。   富裕層向けを狙った7、8シリーズについては、アジアで売れ行きがよく、世界での販売の半分がアジアで売れているといい、その中で中国が46%を占めており、中国の富裕層に人気で、そのほか、日本、韓国、タイなども一定の富裕層の顧客を獲得している。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース  ->タイのニュースの情報
2020.02.08
不動産

パープルライン(バンヤイ-タオプーン)乗客数伸びず

バンコクの路線網は次々に完成しているが、3年前にオープンしたパープルラインのバンヤイータオプーンは、郊外から乗り入れる路線として期待されているが、タイ国鉄道などによると、当初、オープン前に予想していた1日7万人の乗客で、のちは数十万人に増加する、という予想を裏切り、通常14ー42バーツの運賃を1月31日まで14ー20バーツに値下げして、ようやく平日で6万人が7万人へ、土日曜は2万人が3万人に伸びている状態。   しかし、値下げも1月31日で終了し、今後、運賃をどのように改正するか、また検討することになる。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->バンコクの開発 ->BTS,地下鉄 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報 ->交通網の整備の情報 ->大型開発の情報
2020.02.08
ニュース

タイで11月にEV236台販売

タイでの運輸局の車の登録については、自動車工業センターによると、2019年1月から11月までのデータで、EV自動車の登録は576台で前年の126台より大幅に増加した。 一方、ハイブリッド車も2万5000台で、前年の1万8800台より増加した。 全体の登録の91万台のうちでは、まだ少ないが、注目すべきは11月のみで EV自動車の登録が236台にのぼっており、今後、急激に伸びることが予想される。 2020年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース
2020.02.09
不動産

バンコクでは賃貸オフィスが次々完成へ

景気低迷といわれるタイでは、会社閉鎖や人員削減などが広がっているが、そんななかでも次々にグレードAレベルのオフィスが完成し、賃貸オフィスとなっていて、家賃も上昇傾向で1㎡当たり1ヵ月1000バーツを突破している。   BTSプロンポン駅周辺でもエムクオーティエのあるピラットタワーや、そのそばのメトロポリスなどのオフィスでは、デジタル系や中国系のオフィス、日系企業なども実際に入居しており、需要が旺盛なのは、昼時のランチ時にフードコートなどにあふれる従業員などを見ればわかる。   不動産コンサルティングの ナイトフランク社などの調べによると、バンコクでは今から2023年までに新たに117万㎡の賃貸オフィスが提供されるといい、1年では平均27万5000㎡にもなる。   果たして、これほど今後、急激に賃貸オフィスが増えて、供給過剰にならないのか?   すでに完成してオープンしているところでは、地下鉄ペッブリー駅近くのシンハーコンプレックスの6万㎡や、BTSプンナウィティー駅近くの トゥルーデジタルパーク、BTSトンロー駅から最近...
2020.02.08
ニュース

社会保険は65歳まで加入可

タイで社会保険に加入できる年齢が、従来の60歳までから65歳までとなり、内閣で承認された。   これにより、61ー65歳までの400万人で、健康で働ける状態の人などで、個人の社会保険加入などを促していくという。   特に自由業の人、個人で商売をしている人、屋台業、バイクタクシー、農業などに就く人など。   個人で社会保険に入る場合は、1か月の保険料は、70、100、300バーツの3種類があり、それぞれ30、50、150バーツが国からの援助となる。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.02.03
ニュース

ごみの輸入禁止を徹底

スーパーなどでは商品を入れるプラスチック袋の提供を取りやめているが、商務省などでは今後、各種のごみ輸入の禁止を徹底するとしており、現在、まだ輸入されているものとして、プラスチックごみ、リサイクルごみ、エレクトロニクスごみをの3種類に分けられ、まず、エレクトロニクスごみの輸入禁止の徹底をはかるという。   電気プラグやバッテリー、スイッチなどで、もうすでに使われた商品などの輸入は禁止となる見通しだ。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.02.03
ニュース

個人口座を検査、対象となるのは出入金400回+預金200万バーツ

タイでは銀行の個人口座などは当局の監視下にはないが、タイ税務局ではこのたび、銀行等での個人口座などで出入金を繰り返しているケースなどで、2020年の3月31日までに、銀行側が対象の個人等の情報を報告するよう、義務付けることになった。   対象となるのは、個人口座等で1年に3000回以上の出入金をしている場合。また、1年で400回以上の出入金及び、200万バーツ以上の取り扱いの場合の2ケース。   これは、ネットで販売して、個人口座に入金しているケースや、商品販売で個人口座へ入金を促しているケースなどにメスを入れるねらいがある。   タイでは、会社の銀行口座はすべて税務署への報告義務があるが、個人口座へは及んでいない。商売している場合、税務署では「基本的に入金は売り上げ」としており、個人口座に入金している場合などは今後、情報をもとに税務署から指摘された場合、消費税7%と罰金などを、支払わされることになる見通しだ。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.02.03
ニュース

バンコクの最低賃金1日331バーツ、最低給料は9,930バーツ

タイの最低賃金は2020年1月1日より改定となり、1日336バーツはチョンブリー、プーケットの2県。続いて、335バーツはラヨーン、331バーツはバンコクなどとなっており、9県で6バーツの改定、残りの県は5バーツの改定となった。 このため、バンコクでは1ヵ月の最低給料は、1日331バーツ×30日=9930バーツとなり、日本人の会社などで所得税申告している場合、9930バーツ以上の給料の記載が必要となる。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->タイ人給料の情報
2020.02.03
タイのニュース

チャオプラヤー川エクスプレスボート3月からエアコン船4隻導入へ

バンコクのランドマークとして登場したアイコンサイアムが注目されており、さらにはアジアティークやクルーズ船などで、外国人観光客にはチャオプラヤー川沿いの人気は高いが、チャオプラヤー川エクスプレスボートを走らせているチャオプラヤー高速船社によると、パックレットからラチャブラナの区間で、この3月1日より、新型のエアコン付きの高速船を4隻導入するという。1隻3000万バーツほどするもので、乗車運賃は1人一律50バーツになる見込み。   これまでは川の上で風を浴びながらの乗船だったのが、初めてのエアコン船になる。当初は1月にはお披露目する予定だったが、完成までに時間がかかり、2月中には完成の見込み。   総勢200人が乗船でき、当初は BTS の乗り継ぎや、観光で乗り降りが多い8カ所で停まる予定。サトン、ラチャニー、バンポー、アイコンサイアム、ラチャオン、ターチャーン、ターティアン、プランノックの8ヵ所。そのほかの桟橋は、乗降人数や要望によって考慮していくという。   現在は55分ほどかかっているが、新型は30分で行き来し、アルミニウム製で軽い素材で、スピードも速...
2020.02.03
ニュース

オイシの売り上げ8.6%増

  日本スタイルのお茶ドリンク販売の先駆けである「オイシグループ」によると、2019年の収入は136億バーツで、前年の8.6%増、そのうち、飲料水販売は65億バーツ、食品、レストラン、デリバリー事業は71億バーツだった。 また、利益では全体で12億2900万バーツで21.9%増、飲料水8億バーツ、食品、レストラン事業3億バーツだった。 オイシグループの店舗では、タイ全国にしゃぶし、かかし、オイシビュッフェ、オイシラーメン、NIKUYA、朋友、OYOKIなど合わせて266店が営業している。 今後の事業戦略については、1デジタル化によりデリバリー事業の拡大と若い層への需要に応える 2製造、サービスのクオリティーを上げ、健康志向のトレンドに合わせ、若い人を取り込む 3ブランドを維持し、日本スタイルのレストラン、飲料を牽引し、新しいアイデア等も取り入れていく 4社会の流れに沿った取り組みで、環境に配慮した容器などを使う、などとしている。  2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報...
2020.02.03
ニュース

LINE MANの宅配ベイビーエクレア60万個、Bonchon、AfterYouが人気

タイでも通信では LINE が浸透しているが、デリバリー等を扱うLINE MANによると、2019年のタイでの食事デリバリーサービスで、最もよくデリバリーされた商品は 、After You のベイビーエクレアで60万個にのぼったという。   また、一番オーダーが多かった店のベスト3は、Bonchon、After You、KOIの3店で、そのほか、ストリートフードの店では、ソイ26にあるクイッティアオのルンルアン、カオマンガイのジェーウアン、ソンペッパーの3店。   仕事が終わったのちのアフターファイブのオーダーベスト3のメニューはジョーク、いか焼き、寿司サーモン、そのほか、夜中0時以降のオーダーベスト3は、ムープララー、ガイトート、ムーピンとなっている。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報 ->デリバリー、宅配 ->食品のデリバリー
2020.02.03
ニュース

ソイ・ランナムが月1回、歩行者天国に!

