食べ放題

タイのバンコクで、食べ放題、ビュッフェの店を紹介します。

ランチ

7月1日に庵寺の新店舗、蟹料理専門店「庵寺 かに」がオープンしました

7月1日に庵寺の新店舗、蟹料理専門店「庵寺 かに」がオープンしました。 日本直送の新鮮な蟹料理をご堪能頂けます。お得なコース料理は、 ●毛蟹と和牛コース 3,500B ●ズワイ蟹しゃぶコース 3,200B ●焼タラバ蟹コース 2,800B がございます。コース料理はご予約をお願い致します。 各種宴会もご予約承っております。ご予算、人数に合わせてアレンジいたしますので、お気軽にご相談ください。 場所はフジスーパー1号店のあるソイ33/1。以前、庵寺 天麺丼本舗があったところです。ぜひ新店舗「庵寺 かに」へお越しください。 2019年6月30日 タイ自由ランドWeb掲載 ->蟹料理専門店「庵寺 かに」のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺 かにのFacebook ->タイの日本料理店 ->宴会によい店 ->寿司、刺身が美味しい店 ->スクムビット・ソイ33/1~53にある日本料理店 ->和食 庵寺 てっぱんのページ -&gt...
ランチ

庵寺でお得な宴会セット!

  庵寺はアンテナショップを含め現在バンコクに6店舗展開しています。 エカマイビッグC3階の庵寺本店とラマ9店では、忘新年会にぴったりの宴会セットをご用意しております。ぜひご利用ください。 庵寺本店は、大小個室有、全200席以上ある大型店です。本店には、和室の個室などバリエーションに富んだ個室が充実しています。 ラマ9店も、本店同様、駐車場完備。大小個室有。全107席あるゆったりした空間です。 本店とラマ9店では、和食を中心にメニュー数は450種類。日本直送、新鮮な魚、生本マグロは庵寺ならはです。 庵寺全店6店で、東京周遊旅行や庵寺のお食事クーポン3万バーツがあたる抽選会を毎月開催いたします。お食事200バーツにつき、申し込み用紙1枚ご応募頂けます。毎月5日の発表となります。   2018年12月5日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺 天麺丼本舗のページ -> 庵寺 天麺丼本舗のFacebook ->和食 庵寺 てっぱんのページ ->庵寺うどん&珍むすのページ ...
ランチ

ソイ33/1 「庵寺 天麺丼本舗」の天婦羅定食、天婦羅フォンデュ定食

  フジスーパー1号店のあるスクムビット・ソイ33/1に、和食 庵寺の運営する「庵寺 天麺丼本舗」がオープンしています。 天ぷら、麺類、丼ぶりものがメインのお店です。 お得な天婦羅フォンデュ定食(380B)、天婦羅定食(280B)をご用意しております。天婦羅は話題の米油を使っています。ぜひお試しください。 またお米は最高級新潟米のコシヒカリを使用しています。庵寺自慢の珍むすは、このお米と有明の高級海苔を使用しています。 う どん出汁をベースに魚介油や葱油で仕上げた和風な醤油ラーメン(220B)や海老がぷりぷりの天婦羅うどん(180B)、うなぎとアナゴとイクラの絶品コラボの長寿丼(420B)など、バラエティーに富んだメニューをお楽しみください。   2018年11月5日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺 天麺丼本舗のページ -> 庵寺 天麺丼本舗のFacebook ->和食 庵寺 てっぱんのページ ->庵寺うどん&珍むすのページ ->庵寺 ラマ9店のページ -&g...
ランチセット

ソイ33/1の「庵寺 天麺丼本舗」で オープン記念プロモーション

  フジスーパー1号店のあるスクムビット・ソイ33/1に、和食 庵寺 本店の運営する「庵寺 天麺丼本舗」がオープン。 オープンプロモーションとして、10月10日から31日まで、生ビール、ハイボール、焼酎、酒一合をお得な価格でご提供いたします。 天麺丼本舗では、丼ぶりもの、天ぷら、うどん、珍むすなどを、気軽に楽しめます。 ランチ定食は、天婦羅フォンデュ定食(380B)、天婦羅麺定食(280B)、天婦羅定食(280B)、天丼定食(280B)の4種類があります。ランチタイムは、ワンドリンク・サービスを致しております。 2018年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺 天麺丼本舗のページ -> 庵寺 天麺丼本舗のFacebook ->和食 庵寺 てっぱんのページ ->庵寺うどん&珍むすのページ ->庵寺 ラマ9店のページ ->ダイニング庵寺のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺のページ->うどん、そば ->タイの日本...
ランチ

焼肉食べ放題1人698バーツ!!Jeju 済州はフジスーパー近く

  年末年始に向けて、ぱ~っと食べ放題を!というときは、韓国焼肉の食べ放題「Jeju(済州)」はお勧め。 プレミアムの牛肉(サーロイン、タン、カルビ、アイラウンド、ブリスケット、プルコギ)から豚肉、鶏肉、イカ、エビのBBQ、さらにはチゲ、パジョン、ビビンバ、チャプチュなども合わせて90分、食べ放題で1人何と698バーツはお手頃!この中にはソフトドリンク(コーラ、スプライト、ファンタ、水)、さらにはシンハービールも含まれているので、もうこれだけで、こじんまりした小忘年会にもできる。 韓国料理店で料理を注文すると無料で出てくる小鉢や野菜もあるので、いろんな種類の料理を食べることができます。 昼、夜通しで営業しているので、BTSプロンポン駅周辺のオフィスの人たちの集まりにもよい。 場所はソイ33/1を入ってフジスーパーのソイで、トム&マミーのお弁当屋さんがあるエルシーブティックモールの2階。ちゃんとエアコン付きなので、ぜひ一度行ってみてほしい。 プロモーションの食べ放題は10月中なので急いで下さい! 2018年9月20日 タイ自由ラン...
個室がある日本料理店

