喫茶

タイのバンコクで、お勧めの喫茶、カフェを紹介します。

喫茶

エカマイゲートウェイに新装「UCCコーヒーローストリー」、専門店のプレミアムな味わい

8月にグランドオープンしたゲートウェイ・エカマイの「UCCコーヒーローストリー」では、世界のコーヒーをいろいろな抽出方法で味わえます。   ホット、アイス共通の抽出方法はサイフォン、ハンドドリップ、フレンチプレスがあります。   アイスコーヒーならウォータードリップのほか、アイスブリュードコーヒーもあります。   今回は実際にブラジル豆のアイスブリュードコーヒーを飲んでみました。   アイスブリュードコーヒーって、なんだろう?と思いながら、水出しコーヒーよりも手の込んだアイスコーヒーぐらいだと思っていました。   UCCのスタッフが持って来てくれたコーヒーはワイングラスに入っています。しかも泡立っていて、こんなアイスコーヒーは初めてです。   トレーには小さいグラスに挽いたコーヒー豆も乗せられています。スタッフによると、「コーヒーを飲む前に香りを楽しんでください」とのことです。   素直にコーヒーの香りをしばらく楽しみます。次に泡立っているアイスコーヒーを飲んでみました。氷が入っていない冷たいストレートのコーヒーです。泡の口当たりがまろやかで、そ...
喫茶

UCC直営店UCCコーヒーロースタリーは8/5グランド オープン

プレミアムなカフェとして8月5日にゲートウェイでグランドオープンを迎えたのが、UCC直営店「UCCコーヒーロースタリー」。コーヒーの魅力を体験していただくために選び抜かれた生豆の仕入れ、店内焙煎にこだわり、そしてバリスタが様々な抽出方法でコーヒーの持つ魅力を存分に引き出します。   シングルオリジンコーヒーをはじめ、コーヒービバレッジやサンドイッチ、デザートも用意しています。   BTSエカマイ駅から直結での入り口で、とっても目立つ造り。さっそくUCCファンらが席を陣取っています。   一方、 タイ在住の日本人向けにサービスしている「UCCコーヒー」は、オフィス向けには、まず機械を無料で貸してもらい、定期的にUCCのコーヒー豆とペーパーフィルターを購入するだけ。電話1本で届けてもらえます。   そのほか、日本料理店などには卸し価格で提供中なので「ランチにちょっとグレードの高いコーヒーを出したい!」という時にもぜひUCCコーヒーへご連絡下さい。 2020年8月20日 タイ自由ランド掲載 -> UCC Coffee ...
喫茶

ゲートウェイ・エカマイのUCCコーヒー直営店「UCCオリエンタル」は只今改装工事中

日本ではお馴染みのUCCコーヒー。タイでは一般向け商品の販売ほか、「オフィスコーヒーをいつも美味しく!」をモットーに、オフィス専用サービスも行っております。 オフィス向けにはコーヒーマシーンの無料貸し出しを行っており、電話でコーヒー豆を注文するだけ。コーヒー豆はオフィスまで届けてもらえます。人気の1杯抽出タイプのキューリグコーヒーシステムは、専用の抽出機にK-Cup®パックをセットしてボタンを押すだけ! 30秒でいれたてコーヒーが出てきます。必要なときに必要なだけ抽出できるので、飲み残しの無駄もなく、後片付けも楽ちんです。好きな種類を1杯ずつ楽しめる画期的なシステムです。 コーヒー6種類ほか、お茶、ウーロン茶、ジャスミン茶もお楽しみいただけます。 K-Cup®パック製品は全て、UCC上島珈琲株式会社の厳格な品質管理基準に基づいて製造されています。日本人の繊細な嗜好や鮮度、品質への厳しい要求に応えるためにあえて国産にこだわりました。 また、コーヒーにとって最もナチュラルな抽出方法であり、雑味やエグ味が出にくいペーパードリップ製法を採用しています。その他、飲食店向け...
2020.02.08
喫茶

無糖コーヒーの市場を拡げたいUCCタイランド

  タイではコーヒー文化が根付いてきており、カフェやコーヒーを売るスタンドが年々増えています。 実際タイ人の年間のコーヒー消費量は、昨年世界第23位と、初めて30位以内にランクインし、タイのコーヒー市場が拡大していることがわかります。 UCCは、さらに積極的にタイの市場で、UCC製品を展開していきたいという思いから、昨年、タイのコーヒー焙煎会社と業務提携を結びました。 UCCの小村さんは、UCCらしさを出して、タイの市場で勝負をしていきたいと話します。 UCCらしさのキーワードは「無糖」。無糖ならUCCというブランド・イメージ作りは、大きなチャレンジで、そのためにタイで無糖コーヒーの市場を拡げていく努力が必要と言います。 タイのコーヒーというと、とにかく甘いというイメージを持っている日本人が多いと思いますが、この状況は徐々に変わりつつあるようです。 ひとつはコーヒーを飲むタイ人が増え、本物志向の人が増えたこと。 もうひとつの要素が、砂糖税の導入です。炭酸飲料や栄養ドリンク、缶コーヒーなどの市販ドリンクに関し、砂糖の含有量が多いほど物品税を増税する...
2019.07.06
料理

タイ発カフェ・アマゾンが日本で4店へ

  タイのポート―トー(PTT)のガソリンスタンドには決まってある「カフェ・アマゾン」だが、その日本での第1号店・福島の川内村に続いて、今年は大阪、静岡、湘南で3店舗計画されており、日本ではフランチャイズとしてコドモ・エナジー社が運営している。 PTTによると、日本ではまず1店目に、チェンマイと同じように自然がきれいな福島に出店し、この7月1日には安倍首相も来店している。コーヒーはタイよりも少し薄めで、1杯は120バーツほど。グリーンカレーなども置いているという。 現在、外国での展開は63店舗だが、今年中にこれを130店舗まで拡げるという。カンボジア70店、ラオス40店、そのほか日本、ミャンマー、オマーンなどで、さらに現在、マレーシア、シンガポール、中国で出店のためパートナーを探しているという。 2017年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2017.08.11