日本人の賃貸も多いソイ・ランナムが歩行者天国に!   バンコク副知事によると、ラチャテーウィー区ではソイ・ランナムを歩行者天国にすることが決まり、当初は1ヵ月に1回、2月15日、16日から開始する。   12時から22時まで車の乗り入れ等を禁止し、屋台の出店等を募る予定。全長664mあり。2×2m の屋台で418店が出店可能としている。   通りの中央あたりにあるサンティパープ公園では音楽イベントも合わせて開催する予定だ。   ソイ・ランナムは、ラチャプラロップ通りとパヤタイ通りの間にあるソイで、BTS 戦勝記念塔駅や、エアポートレイルリンクのラチャプラロップ駅から近く、小さなソイも枝分かれしていて、家賃6000バーツから15000バーツほどのアパートなども多く、日本人の現地型の人も多く住んでいる。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報
2020.02.03
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの売買は300万以下が需要多い

2020年のタイの不動産、特にコンドミニアムの売買については、プラスプロパティー社によると、昨年と同じく景気低迷で、低調な状況が続くだろうとしている。   しかし、新規に路線が開通し、駅周辺での需要があるとしているが、タイ人が自分で住む物件としては、300万バーツ以下の物件、1㎡当たり10万バーツ以下の物件の需要が70%としている。   こういった物件は、主にバンコク都心より郊外に向かったところで、スクンビットのサムットプラカーン地区や、チェンワッタナ、ミンブリー、ラムイントラー、ラチャダー-ラプラオあたりでの需要が多いとしている。   また、ホテルやオフィスなどの複合施設としてコンドミニアムが開発されるケースが今後、増えていくとしており、しかし、こういった物件は都心では高額物件となっている。 2020年1月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報 ...
2020.02.03
ニュース

首都バンコクの現在運行中と建設中の路線

バンコクの路線網整備は現在、すでに運行している路線については、 BTSカセサート大学駅ーモーチット駅ーサイアム駅ーケーハ駅、同じくBTSバンワー駅ーナショナルスタジアム駅。   続いて、MRT地下鉄のファランポーン駅ーバンスー駅。   そのほか、エアポートレイルリンクのパヤタイ駅ースワンナプーム空港駅。   そして新しい路線では、パープルラインのクロンバンパイ駅ータオプーン駅。   さらに昨年オープンしたのがブルーラインのファランポーン駅ーラクソーン駅と、タオプーン駅ータープラ駅。   一方、現在、建設中の路線は、レッドラインのバンスー駅ーランシット駅が2021年初めオープン。ゴールドラインのクルントンブリー駅ーチャルンナコン駅が今年中のオープン。   BTSの延長、カセサート大学駅ークーコット駅が2021年、イエローラインのラプラオ駅ーサムローン駅が2021年、ピンクラインのケーラーイ駅ーミンブリー駅が2021年、そして、オレンジラインのタイ文化センター駅ーミンブリー駅が2023年オープン予定となっている。   また昨年、 C...
2020.02.03
ニュース

「バンコク都ワットアルンにおける貧困孤児等のための コミュニティラーニングセンター建設計画」への支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「バンコク都ワットアルンにおける貧困孤児等のためのコミュニティラーニングセンター建設計画」にかかる総額2,134,200バーツの支援を決定しました。   令和元年12月25日、在タイ日本国大使館において、川村博司臨時代理大使とコミュニティラーニングセンターのハルタント・グンナワン・ダイレクターとの間で署名式が執り行われました。   コミュニティラーニングセンターはタイ教育省が設置を進めるLifelong Learning Sourcesと呼ばれる人身取引の被害のおそれが高い生徒(以下「ハイリスクグループ」)を受け入れる団体で、2006年に発足しました。バンコクのワットアルンの構内で活動しており、地方で選定されたハイリスクグループの生徒20人に寮と奨学金を支援し、看護専門学校に通わせながら、学校外の時間では英語や礼儀作法、タイ文化を研修しています。   タイは世界で最も貧富の格差が大きい国の一つであり、特に地方では農林水産業以外に仕事がなく、最低賃金水準である一日320バーツ(約1,000円)程度しか得...
2020.01.25
ニュース

「ナコンラチャシーマー県コーククラーン区行政 機構における多目的給水車整備計画」への支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「ナコンラチャシーマー県コーククラーン区行政機構における多目的給水車整備計画」にかかる総額2,509,500バーツの支援を決定しました。   令和元年12月25日、在タイ日本国大使館において、川村博司臨時代理大使と同区行政機構のソンウォン・ナームノン区行政機構長との間で署名式が執り行われました。   コーククラーン区はタイ東北地方にあたるナコンラチャシーマー県プラタイ郡に所在し、約6,000人が生活しています。タイの中では降水量が少ない地域で、特に近年は異常気象により乾季の干ばつ被害が深刻になっています。区内各集落には貯水システムがありますが、干ばつになると小さい池などの水源は枯渇してしまいます。生活用水の不足により、住民は食材や食器の洗浄、手洗いを含める洗身などの清潔保持、トイレの水洗などに使用する水を制限しなければならず、また長期間におよぶ家庭用水瓶等への貯水では虫が発生する事もあり、不衛生な生活を強いられています。加えて乾燥で火災が起こりやすく、被害も広がりやすい状況です。   水不足時には、区行...
ニュース

自由業の社会保険加入を促進

タイ労働局によると、タイ人の生活の質向上のため、自由業の人の社会保険加入を促していくとしている。   同局によると、2019年では2120万人が自由業に就く人で、タクシーの運転手や屋台の物売りなど、会社に属していない人で、そのうち15%しか社会保険に加入していないとしている。   タイ人は最近は医療費などについて、社会保険に加入すれば、指定の病院で通院料等がかからないことを知っており、また社会保険に加入していない人は、30バーツで医療にかかれる制度に入っている。しかし、この30バーツ医療では十分なケアができないため、社会保険への加入を促している。   社会保険は、会社で働く人などは750バーツを上限として毎月収めており、自由業の人でも個人的に社会保険に加入して毎月、保険料を支払うことが可能だ。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.01.19
ニュース

モーターショーの販売16%減、トップ5は日本車独占

景気のバロメーターともいわれる、タイでのモーターショーでの予約販売で、先月12月に開かれたモーターエキスポでは、主催者側によると車、バイクを合わせた予約販売は44740台にのぼり、これは前年に比べ16.2%減で、景気の低迷が鮮明になっていることがわかった。   車のみの予約販売では、37489台で、前年の15.2%減。タイでのモーターショーでは新車のお披露目と同時にプロモーションなどとともに予約販売し、来場して購入する人が多い。   メーカーでは日本のメーカーが独占しており、トップ5では、トヨタが6243台、続いてホンダ、マツダ、イスズと続き、車の平均販売価格は125万バーツとなっている。   予約が3998台だったマツダセール社によると、新車が販売された小型のマツダ2が2209台、こちらも新車が販売されたマツダ3は780台と伸びなかった。続いて7人乗りのCX8が442台、CX5が245台、CX3が240台、ピックアップのBT50が79台、ロードスターMX5が3台だった。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->インパクトアリー...
2020.01.19
ウタパオ空港

今年は中国人を1200万人誘致!

タイでは観光業が大きな収入源だが、特に中国人は1年で1100万人にものぼり、20%増で200万人超えのインド人を大きく引き離して、断突の観光客数となっている。 タイ観光庁では、2020年も中国から1200万人の観光客を目ざしており、そのために何をやるべきか!を列挙している。 まず、「ランディングフィーを減らす」。これはタイへの空港でかかる料金で、その費用を減らすべく、タイ空港公団と交渉中だ。 次にウタパオ空港の利用増大へ。空港ターミナルビルも整備され、直接、パタヤに向かう中国人観光客にとって、好都合の空港となっている。 続いて、中国人向けのビザについては、1回のビザ申請で、何度でも出入りできるマルティプルエントリービザをタイ外務省は検討中。 続いて、アライバルビザの優遇は2020年4月で切れるため、それを延長するかどうかを入国管理局で検討中。 そのほか、リピーターや個人旅行が相対的に増えているなかでも、タイが初めての人や、中国語でないと不安、安全を心配する人などにとって、中国人のグループツアーの受け入れは相変わらず重要で、タイ国内で観光バスやガイ...
2020.01.19
新築コンドミニアムの販売

自然と一体の398ライ、1250億バーツかけ、世界初の都市空間フォレスティアズ

世界で初めてという大規模な森林の自然があるニューシティーの創設を掲げて設計、建設をしている マグノリア・クオリティー・ディベロップメント社の「フォレスティアズ(Forestias)」。   このたび、同社より予算額が当初の900億バーツから1250億バーツに引き上げられ、対象区域も398ライに拡張されている。   場所はバンナートラート通りの7㎞ 地点で 、CPグループである同社による開発となる。   自然と一体となった空間で、自然の部分が30ライにも及ぶのも特徴。生活のクオリティーを上げた都市空間を創設する。   住まいのための一軒家からコンドミニアム、ショッピング施設、オフィス、5つ星のホテル、そしてタウンセンターの中には劇場やイベントホールなど。そのほか、高齢者のための住まいや大規模な健康、医療センターなど。   すでに同社による開発では 、BTS プンナウィティー駅近くのウィスドム101などもあり、クオリティーのある街造りを目ざしており、計画地では現在、杭打ちなどの建設が行われている。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ...
2020.01.19
ニュース

外国人受刑者が1年1000人死亡

タイでの外国人受刑者の死亡が1年に1000人余りにのぼっているという。   タイ矯正局によると、病気などで刑務所で亡くなる外国人受刑者が1000人余りにのぼるという。   現在、外国人の受刑者は15000人にのぼり、そのうち麻薬関連が9600人を数え、その多くがラオスやカンボジアなど周辺国から入国してきた外国人だという。   病気がちな場合でも、タイ人と同じ保険内での治療は受けられず、最低限の処置にとどまっており、管轄の大使館の援助等についても「囚人はタイ国が責任を持って面倒見るように」と拒否されるケースもあり、人道的な問題にもなっている。   このため、同局では3400万バーツの予算の申請をしており、これが計上されれば、1人当たり1年で3600バーツの範囲で治療ができるとしている。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.01.19
ニュース

チェンマイ旅行10%減

バーツ高などで海外に旅行に行くタイ人が増えており、その分、国内旅行は伸びず、北タイホテル協会によると、チェンマイへの旅行はこのハイシーズンでも10%減となるとしている。 周辺のアセアンへの旅行でも、航空チケットはチェンマイ行きからさらに少し出せば行ける範囲だ。 一方、チェンマイは2年前は2000ヵ所だったホテルは現在、3500カ所以上で、さらに民泊などのエアビーアンドビーなどが1万ヵ所あるといわれ、このハイシーズンの予約では50~60%にとどまっており、新年でも75%ほどの入居になるとしている。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.01.19
ニュース

ウェブ事業でVAT徴収へ、外国企業がタイでの収入で

タイ税務局によると、ウェブサービスでの売買等は国を超えて成立しているため、外国企業がタイ国内でウェブサイトにより、収入を得て、VAT(付加価値税)を支払っていないケースについて、同局ではタイ国内の企業と競争するにあたり、不公平であるとしており、VATの支払いを強制するよう法整備を急いでいる状態だ。 同局では、外国企業がタイ国内で売り上げをあげたものについては、VATが発生する、としている。今後、強制的に支払いを課し、拒否するなどの場合は、タイ国内での ウェブ配信の停止なども視野に入れている。 また、ウェブ事業について、企業、個人から税金を徴収していくとしており、前年は1000万人が申告しているといい、2019年分は1100万人の申告を促すとしている。 また、ウェブ事業などで年間、180万バーツ以上の売り上げがある場合は、会社登記、VAT登記が義務付けられているため、同局では注意を促している。VAT登記をすると、毎月、日本の消費税にあたるVAT7%を支払わなければならない。 そのほか、外国から郵送などで、商品を輸入購入しているケースなどで、1500バーツ以内の...
2020.01.19
ニュース

タオプーン~タープラが無料開放へ

 バンコクの路線整備で、段階的にオープンしていたブルーラインのタオプーン駅~タープラ駅については、残りのバンイークン駅、バンクンノン駅、ファイチャイ駅、チャランサニットウォン13駅、タープラ駅までが12月23日よりオープンし、無料開放されている。 これにより、地下鉄のMRTから環状線でまわれるようになる。 2020年1月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報
2020.01.19
レジャー

路線開通で近い!サファリワールドはキリンが200頭以上

バンコクは鉄道網がどんどん延び、郊外にある観光施設へも行きやすくなっています。 スクムビット線の終点ケーハ付近は、クロコダイルファームやタイ国全土の文化遺産を一同に集めたムアンボーランがあります。 もう一方の終点となっているカセサート大学からは、タクシーでサファリワールドへ意外と行きやすいです。開園は9時で、最初のショーは10時からなので、できるだけ近くの駅へ行き、都心のラッシュアワーの渋滞を避けるのも手です。 先日サファリワールドへ、実際に行ってみましたが、バンコクの近くにこんな広大なサファリパークがあることに驚きました。 サファリワールドは、サファリパークとマリンパークに分かれています。サファリパークは、車で走って放し飼いになっている動物を見るエリアで、マリンパークはマリンという名前になっていますが、普通の動物園です。 園内は広く全部見ようとしたら、かなりハードに移動しないといけません。 イルカやオランウータンなどのショーが、7つあり同時刻にやっているものもあるので、ショーを全部見るのは無理です。...
2020.01.19
カオサン通り

シーロム、ヤワラート、カオサンで歩行者天国で屋台開放!

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドがプラカノンでも屋台撤去についての記事を紹介しています。
2020.01.04
ニュース

民泊とホテルで供給過剰?

外国人の観光客増を見込むタイでは、中国人の失速でホテルは供給過剰の状態だが、タイホテル協会によると、新規のホテルも増えていて、またバーツ高により、観光客獲得の競争が激しくなっており、最近は短期の宿泊でネットでのエアービーアンドビーAirbnbなどの客獲得により、こういった無許可の事業者についてははっきりと短期宿泊での規制をつくり、許可証を取ることを義務付けてほしいと、関係省庁に訴えている。 タイではホテル業は許可制だが、民泊の短期宿泊やホステルなどでホテル許可を取っていないところも多く、不公平感が出ている。同協会によると現在、バンコクだけで宿泊施設は21000軒あり、2020年も景気低迷などの影響により、入居率は70~75%までで推移するとしている。 2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2020.01.04
レジャー

パタヤで外国人観光客20%減

パタヤの外国人観光客は、パタヤ副市長によると、世界的な景気低迷のあおりを受け、またバーツ高の影響で2018年の1425万人から減少しており、パタヤのホテルでは宿泊は平均20%減としており、現在はハイシーズンのため、今後の伸びが期待できるという。   トップの中国人観光客も減少し、韓国人もベトナムへと旅行者は流れており、ロシア人も伸びないなか、インド人が昨年からロシア人を抜いて第2位に躍進し、特にインド人は1日の1人当たりの出費が平均1万バーツで、これは中国人の約2倍で、インド映画などで登場するウォーキングストリートなどのロケーションをまわり、おみやげの購入も多いとしている。   一方、海のリゾートのゴミ問題では、外国人観光客やタイ人観光客などで45万人が出入りしており、1人当たり1㌔になるとしており、使い捨てのプラスチックを減らし、またラン島ではプラスチックを使わないなどの取り組みを行っているという。 2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->パタヤの話題 ->タイのニュース
2020.01.04
ウタパオ空港

パタヤでモノレール建設へ

東部経済回廊 (EEC) の開発で、注目されるタイ東部で、観光地のパタヤでは市内でのモノレール建設が現実的になっており、パタヤ副市長によると、3空港を結ぶ高速鉄道のパタヤ駅からパタヤ市内に入るモノレールを民間企業との共同で建設する見込みとしており、中国企業が有力だという。    パタヤ市内8㎞を走り、事業費は70~80億バーツになる見込み。2020年末には建設を開始し、高速鉄道が完成するのに合わせて、モノレールも完成させたいとしている。   高速鉄道が完成すると、スワンナプーム空港からもウタパオ空港からもパタヤへの乗り入れが容易になり、市内モノレールでつなげれば、外国人観光客がさらに増加することが予想される。それに伴い、市内では観光バスの乗り入れを制限するなどの措置を取っていくとしている。 2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->パタヤの話題 ->シラチャの話題 ->EEC、東部経済回廊
2020.01.04
新築コンドミニアムの販売

コンドミニアムの販売が33.9%減

タイのバンコクでの新規のコンドミニアム販売では、不動産コンサルティング会社によると、2019年の新規では4万4662ユニットの販売にのぼり、昨年の6万6021ユニットより33.9%減だった。 景気減速により、多くの物件が来年に持ち越しとなっているといい、来年もおそらく販売は4万~43000ユニットほどとしている。 また、今年の平均価格では1㎡当たり12万3130バーツで、昨年から7%減だったが、販売された半分ほどの45.9%、2万493ユニットが郊外の物件で、これらは1㎡当たり5万~10万バーツの物件で、そのために平均価格を押し下げているとした。 来年も同じく、現在、建設中の路線駅の周辺など、郊外の物件が多いとしており、高い価格設定では売れ残る恐れも大きく、需要に見合う価格設定が必要としている。 一方、都心の物件では、5753ユニットほどは高額物件で、スクンビットやシーロムなどの物件が、外国人やタイ人投資家らの需要があるとしている。    2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ...
2020.01.04
タイのニュース

失業保険は増加、事業閉鎖も1,391件

世界的な景気低迷を受けて、タイでも事業閉鎖をする企業も多いが、タイ労働局によると、社会保険事務所で失業保険を受けている人は2019年では92万8810人にのぼり、昨年の83万8607人より増加している。   また、現在、働いている労働人口は3744万人で、実際に失業している人は35万5000人ほどで、全体の0.9%ほどであり、この数値は通常の状況であるとしている。   また、工場では閉鎖申請が1391ヵ所あったが、同時に新規申請も2889ヵ所あり、新規が上回っているという。  また、現在、求人サイトなどで募集しているのも79000件ほどにのぼっているという。 2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイで人材確保、雇用 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.12.28
ニュース

ブルー、グリーンラインで新駅間を無料開放

BTSによると、12月4日、グリーンラインのモーチットからサパンマイ、クーコットまでの延長で、新たに4駅がオープンし、2020年1月2日まで無料開放している。   新たにオープンしたのはパホンヨーティン駅、ラチャヨーティン駅、セーナーニコム駅、カセサート大学駅の4駅。平日のラッシュ時には3分余りの間隔、それ以外はケーハ駅からカセサート大学駅までを6分ほどの間隔で運行する。   1日に10万人の乗客を見込んでおり、また2020年末にはクーコットまでの延長がオープンする。一方、タイ国鉄道によると、ブルーラインのタオプーン駅からタープラ駅については、こちらも12月4日からまず4駅を午前10時から午後4時までオープンし、タオプーン-バンポー-バンウー-バンプラット-シリントンまでの往復運転を無料開放している。 2019年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの...
2019.12.28
ニュース

地下、高架で工事進捗は49%

バンコク都内で急ピッチで進む路線整備のうち、現在建設中のオレンジライン「タイ文化センター~ミンブリー」については全長22.5㎞で、工事の進捗は49%に及んでいる。 タイ文化センター駅からクロンバンマー駅までの10駅が地下鉄で、サムマーコン駅からスウィンタウォン駅の7駅が高架となる。 2022年までに建設は終了し、オープンは2023年を予定している。 一方のタイ文化センター~バンクンノンの13.4㎞については、内閣の承認の段階で、2020年初めに入札し、オープンは2025年の見込みだ。 現在、建設中の17駅については、まずMRT地下鉄と連絡するタイ文化センター駅からラマ9世通りのローフォーモー駅、ここはタイ国鉄道のメンテナンスセンターなどが155ライに設置される。 続いてワット・プララーム駅、そしてラムカムヘン通りに入り、ラムカムヘン12駅はザ・モールの前、続いてラムカムヘン駅はラムカムヘン大学の前、コーコートー駅はラチャマンガラスタジアムの前、続いてのフアマーク駅はラムカムヘン病院の前、そしてシーナカリン通りとの交差点では、ラムサーリー駅でイエロー...
2019.12.28
ニュース

「サムットプラーカーン県における障がい児のための リフト付き送迎車両整備計画」への支援を決定

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「サムットプラーカーン県における障がい児のためのリフト付き送迎車両整備計画」にかかる総額1,664,100バーツの支援を決定しました。   令和元年12月2日、在タイ日本国大使館において、佐渡島志郎大使とアジア車いす交流センター(タイ)のスポーンタム・モンコンサワッドセンター長との間で署名式が執り行われました。   サムットプラーカーン県内に住む障がい者約30,000人のうち、移動に障がいがある者(移動障がい者)は約9,000人で30%を占めます。タイ政府は同県に特殊教育センターを開設し、3~20歳の障がい児を対象に生活支援及び教育を提供するとともに、社会福祉制度によって移動補助具を整備しています。しかしながら、現在ここで教育を受けている児童の内、重度の障がいを持つ児童は60人(移動障がい児31人、重複障がい児29人)おり、24人は交通手段の問題から同センターに通えず、在宅でのケアを受けています。   アジア車いす交流センター(タイ)は20年にわたり、タイ各地において社会福祉制度でカバーできない児童を中...
2019.12.21
ニュース

大型ゴミの問題1ヵ月342トン

   タイのバンコクでも大型ゴミの処理が問題となっており、バンコク都では毎月、場所等を設定し、無料でリサイクル品として、庶民へ提供しているが、2018年10月から2019年11月までに2738トンにものぼり、1ヵ月342 トンが大型ゴミとなっている。 ファニチャーや建設関連のゴミ、ベッド、電化製品、タイヤ、衣類などがゴミとして捨てられている。 毎月、リサイクル品として提供している情報は、バンコク都の PRであるprbangkok.comでも見られる。 2019年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.12.22
ニュース

北海道誘致に源泉120%、農業、旅行業で連携へ

北海道はタイ人に人気で、こぞって旅行では冬の北海道へ向かい、北海道ブランドはタイでもプレミアムなイメージがあるが、ソムキット副首相は、タイがもっと北海道との関係を深めるよう、北海道の事業家らの誘致をはかっている。 特にタイでは3000万人の農家がいるが、発展が十分ではなく、収入が少なく貧困が多いため、もっとレベルを上げなくてはならないとして、北海道の農協などとも組んで、北海道の事業家らの誘致を促している。そのほか、北海道の旅行事業者らとも連携したいとしている。 一方、BOIでも、北海道からの事業に特別の恩典を付与しているとしていて、経費をすべて120%源泉にあてられるなどがある。 BOIによると、BOIの恩典の40%は日本からだが、現在、北海道からの事業者は2件のみで、さらにタイへの事業投資をしてほしいとしている。 タイを含めた周辺国、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ベトナムで2億人がおり、タイでもタイ東部での外国企業の誘致をEECで行っている。 2019年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニ...
2019.12.22
ニュース

タイ最大のターミナル駅へ!バンスー中央駅の スカイウォーク入札へ多数の路線が乗り入れ!

タイ最大のターミナル駅としてバンスー中央駅が整備中だが、タイ国鉄道によると、レッドラインのバンスー中央駅と、グリーンラインのモーチット駅を結ぶスカイウォークを予定しており、その建設と周辺の商業スペースの管理を2020年には入札で決定するという。 バンスー中央駅は今後、多くの路線が通ることになるが、現在でも地下鉄が通り、さらにパープルラインもタオプーン駅から乗り入れており、さらに今月にはオープンが予定されているタオプーン-タープラのブルーラインの乗り入れ、続いて現在、建設中のバンスー-ランシットも来年にはオープンのメドがつく。そのほか、3空港を結ぶ路線はパヤタイ駅から伸びて、バンスー中央駅を通ってドンムアン空港に至る。 バンスー中央駅の周辺駅ではコンドミニアムの建設なども進んでいるが、タオプーン駅周辺では、5841ユニットが提供され、どれも85%以上が販売されているが、2017年以前のものが多く、昨年から今年にかけては価格は1㎡当たり11万バーツほど、あるいは 12万バーツ以上の物件もあるが、すでに土地を探すのは難しく、デベロッパーはとなりのバンポー駅などで土...
2019.12.22
不動産

ゲイソンタワーが最も高い、家賃上昇、でも今後130万㎡供給

タイのバンコクの賃貸オフィスは空きが少ない状況で、需要が上回り、家賃も3~5%上昇している。 コンサルティング会社の調べによると、ほぼ95%が埋まっている状況で、空きは377692㎡のみとしている。 ただ現在、工事中で今年から3年後までの完成は130万㎡にのぼり、その50%は都心に集中しているため、今後の供給過剰も心配されている。 都心にあるグレードAの物件は、最も家賃の高い場所はゲイソンタワーで1㎡当たり1ヵ月1600バーツ。続いて、ホテルオークラが入居するパークベンチャーが1㎡当たり1ヵ月1500バーツと続いている。 グレードAの賃貸オフィスの平均は1㎡当たり1ヵ月1100バーツほどで、安いところでは900バーツ、高いところでは1500バーツと開きがあり。年数がたった物件は交渉により値引きも行われている。 入居率を見ると、以前、日本大使館があった敷地に建設されたシンハーコンプレックスは、賃貸オフィス、コンドミニアム、ホテル、店舗棟の複合施設で、地下鉄ペッブリー駅からすぐの立地だが、入居は85%で、マッカサンの開発がまだ進まないため、新規物件として企業の入居...
2019.12.22
中国人

カウントダウンで30万人へ

タイで最大のカウントダウンの場所といえば、「セントラルワールド前」。毎年、タイの芸能人らのコンサートが開かれ、多くの人が集まりますが、今年は主催のセントラルパッタナー社によると、クリスマスと年末年始の盛大なイベントを開催し、カウントダウンでは25万~30万人の人出を目ざすとしています。   続いて、急速にカウントダウンの場所として知名度が上がっているのが「アイコンサイアム」。高島屋が入居しており、チャオプラヤ川沿いで眺めがきれいで、噴水ショーなども行われています。   また、外国人観光客ではタイ観光庁によると、中国から850万人、マレーシアから230万人と、1位、2位は変わらないが、韓国、日本を抜いてインドからの観光客が3位で140万人となり、景気減速の中国に代わり、インド人の誘致を積極的に進めており、セントラルなどもインド人を意識した商品やフードなどを取り入れていくという。 2019年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->催し、イベント ->タイのニュースの情報  
2019.12.22
新築コンドミニアムの販売

住友林業の物件完成は2021年へ

スクムビットのソイ59の大通り沿いに建設中のプロジェクトは、住友林業と、タイ側のグランドエステートホテル&プロパティー社が組んで進めているもので、豪華な45階建てのコンドミニアム「ハイド・ヘリテージ・トンロー」で、1ユニット当たり960万バーツ~(1㎡当たり26万バーツ)となり、ホテル機能を盛り込んだものになる、としている。   BTSトンロー駅から徒歩圏内で、エカマイ駅からも徒歩圏内。この5月に販売を開始し、30%以上を販売しており、オープンは2021年中ごろになるとしている。販売状況は中国の景気減速などにより、その影響を受けている模様だ。 2019年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発 ->コンドミニアムの掲示板 ->新規コンドミニアム販売 >新築コンドミニアムの情報 ->新規コンドミニアムの情報
2019.12.22
ニュース

BTSのグリーンライン今月4駅がオープン!

BTSのグリーンラインの延長については、モーチット‐サパンマイ‐クーコットまでが開通の見込みだが、すでにひと駅目のラプラオ五差路駅がオープンしており、この12月初めにはさらに4駅がオープン予定。 その駅はパホンヨーティン24駅、ラチャヨーティン駅、セーナー駅、カセサート大学駅で、ラプラオ五差路駅を含め約4㎞ほどとなる。 さらに、サパンマイ‐クーコットまでの全駅については2020年中のオープンが予定されている。 2019年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->バンコクの開発 ->BTS,地下鉄
2019.12.22
ストリートフード

屋台はチャイナタウンで健在

ストリートフードは、タイの魅力のひとつですが、多くの通りで屋台に撤去命令が出ており、かつては賑わっていた屋台街が、次々と姿を消しています。 その様な状況の中、ヤワラート通りを中心に広がる中華街(チャイナタウン)には、まだ活気のある屋台街が健在です。 夜の中華街へ行ってみると、平日にも関わらず予想以上の人出でした。先日、延伸した地下鉄ブルーラインの効果と思われます。 開業したばかりのワット・モンコン駅からヤワラート通りまでは、歩いて5分ほどです。 駅から一歩外に出ると漢字の看板に囲まれ、それまでいたバンコクの日常的な光景とは、違う異世界に紛れ込んだ気分です。 そんな中華街で一番のエンターテイメントといえば、なんといっても食べることでしょう。 シーフード、肉まん、餃子、フカヒレ、燕の巣、中華のスイーツなど、日本でもお馴染みの中華料理から、初めて見るものまで、驚くほど多様な料理が揃っています。 歩いていると、いろいろな匂いが鼻を突きます。こんなにバラエティーに富ん...
2019.12.22
ニュース

佐渡島大使チャリティー絵画展開催

2015年のご着任以来、日本とタイ両国の政治、経済、文化交流に深くご尽力されてこられました佐渡島志郎在タイ日本国大使館特命全権大使が、この度ご帰朝されることとなりました。佐渡島大使閣下は、弊会名誉顧問をお引き受けいただいており、またプライベートでは画家としての一面も広く知られております。今回、大使のご厚意により、タイ国および前任地バングラデッシュ在任中に描かれた渾身の作品35点を日本人会にご寄贈くださることになりました。   日本人会は、タイ社会に還元されたいという大使のご厚意を汲み、12月11日(水)の離任レセプションにおきまして、絵の一部をチャリティー寄附として希望者にお譲りいたします。この収益はすべて、日本人会チャリティー基金を通じ、タイ社会、経済の発展・向上への貢献活動を行う団体、福祉施設、教育機関、奨学金支援等に寄附させて頂きます。   さらに、この機会により多くの皆様にご覧いただくため、「佐渡島大使チャリティー絵画展」を開催します。Thai Beverage Public Company Limited様、One Bangkok 様のご協力の...
2019.12.16
ニュース

「パンガー県児童教育センターにおける雨水貯留施設 および給水システム整備計画」を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「パンガー県児童教育センターにおける雨水貯留施設及び給水システム整備計画」にかかる総額1,158,000バーツの支援を決定しました。 令和元年11月13日、在タイ日本国大使館において、佐渡島志郎大使とニューライト財団のキッティゴーン・ジャイシリスアイ財団長との間で署名式が執り行われました。 パンガー県タクアパー郡はタイ南部に位置し、ミャンマーから移民労働者の流入が多い地域です。移民労働者の子供達は、言語の問題や社会的偏見から学校に受け入れてもらえない、または学校に通わない児童も多いため、ニューライト財団は移民児童でも適切な教育を受けられるように「移民児童教育センター」を開設した上で、3歳から17歳までの児童を受け入れ、ミャンマーの教育課程に基づいた学習活動を提供しています。 センターでは現在197人の児童が授業を受けていますが、当該地域は例年約4ヶ月間にわたる渇水被害を受けており、同センターの通学者の学習活動に支障を来しています。センターでは、飲料水を優先的に確保しているものの、水不足により掃除が十分に行われ...
2019.12.06
ニュース

2021年完成目ざし、ピンクライン工事中

バンコク都内の路線整備は、ピンクラインについては工事が始まっており、ケーラーイ~ミンブリーの34.5㎞で30駅を設置、事業費534億バーツとなっており、2021年の完成を目ざしている。 ノンタブリー公的センター駅ではパープルラインと連絡し、ティワノン通りを通り、パックレットに行き、チェンワッタナ通りを通る。インパクトのあるムアントンタニーにも2駅できる予定。 チェンワッタナ周辺はタイ政府機関が集まっている。ラクシー駅でレッドラインのバンスーーランシットと連絡する。ラムイントラー通りに入り、グリーンラインのモーチット~サパンマイとも連絡。終点はミンブリー駅となる。 2019年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->BTS,地下鉄駅関連 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2019.12.07
新築コンドミニアムの販売

チェンワッタナがビジネス街に、コンドミニアムが年々値上がり

チェンワッタナといえば、日本人ならイミグレーションにビザ更新で出かける人も多いが、このチェンワッタナ周辺がビジネス街へと変ぼうしようとしている。   現在、チェンワッタナ通りを通る路線の工事が進んでおり、ケーラーイ~ミンブリーを結ぶピンクライン。タイの不動産コンサルティング会社によると、将来の発展を見込んで、大手のディベロッパーなどが土地を買っており、建設されるコンドミニアムなども値上がりの状態が続いている。   周辺はタイ公的機関センターが集まっており、そのほかオフィスや病院、学校なども多く、また、インパクトのあるムアントンタニーでは、バンコクランド社が50~60億バーツで開発を進めている。   また、ほど近いドンムアン空港は年間5~6000万人の利用へと拡張しており、レッドラインやグリーンラインとの連絡も予定されており、魅力的な街へと変ぼうしつつある。   新規コンドミニアムが販売されれば、60~70%は売れており、価格は2017年から徐々に増えており、価格も年々、5%ほどは値上がりしており、2019年では1㎡当たり72438バーツが平均で、...
2019.12.07
ニュース

組合がダークフィルム使用要望

現在は非合法とされるGrabについて、タイ陸運局が来年3月をメドに合法とする方針について、バンコクのタクシー労働組合の代表が陸運局を訪れ、合法にする代わりに運転手側の提案を申し入れている。 それによると、現在の1600㏄以上の車から、1300㏄以上の車とし、事業者が参入しやすいようにする。そのほか、車の使用を9年から12年にすること。9年だとまだ十分に使える状態の車が多いという。 また、ダークフィルムを付けることを許可する。現在は中が見えるようにダークフィルムを付けることができない。 2019年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.12.07
新築コンドミニアムの販売

プンナウィティー駅周辺が熱い

スクムビット通りでは最近は、エカマイよりさらに行った、プラカノン、オンヌット駅まで日本人の住まいが広がっていますが、さらにその先、プンナウィティー駅も急速に開発が進んでおり、大手ディベロッパーもこぞって新規物件を発表しています。 この駅近くのランドマーク的存在が、 マグノリアクオリティー社のトゥルーデジタルパークで、オフィス、住まい、レストランなどが集まるミクスドユースの場所となっており、コンドミニアムの価格も年々、7%ほど値上がりしています。 LPNやセーナーディベロップメント、サンシリィ、プルクサーなどの各社が新規に開発し、現在、販売中の7つのコンドミニアムでは、合わせて3118ユニットとなり、そのうち2047ユニット、66%が売れています。サンシリィ社でもザ・ライン・スクムビット101は65%を売っています。 今後は、このあたりも日本人の住まいが急速に増えるものと思われます。 2019年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->新規コンドミニアム ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報...
2019.11.29
ニュース

タオプーン~タープラが無料開放へ

タイ国鉄道によると、ブルーライン「タオプーンータープラ」のオープンについては、来月12~1月としており、当初は無料開放となる見込み。   新設されるのは8駅で、タオプーン駅、バンポー駅の次はチャオプラヤー川を渡り、バンウー駅、バンプラット駅、シリントン駅、バンイークン駅、バンクンノン駅、ファイチャイ駅、チャランサニットウォン13駅、そしてタープラ駅まで、チャオプラヤー川に沿うように駅が出来ている。これにより、MRT地下鉄と結び、環状線が完成することになる。 2019年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報
2019.11.27
不動産

アイコンサイアム1周年、%ARABICA誘致も!

チャオプラヤ川沿いで、バンコクのランドマークとして登場した「アイコンサイアム」は1年が経過し、運営する同社によると、来場者は現在、1日6万~15万人ほどで、そのうちタイ人が65~70%、外国人が30~35%となっており、来年にはこの来場者数を1日15万~25万人に押し上げたいとしている。高島屋が入居しており、日本料理店なども多数出店している。 すでに年末年始のカウントダウンでは有名になっているが、クリスマスにはミッキーとミニーマウスのお披露目などもあり、おなじみの噴水ショーなども行われている。 また、来年の集客に向けては、フィンランドからのスーパーパークの誘致、フランスの有名シェフ、アランデュカスのレストラン設置、また、すでに12カ国で展開している京都発祥のコーヒー店「%ARABICA」の誘致、そのほか、新コンセプトのTummyフードマーケットの開設などを計画している。 2019年11月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->バンコクの開発
2019.11.29
不動産

地下鉄が通るラマ4世通り沿い、オフィス、住まいの複合施設が多数完成へ

ラマ4世通りの再開発が急ピッチで進んでいる。 ラマ4世通りは、フアランポーン駅からプラカノン駅付近まで続く大きな通りだが、開発という点で、並走するスクムビット通りに大きく水をあけられていた。 しかし9月にサムヤーン・ミットタウンがオープンし、今もザ・パーク、ワン・バンコクの建設、デュシタニホテル敷地の再開発など、巨大プロジェクトが進行している。 これらの開発は全てオフィス、ショッピングモール、コンドミニアムを併せ持つ複合施設で、ラマ4世通りに新しい都市を作っていると言っても過言ではない壮大なスケール。 現時点での様子を見るため、ラマ4世通りとアソーク通り(ラマ3世通り)の交差点に建設中のザ・パークから、オープンして間もないサムヤーン・ミットタウンまで、ラマ4世通りを歩いてみた。 ザ・パークは、来年完成予定だが、すでに外観はできており、16階建で高さはないがボリューム感のあるビルだ。 1〜3階は商業スペースで4〜16階はオフィスになる。 ザ・パークの通りを挟んだ向かい側には、複合オフィスFY...
2019.11.30
ウタパオ空港

空港~パヤタイ路線もCPへ

エアポートレイルリンクの運営をCPグループへ。 タイ国鉄道によると、3空港を結ぶ路線整備について、CPグループらの「3空港を結ぶ東部高速鉄道社」と契約を結び、CPグループ主導による整備が始まるが、エアポートレイルリンクについては、2020年中ごろまでに100億バーツで、運営の権利を譲渡する見通しという。 譲渡するのは、現在、使用している車両9つやシステム、鉄道関連施設、駅とそのまわりの施設等で、駅周辺の敷地等は含まれておらず、マッカサン地区なども別途の案件となる。 タイ国鉄道によると、現在の人員等ももし譲渡されれば、CPグループ運営の会社に移動するため、おおまかな計画を提出してほしいとしており、2021年1月にオープンするバンスー-ランシットへ人員をあてることも予定している。 エアポートレイルリンクは、今後は乗客増で1日に12万人を見込んでおり、そのためにはあと4~5車両が必要としている。 一方、3空港を結ぶ路線整備についても、タイ政府はCPグループとの路線整備の契約締結を終え、路線沿線などの民間からの土地返還などを開始しており、ラカバ...
2019.12.01
ニュース

ウィンチョッキ3年はく奪を検討

バンコク都内で、バイクの歩道での走行については、違反者の罰金等が施行され、大幅に減ってはいるが、BTSの延長のラプラオ5差路駅の周辺では、歩道に屋台が並び、モーターサイタクシーが近道のため歩道を行き交っており、歩行者の安全を確保できないとしている。 このため、バンコク都では今後、モーターサイタクシーが歩道を走行し、違反した場合、ウィンチョッキを3年間はく奪することを検討しており、条例化されるか注目される。  2019年11月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
ストリートフード

Grabがタラート営業?

デリバリー大手のGrabによると、インドネシアに続いて東南アジアで2ヵ国目のキッチンセンターを、この9月までにベトナムで10カ所設置しており、今年末までにホーチミンやハノイなどで50カ所を設置するとしている。 キッチンセンターというのは、タイでいうタラートのようなもので、屋台のような個々の店が寄せ集められたもので、それぞれの営業者が独自に運営している。Grabでは家賃などは払わずにネット広告やデリバリー広告などを担うとしており、それぞれの事業主も「料理を作って販売することに集中できる」として歓迎している。 Grabによるフランチャイズのストリートフードのようなものだが、タイでも同様のサービスが進出してくるか、注目される。 2019年11月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
不動産

賃貸オフィスの家賃上昇

タイの不動産コンサルティング会社の調査によると、バンコクの賃貸オフィスは現在、全体で838万㎡ほどあり、入居率は95.7%で、空きは377692㎡のみとなっているという。   中国の景気減速などのあおりを受ける中でも、都心での賃貸オフィスの需要は高いようで、オフィス街であるルンビニ周辺が最も空きが少ないという。   賃貸オフィスの不足に従い、家賃も6%以上値上げされており、グレードAの新規の物件では、1ヵ月の家賃は1600バーツ/㎡以上になるとしており、同じくグレードAの一般的な家賃でも1500ー1600バーツ/㎡となっている。   今後、大規模プロジェクトのミクスドユースの物件で、賃貸オフィスの供給が多く出されるなか、供給過剰にシフトするか注目される。  2019年11月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイで不動産仲介 ->賃貸オフィス仲介 ->タイのニュースの情報 ->レンタルオフィスの情報 ->賃貸オフィスの情報
ニュース

