路線のピンクラインでムアントンタニ―が脚光

 

路線のピンクラインでムアントンタニ―が脚光

ピンクラインでムアントンタニーからインパクト駅に行く路線は3kmと短いが、30万人以上が住む地域で、同地区は何十年前もインパクトの会場の周辺として、ムアントンタニーの開発をうたい、バンコクランド社が計画していた場所だが、交通の便も悪く、そのあと、孤島のような場所となり、開発がしぼんでしまった経緯がある。

今回、インパクト駅など、2駅が2024年中には出来ることになり、その駅周辺のバンコクランド社の600ライで、再び開発の機運が高まっており、ホテルや商業施設、コンドミニアムなど、ミクストユースの建設なども計画されており、ようやく、インパクトの価値が上がっていきそうだ。

 

2022年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

関連リンク