高齢者社会

ロングステイビザ

ビザ取得で医療保険の加入義務、60歳なら3万バーツの出費に

タイの入国管理局などによると、リタイアメントビザ(ロングステイビザ)をタイで取得する人、あるいは1年更新をしている人に対して、医療保険の加入義務を10月31日より施行するとしています。 タイで50歳以上で、80万バーツ以上の預金をしている外国人が取得できる1年ビザですが、医療保険では1年間で外来4万バーツ、入院40万円相当の保険をかける必要があり、掛け金は60歳ほどの人で3万バーツほどになるといいます。 海外保険などでかけてきたものではなく、ちゃんとタイ国内で加入したもので、その保険会社はlongstay.tgia.orgで13社を紹介しています。 ただ、タイでは75歳以上の人は医療保険に新規で入れないなどの制約があるため、そのあたりの法改正等が必要と思われます。 なお、医療保険の日本語での問い合わせは、下の広告参照で。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 -> AIAのホームページ ->タイ自由ランドのホームページ -> ビザ取得に加入の義務のある保険会社一覧 -&...
2019.10.19
ロングステイビザ

医療保険の加入義務化!

在タイ日本人向けに医療保険を取り扱っている「パシフィッククロス社」では、新たにリタイヤメントビザ適格医療保険の取り扱いを開始いたしました。 医療保険の加入が10月31日より義務化されており、リタイヤメントビザとロングステイビザ取得に必要となる法定医療保険です。病気やケガなどで医療機関にかかった際に治療費が払えないという事態をなくすための新たな制度で、入院費や治療費を保険でカバーしてもらうというものです。 リタイヤメントビザ保険の申し込みについては、自己申告書が必要となります。まず、新規加入時に64歳以下の場合は健康診断無審査(40歳以上女性は乳癌エコー検診だけ必要)です。駆け込み保険加入防止のため待機期間は30日間です。55歳以上は前立腺、白内障2年、65歳~69歳は前立腺、白内障3年の待期期間。70歳以上は前立腺、白内障は対象外です。 自主的に健康診断をしておくと結果次第で待機期間を短縮できることもあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 また、日本人若年層向けの共済医療保険も取り扱っており、プランとしては、入院、手術などの高額治療費に対しいてのみ保険の...
2019.10.20
ロングステイビザ

ロングステイビザのO-Aで医療保険が義務化

 在タイ日本人向けに医療保険を取り扱っている「パシフィッククロス社」では、新たにリタイヤメントビザ適格医療保険の取り扱いを開始いたしました。  この10月31日より、日本などでリタイヤメントビザ(ロングステイビザ)O-Aを取得する人に医療保険の加入義務が発生しています。それに適合する保険です。 また、高齢者向けの保険では、74才までに加入すると、99才まで継続更新できるコースもあります。ただし、重篤な既往症などなある人は加入できないこともあります。 病気やケガなどで医療機関にかかった際に治療費が払えないという事態をなくすための新たな制度で、入院費や治療費を保険でカバーしてもらうというものです。 ほかには、働く若い日本人向けの共済医療保険もあり、安い掛け金で加入できて、高額医療を受ける際にカバーしてもらえます。加入できる年齢は、男性45才まで、女性35才までとなっています。継続更新は65才までとなります。 さらに生後15日目から加入できる子供医療保険も取り扱っています。赤ちゃんが単独で加入できる保険です。お問い合わせは日本人担当者の秋山までお気軽にど...
2019.11.07
高齢者社会

高齢者向け住まい建設へ、タマサート大学がバンラムンで

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タマサート大学がバンラムンで、高齢者向け住まい建設へについての記事を紹介しています。
2019.04.20
高齢者社会

日本料理店「大の樹」で、高齢者になってからかかるコストについてお話を伺います

お待たせしました。 日本料理店「大の樹」の、第17回「100年 人生を愉しむ会」は、高齢者になってから かかるコスト、について日本の第一人者で ある齋藤直路氏にご登壇していただくこと に致しました。またそのために今タイで できることについて情報提供できればと 思います。 参加費無料で、ご飲食代のみお願いしたいと存じます。 ご予約をお願いいたします。 - ****************** 和食処 大の樹  電話     089-815-4689  02-185-3946 ******************
高齢者社会

病院グループが高齢者施設、人口の20%に向けブームへ

  2023年には高齢者が1360万人、全人口の20.6%となるタイで、病院グループなどによる、医療を伴う高齢者のためのコンドミニアムなどの構想があちこちで起きている。 トンブリー・ヘルスケア・グループでは、ランシットに所有する140ライで高齢者のためのコンドミニアムを計画しており、「10年のちは4万人の受入れが可能」な施設になるという。当初は7階建てで1380ユニット、40㎡は400万バーツ、60㎡は600万バーツで、すでに販売しており、問い合わせなどで100件以上になるという。 すでに高齢者である人が住むケースが40%、将来に備えて買っておきたいという人が60%で、多いケースでは、女性で45~55歳ぐらい、給料は5~10万バーツで結婚していない人。1ヵ月に3万バーツほどのローンが払える人となるため、ある程度の身分の人ともいえる。 そのほか、バンコクチェーン・ホスピタルなどもタイ人向け、外国人向けの施設を計画しており、またウィパワディー病院もチェンマイに所有する2000ライで高齢者向けコンプレックスを計画しており、コンドミニアム、一軒家、ショッピングセ...
高齢者社会

チョンブリー県サンスク市における 高齢者健康増進のための機材整備へ支援

  日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「チョンブリー県サンスク市における高齢者健康増進のための機材整備計画」にかかる総額905,000バーツの支援を決定しました。 平成30年2月5日、在タイ日本国大使館において署名式が実施され、佐渡島志郎大使とサンスク市行政機構のナロンチャイ・クンプルーム市長、および関係者が出席しました。 本計画の支援対象地であるチョンブリー県サンスク市は60歳以上の高齢者の割合が15%となっています。近年は社会環境の変化から、日中ひとりで在宅しなければならない独居老人や高齢者世帯が増加しており、これらに対するサービスの拡充が重要となっています。 サンスク市行政機構では高齢者支援として各地域でアクティビティ活動を実施していますが、固定の実施場所と移動手段がないので、多くの高齢者が活動に参加できず十分に支援が行き届いていません。 同市行政機構はこの現状を改善するため、高齢者が日中集まり、健康活動やリハビリテーションなどを行える場所を提供するためのデイケアセンター開設を目指しています。デイケアセンターが開設されることで、元...
高齢者社会

日本政府が要介護高齢者のための送迎車両を支援

  日本政府は、草の根・人間の安全保障無償資金協力により「ノンタブリ県における要援護高齢者等のための送迎車輌整備計画」にかかる総額 2,317,700バーツの支援をしました。 平成30年1月23日、本計画の引渡し式典が行われました。 本計画の支援対象であるバーンシートーン町行政機構はタイ中部ノンタブリ県において1997年に設立されました。対象地域はバーンシートーン町5村で人口は10,447人です。このうち、60歳以上の高齢者は2,220人で、全体の21.2%を占めており、同地の高齢化が急速に進行しています。これを受け、2004年以来、同行政機構は高齢者や障害者等を対象としたデイケアと訪問介護の高齢者支援事業を展開してきました。 デイケアは利用者がセンターへ通所しなければならないため、同行政機構は利用者の送迎サービスを実施していますが、団体所有の送迎車輌は通常型ワゴンで、段差が高く、手すり等の補助がありませんでした。そのため、同車輌は利用者にとって、不自由かつ転倒等の事故発生のリスクが高いものでした。また、車椅子使用者や障害者等は身体の状態により、乗車が困...
2018.02.22
高齢者社会

中国の存在感が増し、急速に移り変わるタイ・バンコク

  タイでは今年、11月に総選挙を行うと、現在の暫定政権のプラユット首相が発表しており、その時に民政に移るのか注目される。外部的には「軍事政権」のもとで、タイでは軍事の管理下に置かれている、と見られるが、実際にタイ人やタイに居る我々、日本人はどのように感じているだろうか。 タイ語の名称では「国家平静維持評議会」とも訳され、プラユット首相のもと、会話を重視し、秩序を持った政治を行っており、以前の政党間での闘いが続いていたことを考えれば、タイは平静が保たれているという点で評価されるだろう。 政党でよく起こっていた個人の利益の構築などは見られず、これはプラユット首相の規律によるものが大きいだろう。毎週、金曜日の夜には一斉にタイのチャンネルで、プラユット首相がみずから、これからタイ政府が行うこと、タイはどのような未来になるのか、地方の貧困をどのように改善するのかなど、を述べ、こういう点において非常に民主的に事を運んでいるように見える。 インフラ等に関しては、中国の技術による高速鉄道がようやく建設開始となり、ナコンラチャシーマー~バンコクがまず着工となる。そのほか...
2018.01.26
高齢者社会

タイから日本の家族の生活を見守る

  海外に赴任・永住している家族が、日本に残された家族の生活ぶりを、主要家電の利用状況からアプリで緩やかに見守ることができる東京電力エナジーパートナー社が運営するTEPCOスマートホームのサービス「遠くても安心プラン」 このサービスは元ソニー社員が立ち上げたインフィメティス株式会社が持つ家電分離推定技術を東京電力に提供し、東京電力エナジーパートナーが販売。日本に住む家族は最初の施工訪問だけで、煩わしい端末の操作や充電などの行為は全く不要で、普通通りの生活を送ればよい。海外に住んでいる家族は「普段通りに食事をしているかな、掃除洗濯できているかな」などをメールとウェブ画面で簡単に確認が可能。平時とは異なる家電の使い方をした場合や、猛暑の日にエアコンを利用されていない場合などに確認を促すアラートメールを送信する機能もあり、どうしても心配になったら訪問確認してもらえる。サービス対象地域は沖縄と離島を除く日本全国で、東京電力との電気契約は必要ない。 また11月8日より「遠くても安心プラン」に、アマゾンが開発した音声認識技術「アマゾン・アレクサ...
高齢者社会

経験豊富なスタッフが24時間体制の日本人向け高齢者介護センター「ウェックガーデン・ラップラオ」

高齢者介護センター「ウェックガーデン・ラップラオ」はバンコクにありながら、静かな環境と広い敷地が特徴です。敷地内では日本人施設長が無農薬での野菜、ハーブを丹精込めて栽培しており、「医食同源」、「身土不二」を心がけ、タイで採れる新鮮な野菜を入居者に提供しています。 施設内では機能回復訓練も定期的に行っています。6月から入居された方は入居前よりかなり機能(左足、左手)が回復したとの御家族から喜びの声が寄せられています。 また、毎週日曜日は施設見学の方、入居者の御家族が来所して賑やかな一日となっています。屋外にもイスとテーブルを配置して、朝の涼しい時間帯はそこで朝食をいただくこともできます。庭には小鳥がはべり、さながら別荘地のような雰囲気でのんびりと過ごしていただいております。 日本の本社で研修経験のあるタイ人スタッフや経験豊富なスタッフが24時間体制で常駐しており、また、本社から定期的に介護福祉士や機能訓練士が来タイして、タイ人スタッフの技能向上に努めております。 日本人スタッフが24時間常駐しているので、言葉の心配もなく、入居者の御要望や御相談...
2017.10.06
高齢者社会

オープンして3ヵ月の日本人向け高齢者介護施設「ウエック・ガーデン・ラップラオ」

  6月にオープンした高齢者介護施設、「ウエック・ガーデン・ラップラオ」では、すでに4人の方が入居しました。 ペンション風の洒落た建物に広い庭があり、静かな生活環境等が入居者に好評です。すでに毎週日曜日には多数の見学者が訪れています。 経験豊富な介護士が日本本社からの指導を受けて、きめの細かいサービスを心掛けています。「入居者の笑顔がスタッフの励みです」と施設長(大城)が言明するようにスタッフは常に笑顔を絶やさずに入居者に接しています。 1階のVIPルームは短期(1日、1週間、1ヵ月)での利用も可能です。 また、月に1度は地域の高齢者を施設へお招きして、ゲームやカラオケ、食事など、楽しい時間を過ごしていただいております。 毎月の利用料金には食事、清掃、洗濯、衣類の整頓などの生活支援サービスが含まれています。 別途有料サービスとして、買い物同行、通院や役所の手続きなどのほか、外出同行(2時間、半日、1日、旅行など)サービスもあり、不自由なくお過ごしいただけます。 2017年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->ウエル...
2017.09.21
高齢者社会