アフターユーと組みデザート提供、タイエアアジアが収入増狙う

格安チケットのタイエアアジアによると、チケット以外の付加価値のサービスで収入増をはかっていくとしている。   荷物の重量加算や、機上での食事、ドリンクサービス、デューティーフリー商品販売などが上げられ、2018年は総収入400億バーツのうち、これら食事や商品販売などで7%を占めていて、年々増加しており、今年は1年で2320万人の乗客が見込まれるが、チケット以外のサービスは20%増を見込んでいる。   特に食事、ドリンクサービスではこの10月からタイストリートフードと称して、オムレツ風のパッタイなどが新メニューでまた、2018年以降、有名店 アフターユーと組み、デザートやベーカリーを提供しており、デザートでは1ヵ月3ー4千個販売を目ざしている。これらのサービスはチケット代に含まれておらず、機上での追加料金となる。   またそのほか、タピオカティーなども人気で、通常1ヵ月3ー4千杯だが、ここ数ヵ月は1ヵ月25000杯にもなっているという。   2020年には新たに2ブランドと組んでタイ料理、外国料理などを提供する見込みだ。   2019年11月5日 タイ自由ランド掲載...
新築コンドミニアムの販売

売れ残るコンドミニアム今年末までに6万ユニットも

タイのアーカーソンクロ銀行の不動産情報センターによると、バンコクで売り出されたコンドミニアムが多く売れ残っており、今年末までには63683ユニットにのぼるとしている。 タイの景気減速、中国人の買い控え、そしてタイ人の住宅ローンの審査が厳しくなっており、新規に販売しても売れ残りが顕著になっている。 バンコクやその近郊で最も売れ残っているのは、ホワイクワン、チャトチャク、ディンデーンの地区で8752ユニットにのぼり、合計では382億バーツほどとなる。 続いて、日本人が多く住むスクムビットも販売件数が多いため売れ残りが目立ち、6436ユニット、金額は655億バーツとなっている。 そのほか、郊外のノンタブリーやトンブリー、ラムルーカーなどの物件も売れ残りが多い。 一方、郊外などでの建売住宅、タウンハウスなど土地付きの物件については、84000軒以上が売れ残っており、最も売れ残りが多いのが、パープルラインの終着駅近辺のバンヤイ、バンブアトーンなどで15008軒、金額は656億バーツにのぼり、続いてラムルーカー、バンプリー、サムットプラカーン、ミンブリーなど郊外での物件で売れ残ってい...
ウタパオ空港

次々に高層コンドー建設、マッカサンの開発を待つ

大規模な都市開発が計画されているラマ9世駅とマッカサン駅。 1㎞ほどしか離れていないこの2駅の間には、高層コンドミニアムが続々と建設されており、まるで摩天楼の様な光景になってきている。 猛スピードで景観が変わって行く、ラマ9世駅とマッカサン駅の周辺を歩いてみた。 ラマ9世駅を出ると、個性的な造形の高層ビルGタワーがあり、背後にはユニリーバの本社ビルと広い更地がある。 ラチャダーピセーク通りとラマ9世通りの大きな交差点へ出ると、目の前にいくつもの巨大なコンドミニアムが、まるで壁のように立ちはだかっている。 中でも目を引くのは、交差点のコーナーに、現在建設中のアシュトン・アソーク・ラマ9だ。 47階と50階からなる高級コンドミニアムで1㎡約23万バーツという豪華な物件。まだ全容はわからないが、その大きさには圧倒される。 ラマ9駅から目と鼻の先にあるが、大きな交差点を横断しなければならないので、信号で待たされると少し時間がかかる。 隣には今年完成したばかりの38階建てのザ・ライン・アソーク・ラチャダーがあり、1㎡...
ニュース

GRABでのタクシー行為来年3月に合法へ

タイ国内で、アプリケーションによるGRABでのタクシー、バイクタクシー行為などは、現在のタイの法律に沿えば違法だが、これについてタイ交通省はこの10~11月に内閣にはかるため、法律の改正を行っており、承認が得られれば、アプリケーションによるタクシー行為のサービスが合法としており、2020年3月から施行されるだろうと、タイ交通省では話している。  今ではバイクタクシーなども、一般の人を乗せて料金を取る行為については、ちゃんと本人が登録を済まさないと、タクシー行為ができない。  法改正により、タイ人の会社、タイで登録している会社が提供するアプリケーションによるタクシー、バイクタクシー行為が可能になる。  2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.11.18
ウタパオ空港

3空港間の高速鉄道整備「タイ政府がリスクを共有してほしい」

タイのバンコクで3空港(ドンムアン空港、スワンナプーム空港、ウタパオ空港)を結ぶ高速鉄道の整備と、その駅周辺の開発をタイ政府、タイ国鉄道が入札ののち、CP グループに決定し、契約の段階に至っているが、同グループのタニン会長が「タイ政府もリスクを共有してもらいたい」と述べるなど、過去にないプロジェクトのため 、CP グループにかかる負担が大きいため、そのリスクをタイ政府にも求めており、この10月中に契約が交わされるか注目される。   このプロジェクトの最大の開発場所となるのが、マッカサン駅周辺の開発で、すでにタイ国鉄道が使っていた場所などで遊休地となっており、マッカサン駅からラチャプラロップ駅にまたがる広大な土地の開発となる。   これらの地区にはまだ住民らが住んでいるところもあり、この地域以外も含めすべて合わせ、タイ国鉄道が土地の明け渡しをできるのが、72%となっており、残り28%は徐々にCPグループへ明け渡すことになるという。  2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->...
2019.11.18
ニュース

ラプラオ五差路駅1日35000人が利用

路線がオープンしてもなかなか乗客が増えない地域があるなか、BTSのモーチット駅から、セントラルラプラオなどがあるラプラオ五差路駅までは、8月9日のオープンより、乗客が徐々に増え、9月30日までのデータでは1日に35000人が利用し、特に午前7時~午前9時までの利用が多い。 のち、12月5日にはそのあとの4駅、パホンヨーティン24駅、ラチャヨーティン駅、セーナーニコム駅、カセサート大学駅がオープンするが、多数の利用者が予想され、1日に10万人に達する見通し、とBTSでは見ており、来年のクーコット駅までの開通で1日の利用は20万人にものぼると見られている。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->BTS,地下鉄駅関連 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2019.11.18
ニュース

ブルーライン料金徴収で乗客減少

フアランポーン駅からラクソーン駅までのブルーラインが開通し、9月29日より料金も徴収しているが、それまでの無料開放の際は乗客は1日11万人ほどいたが、通常料金がかかるようになり、乗客は1日7万人ほどに減っている。 ひと駅目が16バーツで、終点までは42バーツかかるが、パープルラインに乗り換えして行くと70バーツ近くになる。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内交通網整備 ->BTS、地下鉄の駅周辺や街関連 ->バンコクの開発 ->タイのニュースの情報 ->タイ関連コラムの情報
2019.11.02
ニュース

タイ人の台湾観光が急増、ビザなしOKで29%増

タイ人の日本行きは海外旅行の一番人気だが、近場で手頃な価格で行けるとタイ人に人気なのが台湾だ。2016年に19万人だったのが、2018年には32万人に急増、さらに今年は昨年の29%増の勢いで、タイ人が台湾に観光に行っている。 2016年から始まったタイ人のフリービザでビザなしで入国できるようになったことが大きいが、今年で切れる予定だったが、2020年7月31日までフリービザが延長された。 一方、以前は30日間まで滞在できたが今ではフリービザによる滞在は14日間までとなっている。 フリービザにより、台湾へ売春に行くタイ人などの問題も増えたが、観光客の数が急増しているので、その問題はかき消されている状況だ。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.11.02
新築コンドミニアムの販売

中間層向け新規コンドミニアム

タイのコンドミニアム市場については、昨年末からの景気低迷や中国の減速により、2~3年前の売れ行きから急ブレーキがかかり、ネクサス・プロパティー社によると、ホテルや商業施設の建設に切り替えるディベロッパーもいるという。 またバンコクでは新しい路線の建設が進み、都心ではすでに土地代が高く、コンドミニアムの一部屋も高くなるが、新設される駅近くはタイ人の購入層である中間層に向けて販売できる価格帯という。 その地域では、ラチャダーピセック通りーラプラオ通り界隈は都心に働く人にとって路線が出来てきており、コンドミニアムの価格もまだ手ごろだという。 次に、タオプーン駅周辺。ターミナルとして整備されるバンスー駅にも近く、どこへ行くにも便利な場所として脚光を浴びつつある。 また、ミンブリー駅周辺も、まだ土地代が高くなく、ディベロッパーらが購入しており、将来的には2路線が交わることになり、都心に働く人にとってもまだ割安で購入できる。 そのほか、ワンブラパー、ワットモンコン、イサラパープ、チャルンナコンの各駅周辺も人気で、そのほか、都心のサムヤーンについては、学生などに便利で、親が購入するケー...
2019.11.02
新築コンドミニアムの販売

売れ残るコンドミニアム、エカマイでは新規で63%売れる

景気低迷や中国の2速などで、バンコクでの新規コンドミニアム販売も売れ残りが目立っているが、不動産コンサルティング会社によると、この10月から12月にかけて、新規に17000ユニットが売り出され、売れ残りの分も含めて、市場には47000ユニットが出回ると見られる。 売れ残りが多い地区では、新規に開発されたブルーラインの周辺で、チャランサニットウォン通りやペットカセム通り沿いの物件。 すでに8000ユニットが売れ残っており、さらに今後3ヵ月で6000ユニットが売り出される。 また、ここ数年の間に提供されるようになったスクムビットのエカマイ、プラカノン地区では、現在まで5700ユニットが提供されており、63%が売れている状態。平均の価格帯は1㎡当たり15~20万バーツとなっている。 エカマイ・ソイ22で新規に売り出された8階建てのHOLME・エカマイ22も1ユニット390万バーツからで、1㎡当たり13万から18万バーツとなっており、この価格帯ではまだ十分に需要はあると見られている。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニ...
2019.11.02
レンタルオフィス

コワーキングスペース、この5年、徐々に増える

世界的にコワーキングスペースという働き方が広まり、タイにも入ってきて、海外の大手事業者らが参入しているが、2019年前半ではタイ全体のコワーキングスペースは113280㎡あり、さらに増える見込みのあるのが50000㎡に及ぶとされていて、不動産コンサルティングの調べによると、2015年から徐々にその件数も増えており、中小事業者も参入したが、およそ2000㎡以上の事業者に淘汰されつつあるとしている。 その多くが都心のオフィス街やグレードAのオフィスビルにあり、スクムビットやサイアム、パトムワン、シーロム、サトーンなどとなり、借りる家賃も上昇している状態だ。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->賃貸オフィス、レンタルオフィス ->タイのニュースの情報
2019.10.20
ニュース

中国の芸能人がタイへ!

