花王が「ビオレガード モスブロックセラム」を日本人学校の全生徒に無料配布、ドンキモールが協力

花王が「ビオレガード モスブロックセラム」を日本人学校の全生徒に無料配布、ドンキモールが協力

花王が「ビオレガード モスブロックセラム」を日本人学校の全生徒に無料配布、ドンキモールが協力

泰日協会学校
泰日協会学校

花王インダストリアル(タイランド)とドンキタイランドは、2022年11月、タイにおけるデング熱被害を減らすことを目的に、タイの日本人学校である泰日協会学校および泰日協会学校シラチャ校に「ビオレガード モスブロックセラム」およびデング熱の啓発シート2,600個を無償で配布しました。
花王株式会社は、2022年より「GUARD OUR FUTURE」プロジェクトを立ち上げ、蚊が媒介する感染症・デング熱の被害から「未来のいのちを守る」取り組みをスタートさせました。具体的な活動の第一弾として、2022年6月、蚊が止まりにくい肌の状態に整える蚊よけセラム「ビオレガード モスブロックセラム」をタイにて発売。商品の販売だけでなく、タイ保健省をはじめとした数多くのパートナーとともにデング熱の被害を削減する啓発活動を進めており、将来的にはこのプロジェクトの他のアジア地域への拡大も視野に入れています。
ドンキタイランドは「日本文化の発信と地域貢献」をスローガンに、花王の「未来のいのちを守る」という取り組みに賛同し、運営するDON DON DONKIの売場にて商品コンセプトに沿った陳列を実施。今後も“美味・環境・健康”をキーワードにお客様の暮らしが豊かになる商品とサービスの提供を行っていきます。
花王インダストリアル(タイランド)とドンキタイランドは、タイにおけるデング熱被害を減らすという同じ志のもと、共同で、次世代を担う子供たちに「ビオレガード モスブロックセラム」の販売個数に応じて商品を寄付することを決定。第一弾として、泰日協会学校および泰日協会学校シラチャ校の全児童生徒に「ビオレガード モスブロックセラム」およびデング熱の啓発シートを提供しました。両者は今後、タイ人の子供たちに向けてもこの寄付・啓発活動を継続していく予定です。

 

<花王インダストリアル(タイランド)について>

花王インダストリアル(タイランド)は、1964年に設立。半世紀以上にわたり、アタック、ロリエ、マジックリン、ビオレ、メリーズ等、生活の質を高める製品を提供し、タイの人々の日常生活を支えています。また、多様な産業分野に関わるケミカル事業も展開し、革新的な製品を提供しています。
2022年にはビオレブランドから「ビオレガード モスブロックセラム」の発売。「GUARD OUR FUTURE」プロジェクトを推進しています。

 

 

<ドンキタイランドについて>
日本でドン.キホーテを運営するパンパシフィックインターナショナルホールディングスは2018年にDONKI Thailandを設立。日本製もしくは日本市場向けの商品、日本産品を提供するジャパンブランド・スペシャリティストアとして『DON DON DONKI』を運営。今後も、環太平洋エリアにおいて多店舗展開を進めながら、日本食・日本文化の魅力を発信してまいります。

2022年12月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク