【内装のご相談はコーサクセス】バンサレーやサタヒップも内装できます

モーターウェイ延伸で便利になったウタパオ空港
モーターウェイ延伸で便利になったウタパオ空港

皆さんは、もう既にモーターウェイがウタパオ空港まで延伸され開通したのをご存知でしょうか。先日、ウタパオ空港辺りまで行って参りましたが、バンコクの自宅から約2時間で到着しました。

私は、もう在タイ歴十数年になりますが、当初はバンナートラッド高速道路さえ首都高速と連結されておらず、バンナーで一旦一般道へ降り、渋滞に巻き込まれた後にバンナートラッド高速道路に乗り換える必要がありました。それが連結された時には、「便利になったな」と大層喜んだものですが、その後の高速道路網の発展には目を見張るものがあります。

モーターウェイが出来て、アウターリングが作られ、そして今やウタパオまでもが2時間圏内になったのです。
今までは、ジョムティエンやバンサレー、そしてサタヒップの方へ遊びに行く際には、一旦パタヤへ出て、スクムビット一般道を延々と走る必要がありました。

もちろん、信号もありますし、何よりパタヤの区間は渋滞スポットです。私は陸っぱりでの海釣りが好きなので、休みがあればサタヒップの方へ出掛けたいとは思うのですが、この道のりを思うと、ついついお尻が重くなってしまっていました。

しかし、これからはほぼノンストップでサタヒップまで行けるという事であれば、非常に気軽に行けるようになります。

弊社の仕事でも同じです。元々弊社は制限区域を設けず、どの地域の仕事も受けて来ましたが、それでも見積もりの為の現地調査だけでそういった地域へお伺いするのは、バンコク中心部に比べると、どうしても多少気が引けていたところでした。 それが、これだけアクセスが改善されたのですから、余裕が出て来ます。

今まで、ジョムティエンやバンサレーに、別荘として使う、あるいは賃貸に出す目的でコンドミニアムを購入したが、地元に信頼出来る内装業者がいないと悩まれてきた方も多いのではないでしょうか。「この業者はバンコクだから対応は無理だろう」と諦めず、ぜひとも弊社へ一声お掛け下さい。タイ全土における安心・安全・責任施工の内装ご用命は是非「コーサクセス(タイランド)」まで。

2021年4月5日 タイ自由ランド掲載