居酒屋「庵寺」はバンコクに6店舗展開

  庵寺はアンテナショップを含め現在バンコクに6店舗展開しています。 庵寺本店は、大小個室有、全200席以上ある大型店です。本店には、和室の個室などバリエーションに富んだ個室が充実しています。 ラマ9店も、本店同様、駐車場完備。大小個室有。全107席あるゆったりした空間です。 本店とラマ9店では、和食を中心にメニュー数は450種類。日本直送、新鮮な魚、生本マグロは庵寺ならはです。 エカマイ・ビッグC1階にあるダイニング庵寺では、味もボリュームも満足の定食から、居酒屋のおつまみ、ご飯物まで、家族やカップル、友人同士で、気兼ねなくくつろげます。 フジスーパー2号店の2階にうどんと珍むすのお店がオープンしています。 ソイ33/1の庵寺 天麺丼本舗では丼ぶりもの、天ぷら、うどん、珍むすなどを、気軽に楽しめます。 ラマ9にオープンしている「庵寺てっぱん」は鉄板焼きのお店で100g単位で注文出来ます。(一部除く)   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 ->庵寺 天麺丼本舗のページ -> 庵寺 ...
ランチ

エカマイのダイニング庵寺で冷やしラーメンの食べ放題!

  ダイニング庵寺では、絶品冷やしラーメンの食べ放題を始めました。 制限時間はたっぷり90分。大人240B、小学生180B、幼児は無料です。つけダレは、胡麻タレ、醤油タレ、魚介タレの3種類のタレがあります。 唐揚げ、ポテトサラダ、たこ焼きなどのお摘みセットが付いてきます。※お摘みセットは食べ放題ではありません。 大満足の冷やしラーメンの食べ放題をぜひお楽しみください! ダイニング庵寺では、ご飯おかわり自由の定食も220B~ございます。昼も夜もご注文できます。 場所はエカマイ・ビッグCの1階です。 2017年11月5日 タイ自由ランド掲載 ->ダイニング庵寺のページ -> 庵寺のホームページ -> 庵寺のページ ->タイの日本料理店 ->居酒屋さん クリックすると拡大してご覧いただけます ->焼肉の情報 ->やきとりの情報 ->ダイニング庵寺の情報 ->串かつの情報 ->宴会の個...
タイのニュース

食べ放題の「秋吉」がじわじわ拡大

タイでは日本料理はタイ人の間で定着し、人気の料理の1つだが、料理店がチェーン展開していくと、ある程度のところで、キッチンセンターを設けて集約し、各店にデリバリーするようになる。 日本人にはすき焼きビュッフェでおなじみの「秋吉」は、BTSプラカノン駅前に20年ほど前から営業しており、ここ3年のうちに7店舗を増やし、合わせて8店舗となっている。 タイ人の間ではしゃぶしゃぶのビュッフェとして知られており、両方を味わえるしゃぶしゃぶ&すき焼きビュッフェは470バーツほどでとってもリーズナブルだ。 今年初めには秋吉は6000万バーツをかけてキッチンセンターをプラカノンの同社の敷地内につくり、20店をさばけるキャパシティーという。 リピーターはすでに獲得しているため、新規の顧客を今後は増やしていきたいとしており、タイ人により一層、ブランドの浸透をはかる構え。 今後2~3年のうちに合わせて16店へと拡大していく見通しで、バンコクと主要都市、チェンマイやチョンブリー、コンケンなどで出店を計画している。 2016年9月20日 タイ自由ランド掲載 -...
パタヤの生活情報

人気のジョムティエンの食べ放題は1人399バーツで生きたままのエビ、カニ、シャコが食べ放題

生きたエビ、カニ、そしてシャコがどんどん並べられ、次々に取られていく。簡易のテーブルの上で思い思いに焼く。皿の上は食べたあとの殻でいっぱいだ。 シャコを初めて食べたタイ人も多いかも知れない。エビよりも身がやわらかく食べやすい。甘みもあり、お金を気にしなければどんどん食べてしまいそう。手でちぎるのは難しいので、ちゃんと調理用のナイフまで用意してくれる。主役の座はカニよりもシャコかも知れない。 バンコクから車で1時間半ほどのパタヤ。スクムビット通りをさらに行き、ジョムティエンの交差点。そこに簡易のテーブルが並べられ、「海を見ながら」という食事ではないが、まさにシーフードをガツガツ食べるという感じ。 タイ語のネットでは「パタヤ、ビュッフェ」で検索すると上位に出てきて、若い人を中心に週末などは、予約をしないと席は取れない。 1人399バーツで、生きたままのエビ、カニ、シャコ。さらに変わった形の貝、ホタテ。さらにその場で作ってくれるソムタム。また、子豚の丸焼きも、並ぶ人が出るほどの人気。ドリンクも飲み放題で、ビールも含まれる。時間は2時間の時間制限。 タイ人のテーブルを見ると、食べたあ...