ロングステイビザ リタイヤメントビザ 年金ビザ 高齢者ビザ 滞在ビザ ビザ、滞在ビザ

ロングステイビザの最初は3カ月でのち更新1年

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングステイビザの最初は3カ月、更新1年

日本の超高齢化社会にともなって、タイで定年後にロングステイする日本人も結構、います。温暖な気候のため、冬の間は日本を離れてタイに来る人や、年金をもらえるまでは物価の安いタイで過ごす人、あるいはタイで働いていてそのまま定年を迎え、勝手のわかるタイでそのまま過ごす人などさまざまです。

タイで過ごすことに関してまず考えることはその生活費でしょう。食事代などは結構、安いため、住居の値段によってその費用は大きく変わってきます。例えばスクムビットで1ベッドに住みたいとなれば1ヵ月2万~3万バーツ以上はかかります。住まいを切り詰めてと、スクムビットから離れて戦勝記念塔のあたりで1ベッドの住まいを探せば1ヵ月6千~8千バーツほどの部屋があります。ここですでに6~7万円の差がつくことになります。

住まいに関してはまた次回以降に書くとして、生活費の次に考えることといえば、タイ滞在のビザの問題でしょう。旅行でタイに入国する場合は30日のビザが自動的にもらえますが、それでロングステイをすることはできない。そのほかに、ツーリストビザを他国で取ってタイに入れば2ヵ月+1ヵ月で合わせて3ヵ月の滞在ができる。しかし、3ヵ月たてばまたどこかの国に出てツーリストビザを取らなければならない。腰を落ち着けて1年ほどのプランを持って過ごしたいとなれば、50歳以上の外国人に出しているリタイヤメントビザの取得ということになります。

資格は①50歳以上であること ②80万バーツ以上を外国からタイに送金して、その送金書があること、あるいは80万バーツ相当以上の年金を日本でもらっている証明を持っていること。この①と②にあてはまれば、タイで1年目は1年3ヵ月のビザが出て、2年目からは1年のビザが取れます。これがいわゆるロングステイのビザ(Oビザ)ということになります。

タイ政府は、外国人に外貨を持ってきてもらいたいわけで、外国からの送金によってタイ国にお金が入ります。それをタイ政府は推奨しているわけで、ですから日本からタイに80万バーツ相当を送金する、ということで、タイにお金が入ることが重要なわけです。「タイに自分でお金を持ってきていて、すでにタイの口座にお金がある」という場合は、普通にビザ取得の窓口に行っても追い返されます。80万バーツがすでにタイにあっては、それがどこから来たのか、証明できない。外国からお金をタイに入れて、その証明がある、ということで当局はスタンプを押してくれるのです。

一方、日本からの送金書がない、あるいは80万バーツが揃えない、というケースも、タイ自由ランド事業部では対応していて、初めて取る人は始めの3カ月、のちの更新1年が取れるので、お問い合わせください。

 

2017年125日 タイ自由ランド掲載

-> ビザ-滞在ビザ

-> ロングステイの滞在ビザ

-> 高齢者向け、年金ビザ

-> タイ自由ランドのホームページ

 

タイ自由ランドの広告

 

 


 

 

->リタイヤメントビザの情報

->タイ自由ランドの情報

->ビザの情報

->ビザツアーの情報

->年金ビザの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ロングステイビザ, リタイヤメントビザ, 年金ビザ, 高齢者ビザ, 滞在ビザ, ビザ、滞在ビザ
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.