Tag Archives: 老地方

タイのバンコクで、中国料理の「老地方」を紹介します。

2階で宴会もOK!スクムビットのソイ41~43の中ソイにある中国料理店「老地方」

スクムビットのソイ41~43の中ソイにある中国料理店「老地方」は、昼と夜に営業しており、店内は口コミで聞きづてでやって来た日本人で混雑しています。最近、付近で働く中国人の姿も結構見られます。

1階の4人テーブルのほか、2階にはグループでもゆっくりできるスペースがあるので、年末年始のちょっとした宴会にはぜひ、利用してもらいたい。

さて、この店は、どの料理も期待を裏切らない味ですが、例えば、写真のイカ炒めは、歯ごたえのよいイカで、日本人なら皆が好きな味。ごはんが進む味付けもさすが!

さらに変わったところでは、ピータンのタレ漬けは、透き通ったピータンを、タレで食べる感じで、ピータン好きの人も、これは初めて!という人は多いと思います。

どの料理も高級ホテルの中華で出てくるようなメニューで、それでいて値段はその3分の1あたり。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 老地方 Lao ti fangの広告


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 

名称未設定-16

期待した以上の料理が出てくると、日本人の奥様も絶賛の中国家庭料理の店「老地方」は、スクムビットのソイ41~43の中ソイにあります。

どの料理もひと皿、ひと皿、ていねいにつくってあり、日本人でリピーターになる人続出です。高級ホテルで食べるあの中華料理が、とってもリーズナブルにいただけます。

2階は駐在員2家族がゆっくりできる、グループ向けのスペースがあります。

さて、今日、オーダーしたのは、さいころ揚豆腐のピリ辛(79バーツ)。サクサクとした歯ごたえで、すでに味がついています。お酒のおつまみにピッタリですね。

名称未設定-17

そして牛肉の鉄板焼き(228バーツ)は、バターの香りがして、やわらか牛肉にもほどよい味がついています。

この店のよいところは、サービス料やVATが付かないことです。だから安い!ドリンキングウォーターはたのむ必要がありますが、それを差し引いてもとっても安くであがります。

並びには20年以上の老舗中国料理店が営業していますが、またちょっと違った味なので、中国家庭料理の店でも2つを使い分けるのがよいでしょう。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

名称未設定-5


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 

 

素材そのものの味いかす豪勢な白身魚スープ

清潔な店内にこじんまりした店構えで、気軽に立ち寄れる中国家庭料理の店「老地方」。

ソイ41から43に抜けるソイにオープンしており、赤い外観が目印です。1階は4人がけの2階は8~10人でも利用できる席があります。料理は中国のシンプルな家庭料理で値段もとっても安くて、それでいてひと皿、ひと皿、できあがりのクオリティーが高いので驚きます。

小さい店ながらも、メニューの種類は約100種類以上。野菜の炒め物は、どれもシンプルな味付けで、素材そのものをおいしく味わえます。日本人に人気のじゃがいも千きり炒めは、じゃがいものシャキシャキの食感が癖になります。

白身魚のスープは、日本人には馴染みのない料理ですが、ぜひ注文してみてほしいと、同店オーナー。淡白な白身魚に唐辛子の辛さが一緒になり、本場の辛いスープの味わい。

そのほか、小麦麺の麺料理は、お昼どきにさっと食べるのにもおすすめ。

北京風タンタン麺は汁なしで日本のものとはだいぶ違います。甘辛い肉味噌ダレがトッピングしてあり、麺と絡めて食べます。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

名称未設定-5


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報


 

中国家庭料理の店「老地方」は水餃子の肉汁がスゴイ

スクムビットのソイ41を入って、ソイ43に抜ける通りの間にある中国家庭料理の店「老地方」は、日本人のファンが増えている店。

リーズナブルで、どの一品もかなりクオリティーが高く、とてもていねいにつくっているのがわかり、好感が持てるためだ。

例えば、中国料理店では定番の「水餃子」。10個79バーツで、いろいろな具を選べるが、外から見ても具がかなり詰まっているのがわかり、さらにひと口で食べてみると、肉汁でとってもジューシー。これほど肉汁が詰まった水餃子は初めて!と驚くくらいだ。

