異境の囁き―バンコク怪奇譚2 『恐怖の虫喰い寺院』

読了時間 2
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e980a3e7b69ae3839be383a9e383bce5b08fe8aaac5cu3000e795b0e5a283e381aee59b81e3818de28095e38390e383b3e382b3e382afe680aae5a587e8ad9a5cu3000e381aee382a4e383a1e383bce382b8e381abe38182e381a3e3819fe680aae38197e3818fe381a6e68096e38184e382a4e383a1e383bc/1-65b6341373574dfba58d7d3288acc1e7?id=1EEpriK6T9QIwf9uaMdo%2bg%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e980a3e7b69ae3839be383a9e383bce5b08fe8aaac5cu3000e795b0e5a283e381aee59b81e3818de28095e38390e383b3e382b3e382afe680aae5a587e8ad9a5cu3000e381aee382a4e383a1e383bce382b8e381abe38182e381a3e3819fe680aae38197e3818fe381a6e68096e38184e382a4e383a1e383bc/1-65b6341373574dfba58d7d3288acc1e7?id=1EEpriK6T9QIwf9uaMdo%2bg%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC

この物語はフィクションであり、登場する人物、団体、場所、事件等は著者の想像によるものです。実在のものとは一切関連がなく、また、実際の出来事に基づくものではありません。

バンコク怪奇譚2 『恐怖の虫喰い寺院』

読み上げ
読み上げ
 
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e38390e383b3e382b3e382afe381aee983bde5bf83e983a8e381aee596a7e9a892e38292e68a9ce38191e38081e983bde5b882e381aee596a7e9a892e381a8e381afe5afbee785a7e79a84e381aae9838ae5a496e381b8e381a8e8b6b3e38292e4bcb8e381b0e38199e381a8e38081e8a6b3e58589e5aea2e381aee79baee381abe381afe381a4e3818be381aae38184e38288e38186/1-65b9c139cf5447c3a125e62ff5d591a0?id=MDi7lQlWda0zr9P%2BGNoZOQ%3D%3D&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e38390e383b3e382b3e382afe381aee983bde5bf83e983a8e381aee596a7e9a892e38292e68a9ce38191e38081e983bde5b882e381aee596a7e9a892e381a8e381afe5afbee785a7e79a84e381aae9838ae5a496e381b8e381a8e8b6b3e38292e4bcb8e381b0e38199e381a8e38081e8a6b3e58589e5aea2e381aee79baee381abe381afe381a4e3818be381aae38184e38288e38186/1-65b9c139cf5447c3a125e62ff5d591a0?id=MDi7lQlWda0zr9P%2BGNoZOQ%3D%3D&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&form=SYDBIC

バンコクの都心部の喧騒を抜け、都市の喧騒とは対照的な郊外へと足を伸ばすと、観光客の目にはつかないような、ひっそりと静まり返った小さな寺が佇んでいた。この地は、昆虫食研究者である桜井桃子と彼女の友人ブンにとって、未開の地であり、未知の昆虫食の研究を進める秘境だった。

「ねえ桃子、あれ見て!なんて大きなカブトムシ!」ブンが指さした先には、デザインが風変わりな扇風機が回り、その周りを珍しい種類のカブトムシが飛び交っていた。

筋肉質な腕を組みながら、桃子はうなずいた。「確かに珍しいカブトムシだけど…でも、何かが変だね。こんな場所で、こんな大きなカブトムシがなぜ?」

二人は好奇心を刺激され、珍しいカブトムシを追いかけるうちに、気がつけば静まり返った廃寺の中にいた。ブンは無我夢中でカブトムシを追いかけ捕まえたが、一方の桃子は不安そうに眉をひそめていた。

「ブン、食べるのはやめたほうが…」桃子が警告するが、ブンは興奮して口にした。

「大丈夫よ、昆虫食はタイでは普通のことだもの。」ブンは自信満々に答え、捕まえたカブトムシを口に放り込む。

しかし、その後すぐにブンの様子がおかしくなった。彼女は意味不明な言葉をつぶやき、目には狂気が宿る。

「ブン、大丈夫?何言ってるの?」桃子が心配し声をかけるも、ブンは答えず、不規則に動き始めた。

「桃子、逃げて…私、何かが…うわあああ!」ブンの叫び声が寺全体を震わせる。

読み上げ
読み上げ

恐怖に駆られた桃子は、廃寺の奥へと逃げ込むが、そこは地下室に続く不気味な空間だった。壁を這う無数のカブトムシ。そして、追いすがるブン。

「ブン、これ以上は…来ないで!」桃子は後ずさりながら叫ぶ。

「桃子…助けて…」ブンの声はもはや人間のものではなくなりつつあった。

絶体絶命の中、桃子は祖母が唱えていた南無妙法蓮華経を思い出し、必死に唱え続けた。

読み上げ
読み上げ
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e79baee3818ce8a69ae38281e3819fe6a183e5ad90e381afe5a4a7e5ada6e381aee382ade383a3e383b3e38391e382b9e381abe38184e3819fe38082e38396e383b3e3818ce7ac91e9a194e381a7e382abe38396e38388e383a0e382b7e69699e79086e38292e5b7aee38197e587bae38197e381a6e38184e3828be380825cn5cne3808ce58d97e784a1e5a699/1-65b9c72258664076bc255b6947f16682?id=0qjG%2bb1z2uTyamFslRn0Ig%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC
画像提供元 https://www.bing.com/images/create/e79baee3818ce8a69ae38281e3819fe6a183e5ad90e381afe5a4a7e5ada6e381aee382ade383a3e383b3e38391e382b9e381abe38184e3819fe38082e38396e383b3e3818ce7ac91e9a194e381a7e382abe38396e38388e383a0e382b7e69699e79086e38292e5b7aee38197e587bae38197e381a6e38184e3828be380825cn5cne3808ce58d97e784a1e5a699/1-65b9c72258664076bc255b6947f16682?id=0qjG%2bb1z2uTyamFslRn0Ig%3d%3d&view=detailv2&idpp=genimg&idpclose=1&FORM=SYDBIC

