売れ残るコンドミニアム今年末までに6万ユニットも


売れ残るコンドミニアム今年末までに6万ユニットも

タイのアーカーソンクロ銀行の不動産情報センターによると、バンコクで売り出されたコンドミニアムが多く売れ残っており、今年末までには63683ユニットにのぼるとしている。

タイの景気減速、中国人の買い控え、そしてタイ人の住宅ローンの審査が厳しくなっており、新規に販売しても売れ残りが顕著になっている。

バンコクやその近郊で最も売れ残っているのは、ホワイクワン、チャトチャク、ディンデーンの地区で8752ユニットにのぼり、合計では382億バーツほどとなる。

続いて、日本人が多く住むスクムビットも販売件数が多いため売れ残りが目立ち、6436ユニット、金額は655億バーツとなっている。

そのほか、郊外のノンタブリーやトンブリー、ラムルーカーなどの物件も売れ残りが多い。

一方、郊外などでの建売住宅、タウンハウスなど土地付きの物件については、84000軒以上が売れ残っており、最も売れ残りが多いのが、パープルラインの終着駅近辺のバンヤイ、バンブアトーンなどで15008軒、金額は656億バーツにのぼり、続いてラムルーカー、バンプリー、サムットプラカーン、ミンブリーなど郊外での物件で売れ残っている。

その多くがタウンハウスといわれる、長屋風の造りとなったもので、一戸当たり200~300万バーツ台の物件が多い。

2019年11月5日 タイ自由ランド掲載