社会保険

健康、病気

社会保険の上限を給料2万バーツで1,000バーツ負担へ

  タイで働いている人などが加入している社会保険については、来年初めには、徴収額が引き上げられることになりそうだ。 社会保険事務所によると、現在、給料が15000バーツ以上の人は一律5%の750バーツが本人負担、同じく5%が会社負担で毎月、同事務所に収めているが、これが、給料20000バーツ以上の人に引き上げられ、それ以上の人は5%の1000バーツを負担、会社負担も1000バーツになる見通しだ。 早急に内閣にはかり、来年初めから実施するとしている。 同事務所によると、15000バーツ以上一律はすでに20年以上前に設定されたもので、物価上昇が著しい現在の社会情勢に見合っていないという。 また、社会保険の加入者が受けられる恩恵についても、例えば、2万バーツの給料の人なら、失業手当は以前、7500バーツだったが、今は10000バーツをもらえる。また、妊娠、出産では、以前は90日分で22500バーツだったが、今では30000バーツが支給されるとしており、加入者にとって受けられる恩恵が増えているため、それに見合う徴収が必要、というものだ。 なお...