2028年完成のケーラーイ~ラムサーリー 7路線と連絡の環状線ブラウンライン

2028年完成のケーラーイ~ラムサーリー 7路線と連絡の環状線ブラウンライン

ワチャラポン~トンローと同じく、環状線のブラウンライン(ケーラーイ~ラムサーリー)についても、MRTAによると現在、建設の入札開始に向けて準備を進めており、2022年中ごろまでに協力する民間会社を決定し、2023年にタイ政府の承認、完成は2028年ごろの予定。ppp方式となる。

モノレールの建設で、ケーラーイではピンクライン 、パープルラインと連絡し、ナムウォンワン通りを走り、バンケーンでレッドラインと連絡、エーク・カセットではグリーンラインと連絡し、カセットナワミン、プラスート・マヌキット通りに入り、同地域にはナワミンシティーアベニューの近くに大富豪チャルン・シリワッタナパクディー氏の100ライの土地があり、終点のラムサーリーではイエローライン、オレンジラインと連絡する。全長22.1 kmで、合わせて20駅、事業費は483億バーツとなる。

2021年12月20日 タイ自由ランド掲載

関連リンク