昼でもひっそり開いており、日本人主婦同士でゆっくりするのにお勧め。1階の4人席以外に2階に子どもたちと座れる多人数向けの席もある。平日の夕方からは日本人ビジネスマン同士、週末は日本人家族にピッタリで、今どき、税込みの会計だから、思ったよりも安くであがるのもうれしい。

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

名称未設定-5


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 

名称未設定-6

清潔な店内で、奥様から仕事帰りのサラリーマンも通いやすい中国家庭料理の店、ソイ41-43の「老地方」。

日本人に人気の一品は酢豚ですが、豚肉の変わりにエビを入れた「エビの甘酢あんかけ」もおすすめです。エビは丁寧に揚げてあるので、旨みが凝縮していて、ぷりっぷり。

エビをシンプルに味わいたいなら「ガーリック蒸しエビ」もおすすめ。ビールのお供にも最高です。

羊肉のクミン炒めも牛肉や豚肉とは一味違った味なので、ぜひ試してみてほしい。

栄養たっぷりのカイランのオイスターソース炒めは女性や子どもにもおすすめです。

100品以上の豊富なメニューを揃える「老地方」。辛すぎない味付けは、とっても日本人好みで、奥様や、ロングステイヤーのゆったりランチに。また、夜は仕事帰りの一杯や友人同士、家族でと、いつでも気軽に使えて重宝するお店です。気取らない店内なので、普段使いにぜひどうぞ。

赤い外観が目印です。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

名称未設定-5

 


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

素朴な中国料理店「老地方」のクオリティの高さに驚き!

タイ自由ランドはスクムビットのソイ41を入ってすぐにありますが、そのとなりは20年以上、営業している中華料理店「東来順」。タイのスクムビットに3年以上、滞在している日本人なら皆知っている有名な中国の家庭料理の店です。

そして最近は、その道を少し行ったところに中華料理店「老地方」ができたので、こちらも日本人のお客さんでにぎわっています。

1階は4人がけのテーブル席。2階は8~10人でも利用できる席があります。料理は中国のシンプルな家庭料理で値段もとっても安くて、それでいてひと皿、ひと皿、できあがりのクオリティーが高いので驚きます。

今回、紹介するのは定番のきゅうりとガーリックのサラダ。ふぞろいにつぶした日本きゅうりとピリ辛の味付けは、日本料理店にはないもの!

続いての豆腐ときゅうりのサラダ、豆腐といってもゆばのことで、細切りの日本きゅうりとにんじんがからんで、こちらもなかなか他では味わえない一品。

さらに、チャーハンは一見、普通なんだけど、炒め具合は絶妙。ちょっと味の素系が少ないと感じるが「化学調味料は使っていません」というこだわりの店。玉子のあざやかさが普通ではないのですが「アヒルの玉子」を使っているようです。

そんな小さなこだわりもさりげなくしていて、ぜひ、一度も行ったことのない人はでかけてみてほしい店です。

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

名称未設定-9


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 中国家庭料理の店「老地方」では割引券で10~15%引き

写真付きのメニューを、どれを頼んでもはずれがないのが中国家庭料理の店「老地方」。スクムビットのソイ41~43の中ソイにあり、並びには中国料理店の東来順もあるが、同じようなメニューだけど、料理の味付け等は少々違う。

例えば、最近食べた「鶏肉細切りサラダ 118バーツ」は、細切りのやわらか鶏肉と、日本キュウリの細切りがあえてあり、ピリ辛。日本人の口に合う、日本の居酒屋でも出てきそうなメニュー。おいしくて安い!

1階はテーブルの4人席が並んでいて、2階は4~10人以上のグループでもOK。

格安の餃子から麻婆豆腐、チンジャオロースー、ホイコーローなど、日本人好みの中華が揃っており、すべての一品がお勧め!

