ニュース タイのニュース

撤収で売り場のない店主のため、屋台の場所を確保へ

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

撤収で売り場のない店主のため、屋台の場所を確保へ

通りでの屋台営業やソイの中でも屋台営業が制限され、バンコク都による撤収が進んでいるが、これは、街をきれいにすること、庶民の歩行を確保すること、交通渋滞のさまたげにならないようにすること、などを理由に屋台撤去が進んでいる。

しかし、売り場をなくした屋台主等は、代替地を与えられても、十分に人が集まらないなど、不便な場所も多く、そのため、バンコク都では今後、飲食屋台の場所を徐々に見つけ、登録制により開放していくとしている。

まず、4ヵ所で、屋台営業が許可され、パトムワン技術学校の近くのロータスの周辺1000㎡で84業者の営業を許可し、また、ルンピニ公園の駐車場500㎡で72業者の営業を許可、さらにチャオプラヤー病院横のソイ700㎡で48業者の営業を許可するなどしている。

これらを希望する屋台主は各区に登録し、営業できるとしており、賃貸料などはなく、無料で開設される。

ただし、飲食の屋台に限られ、時間も各区が指定する時間のみとなる。

さらにこの9~10月にはバンコク都内で10ヵ所ほどを屋台主に提供できるよう、場所を確保するとしている。

 

2017年10月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 

 


 

 

->タイのニュースの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, タイのニュース
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.