異境の囁き―バンコク怪奇譚1 『バンコクの呪われた扇風機』

読了時間 2
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e980a3e7b69ae3839be383a9e383bce5b08fe8aaac5cu3000e795b0e5a283e381aee59b81e3818de28095e38390e383b3e382b3e382afe680aae5a587e8ad9a5cu3000e381aee382a4e383a1e383bce382b8e381abe38182e381a3e3819fe680aae38197e3818fe381a6e68096e38184e382a4e383a1e383bc/1-65b6341373574dfba58d7d3288acc1e7?id=1EEpriK6T9QIwf9uaMdo%2bg%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e980a3e7b69ae3839be383a9e383bce5b08fe8aaac5cu3000e795b0e5a283e381aee59b81e3818de28095e38390e383b3e382b3e382afe680aae5a587e8ad9a5cu3000e381aee382a4e383a1e383bce382b8e381abe38182e381a3e3819fe680aae38197e3818fe381a6e68096e38184e382a4e383a1e383bc/1-65b6341373574dfba58d7d3288acc1e7?id=1EEpriK6T9QIwf9uaMdo%2bg%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。

バンコク怪奇譚1 『バンコクの呪われた扇風機』

読み上げ
読み上げ
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e5bc95e8b68ae38197e58588e38292e68ea2e38197e6b182e38281e3828be4b8ade38081e382bfe382a4e4babae5be93e6a5ade593a1e381aee383ace38383e382afe3818ce38081e9818be6b2b3e6b2bfe38184e381aee382b3e383b3e382afe383aae383bce38388e980a0e3828ae381aee382a2e38391e383bce38388e38292e7b4b9e4bb8be38197e381bee38199e38082e69c80/1-65b62b33ee7b4863a98aa456f944159c?id=vxVvfpVaLKaB0F4cYRtz%2FQ.uFnEFu97vH2ymZB8bgd4bg&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e5bc95e8b68ae38197e58588e38292e68ea2e38197e6b182e38281e3828be4b8ade38081e382bfe382a4e4babae5be93e6a5ade593a1e381aee383ace38383e382afe3818ce38081e9818be6b2b3e6b2bfe38184e381aee382b3e383b3e382afe383aae383bce38388e980a0e3828ae381aee382a2e38391e383bce38388e38292e7b4b9e4bb8be38197e381bee38199e38082e69c80/1-65b62b33ee7b4863a98aa456f944159c?id=vxVvfpVaLKaB0F4cYRtz%2FQ.uFnEFu97vH2ymZB8bgd4bg&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC

大田太郎の心象風景は、バンコクの喧噪を背に、新たな住居への期待と不安が交錯するものでした。新しい部屋の窓から差し込む朝日を想像するとき、彼の心は不思議なざわめきに包まれます。横綱不動産という名の小さな会社を率いる彼は、タイ人スタッフと共に、タイの文化と日本人の気質を繋ぐ橋渡しをしていました。

彼の選んだ住まい、それは地元民向けの古く質素なアパートであり、月々の家賃はたったの3000バーツ。日本人には想像もつかないような環境でしたが、太郎にとってはビジネスの戦略上、必要な選択だったのです。そしてある日、彼の日常は突如として変貌を遂げます。アパートの住人からの騒音クレームがきっかけでした。太郎の日課である相撲の四股が原因でした。

引越し先を探し求める中、タイ人従業員のレックが、運河沿いのコンクリート造りのアパートを紹介します。最上階に位置する部屋は、中国系のタイ人が住んでいた形跡があり、扇風機からは不吉な気配を感じずにはいられませんでした。

読み上げ
読み上げ
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/a-horror-image-of-a-man-and-a-woman-fighting-with-/1-65b63a16eb7f414f810d538ce9e21376?id=dbbVUnm4cV8edQfT2QEjMQ%3D%3D&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/a-horror-image-of-a-man-and-a-woman-fighting-with-/1-65b63a16eb7f414f810d538ce9e21376?id=dbbVUnm4cV8edQfT2QEjMQ%3D%3D&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC

 

新しいアパートに越してきた日、太郎はポンおばさんと出会います。彼女は若いころ日本にいたことがあり、カタコトの日本語で警告します。「その扇風機、寝るときは使うな、危ない」。しかし太郎はその警告を軽んじます。

その夜、不気味な夢にうなされた太郎。夢の中で、一組のタイ人が激しく言い争い、女が扇風機で男を殴りつける光景がありました。太郎が目覚めたとき、部屋は静まり返っていましたが、心の奥底には不穏なざわめきが残っていました。

そして翌朝、太郎はいつものようにシャワーを浴び、四股を踏んだ後、急いで出勤しようと階段を駆け下ります。しかし、ポンおばさんの警告が現実のものとなり、階段で滑って転落死してしまいます。彼の手には、バナナの皮。そして数日後、扇風機はアパートのゴミ捨て場に捨てられていました。それはただの扇風機ではなかったのです。

読み上げ
読み上げ
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e382a2e38391e383bce38388e381aee382b4e3839fe68da8e381a6e5a0b4e381abe38081e8ac8ee381aee69687e5ad97e3818ce588bbe381bee3828ce3819fe58fa4e38184e68987e9a2a8e6a99fe3818ce68da8e381a6e38289e3828ce3819fe695b0e697a5e5be8ce38081e696b0e3819fe381aae3828be7aba0e3818ce99d99e3818be381abe5b995e38292e9968be38191e3828b/1-65b63ef240394d6a8da0c2f444d6e37e?id=PwTc77sZsvxSBL2q%2BQ4TSg.7eMaQH7kU%2F7YFAcVYJA7xw&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e382a2e38391e383bce38388e381aee382b4e3839fe68da8e381a6e5a0b4e381abe38081e8ac8ee381aee69687e5ad97e3818ce588bbe381bee3828ce3819fe58fa4e38184e68987e9a2a8e6a99fe3818ce68da8e381a6e38289e3828ce3819fe695b0e697a5e5be8ce38081e696b0e3819fe381aae3828be7aba0e3818ce99d99e3818be381abe5b995e38292e9968be38191e3828b/1-65b63ef240394d6a8da0c2f444d6e37e?id=PwTc77sZsvxSBL2q%2BQ4TSg.7eMaQH7kU%2F7YFAcVYJA7xw&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC

アパートのゴミ捨て場に、謎の文字が刻まれた古い扇風機が捨てられた数日後、新たなる章が静かに幕を開ける。アメリカからやってきたバックパッカー、ジョンは、旅の途中で耳にしたバンコクの古びたアパートの噂に興味を引かれ、その門を叩いたのだった。

ジョンは冒険心旺盛で、世界を旅しながら東南アジアの神秘に魅了されていた。ポンおばさんから部屋の鍵を受け取り、太郎の悲しい運命について耳にする。おばさんはジョンにも忠告する。「夜、その扇風機を使うな。不吉なことが起こるかもしれんぞ」と。しかしジョンはこの忠告を単なる迷信として受け流し、心配することなく部屋に足を踏み入れた。

部屋には、ゴミ捨て場から持ち帰った扇風機が置かれており、ジョンは疑いもなくそれをコンセントに差し、スイッチを入れた。扇風機はゆっくりと首を振り始め、古びた風がジョンの部屋に流れ込む。

夜が深まるにつれて、ジョンはバンコクの蒸し暑さを忘れるかのように、扇風機をつけたまま眠りに落ちた。だが夜中、部屋には不可解な囁き声がこだまする。半覚醒の状態で囁きの声に耳を傾けると、それは扇風機から発せられているかのようだった。「逃げて…」その言葉が何度も繰り返されるが、やがて「来て…」という誘いへと変わる。