現在、1周年記念で、下の広告の切り取り部分を持参すると、10~15%引きになるので、ぜひ、この機会に一度も行ったことのない人も試して見てもらいたい。

最近はひとりごはんの日本人駐在員も多くやって来ていて、そういう人たちも大歓迎。

 

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 老地方 Lao ti fangの広告


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

中国家庭料理の店「老地方」では1周年で最大15%引き!

ソイ41-43にオープンしている日本人にも人気の中国家庭料理の店「老地方」。

今月から6月12日まで、オープン1周年を記念して、お得なプロモーション実施中!

下の広告についてくるクーポンを利用すると、食事代499~1999バーツの場合は10%引き、1999バーツ以上の場合は15%オフです。食事割引券は月~金曜日の間に使えます。

奥様同士のランチに、または家族で夕飯に、仕事帰りに仲間と一緒にと、このお得な機会にぜひご利用下さい。

同店では酢豚やチンジャオロースー、餃子などの日本人にも人気の一品を揃えているほか、火鍋も人気ですので、このお得な機会にみんなで鍋パーティーというのもおすすめです。料理の種類は100種類以上ありますので、普段は食べない料理を注文してみるのもよいでしょう。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

名称未設定-12

 


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

中国料理店「老地方」の日本人にも人気の名物料理「火鍋」

日本人客のほか、在タイの中国人リピーターも多い、ソイ41~43の通りにある中国料理店「老地方」。

中国の名物料理「火鍋」は、中国人客だけでなく、日本人にも人気といいます。

スープ(285バーツ)を注文すれば、激辛スープのほか、まろやか味のチキンスープ2種類が楽しめるので、辛いものが苦手な人も一緒に楽しめます。

別途注文する具材は、野菜、肉、きのこなど栄養満点で健康的なものばかりで、家族で、または女性同士でわいわい食べるのもおすすめ。

野菜(1皿50バーツ~)は白菜、ほうれん草のほか、空心菜やブロッコリー、ポテトなどもあり、スープとの意外な相性が楽しめるので、ぜひいろいろ試してみてほしいです。

肉類(1皿98バーツ~)は牛、豚、鶏のほか歯ごたえの楽しめるモツや、中国では定番というラム肉もおすすめ。

そのほか、しいたけ、えのき、豆腐、春雨とヘルシーな具材もいっぱい。

激辛スープに入れた素材はそのまま何もつけずに、辛さと素材の相性を楽しめます。

一方、まろやかチキンスープは、自家製のゴマダレやピリッとした辛さがアクセントのタイ風シーフードソースで食べるのもおすすめ。

 

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

老地方 Lao ti fangの広告


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 

 

名称未設定-7

タイ自由ランドがあるスクムビット・ソイ41~43の小路の並びにあるのが「老地方」。中国の家庭料理がとってもリーズナブルにいただけると、在タイ日本人の間で口コミで広がっている店。

同じく並びにある老舗の「東来順」とはまた違った味わいで、どちらかといえば、あっさりした味付けが特徴です。

メニューは写真付きで、ちゃんと日本語も記載されているので、選びやすい。今回、紹介するえびとじゃがいものカレー炒めの鉄板仕立ては、大きなエビがゴロゴロ入っていて、うす切りのジャガイモもたくさん。味付けは中国風カレー味で、日本人にもなじみやすい味。これで289バーツは安いでしょう。

2階にも席があるので、日本人家族同士の集まりなどにも使えてとっても便利。今どきのサービス料10%、VAT7%も一切つかないのもよいですね。

駐車場はないので、ソイ41内に奇数日、偶数日でそれぞれ片側駐車可。

 

2016年3月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

老地方 Lao ti fangの広告


 

->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

麻婆豆腐も見た目豪華!中国家庭料理の店「老地方」 スクムビット界隈によくある、中国家庭料理の店とはひと味違うのが「老地方」。値段も装いもとっても家庭的な店だけど、化学調味料なども一切使わず、味付けはとってもシンプル。

だから子ども連れの日本人家族の来店も多く、1階は4人席が並ぶが、2家族合同で、という時は2階にグループ用の席があるので心配ない。

メニューは写真つきで日本語の表示もあり、サービス料、VATも付かないから、とってもリーズナブル。

ホテルで食べたらとっても高そうな中国風エビチリも259バーツ!

