新築コンドミニアムの販売 不動産 ニュース EEC コンドミニアム売買 バンコクの開発 CPグループ タイのニュース バンコクの開発 新規コンドミニアム

CPがバンナーで開発、来年初めにコンドミニアム販売開始

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-3

都心では複合開発のONE BANGKOKなどが始動し、数年後の完成に向け動き出しているが、郊外のバンナー周辺は、EEC(東部経済回廊)が打ち出されてから、スワンナプーム空港に近い好立地として注目されている場所だが、CPグループ系のマグノリア・クオリティー社が発表していた「ザ・フォレスティア」がこの6月より動き出すことになった。

バンナートラート通り5~7km地点の300ライを開発する計画で、事業費は900億バーツにのぼる複合(ミクスドユース)という形で、豪華な一軒家、コンドミニアム、五ツ星ホテル、高齢者住宅、商業施設、オフィス棟などが建設される予定で、ターゲットとしては、都心に行かなくてもよい人の住まい、高齢者がいる家族向けの住まい、自然を好む人の住まいやオフィスなどとなっており、ハイクラスな人向けとなっている。

この6月末には高齢者の住まいやホテルなどのチェーンとしてカナダの事業者とサインを交わし、来年初めにはコンドミニアムなどの販売を開始するとしており、完成は2021年中を目ざしている。

 

2018年7月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

 


 

>新築コンドミニアムの情報

->新規コンドミニアムの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-新築コンドミニアムの販売, 不動産, ニュース, EEC, コンドミニアム売買, バンコクの開発, CPグループ, タイのニュース, バンコクの開発, 新規コンドミニアム
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.