ハンバーグ弁当

商品

「キッチンさいあむ」の和風ハンバーグ弁当

  「キッチンサイアム」でお弁当をオーダーしました。ウェブサイトでメニューを見ながら、和風ハンバーグ弁当190バーツとシュウマイ弁当180バーツ、さらにのりアジフライ弁当180バーツをオーダーしました。 200バーツ台があたりまえの日本食で、100バーツ台主体のお弁当は安いです。その上、ごはん大盛り無料!と載っていました。 1時間ほどで届けてもらえて、和風ハンバーグはごはんとおかずが別途になっていて、みそ汁付きでした。大根おろしも別途に付いていて、細かい部分に行き届いています。 炊きたてのごはんはフワフワで、ハンバーグも結構、大きめなのが2個入っていました。野菜も別途にたっぷり入っていました。 電話は日本人が応対してもらえて、場所の説明もしやすいので、オーダーしやすいと思いました。   2019年6月5日 タイ自由ランド掲載 -> キッチンさいあむのメニュー -> デリバリー、宅配のお弁当トップ6選! -> 厳選 ! お弁当のデリバリー、宅配、配達 -> 宅配、デリバリー ...
料理

「トム&マミー」は炊き込みごはんもおふくろの味

  きざんだごぼうやしいたけが入った炊き込みごはんの弁当がある「トム&マミー」。日本の家庭で食べているままの味で、塩辛さがないのが、やはりおふくろの味。 日本人主婦の間では、この店のファンも多く、オーガニックな素材もできるだけ使っており、からだにやさしいお弁当だ。 さきの炊き込みごはんも、大きなつくね、コロッケ、ひじき、春雨サラダ、煮込みなどが入って230バーツ。 そのほか、白ごはんとおかずのお弁当は200バーツ均一。できるだけ作り置きしないで、その都度、作っているので、とっても新鮮。 冷蔵庫に保存して翌日の昼間に食べても、とっても食べ応えがあるので、ぜひ一度、試してみて下さい。   2018年7月5日 タイ自由ランド掲載 -> トム&マミーのページ -> 弁当の宅配、デリバリー、配達、ハンドキャリー -> デリバリー、宅配、配達、出前一覧 -> 厳選 ! お弁当のデリバリー、宅配、配達 ->トム&マミーの情報 -&...
ランチ

「オレンジハウス」は単身者にうれしい定食中心

  スクムビットのソイ39のど真ん中にある「オレンジハウス」は漫画喫茶だけど、各種定食が揃っていて、ごはんだけの利用も可能だから、日本人のビジネスマンなども多く利用しています。まんがを読まない場合は、定食のみの料金!どれも200バーツ前後です。 朝9時半から開いていて、夜9時15分まで各種定食がオーダーできるので、遅い朝食にもよいですね。すべてのおかずは、冷凍食品を一切使っていない手作りメニュー、とうたっているので、プライドを感じます。 この店はお弁当のデリバリーもやっていて、店内で食べられるメニューも同じだけど、詰まった弁当として食べるのとは少し違います。 ジャンボハンバーグ定食も、大きなハンバーグがデンとのっていて、付け合わせも目玉焼き、サラダ、キャベツ。そして何といっても大きなおひつのようなものに入ったごはんの量がうれしい。 ごはんの炊き方、おかずの味付けも申し分なく、店の中で食べる定食はクオリティーが高い!幕の内弁当もそのボリュームに大満足です。 女性1人でも入りやすく、ただ小さなお子さん連れだと、店内が静かだから、ちょっと気...
ランチ

「オレンジハウス」は食事もできる漫画喫茶

  スクムビット・ソイ39のど真ん中にあるまんが喫茶「オレンジハウス」。まんが喫茶といえども、マンガがぎっしりと置いてある部屋と、食事をするスペースはきっちり分かれていて、食事スペースは、とても明るくて清潔。食事のみの利用もOKなので、ランチタイムや夕食も奥様やビジネスマンで混み合っています。テラス席は、たばこもOK。車で来た場合は、店の前にある駐車スペースを利用することができます。 食事は各種定食が揃っており、どれも一から手作りしたもので、家庭的でほっとする味付けです。別途、消費税やサービス料はつきません。 食事のみの利用もOKですが、週刊誌、サンデー、マガジン、ジャンプなどの少年マンガ、女性のファッション誌なども、最新号を置いてあるので、マンガ使用料も払って、読書しながら食事をする人が大半です。会員の人は1時間60バーツ、会員になれば1時間30バーツ~で、店内の雑誌やマンガが読めます。日本の懐かしいマンガもたくさん置いてありますので、そちらもどうぞ。 2018年5月20日 タイ自由ランド掲載 -> オレンジハウスのホームページ -&...
料理