目が覚めた桃子は大学のキャンパスにいた。ブンが笑顔でカブトムシ料理を差し出している。

「南無妙法蓮華経ってなに?」ブンが無邪気に尋ねる。

桃子はただ、深く息を吸い込むと、この平穏な日常が真実であることを願いながら、答えた。

「それはね、おばあちゃんがいつも唱えてるお経のこと。困ったときに助けてくれる魔法の言葉みたいなものだよ。」桃子はブンの瞳を見つめながら、ほっとしたように微笑んだ。

ブンは首をかしげながらも、桃子の言葉に安心したように笑いかけた。「へぇ、すごいね。桃子には魔法があるんだね。」

「うん、でもね、本当は…」桃子の声は小さくなり、彼女は遠い目をした。「本当は、自分を守るのは自分の強さなんだと、おばあちゃんも言ってたよ。」

その時、ブンの手からカブトムシ料理がこぼれ落ちた。桃子は思わずそれを拾い上げるが、その瞬間、彼女の脳裏には廃寺の光景が鮮明に蘇った。

「実はね、あのカブトムシ…私たちが廃寺で見たのと同じような…」ブンが言葉を切らすと、桃子はゆっくりと頷いた。

「あれは、ただの幻じゃなかったのかもしれないね。でも、今はここにいる。大切なのは、今を生きることだよ。」桃子はブンの手を握り、力強く言った。

ブンは桃子の手を握り返し、二人は互いに笑い合った。しかし、その笑顔の裏では、あの恐怖の記憶がまだ鮮やかに残っていた。それは、二人だけの秘密として、心の奥底にしまわれた。

日常に戻ったように見えたタイの大学キャンパスだが、二人にとってはもはや以前のような単純な場所ではなかった。バンコクの郊外にある廃寺での出来事は、桃子とブンに大きな変化をもたらしたのだった。

昆虫食の研究は続けられるが、今後はより慎重に、そして神秘的な力を尊重しながら進められることになるだろう。そして、その研究が彼女たちに何をもたらすのか、それは誰にも予測できない未来のことであった。

 

Tensui
Tensui

親愛なる読者の皆様へ、

この物語を通じて、皆様にお届けしたいメッセージがあります。それは、「未知への恐れを乗り越え、新たな発見の旅に勇気を持って一歩を踏み出す価値がある」ということです。

桃子とブンのように、私たちの日常は予期せぬ冒険に満ちています。時には恐怖や不確かさが立ちはだかりますが、そこから学び、成長し、自分自身を超えていく機会を得ることができます。この物語は、未知に対する好奇心と、それに立ち向かう勇気を称えるものです。

また、困難な状況に直面したときに、伝統や信念がどのように私たちを支え、導くことができるかを示しています。桃子が唱えた南無妙法蓮華経のように、皆様にも心の支えとなる言葉や思い出があることでしょう。それを大切にし、時にはそれに頼ることも、強さの一形態です。

この物語を読んでいただいた皆様が、自らの生活の中で新しい挑戦に立ち向かう際の勇気や、未来への希望を感じ取っていただければ幸いです。そして、物語の中で桃子とブンが見つけたように、人生の旅路で見出す小さな奇跡や喜びを大切にしていただきたいと思います。

私たちの日々は、知らず知らずのうちに、物語を紡いでいます。皆様の物語が、今日も明日も、美しい発見と喜びに満ちたものでありますように。

敬具、

筆者より

タイは、昆虫食の産業化において世界をリードする国です。タイでは、古くから昆虫食が伝統的に食用とされてきました。近年、昆虫食が世界的に注目を集める中、タイ政府は昆虫食を産業として育成するため、さまざまな取り組みを行っています。

タイの昆虫食産業は、以下の3つの柱から成り立っています。

1. 昆虫養殖

タイでは、コオロギ、イナゴ、カマキリ、バッタなど、さまざまな昆虫の養殖が行われています。2022年には、タイ国内で約2万8,000か所の昆虫養殖拠点があり、年間約10万トンの昆虫が養殖されています。

2. 加工・製造

タイでは、昆虫を加工・製造した食品や飲料が販売されています。コオロギを粉末にしたパウダーや、イナゴを乾燥させたスナックなどが人気です。また、昆虫を原料としたプロテインバーやサプリメントなども開発されています。

3. 販売・マーケティング

タイ政府は、昆虫食の輸出拡大を支援するため、国際的な展示会への出展や、海外でのマーケティング活動を行っています。また、タイ国内では、昆虫食の普及啓発活動も積極的に展開されています。

タイの昆虫食産業は、今後もさらなる成長が見込まれています。タイ政府は、2025年までに昆虫食の輸出額を10億米ドルに拡大することを目標としています。

タイの昆虫食産業において、特に注目されているのが、コオロギです。コオロギは、タンパク質や脂質、食物繊維が豊富で、環境負荷が少ないことから、持続可能な食料として注目されています。

タイでは、コオロギの養殖を専門とする企業も増えています。これらの企業は、コオロギを効率的に養殖するための技術開発や、コオロギを加工・製造するための設備投資を進めています。

タイの昆虫食産業は、世界的な昆虫食市場の拡大を牽引する存在として期待されています。

 

【新パヤナーク戦記】
【新パヤナーク戦記】