日本式のきめ細かいサービス高齢者介護施設『WECC Garden Latphrao』をオープン

  介護事業で10年の実績を持つ「ウエルシスパートナーズ(本社仙台市)」が6月にバンコクで高齢者介護施設をオープンいたしました。施設名は『WECC Garden Latphrao』。ラップラオ通りソイ102の閑静な住宅街にある一軒家を介護施設として改装し、オープンしています。 日本式のきめの細かいサービス、快適な生活環境、リーズナブルな価格で入居者のお世話を致します。VIPルームにはタイでは珍しい日本のメーカー(プラッツ)の電動ベッドを設置してあります。 施設名WECCの意味はW…welfar福祉、E…easy 安心、C…Community 繋がり、C…choice 選択。 日本の本社で研修経験のあるタイ人スタッフや経験豊富なスタッフが24時間体制で御奉仕致します。 また、本社から定期的に介護福祉士や機能訓練士が来タイして、タイ人スタッフの技能向上に努めております。 日本人スタッフが24時間常駐しており、入居者の御要望や御相談に対応しております。 WECC Garden Latphraoでは、日本人の入居者を募集しています。...
高齢者社会

高齢者向けサービスが着々と

  タイでも高齢化社会を目前にして、各病院などでも高齢者向けのサービスを整備しているが、整形手術では日本でも有名なヤンヒー病院では、「ヤンヒー高齢者センター」を1000万バーツをかけ設立し、24時間体制での受け入れを今年初めから開始している。 個室と相部屋があり、合わせて60ベッド。介護付きにも対応しており、将来的には400ベッドに増やしたいとしている。 高齢者向けのサービスにより、1年で2000万バーツの収入増を見込んでいる。 タイでは、以前から高齢者を家族で見るのが普通だったが、核家族化や都市化の中で、バンコクでは高齢者のみで暮らす家庭も増え、社会で高齢者を支える体制が急務になっている。2014年には60歳以上の高齢者は人口の14.9%で、約1000万人だったが、2021年には20%へと増加すると見積もられている。   2017年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
高齢者社会

介護施設がオープン!日本人スタッフも常駐で個室あり

  日本人でタイで介護を受けたい人に朗報! バンコク・ウェック・ガーデン・ラプラオは、バンコクに居ながら介護を受けられるサービス付き高齢者向け住宅です。 24時間365日スタッフが常駐し、日本人スタッフも常駐しているので安心です。食事は経験豊富な調理師により提供しています。 利用料金は1階の個室が35500バーツ、2階の個室が28500バーツ、3人部屋は23500バーツ、4人部屋は18500バーツとなっており、安否確認サービス(日中1回以上)、生活相談サービス、24時間365日スタッフ常駐、食事サービス、清掃、洗濯、衣類の整とんなどのサービスがあります。 そのほか、有料サービスとして、買い物代行や通院、役所手続き、外出同行サービスなどもあります。 運営するのは、すでに日本で介護事業10年の実績のあるウェルシスパートナーズ、(本社仙台市)で、この6月にタイのバンコクで高齢者介護施設をオープンしました。 日本の本社で研修経験のあるタイ人スタッフや経験豊富なスタッフが24時間体制で御奉仕致します。 また、本社から定期的に...
高齢者社会

