2020-07-14

ロングステイビザ

BTSの新駅を使いイミグレーションまでドーンと近く!タクシーで12分

BTSのグリーンラインがワット・プラシーマハータート駅まで伸びたということで、実際に利用してみました。 6月3日にオープニングと聞いていて、6月4日の朝からちょうど、イミグレーション(入国管理局)にビザの更新に行くのに、 BTSを使ってみました。 プロンポン駅を7時40分に出発し、電車内はそれほど混んでおらず、それでも人がひっつかないあたりに混んでいました。 アナウンスでは、英語の方は男性のネイティブの人のテープのようでしたが、必ず電車内ではマスクをするように、というところは、ネイティブの男性が警告すると、もし違反していたら「聞いていない」じゃ済まないよ、という感じですね。 また、電車内ではタイ人が電話で話していましたが、飛沫が飛ぶということで、中国でも電車内での電話は禁止、などとありましたが、タイでは日本人や中国人のように、ツバを吐くように話すことはあまりないですね。 タイ語は口の中で声を出すことばが多くて、例えば行くのパイも、パッイではなく、息をはかないパイですね。帰るのクラップも、クッラップではなく、息をはかないクラップですね。そういう意味で...