翌朝、ジョンは前夜の出来事を何も覚えていなかった。目を覚ますと、彼の部屋の壁には奇妙な記号が描かれており、その中央には扇風機が静かに佇んでいた。ポンおばさんは、ジョンが姿を見せないことに不安を感じ、扉を叩くが、中からは返事がない。ただ扇風機からは、依然として不気味な囁き声が漏れ聞こえていたのだった。

ジョンの物語は、このアパートの新たな伝説の一部となり、タイの地で語り継がれるだろう。物語はここで一つの結末を迎えるが、それはまた別の物語の始まりでもあるのである。

 

 

Tensui
Tensui

『異境の囁き―バンコク怪奇譚』の世界に足を踏み入れてくださり、心からの感謝を申し上げます。インターネットという無限の空間を通じて、このエキゾチックなバンコクの物語をお届けできたこと、筆者にとっては大変光栄なことです。

この物語が、皆様の日常に少しでも刺激を与え、新たな発見や驚きを提供できたならば、筆者の喜びもひとしおです。バンコクの暑い夜風を感じるごとに、皆様がこの物語を思い浮かべてくだされば、それほど嬉しいことはありません。

また、この物語を通じて、異国の風土や文化に対する理解が深まり、想像の翼を広げる一助となれば幸いです。ジョンの目を通して描かれたバンコク、彼が遭遇した超自然的な体験が、皆様の心に新たな冒険への憧れを呼び覚ますことを願っています。

バンコクにはまだ語られていない多くの物語が息づいており、ジョンと太郎の物語は一つの始まりに過ぎません。皆様がまたこのページを開いてくださる日を楽しみにしております。

心より感謝と共に、
筆者より

はい、タイのバンコクで扇風機にまつわる怖い話があります。

ある日、バンコクの郊外にある小さな村に、一人の若い女性が住んでいました。彼女の名前はスーでした。スーはいつも明るく元気な女性で、村のみんなから愛されていました。

ある夜、スーはいつものように扇風機をつけて寝ていました。すると、突然、スーは目を覚ましました。彼女は、扇風機の羽が自分の顔に近づいていることに気づきました。スーは恐怖で叫びましたが、扇風機はスーの顔を叩きつけました。

スーはすぐに病院に運ばれましたが、顔に大怪我を負い、命に別状はありませんでした。しかし、スーは顔の傷が残り、鏡を見るのが怖くなりました。

スーは、扇風機が故障して自分の顔を叩きつけたのだと思っていました。しかし、村には、扇風機にまつわる怖い話がありました。

その話によると、ある昔、村に一人の女性が住んでいました。その女性は、夫と子供たちに愛されていたのですが、ある日、夫に浮気をされ、子供たちも連れて行かれました。女性は悲しみのあまり、自殺しました。

その女性の亡霊は、扇風機に乗り移り、夫と子供たちに復讐をしようとしているというのです。

スーは、自分がその女性の亡霊に狙われているのではないかと考えるようになりました。彼女は、扇風機を怖がり、夜は扇風機をつけずに寝るようになりました。

しかし、スーの恐怖は消えませんでした。彼女は、夜になると、扇風機の羽が自分の顔を叩きつけてくる幻覚を見るようになりました。

スーは、もう耐えられなくなり、村を出て行ってしまいました。

スーは、今でも扇風機の恐怖に苦しんでいるといわれています。

この話は、あくまでも都市伝説ですが、タイでは扇風機にまつわる怖い話がよく語られています。扇風機の羽が人の顔を叩きつけるという話は、タイではよく聞く話です。

タイでは、扇風機は故障しやすいと言われています。また、扇風機の羽は、強い風を送るために、鋭い刃のような形になっています。そのため、扇風機の羽が顔や体を叩きつけられると、大怪我を負う可能性があります。

扇風機を使用する際には、安全に注意するようにしましょう。

【新パヤナーク戦記】
【新パヤナーク戦記】