日本の介護大手リエイが、タイで初の日本型有料老人ホーム「リエイ・ナーシング・ホーム」

  大手介護事業者であるリエイが昨年、バンコクに開設した有料老人ホーム「リエイ・ナーシング・ホーム」は、タイでは初となる日本の介護業者による本格的な施設です。 オープンから1年半が経った同ホームを訪れ話を聞きました。案内してくれたのは立ち上げから関わっている満屋智樹さんと、来月より満屋さんから引継ぎ日本人責任者となる木本亮さん。 場所はバンコクの中心部から離れたラップラオ通りソイ101/3で、最初、中心部のスクムビットやサトーンでも、施設の候補地を探したそうですが、亡くなる方がいると、土地にピー(霊)がつくという迷信で断る地主が多く、最終的に提携先でもあり緊急時にも便利なウェッタニー病院(VEJTHANI)の近くでの開設になったそうです。 入居者はタイ人が対象で、利用料金は月6万バーツ。金額的にもタイの富裕層向きで、口コミや病院の紹介でくる人がほとんどです。 6階建てのビル全体が施設になっており、1階がロビー、オフィス、厨房、2階が共有スペースとシャワールーム、そして3~6階の各階に個室が5部屋ずつあり、現在タイ人5名が入居しています。 ...
2017.08.15
高齢者社会

日本で定年後タイでボランティア、教員生活の知識生かし学校や孤児院で活動

  定年退職後はタイでボランティアに奮闘! 以前、本紙で、定年退職後にチェンライで自費でボランティア活動を行う日本人女性、野村さんを紹介しましたが、今回紹介するのは藤原孝太郎さん(61歳)です。 藤原さんは、日本では障害のある子どもたちが通う特別支援学校に勤務。校長先生も務め、60歳の定年退職を期に、交流のあったロッブリーの学校やノンタブリーの孤児院など、何度も訪れていたタイで、本格的にボランティア活動を始めることにしました。 活動内容は主に、NGOスタッフと一緒にタイの地方の障害ある子どもが学ぶ学校や特殊教育センターを訪れ、バリアフリーな環境作りを一緒に考えたり、子どもたちに車椅子を寄付したりと、手足の不自由な人が少しでも快適な生活を送れるように、日本の教員生活で得た知識をいかした活動を行っています。活動を行ううちに、人脈がどんどん広がっていき、今ではタイの学校や障害者のセミナーに招かれたり、そこで講演を頼まれることもあるといいます。 最近ではコンケーン大学で講演をしたそうで、大学周辺は、高層ビルやホテルなどもあり、日本でいう『つくば』のような立...
2017.08.15
高齢者社会

子どもを増やす政策が必要

今、タイは、日本がたどってきたような、高齢化社会、少子化、労働力不足の問題に近い将来、直面することになるが、関係当局によると、今後は子どもを増やす政策が必要としており、例えば、所得税の控除が、子ども1人に対して3万バーツである現状を、将来的に6万バーツにするなど、若い人が子どもを産む環境を整える必要があるとしている。 ただ、バンコクでは、持ち家となるコンドミニアムの価格が上がっており、新築の27㎡の部屋を、共働きの若い夫婦が買ったとしても、270万バーツのローンを30年かけて返し、子どもはほしいが、子ども部屋がなく、我慢せざるを得ないなどの状況がある。 2017年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2017.06.16
高齢者社会

13年後はタイ人高齢者が4人に1人

8年のちの2025年には60歳以上の高齢者が21.2%となり、そして13年後の2030年には25.2%と、4人に1人が60歳以上となるタイ。 そのため、東南アジアにおける高齢者のメディカル・ハブを目ざし、医療関連でも様々なアプローチが始まっており、タイ政府の後押しも受けている。 その中で、3つに大きく分け、医師、医療機器、薬についての充実を目ざしていく。 まず、医師では、高齢化社会を迎えるにあたり、「医者不足が深刻になる」といわれており、外国人の医師をタイへ、という流れになってくるという。その場合、タイでの許可が必要となるため、資格等の条件をどうするのかなど、タイ保健省で検討されている。 また、医療機器については、輸入に頼っている部分も大きく、現在輸入している500億バーツ市場のものを、タイ国内で製造できれば、費用は半分で済む、としており、BOIの恩典等を付与して、企業への国内製造を促していくとしている。 そのほか、薬では、世界的な薬品メーカーを誘致するため、こちらもBOIの恩典を付与するとしており、法人税8年の免税などで、大手薬...
2017.05.27