この店のはパイナップルが入っていて、味もとってもやさしくあっさりしている。麻婆豆腐も見た目豪華さがあってよい。

スクムビットのソイ41~43にあり、日本人にはおなじみの中国料理店「東来順」の前を通ってすぐ。中国風のちょうちんが掲げてあるのでわかりやすい。駐車場はないので、ソイ41の通り沿いなどに停めるのがよい。BTSプロンポン駅から歩いても7分ほどだ。

 

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

老地方 Lao ti fangの広告


->老地方の情報

->中華料理の情報

->中国料理-の情報

 

 

 

 

 

 

名称未設定-12

ソイ41と43の間の小路にある中華料理店「老地方」。

こじんまりとしたお店で、清潔感があり、駐在員の奥様も仲間同士でよくランチなどに利用されています。

料理は一品一品丁寧に作られており、火と油を使った豪快な中華料理というより、繊細で洗練されている印象です。

ナスの土鍋シチュー(135バーツ)は、ご飯のおかずとしても、お酒のつまみとしてもぴったりな、お勧めの一品です。

見た目はかなり油っぽいですが、口当たりは意外とさっぱりで、茄子と油の相性の良さを感じます。

ほんのり辛味があり、ひき肉の甘みと共に、良いアクセントになっています。味付けは濃い目で、かなりご飯が進みます。ビールにもばっちりです。

老地方のじゃがいもの千切り炒めは、ちょっと辛めが特徴。程よい酸味と相まって、これもお酒に合います。

小籠包は、肉がぎっしり詰まっていて、ちょっとシュウマイ風。小さくても食べ応えあります。

野菜春巻きなどのサイドメニューも豊富です。

それぞれのメニューは、中華料理の伝統を守りながら、老地方ならではの、ひと手間かけた工夫が感じられ好感を持てます。

そのほか約100種類ほどのメニューがあり、火鍋などもお店のお勧めです。火鍋は辛いスープと、あっさりした鶏のスープから選べます。タイスキの様な感じですが、ひと味違います。野菜やキノコもたっぷりなので、日頃の野菜不足の解消にはもってこいです。

仕事帰りに中華料理で仲間と一杯やるのも良いでしょう。

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

-> 中国料理店

 

名称未設定-11

 

 

 

 

中国料理「老地方」は子供も安心

中国料理「老地方」は子供も安心

 

無農薬100%のジャスミン米を使っている中国家庭料理の店「老地方」。タイ自由ランドのオフィスの並びにあり、近くの中国料理店「東来順」とはまたひと味違った味付けの料理が揃っている。

定番の餃子や小籠包などはもちろん、炒め物も各種あり、きゅうりのぶつ切りニンニクあえ(58バーツ)は日本人の人気メニュー。そのほか、揚げ豚肉の甘酢かけ(158バーツ)や、羊肉と玉ねぎのピリ辛炒め(248バーツ)など、どれもとってもリーズナブルで、サービス料、VATも付かないのがうれしい。

素材の安全性にこだわっているので子ども連れの家族にもよい。

 

2015年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

 

老地方 Lao ti fangの広告

老地方 Lao ti fangの広告

 

中華料理店「老地方」で豪華な一品でプチ宴会も!

中華料理店「老地方」で豪華な一品でプチ宴会も!