「トム&マミー」の関西風ちらし寿司弁当

  お弁当屋さんの店頭販売をしているのが「トム&マミー」。BTSプロンポン駅前のソイ33/1を入ってすぐのエルシーモールの奥で店を開いており、手作りお弁当の販売を行っている。 1つ200バーツのお弁当が中心だが、ちらし寿司弁当は230バーツで、ちらしはエビが載った豪華版で、酢飯に細かくきざまれた、紅しょうがやレンコン、しいたけ、にんじん、こんにゃくなどが入っており、玉子、のりが載っており、まさに関西で食べる「ちらし」のまま。 まさに日本のおふくろの味を再現しているのがこの店の特徴で、ひじきやきんぴらなどのお惣菜も販売している。 結構、日本人主婦のファンが多くて、昼前に買っていったり、あるいは夕方の食事のために買っていく人もいる。 また、男性単身者の晩ごはんにもぴったりのボリュームだ。   2018年5月20日 タイ自由ランド掲載 -> トム&マミーのページ -> 弁当の宅配、デリバリー、配達、ハンドキャリー ->トム&マミーの情報 -&...
料理

お弁当の「トム&マミー」は家庭そのままの味が自慢

  「トム&マミー」はフジスーパー1号店へ行くスクムビット・ソイ33/1を入って、エルシーモールという店舗群の一番奥にあるお弁当屋さん。 商社をタイで定年退職されて、一念発起、奥さんといっしょに起業された日本人オーナーで、奥さんは日本で飲食店舗の経験をされているので、味付け等はプロの味です。 塩しゃけ弁当やハンバーグ弁当などどれも200バーツ均一で、またチラシ弁当230バーツなどもあり、今回はそのチラシを買ってみました。 パラパラと玉子がかかった下はたき込みごはんで、レンコンやしいたけなど、味は絶妙ですね。モットーは健康によい素材を使って、栄養のバランスを考えたメニューというので、日本人主婦や子どもたちにも安心の味です。 おかずはハンバーグのようですが、食べてみると大き目のつくねです。そのほか、ひじき、煮込み等が入っていて、ひじきも味はまさに日本の家庭で食べているそのままの味。外食では、少し塩辛くしたりしますが、そういうのは一切なし。他の弁当屋さんの味とはひと味違った、ていねいに1つ1つつくられたものです。 量的にはチラシは女性にちょ...
ランチ

まんが喫茶「オレンジハウス」で、ワンピース86巻入荷

  日本の新しい漫画も続々入荷しているまんが喫茶「オレンジハウス」。 日本で最も売れている「ワンピース」の最新刊、86巻も入荷しています。また、ドラマにもなった「僕たちがやりました」の原作漫画も3巻まで入荷しています。 オレンジハウスはスクムビット・ソイ39にある老舗のまんが喫茶で、読書だけでも、食事だけでも利用できます。 ランチタイムや夕食も奥様やビジネスマンで混み合っています。テラス席は、たばこもOK。車で来た場合は、店の前に駐車も可能です。 2017年10月20日 タイ自由ランド掲載 -> オレンジハウスのホームページ -> 宅配-デリバリー-配達 ->オレンジハウスの情報 ->弁当デリバリーの情報 ->弁当宅配の情報
料理

ハンバーグ弁当がいち押し、ソイ33/1の「トム&マミー」

長年、タイで駐在員をしていた人が定年後、開店したのがお弁当屋さん「トム&マミー」。商社勤務だった駐在員とはまったく違う分野での挑戦となったが、地道に顧客を増やしており、日本人の主婦のほか、単身の駐在員やロングステイしている高齢者など、日本人が買いに来る。 場所はフジ・スーパーのあるスクムビット・ソイ33/1を入って、70mほど行った右手のエルシーモールという店舗が集まった一画の1階奥で、作りたてを11時から20時ごろまで販売しており、日本の家庭の味のままを食べられると好評だ。 日本でお弁当屋さんの経験のある奥さんだから、味付けなどは完ぺきだ。例えば、一番人気のハンバーグ弁当は、おはしで切れるやわらかハンバーグがメインで、そこにかかっているデミグラスソースも、手作りでありながら、レストランで食べるクオリティーと同じもの。「なるほど!」と、この味なら一番人気もわかる。添え付けのひじきもきんぴらも春雨サラダも基本に忠実な味、やさしいおふくろの味!という感じだ。 そのほか、カボチャの煮付けやポテト、たくあんなどが入っており、満足いく一品だ。 お惣...