バイテックと並んで、バンコクでは大イベント会場として知られるインパクト・ムアントンタニーだが、運営するインパクト・エキシビジョンによると、今年はシリキットコンベンションセンターの改装などにより、その催しがインパクトに移り、昨年より今年は収入が10%増を見込めるという。 また、大規模なコンサートなども常時、行われており、韓国からの芸能人などが海外からは多いが、最近は中国からの芸能人、歌手らによるコンサート、ファンミーティングが増えており、来年も徐々に伸びていくとしている。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->芸能、コンサート >タイのニュースの情報
2019.10.20
ニュース

フアランポーン駅~ラクソーン駅全線開通、タオプーン駅~タープラ駅は今年12月から

バンコク都内、近郊の高架鉄道、地下鉄の新路線の運行については、ブルーラインの4駅、ペットカセム48駅、パーシーチャルン駅、バンケー駅、ラクソーン駅は9月21日にオープンし、これで、フアランポーン駅からラクソーン駅までが開通し、9月29日より通常の16~42バーツの料金となっている。 一方、同じくブルーラインのタオプーン駅ータープラ駅については、今年12月より徐々にオープンし、2020年3月には全駅がオープンとなる見込み。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->BTS,地下鉄駅関連 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2019.10.20
ニュース

タイ最大のインター校建設へ、バンナーに168ライを確保!BTSグループが香港と組む

バンナー通り周辺の開発が活気づいているが、高架鉄道を運営するBTSグループによると、香港のフォーチューンハンドベンチャーズと組み、タイ最大のインターナショナルスクール「VERSO」を50億バーツかけて、タナシティーのそばの敷地168ライの一画に設立すると発表した。 2020年8月から学校の授業をスタートさせるとしており、スワンナプーム空港から4 ㌔ほどで、車で5分ほどの好立地。幼稚園からグレード12までの生徒を受け入れ、最大で1800人の規模となり、プールなどはオリンピック標準の50 mなどを整備する。 なお、 BTS グループでは周辺と合わせて168ライについて、ミクストユースの開発を視野に入れており、ニューシティーとして、商業地区やコンドミニアムなどを整備する計画で、2020年にはその全ぼうを発表するとしている。 タイのインターナショナル校(インター校)は現在、207カ所あり、1年で7~8%増加していると、タイインターナショナル校協会の幹部が話している。 学費では高いところで1年に55万~99万バーツで、ハローインターナショナルスクールでは44万~9...
2019.10.20
ニュース

日本行き26,000バーツも!

今年もタイではハイシーズンを迎える外国への旅行について、バーツ高により、タイ人の海外旅行は伸びており、今年は10%増となる見込み。 その中で、パッケージ旅行を取り扱うタイの旅行会社によると、ヨーロッパへの旅行も徐々に人気が出ており、オーストリアのウィーンへもタイ航空の直行便が出て、3万バーツ台後半で4泊7日のパッケージがあり、そのほか、イギリスや、オーロラが見られるロシア行きも人気という。 一方、一番人気の日本へは、 LCC の便も増え、1人26000~27000バーツで行け、これは6年前の5万バーツ以上かかった時の、半額に近い金額で日本に行ける。ビザなしで、パッケージ価格も下がっており、また今ではホテルや空港までの送迎以外は、自分たちで自由に行動する、というパターンなども多いとしており、2018年はタイ人の日本への旅行は113万人にのぼったが、今年は127万人に達する見込み。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2019.10.12
ニュース

バンクンノン~タイ文化センターの路線急ぐ!

タイ政府やタイ交通局などによると、今年から2021年にかけて推し進められている交通関連のメガプロジェクトは44あり、総額1兆を9473億バーツにのぼるとしている。 そのうち、内閣の承認をすでに得て、工事中なのが17のプロジェクトで合わせて7823億バーツ。内閣の承認済みで現在、工事に向けて調整しているのが12のプロジェクトで、4127億バーツ。 そのほか、民間との共同事業では、 CP グループにほぼ決定している3空港を結ぶ高速鉄道が2200億バーツ。この事業は現在、契約書の修正などを行っており、まだ最終的な合意に至っていない。 また、内閣承認に向けた事業は13のプロジェクトで、5511億バーツにのぼり、その中で急がれるのが、路線のオレンジラインで、バンクンノンータイ文化センターの1220億バーツ。これは現在工事中のタイ文化センター-ミンブリーとつながることになる。 そのほか、現在、工事中の事業ではモーターウェイのバンヤイーカンチャナブリーの進捗が22%で、これは2年の遅れとなっており、土地の買収が当初よりも高騰しているためという。そのほか、モータウェイの...
2019.10.12
新築コンドミニアムの販売

外国人のコンドミニアム購入年々増加し、60%は中国人

タイでは景気が低迷し、中国人旅行者も減っているといわれるなか、タイ中央銀行などによると、2016年から外国人のタイのコンドミニアム購入は伸びており、同年の600億バーツ、2017年には702億バーツ、2018年は920億バーツとなっており、今年は1000億バーツを超えることも予想され、相変わらずタイの新規コンドミニアム購入は、外国人に人気なのがわかる。 ディベロッパー大手のプルックサーリアルエステート社によると、売り出した「プライバシー・チャトチャク」はMRTパホンヨーティン駅から近く、また、タイ最大のターミナルとして整備されるバンスー駅からも近いため、投資向けの中国人の需要が多いとしており、1㎡当たり10万バーツ以上で、1部屋500~600万バーツで売り出している。 周辺は将来的にはビジネス街として変ぼうを遂げることが予想され、すでにタイ航空やバンコクエアウェイズ、ポートートー、TMB、タイラットなどが拠点を構えている。 また、大手ディベロッパーのオール・インスパイヤ社によると、タイのコンドミニアムの購入で相変わらず外国人の需要はある、としており、特に狙いは...
2019.10.12
ニュース

日本政府、「カンチャナブリー県バーン ウーロン学校における校舎整備計画」を支援

日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「カンチャナブリー県バーンウーロン学校における校舎整備計画」にかかる総額2,637,800バーツの支援をしました。 令和元年9月16日、バーンウーロン学校(カヌンクリ分校)において本件の引渡し式典が執り行われ、ジーラキヤット・プームサワッド カンチャナブリー県知事、チューサック・ターンタレトーン バーンウーロン学校長、サラウット・ラチャスリムアン ワールドビジョン・タイランド局長、そして、当館から川村博司次席公使他、関係者が出席しました。 バーンウーロン学校はタイ西部のカンチャナブリー県トーンパープーム郡ターカヌン区に所在しており、幼児教育及び小学校1~6年の初等教育を提供する公立学校です。同校は僻地の子ども達の教育機会確保を目的に、ターカヌン区内の市街地から約35km離れたカヌンクリ集落に分校を開設し、現在、分校には生徒129名が通学、学校職員6名が勤務しています。 同分校は、2014年に開校されて以降、公会堂の改築や、ボランティアによる建設で教室を整備してきましたが、幼児教育及び小学校1~6年の全8学年に...
2019.10.04
ニュース

業務内容と所在地をより精査

タイの商務省によると、新規に会社設立をする場合の登記について、実際に行う事業と、登記内容等が違うケースがあり、それを厳格に精査するために11月1日より業務内容と所在地について、詳しく明記するよう、通達を出している。 これまでは、会社設立については、業務内容については実際に行う業務や行う見込みのある業務なども自由に記述できて、それがそのまま登記されていた。また、所在地についても、その場所のタビアンバーン(住民票)さえあれば登記することはできた。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース >起業、会社設立、株主 >経理、会計、税務、税金 >タイのニュースの情報
2019.09.28
ニュース

赤信号での走行で500バーツ罰金

タイの交通管理センターや交通警察によると、9月1日よりバンコク都内30ヵ所で、赤信号での信号無視の走行による交通違反の取り締まり(レッドライトカメラシステム)で、9月1日だけで868人が違反者となり、一番多かった交差点はラチャダーーラマ4世通りの交差点で438人にのぼり、全体の約50%となり、続いてアソークーペッブリーの交差点が78人、続いてタクシン交差点が57人となっている。 自動システムによるもので、ナンバープレート、車のメーカー、車種、色などを確認し、登録者と一致すればその所有者に罰金の通知を7日以内に送る。 受け取った本人はウェブwww.trafficpolice.go.thで映像をパスワードを入れて確認できるという。 1000バーツ以下の罰金となるが、当初は500バーツの罰金となり、クルンタイ銀行などで支払う。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網の整備 >タイのニュースの情報
2019.09.28
ニュース

外国人の24時間以内の届け出義務

現在、外国人によるタイでの犯罪、あるいは外国で犯罪を犯してタイに逃げ込んでくるなどの外国人が増加しており、そのためタイ警察当局は、外国人がタイに入って来てから、宿泊施設などの家主、またホテルなどは24時間以内に入国管理局に通知するよう、厳格な態勢を取ることになっている。 このため、旅行者などの場合はホテル側が行うが、長期滞在者などは、アパートやサービスアパート、コンドミニアムの家主が通知を行っていればよいが、そうでない場合は、家主に代わって本人が入国管理局(イミグレーション)に知らせなくてはならない。 実際に運用されている内容では、長期滞在者の外国人がタイに戻ってきて24時間以内にチェンワッタナの入国管理局で、TM30の用紙に記述し、提出する必要がある。 まず初めにTM30では賃貸契約書、家主のIDカード、家主のタビアンバーン、その場所のタビアンバーンを添えて入国管理局で登録し、その後、タイに戻ってきて24時間以内にTM30の届け出をする。それを怠った場合は、ビザの更新時に罰金として800バーツを支払わされているのが現状だ。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載...
2019.09.28
ニュース

