【すずき不動産の新規コンドミニアム】ヴィットリオ・スクムビット39 最上級物件が売りに出てきました

【すずき不動産の新規コンドミニアム】ヴィットリオ・スクムビット39 最上級物件が売りに出てきました

ヴィットリオ・スクムビット39の寝室からの眺望
ヴィットリオ・スクムビット39の寝室からの眺望

ヴィットリオ・スクムビット39の地図

デベロッパー最大手APグループの手がけた、最上級クラスが売りに出てきました。階層は28階と極端な高層ではありませんが、全戸数88戸は階数の割に少ないと感じてしまいます。

ワンフロアに多くて4戸までしかなく、すべて隣の部屋と接しないレイアウトになっています。また、エレベーターも専用エレベーターで、自身の階がそのまま玄関となり、他の方が押せないようになっています。駐車場との対比が戸数より駐車スペースが多く161%となっています。あまり気にされない方も多いので、興味はないかもしれませんが、通常は駐車スペースが60%くらいのところが多く、それからするとかなり多く取られていることがわかります。お部屋としては100平米、2ベッドからのご提供で、広さの頃合いは申し分ないと言えます。

共有部は28階最上階にフィットネスジムと社交クラブが設けられ、夜は限定された交流が行われているのでしょう。27階にローマ浴場(テルマエ)をイメージした、7のセクションに分けたプールが設けられています。いろんな形の打たせ湯や歩行に限定された専用通路など、日本の健康ランド的な要素が取り入れられています。ここまでのものはほかで見ることはなく、初めての試みではないでしょうか。随所にタイの芸術家が手がけた絵画や彫刻があり、よりこの物件の重厚感を引き上げています。立地も日本人が多く住んでいるエリアの一等地。駅まで徒歩3分、駅を使われる方は少ないかもしれませんが、駅直結の高級デパートは間違いなくご利用されるでしょう。すべてのものがそこで揃います。住むのにこれほど便利なところはございません。

今回ご紹介のお部屋は、2ベッドでも広めのサイズ136平米が出てきました。高層階で眺望も東向きで開け、リビングのスライドガラスも大きく、ベランダの手すりも全面ガラスで、ソファーに座ったまま眺望を楽しめるようになっています。オープンキッチンで作業面も広く、メイドが調理するだけではなく、入居者も調理を想定されたのが一昔と違ってきました。寝室も贅沢に全面ガラスで、そこまで明るくする必要があるかと思いますが、きっちり造りこまれているということです。さて誰がお住みになられますか。

下の広告を参照で。

物件のリンク

 

ホームページリンク

 

LINEのリンク

 

2021年8月20日 タイ自由ランド掲載