 

ソイ41と43をつなぐ小路にオープンしている、こじんまりした中華、中国料理店「老地方」は、種類豊富な中国の家庭料理が一皿100バーツ代で食べられて、日本人も安心する味付けの店。

オーナーは中国人ですが、中国語ペラペラのタイ人女性のモンさんが取り仕切っているので、接客も心地よく、店内もとても清潔で、日本人奥様にも人気です。また、時おり、中国人のセレブ奥様達も利用しており、本場の中国人も好きな店なのだなということがわかります。

さて、リーズナブルがうりの店でもありますが、豪華な料理もあるので、プチ宴会やちょっと特別な日にぜひ注文してみてほしいです。

たとえば、一皿が豪華で、見た目も華やかな「揚げ魚の甘酢あんかけ」(389バーツ)。ヘルシーに食べたい人は、「蒸し白身魚の醤油ソースかけ」(389バーツ)でもよいです。また、日本人の好きな「えびチリ」は258バーツ。「えびの串焼き」(289バーツ)は、子供もうれしい、丸ごとえびの料理です。

最近登場したのが「うこっけい(鳥骨鶏)」料理。「うこっけいの炒めもの」(218バーツ)や、「うこっけい入りのパパイヤスープ」(288バーツ)などがあります。

この機会にぜひ試してみて下さい。

 

2015年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

 

老地方 Lao ti fangの広告

 

 

 

リーズナブルに中華料理が楽しめる「老地方」

リーズナブルに中華料理が楽しめる「老地方」

 

リーズナブルに中華料理が楽しめる店、ソイ41と43の間の小路にある「老地方」。

100バーツ代の手ごろな一品料理が豊富なので、1人でのご飯にも、数人でいってわいわいシェアするのにもちょうどよい。

オーナーの最近のおすすめは、鶏肉のピリ辛炒め(158バーツ)、揚げ鶏肉のカシューナッツ炒め(158バーツ)などの鶏料理。また、アヒルの塩蒸し(145バーツ)は、おつまみにもよい。

そのほか、自家製小麦料理も格安で、餃子は一皿79バーツ。手打ち麺を使った担担麺(98バーツ)は、肉味噌ときゅうりが乗った、日本のものとは違うもの。きゅうりのさっぱり感と濃厚な肉味噌のバランスがよい。

2015年8月5日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

 

老地方 Lao ti fangの広告

老地方 Lao ti fangの広告

 

日本人にはお馴染みのメニューがリーズナブルに食べられる「老地方」

日本人にはお馴染みのメニューがリーズナブルに食べられる「老地方」

 

日本人にはお馴染みのメニューが、リーズナブルに食べられると評判の中国料理店「老地方」。ソイ41と43をつなぐ小路の真ん中辺にあり、最近オープンしたばかりです。

餃子や小龍包、チンジャオロースーや、マーボーナス。日本人に人気のメニューは、どれもおすすめですが、たまに、変わったメニューを、ということでぜひ試してみてほしいのが、「火鍋」。

激辛のマーラースープと、まろやかなチキンスープ、一度に2種類食べられて、スープの値段は258バーツ。これにさらに野菜や、肉、きのこ、春雨、豆腐などの具材(1皿50バーツ〜)を追加していきます。

激辛スープは、食べてすぐには、辛さを感じず、しばらくたってから、「辛~!」と舌までしびれる辛さ。辛い物好きにはたまりません。

一方、チキンスープはとてもまろやかで、さっぱりしたとんこつスープにも似た味わい。タレなしでも、素材の美味しさを味わえますが、特製ゴマダレもあるので、こちらにつけて食べてもよいです。

肉類は、豚・鶏・牛とありますが、本場の中国鍋は、ラム肉を入れることが多いそうで、ぜひ、そちらも試してみてほしいです。

ちょっとタイ風にパクチーや、シーフードソースもついてきて、一度にいろいろな味が楽しめる「火鍋」。しいたけや湯葉もヘルシーで美味しいです。

2015年7月20日 タイ自由ランド掲載

-> 老地方 Lao ti fangのページ

 

老地方 Lao ti fangの広告

老地方 Lao ti fangの広告