技術者の人材育成がカギ

タイの経済政策を一手に引き受けているソムキット副首相が述べたところによると、「タイはアセアンの事業投資の中心ではあるが、今後、タイの大卒の人材で1年に数千人規模の技術を持つ人だけでは、ベトナムなどとは争えない」と述べ、「技術を持つ人材等の輩出が必要と説いている。 そのためには外国の大手企業などの誘致を積極的に進め、「人材の輩出で新しい方法も考えていく必要があり、トヨタやフアウェイ、グーグル、ポートートーなどが学校を設立して、技術を習得できるようにすることも必要で、また大学も、どの分野でどの企業と組むのかなどを検討していく必要がある」と述べ、タイの大学がデジタル企業などと組んで人材の輩出をする必要があると述べている。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載 >タイのニュース タイのニュースの情報
2019.09.28
ニュース

ブランド品が安い?空港そばのセントラルビレッジ

タイで初めてのラグジュアリー・アウトレットモールとして8月31日にオープンした「セントラルビレッジ」は、オープン前にスワンナプーム空港からの入り口を封鎖されるなどの受難にあったが、初日は2万人以上が来場し、運営するセントラルパッタナー社によると、平日で1日17000人の来場を見込むとしている。 世界的なブランドネームなど150店中、75%はオープンしているとして、この1ヵ月ほどで全店のオープンとなるという。 外国人では特に中国人、東南アジアからの観光客をターゲットにしているといい、また、タイ人については「ブランドネームを買うのに値引きする必要がない」「わざわざ、外国にまで行って買う必要がない」としており、タイ人が外国に行って買っているブランドネームなど810億バーツのうち、200億バーツをタイ国内でまかなえるとしている。 場所はバンナートラット通りの15㎞地点で、売り場面積は4万㎡にもおよび、緑豊かで噴水もあり、タイスタイルのデザインを楽しみながら、ショッピングができるという。 12月末までに合わせて20万バーツ以上の購入者は、プリビレッ...
2019.09.28
新築コンドミニアムの販売

売れ残りを賃貸に回す、LPN社の低、中所得者向け

郊外や、最寄りの駅から2~3㎞離れたところで、低、中所得者向けの100~200万バーツ台のコンドミニアムを中心に販売しているLPNディベロップメント社によると、売れ残っている物件については賃貸に出して、空きをなくしていきたいとしており、すでにランシットで3000ユニットで販売した中、1ヵ月5000~5500バーツで賃貸に出し、1500ユニットを貸し出している。 来年も2棟で賃貸に出す見通しで、1つは中国企業と組んだが、中国の景気悪化で中国人の購入者を見込めなかったルンピニ・パーク・パホン32で、100~150ユニットを賃貸に出すという。 パホンヨーティン通りのセーナーニコムの近くで、BTSの延長が開通すれば購入が見込めるとしており、その際は中古物件として賃貸者付きで販売するとしている。 また、ルンピニ・プレース・ラマ3世も200ユニットで賃貸に出す見通しだ。 販売物件の完成後のメンテナンスフィーも、同社は10年間値上げていないとしており、1人当たりの経費で25000バーツかかるガードマンも、集中管理室でビデオを見ながら少人数で管理するなどの対策で、経費を...
2019.09.28
ストリートフード

タイ料理のファストフードを予想

タイスキのCOCAグループのタイ料理店「マンゴツリー」によると、日本でマンゴツリービストロ博多をオープンし、45店目の店舗となったが、今年中には50店を達成する見込み。 そして、2025年までには100店に達するという。また、2035年にはスワンナプーム空港の利用者は年間で82億人にものぼり、持ち帰りのファストフードの需要が高まるとして、同店でもタイ料理として有名な、ガパオライスとカイダオ、カオマンガイ、パッタイなどのファストフードのごはん類を売る店を今後は増やしていくとしており、スワンナプーム空港や東京駅、そのほか、日本で5店で始めるが、バンコクでも各駅などでこの手の店をオープンしていくという。 2019年9月20日 タイ自由ランド掲載 タイのニュース タイ料理店やタイ・レストラン、イサーン料理店、タイ・フュージョン タイのニュースの情報  
2019.09.28
ニュース

オリジン社が24ライで開発、ラヨーン県が新ビジネスの中心!

タイ政府が進めている東部経済回廊(EEC)については、3県が指定され、外国企業などの誘致が進んでいるが、その中で今後、メガプロジェクトなどが目白押しなのがラヨーン県で、大手開発のデベロッパーらの土地開発も着々と進んでいるが、野村不動産と組むオリジン プロパティー社が「オリジン・スマートシティー・ラヨーン」を24ライの敷地で開発する。 場所はラヨーン市内に近いヌンサムリー交差点で、コンドミニアム8階建てのケンシントン・ラヨーンを4棟。697室で1部屋に23~36㎡。もう一方の高層コンドミニアムは33階建てのノッティングヒル・ラヨーンで537室、1部屋22~34㎡となり、海側、市内側の願望が楽しめる。 両方ともこの9月28日にプリセールを開始し、価格は129万バーツから。 同地にはそのほか、コミュニティーモールなどが建設され、ホリデーインも入居する。 オリジン社では、このラヨーン県が今後、新ビジネス地区の中心になるとしており、100億バーツをかけて開発し、トゥルーやカシコン銀行などとも組み、コンドミニアム購入のターゲットは、現在、1カ月8千~1万バー...
2019.09.28
ニュース

ワット・パクナムまで徒歩12分、全線開通は9月29日に

スクムビットに住む人は、あまり縁のない地下鉄ブルーラインですが、この9月29日には、終点のラクソン駅まで開通の予定で、この路線の見所のひとつとして、ワット・パクナムに行きやすくなったので、一度、行ってみるのもいいでしょう。 エメラルド色の仏塔や天井画で、特に日本人観光客に人気で、これまでは行きづらかったのですが、この路線のバンパイ駅から歩いて12分ほどで行けます。 バンパイ駅の1番出口を出て、ペットカセム通りソイ19(Soi Wat Nuannoradit)へ入ります。 狭いソイで、くねくねしているので、どの方角に向かっているのか、わかりにくいですが、ひたすら道なりに進んでいくと、運河にかかった橋があります。その橋を渡るとワット・パクナムの境内で、天井画がある仏塔までの行き方の案内が出ています。 駅からワット・パクナムまでは、木造の家屋も多く残る下町なので、のんびりと歩いて行くのもよいでしょう。 さて、このブルーラインのフアランポーン駅からバワー駅までの延伸区間は、すでに運行を始めており、この区間は9月28日まで無料となっています。(運行は朝7...
2019.09.26
ニュース

路線バスのQRコード支払い、現金の方が便利です!

バンコク都内の路線バスについて、昨年の6月より順次、運賃のQRコードでの支払いを行っているが、利用者はこの7月のみで見ると211人にとどまり、利用額も1ヵ月で11740バーツしかなく、このまま継続するかどうかなども検討しているという。 コーソーモーコー(バンコク大量輸送公社)によると、昨年6月よりまずエアポートバスのドンムアンー戦勝記念塔の一律30バーツの運賃などでQRコードの支払いを始め、10月には一般のエアコンなしのバス、クロントゥーイーホアイクワーン23台、クロントゥーイー土地局23台、クロントゥーイーモーチット2の27台などの一律8バーツで、QRコードの支払いを行っているが、利用者は限定的で、一時期の利用よりも最近は徐々に利用者が減っており、現金での支払いが大半だという。   2019年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 -> 携帯-スマホ  ->タイのニュースの情報 ->携帯やスマホの情報
2019.09.14
ニュース

海岸沿いのドライブ道路、バンコクでも検討!

海岸沿いの高架道路の建設を検討。 バンコク都の副知事によると、チョンブリー県に今ある、海岸沿いの高架道路のようなものを建設することを検討しており、海沿いで唯一のバンコク都であるバーンクンティアンの海岸沿いがその地区で、もちろん両どなりのサムットサコン県、サムットプラカン県にも打診して、高架がつながるようにすることも考えられている。 周辺の地域への観光促進にもなり、また、自然環境の保護も維持していくとしており、海岸の眺めが続くドライブ道路の建設が実現しそうだ。 2019年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->バンコクの開発 ->路線整備の情報 ->タイのニュースの情報
2019.09.14
ニュース

フアランポーン駅ーラクソーン駅、9/29には全駅オープンへ

バンコク都内の路線網整備については、地下鉄の延長フアランポーンータープラーバンケーーラクソーンについては建設は終了しており、順次、開通しているが、7月29日からフアランポーン駅からタープラ駅間をオープンし、このたび、8月24日から、バンパイ駅、バンワー駅もオープン、合わせて7駅が開通しており、この区間は無料開放となっているが、フアランポーン駅から乗る場合は一律16バーツとなっている。 運行時間は朝7時から夜9時までで、9月末まで無料開放となる予定。地下鉄MRTの延長となるが、フアランポーン駅で乗り換えとなり、チャオプラヤー川の下を通る地下鉄で、タープラ駅前から高架となり、そのあと、ラクソーン駅まで高架となるが、残りの4駅については9月29日にオープンする見込み。 開通した新路線については、平日の1日の平均乗客数3万人、土日祝日は4万人を見込んでいる。 2019年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイ国内の交通網整備 ->BTS,地下鉄駅関連 ->バンコクの開発 ->路線...
2019.09.14
ニュース

医薬品の大麻オイル、合法化で8月から販売!

乾燥大麻(カンチャー)から医薬品として大麻オイルをつくる行為については、タイ保健省の統制のもと合法化され、8月中にはタイ全国12の病院で使用が開始され、9月からはさらに拡大して1ヵ月に20万本が製造されることになる。 各種末期がんや皮膚病などにも効果があるとされ、今までの薬の治療では回復できない病気等にも改善が期待される大麻オイルだが、医師らによると、すべての病気で使用できるわけではなく、糖尿病や高血圧、心臓病の患者などに使うと危険、と話しており、指定の病院での治療として当初は使われる見込み。 大麻の成分であるTHCを抽出した5ミリリットル3900本、CBDを抽出した10ミリリットル500本などがまず病院で使用される。 2019年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2019.09.14